トップへ戻る

販売絶好調!ヤリスファミリーのどこが魅力?ライバルは?

販売絶好調!ヤリスファミリーのどこが魅力?ライバルは?

2020年2月発売のヤリスを皮切りに、GRヤリス、ヤリスクロスと、「ヤリスファミリー」が広がっています。3台それぞれが各セグメントで確固たる人気を獲得していることもあって、2021年に入ってからも登録者国内販売台数の首位を堅持し続けている「ヤリスファミリー」の魅力は一体どこなのか、ライバルと比べてどうなのか、詳しく探っていきましょう。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


売れまくりの「ヤリスファミリー」、基本情報をチェック

《画像提供:Response 》トヨタ ヤリス(右)、ヤリスクロス(左)

5ドアコンパクトハッチバックの「ヤリス」、コンパクトSUVの「ヤリスクロス」、スポーツハッチの「GRヤリス」と、ヤリスの車名を持つ3台で構成される「ヤリスファミリー」は、日本国内の新車販売台数ランキングを席巻しています。

普通車としては2020年暦年と2020年度のどちらともで販売台数首位を獲得しており、2021年に入ってからも7月まで首位を独走しているヤリスファミリーは、2020年に登場して以降、知らぬ人はいないほどの車名へと急成長しました。

そんなヤリスファミリー、一体どこがそこまでの魅力なのでしょうか? ファミリーそれぞれにはっきりとした個性と強みがありますので、それぞれご紹介していきます。

ヤリス:ベーシックながら完成度高し!ファミリーの基本

《画像提供:Response 》トヨタ ヤリス

トヨタ ヴィッツとして1999年にコンパクトカークラスに革命を起こしてから20年あまり、それまで海外仕様向けに用いられていたヤリスという車名に国内でも統一され、コンセプトがガラッと変わったのが「ヤリス」です。

最もベーシックな5ドアコンパクトカーという立ち位置でありつつ、先代であるヴィッツやライバル車と比べても明確にスポーティでシャープなイメージに生まれ変わったヤリスは、実用性と趣味性、さらにお求めやすさまで含めた高次なバランス感覚が魅力的です。

特にヤリスは、小型車向けの新プラットフォーム「GA-Bプラットフォーム」を初採用するなどしており、コンパクトながらしっかりとした乗り味と高い走行性能、優れた乗り心地が大きな特徴。その特徴は、自動車の本場である欧州でカーオブザイヤーを受賞したことからも伝わってきますよね。

《画像提供:Response 》トヨタ ヤリス

よりシャープなイメージに転換されたエクステリアですが、インテリアはヴィッツの伝統を受け継ぎ、賢い収納が満載の使い勝手がうれしいところです。

さらに新たに前席それぞれが車両外側に回転するので乗り降りがしやすい「ターンチルトシート」や、運転席の前後スライド位置を記憶させておくことができるので便利な「運転席イージーリターン機能」など、どちらもトヨタ初という画期的な仕組みが用意されるなど、毎日使う車だからこそうれしい気遣いもヤリスの特徴でしょう。

それだけでなく、シリーズの中でも最も軽量かつコンパクトという特徴を活かし、ハイブリッド車は世界トップクラスの低燃費も実現。最も低燃費なグレードではWLTCモード燃費で36.0km/Lと、なんとハイブリッド専用車のプリウスを凌ぐ低燃費が実現されている点も、ヤリスの高い経済性を支えています。

トヨタ ヤリスのスペック

【トヨタ ヤリス ハイブリッドG 2WD】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,940mm×1,695mm×1,500mm
ホイールベース2,550mm
最大乗車定員5名
車両重量1,060kg
燃費WLTCモード:35.8km/L
エンジン種類直列3気筒ガソリンハイブリッド 1,490cc
エンジン最高出力67kW(91PS)/5,500rpm
エンジン最大トルク120N・m(12.2kgf・m)/3,800-4,800rpm
モーター種類交流同期電動機
モーター最高出力59kW(80PS)
モーター最大トルク141N・m(14.4kgf・m)
駆動方式前輪駆動(FF)
トランスミッション電気式無段変速機
新車価格1,936,364円(消費税抜)
(2021年8月現在 トヨタ公式サイトより)

ヤリスクロス:SUVにもヤリスの風、都会派な佇まい

《画像提供:Response 》トヨタ ヤリスクロス

基本的にはコンパクトハッチバック車やコンパクトセダンにつけられてきたヤリスという車名ですが、2020年に初登場したのがSUVのヤリス、「ヤリスクロス」。ヤリスとも共通性を感じさせつつ、独自性もしっかり感じさせる上手いさじ加減の都会派SUVで、一躍人気車種となっています。

ヤリスシリーズの販売台数の半数近くをヤリスクロスが担っているとされており、新入りながらヤリスシリーズの躍進を大いに支えているということになりますね。

SUVブームということもあって、市場にはすでにライバルが多数。そのためヤリスクロスは、コンパクトなサイズながらより洗練されたイメージと、クラスを超えた豪華装備の数々を武器として確立しており、なかなか直接的なライバルが浮かびにくいような孤高の存在となっています。

《画像提供:Response 》トヨタ ヤリスクロス

国内市場向けには5ナンバーサイズにギュッと凝縮されたヤリスと異なり、ヤリスクロスはより伸びやかな3ナンバーボディを採用。そのおかげもあって、前席重視の姿勢が鮮やかなヤリスと違って後席も使い勝手が良いほか、荷室容量もクラストップレベルと余裕があります。

SUVらしいアクティブな使い方にもしっかり対応する懐の深さが、ヤリスクロスが登場するや否やヒットした理由のひとつでしょう。

ややヤリスより上級扱いということもあって、全車で電動パーキングブレーキを標準装備していたり、まだまだコンパクトクラスでは採用の少ないパワーバックドアが用意されていたりと、より大型のSUVからダウンサイズしても不満の出ない充実の商品性も、ヤリスクロスの特徴です。

トヨタ ヤリスクロスのスペック

【トヨタ ヤリスクロス ハイブリッドG 2WD】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,180mm×1,765mm×1,590mm
ホイールベース2,560mm
最大乗車定員5名
車両重量1,170kg
燃費WLTCモード:30.2km/L
エンジン種類直列3気筒ガソリンハイブリッド 1,490cc
エンジン最高出力67kW(91PS)/5,500rpm
エンジン最大トルク120N・m(12.2kgf・m)/3,800-4,800rpm
モーター種類交流同期電動機
モーター最高出力59kW(80PS)
モーター最大トルク141N・m(14.4kgf・m)
駆動方式前輪駆動(FF)
トランスミッション電気式無段変速機
新車価格2,176,364円(消費税抜)
(2021年8月現在 トヨタ公式サイトより)

GRヤリス:ラリーウェポンを公道で味わう贅沢!

《画像提供:Response 》トヨタ GRヤリス

先代までと異なり海外向けも含めて5ドア専用となったヤリスに代わって、新たに3ドアのスポーツ担当となったのが「GRヤリス」。これまでも欧州仕立てのスポーティグレード「RS」がヴィッツに設定されていたこともあるものの、GRヤリスは、ヤリスの1グレードでは片付けられないような本気のスポーツカーとなっています。

よりお求めやすい1.5リッターエンジンとCVTに前輪駆動を組み合わせたRSグレードもあるものの、注目は272PSを発揮する1.6リッター直列3気筒ターボエンジンと専用のスポーツ4WDシステム「GR-FOUR」を組み合わせたパワートレイン。ヤリスが参戦し続けているWRCのようなラリー競技にもそのまま出場できるかのような、公道では持て余すほどの高性能です。

さらに、3ドアのボディは後半部から標準のヤリスとは大きく異なる寝かせられたルーフラインや張り出したフェンダーを持つなど、WRC参戦のホモロゲーションモデルとして、実戦で勝つための工夫がさまざまな部分で見られるのも、ファンの心をくすぐる部分ですよね。

《画像提供:Response 》トヨタ GRヤリス

残念ながら2020年の開発期間をコロナ禍が直撃したこともあってか、当初予定されていたGRヤリスによる2021年シーズンからのWRCデビューは中止となっており、今年も旧型ヤリスベースのラリーカーが使用されているのですが、それでもトヨタが本気を出して作ったラリーウェポンを公道で味わうことができるというのは、限られたオーナーだけが楽しめるこれ以上ない贅沢といえるでしょう。

ここまで競技意識で作られたGRヤリスながら、新型車らしくトヨタセーフティセンスがメーカーオプション設定されており、選択すればプリクラッシュセーフティやレーダークルーズコントロールが利用できてしまうというのも、これまた贅沢ですよね。

RSは200万円台に抑えられているものの、ターボエンジンとGR-FOURを備える上位グレードでは300万円台後半から400万円台と、ヤリスらしからぬ価格とはなっているGRヤリス。しかしその内容を思えばバーゲン価格と思えるほどで、ここまでのハードコアモデルながら販売は好調のようです。

トヨタ GRヤリスのスペック

【トヨタ GRヤリス RZ“ハイパフォーマンス”】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,995mm×1,805mm×1,455mm
ホイールベース2,560mm
最大乗車定員4名
車両重量1,280kg
燃費WLTCモード:13.6km/L
エンジン種類直列3気筒ガソリンターボ 1,618cc
エンジン最高出力200kW(272PS)/6,500rpm
エンジン最大トルク370N・m(37.7kgf・m)/3,000-4,600rpm
駆動方式四輪駆動(4WD)
トランスミッション6速MT
新車価格4,145,455円(消費税抜)
(2021年8月現在 トヨタ公式サイトより)

ヤリスファミリーの魅力はどこにあるのか?徹底解説

《画像提供:Response 》トヨタ ヤリス

ヤリスファミリーの3台をご紹介してきましたが、それぞれの特徴はさておき、ヤリス全体として統一された魅力がしっかりあることにもぜひ注目しておきたいところです。

ヤリスファミリーに共通の魅力を、詳しくご紹介していきます。

洗練の内外装デザイン

《画像提供:Response 》トヨタ ヤリス(手前)、ヤリスクロス(奥)

ややボテっとした印象もあったヴィッツに比べ、贅肉が削ぎ落とされたシャープさと、ふくよかな曲面が組み合わされたスポーティかつ洗練されたデザインは、ヤリスファミリー全体に共通する大きな特徴です。

実用性重視で箱っぽくなりがちなコンパクトカーながら躍動感を感じさせるヤリス、輸入車のようなオーラがあるヤリスクロス、競技向け車の迫力と上質感を両立したGRヤリスと、それぞれ方向性は異なっているものの、洗練されたデザインが採用されている点は共通していますよね。

エクステリアだけでなく、インテリアも広々感のあるデザインとふくよかな曲線が多用されており、ゆったりと落ち着ける空間が実現されています。毎日運転することも多いコンパクトクラスの車だけに、重要視したいところですよね。

充実の安全装備

《画像提供:Response 》トヨタ ヤリス アドバンストパーク機能

先進の安全装備は高級大型車のみの特権で、小型車は旧型システムで我慢、なんて時代はもう終わりを告げており、ヤリスファミリーは小型ながら最新鋭の予防安全システムと運転支援システムが幅広く標準装備される点も特徴的です。

特に、プリクラッシュセーフティの交差点右折時シーンでの対向車や対向方向からの横断歩行者への対応はトヨタとしても初採用であり、まさに最新鋭のシステム。街中での交通事故リスクを低減してくれるので、ヤリスファミリーのような性格の車に備わっていると非常に安心感がありますね。

さらにこちらもヤリスへの搭載がトヨタ初の設定だったのが、面倒な駐車シーンでもドライバーが担当するのはシフト操作のみで、アクセル・ブレーキ・ハンドル操作まで車任せにできる「トヨタ チームメイト(アドバンストパーク)」。

区画線がある駐車スペースへの対応はもちろん、自宅の駐車スペースなど線がない場所でもメモリ機能で使用ができるのは世界初のことで、コンパクトカーだからといって装備をいたずらに削らないトヨタのヤリスへの本気度が感じられますね。

リーズナブルな価格設定

《画像提供:Response 》トヨタ ヤリスクロス

これだけの魅力的な車ながら、幅広い価格設定によってリーズナブルさも感じられる点がヤリスファミリーの大きな特徴です。

ヤリスでは最廉価グレードならなんと税抜で120万円台から、ヤリスクロスで160万円台から、GRヤリスで240万円台からという価格設定は、魅力的な商品性を思えばバーゲン価格といえるでしょう。

もちろん最廉価グレードではトヨタセーフティセンスが備わらないなど、現実的には少し選びにくさもある点は注意が必要ですが、ひとつ上の選びやすいグレードであってもまだまだお買い得感が感じられます。

【ガチンコ対決】ヤリスファミリー各車をライバル車と比較

トヨタ ヤリス vs ホンダ フィット:両極端なキャラクター

ホンダ フィット クロスター

トヨタとホンダ、それぞれが主力とするコンパクトカーの2台であるヤリスとフィットが、それぞれ同じ2020年にフルモデルチェンジで生まれ変わったことはまだ記憶に新しいですよね。

明確にスポーティでシャープな印象にイメージチェンジしたヤリスとは正反対に、フィットは先代のシャープさが抑えられ、よりゆったりとしたシンプルなデザインを特徴としています。また、ヤリスクロスほどのSUV感ではないものの、アクティブな雰囲気の「クロスター」グレードも人気です。

キャラクターラインが減ったフィットのフォルムはより伸びやかな印象で、各ピラーが細く設計されていることで室内からの見晴らしも良好です。

センタータンクレイアウトなど実用性に優れたゆとりの室内空間というフィットの特徴は受け継ぎつつ、スタイルや装備の好みに合わせて5タイプから選べる幅広いラインナップを用意するなど、ホンダらしい独創性も感じられますね。

乗り込んで走り出してもその印象は変わらず、ガッチリとしてキビキビと走れるヤリスと、ゆったりと落ち着いた印象のフィットと、そのキャラクターはもはや両極端といえるかも。

コンパクトカークラスながら、お好みに合わせてここまで個性の異なる車が選べるというのは、幸せなことといえそうです。

ホンダ フィットのスペック

【ホンダ フィット e:HEV HOME FF】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,995mm×1,695mm×1,540mm
ホイールベース2,530mm
最大乗車定員5名
車両重量1,190kg
燃費WLTCモード:28.6km/L
エンジン種類直列4気筒ガソリンハイブリッド 1,496cc
エンジン最高出力72kW(98PS)/5,600-6,400rpm
エンジン最大トルク127N・m(13.0kgf・m)/4,500-5,000rpm
モーター種類交流同期電動機
モーター最高出力80kW(109PS)/3,500-8,000rpm
モーター最大トルク253N・m(25.8kgf・m)/0-3,000rpm
駆動方式前輪駆動(FF)
トランスミッション電気式無段変速機
新車価格1,925,000円(消費税抜)
(2021年8月現在 ホンダ公式サイトより)

トヨタ ヤリスクロス vs 日産 キックス:「買い」はどっち?

日産 キックス

ライバル車多数のコンパクトSUVクラスの中でも、サイズ的にヤリスクロスとかなり近い存在となるのが日産 キックス。国内では2020年に販売が開始されたこともあって、ヤリスクロスと比較検討している方も多いかもしれません。

ハイブリッドだけでなく1.5リッターガソリンエンジンも選択できるヤリスクロスと異なり、キックスに設定されているのは1.2リッターハイブリッドの「e-POWER」のみ。先行して発売されている海外向けではガソリン車もあるのですが、あえてラインナップを絞り込んでの投入となりました。

国内ではまだまだ新型車ですが、海外では現行型キックスのデビューは2016年とベテラン級。世界初公開の場となったブラジルでは、なんと2016年のリオデジャネイロ五輪のオフィシャルカーとしても採用されていたとのことです。

国内仕様向けにはプロパイロットを標準装備するなど改良が入っているものの、コンパクトクラスでも採用が広がるヘッドアップディスプレイの設定がないなど、室内の仕立てなどはやや古さも感じられるかもしれません。

またキックスは事実上、上級グレード扱いのXのモノグレード設定となっており、e-POWER専用ということも相まってエントリー価格でも税抜で250万円台からとかなりお高め。さらに、同じくe-POWER専用モデルになったノートには4WD仕様も設定されるのに対し、キックスでは2WD仕様しか選択ができません。

ヤリスクロスと比べると、より上級な装備が勢揃いするハイブリッドZグレードでもまだキックスのXグレードより安いほか、ハイブリッドでも4WDが選べるなど、少なくともカタログ上ではキックスの劣勢が目立ちます。

日産 キックスのスペック

【日産 キックス X】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,290mm×1,760mm×1,610mm
ホイールベース2,620mm
最大乗車定員5名
車両重量1,350kg
燃費WLTCモード:21.6km/L
エンジン種類直列3気筒ガソリンハイブリッド 1,198cc
エンジン最高出力60kW(82PS)/6,000rpm
エンジン最大トルク103N・m(10.5kgf・m)/3,600-5,200rpm
モーター種類交流同期電動機
モーター最高出力95kW(129PS)/4,000-8,992rpm
モーター最大トルク260N・m(26.5kgf・m)/500-3,008rpm
駆動方式前輪駆動(FF)
トランスミッション-
新車価格2,509,000円(消費税抜)
(2021年8月現在 日産公式サイトより)

トヨタ GRヤリス vs スズキ スイフトスポーツ:ホットハッチ対決!

スズキ スイフトスポーツ

GRヤリスで注目のターボエンジン搭載グレードは、より廉価なRZグレードでも税抜で360万円からという価格設定で、コンパクトカーとしてはかなりお高め。その点、1.5リッターエンジンとCVT、FF仕様となるRSグレードなら税抜で約241万円からと手が届きやすくなります。

そんなGRヤリス RSグレードでも、超絶コスパのスズキ スイフトスポーツと並ぶと価格面では歯が立ちません。スイフトスポーツはモノグレード設定で、MTとATで価格に細かな違いはあるものの、どちらも税抜価格で180万円台と、200万円を大きく下回るリーズナブルさ。さらに、GRヤリスのRSグレードでは選択できないマニュアルトランスミッションが選べるところもポイントです。

さらに、GRヤリスでは数十万円のメーカーオプションである予防安全装備ですが、スイフトスポーツならスズキセーフティサポートが標準装備される豪華っぷりで、スズキセーフティサポートをレスオプション選択すれば税抜価格は170万円台まで下がるなど、一見コスパでは勝ち目がないように思われます。

しかし、GRヤリスのRSグレードは、パワートレインこそより地味な仕様となっているものの、専用の3ドアボディや18インチのスポーツタイヤとアルミホイール、カーボンルーフにアルミ製のボディパネルと、上位グレード譲りの豪華装備が備わっている点を忘れてはいけません。

GR専用ライン「GRファクトリー」にて生産される組み付け精度の高さもあって、GRヤリスは乗り込むだけでもガッチリとした剛性感が感じられるはず。電動パーキングブレーキが備わるなど日常使いにはむしろRSグレードの方が適している面も多く、その走り味も高く評価されています。

数十万円分の価格差をどう見るかではありますが、GRヤリス随一のバーゲン価格仕様であるRSグレードも、独自の魅力が満載です。

スズキ スイフトスポーツのスペック

【スズキ スイフトスポーツ 2WD 6MT】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,890mm×1,735mm×1,500mm
ホイールベース2,450mm
最大乗車定員5名
車両重量970kg
燃費WLTCモード:17.6km/L
エンジン種類直列4気筒ガソリンターボ 1,371cc
エンジン最高出力103kW(140PS)/5,500rpm
エンジン最大トルク230N・m(23.4kg・m)/2,500-3,500rpm
駆動方式前輪駆動(FF)
トランスミッション6速MT
新車価格1,834,000円(消費税抜)
(2021年8月現在 スズキ公式サイトより)

まとめ

《画像提供:Response 》トヨタ ヤリス

ヤリスファミリーそれぞれの特徴と、ライバルと比較しての強みや弱みをご紹介してきました。普通車国内販売で首位を継続して獲得し続けるほどの人気の理由がきっとお分かりいただけたのではないでしょうか。

これまでヴィッツといえば人気ゆえに街中でもカブりまくり!という点が気になっていた方もいるかもしれませんが、新たにSUVのヤリスクロス、スポーツハッチのGRヤリスとファミリーが増えたことで、ヤリスの魅力はそのままに選択肢が広がった点が嬉しいポイントですね。

よくある質問

ヤリスファミリーとは?どの車のこと?

トヨタのラインナップ中でヤリスの名前を持つ車のことで、国内向けとしてはコンパクトハッチバックの「ヤリス」、コンパクトSUVの「ヤリスクロス」、スポーツハッチバックの「GRヤリス」の3台が挙げられます。

ヤリスファミリーは、どの車がどれくらい売れてるの?

2021年上期の記録としては、ヤリスが約49%、ヤリスクロスが約46%、GRヤリスが約4%程度の販売台数比率となっているようです。ベーシックなヤリスの人気は侮れないものの、ヤリスクロスの好調な売り上げが、ヤリスファミリーの国内販売を支えているという面もありそうですね。

関連する投稿


トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

シャープなデザインと優れた走行性能をひっさげて、ヴィッツに代わる新たな名前で登場した「トヨタ ヤリス」は、2020年のデビューから国内市場だけでなく世界的な人気を獲得しています。そんなヤリス、ハイブリッド車では世界トップレベルの低燃費を実現しているなど、その高効率性がハンパないことはご存知でしたか? 話題のハイブリッド車だけでなく、力強さのガソリン車まで含めて、ヤリスの燃費を分析していきます。


【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

今、トヨタのアルファードが人気沸騰中です。何と、発売から6年を経過したにもかかわらず、過去最高の販売実績を記録しているのです。そんなアルファードの人気の理由はどこにあるのでしょうか?そこで、今回はアルファードの魅力を徹底的に検証し、その人気の理由をご紹介します。


【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

ご家族が乗り込むことも多いファミリーカーに備わっているとうれしい装備といえば、後席用のスライドドアではないでしょうか。乗り降りがしやすく、荷物を載せるのにもうれしいスライドドアは、軽自動車から大型のミニバンまで選択肢も広くなっていますよ。この記事では、2021年8月現在のトヨタ車ラインナップのうち、スライドドアを持つ車をまとめてみましたので、次の愛車選びに役立ててみてください。


トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

2020年2月に発売されて以降、国産コンパクトカーの人気を牽引する立場を維持し続けているトヨタ ヤリス。お求めやすい価格帯ながら充実の機能と優れたデザインが印象的ですが、車の魅力は写真やカタログの数値では測り切れない部分もあるものですよね。そこで、実ユーザーや自動車評論家がヤリスに乗ってどのように感じたのかを、実燃費とともにチェックすることで、ヤリスの具体的な評価を確認していきましょう。


トヨタ ヤリスクロスはライバル多数でもまだ「買い」か?徹底比較!

トヨタ ヤリスクロスはライバル多数でもまだ「買い」か?徹底比較!

とどまるところを知らないSUVブームの中でも、特に人気が高く各メーカーがしのぎを削っているのはコンパクトSUVクラス。コンパクトSUVだけで3車種も用意するトヨタのラインナップの中でも、登場が最も新しく人気を牽引しているのが「ヤリスクロス」です。国産車だけでなく輸入車とも比較されるような完成度の高さが話題のヤリスクロス、登場から1年が経つ今も「買い」なのか調査しました。


最新の投稿


【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

世界的に需要の高い状態が続いているSUVジャンル。国産車の中でもズバ抜けた高級感と走行性能で高いステータス性を誇る高級車ブランド「レクサス」でも、バリエーション豊富にSUVをラインナップしています。2021年には人気のミドルクラスSUV「NX」の新型モデルも登場予定で、これからさらに盛り上がること間違いなしの、レクサスの最新SUV情報をまとめてみました。


原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

新車販売台数の陰りが囁かれる二輪車の世界でも、ここ最近密かにブームなのが「原付二種」ジャンル。通勤通学からお買い物まで普段使いにぴったりな原付二種は、性能と価格のバランスが取れており、ラインナップ拡大中の今こそ選びたい旬のバイクです。これから原付二種デビューしたい方のために、原付二種を運転するには必要な免許、その取得費用や期間はどれくらいかまで、詳しくまとめてみました。


【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

原付とは段違いの安定感と余裕のパワー、大型二輪よりも格段に扱いやすい車格とリーズナブルな価格で、人気の中型バイク。ひと昔前と比べるとバイク需要の縮小も囁かれますが、最新の中型バイクなら、乗用車さながらの高級装備も多数揃っているモデルも多く、満足度も満点です。毎日の生活にちょうどよい刺激をもたらしてくれるバイクデビューを、この記事でご紹介する中型バイクでしてみてはいかがでしょう。


【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

近年さらに人気が高まり続けている激戦の軽自動車業界で、軽自動車メーカーとして二大巨頭のスズキとダイハツに負けることなく、普通車思考の上質感を備えた魅力的な軽自動車の数々で大いにヒットを飛ばしているのがホンダです。初代N~BOXの登場から風向きの変わったホンダの軽自動車、人気の秘訣はどんなところにあるのでしょうか?ラインナップ全体をまとめましたので、ぜひ確認してみてください。


【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

日々のカーライフで便利に使えるスライドドア。ファミリーだけでなくビジネス向けの車でも人気の装備となっており、その便利さはお墨付きです。ホンダのスライドドア車は、乗り降りのしやすさや荷物の積み下ろしのしやすさはもちろんながら、ホンダらしい細やかな工夫もたくさん詰まっています。魅力的なホンダの現行スライドドア車を一堂にまとめてみましたので、ぜひ車選びの参考にしてみてください。