目次へ戻る

マツダ新型CX-5 評価・中古価格・価格・燃費・内装・試乗感想 他

マツダ新型CX-5 評価・中古価格・価格・燃費・内装・試乗感想 他

マツダのクロスオーバーSUV、新型CX-5。フルモデルチェンジを経て、2代目が2017年2月より販売開始しました。i-ACTIVSENCEの技術を標準装備・SKYACTIVエンジンを採用している新型CX-5。本記事では、CX-5の 評価・価格・中古価格・スペック・内装・試乗感想・燃費などについてまとめています。


マツダのCX-5がフルモデルチェンジして販売中!

2017年2月よりフルモデルチェンジしたマツダのクロスオーバーSUV、CX-5が発売されました。

本記事では、改めてマツダのCX-5の魅力・評価・グレード別の価格・中古価格・スペック・内装・試乗した感想・燃費・ディーゼルエンジンなどなど、新型CX-5にまつわる気になる情報についてご紹介いたします。

CX-5 マイナーチェンジ情報

2018年2月にCX-5がマイナーチェンジし、予約開始となり3月より発売となりました。

下記の記事にて主な変更点など詳細情報を掲載しています。

CX-5以外にも!マツダのCXシリーズ、他車種が気になる方はこちら

12月より販売開始!
新型CX-8

CX-5以外も気になる…。そもそもCXの「CX」って何?他にはCX-何があるの?などといった疑問を持たれた方は下記記事も併せてご覧ください。

【完全網羅】マツダのSUV CXシリーズ!CX-3 CX-5 CX-8 CX-9まで

https://matome.response.jp/articles/852

マツダの大人気CXシリーズ。日本ではCX-3やCX-5が知られていますが、他にもたくさん販売されています。各車種の違いがわからない。そもそも何が違うの?という人向けにCXシリーズについてご紹介しています。

マツダ 新型CX-5 基本情報

マツダが誇るクロスオーバーSUV。それがCX-5です。

CX-5は、2012年に初代が発売されて以降、マツダの人気車種の1つです。
CX-5にはガソリン車とディーゼル車の両方がラインナップに含まれています。

2017年2月より販売されているCX-5は2代目。初代と同様に、エンジンはPE-VPS型2.0Lガソリン「SKYACTIV-G 2.0」、PY-VPS型2.5 Lガソリン「SKYACTIV-G 2.5」、そしてSH-VPTS型2.2 Lディーゼルターボ「SKYACTIV-D 2.2」の、3種類が設定されています。

一部のボディカラー(ソウルレッドクリスタルメタリック・マシーングレープレミアムメタリック)には、匠塗-TAKUMINURI-という特殊な手法で塗装が施されています。

マツダ 新型CX-5 基本スペック・サイズ感他


8月には一部改良を施し、CX-3、デミオに続く先進安全技術のパッケージ・i-ACTIVSENCEを標準装備しました。

 
【マツダ 新型CX-5】 スペック表
駆動方式2WD/ 4WD
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,545×1,840×1,690(ホイールベース:2,700mm)
最大乗車定員5名
車両重量1,600kg
最大乗車定員5名
燃費JC08モード:18.0km/L
エンジンタイプSKYACTIV-D 2.2
エンジン種類水冷直列4気筒DOHC16バルブ直噴ターボ
総排気量2.188L
最高出力(kW<PS>/rpm)129〈175〉/4,500
最大トルク(N・m<kgf・m>/rpm)420〈42.8〉/2,000
タンク容量 56L
※CX-5 XD 参照

マツダのCX-5、XD(ディーゼル車)を参考にまとめました。

「誰が運転しても、世界でいちばん走りが楽しいと感じてもらえるクルマをつくりたい」という考えから生まれたのが、スカイアクティブ テクノロジー。

CX-5には、このスカイアクティブテクノロジーから生まれたエンジンが採用されています。

この技術によって、走りはもちろんのこと、燃費も良いといった、走りと燃費の両立を果たしました。

マツダ 新型CX-5 燃費 SKYACTIV技術で低燃費と走りの両立

SKYACTIV‐G 2.5

高圧縮比13.0によって軽快なパフォーマンスと優れた燃費性能を発揮する高効率直噴ガソリンエンジン。それがSKYACTIV-Gです。

2.5L、2.0Lともに、燃えやすい均質な混合気を生成するマルチホールインジェクター、高い熱効率を生むキャビティ付ピストン、高効率な燃焼を可能にする4-2-1排気システムなどを搭載しています。

≪ガソリン車≫
■20S:JC08モード燃費16.0(2WD)km/L
■20SPROACTIVE:JC08モード燃費16.0(2WD)km/L
■25S:JC08モード燃費14.6(4WD)km/L
■25S PROACTIVE:JC08モード燃費14.6(4WD)km/L
■25S L Package:JC08モード燃費14.8(2WD)・14.6(4WD)km/L

SKYACTIV‐D2.2

ディーゼル車には、SKYACTIV-Dが搭載されています。
低圧縮比14.0を実現し、力強いトルクと高回転まで軽快に伸びるパフォーマンス、優れた燃費性能を発揮します。

≪ディーゼル車≫
■XD:JC08モード燃費18.0(2WD)・17.6(4WD)km/L
■XDPROACTIVE:JC08モード燃費18.0(2WD)・17.2(4WD)km/L
■XD L Package:JC08モード燃費 18.0(2WD)・17.2(4WD)km/L


SUVにはハイブリッド車も増えている中、マツダのCX-5の燃費は健闘してると言えます。

マツダ 新型CX-5 エクステリア・外装

ノーズを長くしたことで、よりスタイリッシュさが増した2代目。

そして、先代に比べて見た目の重心を下げることにより、しっかり踏みしめるスタンスのよさを強くしました。

また、より鮮やかで、深みを感じさせる新色、「ソウルレッドクリスタルメタリック」がラインナップに加わりました。

透明感のある赤が、艶やかなフォルムをより質感高く際立たせています。

マツダ 新型CX-5 カラーバリエーションは選べる8色

新色の
ソウルレッドクリスタルメタリックに加え、
マシーングレープレミアムメタリック
ジェットブラックマイカ
チタニウムフラッシュマイカ
ソニックシルバーメタリック
ディープクリスタルマイカ
エターナルブルーマイカ
スノーフレークホワイトパールマイカ

の全8色です。

マツダ 新型CX-5 インテリア・内装

より上質な時間を過ごせるようにと改善されたのが新型CX-5のインテリアです。

ロングドライブでも疲れにくいよう、ウレタン特性の最適化を行うとともに人間の下半身の形状に沿った立体的な形状をつくり込みました。

また、前席はセンターアームレストとドアアームレストの高さを合わせたことにより、左右のバランスがよく、自然な着座感を演出します。

マツダ 新型CX-5 評価・口コミ・評判・試乗感想 「CX-5は乗っていて楽しいクルマ」

それでは、新型CX-5の口コミ・評判・評価はどうなのでしょうか。
調べてみました。

楽しい!燃費もイイ!CX-5の試乗感想

試乗なしで購入したので、実車に乗るまで少し不安でしたが。。。こんなにも乗っていて楽しい車ははじめてです

納車初給油にて約400kmをほぼ高速走行した結果、車両平均燃費表示にて 20.9km/L を表示していた。買って良かった。

さらに乗りやすさを増幅させるのは、「G-ベクタリング・コントロール」だ。すでに、『アクセラ』などにも採用されているこのシステム。要するに、ふらつきをおさえ、クルマの重心を低く感じさせる魔法のシステム。それが、CX-5のように背の高いクルマだと、やばいくらい効いてくる。

背の高いクルマはどうしても重心が高く、ドライバーのアタマの位置がコーナーなどで左右にふられやすい。でも、それがないうえ、実際にふらつかないからハンドル操作も少なく、つまり、めっちゃめちゃ楽なのである。

多くの方がパフォーマンスの高さに驚いているようです。

また、やはり乗り心地が良くてドライブが楽しいという意見が多く見られました。

マツダ 新型CX-5 グレード別価格

マツダのCX-5が気になってきた!という方に、新車のグレード別価格をご紹介します。

CX-5はガソリン車が5種類・ディーゼル車が3種類です。

ガソリン車はLパッケージのみ、ディーゼル車は全グレードで2WDと4WDが選べます。

≪ガソリン車≫
■20S ¥2,494,800(税込)
■20SPROACTIVE ¥2,689,200(税込)
■25S ¥2,721,600(税込)
■25S PROACTIVE ¥2,916,000(税込)
■25S L Package 2WD¥2,986,200(税込)/4WD ¥3,213,000(税込)
 
≪ディーゼル車≫
■XD 2WD ¥2,808,000(税込)/4WD ¥3,034,800(税込)
■XDPROACTIVE 2WD¥3,002,400(税込)/ 4WD¥3,229,200(税込)
■XD L Package 2WD ¥3,299,400(税込)/ 4WD¥3,526,200(税込)

マツダ 新型CX-5 中古価格

CX-5の2017年式以降の中古車価格について調べてみました。
260万円~360万円ほどが相場のようです。

2017-2018日本カー・オブ・ザ・イヤー10ベストカーにも選出! マツダのCX-5

いかがでしたか。

今回は、マツダのクロスオーバーSUV、新型CX-5についてまとめました。

CX-5は、日本カー・オブ・ザ・イヤーの10ベストカー入りを果たしており、ワールドカーオブザイヤーにもノミネートされている注目のSUVです。

気になった方はぜひ一度、販売店に足を運んでみてくださいね。

関連するキーワード


マツダ 車種情報 CX-5 SUV

関連する投稿


【ジュネーブモーターショー2018】ワールドプレミア多数!出展車最新情報

【ジュネーブモーターショー2018】ワールドプレミア多数!出展車最新情報

3月に開催されるジュネーブモーターショー2018。世界5大モーターショーの1つと言われるこのモーターショーでは、毎年数多く新型車のワールドプレミアが行われます。本記事では主要メーカーの最新情報・ワールドプレミア情報をまとめています。トヨタ、マツダ、スバル、メルセデスベンツ、BMW他。随時更新予定です。【2月20日更新】


「ディーゼル不正問題」で苦しんだVWがディーゼルを日本導入した理由を考える

「ディーゼル不正問題」で苦しんだVWがディーゼルを日本導入した理由を考える

フォルクスワーゲンが、「パサート&パサートヴァリアント」のエンジンにディーゼル搭載モデルを日本でも導入し、2月14日に発売しました。今回あの「ディーゼル不正問題」で苦しめられたVWがなぜあえてディーゼルモデルを日本に導入してきたのか考えてみます。


スバルのアセント価格は約340万円から!発売日はいつ?日本発売の予定は?

スバルのアセント価格は約340万円から!発売日はいつ?日本発売の予定は?

スバルのアセント。発売が楽しみな一台ではないでしょうか。今回改めてスバルのアセントについて情報をまとめています。日本での発売はあるの?価格はいくら?など。素朴な疑問と、それに対する回答を載せています。【2月20日更新】


欧州でホンダフィットにSUV風モデル登場か ジュネーブモーターショーで公開

欧州でホンダフィットにSUV風モデル登場か ジュネーブモーターショーで公開

ホンダは、スイスで3月に開催されるジュネーブモーターショー2018において、『ジャズ X ロード』を初公開すると発表しました。気になる最新情報をいち早くお届けいたします。


スズキのSUVエスクードがマイチェン!初公開は2018年3月か

スズキのSUVエスクードがマイチェン!初公開は2018年3月か

スズキから1988年に発売され、「ライトクロカン」ブームの火付け役となったロングセラーSUV『エスクード』。このエスクードの改良モデルをスクープしました。エスクードはワールドプレミアが迫っており、これが最後のプロトタイプのようです。2018年ジムニー新型も発売されると噂されるスズキ。2018年スズキから目が離せません。


最新の投稿


【ジュネーブモーターショー2018】ワールドプレミア多数!出展車最新情報

【ジュネーブモーターショー2018】ワールドプレミア多数!出展車最新情報

3月に開催されるジュネーブモーターショー2018。世界5大モーターショーの1つと言われるこのモーターショーでは、毎年数多く新型車のワールドプレミアが行われます。本記事では主要メーカーの最新情報・ワールドプレミア情報をまとめています。トヨタ、マツダ、スバル、メルセデスベンツ、BMW他。随時更新予定です。【2月20日更新】


日産のミニバン!セレナe-POWER 発売は2018年3月1日!最新情報

日産のミニバン!セレナe-POWER 発売は2018年3月1日!最新情報

日産のミニバン、セレナに、新世代電動パワートレイン「e-POWER」を搭載した『セレナ e-POWER』が登場します。このe-POWERはノートに初搭載された技術です。セレナ e-POWER、発売は2018年3月1日とのこと。本記事ではセレナ e-POWERの最新情報および改めてセレナを振り返ります。


フェラーリ488に高性能モデル登場!458スペチアーレの再来か

フェラーリ488に高性能モデル登場!458スペチアーレの再来か

フェラーリの主力車種、『488 GTB』。同車に間もなく設定される高性能モデルのティザーイメージを2月13日、フェラーリが公開しました。この高性能モデルは、488 GTBの前身モデル、『458イタリア』に用意されていた『458スペチアーレ』の再来となる模様。気になる最新情報をまとめています。


「ディーゼル不正問題」で苦しんだVWがディーゼルを日本導入した理由を考える

「ディーゼル不正問題」で苦しんだVWがディーゼルを日本導入した理由を考える

フォルクスワーゲンが、「パサート&パサートヴァリアント」のエンジンにディーゼル搭載モデルを日本でも導入し、2月14日に発売しました。今回あの「ディーゼル不正問題」で苦しめられたVWがなぜあえてディーゼルモデルを日本に導入してきたのか考えてみます。


ドライブレコーダーの販売台数が急増。2017年は前年比136%に。

ドライブレコーダーの販売台数が急増。2017年は前年比136%に。

GfK Japanは全国のカー用品量販店、家電量販店、インターネットの通販等の販売実績を基にドライブレコーダーの販売動向を発表しました。2017年はドライブレコーダーの販売が急増。販売動向の結果のご紹介と、国内販売台数とおすすめのドライブレコーダーのご紹介をします。