目次へ戻る

本格派SUV ジムニーとジムニーシエラ買うならどっち?

本格派SUV ジムニーとジムニーシエラ買うならどっち?

2018年7月に発売されて以来大ヒット中の新型ジムニー。ご存じの通り軽自動車軽規格の本格派SUVですが、共通のボディを持ちながらも1.5Lエンジンを搭載する小型自動車のジムニー・シエラも高い人気をほこっています。見た目に大きな違いがないこともあり、どちらにするか悩む人も多いと思います。そこでこの記事では、ジムニーとジムニーシエラそれぞれの特徴と違いをご紹介します。あなたはどちらを選びますか?


スズキのジムニーとジムニーシエラはフルモデルチェンジでどう変わったのか?

ジムニーとジムニーシエラ

20年ぶりのフルモデルチェンジとなった新型ジムニー/ジムニーシエラは、伝統を受け継ぐラダーフレームに、前後のクロスメンバー、フレーム中央の「X(エックス)メンバー」を新採用したことで、ねじり剛性を従来の約1.5倍に向上。

さらにフレームとボディを繋ぐ新開発のマウントゴムにより、上下方向に柔軟性を高めるなどで乗り心地の向上を図っています。

パワーとトルクそして燃費も向上

ジムニー R06A型ターボエンジン/ ジムニーシエラ K15B型エンジン

ジムニーとジムニーシエラのパワーユニットはともに載せ替えられ、ジムニーが専用チューニングのR06A型ターボエンジンを搭載。出力、パワーともに先代を上回り、燃費性能も向上しています。

そしてジムニーシエラのパワーユニットは、軽量・コンパクトで燃費に優れ、出力・トルクともに向上した1.5リットルの新開発K15B型エンジンを採用しました。

よりスクエアになって道具感が増したエクステリア

ジムニー

ジムニーシエラ

そのエクステリアは、車両の姿勢や状況を把握しやすいスクエアボディーに、面の剛性を高める造形、降雪時に雪がたまりにくい凹凸が少ないボディー形状、走破性・積載性を高める細部の工夫など、機能に徹したこだわりの造形に丸型ヘッドランプ、5スロットグリル、クラムシェルボンネットフードなどの、ジムニーの伝統を継承するデザインを随所に取り入れ、これまで以上の道具感を強めたスタイルとなっています。

安全性能も最新機能を搭載

デュアルセンサーブレーキサポート

旧型の車体ゆえに最新の安全装備がなかった先代に対して、新型では予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」を搭載。

衝突被害軽減ブレーキ「デュアルセンサーブレーキサポート(DSBS)」をはじめ、誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、ハイビームアシスト、先行車発進お知らせ機能、そして各標識をメーター内に表示させドライバーに通知する「標識認識機能」を採用しています。

また、ヒルホールドコントロールと下り坂でのブレーキ自動制御機能であるヒルディセントコントロールが標準装備されました。

カラーバリエーションが豊富に

あまり選択肢がなかった先代に比べ、ボディカラーが大幅に拡充され、新規色となる「キネティックイエロー」と「ジャングルグリーン」を加えた9色となりました。さらに、2トーンルーフも新設定され、ブラック2トーンルーフが3色用意されるほか、「キネティックイエロー」には、ルーフに加えてボンネットとAピラーもブラックとしたブラックトップ2トーンが受注生産で設定されています。

グレード体系は普及仕様「XG」と上級仕様「XC」に加え、量販仕様の「XL」が加わり、3グレード、ジムニーシエラは「JC」と「JL」の2グレードとなっています。

気になる!ジムニーとジムニーシエラの違い 何が違うの?

ジムニー
ジムニーシエラ

ジムニーとジムニーシエラの違いはまずボディサイズ。基本的には同じで、室内寸法も共通ですが外寸が異なります。

その差は大きくありませんが軽自動車枠に収められたジムニー本来のダイナミックなデザインが伸び伸びと表現されるのは十分で、大胆に張り出したバンパーやフェンダーがSUV気分を高めてくれます。そして、ボディだけではなくトレッドも広がっているため、より安定感のある走行性能を確保しています。

もちろんエンジンの差は大きく、新しくなったターボ付きのジムニーのスペックは素晴らしく、軽自動車としては十分な動力性能と言えますが、高速域や長距離ドライブにおいては、さほどハイスペックではない15Lエンジンであってもジムニーを上回り、その余裕がシエラの魅力となっています。

ジムニーとジムニーシエラの諸元

ジムニー諸元
全長/全幅/全高(mm):3,395/1,475/1,725
トレッド前/後(mm):1,265/1,275
最低地上高(mm):205
タイヤサイズ:175/80R16 91S
燃料タンク容量(L):40
エンジン型式・排気量:直列3気筒インタークーラーターボ・658㏄
最高出力(kW/rpm):47<64PS>/6,000
最大トルク(N・m/rpm):96<9.8kg・m>/3,500
※公式サイトより(情報は2019年11月現在のもの)

ジムニーシエラ諸元
全長/全幅/全高(mm):3,550/1,645/1,730
トレッド前/後(mm):1,395/1,405
最低地上高(mm) 210
タイヤサイズ 195/80R15 96S
燃料タンク容量(L):40
エンジン型式・排気量:直列4気筒・1,260㏄
最高出力(kW/rpm):75<102PS>/6,000
最大トルク(N・m/rpm):130<13.3kg・m>/4,000
※公式サイトより(情報は2019年11月現在のもの)

【結局】シエラとジムニーどっちを買うべきか?

ジムニー

ジムニーは魅力的な車ですが、軽自動車であり、しかも室内はけっして広くなく2人乗りプラス荷物と割り切らない限り実用性はありません。

ジムニーシエラも普通乗用車といっても室内は軽自動車のジムニーと変わりません。しかも、向上したと言っても燃費はジムニーでもトールワゴンのスペーシアほど良くありませんし、価格も高めです。非常に興味性の高い車種なので、純粋に運転を楽しんだり、アウトドアなどカーライフそのものを楽しむツールだと考えた方が良いでしょう。

ジムニーシエラの良いところは長距離でも余裕のあるエンジンとワイドトレッドによる安定感です。これは軽自動車に満足できない人にとっては外せない部分です。

しかもスタイリングもジムニーよりワイルドでカッコイイと思われるでしょう。軽自動車だからこそジムニーの価値があるというのは日本だけで、グローバルではジムニーといえばシエラなのです。

それでも、見た目や機能性がまったく同じならジムニーで十分という考え方もあり、もし他に乗用車をお持ちならば迷わずジムニーを。

一台ですべてをこなすなら、自分のライフスタイルとご家族の理解が得られれば(ここ大事!!)ジムニーシエラがベストと言えるでしょう。

悩んだら最後は価格で決めましょう!!

ジムニーメーカー希望小売り価格 2019年10月現在
1,485,000円(消費税抜き1,350,000円)から1,877,500円(消費税抜き1,705,000円)
ジムニーシエラメーカー希望小売り価格 2019年10月現在
1,793,000円(消費税抜き1,630,000円)から2,057,000円(消費税抜き1,870,000円)

まとめ

納車までに相当かかると言われるジムニー/ジムニーシエラですが、あまり焦る必要はありません。

まだ予想でしかありませんが、これまでジムニー/ジムニーシエラは魅力的な限定車である「ランドベンチャー」や「クロスアドベンチャー」が設定されています。

まだ人気が衰えていないので時期が早いかもしれませんが、各社から新型SUVやSUVテイストあふれる新機種が登場する中、そろそろ登場してもおかしくありません。

できればお買い得な限定車を狙うのも良いと思いますよ。

関連する投稿


【最新版】2020年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2020年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

2020年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるの?本記事では2020年に発売が予測される国産車をピックアップ!トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2020年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【11月14日更新】


7人乗りの外車SUV おすすめ10選!人気車種を一覧で比較!

7人乗りの外車SUV おすすめ10選!人気車種を一覧で比較!

人気の高いSUV。国内でも多くのSUV車が販売されていますが、元々はアメリカが発祥であり、その後ヨーロッパや日本でも人気が出た車種です。今回はそんなSUVの中でも3列シートで7人乗りタイプのおすすめの外車・輸入車をまとめてみました。


【決定版】3列シート/7人乗りSUV 国産車&外車 全19車種を一覧で比較!

【決定版】3列シート/7人乗りSUV 国産車&外車 全19車種を一覧で比較!

ファミリーカーとして人気を博しているミニバンに待ったをかけるのが、多人数も乗れるSUV。最近では3列シート・7人乗りSUVが続々市場に導入されています。本記事では、現在日本で購入可能な、現役の国産車から外車まで、ありとあらゆるメーカーの「3列シート/7人乗り SUV」についてまとめてご紹介します。(※2018年3月現在)


日産の個性派SUV ジューク 中古車価格と最新情報まで

日産の個性派SUV ジューク 中古車価格と最新情報まで

インパクトのある外見が特徴の日産 ジューク。その外見はクーペのようにもコンパクトカーのようにも見えます。ここではそんな日産 ジュークの中古車情報をご紹介します。(※情報は2019年10月現在のもの)


日産のSUV エクストレイル 中古車情報・モデル別価格ほか

日産のSUV エクストレイル 中古車情報・モデル別価格ほか

日産 エクストレイルはタフギア道具をコンセプトとして開発されたミドルサイズのSUVです。そのコンセプトは現在でも受け継がれており、エクストレイルの大きな特徴の一つとなっています。ここではそんな日産 エクストレイルの中古車について、各モデルごとにご紹介しています。(※情報は2019年10月現在のもの)


最新の投稿


2019-2020日本カー・オブ・ザ・イヤー10ベスト発表!「今年のクルマ」はどれだ!?

2019-2020日本カー・オブ・ザ・イヤー10ベスト発表!「今年のクルマ」はどれだ!?

いよいよ今年もあと少し。そうです、「日本カー・オブ・ザ・イヤー(COTY)」の時期というわけです。11月7日にまず発表されたのは、全35台のノミネート車の中から、最終選考会に進む上位10台の「10ベストカー」。この中から12月6日の最終選考で日本カー・オブ・ザ・イヤーが決定するのですが、どれも今年話題になった車ばかりで…。イヤーカーはどのクルマになるのでしょうか?


光岡自動車のオープンカー ヒミコ 中古車価格まとめ

光岡自動車のオープンカー ヒミコ 中古車価格まとめ

1994年に、二人乗りオープンカーであるゼロワンを発売し、日本で10番目の自動車メーカーとなった光岡自動車。そんな光岡自動車が2008年に発売したオープンカー、ヒミコを中古車情報と共にご紹介していきます。


【最新版】2020年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2020年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

2020年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるの?本記事では2020年に発売が予測される国産車をピックアップ!トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2020年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【11月14日更新】


【おすすめ10選】おすすめのトルクレンチ!そもそもトルクレンチとは?

【おすすめ10選】おすすめのトルクレンチ!そもそもトルクレンチとは?

トルクレンチは自動車のホイールナットなどを締める工具で、用途により沢山の種類があります。今回はおすすめのトルクレンチを紹介して行きますので、お買い求めの際に参考になれば幸いです。


日産の軽トールワゴン デイズルークス 中古車情報

日産の軽トールワゴン デイズルークス 中古車情報

日産の軽トールワゴン。デイズシリーズの第2弾のハイトワゴンモデルがデイズルークスです。本記事ではデイズルークスの中古車情報を紹介しています。(※情報は2019年10月現在のものです)