トップへ戻る

今SUVを買うならアウトランダー!アウトランダーPHEVを選ぶべき4つの理由

今SUVを買うならアウトランダー!アウトランダーPHEVを選ぶべき4つの理由

今SUVを選ぶとしたらどんな車種を思い浮かべますか?トヨタの「RAV4」、スバルの「フォレスター」それとも日産の「エクストレイル」でしょうか?また、話題のPHV(プラグインハイブリッド)を選ぶとしたらやはりトヨタの「プリウスPHV」でしょうか?実はどちらの魅力も兼ね備えた唯一の車種であり、評論家諸氏の評価もすこぶる好評なのに、名前が挙がらなかった車種があります。それが三菱の「アウトランダーPHEV」なのです。今回はこの「アウトランダーPHEV」をご紹介します。これは買うべきでしょう!

⏳この記事は約3~4分で読めます。


三菱のアウトランダーとは

現行モデルのアウトランダーは2012年に発売されたSUVであり、2.0Lと2.4Lのガソリンエンジンと、世界初の4WDプラグインハイブリッドSUV「アウトランダーPHEV」が2013年に設定されました。

最新モデルでは、駆動用バッテリーとエンジンを新設計する大幅改良を実施。PHEVでは従来の2.0Lエンジンを2.4Lに変更したことで、モーターのパワーも引き上げられています。

また、PHEVシステムの主要構成部品のうち、約9割のコンポーネントを改良したことで、複合モード燃費は49.2km/リットル、EV走行の航続距離を65.0kmに向上させました。

現在、「プリウスPHV」が注目されていますが、アウトランダーは2013年当時からこのEV走行性能(発売当時は60.2km)を発揮していました。

しかし、あいつぐSUVの新機種の登場や、発売から7年あまり立つことからアウトランダーの販売実績は思うように伸びず、2018年度の販売台数は8,759台にとどまり、ライバルのSUVに大きく差を付けられています。ところがこの「アウトランダーPHEV」に再び大きな注目が注がれています。

それでも今、アウトランダーを買うべき理由とは?

1.ライバルと異なる独自性

他車と大きく違うのは4WDシステム、ツインモーター4WDの活躍の場が増え、暖気が済んだ後の走行ではエンジンがかかる頻度が大幅に減り、静粛性が向上。またEVでの最高速度も135km/hを可能にしているなど、数多いSUVの中でも飛びぬけた存在になっています。

また、アウトランダーは2012年に発売されたこともあり、少々モデルが古いのでは?と思う方もいらっしゃるかもしれないですが、度重なる改良により、衝突被害軽減ブレーキシステム「FCM」と誤発進抑制機能(前進及び後退時)が全車に標準装備化されるなど、装備においては最新機種に引けを取っていません。

また、スタイリッシュではありませんが、機能性を重視したワゴンスタイルのため、5名乗車でも9インチのゴルフバッグを4個積むことができる積載能力を備えています。

2.走ればわかるPHEVの魅力と実力

EVモードとノーマルモード、そしてスポーツモードを切り替えられますが、EVモードでなくててもバッテリーが十分に充電されていれば、ほとんどの場合EV走行できることになり、スポーツモードでは電気残量を気にしないかぎりにおいて胸のすくような加速が味わえます。

EV走行の航続距離を65.0kmということは、往復電動走行が可能となり、日常の買い物程度や短い通勤距離であれば、ガソリンは一滴も使用せずに走れることになります。週末のロングドライブに出かけなければ何か月もガソリンスタンドに行かないで済むのです。

メーカー希望小売価格:3,939,100 円 (消費税10%抜価格 3,581,000円)

クリーンエネルギー自動車導入事業費補助金:200,000 円
ハイブリッド燃料消費率
(国土交通省審査値) 18.6 km/L
(国土交通省審査値) 16.4 km/L
市街地モード(WLTC-L) 15.4 km/L
郊外モード(WLTC-M) 16.8 km/L
高速道路モード(WLTC-H) 16.8 km/L
EV走行換算距離
(等価EVレンジ、国土交通省審査値) 65.0 km
(等価EVレンジ、国土交通省審査値) 57.6 km

参照 アウトトランダー車種情報
https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/outlander_phev/spec/spe_02.html
※2019年11月現在のものです

3.スポーティな味わいをプラスしたグレードも設定

アウトランダーPHEVのグレードの中で、「Sエディション」にはビルシュタイン製のショックアブソーバーやアルミペダルなどを採用し、他のグレードよりスポーティな味わいでコーナリング時のロールも抑えられています。また、高い速度域でコーナリングしても狙ったラインに乗せやすく、コントロールできる領域が広いのが特徴となっており、走りを重要視するユーザーにはベストな選択になります。

4.低燃費だけじゃない!PHEVは災害時に強みを発揮する

三菱ではこのアウトランダーPHEVと共に新たなサービスDDHを展開し、クルマを家庭用電源の一部に組み入れる仕組みそのものをワンパッケージとして販売するそうです。

これは電気料金を節約するという側面も大きいと思いますが、このところの台風と大雨による電力網による長期の停電は、改めて電機の重要さを思い知らせてくれました。

そして復旧までにはかなりの時間がかかることと、自分でなんとかしないといけないということを学んだのかもしれません。

その究極の停電対策としてアウトランダーPHEVを利用すれば、最大出力1500W、1日10kWhの利用で10日分の電力量を確保できるのです。EVだと利用し続けるとすぐ残量が気になりますが、PHEVならガソリンエンジンをアイドリング状態にしつつ、エアコンを利用していても200時間程度稼働させることが可能なのです。

なんといっても家族5人が乗って移動できるという他の発電機や蓄電器にない特徴で、しかもSUVですから、災害で路面が多少荒れている程度なら安心して走行でき、荷物も沢山積むことが出来ます。

まとめ

アウトドアでの楽しい使い方や、家庭の電気代を節約したり省エネを提案するのがPHEVの本来の使い方だったと思うのですが、異常気象が毎年災害をもたらすようになった今、災害時に強い味方になるという使い方こそ、本当のPHEVの使い方になってきている傾向のようです。

ですので、オールラウンドな性格を持つアウトランダーPHEVがクローズアップされているのです。

これからの車選びが、低燃費と安全性能、流行のSUVスタイルに加えて、災害に強いということを考えたなら、「アウトランダーPHEV」という選択はありなのではないでしょうか?

その他おすすめ記事はこちら

関連する投稿


【2021年版】今買いのファミリーカーはコレ!クラス別おすすめ8選

【2021年版】今買いのファミリーカーはコレ!クラス別おすすめ8選

まだまだ昨年からの混乱の続く2021年、自家用車の存在価値について考え直したという方も多くいらっしゃるのでは。ご家族揃って安心して移動できるファミリーカーは、混乱の現代における強い味方ですよね。そんなファミリーカーの中でも、2021年にこそ選びたい最新おすすめ車を5台ピックアップしてご紹介していきます。普段のお出かけからお子様の送迎まで大活躍間違いなしの車が勢揃いです。


オフロードって何?オフロード車の特徴やおすすめのオフロード車5選!

オフロードって何?オフロード車の特徴やおすすめのオフロード車5選!

車の種類や走行シーンを分類するときに、「オフロード」という言葉を目にしたことがあるでしょう。オフロードとは、舗装されていない道。オフロード車であるなら、アウトドアなどで舗装されていない道でも、難なく走破できます。しかし、オフロード車とはどのような車でしょうか?特徴やおすすめのオフロード車をご紹介します。


クロスオーバーSUV、詳しく説明できる?SUVは全部同じじゃない!

クロスオーバーSUV、詳しく説明できる?SUVは全部同じじゃない!

世界中で大流行中のSUVに、「クロスオーバーSUV」と呼ばれるジャンル分けがあることはご存知ですか。SUV系のラインナップがとても幅広くなってくるにしたがって、クロスオーバーという呼び方も度々聞かれるようになってきました。自動車業界以外でも使われるクロスオーバーという言葉は、分かっているようで詳しく意味を知らないという方もいらっしゃるかも。詳しくご説明していきます。


レクサスのSUVはどれを選べば良いの?違いや価格、特徴まで徹底解説

レクサスのSUVはどれを選べば良いの?違いや価格、特徴まで徹底解説

レクサスのSUVは現行の車種だけでも複数種類あり、2021年には新型クーペSUVのLQが発売される見込みです。レクサスのSUVを検討しているものの、種類が多くどれを選べば良いのか分からないという方もいるのではないでしょうか。現行のレクサスは4種類ありますが、価格やボディサイズなど、それぞれコンセプトが大きく異なります。そこで今回は、レクサスのSUVの歴史や特徴、選び方や車種ごとの違い、基本スペックと新車価格などについて徹底解説します。


三菱GTO|その魅力と生産終了の理由は?

三菱GTO|その魅力と生産終了の理由は?

GTOと聞いてすぐに三菱GTOを思い浮かべる方はかなりの車好きの方に間違いないのではないでしょうか。そこで今回は三菱GTOと言う車について振り返ってみます。


最新の投稿


軽自動車と普通自動車の違いは?あなたに合うのはどっち?

軽自動車と普通自動車の違いは?あなたに合うのはどっち?

ボディサイズも大きく、装備も充実した軽自動車が増えてきた現在、普通自動車との境界線が以前ほどははっきりとしなくなってきました。では、軽自動車と普通自動車の違いは何でしょうか。今回は、法律上の定義から、それぞれの特徴やメリットをまとめました。


ポルシェの代名詞カレラ|最新のカレラ情報も解説!

ポルシェの代名詞カレラ|最新のカレラ情報も解説!

ポルシェと言えばカレラと言うほど名前のインパクトは強いですが、カレラは車種名ではなくポルシェの作る車のグレード名です。カレラにはいくつかのモデルが存在しています。今回は、このポルシェ・カレラの各モデルの違いや特徴についてご説明していきましょう。


車両火災の原因はなに?覚えておきたい、いざというときの対処法!

車両火災の原因はなに?覚えておきたい、いざというときの対処法!

絶対に起きてほしくはないことではありますが、自動車が車両火災によって黒コゲになってしまったショッキングな映像をニュースなどでも見かけますよね。発生する確率は高くはないものの、高温にさらされる部品が多い上に燃料を積んでいる自動車では、車両火災は起こってしまうと取り返しのつかない結果になってしまうことも。原因を知って、悲しい事故を未然に防いでいきましょう。


レッカー移動の気になる費用は?レッカー車の運転に必要な免許って?

レッカー移動の気になる費用は?レッカー車の運転に必要な免許って?

子どもの頃、レッカー車の存在感に憧れていた方も多くいらっしゃることと思います。普段はお世話になることはなくても、愛車の調子が悪くなった時にこそ頼れるレッカー車は、大人にとってもありがたい特別な存在ですよね。そんなレッカー車、近くで見る機会もなかなかありませんし、実際利用するとどれくらい費用がかかるのか気になりませんか? 詳しくご紹介していきます。


車がスタックした!?焦らないためにも、原因と対処法を知ろう

車がスタックした!?焦らないためにも、原因と対処法を知ろう

積雪を紹介するニュース映像などでよく見かける、道路上でスタックしてまった車。これは雪国だけの問題ではなく、近年では普段雪が降らない地域であってもドカ雪が降ってしまうような異常気象も多発しており、車がスタックしてしまう原因や対処法について温暖な地域の方でも知っておきたいところです。起こってほしくはないですが、落ち着いて対処するためにも、この記事で予習しておきましょう。