トップへ戻る

本格派SUV ジムニーとジムニーシエラ買うならどっち?

本格派SUV ジムニーとジムニーシエラ買うならどっち?

2018年7月に発売されて以来大ヒット中の新型ジムニー。ご存じの通り軽自動車軽規格の本格派SUVですが、共通のボディを持ちながらも1.5Lエンジンを搭載する小型自動車のジムニー・シエラも高い人気をほこっています。見た目に大きな違いがないこともあり、どちらにするか悩む人も多いと思います。そこでこの記事では、ジムニーとジムニーシエラそれぞれの特徴と違いをご紹介します。あなたはどちらを選びますか?

⏳この記事は約3~4分で読めます。


スズキのジムニーとジムニーシエラはフルモデルチェンジでどう変わったのか?

ジムニーとジムニーシエラ

20年ぶりのフルモデルチェンジとなった新型ジムニー/ジムニーシエラは、伝統を受け継ぐラダーフレームに、前後のクロスメンバー、フレーム中央の「X(エックス)メンバー」を新採用したことで、ねじり剛性を従来の約1.5倍に向上。

さらにフレームとボディを繋ぐ新開発のマウントゴムにより、上下方向に柔軟性を高めるなどで乗り心地の向上を図っています。

パワーとトルクそして燃費も向上

ジムニー R06A型ターボエンジン/ ジムニーシエラ K15B型エンジン

ジムニーとジムニーシエラのパワーユニットはともに載せ替えられ、ジムニーが専用チューニングのR06A型ターボエンジンを搭載。出力、パワーともに先代を上回り、燃費性能も向上しています。

そしてジムニーシエラのパワーユニットは、軽量・コンパクトで燃費に優れ、出力・トルクともに向上した1.5リットルの新開発K15B型エンジンを採用しました。

よりスクエアになって道具感が増したエクステリア

ジムニー

ジムニーシエラ

そのエクステリアは、車両の姿勢や状況を把握しやすいスクエアボディーに、面の剛性を高める造形、降雪時に雪がたまりにくい凹凸が少ないボディー形状、走破性・積載性を高める細部の工夫など、機能に徹したこだわりの造形に丸型ヘッドランプ、5スロットグリル、クラムシェルボンネットフードなどの、ジムニーの伝統を継承するデザインを随所に取り入れ、これまで以上の道具感を強めたスタイルとなっています。

安全性能も最新機能を搭載

デュアルセンサーブレーキサポート

旧型の車体ゆえに最新の安全装備がなかった先代に対して、新型では予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」を搭載。

衝突被害軽減ブレーキ「デュアルセンサーブレーキサポート(DSBS)」をはじめ、誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、ハイビームアシスト、先行車発進お知らせ機能、そして各標識をメーター内に表示させドライバーに通知する「標識認識機能」を採用しています。

また、ヒルホールドコントロールと下り坂でのブレーキ自動制御機能であるヒルディセントコントロールが標準装備されました。

カラーバリエーションが豊富に

あまり選択肢がなかった先代に比べ、ボディカラーが大幅に拡充され、新規色となる「キネティックイエロー」と「ジャングルグリーン」を加えた9色となりました。さらに、2トーンルーフも新設定され、ブラック2トーンルーフが3色用意されるほか、「キネティックイエロー」には、ルーフに加えてボンネットとAピラーもブラックとしたブラックトップ2トーンが受注生産で設定されています。

グレード体系は普及仕様「XG」と上級仕様「XC」に加え、量販仕様の「XL」が加わり、3グレード、ジムニーシエラは「JC」と「JL」の2グレードとなっています。

気になる!ジムニーとジムニーシエラの違い 何が違うの?

ジムニー
ジムニーシエラ

ジムニーとジムニーシエラの違いはまずボディサイズ。基本的には同じで、室内寸法も共通ですが外寸が異なります。

その差は大きくありませんが軽自動車枠に収められたジムニー本来のダイナミックなデザインが伸び伸びと表現されるのは十分で、大胆に張り出したバンパーやフェンダーがSUV気分を高めてくれます。そして、ボディだけではなくトレッドも広がっているため、より安定感のある走行性能を確保しています。

もちろんエンジンの差は大きく、新しくなったターボ付きのジムニーのスペックは素晴らしく、軽自動車としては十分な動力性能と言えますが、高速域や長距離ドライブにおいては、さほどハイスペックではない15Lエンジンであってもジムニーを上回り、その余裕がシエラの魅力となっています。

ジムニーとジムニーシエラの諸元

ジムニー諸元
全長/全幅/全高(mm):3,395/1,475/1,725
トレッド前/後(mm):1,265/1,275
最低地上高(mm):205
タイヤサイズ:175/80R16 91S
燃料タンク容量(L):40
エンジン型式・排気量:直列3気筒インタークーラーターボ・658㏄
最高出力(kW/rpm):47<64PS>/6,000
最大トルク(N・m/rpm):96<9.8kg・m>/3,500
※公式サイトより(情報は2019年11月現在のもの)

ジムニーシエラ諸元
全長/全幅/全高(mm):3,550/1,645/1,730
トレッド前/後(mm):1,395/1,405
最低地上高(mm) 210
タイヤサイズ 195/80R15 96S
燃料タンク容量(L):40
エンジン型式・排気量:直列4気筒・1,260㏄
最高出力(kW/rpm):75<102PS>/6,000
最大トルク(N・m/rpm):130<13.3kg・m>/4,000
※公式サイトより(情報は2019年11月現在のもの)

【結局】シエラとジムニーどっちを買うべきか?

ジムニー

ジムニーは魅力的な車ですが、軽自動車であり、しかも室内はけっして広くなく2人乗りプラス荷物と割り切らない限り実用性はありません。

ジムニーシエラも普通乗用車といっても室内は軽自動車のジムニーと変わりません。しかも、向上したと言っても燃費はジムニーでもトールワゴンのスペーシアほど良くありませんし、価格も高めです。非常に興味性の高い車種なので、純粋に運転を楽しんだり、アウトドアなどカーライフそのものを楽しむツールだと考えた方が良いでしょう。

ジムニーシエラの良いところは長距離でも余裕のあるエンジンとワイドトレッドによる安定感です。これは軽自動車に満足できない人にとっては外せない部分です。

しかもスタイリングもジムニーよりワイルドでカッコイイと思われるでしょう。軽自動車だからこそジムニーの価値があるというのは日本だけで、グローバルではジムニーといえばシエラなのです。

それでも、見た目や機能性がまったく同じならジムニーで十分という考え方もあり、もし他に乗用車をお持ちならば迷わずジムニーを。

一台ですべてをこなすなら、自分のライフスタイルとご家族の理解が得られれば(ここ大事!!)ジムニーシエラがベストと言えるでしょう。

悩んだら最後は価格で決めましょう!!

ジムニーメーカー希望小売り価格 2019年10月現在
1,485,000円(消費税抜き1,350,000円)から1,877,500円(消費税抜き1,705,000円)
ジムニーシエラメーカー希望小売り価格 2019年10月現在
1,793,000円(消費税抜き1,630,000円)から2,057,000円(消費税抜き1,870,000円)

まとめ

納車までに相当かかると言われるジムニー/ジムニーシエラですが、あまり焦る必要はありません。

まだ予想でしかありませんが、これまでジムニー/ジムニーシエラは魅力的な限定車である「ランドベンチャー」や「クロスアドベンチャー」が設定されています。

まだ人気が衰えていないので時期が早いかもしれませんが、各社から新型SUVやSUVテイストあふれる新機種が登場する中、そろそろ登場してもおかしくありません。

できればお買い得な限定車を狙うのも良いと思いますよ。

関連する投稿


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


【マセラティ特集】歴史から初のSUVレヴァンテまで!

【マセラティ特集】歴史から初のSUVレヴァンテまで!

マセラティという自動車ブランドをご存じでしょうか?イタリアの高級スポーツカーメーカーです。このマセラティが、SUVを発売し、大きな人気を得ています。今回は、マセラティの歴史と、そこから生まれたSUVレヴァンテについて解説します。


【SUV人気に迫る】その理由から、歴史、おすすめのSUV紹介まで!

【SUV人気に迫る】その理由から、歴史、おすすめのSUV紹介まで!

SUVの人気は、とどまることを知らない状況。その需要を反映してか、発表される多くの新型車が、SUVタイプのクルマになっています。では、どうしてそれほどSUVは人気を博しているのでしょうか?今回は、SUVの歴史と、おすすめのSUVを紹介しています。


スズキのエスクードはなぜ売れない?メリットや新型車情報を解説

スズキのエスクードはなぜ売れない?メリットや新型車情報を解説

スズキのエスクードは売り上げがそれほど振るわないモデルではありますが、数多くの魅力を備えています。秋口には新型車が出るという情報もあり、今後に期待が持てるでしょう。そこで今回は、スズキのエスクードの魅力をご紹介します。


ちょうどいいサイズのSUV!スズキ クロスビーの魅力を解説!

ちょうどいいサイズのSUV!スズキ クロスビーの魅力を解説!

欧州でのSUVブームから、日本でも大型のSUVが人気となり街中でも見かけるようになりました。少し大きすぎるという方にはコンパクトSUVがおすすめです。今回紹介するスズキ クロスビーはちょうどいいサイズのコンパクトSUVで、その魅力を他のメーカーと比較しながらご紹介します。


最新の投稿


蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

フランスのアルピーヌ・A110が蘇り再生産されていますが、やはりA110と言えば1963年から製造のアルピーヌA110を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?今回は新旧アルピーヌA110について見ていきます。


人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

街中で見かけない日はなさそうなほど売れに売れているコンパクトカー、トヨタ ルーミー。見るからに実用性の高そうなスクエアなボディスタイルとコンパクトなサイズは、どんな場面でもバッチリ活躍してくれそうな予感がしますよね。そんなルーミー、いざ買うぞ!と思うと、意外とバリエーションが多くて目移りしてしまうかも。コスパを評価軸に、グレード間の装備内容や見た目の違いを徹底分析していきます。


トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

誰しも憧れるスポーツクーペのある生活。しかし、先行き不安定な現代だからこそ、趣味性の塊のようなスポーツクーペであっても、実用性やコスパの良さはしっかり追求していきたいところですよね。そんな新しい評価軸に対して、トヨタ 86はどのような結果を残せるのでしょうか? 本格FRスポーツながら4人乗れる86ですが、普段はあまり紹介されない、燃費性能など使い勝手に迫っていきます。


何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

一般的なコンパクトカーよりもグイッと上げられたルーフ高で、トヨタ ルーミーには見るからに広々室内のイメージがありますよね。実際、インテリアは余裕綽々の大空間ですが、写真だけ見ても意外とスケール感が掴みにくいもの。そこで今回は、ルーミーの室内にどんなものが載せられるのか、詳しくまとめてみました。日々の生活でルーミーが役立つこと間違いなしなことが、きっと実感できるはずです。


トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

狭い道もまだまだ多い日本の道で、日々その存在感がどんどん増しているのが全高を高めに取ったコンパクトトールワゴン、トヨタ ルーミーです。発売から5年が経とうとしているのに、2021年に入っても1月から3月までコンスタントに1万台以上を販売し続ける息の長い人気が印象的です。そこまで売れるからには理由があるはずですよね。ルーミーに対する、さまざまな視点からの評価をまとめてみました。