目次へ戻る

マツダ新型CX-5 評価・中古価格・価格・燃費・内装・試乗感想 他

マツダ新型CX-5 評価・中古価格・価格・燃費・内装・試乗感想 他

マツダのクロスオーバーSUV、新型CX-5。フルモデルチェンジを経て、2代目が2017年2月より販売開始しました。i-ACTIVSENCEの技術を標準装備・SKYACTIVエンジンを採用している新型CX-5。本記事では、CX-5の 評価・価格・中古価格・スペック・内装・試乗感想・燃費などについてまとめています。


マツダのCX-5がフルモデルチェンジして販売中!

2017年2月よりフルモデルチェンジしたマツダのクロスオーバーSUV、CX-5が発売されました。

本記事では、改めてマツダのCX-5の魅力・評価・グレード別の価格・中古価格・スペック・内装・試乗した感想・燃費・ディーゼルエンジンなどなど、新型CX-5にまつわる気になる情報についてご紹介いたします。

CX-5 マイナーチェンジ情報

2018年2月にCX-5がマイナーチェンジし、予約開始となり3月より発売となりました。

下記の記事にて主な変更点など詳細情報を掲載しています。

CX-5以外にも!マツダのCXシリーズ、他車種が気になる方はこちら

12月より販売開始!
新型CX-8

CX-5以外も気になる…。そもそもCXの「CX」って何?他にはCX-何があるの?などといった疑問を持たれた方は下記記事も併せてご覧ください。

【完全網羅】マツダのSUV CXシリーズ!CX-3 CX-5 CX-8 CX-9まで

https://matome.response.jp/articles/852

マツダの大人気CXシリーズ。日本ではCX-3やCX-5が知られていますが、他にもたくさん販売されています。各車種の違いがわからない。そもそも何が違うの?という人向けにCXシリーズについてご紹介しています。

マツダ 新型CX-5 基本情報

マツダが誇るクロスオーバーSUV。それがCX-5です。

CX-5は、2012年に初代が発売されて以降、マツダの人気車種の1つです。
CX-5にはガソリン車とディーゼル車の両方がラインナップに含まれています。

2017年2月より販売されているCX-5は2代目。初代と同様に、エンジンはPE-VPS型2.0Lガソリン「SKYACTIV-G 2.0」、PY-VPS型2.5 Lガソリン「SKYACTIV-G 2.5」、そしてSH-VPTS型2.2 Lディーゼルターボ「SKYACTIV-D 2.2」の、3種類が設定されています。

一部のボディカラー(ソウルレッドクリスタルメタリック・マシーングレープレミアムメタリック)には、匠塗-TAKUMINURI-という特殊な手法で塗装が施されています。

マツダ 新型CX-5 基本スペック・サイズ感他


8月には一部改良を施し、CX-3、デミオに続く先進安全技術のパッケージ・i-ACTIVSENCEを標準装備しました。

 
【マツダ 新型CX-5】 スペック表
駆動方式2WD/ 4WD
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,545×1,840×1,690(ホイールベース:2,700mm)
最大乗車定員5名
車両重量1,600kg
最大乗車定員5名
燃費JC08モード:18.0km/L
エンジンタイプSKYACTIV-D 2.2
エンジン種類水冷直列4気筒DOHC16バルブ直噴ターボ
総排気量2.188L
最高出力(kW<PS>/rpm)129〈175〉/4,500
最大トルク(N・m<kgf・m>/rpm)420〈42.8〉/2,000
タンク容量 56L
※CX-5 XD 参照

マツダのCX-5、XD(ディーゼル車)を参考にまとめました。

「誰が運転しても、世界でいちばん走りが楽しいと感じてもらえるクルマをつくりたい」という考えから生まれたのが、スカイアクティブ テクノロジー。

CX-5には、このスカイアクティブテクノロジーから生まれたエンジンが採用されています。

この技術によって、走りはもちろんのこと、燃費も良いといった、走りと燃費の両立を果たしました。

マツダ 新型CX-5 燃費 SKYACTIV技術で低燃費と走りの両立

SKYACTIV‐G 2.5

高圧縮比13.0によって軽快なパフォーマンスと優れた燃費性能を発揮する高効率直噴ガソリンエンジン。それがSKYACTIV-Gです。

2.5L、2.0Lともに、燃えやすい均質な混合気を生成するマルチホールインジェクター、高い熱効率を生むキャビティ付ピストン、高効率な燃焼を可能にする4-2-1排気システムなどを搭載しています。

≪ガソリン車≫
■20S:JC08モード燃費16.0(2WD)km/L
■20SPROACTIVE:JC08モード燃費16.0(2WD)km/L
■25S:JC08モード燃費14.6(4WD)km/L
■25S PROACTIVE:JC08モード燃費14.6(4WD)km/L
■25S L Package:JC08モード燃費14.8(2WD)・14.6(4WD)km/L

SKYACTIV‐D2.2

ディーゼル車には、SKYACTIV-Dが搭載されています。
低圧縮比14.0を実現し、力強いトルクと高回転まで軽快に伸びるパフォーマンス、優れた燃費性能を発揮します。

≪ディーゼル車≫
■XD:JC08モード燃費18.0(2WD)・17.6(4WD)km/L
■XDPROACTIVE:JC08モード燃費18.0(2WD)・17.2(4WD)km/L
■XD L Package:JC08モード燃費 18.0(2WD)・17.2(4WD)km/L


SUVにはハイブリッド車も増えている中、マツダのCX-5の燃費は健闘してると言えます。

マツダ 新型CX-5 エクステリア・外装

ノーズを長くしたことで、よりスタイリッシュさが増した2代目。

そして、先代に比べて見た目の重心を下げることにより、しっかり踏みしめるスタンスのよさを強くしました。

また、より鮮やかで、深みを感じさせる新色、「ソウルレッドクリスタルメタリック」がラインナップに加わりました。

透明感のある赤が、艶やかなフォルムをより質感高く際立たせています。

マツダ 新型CX-5 カラーバリエーションは選べる8色

新色の
ソウルレッドクリスタルメタリックに加え、
マシーングレープレミアムメタリック
ジェットブラックマイカ
チタニウムフラッシュマイカ
ソニックシルバーメタリック
ディープクリスタルマイカ
エターナルブルーマイカ
スノーフレークホワイトパールマイカ

の全8色です。

マツダ 新型CX-5 インテリア・内装

より上質な時間を過ごせるようにと改善されたのが新型CX-5のインテリアです。

ロングドライブでも疲れにくいよう、ウレタン特性の最適化を行うとともに人間の下半身の形状に沿った立体的な形状をつくり込みました。

また、前席はセンターアームレストとドアアームレストの高さを合わせたことにより、左右のバランスがよく、自然な着座感を演出します。

マツダ 新型CX-5 評価・口コミ・評判・試乗感想 「CX-5は乗っていて楽しいクルマ」

それでは、新型CX-5の口コミ・評判・評価はどうなのでしょうか。
調べてみました。

楽しい!燃費もイイ!CX-5の試乗感想

試乗なしで購入したので、実車に乗るまで少し不安でしたが。。。こんなにも乗っていて楽しい車ははじめてです

納車初給油にて約400kmをほぼ高速走行した結果、車両平均燃費表示にて 20.9km/L を表示していた。買って良かった。

さらに乗りやすさを増幅させるのは、「G-ベクタリング・コントロール」だ。すでに、『アクセラ』などにも採用されているこのシステム。要するに、ふらつきをおさえ、クルマの重心を低く感じさせる魔法のシステム。それが、CX-5のように背の高いクルマだと、やばいくらい効いてくる。

背の高いクルマはどうしても重心が高く、ドライバーのアタマの位置がコーナーなどで左右にふられやすい。でも、それがないうえ、実際にふらつかないからハンドル操作も少なく、つまり、めっちゃめちゃ楽なのである。

多くの方がパフォーマンスの高さに驚いているようです。

また、やはり乗り心地が良くてドライブが楽しいという意見が多く見られました。

マツダ 新型CX-5 グレード別価格

マツダのCX-5が気になってきた!という方に、新車のグレード別価格をご紹介します。

CX-5はガソリン車が5種類・ディーゼル車が3種類です。

ガソリン車はLパッケージのみ、ディーゼル車は全グレードで2WDと4WDが選べます。

≪ガソリン車≫
■20S ¥2,494,800(税込)
■20SPROACTIVE ¥2,689,200(税込)
■25S ¥2,721,600(税込)
■25S PROACTIVE ¥2,916,000(税込)
■25S L Package 2WD¥2,986,200(税込)/4WD ¥3,213,000(税込)
 
≪ディーゼル車≫
■XD 2WD ¥2,808,000(税込)/4WD ¥3,034,800(税込)
■XDPROACTIVE 2WD¥3,002,400(税込)/ 4WD¥3,229,200(税込)
■XD L Package 2WD ¥3,299,400(税込)/ 4WD¥3,526,200(税込)

マツダ 新型CX-5 中古価格

CX-5の2017年式以降の中古車価格について調べてみました。
260万円~360万円ほどが相場のようです。

2017-2018日本カー・オブ・ザ・イヤー10ベストカーにも選出! マツダのCX-5

いかがでしたか。

今回は、マツダのクロスオーバーSUV、新型CX-5についてまとめました。

CX-5は、日本カー・オブ・ザ・イヤーの10ベストカー入りを果たしており、ワールドカーオブザイヤーにもノミネートされている注目のSUVです。

気になった方はぜひ一度、販売店に足を運んでみてくださいね。

関連するキーワード


マツダ 車種情報 CX-5 SUV

関連する投稿


フィアット500Xがビッグマイチェン!!発表は2018年内か?

フィアット500Xがビッグマイチェン!!発表は2018年内か?

フィアット500Xをのコンパクト・クロスオーバーSUV『500X』改良新型プロトタイプを激写しました。MINI『クロスオーバー』に対抗すべく、フロントマスクを刷新する模様です。


スバル 新型フォレスター発売は7月19日より!HVモデル初登場!MT&ターボはある?

スバル 新型フォレスター発売は7月19日より!HVモデル初登場!MT&ターボはある?

スバルラインアップの中でも人気の高いSUV・フォレスターがフルモデルチェンジを経て2018年夏~秋ごろ発売されます。本記事ではフォレスター新型の最新情報をお届けいたします。スペック・ボディサイズ・変更点・ハイブリッド仕様・MT、ターボ設定の有無・新車価格予想・発売日他。


三菱 アウトランダーPHEVを9月より欧州発売!2019モデル最新情報

三菱 アウトランダーPHEVを9月より欧州発売!2019モデル最新情報

三菱自動車は6月15日、『アウトランダーPHEV』の2019年モデルを9月から、欧州市場に投入すると発表しています。本記事では、改めてアウトランダーPHEVについてまとめています。


三菱のSUVアウトランダー スペック 価格 燃費 試乗記他詳細情報

三菱のSUVアウトランダー スペック 価格 燃費 試乗記他詳細情報

アウトランダーとは、三菱が手掛けるミッドサイズSUVです。2005年に初代アウトランダーが発売されて以来、三菱の人気車種の1つです。本記事では、アウトランダーについて改めて情報をまとめました。スペック・ボディサイズ・新車価格他。


スバルの新型SUVアセント 第一号車を納車!!気になる日本発売は?

スバルの新型SUVアセント 第一号車を納車!!気になる日本発売は?

SUBARU(スバル)の米国法人、スバルオブアメリカは6月15日、新型SUVのスバル『アセント』の第一号車を顧客に納車した、と発表しました。日本でも注目されているアセント。最新情報をお届けいたします。そして気になる日本発売はあるのでしょうか。


最新の投稿


ホンダの新型インサイト情報更新!気になる燃費と価格は?

ホンダの新型インサイト情報更新!気になる燃費と価格は?

ホンダの米国部門、アメリカンホンダは6月19日、新型『インサイト』の燃費と価格を発表しました。米国EPA(環境保護局)燃費は、市街地モードで23.4km/リットル。ベース価格は2万2830ドル(約252万円)です。


アウディ「RS Q8」をスクープ!「ウルス」のエンジンで600馬力?!

アウディ「RS Q8」をスクープ!「ウルス」のエンジンで600馬力?!

Audi(アウディ)が6月に発表した「Q8」の高性能モデル、「RS Q8」がスクープされました。パワートレインにランボルギーニ「ウルス」のと共通のエンジンを備えると見られている、「RS Q8」。本記事では「RS Q8」の最新情報をご紹介します。


出た!トヨタ センチュリー新型、21年ぶりのフルモデルチェンジで発売!

出た!トヨタ センチュリー新型、21年ぶりのフルモデルチェンジで発売!

トヨタ自動車は、最高級乗用車(ショーファーカー)『センチュリー』を21年ぶりにフルモデルチェンジし、6月22日より販売を開始しました。貴方は、センチュリーのこと、どれだけ知っていますか?


8年ぶりのモデルチェンジ ボルボ S60新型登場!PHV設定も!

8年ぶりのモデルチェンジ ボルボ S60新型登場!PHV設定も!

ボルボカーズは6月20日、新型ボルボ『S60』を発表しました。S60のフルモデルチェンジは実に8年ぶりのこととなります。PHVも設定され、刷新されたS60新型についてまとめています。


W杯に五輪、芸人…。熊本県警が繰り出す電光掲示板のクセがすごい!

W杯に五輪、芸人…。熊本県警が繰り出す電光掲示板のクセがすごい!

FIFAワールドカップロシア初戦、大迫勇也選手がコロンビア戦で1得点をあげたことにかけた電光掲示板(道路情報板 )の交通標語が話題を呼んでいます。当記事では熊本県警が発信するワールドカップにちなんだ電光掲示板の標語と、過去の流行に絡めた電光掲示板の表示も合わせてご紹介します。