目次へ戻る

【完全網羅】マツダのSUV CXシリーズ!CX-3 CX-5 CX-8 CX-9まで

【完全網羅】マツダのSUV CXシリーズ!CX-3 CX-5 CX-8 CX-9まで

マツダの大人気CXシリーズ。日本ではCX-3やCX-5が知られていますが、他にもたくさん販売されています。各車種の違いがわからない。そもそも何が違うの?という人向けに、今回はCXシリーズについてまとめています。これを読めばCXシリーズがより好きになるかも!?です。


マツダのSUV CXシリーズについて知りたい

マツダのCXシリーズ 一覧 まとめ

 
マツダ CXシリーズ 一覧表
CX-3日本販売
CX-4中国向け販売
CX-5日本販売
CX-72011年に販売終了
CX-82017年12月14日より販売開始予定
CX-9北米向け販売

2017年4月現在、CX-3、CX-4、CX-5、CX-9の4車種がラインナップされ、CX-7は販売を終了しています。

日本では「CX-3」、「CX-5」が販売されています。

そして、12月14日から新たにCX-8が加わる予定です。

そもそも、マツダのCXシリーズ、CXの意味とは?

大人気のマツダ、CXシリーズ。

マツダが販売するSUVにはすべて「CX-〇」という名前が付けられています。

この、CXとは、「C」は、クロスオーバーコンセプト、「X」はスポーツカーと言う意味が込められていて、「CX」はクロスオーバー(cross over)車のラインナップを表すと公式で説明がされています。

【MAZDA】よくあるお問合せFAQ

http://mazda-faq.custhelp.com/?link_id=sbnv&_ga=2.38461163.979547278.1504762282-1932867919.1502678045

よくあるお問合せFAQ にはいろんな質問が載っています!あの有名な車名の由来も…。

CX-5 CX-9 この数字はいったい何?

アウディA1

CXの末尾の数字ですが、発売順ではなくサイズを表わしています。

ですので、数字の小さいものがサイズの小さい車、逆に数字が大きいものはサイズの大きい車です。

同じようなシリーズ名の付け方として、外国車の、アウディのAシリーズ(Aは、Audiの頭文字であり、「ものごとの始まり」や「世界で最も魅力的なヨーロッパ車」という想いを込めており、「Attractive(魅力的)」という単語にも由来)は、A1が一番小さく、A8はハイエンドモデルになっています。

【マツダのコンパクトSUV】 CX-3

日本で販売されているCX-3。

CXシリーズの中では、最も小さいボディサイズです。

商品改良が加えられ、これまでディーゼル専用モデルだったCX-3に、新たにガソリン車も設定されています。

日本に適したサイズ感となっており、5人乗りです。
価格は、210万6000円~303万4000円です。

CX-3 基本情報

■参考:2WD (6EC-AT)
全長×全幅×全高:4,275mm×1,765mm×1,550mm
荷室容量:251L
ホイールベース :2,570mm
乗車定員 :5名
車両重量 :1,240kg
エンジンタイプ:SKYACTIV-G 2.0
エンジン最高出力 :109kW(148ps)/6,000rpm
エンジン最大トルク:192Nm(19.6kgf・m)/2,800rpm

CX-3、2018年モデルはどうなる?

CX-3 2018年モデル(北米マツダ)

マツダの米国法人、北米マツダは8月28日に『CX-3』の2018年モデルを発表しました。

2018年モデルのは変更点としては、安全性の引き上げ、ラグジュアリー性の向上、新たなテクノロジーの採用などが挙げられています。

CX-3の口コミ・評価

中国市場参入も発表されているCX-3。

今注目のコンパクトSUVであるCX-3の評判についてまとめました。

2016年4月9日に納車され、5月末現在2500Kmほど走破しました。平均燃費は18km/L弱というところ。
あまり運転の仕方によって燃費が左右されることなく、踏んでものんびり走っても違いは0.5Km/L程度に納まっているところが素晴らしいです。
燃料が軽油であることから、レギュラーガソリンに換算すれば、23~24Km/L程度の車とも言え、ハイブリッド車に負けない省燃費車と言えます。(モチロン直接のライバル、ヴェゼルなんぞ相手になりません)
このサイズの車としてはそれなりに高価格な車かと思いますが、レーダークルーズコントローラーを装着すると、このクラスでは最も高い安全性を備えた唯一の存在となります。
エクステリア、インテリアを含めて、またガソリン車など蹴散らすディーゼルならではのトルクフルな走りといい、満足度の高い1台です。

平成27年3月末に納車。1年11カ月で走行距離23,000キロ弱です。月に1回は遠出。東北道を快適にアクセルを踏み、デーゼルパワーを満喫。特にMRCCは、長丁場の運転しても右足に疲労感もなく、ペダルに足を置いおくだけ。車速も滑らかにアップ・ダウンをしてくれるので重宝してます。アクセルを踏み込むと呼応するパワーに、運転していることを実感、1500ccでありながら、坂道を楽々と登坂する力強さを体感してます。
MediaGoで作成したプレイリストをUSBに入れ、大黒摩季さんや懐メロを聞きながらハンドルを握る時間がとても快適です。
安全機能満載のCX-3で、楽しく快適に!!Zoom-Zoom。運転するのが楽しい毎日です。

燃費の安定感、安全性能の高さも評判が良いみたいです。

【一部改良】マツダのCX-3(CX3)完全網羅!価格・燃費・評価

https://matome.response.jp/articles/789

マツダのCX-3(CX3)、一部改良とガソリン車を追加して2017年7月に販売開始されました。気になる実際の評価や、燃費、価格、中古価格についてまとめました。CX-3が気になっている方、必見です。

【中国市場へ!マツダのクロスオーバーSUV】CX-4

現時点では、中国市場専売車種となるCX-4。

全長×全幅×全高:4,633mm×1,840mm×1,530-1,535mm。

CX-3のボディサイズ、全長×全幅×全高:4,275mm×1,765mm×1,550mmに比べて全長・全幅が大きくなっていることがわかります。

CX-4の中国市場の投入について、チーフエンジニアの岡野直樹氏はこう語っています。

企画は4年ぐらい前に始めたんですが、実はその時既に中国にフォーカスして始めたんです。企画を立ち上げる際、中国の方、主にターゲットとしている若い層に様々な意見を伺ってきたんですが、その人達は献身的で一定の価値観を持って物事に臨んでいる。その方達の志向は結構グローバルスタンダードに近いんです。一方で中国はモータリゼーションが立ち上がって間もない国なので、ここで私たちがトライすれば世界的に通用する面白いものができるのではないか。そのモデルケースとして(CX-4を)やってみたんですね。

【マツダの大人気SUV】CX-5

マツダ新型CX-5 評価・中古価格・価格・燃費・内装・試乗感想 まとめ

https://matome.response.jp/articles/991

マツダのクロスオーバーSUV、新型CX-5。フルモデルチェンジを経て、2代目が2017年2月より販売開始しました。本記事ではCX-5の基本情報についてまとめています。

新型マツダ「CX-5」は、「走る歓びのさらなる深化」を掲げており、洗練された“大人のSUV”として人気を博しています。

スカイアクティブ技術及び先進的デザインを全面的に採用し、安全性能も十分。

日本のクリーンディーゼル車市場の魁となったCX-5は、マツダ車の中でも旗艦車種に成長しています。

【オトナのSUV】マツダCX-5はマジでかっこいい!

http://matome.response.jp/articles/359

マツダが誇るSUVの代名詞「CX-5」は、最先端技術が数多く採用された魅力的なモデルです。スペックの高い走行性能に加え、安全で信頼のある走りを実現するための機能や装備が充実しています。かっこいいCX-5の魅力に迫ります!!

CX-5 基本情報

■参考:2WD (6EC-AT)
全長×全幅×全高:4,545×1,840×1,690
ホイールベース :2,700mm
乗車定員 :5名
車両重量 :1,510/1,530
エンジンタイプ:SKYACTIV-G 2.0
エンジン最高出力 :114kW(155ps)/6,000rpm
エンジン最大トルク:196Nm(20.0kgf・m)/4,000rpm

CX-5の口コミ・評価

試乗なしで購入したので、実車に乗るまで少し不安でしたが。。。こんなにも乗っていて楽しい車ははじめてです

購入後、都内の移動だけでしたが、期待していた2桁台に届かず、実質燃費8.2km/Lでした。高速走行しないと10km/Lは届かなそうです。しかし、それ以外は大満足。エクストレイル、ハリアーで検討しましたが価格感、インテリア、エクステリア、値引を総合的にみて選択しましたが、大正解だったと思っています。

発売と同時に購入しました。
丸5年で120000キロ走りましたが、エンジンに文句付けれません。
5年間の平均燃費16.02キロ
最高燃費19.03キロ
慣れからか、エンジン音が多少耳につくようになりました。
燃費は、50000キロくらいから良くなったような気がします。

走っていて楽しい!総合的に見て満足。という声が見られました。一方、少しエンジン音が耳につく、という意見も。

【2012年に日本での生産終了】CX-7

CX-7は、2006年から2012年まで日本で製造され、2014年からは中国で製造される中国市場専売車でした。今は生産終了しています。

全長×全幅×全高 4,695mm×1,870mm×1,645mmです。

【12月14日発売】CX-8

そしてついに、CX-8が登場です。

発売日は12月14日で、すでに予約を開始しています。

マツダは25日、2017年中に発売予定の3列シート・クロスオーバーSUV『CX-8』の外観デザインを初公開しました。

『CX-5』に似たディティールの一方、3列シート車らしく余裕のあるサイドシルエットとなっていることが確認できます。

CX-8は、マツダの国内市場向けSUVラインアップの最上位モデルとして登場しました。

2.2リットルディーゼルエンジン「SKYACTIV-D」を搭載し、マツダらしい走り、デザインや質感を備えながら、3列目まで大人がしっかり座れるパッケージングを実現しました。

また、マツダの小飼雅道社長は、CX-8の発売の際に、「国内向け新世代商品としては初めての3列シート採用モデルとなる新型クロスオーバーSUV、CX-8を2017年中に発売する。このCX-8の導入によりミニバンに代わる新たな市場の創造に挑戦していく」と述べており、また「弊社のミニバンに置き換わるもの」とするCX-8の位置付けを示した上で、「ミニバンの生産を終了したい」との方針も明らかにしています。

全長×全幅×全高は、4900mm×1840mm×1730mmです。

マツダ CX-8、外観デザインを初公開…デザインコンセプトも明らかに | レスポンス(Response.jp)

https://response.jp/article/2017/07/25/297814.html

マツダは25日、2017年中に発売予定の3列シート・クロスオーバーSUV『CX-8』の外観デザインを初公開した。今年4月に投入計画を発表した段階では内装のみの公開で、外観がわかる画像は今回が初めて。

【12月14日発売】マツダの新型SUV CX-8 価格・スペック・最新情報!

https://matome.response.jp/articles/858

2017年9月14日、マツダから7人乗りの新型SUV、CX-8が正式に発表されました。9月14日から予約開始となり発売日は12月14日となっています。本記事では気になるCX-8についての価格、燃費、スペックなどについての情報をまとめています。

【CX最大のボディサイズ】CX-9

北米向けに販売している、CX-9に、2018年モデルが登場です。

マツダ CX-9に2018年モデル登場!日本逆輸入・日本発売はあるのか?

https://matome.response.jp/articles/853

マツダのCXシリーズの最も大きなボディサイズを誇るSUV、それがCX-9です。CX-9は北米向けに生産・販売されており、2017年8月現在、日本販売はされていません。今後、日本での発売はあるのか?気になる情報をまとめました。

マツダの米国法人、北米マツダは9月5日、中型SUVの『CX-9』の2018年モデルを発表した。

初代CX-9は2006年4月に発表。『CX-7』(生産終了)よりもひと回り大きいSUVで、3列シートを装備する。現行の2代目CX-9は2015年秋に発表。マツダの魂動デザインを採用し、力強いルックスを追求した。ボディサイズは全長5065mmと、初代比で30mm短縮。その一方、ホイールベースは55mm延ばし、室内とくに後席のゆとりを拡大した。

最後に

CX-3

マツダの大人気、CXシリーズ。
CX-3、CX-4、CX-5、CX-7、CX-8、CX-9についてご紹介しました。

新たなCXのラインアップが登場したら、随時更新していきます。

【10月20日更新】東京モーターショー2017 予想されてる出展車両一覧!

http://matome.response.jp/articles/661

【10/20情報更新】2017年10月27日~11月5日の10日間で開催される東京モーターショー。本記事では2017年10月開催の東京モーターショーのトレンド、見どころ(出展社、出展車両予想)をまとめて掲載しています。最新の情報を随時更新してお届けしますので、気になる方は是非チェックしてみてください。

関連する投稿


三菱新型SUV!エクリプスクロス最新情報 発売日・性能・価格ほか

三菱新型SUV!エクリプスクロス最新情報 発売日・性能・価格ほか

東京モーターショー2017にて、日本仕様車が初公開された、三菱の新型SUVであるエクリプスクロス。実は、三菱の「エクリプス」をSUVとして復活させた車だということ知っていましたか。今回は三菱の新型SUV・エクリプスクロスの、性能・価格・発売日などを見ていきます。


【本日12月14日発売】マツダの新型SUV CX-8 価格・スペック・最新情報!

【本日12月14日発売】マツダの新型SUV CX-8 価格・スペック・最新情報!

2017年9月14日、マツダから7人乗りの新型SUV、CX-8が正式に発表されました。9月14日から予約開始となり、発売は12月14日。もう間もなくです!!本記事では気になるCX-8についての価格、燃費、スペックなどについての情報をまとめています。


【最新版】2018年発売が予測される新型SUV情報まとめ【国産/外車】

【最新版】2018年発売が予測される新型SUV情報まとめ【国産/外車】

毎年多くの車種が発表される自動車業界、2018年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるのか楽しみです。実は、2018年も引き続きSUVラッシュなことをご存知ですか。来年もSUVなくして車を語れません。本記事ではSUVに大注目!2018年発売が予測・期待されるSUV新車・新型車最新情報をまとめています!


ボルボ 最小クロスオーバーSUV 新型XC40!発売は2018年か 価格・スペック他

ボルボ 最小クロスオーバーSUV 新型XC40!発売は2018年か 価格・スペック他

ボルボの最小クロスオーバーSUVとされる、XC40の情報が続々と上がってきています。日本カー・オブ・ザ・イヤーにも輝いたXC60は、XC40の兄貴分にあたります。今後大注目間違いなしのXC40について最新情報をお届けいたします!


【2019年発売!?】マツダ新型ロータリースポーツ始動!RX-9か?

【2019年発売!?】マツダ新型ロータリースポーツ始動!RX-9か?

『RX-8』後継モデルとされる『RX-9』(仮称)の開発テスト車両を、レスポンスの兄弟サイトSpyder7のカメラが初めて激写しました。今回はRX-9(仮)の最新情報についてお届けします。発売は2019年?本当にRX-8の後継なのか?気になる真相は…?


最新の投稿


年末年始|車で遠出する人必見!動画で見るスタッドレスタイヤの必要性

年末年始|車で遠出する人必見!動画で見るスタッドレスタイヤの必要性

JAF(一般社団法人日本自動車連盟)が、 雪道におけるノーマルタイヤやスタッドレスタイヤの走行テスト結果を動画で公開しました。年末年始、ご家族や友人と楽しいドライブのために雪道でのタイヤによる走行性能の違いをチェックしましょう。


【速報】トヨタのFRHVスポーツ、まさかの2019年市販化か!?

【速報】トヨタのFRHVスポーツ、まさかの2019年市販化か!?

トヨタが2017年の東京モーターショーでワールドプレミアした、FRハイブリッドスポーツカー『GR ハイブリッドスポーツ コンセプト』。2019年にも市販化される可能性があるというレポートが欧州から届きました。最新情報をお届けいたします!!


愛車が空を飛ぶ時代!?空飛ぶ車 2018年にキット発売へ 価格は1350万

愛車が空を飛ぶ時代!?空飛ぶ車 2018年にキット発売へ 価格は1350万

漫画や映画や小説などでたびたび登場する、空飛ぶ車…。夢のような話が2018年にはかなうかもしれません。米国オレゴン州に本拠を置くサムソンモーターズは2018年に空飛ぶ車、サムソン『スイッチブレード』を発売する計画を発表しました。


10台中の4台が日本車!アメリカ10ベストエンジン2018発表

10台中の4台が日本車!アメリカ10ベストエンジン2018発表

ベストジーニストやベストカー、ベストファーザーなど「ベスト〇〇」は数ありますが、車好きのみなさんは、優秀なエンジンを選ぶ「10ベストエンジン」なるものがあることをご存知でしょうか。もちろん日本車・国産車のエンジンもベスト10に入っていましたよ!!


【アンケート】年末年始の長距離ドライブ。世間の動向を見る。

【アンケート】年末年始の長距離ドライブ。世間の動向を見る。

三井ダイレクト損害保険株式会社は、年末年始(2017年12月22日~2018年1月3日)に高速道路を利用して長距離移動をする、もしくはする予定がある18歳~69歳の男女1,000人へ「年末年始の長距離移動」に関するアンケート調査を行いました。その結果からみえた2017年末の動向を見てみましょう。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング