トップへ戻る

【2020年コンパクトSUV対決】日産キックスのライバル比較

【2020年コンパクトSUV対決】日産キックスのライバル比較

「このままで終われるか!」という覚悟の元に日産が約2年9カ月ぶりにデビューさせた新型コンパクトSUV『キックス』。いったい『キックス』はどんな車に仕上がっているのか?ライバルとの比較で明らかにします!

⏳この記事は約3~4分で読めます。


日産キックスとは?

日産キックスのオンライン発表会見

日産が軽自動車以外で、約2年9カ月ぶりに国内に投入したのが新型キックスです。

新型キックスは、日産の得意とする電動化技術である「e-POWER」と運転支援技術「プロパイロット」を全車標準装備を搭載したコンパクトSUVという、今の日産が持つ力を存分に凝縮させたモデルとなっています。

キックス自体は2018年から北米やブラジル、インド、そしてタイなどで発売されており、今回初めて日本で発売されることになりました。

キックスの日本導入が遅れたのはジュークという同クラスのコンパクトSUVがあったからともいわれていますが、定かではありません。

そして日本仕様はタイで生産され輸入されることになります。

キックスの外観デザインとボディサイズ

日産キックス

キックスのエクステリアは、「ダブルVモーショングリル」や特徴的な「フローティングルーフ」で構成され、力強さとスタイリッシュさ、存在感を放つデザインとなっています。

4290mmの全長は、トヨタのライズよりは大きく、C-HRよりは短く、ホンダのヴェゼルとほぼ同等で、十分な室内スペースを確保しつつ日本の道路事情や駐車場事情にも最適なサイズとなっています。



全長
全幅
全高
日産キックス4,290mm
1,760mm
1,610mm
ホンダヴェゼル
4,33~4,3400mm 
1,605mm
1,770~1,790mm
トヨタライズ
3,995mm 
1,695mm
1,620mm
トヨタヤリスクロス
4,180mm
1,765mm
1,560mm

※上記の各スペックは、。2020年6月現在のそれぞれのメーカー公式サイトによるものです

※参考元:

日産キックス公式サイト

ホンダヴェゼル公式サイト

トヨタライズ公式サイト

トヨタヤリスクロス公式サイト

キックスの「e-POWER」はどんだけスゴい?

キックスのパワートレインは「e-POWER」のみの設定です。

キックスに搭載される「e-POWER」は、最大出力を約20%向上させ、中高速域の力強さを高め、高速での追い越しなど、幅広いシーンでよりパワフルな走りを可能にしています。

また、「e-POWERドライブ」によって、ワンペダル感覚での運転が可能となるため、ブレーキペダルを踏む回数が減少し運転が楽になります。

さらに、発電用エンジンの作動タイミングの制御を最適化させ、エンジンの作動頻度を減らしたことで高い静粛性をも実現しています。

そして燃費性能においては、JC08モード燃費で30.0km/L、WLTCモード燃費では21.6km/Lとなっており、特に市街地モードでは26.8km/LとJC08モードに近い数値となっています。

キックス・ノート・セレナ「e-POWER」車のスペック比較

日産キックスe-POWER

同じ「e-POWER」でも車種によって異なるチューニングが施されています。また、車両重量の違いが燃費に大きく影響しています。

それ以外でも、ノートe-POWERには モーターアシスト方式の4WDが設定されていたり、セレナe-POWERにはハイウェイスターやオーテックといった上級グレードがあるなど、ワングレードのキックスとは異なるバリエーションの多さが光ります。



キックスノートe-POWERセレナe-POWER
発電用エンジン直列3気筒1,198㏄
直列3気筒1,198㏄直列3気筒1,198㏄
最高出力kW(PS)
60(82)
58(79)
62(84)
最大トルクN・m(kgf・m)
103(10.5)
103(10.5)
103(10.5)
走行用モーターEM57
EM57
EM57
最高出力kW(PS)
95(129)
80(109)
100(136)
最大トルクN・m(kgf・m)
260(26.5)
254(25.9)
320(32.6)
車両重量kg1,3501,190~1,3101,740~1780
JC08モード燃費㎞/L30.028.8~37.223.4~26.2
WLTCモード燃費㎞/L21.6--------------------------

※各スペックは2020年6月現在のメーカー公式サイトによるものです。

キックスのグレード構成は

新型キックス

キックスのグレード構成は基本的に「X」のみのワングレードで、唯一が標準装備されている、「Xツートーンインテリアエディション」が設定されています。

キックスのライバルたち

それではキックスのライバルとなる車種をご紹介していきましょう。

①ホンダ ヴェゼル

ヴェゼル ツーリング・ホンダセンシング

ヴェゼルは、3代目フィットをベースに、SUVの力強さとフィットの持つ使いやすさと低燃費を兼ね備えた車種として開発 されました。

それまでのSUVのイメージを覆すファミリーカー的要素がSUVの抵抗感をなくしたことで、2013年12月の発売以来、大ヒット車種となり、2014年~2016年の暦年(1-12月)でSUV新車登録販売台数第1位を3年連続で獲得し2019年にも獲得しました。

1.5Lエンジン車とハイブリッド車、さらに2019年1月にはターボエンジン搭載タイプを追加設定してラインナップを広げています。

キックスのライバルとなるのはそのうちのハイブリッド車となりますが、キックスにはない4WD車であっても約272万円~からという価格設定と、全車ホンダセンシングを標準装備することで優位性を保つことになります。

ヴェゼルハイブリッドのスペック

ホンダ ヴェゼル HYBRID Z Honda SENSING 4WD

ヴェゼルハイブリッドのスペック

エンジン直列4気筒1,496㏄
エンジン最高出力kW(PS)/rpm
97(132)/6,600
エンジン最大トルクN・m(kgf・m)/rpm156(15.9)/4,600
モーター最高出力kW(PS)22(29.5)/1,313~2,000
モーター最大トルクN・m(kgf・m)160(16.3)/0~1,313

JC08モード燃費㎞/L

21.6~27.0

※各スペックは2020年6月現在の公式サイトによるものです。

②トヨタ ライズ

トヨタ ライズ

ダイハツのロッキーとともに、2019年11月にデビューした5ナンバーサイズコンパクトSUV「トヨタ ライズ」は、普段使いからレジャーまで一台でこなす「アクティブ・ユースフル・コンパクト」をコンセプトに開発されました。

エクステリアではトヨタのSUVと分かる台形グリルを採用し、専用のフロントマスクやホイールデザインによって、兄弟車のダイハツロッキーとの差別化を図っています。

全長3995×全幅1695×全高1620mmというコンパクトサイズながらも、広い室内空間と荷室容量を確保し、SUVらしい大径タイヤを装備しながらも取り回しの良さも実現しています。

1.0リットル3気筒ターボエンジンを搭載し2WDと4WDを設定しています。また、安全装備では、全車速追従機能付きACC(アダプティブクルーズコントロール)や駐車支援システムのスマートパノラマパーキングアシスト、対車両・対歩行者衝突回避支援ブレーキ機能などが装備されています。

発売以来、カローラやアクアを抑えて登録乗用車の首位にたつなど、トヨタとしては他社からのOEM車として異例の大ヒットを記録しています。

キックスとは車格も価格も異なりますが、注目度は高く販売においては強力なライバルになると言えるのではないでしょうか。

ライズのスペック

トヨタ・ライズ

ライズのスペック

エンジン直列3気筒インタークーラー付ターボ
エンジン最高出力kW(PS)/rpm
72(98)/6,000
エンジン最大トルクN・m(kgf・m)/rpm140(14.3)/2,400〜4,000
JC08モード燃費㎞/L
21.2~23.4
WLTCモード燃費㎞/L17.4~18.6

※各スペックは2020年6月現在のメーカー公式サイトによるものです。

③トヨタ ヤリスクロス

トヨタ ヤリスクロス

ヤリスクロスは、ヤリスと共通部分は多いものの、ボディパネルは別物で、大胆なフェンダーとダイヤモンド形のボディシェイプを組み合わされており、ボディサイズもヤリスより一回り大きいことから、SUVらしいアグレシッブなデザインとなっています。

また、最低地上高は185mm、キックスとは異なり電気式の4WDも設定されており、SUVらしい悪路走破性能が期待できるのがキックスに対してのアドバンテージとなりそうです。

パワーユニットはヤリスと同じく、3気筒1.5Lのガソリンエンジンと同ハイブリッドがあり、動力性能と低燃費もキックスに十分対抗する実力を秘めています。

現時点(2020年6月29日)では、まだ価格は公表されていませんが、ヤリスの価格から考えると、1.5L車はホンダのヴェゼルをターゲットとした価格設定で、ハイブリッド車もキックスと同価格帯であると考えられます。

また、キックスが実質ワングレードであるのに対して、多彩なバリエーションが用意されるはずなので、キックスのライバルとなってくるでしょう。

ヤリスクロスのスペック

ヤリスクロスのスペック

エンジン

直列3気筒1.5L

直列3気筒1.5Lハイブリッド

トランスミッション
Direct Shift-CVT
駆動方式      

1.5L車 FF/4WD 

ハイブリッド車 FF/E-Four(電気式4輪駆動方式)

※各スペックは2020年6月現在のメーカー公式サイトによるものです。

【参考】キックスとライバルの価格比較


車種名メーカー希望小売価格(税抜)
キックス2,509,000~2,609,000円
ホンダヴェゼル1,921,296~3,289,000円
トヨタライズ
1,526,364~2,074,727円
トヨタヤリスクロス未定

※上記の価格は、2020年6月現在のそれぞれのメーカー公式サイトによるものです

日産キックス公式サイト

ホンダヴェゼル公式サイト

トヨタライズ公式サイト

トヨタヤリスクロス公式サイト

そのほか ライバルとなるSUV

インテリア X ツートーンインテリアエディション

ここまで、ホンダのヴェゼル、トヨタのライズとヤリスクロスを日産キックスのライバルとしてご紹介しましたが、日本国内にはそれ以外にも多くのライバルSUVがキックスを待ち受けています。

トヨタ C-HR

トヨタ C-HR S-T GRスポーツ

C-HRは、その斬新なスタイリングが最大の特徴であるとともに、運動性能にこだわったSUVとなっています。

1.8Lハイブリッド車と1.2Lターボエンジン車が設定され、トヨタのSUVラインナップでは、ヤリスクロスとRAV4の中間に位置します。

また、TOYOTA GAZOO Racingが手掛ける「GR」のラインナップの一つである「GR SPORT」が新たに設定されたこともキックスとは異なるスポーツSUVとして進化しています。

C-HRについて詳しく知りたい方はこちら

三菱 エクリプスクロス

三菱 エクリプスクロス

三菱自動車の最新デザイン言語である「ダイナミックシールド」をさらに進化させたフロントデザインなど、三菱のSUVらしいアグレシップなスタイリングと伝統の4WDに支えられた走行性能が特徴のキックスよりSUV色が濃い目の車種です。

そしてガソリン直列4気筒1.5L直噴ターボに、2019年6月には2.2Lターボディーゼルが加わり魅力が強化されました。

エクリプスクロスについて詳しく知りたい方はこちら

フォルクスワーゲン Tクロス

Tクロス(T-cross)

Tクロスは、フォルクスワーゲン(VW)のコンパクトカーであるポロをベースにし、全長4,115mmと小さいながらも、エクステリアはSUVらしさのある力強いものとなっており、VWのSUVシリーズとしてのDNAもしっかりと感じられます。

特徴は実用的なパッケージングと、カラーバリエーションの充実。そして輸入SUVとしてはリーズナブルでキックスよりも安い価格設定です。

まとめ

日産キックス(タイ仕様)

日産が大きな期待を抱いてデビューさせた新型SUVのキックス。

ノート「e-POWER」のような起爆剤となるかどうかはユーザー次第ですが、現在発売されているSUVの中でも十分に魅力が感じられる車種であるのは間違いなさそうです。

初の 「e-POWER」SUVのスタートダッシュはいかに!

関連する投稿


【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

ご家族で利用される車についていて欲しい機能といえばスライドドア。お出かけやお買い物、とっさの雨でのお出迎えまで、スライドドアが付いていれば日々のカーライフがより充実すること間違いなしですよね。先進の運転支援技術で人気の日産のラインナップでも、スライドドアを装備した車が多数用意されています。一覧でご紹介していきますので、一体どの車種があなたにぴったりなのか、検討してみては。


トヨタ ヤリスクロスはライバル多数でもまだ「買い」か?徹底比較!

トヨタ ヤリスクロスはライバル多数でもまだ「買い」か?徹底比較!

とどまるところを知らないSUVブームの中でも、特に人気が高く各メーカーがしのぎを削っているのはコンパクトSUVクラス。コンパクトSUVだけで3車種も用意するトヨタのラインナップの中でも、登場が最も新しく人気を牽引しているのが「ヤリスクロス」です。国産車だけでなく輸入車とも比較されるような完成度の高さが話題のヤリスクロス、登場から1年が経つ今も「買い」なのか調査しました。


日産GT-R|日産の名車を紐解く!

日産GT-R|日産の名車を紐解く!

日産のGT-Rは名車と名高い一台です。最新のGT-Rはスカイラインの名前が外れ日産GT-Rとなり、よりサーキットを意識した車へと進化し続けています。今回はこの日産 GT-Rについて見ていきましょう。


マツダ CX-5のグレードを解説、ベストチョイスはこれだ!

マツダ CX-5のグレードを解説、ベストチョイスはこれだ!

欲しい車種が決まったら次はグレード選びです。そこで、まず車種のグレードの内容と特長を把握して自分に必要なグレードを判断することが重要になります。今回はマツダの人気SUVであるCX-5のグレードについて解説し、CX-5を検討する人のお役に立ちたいと思います。


ホンダ CR-V|7人乗りが登場した、世界で認められるSUVの実力とは?

ホンダ CR-V|7人乗りが登場した、世界で認められるSUVの実力とは?

ホンダ CR-Vは、とくに北米・欧州でその実力を評価され、2019年の世界販売台数では、第4位になりました。5代目となった現行モデルでは、7人乗りが新たに登場しています。今回は、CR-Vの歴史と、現行モデルの実力をまとめています。


最新の投稿


トヨタ ライズの燃費情報が丸わかり!ハイブリッドも早速燃費チェック

トヨタ ライズの燃費情報が丸わかり!ハイブリッドも早速燃費チェック

人気のSUVジャンルの中でも扱いやすい5ナンバーサイズで人気なのがトヨタ ライズ。2019年の登場から常に好調な販売台数を誇ってきたライズですが、2021年11月の改良によって待望のハイブリッド車が追加されるなど、これまで以上にライズの燃費性能に注目が集まっています。リーズナブルな価格が嬉しいライズだけに、この記事では気になる燃費性能を詳しくご紹介していきます。


2021~2022年 年末年始渋滞予想|過去傾向から読み解く渋滞予測と回避方法

2021~2022年 年末年始渋滞予想|過去傾向から読み解く渋滞予測と回避方法

2021年も12月に差し掛かりそろそろ年末が見えてきました。長く続いたコロナ禍もワクチン接種率の拡大とともに収束方向に動いており、今年の年末年始こそは帰省したいと考える方もいらっしゃると思います。そこで今回は緊急事態宣言解除後の帰省に関するアンケートと過去の渋滞実績を元に渋滞予想をまとめました。


ワイパー交換ってどうやるの?自分でできる効果テキメンのカーメンテ

ワイパー交換ってどうやるの?自分でできる効果テキメンのカーメンテ

車を運転するのは晴れの日だけではなく、むしろ雨や雪といった天候の悪い時こそ車は大活躍しますよね。視界が悪くなりがちな悪天候時にきちんと前や後ろを見て運転するためにも、ワイパーの状態を適切に管理しておくのは、安全運転の要で非常に大事なことです。この記事ではワイパーの交換目安や交換方法をご紹介していきます。簡単なのに効果が絶大なワイパー交換にぜひチャレンジしてみてください。


人気で選ぶ!2021年におすすめの中古車厳選10選、価格から魅力まで

人気で選ぶ!2021年におすすめの中古車厳選10選、価格から魅力まで

愛車選びは悩ましいもの。たくさんある車種の中からどれを選んだらいいのかななんて分からない、とお感じのあなたなら、人気ランキングで上位の車を選んでみてはいかがでしょう。多くの人から支持を受ける人気の車なら、失敗知らずの車選びができそうですよね。この記事では、中古車として人気の10台の魅力や中古車情報を詳しくご紹介していきますので、参考にしてみてください。


室内が広い軽自動車のおすすめ厳選5台!荷物満載でも問題なしの軽とは

室内が広い軽自動車のおすすめ厳選5台!荷物満載でも問題なしの軽とは

ボディサイズに制限があり、全長と全幅が横並びとなっている軽自動車。しかし、軽なら室内が狭くても仕方ない、と諦めるのは早い! 数多ラインナップされている軽自動車の中には驚きの室内空間のゆとりを持つものも存在しており、かしこく選べば普通車顔負けの実用性をリーズナブルな価格で手に入れることも可能です。この記事では、室内が広くておすすめの軽自動車を5台ご紹介していきます。