目次へ戻る

【FMC最新情報】スズキ新型ジムニー&ジムニーシエラ 7月に正式発売!

【FMC最新情報】スズキ新型ジムニー&ジムニーシエラ 7月に正式発売!

スズキは20年振りのフルモデルチェンジとなる新型「ジムニー」の概要を6月18日に発表し、同時に7月に発売するのを正式に予告しました。またジムニーをベースとした小型車規格の「ジムニーシエラ」も正式に発売が発表されたので、併せて車種の概要や価格についてを紹介します。


【2018.06.18更新】スズキが正式発表!新型ジムニー 7月に発売

新型スズキ・ジムニーXC

スズキは20年振りのフルモデルチェンジとなる新型「ジムニー」の概要を発表し、同時に7月に発売するのを正式に予告しました。

新型ジムニーはXC・XL・XGの3モデルを用意

新型ジムニーは「XC」「XL」「XG」の3仕様が設定され、660ccエンジンを搭載。全て4WD(四輪駆動)で5MTか4ATを選ぶことができます。

新型ジムニーの主な装備

新型ジムニーXC

XCの主な装備は、デュアルセンサーブレーキサポート、LEDヘッドランプ、ヘッドランプウォッシャー、クルーズコントロールシステム、LEDサイドターンランプ付ドアミラー、16インチアルミホイールなどが搭載されています。

デュアルセンサーブレーキサポートとは、単眼カメラとレーザーレーダーでクルマや歩行者を捉え、自動ブレーキによって衝突を回避または衝突時の被害軽減を図るものです。

新型ジムニーXL

XLの主な装備は、フロントマルチリフレクターハロゲンフォグランプ、フルオートエアコン、キーレスプッシュスタートシステム、電動格納式リモコンドアミラー、スモークガラスなどが搭載。デュアルセンサーブレーキサポートに関してはメーカーオプションで設定することが出来ます。

新型ジムニーXG

XGの主な装備は、運転席・助手席SRSエアバッグ、SRSカーテンエアバッグ、フロントシートSRSサイドエアバッグ、マルチリフレクターハロゲンヘッドランプ、エアコン、フロント2スピーカー、16インチスチールホイールなどです。XGについてもデュアルセンサーブレーキサポートはメーカーオプションで設定することが出来ます。

ボディカラーは9色

新型ジムニーXC ブラックトップ2トーン

新型ジムニーのボディカラーは9色が用意されます。ジムニーXCはルーフとボンネットをブラックにした「ブラックトップ2トーン」が受注生産限定で設定されます。

カラー ジムニーXC ジムニーXL ジムニーXG
シフォンアイボリーメタリック(ZVG) ×
ブリスクブルーメタリック(ZWY) ×
ミディアムグレー(ZVL) ×
ブルーイッシュブラックパール3(ZJ3)
ジャングルグリーン(ZZC)
シルキーシルバーメタリック(Z2S)
ピュアホワイトパール(ZVR) × ×
スペリアホワイト(26U) ×
キネティックイエローブラック2トーンルーフ(DG5) × ×
シフォンアイボリーメタリックブラック2トーンルーフ(2BW) × ×
ブリスクブルーメタリックブラック2トーンルーフ(CZW) × ×
キネティックイエローブラックトップ2トーン(DHG) × ×

現行のジムニーは3代目となっていて、今回スクープされたジムニーが4代目となるモデルになります。

初代ジムニー(LJ10)

スズキ ジムニーの歴史は長く、初代のモデルは1970年に軽自動車では初となる本格4WDオフロード車として誕生しました。現行モデルの3代目ジムニーは、1998年10月に軽自動車規格の改正に伴いフルモデルチェンジし、そこから約20年にも及ぶ期間を経てのフルモデルチェンジとなります。

現行モデルとなる3代目ジムニー ※2004年10月にマイナーチェンジ

ジュネーブモーターショー2015の開催前には、「インスピレーションを形にする」をコンセプトの元開発された小型4WDのコンセプトカー「iM-4」が次期型ジムニーか?という報道が一部にてされておりました。

2015年の記事になります。

スズキが2015年のジュネーブモーターショーで公開したAセグメントクロスオーバーSUV、『iM-4 コンセプト』の市販モデルと思われるプロトタイプを捕捉した。

プロトタイプにはダミーのヘッドライトが装着され、キックアップデザインのリアウィンドウは隠されている。初期段階の試作車と思われるが、高めのルーフやヘッドライトのアウトラインは継承されているようだ。

パワートレインは1リットル3気筒ターボ「Boosterjet」の他、1.3リットルディーゼル、ハイブリッドモデルなどをラインナップ。FFと4WDが設定される。

販売時の名称は『スイフト』の海外モデル『イグニス』の名が与えられるとも噂されている。

しかし最終的には2015年の東京モーターショーにて発表された「イグニス」という結果でした。

東京モーターショー2015でワールドプレミアされた「イグニス」

現行モデルと公道テスト・・・TMSでの発表は残念ながらされず・・・。

2017年9月7日、新型ジムニーのプロトタイプが、現行モデルと公道テストをしている様子が報道されました。

開発には時間が掛かっているようで、年内の発表か否かギリギリだという情報も入ってきているようです。

スズキの傾向として大型発表は年末に掛けて行う傾向があり、2017年の年末前後の発表も期待されていましたが2017年末発表されたのは新型の「クロスビー」、フルモデルチェンジの「スペーシア」という結果でした。

スズキ 新型ジムニー スクープ画像&動画

4代目となる新型ジムニーは、現行モデルと比較しても全体的にオフロード色が強いデザインとなっています。

エクステリアデザインのコンセプトはそのままのようですが、現行モデルと比べるとかなりスクエアなデザインが採用されていて、メルセデスベンツの人気オフロードである「Gクラス」を彷彿とさせるデザインに仕上がっています。

参考画像:メルセデスAMG G63

グリル、バンパー、テールライト、リアクォーターウィンドウなども一新されています。

新型ジムニーの走行テスト動画

20年ぶりのフルモデルチェンジとされている新型ジムニーのプロトタイプが、走行テストをしている動画をspyder7が入手しました。

走行テストを見ていただくとわかるとおり、軽自動車とは思えないような走りの質感と安定性となっています。

また、サイズ感も動画を見る限りでは軽自動車の規格サイズである「長さ3.4m以下、幅1.48m以下、高さ2.0m以下」を超えるサイズのようにも見え「ジムニー シエラ」ではないか?との声も上がっています。

しかしながら冒頭にて前述した通り、直列3気筒ターボ「S-エネチャージ」マイルドハイブリッドという予想や駆動方式もローレンジAWDかFRの選択が可能というレポートなどもされていて真相についてはまだまだ不明確な情報が多いのも確かとなっています。

残念ながら東京モーターショー2017での出展はありませんでしたが、今後の続報に期待したいところです。

スズキ 新型ジムニーの発売時期・価格は?

メルセデスのGクラスを彷彿させるスズキの新型ジムニーですが、発売時期は7月とされていますが、価格については未だ発表されていません。

価格も現行モデルが1,296,000円~1,625,400円であることから同程度の価格にて発売となることを期待しています。

価格については情報入手し次第、随時更新して新しい情報をお届けします。

【最新情報】新型ジムニーと同時に1500ccの「ジムニーシエラ」も登場

新型ジムニーシエラJC ブラック2トーンルーフ

2018年6月にスズキは、新型ジムニーと同時に、軽自動車ではなく登録車(普通車)となるジムニーシエラが設定されることを発表しました。

ジムニーシエラに関しては、2019年春の発表が予想されていましたが、今回はジムニーと同時に発表されるというサプライズな展開となりました。

2018年2月に公開された、スズキ ジムニーシエラ 次期型予想CG

新型ジムニーシエラ 予想CG

新型ジムニー同様に、新型ジムニーシエラも最新版のラダーフレームを採用し、オフロード色の強いデザイン。現行モデルと同様にワイドフェンダー、スキッドプレートの装着、ボンネットにパワーバルジ(ボンネット上のふくらみ)が施されたデザイン。

新型ジムニーシエラはJC・JLの2モデルを用意

新型ジムニーシエラ JC

1500ccエンジンを搭載した新型ジムニーシエラは「JC」と「JL」の2仕様を設定。全て4WDで、5MTか4ATを選べます。

新型ジムニーシエラの主な装備

新型ジムニーシエラJC

ジムニーシエラJCの主な装備は、デュアルセンサーブレーキサポート、LEDヘッドランプ、ヘッドランプウォッシャー、クルーズコントロールシステム、LEDサイドターンランプ付ドアミラー、15インチアルミホイールなどを搭載しています。

新型ジムニーシエラJL

ジムニーシエラJLの主な装備は、フロントマルチリフレクターハロゲンフォグランプ、フルオートエアコン、キーレスプッシュスタートシステム、電動格納式リモコンドアミラー、スモークガラス、15インチスチールホイールなどを搭載しています。デュアルセンサーブレーキサポートに関してはメーカーオプションで設定することが出来ます。

ブラック2トーンルーフ

またボディカラーについては新型ジムニーと同様の全9色。またジムニーシエラJCでは、ブラック2トーンルーフを選ぶことが出来ます。

続報を期待!

スズキの軽SUVでいうと、「ハスラー」が爆発的にヒットしている車種ですが、「ジムニー」が20年ぶりのフルモデルチェンジとなり発表となれば、これもまた大ヒットの予感ですね。

今後も新型ジムニーと新型ジムニーシエラの続報が入り次第、随時お届けしますのでお楽しみに!

関連する投稿


西日本豪雨災害で水没車の処置は?値段はつく?損害車買取大手タウが災害支援チームを発足!

西日本豪雨災害で水没車の処置は?値段はつく?損害車買取大手タウが災害支援チームを発足!

損害車買取台数で業界シェアNo.1の株式会社タウが、西日本を中心とした記録的な大雨により被災した地域の復旧活動に貢献すべく、新たに「被災地復旧支援チーム」を発足、今回の水害で発生した被災車両の引き取り、保管、買い取りに対応すべく支援チームが対応、被災車両1台の買い取りにつき1,000円を寄付するそうです。


【初の派生モデル】ポルシェのSUV カイエンにクーペ登場!

【初の派生モデル】ポルシェのSUV カイエンにクーペ登場!

ポルシェのクロスオーバーSUV『カイエン』に、初のクーペが設定されることが確実になりました。数年前から噂のあったカイエンクーペですが、ついに最初のプロトタイプを激写。今明らかになっている最新情報をお届けいたします。


【7月13日発売】ホンダのNシリーズ 新型軽バン N-VAN(エヌバン)最新情報

【7月13日発売】ホンダのNシリーズ 新型軽バン N-VAN(エヌバン)最新情報

7月13日、ホンダのNシリーズにニューフェイスが登場します。その名もN-VAN(エヌバン)!N-VANは機能性・走行性能・安全性能を追求した軽貨物車です。N-BOXのプラットフォームを最大に活かし、軽バンとしての積載量は十分に確保した新型N-VAN。N-VANが気になっている人、本記事を読んで、ぜひとも検討してみては?


ランドローバー レンジローバー イヴォーク新型は2018年秋公開!

ランドローバー レンジローバー イヴォーク新型は2018年秋公開!

レンジローバーのエントリー・クロスオーバーSUV『イヴォーク』の次期型プロトタイプが、ニュルブルクリンク北コースで高速テストを開始しました。新型イヴォークは3ドアが廃止された模様です。また発表は2018年秋ごろとのこと。本記事では、クロスオーバーSUV・イヴォークについて改めて見ていきたいと思います。


スズキのジムニー歴代モデル振り返り! 初代~3代目

スズキのジムニー歴代モデル振り返り! 初代~3代目

2018年7月5日に、4代目となる新型ジムニー、新型ジムニーシエラが発売されましたね。でも、ちょっと待って!新型ジムニーを知る前に、改めて歴代のジムニーを振り返ってみませんか?本記事では1970年に発売された初代ジムニーから始まる、歴代ジムニーについてまとめています。


最新の投稿


マツダ RX-7 誕生40周年!記念グッズ発売!郵便局へGO

マツダ RX-7 誕生40周年!記念グッズ発売!郵便局へGO

最近何かと人気のマツダ『RX-7』。この名車・RX-7誕生40周年を記念したオリジナルグッズコレクションが登場します。7月17日より全国の郵便局および郵便局のネットショップにて申込みを受け付けます。


【2018夏】 車を感じる!?夏イベントまとめ 車好きが遊びに行くならここ!

【2018夏】 車を感じる!?夏イベントまとめ 車好きが遊びに行くならここ!

2018年夏。もうすぐ夏休みがやってきますね!学生時代はあんなに長かった夏休み、今はあんまり時間もないし家で寝ていたい…。それもいいですが、夏には、車好きならちょっと気になる車関連のイベントも多数開催されます!本記事ではそんな夏×車イベント2018をまとめています。ぜひ家族で!恋人と!一人でも!遊びに行ってみてください


あのマクラーレンが!2025年までに全車ハイブリッド化を予定

あのマクラーレンが!2025年までに全車ハイブリッド化を予定

マクラーレンオートモーティブ(McLaren)は、英国で開幕した「グッドウッドフェスティバルオブスピード2018」において、2025年までの中期経営計画「トラック25」を発表しました。 これによると、マクラーレンは全車ハイブリッド化を目指すとのこと。


【74アイテム】ホンダアクセス ホンダ N-VAN 用純正アクセサリーを発売!

【74アイテム】ホンダアクセス ホンダ N-VAN 用純正アクセサリーを発売!

ホンダアクセスは、新型『N-VAN』の発売に合わせ、クルマとユーザーを快適・便利に繋げる「楔 “Kusabi" 」をコンセプトとした純正アクセサリーを7月13日より全国のホンダカーズにて発売します。N-VANを購入した貴方、次はアクセサリーも検討してみては?


西日本豪雨災害で水没車の処置は?値段はつく?損害車買取大手タウが災害支援チームを発足!

西日本豪雨災害で水没車の処置は?値段はつく?損害車買取大手タウが災害支援チームを発足!

損害車買取台数で業界シェアNo.1の株式会社タウが、西日本を中心とした記録的な大雨により被災した地域の復旧活動に貢献すべく、新たに「被災地復旧支援チーム」を発足、今回の水害で発生した被災車両の引き取り、保管、買い取りに対応すべく支援チームが対応、被災車両1台の買い取りにつき1,000円を寄付するそうです。