目次へ戻る

マツダ CX-9に2018年モデル登場!日本逆輸入・日本発売はあるのか?

マツダ CX-9に2018年モデル登場!日本逆輸入・日本発売はあるのか?

マツダのCXシリーズの最も大きなボディサイズを誇るSUV、それがCX-9です。CX-9は北米向けに生産・販売されており、2017年8月現在、日本販売はされていません。今後、日本での発売はあるのか?気になる情報をまとめました。


マツダの人気SUV・CX-9に2018年モデル登場!?

マツダの米国法人、北米マツダは2017年の9月5日、中型SUVの『CX-9』の2018年モデルを発表しました。

中型SUV! CX-9について知りたい

マツダのCXシリーズと、CX-9

 
マツダ CXシリーズ 一覧表
CX-3日本販売
CX-4中国向け販売
CX-5日本販売
CX-72011年に販売終了
CX-82017年販売開始予定
CX-9北米向け販売

CXシリーズのこの「CX」とはそもそも何なのでしょうか。

最低地上高を上げ、オフロードや雪道の走破性を高めたSUVに「CX」とマツダは名付けています。

CXシリーズの、『CX-3』『CX-5』は日本で販売されており、『CX-8』については、2017年の9月14日に公式発表が行われます。

今、日本販売されているCX-3、CX-5と、CX-8との決定的な違いはシート配列。

CX-8は3列シートで、乗車定員は6名仕様と7名仕様が存在します。5人乗りであったCX-3、CX-5に比べてより大人数の乗員が可能になり、またボディサイズも大きくなっています。

このCX-8よりもさらに大きいサイズなのが、本記事で扱う『CX-9』です。

マツダ CX-9 特徴

現行CX-9

初代CX-9は2006年4月に発表されました。

『CX-7』(生産終了)よりもひと回り大きいSUVで、3列シートを装備しています。

現行の2代目CX-9は2015年秋に発表。

マツダの魂動デザインを採用し、力強いルックスを追求しているのが特徴的です。

マツダ CX-9 ボディサイズは

マツダのCX-9、2018年モデルについて見てみましょう。

ボディサイズは、全長5,065mm×全幅1,930mm×1,728mm
ホイールベースは、2,870mm。

スバルから販売されている、アセントと同じくらいの大きさになっています。
ボディサイズ(全長 x 全幅 x 全高):5,050 x 1,990 x 1,840 mm

ちなみにですが、
CX-3は、全長4,275mm×全幅1,765mm×全高1,550mm
CX-5は、全長4,633mm×全幅1,840mm×全高1,690mm
CX-8は、全長4,900mm×全幅1,840mm×全高1,730mm

と、比較してみると、車種ごとのサイズの違いが明らかですね。

スバル アセント

マツダ CX-9 パワートレインは

パワートレインには、新開発の「SKYACYIV-G 2.5T」を採用。

初代の自然吸気の3.7リットルV型6気筒ガソリンからダウンサイズした2.5リットル直列4気筒ガソリンターボは、最大出力250hp/5000rpm、最大トルク42.8kgm/2000rpmを発生します。

初代比で車両重量を最大約130kg軽量化した効果もあり、動力性能と燃費性能を両立させています。

マツダ CX-9 安全面は

今回発表された2018年モデルでは、最新のADAS(先進運転支援システム)を搭載しました。

2018年型CX-9の全車に、「i-ACTIVSENSE」の一環として、スマートシティブレーキサポート(SCBS)を標準装備。

30km/h以下で走行中、緊急時に自動ブレーキをかけます。ブラインドスポットモニタリングとリアクロストラフィックアラートも標準化しました。

また、ベースグレードでも、自動オン/オフヘッドライト、ハイビームコントロール、レーン逸脱警告、レーンキープアシスト、雨滴感知ワイパーと、装備が充実しています。

「スポーツパッケージ」では、レーダークルーズコントロールが採用されます。

上級グレードの「グランドツーリング」には、アダプティブフロントライトシステム、交通標識認識付きアクティブヘッドアップディスプレイなどを装備しています。

安全性最高得点!マツダ「i-アクティブセンス」の性能と搭載車種

http://matome.response.jp/articles/157

自動車事故対策機構(NASVA)が公表した2016年度前期自動車アセスメントの評価結果によると、評価が行われた11車種すべてが予防安全性能の総合評価で最高ランク「ASV++」を獲得、最高得点は、総合70.5点(71点満点)を獲得したマツダ『アクセラ』となりました。

【気になる】マツダのCX-9 日本導入・日本発売はあるのか

3列シートのCX-8

一番気になる点。マツダのCX-9は、今後日本発売されるのでしょうか。

この疑問を考えるにあたって、CX-8の存在が重要になってきます。

CX-8ですが、公表されたボディサイズは全長4900×全幅1840×全高1730mm。

横幅はCX-5(全長4545×全幅1840×全高1690mm)と同じで、また、車高はCX-9(全長5,065mm×全幅1,930mm×1,728mm)に比べて少し高いです。

このことと公開された内装写真から想像するに、日本向けの3列シートとして、2列目、3列目の居住性に配慮されたパッケージングだということがわかります。

このCX-8が日本で発売されることを考えると、CX-9の日本発売は希望薄、と言えるのではないでしょうか。

日本ではSUVというと、コンパクトSUVなどの売れ行きは良いものの、中型~のSUV、例えばCX-7 などは、あまり売れ行きが芳しくなく、生産中止になっています。

とはいえ、CX-8のような3列シートSUVの、日本での今後の売れ行きによっては、CX-9が発売されることも現実になるかもしれません。

さらなる続報に期待しましょう。

関連するキーワード


マツダ 車種情報 CX-9 SUV

関連する投稿


いつかは乗りたい!憧れのアメ車SUVの魅力や人気の中古車教えます

いつかは乗りたい!憧れのアメ車SUVの魅力や人気の中古車教えます

街中をさっそうと走り抜ける大型のカッコいいアメ車SUVの魅力について解説しているページです。アメ車SUVの魅力や人気車種・メーカー、あるいは中古のアメ車SUVの選び方や人気のカスタムカーまで幅広く役立ち情報をご紹介しています。国産好きもアメ車SUVに興味がある方も是非ご覧ください。


【5月6日発売】レクサスのSUV NX一部改良!価格は約442万円から

【5月6日発売】レクサスのSUV NX一部改良!価格は約442万円から

レクサスは、SUVのNXを一部改良し、5月6日より販売を開始すると発表しました。価格や、改良点など気になる情報をまとめています。


実力派のスバル レガシィアウトバック|特徴や価格、スペックは?

実力派のスバル レガシィアウトバック|特徴や価格、スペックは?

スバル レガシィアウトバックは、人気のクロスオーバーSUVです。しかし、その歴史は古く、SUVとしての性能はかなり高く、実力派であると言えます。今回は歴代のレガシィアウトバックから最新モデルまで、特徴やスペック、中古価格などをご紹介していきます。


マツダのフラッグシップモデル!アテンザワゴンの魅力とは

マツダのフラッグシップモデル!アテンザワゴンの魅力とは

発売から6年が経ち、そして2018年には大幅なマイナーチェンジによってさらに熟成へと進歩を遂げたマツダのフラッグシップモデルアテンザ。あえてフルモデルチェンジをせず作り上げた内外装のデザインの完成度、そしてガソリンエンジンとディーゼルエンジンの特性や違いに至るまでマツダのこだわり抜いたアテンザの魅力をお伝えします。


「e-BOXER」追加でさらに人気のスバルXV|スペックや燃費・価格・評価一覧

「e-BOXER」追加でさらに人気のスバルXV|スペックや燃費・価格・評価一覧

人気のクロスオーバーSUVである、スバルXV。2018年10月にハイブリッドシステム「e-BOXER」も追加され、さらなる人気を博すスバルXVの特徴やスペック、価格、そして気になる燃費を紹介します。


最新の投稿


日本のスーパースポーツNSX、中古車はお買い得?市場価格と維持費について徹底検証!!

日本のスーパースポーツNSX、中古車はお買い得?市場価格と維持費について徹底検証!!

2017年2月に販売開始した2代目NSXを受け、初代NSXの中古車相場と20年以上経過する車両の歴史や特徴について、ご紹介していきます。


ポリマーコーティングによる特別な効果を確認しよう

ポリマーコーティングによる特別な効果を確認しよう

ポリマーコーティングとはどんなものでしょうか。具体的な意味と使用時の効果について、気になる値段を調べてワックスの上手な方法やコーティングの効果や耐久性における詳しい分析について調べてみます。メンテナンスの手入れの方法など、ポリマーコーティングの良さを見ていきます。


マツダ・ベリーサ|特徴や燃費、中古価格や評価を紹介

マツダ・ベリーサ|特徴や燃費、中古価格や評価を紹介

マツダの「ベリーサ」をご存知でしょうか?ベリーサは1500ccのコンパクトカーで、高級感のある「プレミアム・コンパクトカー」として売り出されました。しかし、その完成度にもかかわらず、現在この車について語られることはそれほどありません。そこで今回は、マツダ・ベリーサの特徴や燃費、中古価格を解説していきます。


ダイハツ アトレーワゴンの中古車情報|燃費から口コミ・評価も

ダイハツ アトレーワゴンの中古車情報|燃費から口コミ・評価も

1999年にダイハツから発売された軽ワンボックス「アトレー ワゴン」。 同社の「アトレー」をベースとして誕生しました。 イタリアのデザイナーによる内外装デザインと大人4人と荷物を余裕を持って収容できる車内空間はモデルチェンジ後の現在でも健在です。 当記事では、アトレーワゴンの燃費や評判、中古価格などを掲載しています。


1ナンバーに関係するお金の話:任意保険は?維持費は?

1ナンバーに関係するお金の話:任意保険は?維持費は?

1ナンバーとは、何なのか?1ナンバーで気になる税金の事について、どの費用がいくら位かかるのかを4ナンバーの比較を交えて、任意保険や維持費などを紹介します。車にかかる費用は他にも色々あります。細かい部分まで掘り下げて疑問をスッキリさせてみましょう。