目次へ戻る

今SUVを買うならアウトランダー!アウトランダーPHEVを選ぶべき4つの理由

今SUVを買うならアウトランダー!アウトランダーPHEVを選ぶべき4つの理由

今SUVを選ぶとしたらどんな車種を思い浮かべますか?トヨタの「RAV4」、スバルの「フォレスター」それとも日産の「エクストレイル」でしょうか?また、話題のPHV(プラグインハイブリッド)を選ぶとしたらやはりトヨタの「プリウスPHV」でしょうか?実はどちらの魅力も兼ね備えた唯一の車種であり、評論家諸氏の評価もすこぶる好評なのに、名前が挙がらなかった車種があります。それが三菱の「アウトランダーPHEV」なのです。今回はこの「アウトランダーPHEV」をご紹介します。これは買うべきでしょう!


三菱のアウトランダーとは

現行モデルのアウトランダーは2012年に発売されたSUVであり、2.0Lと2.4Lのガソリンエンジンと、世界初の4WDプラグインハイブリッドSUV「アウトランダーPHEV」が2013年に設定されました。

最新モデルでは、駆動用バッテリーとエンジンを新設計する大幅改良を実施。PHEVでは従来の2.0Lエンジンを2.4Lに変更したことで、モーターのパワーも引き上げられています。

また、PHEVシステムの主要構成部品のうち、約9割のコンポーネントを改良したことで、複合モード燃費は49.2km/リットル、EV走行の航続距離を65.0kmに向上させました。

現在、「プリウスPHV」が注目されていますが、アウトランダーは2013年当時からこのEV走行性能(発売当時は60.2km)を発揮していました。

しかし、あいつぐSUVの新機種の登場や、発売から7年あまり立つことからアウトランダーの販売実績は思うように伸びず、2018年度の販売台数は8,759台にとどまり、ライバルのSUVに大きく差を付けられています。ところがこの「アウトランダーPHEV」に再び大きな注目が注がれています。

それでも今、アウトランダーを買うべき理由とは?

1.ライバルと異なる独自性

他車と大きく違うのは4WDシステム、ツインモーター4WDの活躍の場が増え、暖気が済んだ後の走行ではエンジンがかかる頻度が大幅に減り、静粛性が向上。またEVでの最高速度も135km/hを可能にしているなど、数多いSUVの中でも飛びぬけた存在になっています。

また、アウトランダーは2012年に発売されたこともあり、少々モデルが古いのでは?と思う方もいらっしゃるかもしれないですが、度重なる改良により、衝突被害軽減ブレーキシステム「FCM」と誤発進抑制機能(前進及び後退時)が全車に標準装備化されるなど、装備においては最新機種に引けを取っていません。

また、スタイリッシュではありませんが、機能性を重視したワゴンスタイルのため、5名乗車でも9インチのゴルフバッグを4個積むことができる積載能力を備えています。

2.走ればわかるPHEVの魅力と実力

EVモードとノーマルモード、そしてスポーツモードを切り替えられますが、EVモードでなくててもバッテリーが十分に充電されていれば、ほとんどの場合EV走行できることになり、スポーツモードでは電気残量を気にしないかぎりにおいて胸のすくような加速が味わえます。

EV走行の航続距離を65.0kmということは、往復電動走行が可能となり、日常の買い物程度や短い通勤距離であれば、ガソリンは一滴も使用せずに走れることになります。週末のロングドライブに出かけなければ何か月もガソリンスタンドに行かないで済むのです。

メーカー希望小売価格:3,939,100 円 (消費税10%抜価格 3,581,000円)

クリーンエネルギー自動車導入事業費補助金:200,000 円
ハイブリッド燃料消費率
(国土交通省審査値) 18.6 km/L
(国土交通省審査値) 16.4 km/L
市街地モード(WLTC-L) 15.4 km/L
郊外モード(WLTC-M) 16.8 km/L
高速道路モード(WLTC-H) 16.8 km/L
EV走行換算距離
(等価EVレンジ、国土交通省審査値) 65.0 km
(等価EVレンジ、国土交通省審査値) 57.6 km

参照 アウトトランダー車種情報
https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/outlander_phev/spec/spe_02.html
※2019年11月現在のものです

3.スポーティな味わいをプラスしたグレードも設定

アウトランダーPHEVのグレードの中で、「Sエディション」にはビルシュタイン製のショックアブソーバーやアルミペダルなどを採用し、他のグレードよりスポーティな味わいでコーナリング時のロールも抑えられています。また、高い速度域でコーナリングしても狙ったラインに乗せやすく、コントロールできる領域が広いのが特徴となっており、走りを重要視するユーザーにはベストな選択になります。

4.低燃費だけじゃない!PHEVは災害時に強みを発揮する

三菱ではこのアウトランダーPHEVと共に新たなサービスDDHを展開し、クルマを家庭用電源の一部に組み入れる仕組みそのものをワンパッケージとして販売するそうです。

これは電気料金を節約するという側面も大きいと思いますが、このところの台風と大雨による電力網による長期の停電は、改めて電機の重要さを思い知らせてくれました。

そして復旧までにはかなりの時間がかかることと、自分でなんとかしないといけないということを学んだのかもしれません。

その究極の停電対策としてアウトランダーPHEVを利用すれば、最大出力1500W、1日10kWhの利用で10日分の電力量を確保できるのです。EVだと利用し続けるとすぐ残量が気になりますが、PHEVならガソリンエンジンをアイドリング状態にしつつ、エアコンを利用していても200時間程度稼働させることが可能なのです。

なんといっても家族5人が乗って移動できるという他の発電機や蓄電器にない特徴で、しかもSUVですから、災害で路面が多少荒れている程度なら安心して走行でき、荷物も沢山積むことが出来ます。

まとめ

アウトドアでの楽しい使い方や、家庭の電気代を節約したり省エネを提案するのがPHEVの本来の使い方だったと思うのですが、異常気象が毎年災害をもたらすようになった今、災害時に強い味方になるという使い方こそ、本当のPHEVの使い方になってきている傾向のようです。

ですので、オールラウンドな性格を持つアウトランダーPHEVがクローズアップされているのです。

これからの車選びが、低燃費と安全性能、流行のSUVスタイルに加えて、災害に強いということを考えたなら、「アウトランダーPHEV」という選択はありなのではないでしょうか?

その他おすすめ記事はこちら

関連する投稿


【最新版】2020年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2020年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

2020年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるの?本記事では2020年に発売が予測される国産車をピックアップ!トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2020年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【11月14日更新】


三菱 デリカD:5|中古価格から評価、スペック等 一覧

三菱 デリカD:5|中古価格から評価、スペック等 一覧

走破性の高いオールラウンドミニバン「三菱 デリカD:5」を中古で買うために、知っておきたい概要や歴史、そして燃費や中古価格をまとめました。中古車で購入したい方は是非参考にしてください。


7人乗りの外車SUV おすすめ10選!人気車種を一覧で比較!

7人乗りの外車SUV おすすめ10選!人気車種を一覧で比較!

人気の高いSUV。国内でも多くのSUV車が販売されていますが、元々はアメリカが発祥であり、その後ヨーロッパや日本でも人気が出た車種です。今回はそんなSUVの中でも3列シートで7人乗りタイプのおすすめの外車・輸入車をまとめてみました。


【決定版】3列シート/7人乗りSUV 国産車&外車 全19車種を一覧で比較!

【決定版】3列シート/7人乗りSUV 国産車&外車 全19車種を一覧で比較!

ファミリーカーとして人気を博しているミニバンに待ったをかけるのが、多人数も乗れるSUV。最近では3列シート・7人乗りSUVが続々市場に導入されています。本記事では、現在日本で購入可能な、現役の国産車から外車まで、ありとあらゆるメーカーの「3列シート/7人乗り SUV」についてまとめてご紹介します。(※2018年3月現在)


日産の個性派SUV ジューク 中古車価格と最新情報まで

日産の個性派SUV ジューク 中古車価格と最新情報まで

インパクトのある外見が特徴の日産 ジューク。その外見はクーペのようにもコンパクトカーのようにも見えます。ここではそんな日産 ジュークの中古車情報をご紹介します。(※情報は2019年10月現在のもの)


最新の投稿


2019-2020日本カー・オブ・ザ・イヤー10ベスト発表!「今年のクルマ」はどれだ!?

2019-2020日本カー・オブ・ザ・イヤー10ベスト発表!「今年のクルマ」はどれだ!?

いよいよ今年もあと少し。そうです、「日本カー・オブ・ザ・イヤー(COTY)」の時期というわけです。11月7日にまず発表されたのは、全35台のノミネート車の中から、最終選考会に進む上位10台の「10ベストカー」。この中から12月6日の最終選考で日本カー・オブ・ザ・イヤーが決定するのですが、どれも今年話題になった車ばかりで…。イヤーカーはどのクルマになるのでしょうか?


光岡自動車のオープンカー ヒミコ 中古車価格まとめ

光岡自動車のオープンカー ヒミコ 中古車価格まとめ

1994年に、二人乗りオープンカーであるゼロワンを発売し、日本で10番目の自動車メーカーとなった光岡自動車。そんな光岡自動車が2008年に発売したオープンカー、ヒミコを中古車情報と共にご紹介していきます。


【最新版】2020年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2020年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

2020年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるの?本記事では2020年に発売が予測される国産車をピックアップ!トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2020年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【11月14日更新】


【おすすめ10選】おすすめのトルクレンチ!そもそもトルクレンチとは?

【おすすめ10選】おすすめのトルクレンチ!そもそもトルクレンチとは?

トルクレンチは自動車のホイールナットなどを締める工具で、用途により沢山の種類があります。今回はおすすめのトルクレンチを紹介して行きますので、お買い求めの際に参考になれば幸いです。


日産の軽トールワゴン デイズルークス 中古車情報

日産の軽トールワゴン デイズルークス 中古車情報

日産の軽トールワゴン。デイズシリーズの第2弾のハイトワゴンモデルがデイズルークスです。本記事ではデイズルークスの中古車情報を紹介しています。(※情報は2019年10月現在のものです)