目次へ戻る

【最新情報】ジムニー新型&ジムニーシエラ新型発売!価格・特徴

【最新情報】ジムニー新型&ジムニーシエラ新型発売!価格・特徴

スズキは、7月5日より、ジムニー新型、およびジムニーシエラ新型を発売しました。20年ぶりの全面改良とあり、2018年大注目と言っても過言ではないでしょう。本記事ではそんなジムニー新型、ジムニーシエラ新型の最新情報をご紹介します。「Nobody But Jimny」【7月9日10時更新】


【7月5日発売】ジムニー&ジムニーシエラ新型発売!!!!

新型スズキ・ジムニーXL

新型スズキ・ジムニーシエラJC

スズキは、本格的な四輪駆動車の機能と走破性を高めた軽四輪駆動車 新型「ジムニー」および、新開発1.5Lエンジンを搭載した小型四輪駆動車 新型「ジムニーシエラ」を、20年ぶりに全面改良して7月5日より発売しました。

20年ぶりの改良とあって、大注目のジムニー&ジムニーシエラ。

ジムニストの方はもちろん、本格オフロード四輪駆動車を探していた人にもぜひ知っていただきたい一台です。

新型ジムニー 新型ジムニーシエラ 7月4日公開 TVCM & PV

CM

「Nobody but Jimny」。ジムニーでしかたどり着けない場所へ。
山を越え、ぬかるみを越え、岩場を越え、突き進むジムニー。
時に、他のクルマでは尻込みするような過酷な道を越え、ジムニーの終わりなき冒険は続きます。
大切にしたかったのは、ハードな走りを見せるだけでなく、冒険心も感じてもらうこと。
映画の予告編のような美しい映像が、その狙いを一層際立たせています。
力強さと気高さが漂うジムニーの勇姿をじっくりとご覧ください。

スズキ 新型ジムニー 新型ジムニーシエラの特徴! 新設計ラダーフレーム・専用ターボエンジン他

新型スズキ・ジムニーXC

新型「ジムニー」、新型「ジムニーシエラ」は、ジムニーのこだわりと技術をそのままに、ジムニーに求められている本格的な四輪駆動車としての性能をさらに進化させています。

「新開発ラダーフレーム」に、「FRレイアウト」、「副変速機付パートタイム4WD」、「3リンクリジッドアクスル式サスペンション」というジムニー伝統の車体構成を継承しました。

特に、新設計のラダーフレームは、Xメンバーと前後にクロスメンバーを加えたことで、ねじり剛性を先代モデル比で約1.5倍向上させることに成功しています。

また、車体とラダーフレームをつなぐボディマウントゴムを新設計。乗り心地を改善し、優れた操縦安定性を実現。

また、「ブレーキLSDトラクションコントロール」を全車に標準装備。

これにより、高い走破性能を実現しています。

新型「ジムニー」には専用にチューニングした「R06A型ターボエンジン」、新型「ジムニーシエラ」には1.5Lの新開発「K15B型エンジン」を搭載し、動力性能と信頼性を高めています。

スズキ公式サイトによる ジムニー新型 ジムニーシエラ新型の主な特徴

1.伝統の基本構造を継承し、さらに進化した本格4WD性能
2.合理的で無駄の無い機能美を追求したデザイン
3.プロユースにも応える使い勝手を追求
4.スズキ セーフティ サポート※2の搭載と優れた衝突安全性能

スズキ 新型ジムニー 新型ジムニーシエラ パワートレイン

スズキ ジムニー R06A型ターボエンジン

パワーユニットは、ジムニーが専用チューニングのR06A型ターボエンジンを、ジムニーシエラは軽量・コンパクトで燃費に優れ、出力・トルクともに向上した1.5リットルの新開発K15B型エンジンを採用しています。

動力性能を進化させるとともに、被水や雪、飛び石などへの対策を施し、信頼性を向上させました。

スズキ 新型ジムニー 新型ジムニーシエラ エクステリア

スズキ・ジムニー新型

スズキ・ジムニー新型

スズキ・ジムニーシエラ新型

スズキ・ジムニーシエラ新型

エクスエリアは、車両の姿勢や状況を把握しやすいスクエアボディに、面の剛性を高める造形、降雪時に雪がたまりにくい凹凸が少ないボディ形状、走破性・積載性を高める細部の工夫など、機能に徹したこだわりの造形としました。

また、丸型ヘッドランプ、5スロットグリル、クラムシェルボンネットフードなどの、ジムニーの伝統を継承するデザインアイコンを随所に取り入れています。

スズキ 新型ジムニー 新型ジムニーシエラ インテリア

スズキ・ジムニー新型(MT仕様車)

スズキ・ジムニー新型(MT仕様車)

スズキ・ジムニー新型(MT仕様車)

インテリアは、オフロードなど過酷な環境下での、運転のしやすさや各部の操作性にこだわった、機能に徹したデザインに。

車両の姿勢・状況を把握しやすい、水平基調で力強い基本骨格のインストルメントパネルや、ドアミラー付近の視界を拡大する形状のベルトラインを採用。

前席のヒップポイントを30mm後方に下げながら、前後乗員間距離を40mm拡大して居住性を向上させることに成功しています。

スズキ 新型ジムニー 新型ジムニーシエラ 基本スペック(ボディサイズ・燃費・エンジン)

 
【スズキ 新型ジムニー XC(5MT)】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395×1,475×1,725mm(ホイールベース:2,250mm)
最大乗車定員4名
車両重量1,030kg
燃費WLTCモード:16.2km/L
エンジン種類水冷4サイクル直列3気筒インタークーラーターボ
最高出力(kW(PS)/rpm)47kW(64PS) /6,000rpm
最大トルク(N・m/rpm)96N·m (9.8kgf·m) /3,500rpm
タンク容量 40L
駆動方式パートタイム4WD
トランスミッション5MT
 
【スズキ 新型ジムニーシエラ JC(5MT)】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,550×1,645×1,730mm(ホイールベース:2,250mm)
最大乗車定員4名
車両重量1,070kg
燃費WLTCモード:15.0km/L
エンジン種類水冷4サイクル直列4気筒
最高出力(kW(PS)/rpm)75kW(102PS) /6,000rpm
最大トルク(N・m/rpm)130N·m (13.3kgf·m) /4,000rpm
タンク容量 40L
駆動方式パートタイム4WD
トランスミッション5MT

スズキ 新型ジムニー 新型ジムニーシエラ グレード別新車価格

新型スズキ・ジムニーXG

新型ジムニー、新型ジムニーシエラのグレード別新車価格は以下の通りです。
■新型ジムニー
145万8000円~184万1400円

■新型ジムニーシエラ
176万400円~201万9600円

詳細は下記表をご覧ください。

 
【スズキ 新型ジムニー】 グレード別価格表
XG(5MT)1,458,000円
XG(4AT)1,555,200円
XL(5MT)1,582,200円
XL(4AT)1,679,400円
XC(5MT)1,744,200円
XC(4AT)1,841,400円
 
【スズキ 新型ジムニーシエラ】 グレード別価格表
JL(5MT)1,760,400円
JL(4AT)1,857,600円
JC(5MT)1,922,400円
JC(4AT)2,019,600円

スズキ 新型ジムニー 新型ジムニーシエラ 安全性能 「スズキ セーフティ サポート」搭載

●基本安全
視界性能、運転姿勢と操作系、インターフェース等、運転しやすく安心して乗れる基本安全技術。

●予防安全「スズキ セーフティ サポート」
事故を未然に防ぎ、お客様の万一のときの安全を確保するために運転をサポートする予防安全技術。

●衝突安全
衝撃吸収ボディーをはじめ、万が一の衝突被害を軽減する衝突安全技術。

スズキの予防安全技術、「スズキ セーフティサポート」をジムニー「XC」、ジムニーシエラ「JC」に標準装備、ジムニー「XG」「XL」、ジムニーシエラ「JL」にメーカーオプション設定しました。

※経済産業省や国土交通省などが普及を推進する「セーフティ・サポートカー」の「サポカーSワイド」に該当します。

また、衝突安全性能も強化。運転席、助手席SRSエアバッグ、フロントシートSRSサイドエアバッグに加えて、SRSカーテンエアバッグを全車に標準装備などの改良を行っています。

標識も認識してくれる!スズキの単眼カメラ+レーザーレーダー

スズキは「スズキ セーフティ サポート」として、車両ごとに最適なシステムを搭載してきた。その中で新世代ジムニーが搭載したのは、クロスビーやワゴンRなどにも採用されたのと同じ単眼カメラとレーザーレーダーを一体化したコンチネンタル製のシステムだ。

このシステムでは、衝突軽減ブレーキをクルマだけでなく歩行者にも対応させ、作動範囲は自車速度約5~約100km/h(対象が歩行者の場合は約5~約60km/h)と広範囲だ。他にも車線逸脱警報機能やハイビームアシスト、誤発進抑制機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能などを装備し、さらに新機能として標識認識機能を追加している。

新型ジムニー 新型ジムニーシエラを体感したい!そんな貴方にVR

いち早く新型ジムニー、ジムニーシエラの走行を楽しみたい、体感したい、というそこの貴方!

スズキ公式のVR動画がオススメです。この動画はVR動画なので、様々な角度からジムニーをタイカンできますよ!

スズキ 新型ジムニー 欧州市場へ投入決定

スズキの欧州部門は7月5日、新型『ジムニー』を欧州市場に投入すると発表しています。

欧州向けの新型ジムニーは、日本向けの新型『ジムニーシエラ』とほぼ共通仕様。新型の特徴は、新開発の1.5リットルエンジンの搭載。先代の1.3リットルエンジンを置き換える点です。

「K15B」と呼ばれる新開発の1.5リットル直列4気筒ガソリンエンジンは、最大出力102hp、最大トルク13.3kgmを発生。トランスミッションは5速MTまたは4速ATを組み合わせています。

【そもそも】スズキのジムニー・ジムニーシエラってどんな車なの?

【おさらい】スズキのジムニーとは

3代目ジムニー ※2004年10月にマイナーチェンジ

「ジムニー」は、1970年に軽自動車で唯一の四輪駆動車(当時)として発売して以来、悪路走破性とコンパクトな車体による取り回しの良さにより、様々な作業現場や山間部、積雪地の重要な交通手段として活躍してきた車です。

同時に、本格的な四輪駆動の性能と親しみやすさからレジャーを目的として購入する層も多く、国内でのコンパクト4WDの市場を築き上げたと言っても過言ではありません。

【おさらい】スズキのジムニーシエラとは

スズキ ジムニーシエラ 特別仕様車…ランドベンチャー(2017)

スズキの軽自動車兼オフロード四輪駆動車・ジムニーの派生モデル、それがジムニーシエラです。シエラ(英語:Sierra)とは、山脈を意味しています。

ジムニーが軽自動車であるのに対し、ジムニーシエラは普通自動車で登録されています。ジムニーのワイド版といったところでしょうか。

1998年に「ジムニーワイド」として登場しましたが、2002年にジムニーシエラに改名。以降、マイナーチェンジや一部改良を繰り返しながら進化し続ける3ドアワゴンタイプのクロカンです。

2012年には特別仕様車クロスアドベンチャーが発売されました。

ジムニーと同じくオフロードでの走行を想定して製造されているため、ボディサイズの割に燃費はあまりよくありませんが、その欠点をカバーしてあまりある・ジムニー譲りの走破性を持ち合わせています。

もちろんMT(マニュアル)車も用意されています!

最後に

ジムニストのみなさま、7月5日よりスズキのジムニー新型、ジムニーシエラ新型が発売しました。

本記事では、新型ジムニー、新型ジムニーシエラの情報を随時更新予定です。お楽しみに!!

もっとジムニーを知りたいあなたへ ジムニー記事リンク集

関連する投稿


【7月5日発売】ジムニーシエラ 新型は7月に登場!燃費・走行性能・価格・評価

【7月5日発売】ジムニーシエラ 新型は7月に登場!燃費・走行性能・価格・評価

スズキのジムニーフルモデルチェンジの期待が高まる中、ジムニーシエラも同じタイミングで発売が発表され話題となっています。新型のスペックも気になりますが、改めてジムニーのワイド版・ジムニーシエラについての基本情報・スペック・燃費・評価・新車価格を見ていきたいと思います。【2018年9月7日更新】


【最新版】2018年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2018年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2018年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるのでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報をまとめています!これを読めば日本の2018年発売が予測される新車情報を一気に先取りです!


ワゴンRとワゴンRスティングレーにお得で個性的な25周年記念の特別仕様車が登場!!

ワゴンRとワゴンRスティングレーにお得で個性的な25周年記念の特別仕様車が登場!!

スズキは軽乗用車「ワゴンR」の1993年の発売から25周年を記念して、ワゴンR、ワゴンRスティングレーに特別仕様車「25周年記念車」を設定して、9月10日より発売します。特別仕様車「25周年記念車」やスズキの人気ロングセラーモデルワゴンR・ワゴンRスティングレーについて詳しく見ていきましょう


やっぱり憧れAMG!?スズキのジムニー/ジムニーシエラがAMG G63 ルックに

やっぱり憧れAMG!?スズキのジムニー/ジムニーシエラがAMG G63 ルックに

先日、ジムニーをメルセデス『Gクラス』風に変身させる夢のキット「G mini」についてご紹介しましたが、今回はなんと『ジムニー/ジムニーシエラ』をAMG G 63 風にできちゃう!?そんなキットがダムドから発売されます。


売れに売れてる「ジムニー」は本当に買うべきなのか?

売れに売れてる「ジムニー」は本当に買うべきなのか?

新しもの好きもオッチョコチョイも、愛すべきクルマ好きであることは確かであり、メーカーもこれらの人たちのおかげで商売ができているのは否定できない。でも、行き過ぎた幻想を与えすぎてはいけないとの思いから、せっかくのフィーバーに水をかけてみたいと思う。今回は、スズキの新型「ジムニー」だ。


最新の投稿


【スクープ!】ランボルギーニがアウディからポルシェ傘下に!

【スクープ!】ランボルギーニがアウディからポルシェ傘下に!

アウディ傘下となっているランボルギーニ。2019年1月から、ポルシェ傘下へ入ることが確定したと、米Automobile Magazineが報じています。


【パリモーターショー2018】BMW X5新型と M5コンペティション発表!

【パリモーターショー2018】BMW X5新型と M5コンペティション発表!

BMWグループは、フランスで10月に開催されるパリモーターショー2018(Paris Motor Show)の出展内容を発表しています。それによれば新型『X5』(BMW X5)と『M5コンペティション』(BMW M5 Competition)がワールドプレミアされるとのことです。


【パリモーターショー2018】トヨタ ヤリス(ヴィッツ)2019年モデル初公開

【パリモーターショー2018】トヨタ ヤリス(ヴィッツ)2019年モデル初公開

トヨタヨーロッパは、ヤリス(日本名:ヴィッツ)の2019年モデルをパリモーターショー2018にて初公開することを発表しています。


日産のスーパーカー!GT-Rのスペック 価格 燃費 まとめ

日産のスーパーカー!GT-Rのスペック 価格 燃費 まとめ

日産が誇る、スーパースポーツ、GT-R。ファンも多いこの車。あのプロテニスプレーヤーの大坂なおみ選手も日産車の中ではGT-Rがお好きなんだとか。そんなGT-R、みなさんはどれだけ知っていますか?本記事ではGT-Rのスペック、燃費、価格他気になる情報をまとめています。


フェラーリが経営計画発表!ハイブリッド車とSUV「Purosangue」を導入か

フェラーリが経営計画発表!ハイブリッド車とSUV「Purosangue」を導入か

フェラーリは9月18日に投資家向けに開いた説明会「Capital Markets Day」において2022年までにハイブリッド車をラインナップの6割に導入すること、SUV「Purosangue」を導入する予定であることを示唆しました。本記事ではこの度発表されたフェラーリの経営計画についてご紹介します。