目次へ戻る

【最新情報】ジムニー新型&ジムニーシエラ新型発売!価格・特徴

【最新情報】ジムニー新型&ジムニーシエラ新型発売!価格・特徴

スズキは、7月5日より、ジムニー新型、およびジムニーシエラ新型を発売しました。20年ぶりの全面改良とあり、2018年大注目と言っても過言ではないでしょう。本記事ではそんなジムニー新型、ジムニーシエラ新型の最新情報をご紹介します。「Nobody But Jimny」【7月9日10時更新】


【7月5日発売】ジムニー&ジムニーシエラ新型発売!!!!

新型スズキ・ジムニーXL

新型スズキ・ジムニーシエラJC

スズキは、本格的な四輪駆動車の機能と走破性を高めた軽四輪駆動車 新型「ジムニー」および、新開発1.5Lエンジンを搭載した小型四輪駆動車 新型「ジムニーシエラ」を、20年ぶりに全面改良して7月5日より発売しました。

20年ぶりの改良とあって、大注目のジムニー&ジムニーシエラ。

ジムニストの方はもちろん、本格オフロード四輪駆動車を探していた人にもぜひ知っていただきたい一台です。

新型ジムニー 新型ジムニーシエラ 7月4日公開 TVCM & PV

CM

「Nobody but Jimny」。ジムニーでしかたどり着けない場所へ。
山を越え、ぬかるみを越え、岩場を越え、突き進むジムニー。
時に、他のクルマでは尻込みするような過酷な道を越え、ジムニーの終わりなき冒険は続きます。
大切にしたかったのは、ハードな走りを見せるだけでなく、冒険心も感じてもらうこと。
映画の予告編のような美しい映像が、その狙いを一層際立たせています。
力強さと気高さが漂うジムニーの勇姿をじっくりとご覧ください。

スズキ 新型ジムニー 新型ジムニーシエラの特徴! 新設計ラダーフレーム・専用ターボエンジン他

新型スズキ・ジムニーXC

新型「ジムニー」、新型「ジムニーシエラ」は、ジムニーのこだわりと技術をそのままに、ジムニーに求められている本格的な四輪駆動車としての性能をさらに進化させています。

「新開発ラダーフレーム」に、「FRレイアウト」、「副変速機付パートタイム4WD」、「3リンクリジッドアクスル式サスペンション」というジムニー伝統の車体構成を継承しました。

特に、新設計のラダーフレームは、Xメンバーと前後にクロスメンバーを加えたことで、ねじり剛性を先代モデル比で約1.5倍向上させることに成功しています。

また、車体とラダーフレームをつなぐボディマウントゴムを新設計。乗り心地を改善し、優れた操縦安定性を実現。

また、「ブレーキLSDトラクションコントロール」を全車に標準装備。

これにより、高い走破性能を実現しています。

新型「ジムニー」には専用にチューニングした「R06A型ターボエンジン」、新型「ジムニーシエラ」には1.5Lの新開発「K15B型エンジン」を搭載し、動力性能と信頼性を高めています。

スズキ公式サイトによる ジムニー新型 ジムニーシエラ新型の主な特徴

1.伝統の基本構造を継承し、さらに進化した本格4WD性能
2.合理的で無駄の無い機能美を追求したデザイン
3.プロユースにも応える使い勝手を追求
4.スズキ セーフティ サポート※2の搭載と優れた衝突安全性能

スズキ 新型ジムニー 新型ジムニーシエラ パワートレイン

スズキ ジムニー R06A型ターボエンジン

パワーユニットは、ジムニーが専用チューニングのR06A型ターボエンジンを、ジムニーシエラは軽量・コンパクトで燃費に優れ、出力・トルクともに向上した1.5リットルの新開発K15B型エンジンを採用しています。

動力性能を進化させるとともに、被水や雪、飛び石などへの対策を施し、信頼性を向上させました。

スズキ 新型ジムニー 新型ジムニーシエラ エクステリア

スズキ・ジムニー新型

スズキ・ジムニー新型

スズキ・ジムニーシエラ新型

スズキ・ジムニーシエラ新型

エクスエリアは、車両の姿勢や状況を把握しやすいスクエアボディに、面の剛性を高める造形、降雪時に雪がたまりにくい凹凸が少ないボディ形状、走破性・積載性を高める細部の工夫など、機能に徹したこだわりの造形としました。

また、丸型ヘッドランプ、5スロットグリル、クラムシェルボンネットフードなどの、ジムニーの伝統を継承するデザインアイコンを随所に取り入れています。

スズキ 新型ジムニー 新型ジムニーシエラ インテリア

スズキ・ジムニー新型(MT仕様車)

スズキ・ジムニー新型(MT仕様車)

スズキ・ジムニー新型(MT仕様車)

インテリアは、オフロードなど過酷な環境下での、運転のしやすさや各部の操作性にこだわった、機能に徹したデザインに。

車両の姿勢・状況を把握しやすい、水平基調で力強い基本骨格のインストルメントパネルや、ドアミラー付近の視界を拡大する形状のベルトラインを採用。

前席のヒップポイントを30mm後方に下げながら、前後乗員間距離を40mm拡大して居住性を向上させることに成功しています。

スズキ 新型ジムニー 新型ジムニーシエラ 基本スペック(ボディサイズ・燃費・エンジン)

 
【スズキ 新型ジムニー XC(5MT)】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395×1,475×1,725mm(ホイールベース:2,250mm)
最大乗車定員4名
車両重量1,030kg
燃費WLTCモード:16.2km/L
エンジン種類水冷4サイクル直列3気筒インタークーラーターボ
最高出力(kW(PS)/rpm)47kW(64PS) /6,000rpm
最大トルク(N・m/rpm)96N·m (9.8kgf·m) /3,500rpm
タンク容量 40L
駆動方式パートタイム4WD
トランスミッション5MT
 
【スズキ 新型ジムニーシエラ JC(5MT)】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,550×1,645×1,730mm(ホイールベース:2,250mm)
最大乗車定員4名
車両重量1,070kg
燃費WLTCモード:15.0km/L
エンジン種類水冷4サイクル直列4気筒
最高出力(kW(PS)/rpm)75kW(102PS) /6,000rpm
最大トルク(N・m/rpm)130N·m (13.3kgf·m) /4,000rpm
タンク容量 40L
駆動方式パートタイム4WD
トランスミッション5MT

スズキ 新型ジムニー 新型ジムニーシエラ グレード別新車価格

新型スズキ・ジムニーXG

新型ジムニー、新型ジムニーシエラのグレード別新車価格は以下の通りです。
■新型ジムニー
145万8000円~184万1400円

■新型ジムニーシエラ
176万400円~201万9600円

詳細は下記表をご覧ください。

 
【スズキ 新型ジムニー】 グレード別価格表
XG(5MT)1,458,000円
XG(4AT)1,555,200円
XL(5MT)1,582,200円
XL(4AT)1,679,400円
XC(5MT)1,744,200円
XC(4AT)1,841,400円
 
【スズキ 新型ジムニーシエラ】 グレード別価格表
JL(5MT)1,760,400円
JL(4AT)1,857,600円
JC(5MT)1,922,400円
JC(4AT)2,019,600円

スズキ 新型ジムニー 新型ジムニーシエラ 安全性能 「スズキ セーフティ サポート」搭載

●基本安全
視界性能、運転姿勢と操作系、インターフェース等、運転しやすく安心して乗れる基本安全技術。

●予防安全「スズキ セーフティ サポート」
事故を未然に防ぎ、お客様の万一のときの安全を確保するために運転をサポートする予防安全技術。

●衝突安全
衝撃吸収ボディーをはじめ、万が一の衝突被害を軽減する衝突安全技術。

スズキの予防安全技術、「スズキ セーフティサポート」をジムニー「XC」、ジムニーシエラ「JC」に標準装備、ジムニー「XG」「XL」、ジムニーシエラ「JL」にメーカーオプション設定しました。

※経済産業省や国土交通省などが普及を推進する「セーフティ・サポートカー」の「サポカーSワイド」に該当します。

また、衝突安全性能も強化。運転席、助手席SRSエアバッグ、フロントシートSRSサイドエアバッグに加えて、SRSカーテンエアバッグを全車に標準装備などの改良を行っています。

標識も認識してくれる!スズキの単眼カメラ+レーザーレーダー

スズキは「スズキ セーフティ サポート」として、車両ごとに最適なシステムを搭載してきた。その中で新世代ジムニーが搭載したのは、クロスビーやワゴンRなどにも採用されたのと同じ単眼カメラとレーザーレーダーを一体化したコンチネンタル製のシステムだ。

このシステムでは、衝突軽減ブレーキをクルマだけでなく歩行者にも対応させ、作動範囲は自車速度約5~約100km/h(対象が歩行者の場合は約5~約60km/h)と広範囲だ。他にも車線逸脱警報機能やハイビームアシスト、誤発進抑制機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能などを装備し、さらに新機能として標識認識機能を追加している。

新型ジムニー 新型ジムニーシエラを体感したい!そんな貴方にVR

いち早く新型ジムニー、ジムニーシエラの走行を楽しみたい、体感したい、というそこの貴方!

スズキ公式のVR動画がオススメです。この動画はVR動画なので、様々な角度からジムニーをタイカンできますよ!

スズキ 新型ジムニー 欧州市場へ投入決定

スズキの欧州部門は7月5日、新型『ジムニー』を欧州市場に投入すると発表しています。

欧州向けの新型ジムニーは、日本向けの新型『ジムニーシエラ』とほぼ共通仕様。新型の特徴は、新開発の1.5リットルエンジンの搭載。先代の1.3リットルエンジンを置き換える点です。

「K15B」と呼ばれる新開発の1.5リットル直列4気筒ガソリンエンジンは、最大出力102hp、最大トルク13.3kgmを発生。トランスミッションは5速MTまたは4速ATを組み合わせています。

【そもそも】スズキのジムニー・ジムニーシエラってどんな車なの?

【おさらい】スズキのジムニーとは

3代目ジムニー ※2004年10月にマイナーチェンジ

「ジムニー」は、1970年に軽自動車で唯一の四輪駆動車(当時)として発売して以来、悪路走破性とコンパクトな車体による取り回しの良さにより、様々な作業現場や山間部、積雪地の重要な交通手段として活躍してきた車です。

同時に、本格的な四輪駆動の性能と親しみやすさからレジャーを目的として購入する層も多く、国内でのコンパクト4WDの市場を築き上げたと言っても過言ではありません。

【おさらい】スズキのジムニーシエラとは

スズキ ジムニーシエラ 特別仕様車…ランドベンチャー(2017)

スズキの軽自動車兼オフロード四輪駆動車・ジムニーの派生モデル、それがジムニーシエラです。シエラ(英語:Sierra)とは、山脈を意味しています。

ジムニーが軽自動車であるのに対し、ジムニーシエラは普通自動車で登録されています。ジムニーのワイド版といったところでしょうか。

1998年に「ジムニーワイド」として登場しましたが、2002年にジムニーシエラに改名。以降、マイナーチェンジや一部改良を繰り返しながら進化し続ける3ドアワゴンタイプのクロカンです。

2012年には特別仕様車クロスアドベンチャーが発売されました。

ジムニーと同じくオフロードでの走行を想定して製造されているため、ボディサイズの割に燃費はあまりよくありませんが、その欠点をカバーしてあまりある・ジムニー譲りの走破性を持ち合わせています。

もちろんMT(マニュアル)車も用意されています!

最後に

ジムニストのみなさま、7月5日よりスズキのジムニー新型、ジムニーシエラ新型が発売しました。

本記事では、新型ジムニー、新型ジムニーシエラの情報を随時更新予定です。お楽しみに!!

もっとジムニーを知りたいあなたへ ジムニー記事リンク集

関連する投稿


【2019-20年登場か】スズキのアルト&アルトワークス次期型登場

【2019-20年登場か】スズキのアルト&アルトワークス次期型登場

スズキの軽自動車『アルト』、及び高性能モデル『アルトワークス』次期型に関する情報を入手しました。次期型でどんな進化を見せてくれるのでしょうか。注目です。


スズキのコンパクトカー バレーノ改良新型登場 バレーノってどんな車?

スズキのコンパクトカー バレーノ改良新型登場 バレーノってどんな車?

スズキのインド部門、マルチスズキは、改良新型『バレーノ』(Suzuki Baleno)のティザーイメージを公開し、同車の予約受注を開始すると発表しました。みなさんはこのバレーノ、ご存知でしょうか。本記事ではバレーノ改良新型の最新情報と改めてバレーノについてまとめています。


【東京オートサロン2019】大量!カスタマイズされたジムニーまとめ

【東京オートサロン2019】大量!カスタマイズされたジムニーまとめ

あそこもここもむこうもジムニー。東京オートサロン2019では、様々なブースにてカスタマイズされたジムニーが展示されていましたね。本記事ではそんな熱い視線を集めたジムニーをまとめています。


スズキのエスクードが一部改良!安全性能の向上 価格は約265万円

スズキのエスクードが一部改良!安全性能の向上 価格は約265万円

スズキは、コンパクトSUV『エスクード』を一部仕様変更し、予防安全技術「スズキセーフティサポート」を充実させて12月21日より発売しています。本記事は新しくなったエスクードについてまとめました。


【東京オートサロン2019】ジムニーがあのメルセデスAMG風に変身!?

【東京オートサロン2019】ジムニーがあのメルセデスAMG風に変身!?

ドレスアップパーツなどを手掛けるダムドですが、東京オートサロン2019にて新型『ジムニー』と『CX-8』のデモカーを初公開します。このジムニーは昨年8月にCG画像のみ公開し、話題を集めていました。なんと見た目がメルセデスAMG風になる?いやいや、ランドローバーのディフェンダー風?気になる情報をまとめました。


最新の投稿


【カーオーディオ入門】デッドニングとは?効果や費用、やり方・方法を紹介

【カーオーディオ入門】デッドニングとは?効果や費用、やり方・方法を紹介

カーオーディオの音質改善のために行うデッドニング。具体的にどのような効果があるのか、デッドニングに掛かる費用、方法や、おすすめのデッドニングキットの紹介などを合わせて紹介しています。


【スクープ】マツダのロードスター 次期型は2022年に登場か?

【スクープ】マツダのロードスター 次期型は2022年に登場か?

日本を代表するライトウェイトスポーツカー、マツダ『ロードスター』次期型に関する情報が入ってきました。ロードスター次期型は2022年発売のようです!気になる最新情報をお届けいたします!


ブレーキキャリパーの役割と構造|交換や塗装に掛かる費用についても紹介

ブレーキキャリパーの役割と構造|交換や塗装に掛かる費用についても紹介

動いている車を止めるためになくてはならない部品がブレーキです。ブレーキにもいろいろ種類があり、ディスクブレーキタイプに必要な部品の1つがブレーキキャリパーになります。今回はブレーキキャリパーについて、その役割と構造を紹介します。


ブローオフバルブの役割と効果、仕組みについて解説|車検への影響も

ブローオフバルブの役割と効果、仕組みについて解説|車検への影響も

ターボ車には必要不可欠な部品の1つであるのがブローオフバルブです。今回はブローオフバルブの役割と効果について、仕組みも合わせて紹介します。現在ついている純正品から社外品ブローオフバルブへの取り付けを検討する際の注意点も合わせて紹介します。


【ジュネーブモーターショー2019】日程・出展社・他最新情報まとめ

【ジュネーブモーターショー2019】日程・出展社・他最新情報まとめ

ジュネーブ・モーターショーとは、スイスのジュネーヴで毎年春に開催される大規模なモーターショーです。世界5大モーターショーの1つでもあり、多くのヨーロッパメーカーの新型車がワールドプレミアされる傾向にあります。2019年もジュネーブモーターショーで多くの新型車が発表される予感!本記事ではジュネーブモーターショー2019についてまとめています。