目次へ戻る

三菱 エクリプスクロスの試乗評価・口コミは?燃費、中古価格も合わせて紹介

三菱 エクリプスクロスの試乗評価・口コミは?燃費、中古価格も合わせて紹介

2018年に発売された新型SUV、三菱「エクリプスクロス」の価格や性能、評判や中古価格などをまとめていきます。これから「エクリプスクロス」の購入を検討されている方は是非参考にしてください。


2018年3月より販売開始となった三菱 エクリプスクロス

コンパクトSUV「RVR」とミッドサイズSUV「アウトランダー」および「アウトランダーPHEV」という、三菱自動車のクロスオーバーSUVラインアップに新たに加わる新型コンパクトSUVがエクリプスクロスです。同社のグローバル戦略車として、2017年10月の欧州への出荷を皮切りに、11月に豪州・ニュージーランド・ASEAN地域、また2018年1月には北米に向けて出荷しています。

デザインテーマは「VIBRANT & DEFIANT」で、アスリートがクラウチングスタートから走り出す瞬間を表現しています。 フロントデザインには、三菱の最新デザイン言語である「ダイナミックシールド」をさらに進化させていて、シャープなLEDヘッドライトとLEDデイライトをフロントフェイス上部に配置し、ターンランプとフォグランプを下部に配置することで、より精悍なイメージを表現するとともに、ターンランプの視認性の向上を図っています。

搭載されるエンジンは今のところ1.5ℓの直4ガソリンターボのみで、新開発のダウンサイジングエンジンで、従来の2.4から2.5ℓに相当する太いトルクを売りにしていますが、エクリプスクロスのシャシー性能はまだまだ余裕があります。またブレーキ制御による左右トルク配分制御も入った四輪駆動機構「S-AWC」もさすが三菱技術の集大成だけに、積極的にアクセルを開ける運転で真価を発揮するスポーティな車になっています。

三菱 エクリプスクロスのスペックと燃費・実燃費

スペックは、

ボディタイプ:5ドアクロスオーバーSUV、エンジン:4B40型:1,498cc 直列4気筒 直噴DOHCターボ、最高出力:110kW (150PS)/5,500rpm、最大トルク:240N・m (24.5kgf・m)/2,000-3,500rpm、変速機:INVECS-III 8速スポーツモードCVT、サスペンション:前:マクファーソンストラット式、後:マルチリンク式、全長 4,405mm全幅1,805mm全高1,685mm、車両重量:1,460-1,550kg、ブレーキ:前:ベンチレーテッドディスク、後:ディスクとなっています。


また燃費はJC08モード燃費で140km/Lから15,0km/Lです。

実燃費は?

ユーザーなどの評価によると実燃費の方は、10,08km/Lから12,05km/Lくらいになっています。

トヨタ C-HRと比較されるが

エクリプスクロスのライバルは何ですか?という問いには、トヨタ『C-HR』答えが1番に返ってきました。

他にも比較される車はありますがそれらのライバルに対し、少なくともC-HRには、これでなくてはダメという武器があります。

それは尖った感じがする外観のデザインとディーゼル車であるという点です。エクリプスクロスは流麗なフォルムになっているので、パッと見の印象はかなり違います。

走行性能

普通の2WD車は、エンジンが発した力をただどこかの2輪に伝えるだけで走ります。

ですが三菱の技術はものすごく高度で、4輪バラバラに加速することができるばかりか、4輪バラバラに減速させることも可能となっています。ですから曲がることだけではなく、曲がりすぎないことにも威力を発揮してくれます。

もしもスピンしそうになったら、コーナリング中とは逆の制御をするので、それによって危険な状況に陥りづらくなります。リアタイヤ付近がしっとりと安定して感じられるのはそれが理由です。

三菱 エクリプスクロスの口コミ・評価

4wd車です。納車から10カ月の燃費は約10km/L市街地通勤70%残り休日の使用です。デリカD5からの乗り換えなので、おおむねOK燃料費はだいぶ下がりました。

三菱 エクリプスクロスの新車・中古車価格

エクリプスクロスの新車価格は 253万円から312 万円で、中古価格は 169万円から360 万円。相場は260万円前後となっています。やはり新しい車だけに比較的高値になっていますね。

まとめ

安全装備では予防安全技術に含まれる衝突被害軽減ブレーキシステムや、誤発進抑制機能・車線逸脱警報システム、オートマチックハイビームを全車に標準されているため、安心して乗ることができ、走行性能も言うことなしのSUV車だと言えます。

関連する投稿


三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

恐竜の骨格を思わせるリブボーンフレームの採用による最高の衝突安全性能を誇り、高い居住性とSUV的走破性も併せ持つ、三菱が誇るオールラウンダーミニバンがデリカD:5です。発売から10年以上を経てなお三菱をけん引し続ける人気車種の実像に迫ります。


日産のクロスオーバーSUVジューク新型 発売は9月3日

日産のクロスオーバーSUVジューク新型 発売は9月3日

日産のクロスオーバーSUV、ジューク新型が9月3日にデビューすることが決まりました。まだ全容は公開されてはいませんが、ジューク新型のヘッドライト画像が2枚公開されています。本記事ではジューク新型の最新情報についてご紹介いたします。


シトロエン C3の燃費、基本スペック、評価一覧|中古価格の相場も

シトロエン C3の燃費、基本スペック、評価一覧|中古価格の相場も

国内でもじわじわと人気を博していきているシトロエンC3をご紹介していきます。全世界で350万台以上も販売されているベストセラーの魅力を解説しますので、これから車の購入を検討している方は是非参考にしてください。


【最新版】今人気のおすすめSUV!選ぶならどれ?

【最新版】今人気のおすすめSUV!選ぶならどれ?

大人気のSUV。しかしSUVと一言で言っても、クロスオーバーSUVを始めとしたコンパクトSUVから、サイズの大きい3列シート・7人乗りのSUVまで様々です。当記事では国産・外車の7人乗りSUV・コンパクトSUV、また燃費の観点でオススメのSUV等人気車種を紹介、比較しています。


【2019年】人気!おすすめしたい現行SUV12選

【2019年】人気!おすすめしたい現行SUV12選

日本でも世界でも人気のSUV!今回は今人気・オススメしたいSUVを12種類紹介します。新車の購入を検討している方や、現行車のSUVを中古で購入したいと考えている方にオススメの内容です。燃費、価格、特徴をまとめたほか、合わせてSUVを選ぶ時のポイントもいくつか紹介します。


最新の投稿


アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティンは、開発中の新型ハイパーカー『ヴァルキリー』(Aston Martin Valkyrie)の最新プロトタイプ車を、英国で発表しました。


解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

メルセデス・ベンツSLKは、1996年の初代より2016年の三代目まで生産がなされました。メルセデス・ベンツの2シーターのライトウェイトスポーツカーの位置づけで生産され、発売初年度は生産が追い付かないという人気を誇りました。R170・R171・R172の変遷も見てみましょう。


スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドは静かなモーター走行とダイナミックに走るV6エンジンが特徴のハイブリッドカーです。その優れた走行性能は走り出した時から感じることができるでしょう。それではスカイライン ハイブリッドについて見ていきます。


クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートのハイブリッドモデル「クラウンアスリートハイブリッド」 の燃費をガソリン車とハイブリッド車の比較でお伝えします。高級車の代表格である同車のステータス性や乗り心地、採用されている装備を考えると比較的お手頃とも言える価格や、スペック、魅力も併せて紹介していきます。


三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

恐竜の骨格を思わせるリブボーンフレームの採用による最高の衝突安全性能を誇り、高い居住性とSUV的走破性も併せ持つ、三菱が誇るオールラウンダーミニバンがデリカD:5です。発売から10年以上を経てなお三菱をけん引し続ける人気車種の実像に迫ります。