トップへ戻る

【2020年コンパクトSUV対決】日産キックスVSライズVSヴェゼルそしてヤリスクロス

【2020年コンパクトSUV対決】日産キックスVSライズVSヴェゼルそしてヤリスクロス

「このままで終われるか!」という覚悟の元に日産が約2年9カ月ぶりにデビューさせた新型コンパクトSUV『キックス』。いったい『キックス』はどんな車に仕上がっているのか?ライバルとの比較で明らかにします!

⏳この記事は約3~4分で読めます。


日産キックスとは?

日産キックスのオンライン発表会見

日産が軽自動車以外で、約2年9カ月ぶりに国内に投入したのが新型キックスです。

新型キックスは、日産の得意とする電動化技術である「e-POWER」と運転支援技術「プロパイロット」を全車標準装備を搭載したコンパクトSUVという、今の日産が持つ力を存分に凝縮させたモデルとなっています。

キックス自体は2018年から北米やブラジル、インド、そしてタイなどで発売されており、今回初めて日本で発売されることになりました。

キックスの日本導入が遅れたのはジュークという同クラスのコンパクトSUVがあったからともいわれていますが、定かではありません。

そして日本仕様はタイで生産され輸入されることになります。

キックスの外観デザインとボディサイズ

日産キックス

キックスのエクステリアは、「ダブルVモーショングリル」や特徴的な「フローティングルーフ」で構成され、力強さとスタイリッシュさ、存在感を放つデザインとなっています。

4290mmの全長は、トヨタのライズよりは大きく、C-HRよりは短く、ホンダのヴェゼルとほぼ同等で、十分な室内スペースを確保しつつ日本の道路事情や駐車場事情にも最適なサイズとなっています。



全長
全幅
全高
日産キックス4,290mm
1,760mm
1,610mm
ホンダヴェゼル
4,33~4,3400mm 
1,605mm
1,770~1,790mm
トヨタライズ
3,995mm 
1,695mm
1,620mm
トヨタヤリスクロス
4,180mm
1,765mm
1,560mm

※上記の各スペックは、。2020年6月現在のそれぞれのメーカー公式サイトによるものです

※参考元:

日産キックス公式サイト

ホンダヴェゼル公式サイト

トヨタライズ公式サイト

トヨタヤリスクロス公式サイト

キックスの「e-POWER」はどんだけスゴい?

キックスのパワートレインは「e-POWER」のみの設定です。

キックスに搭載される「e-POWER」は、最大出力を約20%向上させ、中高速域の力強さを高め、高速での追い越しなど、幅広いシーンでよりパワフルな走りを可能にしています。

また、「e-POWERドライブ」によって、ワンペダル感覚での運転が可能となるため、ブレーキペダルを踏む回数が減少し運転が楽になります。

さらに、発電用エンジンの作動タイミングの制御を最適化させ、エンジンの作動頻度を減らしたことで高い静粛性をも実現しています。

そして燃費性能においては、JC08モード燃費で30.0km/L、WLTCモード燃費では21.6km/Lとなっており、特に市街地モードでは26.8km/LとJC08モードに近い数値となっています。

キックス・ノート・セレナ「e-POWER」車のスペック比較

日産キックスe-POWER

同じ「e-POWER」でも車種によって異なるチューニングが施されています。また、車両重量の違いが燃費に大きく影響しています。

それ以外でも、ノートe-POWERには モーターアシスト方式の4WDが設定されていたり、セレナe-POWERにはハイウェイスターやオーテックといった上級グレードがあるなど、ワングレードのキックスとは異なるバリエーションの多さが光ります。



キックスノートe-POWERセレナe-POWER
発電用エンジン直列3気筒1,198㏄
直列3気筒1,198㏄直列3気筒1,198㏄
最高出力kW(PS)
60(82)
58(79)
62(84)
最大トルクN・m(kgf・m)
103(10.5)
103(10.5)
103(10.5)
走行用モーターEM57
EM57
EM57
最高出力kW(PS)
95(129)
80(109)
100(136)
最大トルクN・m(kgf・m)
260(26.5)
254(25.9)
320(32.6)
車両重量kg1,3501,190~1,3101,740~1780
JC08モード燃費㎞/L30.028.8~37.223.4~26.2
WLTCモード燃費㎞/L21.6--------------------------

※各スペックは2020年6月現在のメーカー公式サイトによるものです。

キックスのグレード構成は

新型キックス

キックスのグレード構成は基本的に「X」のみのワングレードで、唯一が標準装備されている、「Xツートーンインテリアエディション」が設定されています。

キックスのライバルたち

それではキックスのライバルとなる車種をご紹介していきましょう。

①ホンダ ヴェゼル

ヴェゼル ツーリング・ホンダセンシング

ヴェゼルは、3代目フィットをベースに、SUVの力強さとフィットの持つ使いやすさと低燃費を兼ね備えた車種として開発 されました。

それまでのSUVのイメージを覆すファミリーカー的要素がSUVの抵抗感をなくしたことで、2013年12月の発売以来、大ヒット車種となり、2014年~2016年の暦年(1-12月)でSUV新車登録販売台数第1位を3年連続で獲得し2019年にも獲得しました。

1.5Lエンジン車とハイブリッド車、さらに2019年1月にはターボエンジン搭載タイプを追加設定してラインナップを広げています。

キックスのライバルとなるのはそのうちのハイブリッド車となりますが、キックスにはない4WD車であっても約272万円~からという価格設定と、全車ホンダセンシングを標準装備することで優位性を保つことになります。

ヴェゼルハイブリッドのスペック

ホンダ ヴェゼル HYBRID Z Honda SENSING 4WD

ヴェゼルハイブリッドのスペック

エンジン直列4気筒1,496㏄
エンジン最高出力kW(PS)/rpm
97(132)/6,600
エンジン最大トルクN・m(kgf・m)/rpm156(15.9)/4,600
モーター最高出力kW(PS)22(29.5)/1,313~2,000
モーター最大トルクN・m(kgf・m)160(16.3)/0~1,313

JC08モード燃費㎞/L

21.6~27.0

※各スペックは2020年6月現在の公式サイトによるものです。

②トヨタ ライズ

トヨタ ライズ

ダイハツのロッキーとともに、2019年11月にデビューした5ナンバーサイズコンパクトSUV「トヨタ ライズ」は、普段使いからレジャーまで一台でこなす「アクティブ・ユースフル・コンパクト」をコンセプトに開発されました。

エクステリアではトヨタのSUVと分かる台形グリルを採用し、専用のフロントマスクやホイールデザインによって、兄弟車のダイハツロッキーとの差別化を図っています。

全長3995×全幅1695×全高1620mmというコンパクトサイズながらも、広い室内空間と荷室容量を確保し、SUVらしい大径タイヤを装備しながらも取り回しの良さも実現しています。

1.0リットル3気筒ターボエンジンを搭載し2WDと4WDを設定しています。また、安全装備では、全車速追従機能付きACC(アダプティブクルーズコントロール)や駐車支援システムのスマートパノラマパーキングアシスト、対車両・対歩行者衝突回避支援ブレーキ機能などが装備されています。

発売以来、カローラやアクアを抑えて登録乗用車の首位にたつなど、トヨタとしては他社からのOEM車として異例の大ヒットを記録しています。

キックスとは車格も価格も異なりますが、注目度は高く販売においては強力なライバルになると言えるのではないでしょうか。

ライズのスペック

トヨタ・ライズ

ライズのスペック

エンジン直列3気筒インタークーラー付ターボ
エンジン最高出力kW(PS)/rpm
72(98)/6,000
エンジン最大トルクN・m(kgf・m)/rpm140(14.3)/2,400〜4,000
JC08モード燃費㎞/L
21.2~23.4
WLTCモード燃費㎞/L17.4~18.6

※各スペックは2020年6月現在のメーカー公式サイトによるものです。

③トヨタ ヤリスクロス

トヨタ ヤリスクロス

ヤリスクロスは、ヤリスと共通部分は多いものの、ボディパネルは別物で、大胆なフェンダーとダイヤモンド形のボディシェイプを組み合わされており、ボディサイズもヤリスより一回り大きいことから、SUVらしいアグレシッブなデザインとなっています。

また、最低地上高は185mm、キックスとは異なり電気式の4WDも設定されており、SUVらしい悪路走破性能が期待できるのがキックスに対してのアドバンテージとなりそうです。

パワーユニットはヤリスと同じく、3気筒1.5Lのガソリンエンジンと同ハイブリッドがあり、動力性能と低燃費もキックスに十分対抗する実力を秘めています。

現時点(2020年6月29日)では、まだ価格は公表されていませんが、ヤリスの価格から考えると、1.5L車はホンダのヴェゼルをターゲットとした価格設定で、ハイブリッド車もキックスと同価格帯であると考えられます。

また、キックスが実質ワングレードであるのに対して、多彩なバリエーションが用意されるはずなので、キックスのライバルとなってくるでしょう。

ヤリスクロスのスペック

ヤリスクロスのスペック

エンジン

直列3気筒1.5L

直列3気筒1.5Lハイブリッド

トランスミッション
Direct Shift-CVT
駆動方式      

1.5L車 FF/4WD 

ハイブリッド車 FF/E-Four(電気式4輪駆動方式)

※各スペックは2020年6月現在のメーカー公式サイトによるものです。

【参考】キックスとライバルの価格比較


車種名メーカー希望小売価格(消費税込み)
キックス2,759,900~2.869,900円
ホンダヴェゼル2,113,426~3,617,900円
トヨタライズ
1,679,000~2,282,200円
トヨタヤリスクロス未定

※上記の価格は、2020年6月現在のそれぞれのメーカー公式サイトによるものです

日産キックス公式サイト

ホンダヴェゼル公式サイト

トヨタライズ公式サイト

トヨタヤリスクロス公式サイト

そのほか ライバルとなるSUV

インテリア X ツートーンインテリアエディション

ここまで、ホンダのヴェゼル、トヨタのライズとヤリスクロスを日産キックスのライバルとしてご紹介しましたが、日本国内にはそれ以外にも多くのライバルSUVがキックスを待ち受けています。

トヨタ C-HR

トヨタ C-HR S-T GRスポーツ

C-HRは、その斬新なスタイリングが最大の特徴であるとともに、運動性能にこだわったSUVとなっています。

1.8Lハイブリッド車と1.2Lターボエンジン車が設定され、トヨタのSUVラインナップでは、ヤリスクロスとRAV4の中間に位置します。

また、TOYOTA GAZOO Racingが手掛ける「GR」のラインナップの一つである「GR SPORT」が新たに設定されたこともキックスとは異なるスポーツSUVとして進化しています。

C-HRについて詳しく知りたい方はこちら

三菱 エクリプスクロス

三菱 エクリプスクロス

三菱自動車の最新デザイン言語である「ダイナミックシールド」をさらに進化させたフロントデザインなど、三菱のSUVらしいアグレシップなスタイリングと伝統の4WDに支えられた走行性能が特徴のキックスよりSUV色が濃い目の車種です。

そしてガソリン直列4気筒1.5L直噴ターボに、2019年6月には2.2Lターボディーゼルが加わり魅力が強化されました。

エクリプスクロスについて詳しく知りたい方はこちら

フォルクスワーゲン Tクロス

Tクロス(T-cross)

Tクロスは、フォルクスワーゲン(VW)のコンパクトカーであるポロをベースにし、全長4,115mmと小さいながらも、エクステリアはSUVらしさのある力強いものとなっており、VWのSUVシリーズとしてのDNAもしっかりと感じられます。

特徴は実用的なパッケージングと、カラーバリエーションの充実。そして輸入SUVとしてはリーズナブルでキックスよりも安い価格設定です。

まとめ

日産キックス(タイ仕様)

日産が大きな期待を抱いてデビューさせた新型SUVのキックス。

ノート「e-POWER」のような起爆剤となるかどうかはユーザー次第ですが、現在発売されているSUVの中でも十分に魅力が感じられる車種であるのは間違いなさそうです。

初の 「e-POWER」SUVのスタートダッシュはいかに!

関連する投稿


【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

MT車に乗りたい、今現在どのようなMT(マニュアル)車が販売されているのかを知りたい!という方。今回は国産MT(Hパターン)車をまとめました。MT車が欲しいあなたに必見の記事ですよ!


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


セダンはもう時代遅れ?今こそ注目すべきセダンの魅力

セダンはもう時代遅れ?今こそ注目すべきセダンの魅力

時代と共に車も進化や変化を続けています。一昔前まで自動車といえば、多くの方がセダンタイプのものをイメージしていたのではないでしょうか。しかし、今日ではセダン以外にも多くの車の選択肢があります。中でも、SUVなどのハッチバック系のモデルの人気が高まっていることもあって、セダンの存在感がやや小さくなったという印象を抱いている方も多いかもしれません。しかし、セダンならではの魅力もあり、現在でも根強い人気があります。そこで、今回はセダンとはどういった車なのかや、メリット・デメリットなどについてご紹介します。


新社会人におすすめ!運転しやすくオシャレな最新車をタイプ別で紹介

新社会人におすすめ!運転しやすくオシャレな最新車をタイプ別で紹介

大変だった2020年が終わり、遂にやってきた2021年。今年から新たに社会人となられる方は、これまでとは異なったさまざまな困難にも遭遇するかもしれません。せめて車選びだけでもお手伝いさせていただきたく、新社会人の方にもぴったりなおすすめ車をタイプ別にまとめてみました。お値段は控えめでも充実したカーライフが送れること必至ですので、ご参考にしてみてください。


【今こそ買いたい】最新ハイブリッドSUV 厳選3選!個性満点なエコSUV

【今こそ買いたい】最新ハイブリッドSUV 厳選3選!個性満点なエコSUV

今やSUVはアウトドア向けのニッチな用途だけでなく、毎日の足として利用されることも多いファミリーカー。世界的なブームを背景に、日本国内でも販売台数がグングン伸びていますが、それによって結構ご近所でも車種がかぶりやすくなってきていますよね。そこでおすすめしたいのが、個性際立つ最新ハイブリッドSUV。高い魅力を備えつつ低燃費でおサイフにも優しい3台をご紹介します。


最新の投稿


【マイカーローン】車はローンで購入すべき?ローン毎の特徴や金利を解説

【マイカーローン】車はローンで購入すべき?ローン毎の特徴や金利を解説

車が欲しいと思った時、マイカーローンで購入する人は多いですよね。しかしながらローンは価格に金利を上乗せした状態で支払うため損ではないかという意見も。ローンを利用してでも購入すべき時はある?そもそもローンを利用すると、どれくらい余分に支払わなければいけないの?今回は気になるカーローンの特徴と注意事項についても解説します。


おすすめのマニュアル車5選!運転を知的ゲームに変える?!

おすすめのマニュアル車5選!運転を知的ゲームに変える?!

今や、世の中のクルマのほとんどがオートマ車になってしまいました。でも、まだまだマニュアル車も様々なモデルが発売されています。 運転を奥深く、知的なゲームにしてしまう、おすすめのマニュアル車をご紹介いたします!


【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

MT車に乗りたい、今現在どのようなMT(マニュアル)車が販売されているのかを知りたい!という方。今回は国産MT(Hパターン)車をまとめました。MT車が欲しいあなたに必見の記事ですよ!


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


【エンジンオイルの選び方】粘度や種類、何を選ぶ?おすすめは?

【エンジンオイルの選び方】粘度や種類、何を選ぶ?おすすめは?

エンジンオイル交換を安く済ませるため、自分で交換したいという方のために、エンジンオイルの種類、粘度、規格についてと選び方についてを紹介しています。さらに粘度別のおすすめのオイルもご紹介します。エンジンオイルを賢く選びたいという方はぜひ本記事をご覧ください。