トップへ戻る

【2020年最新版】 5人乗りおすすめSUV10選 国産・外車別まとめ

【2020年最新版】 5人乗りおすすめSUV10選 国産・外車別まとめ

今はやりのSUVを購入したいけど、どれがいいかわからない。それに外車(輸入車)にも魅力的なモデルがありそうで、なおさら迷ってしまう。そんな方も多いのではないでしょうか?そこで、数多いSUVの中からおすすめ5乗りSUVを、国産車・外車(輸入車)ともに5台ずつ厳選!これを読めば貴方のSUV選びのお役にたつばずです!

⏳この記事は約3~4分で読めます。


なぜこんなにSUVが多くなったのか?考えてみた

今回ご紹介するのは選びに選んだSUV10台。

国産車・外車(輸入車)ともにそれを遥かに超える車種があり、次々に登場する新型車も多くがSUVでもあるので選ぶのが大変です。

どうしてSUVがこんなに増えたのでしょうか?

それは…。

簡単に言えば売れるからです。ミニバンのような多人数用車は子供が大きくなるなど一時期を過ぎると必要がなくなり、ハッチバックやセダンより個性があって、どんな道でも走れる機能性も持ち合わせているという事。さらに、個性的なデザインを持たせやすいという、時代にマッチしている事も理由になっています。

そして、このように車種が増えればそれだけ選択肢も増えます。

多くのSUVから選べるという点が、さらに人気を生んでいると思われます。

【2020年最新版】5人乗りおすすめSUV10選

5人乗り国産SUVおすすめ5選

ランドクルーザープラドやハリアーなど国産SUVには魅力的なSUVが沢山あります。その中から選りすぐりの5台をご紹介しましょう。

三菱 アウトランダーPHEV(ピー・エッチ・イー・ブイ)

アウトランダーPHEV

現行モデルは強力な2.4リットルエンジンを搭載し後輪側のモーターとともにパワーアップされ、ツインモーター4WDによる走行性能も向上しています。また、バッテリー容量も増えたことで、電気のみで走行できる距離は65㎞となっています。そして急速充電時間も、80%まで貯めるのに約25分と短縮されています。

さらに、プラグインハイブリッドとして低燃費だけでなく、災害時に非常用電源にも使えるマルチな利用法が出来るSUVであることが、三菱の誇るSUV、アウトランダーPHEVの魅力です。

アウトランダーPHEVのスペックと価格

アウトランダーPHEV

・ボディサイズ全長×全幅×全高:4,695×1,800×1,710(mm)
・荷室容量:436L
・WLTC燃費
 ハイブリッドモード: 16.4km/L
 充電電力使用時走行距離(プラグインレンジ):57.6km

・新車価格(消費税10%込):3,939,100 ~5,294,300円

※2019年12月現在公式サイト調べ

アウトランダーPHEVはこういう人におすすめ

AC電源

40代、50代の新しいものが好きな男性ユーザーが多いとされるアウトランダーPHEVですが、SUVをアウトドアだけで使うにはもったいないけど、災害時に非常用電源として活用できるならと考える主婦層にもおすすめできます。

トヨタ RAV4(ラブ・フォー)

トヨタ RAV4「2019 - 2020日本カー・オブ・ザ・イヤー」受賞

2019年4月に発売されたばかりの新型RAV4は、これまで以上にアグレシッブさが増し、オフロードでの走行性能を前面に押し出す本来のSUVらしさあふれるデザインと、アウトドア向けの機能・装備を充実させています。

エンジンでは「ダイナミックフォース エンジン」と呼ばれる新世代2.0L直噴ガソリンエンジンと、新型2.5Lハイブリッドシステムが搭載され、4WD車にはこれも新開発の「ダイナミックトルクベクタリングAWD」を採用、安全装備の「トヨタセーフティ・センス」も標準装備するなど、新機能が満載。

そして、これらの魅力が評価され、「2019 - 2020日本カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞しています。

RAV4のスペックと価格

・ボディサイズ全長×全幅×全高:4,610×1,865×1,690(mm)
・荷室容量:580L(デッキボード下段時)
・WLTC燃費
 2.0Lガソリン車:15.2~15.8km/L
 2.5Lハイブリッド車:20.6~21.4km/L

・新車価格(消費税10%込)
 2.0Lガソリン車:2,656,500~3,410,000円
 2.5Lハイブリッド車:3,261,500~3,888,500円

※2019年12月現在公式サイト調べ

トヨタ RAV4はこういう人におすすめ

トヨタ RAV4

プリウスの低燃費性能を持つカッコイイSUVのC-HRは好きだけど、ちょっと狭くて家族で遠出はキツイ、もっとSUVらしい悪路走破性や機能性を持った車種が欲しい。

なによりカッコイイ車が好き!とがっているSUVに乗りたいという人は迷わずRAV4をおすすめします。

マツダ CX-5(シー・エックス・ファイブ)

マツダCX-5

CX-5は広い室内と優れた走行性能、そして立体的な造形のボディデザインが特徴の、マツダを代表するSUVとなっています。

その後に登場したCX-3やCX-30などよりも最低地上高が高く、より悪路走破性が高いSUVらしさ溢れるモデルとなっています。

また、2018年の商品改良で、それまでのクリーンディーゼルエンジンと2.0L、2.5LのNAガソリン仕様に加えて2.5Lのガソリンターボエンジン仕様を設定し、4種類のエンジンをラインナップしました。

さらに、2019年12月には悪路からのスムーズな脱出をサポートする、新開発の「オフロード・トラクション・アシスト」をAWD車に採用するなど走行性能をさらに向上させています。

CX-5のスペックと価格

・ボディサイズ全長×全幅×全高:4,545×1,800×1,690(mm)
・荷室容量:505L(サブトランク含む)

・WLTC燃費
 2.0Lガソリン車:14.6km/L
 2.5Lガソリン車:13.0~13.8km/L
 2.5Lガソリンターボ車:12.2~12.6km/L
 2.2Lディーゼル車:16.8~19.4km/L

・新車価格(消費税10%込)
 2.0Lガソリン車:2,618,000円
 2.5Lガソリン車:2,849,000~3,305,500円
 2.5Lガソリンターボ車:3,074,500~3,949,000円
 2.2Lディーゼル車:2,937,000 ~3,954,500円

※2019年12月現在公式サイト調べ

マツダ CX-5はこういう人におすすめ

CX-5

2019年11月現在、シルクベージュカラーのハーフレザレットシートをはじめとした専用装備の特別仕様車「シルク ベージュ セレクション)」が新たに設定されたおり、人と異なる仕様とボディカラー狙いの人にはおすすめのグレードとなります。

マツダ CX-5 特別仕様車シルク ベージュ セレクション

マツダ CX-5 特別仕様車シルク ベージュ セレクション

スバル フォレスター

スバル フォレスター

クロスオーバーSUVの先駆けであり、オフロードだけでなくオンロードでの走行性能も高く評価されてきたフォレスター。

2018年にフルモデルチェンジされ、プラットフォームも一新、安全装備のアイサイトも(ver.3)に進化。パワートレインには、2.5L直噴ガソリンエンジンと、2.0Lハイブリッドシステム「e-BOXER」の2種類が用意されています。

そして、全車4WDが標準となるフォレスターは、本格派の悪路走破性が特徴ともいえる性能であり、最低地上高も220mmキープして悪路も雪道も圧倒的な走行安定性と安心感をもたらしてくれます。

フォレスターのスペックと価格

・ボディサイズ全長×全幅×全高:4,265×1,815×1,715~1,730(mm)
・荷室容量:520L(ハイブリッド車は509L)

・WLTC燃費
 2.5Lガソリン車:13.2km/L
 2.0L0ハイブリッド車:14.0km/L

・新車価格(消費税10%込)
 2.5Lガソリン車:2,860,000~2,970,000円
 2.0L0ハイブリッド車:3,157,000円

※2019年12月現在公式サイト調べ

スバル フォレスターはこういう人におすすめ

フォレスター

また、安全性能に関しては、トップクラスの運転支援システム「アイサイト3」に加え、その衝突安全性能は、欧州で唯一、公的な衝突試験を行うユーロNCAPにより、総合評価で、最高の5つ星と認定されているのです。

家族をのせる機会も多いであろうSUVにとって安全性能は何よりも重視したいと考える人にはまず最初におすすめしたい車種です。

日産 エクストレイル

日産 エクストレイル

エクストレイルは、使いやすいサイズと2.0Lハイブリッドによる低燃費。そして、広い室内と荷室というファミリーカーという特徴がある反面、あらゆる路面に対応する電子制御4WDシステム「インテリジェント 4×4」によるSUVらしい高い悪路走行性能を誇っています。

そして、何といっても高速道路上でアクセル・ブレーキ・ステアリングを自動的に制御する「プロパイロット」を採用していることです。SUV、ハイブリッド、自動運転というユーザーが今もっともほしい装備が全て揃ったエクストレイルは、発売から6年が経過してもなお人気のある車種となっています。

エクストレイルのスペックと価格

・ボディサイズ全長×全幅×全高:4,690×1,820×1,740(mm)
・荷室容量:520L(ハイブリッド車は509L)

・JC08モード燃費
 2.0Lガソリン車:415.6~16.4km/L
 2.0L0ハイブリッド車:20.0~20.8km/L

・新車価格(消費税10%込)
 2.0Lガソリン車:2,272,600~3,546,400円
 2.0L0ハイブリッド車:2,671,900~3,875,300円

※2019年12月現在公式サイト調べ

日産 エクストレイルはこういう人におすすめ

日産エクストレイル AUTECH

エクストレイルには、オーテックジャパン扱いでSUVテイストをアップした特別仕様車「エクストリーマーX」と、プレミアムスポーティ志向の「AUTECH」というモデルがあり、標準車で物足りないと思う方はこの2車をおすすめします。

5人乗り外車(輸入車)SUVおすすめ5選

外車(輸入車)SUVは国産車以上と言って良いほどのモデルが日本市場に導入されています。今回はその中でもより個性の光るより5台をご紹介しましょう。

BMW X2(エックスツー)

BMW X2

X2は、SUVらしい堂々としたプロポーションと独創的でいて、キドニー・グリルなど、どこから見てもBMWファミリーであることがわかるデザインであることがミソ。

BMWでは2番目に小さいサイズのボディに3気筒1.5Lと4気筒2.0Lのガソリン、4気筒2.0Lのディーゼルエンジンの3種を設定しています。そして、4WDシステムは、フルタイム4WDの「xDrive」で、どんな路面でも、優れたトラクションと抜群の走行安定性を発揮し、BMWとSUVならではの走る楽しみが味わえます。

BMW X2のスペックと価格

・ボディサイズ全長×全幅×全高:4,375×1,825×1,535(mm)
・荷室容量:470L

・JC08モード燃費
 1.5Lガソリン車:13.0km/L
 2.0Lガソリン車:11.2~11.4km/L
 2.0Lディーゼル車:-----

・新車価格(消費税10%込)
 1.5Lガソリン車:4,480,000~4,930,000円
 2.0Lガソリン車:5,280,000~6,970,000円
 2.0Lディーゼル車:5,440,000円

※2019年12月現在公式サイト調べ

BMW X2はこういう人におすすめ

BMW X2

SUVというジャンルでありながらも、低い車高によりBMWの持つスポーティーさがしっかり感じられるX2は、「SUVはどうも・・」と思う人にもぜひおすすめしたい一台です。

さらに、新設定された「M Sport X」なら、エクストリーム・スポーツにインスパイアされたエクステリア・デザインと、専用のディテールが施されておりスポーティな個性を際立たせています。 

メルセデスベンツ GLCクーペ(ジーエルシー・クーペ)

メルセデスベンツ GLCクーペ

GLCクーペは、人気のプレミアムSUVである「GLC」同様の走行性能と利便性を実現しながら、
専用サイトに「SUVにスポーツカーの官能」と表するように、ベースのSUVであるGLCより全高が低く、レールをもたない流麗なルーフラインのクーペボディというフォルムが特徴です。

新開発の2.0Lガソリンエンジンと2.4Lのディーゼルエンジン。そして、SUVらしさも損なわれておらず、フルタイム4WDシステムの「4MATIC」は、オフロードや雪道などで、走破性と絶大な走行安定性を実現し、エアスプリングと電子制御ダンパーにより、スポーティなモードを選べば、スポーツカーのように俊敏なドライビングも愉しめ、大きな段差を乗り越えるときは、車高を最大15mm上げることもできます。

GLCクーペのスペックと価格

関連する投稿


世界で愛されるマツダの「顔」!マツダ3へと生まれ変わったアクセラの魅力を徹底解剖

世界で愛されるマツダの「顔」!マツダ3へと生まれ変わったアクセラの魅力を徹底解剖

マツダの世界戦略車として開発され、国内のみでなく欧米諸国でも高い人気を誇るマツダのアクセラ(現マツダ3)の特徴や魅力をご紹介します。セダンやハッチバックなどモデルラインナップも多いので、それぞれの特徴、そして新車価格・中古車価格などについても解説していきます。


広い室内が魅力の「スズキ エブリイワゴン」を徹底解剖!

広い室内が魅力の「スズキ エブリイワゴン」を徹底解剖!

スズキのエブリイワゴンは広々としたインテリアが特徴で、車中泊もできるアウトドアにぴったりの一台です。価格も比較的安価に購入できるので、高いコストパフォーマンスも魅力のひとつです。そこで今回は、エブリイワゴンの魅力を詳しく紹介します。


スズキ スイフトにはどんなグレードがあるの?おすすめのグレードについて紹介

スズキ スイフトにはどんなグレードがあるの?おすすめのグレードについて紹介

スズキ スイフトは種類が多く、人気の高い車種です。現在販売しているグレードの種類は豊富にあるのでどれを選べばいいかわからない方も多いでしょう。この記事では、スズキ スイフトのグレードの種類とおすすめグレードを比較しながらご紹介していきます。


スズキ スイフトRS、RStってどんな車?走行性能やコスパについて紹介!

スズキ スイフトRS、RStってどんな車?走行性能やコスパについて紹介!

スズキ スイフトRS、RStは人気の高い車です。コスパがよく、走行性能を重視している人であっても満足できる性能を有しています。この記事では、スズキ スイフトRS、RStの基本情報や走行性能、コスパについて詳しくご紹介します。


トヨタ ウィッシュ|いまお手頃価格な低床・低重心ミニバン

トヨタ ウィッシュ|いまお手頃価格な低床・低重心ミニバン

背が低く、低床・低重心なミニバンの代表格だったトヨタ ウィッシュ。生産・販売が終了して、まもなく4年が経ちますが、いま中古車市場ではお手頃価格です。そこで、改めてトヨタ ウィッシュの魅力と、どうして「買い」といえるのかをまとめました。


最新の投稿


【タイヤの空気圧】適切な空気圧でないともったいなさすぎ?!点検方法や基準などまとめ

【タイヤの空気圧】適切な空気圧でないともったいなさすぎ?!点検方法や基準などまとめ

車という重量物をたった4本で支えているのがタイヤ。車のあらゆる動きはタイヤを介して行われることもあり、快適な走行のためにも安全運転のためにも非常に重要なタイヤですが、意外とタイヤの空気圧は放置しがちな方も多いのではないでしょうか。メーカー指定の空気圧に調整していないと、効率が下がってもったいないだけでなく、最悪は事故の危険性も?!詳しく見ていきましょう。


【カーリースと中古車、どっちがおトク?】支払い額近し!メリット・デメリットで見極めよう

【カーリースと中古車、どっちがおトク?】支払い額近し!メリット・デメリットで見極めよう

近年人気上昇中のカーリースですが、メリットばかり宣伝で見るけど何か裏があるんじゃないの?と気になっている方も多いのでは。新車は手が届かないけど、カーリースならなんとかなるかも!とお思いの方でも、中古車もきっと一度は検討してみたはず。カーリースと中古車、どちらがどんなカーライフにぴったりなのか、メリットとデメリットを分析することでしっかり見極めていきましょう。


【カーリース会社を比較】おトクなのはどのカーリース?人気会社を調査

【カーリース会社を比較】おトクなのはどのカーリース?人気会社を調査

近年急速に広がりを見せている車の持ち方が「カーリース」です。あらゆる分野で所有しない使用というスタイルが人気を得る中、車に対する出費を月々定額の支払いでまとめることのできるカーリースもお手軽感が人気の様子。そこで、人気のカーリース会社の特徴をまとめて比較してみました。ご自分に合ったカーリース会社はどれなのか、きっとぴったりのサービスが見つかるはずです。


世界で愛されるマツダの「顔」!マツダ3へと生まれ変わったアクセラの魅力を徹底解剖

世界で愛されるマツダの「顔」!マツダ3へと生まれ変わったアクセラの魅力を徹底解剖

マツダの世界戦略車として開発され、国内のみでなく欧米諸国でも高い人気を誇るマツダのアクセラ(現マツダ3)の特徴や魅力をご紹介します。セダンやハッチバックなどモデルラインナップも多いので、それぞれの特徴、そして新車価格・中古車価格などについても解説していきます。


広い室内が魅力の「スズキ エブリイワゴン」を徹底解剖!

広い室内が魅力の「スズキ エブリイワゴン」を徹底解剖!

スズキのエブリイワゴンは広々としたインテリアが特徴で、車中泊もできるアウトドアにぴったりの一台です。価格も比較的安価に購入できるので、高いコストパフォーマンスも魅力のひとつです。そこで今回は、エブリイワゴンの魅力を詳しく紹介します。