トップへ戻る

【今こそ知りたい】新型ジムニー&新型ジムニーシエラ情報

【今こそ知りたい】新型ジムニー&新型ジムニーシエラ情報

スズキは、2018年7月5日より、ジムニー新型、およびジムニーシエラ新型を発売しました。20年ぶりの全面改良とあり、2018年はもちろん、現在も大注目のクルマです。本記事ではそんなジムニー新型、ジムニーシエラ新型の情報をご紹介します。気になっている方はぜひ。「Nobody But Jimny」。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


【2018年7月5日発売】ジムニー&ジムニーシエラ新型発売!!!!

新型スズキ・ジムニーXL

新型スズキ・ジムニーシエラJC

スズキは、本格的な四輪駆動車の機能と走破性を高めた軽四輪駆動車 新型「ジムニー」および、新開発1.5Lエンジンを搭載した小型四輪駆動車 新型「ジムニーシエラ」を、20年ぶりに全面改良して7月5日より発売しました。

20年ぶりの改良とあって、大注目のジムニー&ジムニーシエラ。

ジムニストの方はもちろん、本格オフロード四輪駆動車を探していた人にもぜひ知っていただきたい一台です。

新型ジムニー 新型ジムニーシエラ のPV

「Nobody but Jimny」。ジムニーでしかたどり着けない場所へ。
山を越え、ぬかるみを越え、岩場を越え、突き進むジムニー。
時に、他のクルマでは尻込みするような過酷な道を越え、ジムニーの終わりなき冒険は続きます。
大切にしたかったのは、ハードな走りを見せるだけでなく、冒険心も感じてもらうこと。
映画の予告編のような美しい映像が、その狙いを一層際立たせています。
力強さと気高さが漂うジムニーの勇姿をじっくりとご覧ください。

スズキ 新型ジムニー 新型ジムニーシエラの特徴! 新設計ラダーフレーム・専用ターボエンジン他

新型スズキ・ジムニーXC

新型「ジムニー」、新型「ジムニーシエラ」は、ジムニーのこだわりと技術をそのままに、ジムニーに求められている本格的な四輪駆動車としての性能をさらに進化させています。

「新開発ラダーフレーム」に、「FRレイアウト」、「副変速機付パートタイム4WD」、「3リンクリジッドアクスル式サスペンション」というジムニー伝統の車体構成を継承しました。

特に、新設計のラダーフレームは、Xメンバーと前後にクロスメンバーを加えたことで、ねじり剛性を先代モデル比で約1.5倍向上させることに成功しています。

また、車体とラダーフレームをつなぐボディマウントゴムを新設計。乗り心地を改善し、優れた操縦安定性を実現。

また、「ブレーキLSDトラクションコントロール」を全車に標準装備。

これにより、高い走破性能を実現しています。

新型「ジムニー」には専用にチューニングした「R06A型ターボエンジン」、新型「ジムニーシエラ」には1.5Lの新開発「K15B型エンジン」を搭載し、動力性能と信頼性を高めています。

スズキ公式サイトによる ジムニー新型 ジムニーシエラ新型の主な特徴

1.伝統の基本構造を継承し、さらに進化した本格4WD性能
2.合理的で無駄の無い機能美を追求したデザイン
3.プロユースにも応える使い勝手を追求
4.スズキ セーフティ サポート※2の搭載と優れた衝突安全性能

スズキ 新型ジムニー 新型ジムニーシエラ パワートレイン

スズキ ジムニー R06A型ターボエンジン

パワーユニットは、ジムニーが専用チューニングのR06A型ターボエンジンを、ジムニーシエラは軽量・コンパクトで燃費に優れ、出力・トルクともに向上した1.5リットルの新開発K15B型エンジンを採用しています。

動力性能を進化させるとともに、被水や雪、飛び石などへの対策を施し、信頼性を向上させました。

スズキ 新型ジムニー 新型ジムニーシエラ エクステリア

スズキ・ジムニー新型

スズキ・ジムニー新型

スズキ・ジムニーシエラ新型

スズキ・ジムニーシエラ新型

エクスエリアは、車両の姿勢や状況を把握しやすいスクエアボディに、面の剛性を高める造形、降雪時に雪がたまりにくい凹凸が少ないボディ形状、走破性・積載性を高める細部の工夫など、機能に徹したこだわりの造形としました。

また、丸型ヘッドランプ、5スロットグリル、クラムシェルボンネットフードなどの、ジムニーの伝統を継承するデザインアイコンを随所に取り入れています。

スズキ 新型ジムニー 新型ジムニーシエラ インテリア

スズキ・ジムニー新型(MT仕様車)

スズキ・ジムニー新型(MT仕様車)

スズキ・ジムニー新型(MT仕様車)

インテリアは、オフロードなど過酷な環境下での、運転のしやすさや各部の操作性にこだわった、機能に徹したデザインに。

車両の姿勢・状況を把握しやすい、水平基調で力強い基本骨格のインストルメントパネルや、ドアミラー付近の視界を拡大する形状のベルトラインを採用。

前席のヒップポイントを30mm後方に下げながら、前後乗員間距離を40mm拡大して居住性を向上させることに成功しています。

スズキ 新型ジムニー 新型ジムニーシエラ 基本スペック(ボディサイズ・燃費・エンジン)

 
【スズキ 新型ジムニー XC(5MT)】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395×1,475×1,725mm(ホイールベース:2,250mm)
最大乗車定員4名
車両重量1,030kg
燃費WLTCモード:16.2km/L
エンジン種類水冷4サイクル直列3気筒インタークーラーターボ
最高出力(kW(PS)/rpm)47kW(64PS) /6,000rpm
最大トルク(N・m/rpm)96N·m (9.8kgf·m) /3,500rpm
タンク容量 40L
駆動方式パートタイム4WD
トランスミッション5MT
 
【スズキ 新型ジムニーシエラ JC(5MT)】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,550×1,645×1,730mm(ホイールベース:2,250mm)
最大乗車定員4名
車両重量1,070kg
燃費WLTCモード:15.0km/L
エンジン種類水冷4サイクル直列4気筒
最高出力(kW(PS)/rpm)75kW(102PS) /6,000rpm
最大トルク(N・m/rpm)130N·m (13.3kgf·m) /4,000rpm
タンク容量 40L
駆動方式パートタイム4WD
トランスミッション5MT

スズキ 新型ジムニー 新型ジムニーシエラ グレード別新車価格

新型スズキ・ジムニーXG

新型ジムニー、新型ジムニーシエラのグレード別新車価格は以下の通りです。
■新型ジムニー
148万5,000円~
■新型ジムニーシエラ
179万3,000円~

詳細は下記表をご覧ください。

 
【スズキ 新型ジムニー】 グレード別価格表
XG(5MT)1,485,000円
XG(4AT)1,584,000円
XL(5MT)1,611,500円
XL(4AT)1,710,500円
XC(5MT)1,776,500円
XC(4AT)1,875,500円
※2020年4月現在公式サイト調べ
 
【スズキ 新型ジムニーシエラ】 グレード別価格表
JL(5MT)1,793,000円
JL(4AT)1,892,000円
JC(5MT)1,958,000円
JC(4AT)2,057,000円
※2020年4月現在公式サイト調べ

スズキ 新型ジムニー 新型ジムニーシエラ 安全性能 「スズキ セーフティ サポート」搭載

●基本安全
視界性能、運転姿勢と操作系、インターフェース等、運転しやすく安心して乗れる基本安全技術。

●予防安全「スズキ セーフティ サポート」
事故を未然に防ぎ、お客様の万一のときの安全を確保するために運転をサポートする予防安全技術。

●衝突安全
衝撃吸収ボディーをはじめ、万が一の衝突被害を軽減する衝突安全技術。

スズキの予防安全技術、「スズキ セーフティサポート」をジムニー「XC」、ジムニーシエラ「JC」に標準装備、ジムニー「XG」「XL」、ジムニーシエラ「JL」にメーカーオプション設定しました。

※経済産業省や国土交通省などが普及を推進する「セーフティ・サポートカー」の「サポカーSワイド」に該当します。

また、衝突安全性能も強化。運転席、助手席SRSエアバッグ、フロントシートSRSサイドエアバッグに加えて、SRSカーテンエアバッグを全車に標準装備などの改良を行っています。

標識も認識してくれる!スズキの単眼カメラ+レーザーレーダー

スズキは「スズキ セーフティ サポート」として、車両ごとに最適なシステムを搭載してきた。その中で新世代ジムニーが搭載したのは、クロスビーやワゴンRなどにも採用されたのと同じ単眼カメラとレーザーレーダーを一体化したコンチネンタル製のシステムだ。

このシステムでは、衝突軽減ブレーキをクルマだけでなく歩行者にも対応させ、作動範囲は自車速度約5~約100km/h(対象が歩行者の場合は約5~約60km/h)と広範囲だ。他にも車線逸脱警報機能やハイビームアシスト、誤発進抑制機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能などを装備し、さらに新機能として標識認識機能を追加している。

新型ジムニー 新型ジムニーシエラを体感したい!そんな貴方にVR

新型ジムニー、ジムニーシエラの走行を楽しみたい、体感したい、というそこの貴方!

スズキ公式のVR動画がオススメです。この動画はVR動画なので、様々な角度からジムニーをタイカンできますよ!

新型ジムニー&新型ジムニーシエラ 評価は?

ジムニー 評価

JA11とJB23から乗り換えました
乗り心地がかなり良くなってビックリしています
釣り、プチキャンプメインの使用のためか燃費が結構いいです(リッター18くらい)

YouTubeを見ると、価格の残存率が、ポルシェ911並みだそうで、いいです。買うときは高いが、売る時も高いですね。因みに中古車で購入です。税金やガソリン税金などかかりますが、将来的災害時に活躍するといいなぁと思います。それは災害がなければ良いけれども。
アフターパーツは充実しているようで、違った意味で長く乗り続けられるのでエコカーでしょうね。

ジムニーシエラ 評価

「2017年8月1日」契約。「2017年9月5日」納車。
海外で売ってるジムニー(シエラの事):約25,000台/年間販売台数。(日本で売ってるシエラも含む。)日本で売ってるジムニー(軽の事):約15,000台/年間販売台数。
地球規模では「シエラこそ『シン・ジムニー:笑』だから乗りたかった」のが購入動機。
トランスミッションはせっかくなので「5速マニュアル仕様」を選択。「アイドリングストップ」も「運転支援システム」も「エコカー減税」もない「5速マニュアル車」…と言うか「日本国内で新車購入できる四輪駆動のマニュアル車で1500cc以下の車輛を探したらジムニーシエラしか無かった」というオチ。そんでもって、久々に「マニュアル車を運転」してみたら、結構「楽しい!」。
想像したとおり、世界中に向けて作った「シン・ジムニー:笑」は「なかなか良いもの」であった。
まぁ、速い!遅い!を「クルマとバイクに求めなくなったヲヤンヂの戯言」かも知れないが…「ジムニーシエラのマニュアル車は想像より良く走る」以上、つたないレビューでした。

【そもそも】スズキのジムニー・ジムニーシエラってどんな車なの?

【おさらい】スズキのジムニーとは

3代目ジムニー ※2004年10月にマイナーチェンジ

「ジムニー」は、1970年に軽自動車で唯一の四輪駆動車(当時)として発売して以来、悪路走破性とコンパクトな車体による取り回しの良さにより、様々な作業現場や山間部、積雪地の重要な交通手段として活躍してきた車です。

同時に、本格的な四輪駆動の性能と親しみやすさからレジャーを目的として購入する層も多く、国内でのコンパクト4WDの市場を築き上げたと言っても過言ではありません。

【おさらい】スズキのジムニーシエラとは

スズキ ジムニーシエラ 特別仕様車…ランドベンチャー(2017)

スズキの軽自動車兼オフロード四輪駆動車・ジムニーの派生モデル、それがジムニーシエラです。シエラ(英語:Sierra)とは、山脈を意味しています。

ジムニーが軽自動車であるのに対し、ジムニーシエラは普通自動車で登録されています。ジムニーのワイド版といったところでしょうか。

1998年に「ジムニーワイド」として登場しましたが、2002年にジムニーシエラに改名。以降、マイナーチェンジや一部改良を繰り返しながら進化し続ける3ドアワゴンタイプのクロカンです。

2012年には特別仕様車クロスアドベンチャーが発売されました。

ジムニーと同じくオフロードでの走行を想定して製造されているため、ボディサイズの割に燃費はあまりよくありませんが、その欠点をカバーしてあまりある・ジムニー譲りの走破性を持ち合わせています。

もちろんMT(マニュアル)車も用意されています!

最後に

ジムニストのみなさま、7月5日よりスズキのジムニー新型、ジムニーシエラ新型が発売中です。

気になっていた方も、まだ決めあぐねているという方も。ジムニーとジムニーシエラの魅力にはまってみませんか?

もっとジムニーを知りたいあなたへ ジムニー記事リンク集

関連する投稿


スズキ ワゴンRとワゴンR スティングレーそれぞれの特徴を徹底解説!

スズキ ワゴンRとワゴンR スティングレーそれぞれの特徴を徹底解説!

スズキのワゴンRは多くの人に親しまれている軽トールワゴンです。その歴史は1993年まで遡ります。長い歴史を持つワゴンRにスティングレーがラインナップされ、ますます好調な売れ行きを記録しています。本記事ではスズキのワゴンRとスティングレーを比較、それぞれの魅力を解説していきます。


新型スズキ カタナは本当にダサいの?歴史やスペックについて解説!

新型スズキ カタナは本当にダサいの?歴史やスペックについて解説!

スズキ カタナは歴史あるバイクです。しかし、新型スズキ カタナは一部から「ダサい」という声があがっています。そこで今回は、スズキ カタナの歴史やスペック、ダサいと言われている理由についてご紹介します。


スズキのイグニスが売れない理由は?レトロな魅力を徹底解説

スズキのイグニスが売れない理由は?レトロな魅力を徹底解説

スズキのイグニスは同社のクロスビーに比べると販売台数は多くありませんが、たくさんの魅力を備えており、オーナーからは高評価を獲得しています。そこで今回は、スズキのイグニスが売れないと言われる理由や魅力の数々をご紹介します。


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


スズキのエスクードはなぜ売れない?メリットや新型車情報を解説

スズキのエスクードはなぜ売れない?メリットや新型車情報を解説

スズキのエスクードは売り上げがそれほど振るわないモデルではありますが、数多くの魅力を備えています。秋口には新型車が出るという情報もあり、今後に期待が持てるでしょう。そこで今回は、スズキのエスクードの魅力をご紹介します。


最新の投稿


ヘッドライト磨きで黄ばみもすっきりクリア!おすすめ商品もご紹介!

ヘッドライト磨きで黄ばみもすっきりクリア!おすすめ商品もご紹介!

ヘッドライトの曇りや黄ばみは、車の印象を左右する大きな要因となります。いくら車を磨き上げても、ヘッドライトが曇っていたりすると気になる方も多いのではないでしょうか?今回は、ヘッドライトをすっきりクリアにするためのヘッドライトの磨き方について、説明していきます。


ドライブを楽しめるゲームソフト厳選6本!休み中にバーチャル旅行へGO!

ドライブを楽しめるゲームソフト厳選6本!休み中にバーチャル旅行へGO!

まだまだお出かけのしにくい状況が続く昨今。国内はおろか、海外旅行なんて夢のまた夢ですよね。いつになったらまた気軽に海外へ出かけられるのか見当もつかない今だからこそ、注目したいのがゲーム内の世界でバーチャル旅行を楽しむこと。ストーリーを進めなくても、ゲーム世界をドライブするだけで楽しめる、そんな珠玉のゲームソフトをまとめてみましたので、お休み中のご予定にぜひバーチャル旅行を加えてみてください。


マツダ CX-30の燃費はいい?オーナーさんに聞いてみた結果!

マツダ CX-30の燃費はいい?オーナーさんに聞いてみた結果!

マツダのCX-30、超カッコいいSUVですよね!ですが、CX-30の燃費ってどんな感じなんでしょうか。特に、CX-30にはスカイアクティブXとディーゼルとガソリンと言う3種類のエンジンがあって、その比較も気になります。今回は、実際の燃費はどうなのかユーザーさんの声を拾ってみます!


スズキ ワゴンRとワゴンR スティングレーそれぞれの特徴を徹底解説!

スズキ ワゴンRとワゴンR スティングレーそれぞれの特徴を徹底解説!

スズキのワゴンRは多くの人に親しまれている軽トールワゴンです。その歴史は1993年まで遡ります。長い歴史を持つワゴンRにスティングレーがラインナップされ、ますます好調な売れ行きを記録しています。本記事ではスズキのワゴンRとスティングレーを比較、それぞれの魅力を解説していきます。


トヨタ シエナってどんな車?ライバル車比較や中古車情報も!

トヨタ シエナってどんな車?ライバル車比較や中古車情報も!

国内では2019年生産終了となったエスティマ。まだ海外では継続販売されていますが、そのエスティマの後継モデルとして製造販売されているのが「シエナ」です。あまり日本では馴染みのないシエナ。本記事ではシエナがどういう車か紹介します。