トップへ戻る

マツダのCX-3(CX3)完全網羅!価格・中古車価格・燃費・評価・口コミほか

マツダのCX-3(CX3)完全網羅!価格・中古車価格・燃費・評価・口コミほか

マツダのCX-3(CX3)、一部改良とガソリン車を追加して2017年7月に販売開始されました。気になる実際の評価や、燃費、価格、中古価格についてまとめました。CX-3が気になっている方、必見です。(※2020年3月更新しました)

⏳この記事は約3~4分で読めます。


【2017年一部改良】マツダのCX-3、どこが変わった?

マツダのSUV、CX-3

マツダのSUV、CX-3

SKYACTIVE-G2.0車を新たに設定

マツダは2017年の6月28日に、コンパクトクロスオーバーSUV『CX-3』にガソリンエンジン車を追加するなど、一部改良を行うと発表しました。

今回の改良では、ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」車を新たに設定します。

クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 1.5」車に加え、新たな選択肢を提供します。

【今大注目】WLTCモードの認可をいち早く取得

マツダのSUV、CX-3

マツダのSUV、CX-3

そして、このCX-3「SKYACTIVE-G2.0」搭載車ですが、WLTCモード走行試験の認可を取得しました。実際の使用実態を踏まえた燃費性能の向上に、今後も取り組んでいきます。

この、WLTCモードという名前、耳にしたことはある、という方も多いのではないでしょうか。

WLTCモードは、3つの走行モード「市街地モード(WLTC-L)」「郊外モード(WLTC-M)」「高速道路モード(WLTC-H)」で構成された国際的な試験方法です。

従来のJC08モードに比べ、冷機状態での走行時間割合の増加、アイドリング時間比率の減少、ドライバー以外の乗員や積載物の重量考慮などにより、実際の使用実態を意識した内容となっています。

今夏以降、WLTCモードの認可を取得した車種から、同モードに基づく燃費「WLTCモード燃費」と、3つの走行モード毎の燃費値がカタログなどに表示され、購入者は自身の走行環境にあわせて、実態に近いモード燃費を確認できます。

先進安全技術「i-ACTIVSENSE」を全車に標準装備

マツダのCX-3

マツダのCX-3

また、先進安全技術「i-ACTIVSENSE」を全車に標準装備したところも、大きな改良点と言えます。

このことにより、経済産業省や国土交通省などが普及啓発を推進する「安全運転サポート車」の最高ランクとなる「サポカーS・ワイド」に全車が該当することとなります。

マツダは2017年度中に、国内で販売する主要5車種全車にi-ACTIVSENSEを標準装備することを公表しており、今回のCX-3は4月に発表した『デミオ』に続く第2弾となります。

マツダ・デミオ(現:マツダ2)

マツダ・デミオ(現:マツダ2)

デミオに標準装備するのは、「衝突被害軽減ブレーキ」やAT車のペダル踏み間違いによる事故を低減する「AT誤発進抑制制御」、車線変更時に斜め後方にいる車両を知らせる「BSM(ブラインド・スポット・モニタリング)」、後退時に横から近づく車両を知らせる「RCTA(リア・クロス・トラフィック・アラート)」。4つの安全技術を標準装備することで、万が一の事故だけでなく、事故に繋がる危険な状態を未然に防いでいく。

さらに、新型『CX-5』で初導入したボディカラー「ソウルレッドクリスタルメタリック」を設定。

従来のボディカラー「ソウルレッドプレミアムメタリック」に比べ、彩度を約2割、深みを約5割増すことにより、より瑞々しく艶やかな透明感を実現しています。

マツダ CX-3 基本情報

マツダのCX-3

マツダのCX-3

マツダのCX-3とはどんな車?

街乗りにジャストなサイズでありながら、
快適なロングドライブを実現させる乗り心地と静かさ。
上質な室内空間が、
都会的で先進的なライフスタイルを表現する。
気品ある美しさと先鋭さを極めた、
マツダのクロスオーバーSUV。

と、マツダのCX-3公式ホームページでは説明されています。

CX-3は、マツダのクロスオーバーSUVで、マツダが発売しているSUVの中では一番コンパクトサイズのSUVとなっています。

マツダ CX-3 基本スペック

マツダのCX-3 スペック(XD)

駆動方式2WD/4WD
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,275×1,765×1,550mm
ホイールベース2,570mm
乗車定員5名
車両重量1,270~1,370kg
エンジン水冷直列4気筒DOHC16バルブ直噴ターボ
最大出力85kW<PS>/4,000rpm
最大トルク270N・m<27.5kgf・m>/1,600~2,600rpm

WLTCモード燃費

19.0~23.2km/L

※2020年3月現在

マツダ CX-3 外装・エクステリア

マツダ CX-3

マツダ CX-3

マツダは「生命感のある動き」を一つのテーマとしていますが、その中でもCX-3は「シャープで凛とした表情」を表しています。

フロントからリアには曲線を描き、それが躍動感を表す塊になっています。

また、リアは後輪を包み込むような塊になっていて、この二つが合わさることで魅力が発揮されています。

余談ですが、CX-3の対極に位置するのが、マツダのロードスター。ロードスターは、CX-3とは正反対。「妖艶」を極めたボディとなっています。

「生命感という切り口で、ギリギリまでクールでシャープにした。これ以上やったら無機質になる、という限界でとどめています。シャープだけれど、どこか色気があったり、動物っぽいところも匂わせながら…。冷たくならない表情作りは、かなり慎重に考えました」

マツダ・ロードスター

マツダ・ロードスター

マツダ CX-3 内装・インテリア

エクステリアはシャープで凛としたモチーフでデザインされているCX-3。

それでは、インテリアはどのようなデザインなのでしょうか。

マツダ CX-3 内装・インテリア

マツダ CX-3 内装・インテリア

インテリアは、包み込むようなキャラクターと高めのベルトラインによる、エクステリアとの繋がりを感じさせる造形で、包まれ感を演出したとのことです。

マツダ CX-3 内装・インテリア

マツダ CX-3 内装・インテリア

CX-3のダッシュボード周りについて、水平基調のデザインを用いていますが、アクセントとしてインパネ中央部から助手席側にステッチの入った合成皮革のパネルが横長に装着しています。

ステアリングホイールは、黒の本革で握り心地と操作性を重視し、質感、機能性を高めました。

さらにシャープさと剛性感を前面に出すデザインを採用しています。

マツダ CX-3 燃費

マツダのCX-3の燃費は?

マツダのCX-3の燃費は?

やはり、一番気になるのが燃費ですよね。

CX-3の燃費はどうでしょうか。まとめてみました。

ガソリンエンジン:JC08モード 16.6~17.0km/L
ガソリンエンジン:WLTCモード 11.6~18.0km/L
クリーンディーゼル:JC08モード 21.0~25.0km/L

マツダ CX-3 グレード別新車価格

マツダのCX-3。気になる価格はいくらくらいなのでしょうか。
グレード別に表でまとめました。

マツダのCX-3 グレード別価格

XD  2WD(6EC-AT)2,481,600 円
XD 2WD(6MT)2,481,600 円
XD 4WD(6EC-AT)
2,711,786 円

XD 4WD(6MT)

2,711,786 円
XD PROACTIVE S Package 2WD(6EC-AT)
2,778,600 円
XD PROACTIVE S Package 2WD(6MT)
2,778,600 円
XD PROACTIVE S Package 4WD(6EC-AT)
3,008,786 円
XD PROACTIVE S Package 4WD(6MT)
3,008,786 円
XD Exclusive Mods 2WD(6EC-AT)
2,921,600 円
XD Exclusive Mods 4WD(6EC-AT)
3,151,786 円

※2020年3月現在

※価格は税込み

マツダ CX-3 中古車価格

マツダのCX-3。気になる中古車価格はどうなのでしょう。

平均価格:172万円
価格帯:80万円~278 万円
※2020年3月現在

上記のようになっています。物によりますが、車によっては新車で購入するよりもお安く購入できますね。

マツダ CX-3 中古車車検索 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/assistance/usedcar/search/MA/S092/

マツダ CX-3の中古車を買うならレスポンス中古車。レスポンス中古車は、最大20万台以上の豊富な在庫から中古車を検索できます

マツダ CX-3 口コミ・評価・評判

購入の最後の後押しともなる、口コミ。今のCX-3オーナーさんたちの評価はどうなのでしょう。

燃費がいい!運転が楽しいと高評価多し!

昨年12月にCX3購入しましたが10km通勤でも燃費が18km/L 以上あり最高です。軽油ですので実質は20km/L です

通勤 60Km での帰り、 高速 が 3/4 とは言え、40.5Km/L という値の燃費表示がでました。燃費出し運転しているとは言え、これはあまりに良すぎ。DPF 再生周期も納車時より段々長くなってきて 300Km を越えるようになってきました。
納車後、1ヶ月ぐらい経ち 2000Km 以上乗りましたが、いろいろついている機能もなかなか便利に使え、山道もストレスなく走れ、シート生地の材質以外は、気に入らないこともなく良い感じです。当たりが付いたのか、新車時より乗り心地はソフトになりました。もう少ししっかりした方が好みですが、ふらふらする訳ではないので文句はないです。このままズッとエンジンに問題が起きなければ、良い車なんですが、どうなることやら

平成27年3月末に納車。1年11カ月で走行距離23,000キロ弱です。月に1回は遠出。東北道を快適にアクセルを踏み、デーゼルパワーを満喫。特にMRCCは、長丁場の運転しても右足に疲労感もなく、ペダルに足を置いおくだけ。車速も滑らかにアップ・ダウンをしてくれるので重宝してます。アクセルを踏み込むと呼応するパワーに、運転していることを実感、1500ccでありながら、坂道を楽々と登坂する力強さを体感してます。
MediaGoで作成したプレイリストをUSBに入れ、大黒摩季さんや懐メロを聞きながらハンドルを握る時間がとても快適です。
安全機能満載のCX-3で、楽しく快適に!!Zoom-Zoom。運転するのが楽しい毎日です。

評価は、ほとんどの方が高評価をつけていました。

エクステリアに一目ぼれした方、燃費が良いSUVをお探しの方には、とりわけオススメの車と言えそうです。

※口コミはすべてe燃費から引用

まとめ

いかがでしたか。
本記事では、マツダのコンパクトSUV、CX-3についてご紹介しました。

日本のみならず、中国でも大人気となっているコンパクトSUV。

中国市場への新規導入車種として、マツダはCX-3の導入を発表しています。

今後、更なる展開を見せてくれそうなCX-3。気になる方はぜひ、試乗してみてはいかがでしょうか。

CX-3以外にもオススメ・人気のSUVが気になる!という方はこちらから

SUVの人気、売上ランキングや国産車、外車それぞれでおすすめのコンパクトSUV情報などをまとめています。CX-3や他のSUVを見比べて検討したいという方は是非ご覧下さい。

マツダの他のSUVが気になるという方はこちら

関連するキーワード


マツダ 車種情報 CX-3 SUV

関連する投稿


トヨタ ヤリスクロスはライバル多数でもまだ「買い」か?徹底比較!

トヨタ ヤリスクロスはライバル多数でもまだ「買い」か?徹底比較!

とどまるところを知らないSUVブームの中でも、特に人気が高く各メーカーがしのぎを削っているのはコンパクトSUVクラス。コンパクトSUVだけで3車種も用意するトヨタのラインナップの中でも、登場が最も新しく人気を牽引しているのが「ヤリスクロス」です。国産車だけでなく輸入車とも比較されるような完成度の高さが話題のヤリスクロス、登場から1年が経つ今も「買い」なのか調査しました。


世界で愛されるマツダの「顔」!マツダ3へと生まれ変わったアクセラの魅力を徹底解剖

世界で愛されるマツダの「顔」!マツダ3へと生まれ変わったアクセラの魅力を徹底解剖

マツダの世界戦略車として開発され、国内のみでなく欧米諸国でも高い人気を誇るマツダのアクセラ(現マツダ3)の特徴や魅力をご紹介します。セダンやハッチバックなどモデルラインナップも多いので、それぞれの特徴、そして新車価格・中古車価格などについても解説していきます。


往年の名車であるマツダ RX-7の人気の理由を徹底解説

往年の名車であるマツダ RX-7の人気の理由を徹底解説

スポーツカー好きなら誰もが通る日本車の名車、マツダ RX-7は、高性能なロータリーエンジンと唯一無二のスタイルで特に高い人気を誇ります。今回はマツダ RX-7が人気を博した理由と購入時のポイントについてご紹介していきます。


見た目だけじゃない!マツダ フレアの魅力を徹底紹介

見た目だけじゃない!マツダ フレアの魅力を徹底紹介

使い勝手の良い車が欲しいけど、見た目も重視したいという方も多いのではないでしょうか。マツダ フレアはそのキュートな見た目だけでなく広々とした室内にはたくさんの便利機能を搭載しています。今回はそのマツダ フレアについて魅力を徹底的に紹介していきます。


マツダ CX-8の室内空間とインテリア、そして荷室はどうなの?

マツダ CX-8の室内空間とインテリア、そして荷室はどうなの?

2017年12月に発売されたマツダのCX-8は、3列シートのSUVということで注目を集めています。そこで、マツダの看板車種になったCX-8の特長である3列シートを備えたインテリアと荷室の特徴を、グレードごとにご紹介します。


最新の投稿


自動車ローンはどこがお得?|金利の仕組みとシミュレーション!

自動車ローンはどこがお得?|金利の仕組みとシミュレーション!

自動車ローンは、どこで、どのように借りるとお得なのでしょうか?今回は、金利やローン審査、シミュレーションなどについてまとめました。また、低金利を選ぶ際の注意点についても取り上げます。


日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

売れ筋のコンパクトSUVジャンルで、パワートレインはハイブリッド「e-POWER」のみと割り切ったラインナップが特徴的なのが「日産 キックス」。軽快なルックスと爽快な走りで人気を得ています。そんなキックス、普段使いで気になるのはやっぱり燃費性能ですよね。この記事では、カタログ燃費や実燃費をチェックしつつ、ライバルとの比較なども通して、キックスの燃費情報を詳しくご紹介していきます。


自動車ローンってなに?|メリットとデメリットを徹底解説!

自動車ローンってなに?|メリットとデメリットを徹底解説!

自動車ローン(マイカーローン、オートローン)は、自動車を購入するのに、とても便利な方法ですが、いくつかの種類とメリットとデメリットが存在しています。今回は、自動車ローンの基本と、そのメリットとデメリットをまとめました。


トヨタ ライズの燃費情報が丸わかり!ハイブリッドも早速燃費チェック

トヨタ ライズの燃費情報が丸わかり!ハイブリッドも早速燃費チェック

人気のSUVジャンルの中でも扱いやすい5ナンバーサイズで人気なのがトヨタ ライズ。2019年の登場から常に好調な販売台数を誇ってきたライズですが、2021年11月の改良によって待望のハイブリッド車が追加されるなど、これまで以上にライズの燃費性能に注目が集まっています。リーズナブルな価格が嬉しいライズだけに、この記事では気になる燃費性能を詳しくご紹介していきます。


2021~2022年 年末年始渋滞予想|年末年始の休みと過去傾向から読み解く渋滞予測

2021~2022年 年末年始渋滞予想|年末年始の休みと過去傾向から読み解く渋滞予測

2021年も12月に差し掛かりそろそろ年末が見えてきました。長く続いたコロナ禍もワクチン接種率の拡大とともに収束方向に動いており、今年の年末年始こそは帰省したいと考える方もいらっしゃると思います。そこで今回は緊急事態宣言解除後の帰省に関するアンケートと過去の渋滞実績を元に渋滞予想をまとめました。