トップへ戻る

日産のe-POWER(イーパワー)とは?その仕組みと搭載車種を全解説!

日産のe-POWER(イーパワー)とは?その仕組みと搭載車種を全解説!

日産車のe-POWER(イーパワー)ってなんだろう。ハイブリッドとは違うのだろうか?それじゃEV?そんな疑問を持っていませんか?そこでe-POWERとはなんなのか、どんなメリット、デメリットがあるのかを、e-POWER搭載車の紹介とともに解説します!はたしてe-POWERはお得なのでしょうか?

⏳この記事は約3~4分で読めます。


日産のe-POWER(イーパワー)とは?

ノートe-POWER ニスモS

「e-POWER(イーパワー)」は、日産が開発した次世代の電動パワートレインであり、ハイブリッドの一種ですが、トヨタやホンダのハイブリットシステムと異なり、エンジンは発電のみに利用し、100%モーターで走行するのが特徴となっています。

モーターのみの駆動なので、EV(電気自動車)同様に優れた加速性能と静寂性を持ち、自らエネルギーを作り出せるためにEVのように充電を気にせず走れます。


また、EVや一定の距離ならモーターのみで走行できるPHVのように、外部電力からの充電(プラグイン)は不要で、通常のガソリンエンジン車やハイブリッド車と同様、ガソリンの給油のみで走行します。

そのため、通常のハイブリッド車のようにガソリンは消費しますが、使い勝手もいいので、メリットが多いシステムとなっています。

e-POWERのメリット

走行モードの違い

e-POWERは、3つの走行モードを選択して自動制御できるので、アクセルペダル操作だけで速度調整が可能アクセルの踏み加減で速度調整が可能なので、加速や減速の調整がしやすく安定した走りができて、ブレーキペダルに足を置き換える手間も少なくなります。

さらに、EVのリーフと同じくトランスミッションやクラッチが不要なのでモーターによる加速は出だしが滑らかであり、急加速や登坂時ににエンジンよりも強く力強い走りを実現します。

また、エンジンを利用して駆動するハイブリッド車と違って燃料は発電のみに利用するので燃費はよくなるというメリットもあります。

e-POWERのデメリット

ノートe-POWER

e-POWERのデメリットとしてあげられるのは、EVのような大容量のバッテリーを搭載していないので頻繁にエンジンが稼働することです。一部のハイブリッド車やPHVのように長時間エンジンを停止することが出来ず、EVのようにつねに静かであることはできません。

また、通常のガソリン車と比べて割高になるのもデメリットと言えるでしょう。ノートでいうと、通常の1.2Lモデルの同グレードと比べると約50万円の差があり、一般的なハイブリッド車と通常のガソリンエンジン車との差が30万円ほどであるのと比べると、かなり割高であることが分かります。

しかし、走行性能など総合的に判断するとけっして損することはなく、だからこそノートやセレナは各クラスでトップの販売台数を記録しているのです。

【2020年最新版】e-POWER搭載車種一覧

現在、e-POWER搭載車種には、コンパクトカーの「ノート」、ミニバンの「セレナ」という2車種が設定されています。

ノートe-POWER

セレナe-POWER

ノートe-POWER

ノート e-POWER メダリスト ブラックアロー

ノートe-POWERとは?

ノートe-POWERのシフト

2012年に発売以来、室内スペースの広さなどからコンパクトカーとして、もともと人気の高かった「ノート」ですが、2016年11月にe-POWER搭載車が追加設定されるようになって一気にブレイク。押しも押されぬ日産の人気車種となりました。

このノートに初めて採用されたe-POWERは、これまでのようにフロントに直列3気筒1.2Lエンジンが搭載されていますが、エンジンは駆動には使われず、発電のみに使われます。

トルクフルなモーターによる走行は、走行モードの自動切り替えにより、どのような道でも快適に走行できる点が特徴で、エンジン駆動のように回転を上げる必要がなく、発進加速から高速道路までスムーズな走行が体感できます。

また「e-POWER Drive」は、ブレーキペダルを踏まなくてもアクセルペダルの踏み戻しだけで加速から減速までができ、安定した走行と疲労軽減に貢献しています。

さして、コンパクトなリチウムイオンバッテリーは前席下に、補機用のバッテリーは荷室フロア下に搭載することで、ノートの特徴である広い室内スペースを犠牲にすることなく、ファミリーカーから通勤車まで、幅広いシーンで利用できます。

そして、ノートe-POWERには、4WD車やSUVテイストのC-Gear(シーギア)、AUTECH、そしてモーターパワーがアップされたNISMOモデルなど、数多くの選択肢があるのが魅力となっています。

ノートe-POWERのスペック

ノートe-POWER

ノートe-POWERの基本情報

駆動方式

FF 4WD

ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,100mm×1,695mm×1,520mm
室内寸法(長さ×幅×高さ)2,065mm×1,390mm×1,255mm
最大乗車定員5名
燃費            JC08モード28.8~37.2km/L
最小回転半径5.2m

エンジン・モーターのスペック

発電用エンジン・排気量直列3気筒・1,198㏄
最高出力
58kW (79PS)/ 5,400rpm
最大トルク
103N・m (10.5kg・m)/ 3,600~5,200rpm
駆動用モーター種類(フロント/リア)EM572/N2
最高出力(フロント)
80kW (109PS)/ 5,500rpm
最大トルク(フロント)220N・m (22.4kg・m)/ 3,008~10,000rpm
最高出力4WD(リア)
35kW (48PS)/ 4,000rpm
最大トルク4WD(リア)
15N・m (1.5kg・m)/ 1,200rpm

※上記スペックは公式サイトより(2020年2月現在)


ノートe-POWER NISMOのスペック

ノート e-POWER NISMO S

NISMO-Sのエンジン・モーターのスペック

発電用エンジン・排気量直列3気筒・1,198㏄
最高出力
61kW (83PS)/ 6,000rpm
最大トルク
103N・m (10.5kg・m)/ 3,600~5,200rpm
駆動用モーター種類(フロント/リア)EM57/N2
最高出力(フロント)
61kW(83PS)/6000rpm
最大トルク(フロント)103N・m(10.5kgf・m)/3600-5200rpm

 ※上記スペックは公式サイトより(2020年2月現在)

ノートe-POWER NISMOについて詳しく知りたい方はこちら

ノートe-POWERの価格

ノート e-POWER

ノートe-POWER価格表 メーカー希望小売価格(消費税込)

グレード2WD4WD
e-POWER  S
1,937,100円
-----
e-POWER  X 
2,059,200円
2,279,200円
e-POWER  X  Vセレクション
2,196,700円
2,416,700円
e-POWER  X ブラックアロー
2,153,800円
2,373,800円
e-POWER  X メダリスト
2,396,900円
2,616,900円
e-POWER  X メダリスト・ブラックアロー
2,469,500円
2,689,500円
e-POWER  X シーギア
2,301,200円
2,047,100円
e-POWER  X シーギア・リミテッド
2,312,200円
2,532,200円
e-POWER AUTECH
2,306,700円
2,526,700円
e-POWER AUTECH SPORTS SPEC
2,306,700円
-----

※上記価格はメーカー公式サイトより(2020年2月現在)

ノートe-POWER NISMOの価格        

ノート e-POWER NISMO S

 NISMO価格表 メーカー希望小売価格(消費税込)

グレード名2WD4WD
e-POWER NISMO
2,534,400円
----------
e-POWER NISMO ブラックリミテッド
2,702,700円
----------
e-POWER NISMO S  
2,721,400円
-----
e-POWER NISMO S ブラックリミテッド
2,812,700円
-----

※上記価格はメーカー公式サイトより(2020年2月現在)

ノートe-POWERの試乗記と口コミ

ノートe-POWER

ノートe-POWERの試乗記

ノートe-POWER

ノートe-POWERの最大の注目ポイントであろうハイブリッドパワートレインのパフォーマンスは大変良いものだった。電気モーター出力はずっと質量の大きなピュアEV『リーフ』と同じ109psゆえ、動力性能的には余裕しゃくしゃく。市街地を普通に走っているときにはそれほどハイパワーであるようには感じられないが、それはあくまでソフトウェアのチューニングがそうなっているというだけの話で、高速道路への流入や追い越しの際にフルスロットルをくれてやったときの加速はかなりのもの。トヨタ『アクア』に対しては明らかに優速。ホンダの『フィットハイブリッド』と比べると加速感ではやや落ちるが、低速でのスムーズネスや切れ目のない加速という点で優越していた。

とくに驚かされたのは高速直進性で、新東名の最も速い流れに乗ってクルーズするのもノーストレスであった。そのぶんアンダーステアは強いが、ステアリングをこじればグリップは結構きっちりついてくるので、かなり険しいワインディングでも速くはなくとも安全に、信頼感を持って走れた。運転技量への依存度が低く、誰でも安心して走れるという方向性の味付けである。

クルマのコントロールに神経を尖らせなくていいというのは、人間工学設計と同じか、それ以上にロングドライブ時の疲労軽減に効く。ノートはあくまで近距離用のファミリーカーであり、極端なロングドライブに主眼を置いた設計、仕様ではないし、本格ツアラーとして優れいているというわけでもない。が、せっかくファミリーカーを持っているのだから、時にはそのクルマで気ままに、はるか遠くへお出かけしたい――というユーザーの願望に十分応えられるだけのテイストになったのは大きい。何の気なしにモノを買ったら思わぬ嬉しいおまけがついてきたようなものだ。ノートe-POWERは昨年に一度改良を受けているが、その改良幅は案外大きかったようだ。

燃費に注目されがちなe-POWERですが、実は走行性能も優れており、長時間のドライブにも優れていることが評価されています。

ノートe-POWERの口コミ

平均燃費は25.39km/L。最高燃費は夏場の29.94km/L 。冬場では20.43km/L 。(5kmの走行だと15km/L程度) 冬場は暖機が多い。寒さに強い電池が発明されれば、燃費は上がると見る。

納車後 1年日常の足として乗り、20,000Km超えました。モータードライブはストレス無く走れ、ワンペダルも特に市街地と渋滞では、コレ無しでは運転できないぐらいの優れものです。内装はプアーですが、それはそれで、自分で手直ししていく楽しさもあります。

ユーザーにとっては低燃費は重要。口コミでもやはり燃費についての報告が多くなります。結果は満足されている方と満足されていない人は半々で、乗り方によって大きく異なるようです。

セレナe-POWER

セレナe-POWER

セレナe-POWERとは?

セレナe-POWER

子育てファミリーに大人気のセレナにe-POWERが加わったのは2018年3月。

セレナe-POWERはミニバンであることから、「ノートe-POWER」と同じシステムでは不安がありましたが、同じe-POWERでもよりパワーとトルクが大幅にアップしたモーターにより、重量のあるミニバンでありながらも力強い走りが可能になっています。

またバッテリー単独での走行を行う「マナーモード」と、事前に充電を行う「チャージモード」が追加設定されています。

さらに、アクセルペタルを戻すだけで強い減速力か発生するため、頻繁に加減速が必要な渋滞などでは、アクセルからブレーキペダルの踏み換え回数が大幅に減って、ドライバーの負担軽減にもつながります。

多人数乗車が前提のミニバンでは、加減速が頻繁だと車体が揺れて乗員が不快に思う事があり、スムーズな加減速が可能なe-POWERは最適で、しかも発進時から必要なトルクが得られるために、多人数乗車時でもストレスのない加速が得られています。

セレナe-POWERのスペック

セレナe-POWER

セレナe-POWERの基本情報

駆動方式

FF 4WD

ボディサイズ(全長×全幅×全高)   

ハイウェイスター

4,685mm×1,695mm×1,865mm

4,770mm×1,740mm×1,865mm

室内寸法(長さ×幅×高さ)3,170mm×1,545mm×1,400mm
最大乗車定員7名
燃費            JC08モード23.4~26.2㎞/L
最小回転半径5.5m

エンジン・モーターのスペック

発電用エンジン・排気量直列3気筒・1,198㏄
最高出力
62kW(84PS)/6000rpm
最大トルク
103N・m(10.5kgf・m)/3200-5200rpm
駆動用モーター種類(フロント/リア)EM57/N2
最高出力(フロント)
100kW(136PS)
最大トルク(フロント)320N・m(32.6kgf・m)

※上記スペックは公式サイトより(2020年2月現在)

セレナe-POWERの価格

セレナe-POWER

セレナe-POWERの価格表 

グレード名メーカー希望小売価格(消費税込)
e-POWER X
2,997,500円
e-POWER XV
3,226,300円
e-POWER XV(防水シート車)
3,259,300円
e-POWER G
3,473,800円
e-POWER ハイウェイスター
3,293,400円
e-POWER ハイウェイスターV
3,499,100円
e-POWER ハイウェイスターV(防水シート車)
3,532,100円
e-POWER ハイウェイスターG
3,725,700円
e-POWER AUTECH V Package
3,773,000円
e-POWER AUTECH Safety Package
3,927,000円

※上記価格はメーカー公式サイトより(2020年2月現在)

セレナe-POWERの試乗記と口コミ

セレナe-POWER

セレナe-POWERの試乗記

セレナe-POWER

走行モードはノーマルとS(スマート)、エコアクセルの3つが用意され、まずSを選んでアクセルを踏み込むといいレスポンスで加速態勢に入る。ガツンと加速する感じではなく、加速度がグィーンと高まるフィールのため乗員に不快感を与えない範囲で鋭い加速を示す。サーキットのストレートからアクセルを戻すと回生ブレーキがかかり、ブレーキを踏まなくてもしっかりした減速感が得られる。この一連の操作感は『ノートe-POWER』によく似ていて、ワンペダルでミニバンのセレナをスポーティに走らせることが可能だ。

加速はともあれ、このアクセルから足を離したときの減速は面白い。渋滞のときはアクセルペダルだけで速度をきちんとコントロールできる。さらに、長い下り坂などは特に有効で、ブレーキを踏まずとも速度が上がりすぎることなく走れて安心なのだ。運転苦手意識のある女性ドライバーには、ぜひお勧めしたい。

さらにお勧めポイントとしては、車内が静かだということ。以前、ノートの試乗記では「発電するときにうんうんうなるエンジン音がうるさい」的なことを書いたが、セレナではあまり気にならない。さまざまな遮音を施したのと同時に、発電するときのエンジン回転数を2400rpm(ノート)から2000rpm(セレナ)に落としたのも効いている。この静かさなら、後ろの席にいる子どもたちの気配も感じられ、保護者の方々におかれては使いやすさアップといったところだろう。

ノートe-POWERよりも動力性能が向上したことと、ノートe-POWERでは不満に感じられて点がかなり改善されたことで非常に高い評価を得られています。

セレナe-POWERの口コミ

セレナe-POWER

関連する投稿


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


日産 レパードの時代に翻弄された一生! なぜソアラに勝てなかった?

日産 レパードの時代に翻弄された一生! なぜソアラに勝てなかった?

日産の高級パーソナルカー、レパードをご存知でしょうか。それまで高級車といえば後席に乗り込むものが定番だったのが、日本の経済成長と好景気の流れに乗って、幅広いオーナーが自ら運転できる時代が到来し、その流れを牽引する上級志向のハードトップとして登場するも、市場ではなぜか苦戦してしまいます。日産珠玉の上級車、レパードの歴代モデルと、その苦戦の理由をご紹介します。


日産 フィガロ|生産終了の理由は?中古車に乗ることは可能?

日産 フィガロ|生産終了の理由は?中古車に乗ることは可能?

1991年から一年間限定で発売された「フィガロ」ですが、人気は高く反響も大きかった車で惜しまれつつ1年限りの販売となった車「フィガロ」について見てみましょう。


新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

MT車に乗りたい、今現在どのようなMT(マニュアル)車が販売されているのかを知りたい!という方。今回は国産MT(Hパターン)車をまとめました。MT車が欲しいあなたに必見の記事ですよ!


「癒し系」ホンダ フィットの柴犬的魅力!燃費、価格、ヤリスと比較

「癒し系」ホンダ フィットの柴犬的魅力!燃費、価格、ヤリスと比較

実用的なコンパクトカーをお探しなら、きっとホンダのフィットが候補に挙がっていることでしょう。ホンダならではの技術が詰まったフィットは、コンパクトな外観ながら室内はミニバンのような使い勝手で、あらゆるシーンに「フィット」する車です。この記事では、最新型のホンダ フィットの柴犬的な魅力をご紹介していきます。新車と中古車の価格情報や、口コミ評価の内容も見逃せません。


最新の投稿


ヘッドライト磨きで黄ばみもすっきりクリア!おすすめ商品もご紹介!

ヘッドライト磨きで黄ばみもすっきりクリア!おすすめ商品もご紹介!

ヘッドライトの曇りや黄ばみは、車の印象を左右する大きな要因となります。いくら車を磨き上げても、ヘッドライトが曇っていたりすると気になる方も多いのではないでしょうか?今回は、ヘッドライトをすっきりクリアにするためのヘッドライトの磨き方について、説明していきます。


ドライブを楽しめるゲームソフト厳選6本!休み中にバーチャル旅行へGO!

ドライブを楽しめるゲームソフト厳選6本!休み中にバーチャル旅行へGO!

まだまだお出かけのしにくい状況が続く昨今。国内はおろか、海外旅行なんて夢のまた夢ですよね。いつになったらまた気軽に海外へ出かけられるのか見当もつかない今だからこそ、注目したいのがゲーム内の世界でバーチャル旅行を楽しむこと。ストーリーを進めなくても、ゲーム世界をドライブするだけで楽しめる、そんな珠玉のゲームソフトをまとめてみましたので、お休み中のご予定にぜひバーチャル旅行を加えてみてください。


マツダ CX-30の燃費はいい?オーナーさんに聞いてみた結果!

マツダ CX-30の燃費はいい?オーナーさんに聞いてみた結果!

マツダのCX-30、超カッコいいSUVですよね!ですが、CX-30の燃費ってどんな感じなんでしょうか。特に、CX-30にはスカイアクティブXとディーゼルとガソリンと言う3種類のエンジンがあって、その比較も気になります。今回は、実際の燃費はどうなのかユーザーさんの声を拾ってみます!


スズキ ワゴンRとワゴンR スティングレーそれぞれの特徴を徹底解説!

スズキ ワゴンRとワゴンR スティングレーそれぞれの特徴を徹底解説!

スズキのワゴンRは多くの人に親しまれている軽トールワゴンです。その歴史は1993年まで遡ります。長い歴史を持つワゴンRにスティングレーがラインナップされ、ますます好調な売れ行きを記録しています。本記事ではスズキのワゴンRとスティングレーを比較、それぞれの魅力を解説していきます。


トヨタ シエナってどんな車?ライバル車比較や中古車情報も!

トヨタ シエナってどんな車?ライバル車比較や中古車情報も!

国内では2019年生産終了となったエスティマ。まだ海外では継続販売されていますが、そのエスティマの後継モデルとして製造販売されているのが「シエナ」です。あまり日本では馴染みのないシエナ。本記事ではシエナがどういう車か紹介します。