目次へ戻る

三菱のSUV RVR(アールブイアール)詳細情報 評価・燃費・価格・中古価格ほか

三菱のSUV RVR(アールブイアール)詳細情報 評価・燃費・価格・中古価格ほか

三菱のRVRとは2010年から発売されているSUVです。初代RVRは1991年~2002年まで発売されていたトールワゴンでした。2010年には、クロスオーバーSUVとして現在に至るまで発売されています。RVRとはいったいどんなSUVなのか?改めてその魅力に迫ります。評価・燃費・価格・中古価格ほか。


三菱のSUV RVR(アールブイアール)詳細情報

三菱のクロスオーバーSUV RVRとは

三菱のRVRとは2010年から発売されているSUVです。

初代RVRは1991年~2002年まで発売されていたトールワゴンでした。

2010年に、RVRは、クロスオーバーSUVとして発売されることとなり、現在に至ります。

車名であるRVRとは、Recreation Vehicle Runnerの頭文字をとったもの。

現行モデルは3代目で、2017年には特別仕様車の「ACTIVE GEAR」が登場。2018年には一部改良が行われました。その際に「e-Assist」が全車標準装備となっています。

三菱のクロスオーバーSUV RVR スペック

 
【三菱 RVR M】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,365×1,770×1,630mm(ホイールベース:2,670mm)
最大乗車定員5名
車両重量1350kg
燃費JC08モード:15.4km/L
エンジン種類SOHC 16バルブ 4気筒
最高出力(kW(PS)/rpm)102kW(139PS) /6,000rpm
最大トルク(N・m/rpm)172N·m (17.5kgf·m) /4,200rpm
タンク容量 63L
駆動方式2WD
トランスミッションINVECS-Ⅲ CVT

三菱のクロスオーバーSUV RVR 試乗評価

パワー面ではやや不満?

パワー面では不満が残るが、燃費は思いのほか良かった。ドライブ中、満タン法で3回燃費を計測してみた。1回目は渋滞を含んだ東京の市街地オンリーの147.8km区間で実測値は12.4km/リットル。次は葛飾から常磐道で日立南太田まで走り、郊外路やオフロードを含む長大な山岳路を経由して宇都宮に至った316.4kmで14.1km/リットル。最後が宇都宮から夜間の流れの良いバイパス7:市街地3の割合で葛飾に戻った112.6kmで17.0km/リットル。

ダイナミックシールドが好きかどうか

デザイン考。RVRのデザインは抑揚が豊かで塊感を感じさせ、それでいて派手派手しさはあまりなく、抑制的であるのが特徴だった。筆者はなかなかシックでいいと思っていたのだが、フロントマスクが「ダイナミックシールド」というガチャガチャとした線が入り組んだちょっとうるさいものになって以降、シックな良さという点では後退した。

アイデンティティマスクを作ってデザインを統一するというのは三菱自の商品戦略上の判断なのだからそれは黙って見ているしかないが、フロントを強くしたぶん、他が弱く見えるようなアンバランスさが出てしまっているのがもったいない。せっかくオフロードもある程度気持ちよく走れるようなキャラクターを持っているのだから、アメリカやヨーロッパで販売している同モデルのようにフェンダーアーチモールを装備したら全体的に強さが出ていいのではないかと思われた。

三菱テイストが好きならオススメ

RVRはヘビーデューティSUVではないが、そのテイストが多分に盛り込まれた、古き良き三菱車のテイストを持つコンパクトSUVであった。キャラクターは2010年登場の初期型から基本的に変わっていないが、幾度かのファインチューンを受け、味付けの面では熟成の域に達していた。

三菱のクロスオーバーSUV RVR グレード別価格

■Gグレード
※ 1.8L MIVEC SOHC 16VALVE INVECS-III 6速スポーツモードCVT
4WD 2,541,240 円
2WD 2,304,720 円

■Mグレード
※1.8L MIVEC SOHC 16VALVE INVECS-III CVT
4WD 2,341,440 円
2WD 2,104,920 円

三菱のクロスオーバーSUV RVR 気になる中古価格は?

RVR、中古価格はいったいどれくらいなのでしょうか。

調べてみたところ、平均価格は約150万円ほどで、2010年式のものであれば100万円~120万円ほどでも購入できるようです。
安く購入したい場合は古い年式のものでも問題ないと思いますが、もし予算に余裕があるのであれば、2017年~2018年式のものの購入をオススメします。

2017年~でも、中古車であれば200万円~で購入できるようです。RVRが気になる方はぜひ一度調べてみてくださいね。

最後に

本記事では、三菱のSUV、RVRについてご紹介いたしました。

もっと、三菱の車が気になるという方は、下記記事も合わせてご覧くださいね。

関連するキーワード


三菱 車種情報 RVR SUV

関連する投稿


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【12月11日更新】


スズキのスペーシアに SUV風のスペーシアギア登場!発売は12月

スズキのスペーシアに SUV風のスペーシアギア登場!発売は12月

人気の軽ハイトワゴン、スズキのスペーシアに、SUV風が登場する!?という情報が飛び込んできました。クロスオーバーSUVな装いの、その名も「スペーシア ギア」。本記事ではスペーシアギアの今明らかになっている最新情報をまとめています。


【ロサンゼルスモーターショー2018】三菱の新電動SUV e-エボリューション・コンセプト

【ロサンゼルスモーターショー2018】三菱の新電動SUV e-エボリューション・コンセプト

三菱は、ロサンゼルスモーターショー2018にて、三菱 e-エボリューション・コンセプトを北米初公開しました。東京モーターショー、ジュネーブモーターショー、北京モーターショーに続く公開となります。三菱の今後を示唆する電動SUVに迫ります。


開催中【ロサンゼルスモーターショー2018】最新情報

開催中【ロサンゼルスモーターショー2018】最新情報

米国のロサンゼルスにて、ロサンゼルスモータ-ショー2018が開催されます。一般デーの開催日程は11月30日~12月9日(現地時間)。トヨタ・ホンダなど自動車メーカー30社が出展予定のこのショー。本記事では主要メーカーの最新情報・ワールドプレミア情報をまとめています。【12月4日更新】


【ロサンゼルスモーターショー2018】CR-Vの兄貴分!ホンダ パスポート 新型

【ロサンゼルスモーターショー2018】CR-Vの兄貴分!ホンダ パスポート 新型

ホンダの米国部門は、米国で開催したロサンゼルスモーターショー2018のプレビューイベントにおいて、新型『パスポート』(Honda Passport)を初公開しました。このパスポート、CR-Vの兄貴分ともいえるSUVなんです。


最新の投稿


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【12月11日更新】


【まさか復活!?それとも】マツダがMX-6を商標登録 MX-6とは

【まさか復活!?それとも】マツダがMX-6を商標登録 MX-6とは

マツダが『MX-6』の名前を商標登録していたことが判明しました。これは、日本の特許庁の公式サイトから明らかになったものです。このMX-6とは、過去にマツダが発売していたクーぺ。これはいったい…?


大雪時のタイヤチェーン装着義務 13区間(高速7・国道6)で実施|場所はどこ?

大雪時のタイヤチェーン装着義務 13区間(高速7・国道6)で実施|場所はどこ?

2018年11月15日に国土交通省より発表された 「タイヤチェーンを取り付けていない車両通行止め」規制。11月15日~11月28日までの間、パブリックコメントの募集を行い、12月10日に同交通規制が実施される道路を発表しました。実施される道路情報と、規制についての概要、違反時の罰則や実施時期について掲載しています。


トヨタのカローラスポーツ新型 価格・試乗記・スペックほか

トヨタのカローラスポーツ新型 価格・試乗記・スペックほか

6月26日より発売されている、12年ぶりにハッチバックスタイルを復活させた、トヨタの新型車『カローラスポーツ』。本記事ではカローラスポーツの詳細情報をまとめています。価格・試乗記・スペックほか


【ロサンゼルスモーターショー2018】最後のビートルが登場!

【ロサンゼルスモーターショー2018】最後のビートルが登場!

ロサンゼルスモーターショー2018にて、最後のビートルとなる、ザ・ビートル ファイナルエディションが公開されました。長年にわたり、多くの人に愛されてきたビートル。最新情報をまとめています。