トップへ戻る

【最新版】マツダ CX-3|使いやすさとデザインの妙

【最新版】マツダ CX-3|使いやすさとデザインの妙

マツダのCX-3は、絶妙なサイズ感と卓越したデザインの光る個性的なクロスオーバーSUVです。その快適な室内空間と乗り心地、パフォーマンスと燃費性能はCX-3だけの魅力です。今回はそのマツダ CX-3の魅力について解説していきます。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


マツダ CX-3の最新情報

マツダ CX-3 100周年特別記念車

マツダ CX-3 100周年特別記念車

マツダのクロスオーバーSUV、CX-3にはマツダの前身である東洋コルク工業の創業から100周年を迎える2020年に100周年を祝した特別仕様車が用意されています。

100周年特別記念車には、マツダ初の量産型四輪乗用車であるR360クーペに用意されていた、クリーム色のボディに鮮やかな赤色のルーフとインテリアという組み合わせからインスピレーションを受けた、スノーフレイクホワイトパールマイカのボディと、赤と白を組み合わせてカラーコーディネートされたインテリア、創立100周年スペシャルロゴ入りヘッドレスト、センターホイールキャップ、キーフォブなど、他とは異なる魅力満載です。

尚、この特別仕様車の受注期間は、2020年4月3日から2021年3月31日までです。

また、100周年特別記念車とは別のトピックとして、6月4日より新たに、ポリメタルグレーメタリックのボディカラーが追加されたほか、新たに1.5Lガソリンエンジン車もラインナップされています。

マツダ CX-3とは

マツダ CX-3

マツダ CX-3

マツダ CX-3とはマツダが製造販売を行っているクロスオーバーSUVで、快適な室内空間および乗り心地、そしてパフォーマンスや燃費性能など、魅力にあふれた車です。

CX-3のエンジンは、ディーゼルとガソリンの2種類が用意されており、2014年11月19日に世界初公開、発売開始は2015年2月27日です。

日本国内での発売当初は、1.5リッターのディーゼルエンジン車のみの設定でしたが、2017年6月から2.0リッターのガソリンエンジンが追加され、2018年5月の改良ではディーゼルエンジンが1.8リッターのものに変更になったほか、2020年5月からは1.5リッターのガソリンエンジン仕様も導入されました。

CX-3の外装

CX-3の外装は、マツダ車共通のデザインテーマでもある「魂動-SOUL of MOTION」を最もスタイリッシュに表現したデザインのひとつです。

塊感を持つ両サイドとこれらに対比させる伸びやかなキャビン、タイヤをボディ四隅に配置して、短いオーバーハングによりコンセプトカーを思わせる存在感あるこだわりの外観デザインが魅力といえましょう。

”走行しているCX-3を見かけたときに、他のどのクルマにも似ていない流れるような美しいサイドヴューに一目惚れしたのがきっかけです。”

ネットの口コミサイトを見てみると、CX-3のデザインに一目ぼれしたユーザーも多くいる様です。

CX-3の内装

CX-3の内装は、斬新な外観デザインに呼応する世界観と先鋭的でありながら上質なインテリアデザインになっているのが特徴です。

空間造形の統一感や素材の質感、色の合わせ方などに徹底的なこだわりを感じさせる、室内は包み込まれるような印象と開放感を同時に味わえる空間づくりが行われていて、外観の高めのベルトラインとの繋がりをより深く感じさせてくれます。

CX-3の安全性能

CX-3は、マツダの安全思想でもあるマツダ・プロアクティブ・セーフティに基づき、ドライバーが安全であると同時に安心して運転できる状態をサポートする安全性能を持ちます。

アクティブセーフティは、交通事故などのリスクを認識を支援して被害の低減を図り様々な走りの中で常に安心して走りを楽しめるように先進安全技術のアイ・アクティブセンスを搭載しています。

高強度・安全ボディのSKYACTIV-BODYをベースに、シートベルト・エアバッグシステムなどのパッシブセーフティ技術、歩行者保護性能のボディデザインなどの事故発生時の被害軽減技術が採用されているなどの特徴を持ちます。

CX-3の詳細スペック

マツダ CX-3 改良新型のガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」

マツダ CX-3 改良新型のガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」

現行のCX-3の日本仕様車は、1.5リッターガソリンエンジンのSKYACTIV-G 1.5、2.0リッターガソリンエンジンのSKYACTIV-G 2.0、そして1.8リッターディーゼルエンジンのSKYACTIV-D 1.8の3種類の設定があります。

1.5リッターガソリンエンジンはP5-VPS型を搭載、グレードは15Sと15S Touringの2タイプ、2.0リッターガソリンエンジンはPE-VPS型を搭載、グレードは20S PROACTIVEと20S Exclusive Modsの2タイプ、1.8リッターディーゼルエンジンはS8-DPTS型を搭載、グレードはXDおよびXD PROACTIVE S PackageとXD Exclusive Modsの3タイプです。

いずれも2輪駆動(FF)および4輪駆動(i-ACTIV AWD)の設定です。

各モデルの詳細スペックは下記の表にまとめていますが、それ以外の項目として、18インチ(215/50R18)タイヤとアルミホイールが、2.0リッターガソリン車と1.8リッターディーゼル車の全グレードに標準装備されます。

SKYACTIV-G 1.5搭載車

 
【マツダ CX-3 15S】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,275mm×1,765mm×1,550mm
ホイールベース2,570mm
最大乗車定員5名
車両重量1,210kg
燃費WLTCモード:17.0km/L
エンジン種類水冷直列4気筒DOHC16バルブ
最高出力82kW(111PS)/6,000rpm
最大トルク

144N・m(14.7kgf・m)/4,000rpm

駆動方式2WD(FF)
トランスミッション6EC-AT
(2020年6月現在 マツダ公式サイトより)

SKYACTIV-G 2.0搭載車

 
【マツダ CX-3 20S PROACTIVE S Pakage】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,275mm×1,765mm×1,550mm
ホイールベース2,570mm
最大乗車定員5名
車両重量1,250kg
燃費WLTCモード:16.0km/L
エンジン種類水冷直列4気筒DOHC16バルブ
最高出力110kW(150PS)/6,000rpm
最大トルク

195N・m(19.9kgf・m)/2,800rpm

駆動方式2WD(FF)
トランスミッション6EC-AT
(2020年6月現在 マツダ公式サイトより)

SKYACTIV-D 1.8搭載車

 
【マツダ CX-3 XD】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,275mm×1,765mm×1,550mm
ホイールベース2,570mm
最大乗車定員5名
車両重量1,300kg
燃費WLTCモード:20.0km/L
エンジン種類水冷直列4気筒DOHC直噴ターボ
最高出力85kW(116PS)/4,000rpm
最大トルク

270N・m(27.5kgf・m)/1,600-2,600rpm

駆動方式2WD(FF)
トランスミッション6EC-AT
(2020年6月現在 マツダ公式サイトより)

CX-3の全グレード、価格や燃費を徹底紹介!

マツダ CX-3

マツダ CX-3

CX-3のグレードはいくつあるの?それぞれの新車価格は?燃費は?といったことが気になっている方も多いかと思いますので、それぞれ詳しく見ていきましょう。

ガソリンエンジン車

CX-3のガソリン車は1.5リッターと2.0リッターの2タイプが用意されていて、2輪駆動と4輪駆動が全グレードで選択できます

先に登場していたディーゼルエンジン程のトルクはないものの、癖のない扱いやすいガソリンエンジンはディーゼルエンジン車同等グレード比で50kgほど軽い車両重量と相まって、走行性能は必要十分。6速ATトランスミッションとの相性も良く、快適なツーリングに使えるモデルとなっています。

”1ヶ月ぐらい経ち 2000Km 以上乗りましたが、いろいろついている機能もなかなか便利に使え、山道もストレスなく走れ、シート生地の材質以外は、気に入らないこともなく良い感じです。”

口コミサイトを見てみると、乗り心地についても高評価の様です。

CX-3 15S

CX-3 15Sには、2WD仕様と4WD仕様があります。 まず、2WDは燃費はリッターあたり17.0km(WLTCモード)、新車での車両価格は1,892,000円(税込)となっています。

続いて4WDです。燃費はリッター当たり15.7km(WLTCモード)、新車価格2,122,200円(税込)となっており、共にこのクラスのガソリン車の中ではローコストの位置づけです。

CX-3 15S Touring

CX-3 15S Touringにも2WD仕様と4WD仕様があります。
2WD仕様では、燃費はリッターあたり17.0km(WLTCモード)、新車での車両価格は1,991,000円(税込)です。

続いて4WDはの燃費はリッター当たり15.7km(WLTCモード)、新車での車両価格は2,221,200円(税込)です。

CX-3 20S PROACTIVE S Package

CX-3 20S PROACTIVE S Packageにも2WDと4WDが存在します。
2WDの燃費はリッターあたり16.0km(WLTCモード)、新車での車両価格は2,486,000円(税込)です。

続いて4WDの燃費です。リッター当たり15.2km(WLTCモード)、新車での車両価格は2,716,200円(税込)です。

CX-3 20S Exclusive Mods

ガソリン車の最後はCX-3 20S Exclusive Modsです。2WDの燃費はリッターあたり16.0km(WLTCモード)、新車での車両価格は2,657,600円(税込)です。

4WDの燃費はリッターあたり15.2km(WLTCモード)、新車価格は2,887,800円(税込)、となっており、ガソリン車の中では最高グレードの位置づけとなっています。

ディーゼルエンジン車

CX-3のディーゼルエンジン車は1.8Lのみですが、XD/XD PROACTIVE S Package/XD Exclusive Modsの3タイプになります。

ディーゼルエンジン搭載モデルの最大のメリットはなんと言っても燃費性能の向上。低燃費で知られるSKYACTIV-Gガソリンエンジンのモデルに比べて、更に2から3割程度燃費が向上するほか、ディーゼルエンジン車が使用する燃料である軽油はレギュラーガソリンより安いのもうれしいポイントです。

”FFディーゼルなのでフロントの重さは感じますが、ステアリングの味付けが絶妙でコーナリングで思い通りのラインをトレースできます。直進安定性も高いです。

ナチュラルサウンドスムーザー無しですが巡航時の静粛性は中々です。踏み込めば独特のディーゼルサウンドともに大トルクで加速します。これに慣れるとガソリン車には戻れません。”

このサイズの車としてはそれなりに高価格な車かと思いますが、レーダークルーズコントローラーを装着すると、このクラスでは最も高い安全性を備えた唯一の存在となります。
エクステリア、インテリアを含めて、またガソリン車など蹴散らすディーゼルならではのトルクフルな走りといい、満足度の高い1台です。

気になる走行性能ですが、1.8リットルディーゼルエンジンのもたらす、トルクフルな重厚感ある走りに魅了されるユーザーも多い様です。

CX-3 XD

CX-3のXDは2輪駆動および4輪駆動の2タイプ、それぞれにオートマ仕様車とマニュアル仕様車が用意されているのが特徴です。

WLTCモードでの燃費はグレードにより異なりますが、リッターあたり20.0km〜23.2kmとなっています。

新車での車両価格は、2輪駆動車はオートマ仕様、マニュアル仕様ともに2,492,600円、4輪駆動車はオートマ仕様、マニュアル仕様ともに2,722,800円です。(いずれも税込み価格)

CX-3 XD PROACTIVE S Package

CX-3 XD PROACTIVE S PackageもXDと同じく、2輪駆動および4輪駆動の2タイプが用意されていて、それぞれにオートマ仕様車とマニュアル仕様車の設定があります。

WLTCモードでの燃費はグレードにより異なりますが、リッターあたり19.0km~23.2kmの性能を持ちます。

新車での販売価格は2輪駆車はオートマ仕様、マニュアル仕様ともに2,789,600円、4輪駆動車はオートマ仕様、マニュアル仕様ともに3,019,800円です。(いずれも税込み価格)

CX-3 XD Exclusive Mods

CX-3 XD Exclusive Modsは、2輪駆動および4輪駆動の2タイプの設定がありますが、トランスミッションタイプはオートマ仕様車のみです。

WLTCモードでの燃費は2輪駆動がリッターあたり20.0km、4輪駆動がリッターあたり19.0km、車両販売価格は2輪駆動が2,932,600円で4輪駆動が3,162,800円です(いずれも税込み価格です)。

CX-3 中古車相場は?ガソリン・ディーゼル別

マツダ CX-3 100周年特別記念車

マツダ CX-3 100周年特別記念車

CX-3は、新車での販売価格は1,892,000円から3,415,800円(税込)、中古車ではどのくらいの相場になるのか気になる人も多いのではないでしょうか。

こちらでは、ガソリン車とディーゼルエンジン車の中古市場での相場をご紹介します。

CX-3の中古ガソリンエンジン車

CX-3のガソリンエンジン車には1,500ccと2,000ccの2タイプあり、価格帯については、発売から間もない1,500cc車はまだ中古車情報がなく、2,000ccは119.8万円~260.7万円です。

CX-3の中古ディーゼルエンジン車

CX-3のディーゼルエンジン車の価格帯は、83.8〜279.0万円です。

まとめ

マツダ CX-3

マツダ CX-3

今回はマツダのCX-3の魅力をお伝えしました。

マツダのCX-3に既に乗っている方もこれから購入を検討している方も、 マツダのCX-3の新たな魅力に気付いていただけたのではないでしょうか?

関連するキーワード


マツダ 車種情報 CX-3

関連する投稿


【これで納得】デミオとマツダ2の全てをご紹介!

【これで納得】デミオとマツダ2の全てをご紹介!

マツダのBセグメントコンパクトカーマツダ2は、ついこの間までデミオと呼ばれていました。そこで、なぜ名前が変わったのか?名前以外に違いはあるのか?そして新車のマツダ2と、中古車で購入できるデミオはどんな車なのかを詳しくご紹介していきます。


マツダのSUVシリーズを徹底比較!自分に合った車はどれ?!

マツダのSUVシリーズを徹底比較!自分に合った車はどれ?!

マツダが力を入れるSUVシリーズは、12月17日のCX-30の商品改良によって、全シリーズの新型が出揃いました。そこで、マツダのどのSUVが自分にピッタリなのか分かるように、様々な角度から比較してみました。


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


おすすめのマニュアル車5選!運転を知的ゲームに変える?!

おすすめのマニュアル車5選!運転を知的ゲームに変える?!

今や、世の中のクルマのほとんどがオートマ車になってしまいました。でも、まだまだマニュアル車も様々なモデルが発売されています。 運転を奥深く、知的なゲームにしてしまう、おすすめのマニュアル車をご紹介いたします!


惜しまれつつ消えたマツダ プレマシー|中古車情報、後継車は?

惜しまれつつ消えたマツダ プレマシー|中古車情報、後継車は?

1999年に5ナンバー車としてマツダファミリアをベースに開発され、ミニバンとして登場した車がマツダ プレマシーでした。その後、幾たびか変更を加えながら3代目まで進化しながら販売されましたが、2018年に製造販売が終了になりました。今回はこのプレマシーを見てみましょう。


最新の投稿


軽自動車と普通自動車の違いは?あなたに合うのはどっち?

軽自動車と普通自動車の違いは?あなたに合うのはどっち?

ボディサイズも大きく、装備も充実した軽自動車が増えてきた現在、普通自動車との境界線が以前ほどははっきりとしなくなってきました。では、軽自動車と普通自動車の違いは何でしょうか。今回は、法律上の定義から、それぞれの特徴やメリットをまとめました。


ポルシェの代名詞カレラ|最新のカレラ情報も解説!

ポルシェの代名詞カレラ|最新のカレラ情報も解説!

ポルシェと言えばカレラと言うほど名前のインパクトは強いですが、カレラは車種名ではなくポルシェの作る車のグレード名です。カレラにはいくつかのモデルが存在しています。今回は、このポルシェ・カレラの各モデルの違いや特徴についてご説明していきましょう。


車両火災の原因はなに?覚えておきたい、いざというときの対処法!

車両火災の原因はなに?覚えておきたい、いざというときの対処法!

絶対に起きてほしくはないことではありますが、自動車が車両火災によって黒コゲになってしまったショッキングな映像をニュースなどでも見かけますよね。発生する確率は高くはないものの、高温にさらされる部品が多い上に燃料を積んでいる自動車では、車両火災は起こってしまうと取り返しのつかない結果になってしまうことも。原因を知って、悲しい事故を未然に防いでいきましょう。


レッカー移動の気になる費用は?レッカー車の運転に必要な免許って?

レッカー移動の気になる費用は?レッカー車の運転に必要な免許って?

子どもの頃、レッカー車の存在感に憧れていた方も多くいらっしゃることと思います。普段はお世話になることはなくても、愛車の調子が悪くなった時にこそ頼れるレッカー車は、大人にとってもありがたい特別な存在ですよね。そんなレッカー車、近くで見る機会もなかなかありませんし、実際利用するとどれくらい費用がかかるのか気になりませんか? 詳しくご紹介していきます。


車がスタックした!?焦らないためにも、原因と対処法を知ろう

車がスタックした!?焦らないためにも、原因と対処法を知ろう

積雪を紹介するニュース映像などでよく見かける、道路上でスタックしてまった車。これは雪国だけの問題ではなく、近年では普段雪が降らない地域であってもドカ雪が降ってしまうような異常気象も多発しており、車がスタックしてしまう原因や対処法について温暖な地域の方でも知っておきたいところです。起こってほしくはないですが、落ち着いて対処するためにも、この記事で予習しておきましょう。