トップへ戻る

トヨタ ヤリスの中古が欲しい!中古価格帯やおすすめグレードまで解説

トヨタ ヤリスの中古が欲しい!中古価格帯やおすすめグレードまで解説

先代となるトヨタ ヴィッツから車名を改めて2020年に登場した「トヨタ ヤリス」。大幅に引き上げられた走行性能や燃費性能、充実した装備が人気で、販売台数ランキングでもヤリスファミリーが首位を独走しています。そんなヤリス、少しでも出費を抑えたい方なら中古車もぜひチェックしておきたいところですね。この記事では、中古価格帯やおすすめのグレードまで、詳しくご紹介していきます。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


珠玉の「トヨタ ヤリス」で我慢いらずのコンパクトカーライフ

トヨタ ヤリス

価格が安いから、燃費がいいからといった理由で選ばれることも多いコンパクトカー。乗り心地が悪かったり運転が楽しくなかったり安全装備が選べなくても仕方ない、なんとなく妥協の選択肢のようなイメージをお持ちの方も少なくないかもしれません。

しかし、「トヨタ ヤリス」は違います。ヤリスは、低廉な価格や低燃費といったコンパクトカーならではの魅力を高度に実現しつつ、指名買いしたくなるような独自の魅力がいっぱい。2020年の登場以降大人気を維持していることも納得です。

新プラットフォームによって軽量かつ高剛性なボディを持つヤリスは、優れた乗り心地でカーブでも安定感があり、まるで運転が上手くなったように感じられること間違いなし。それでいて「超」がつくような低燃費も実現されているので、ロングドライブのお供にもぴったりです。

魅力的なヤリスだけに、できるだけ価格を抑えて中古車を探しているという方も多いはず。そんな方のために、ヤリスの中古車情報と、その選び方のポイントをご紹介していきます。

トヨタ ヤリスの多すぎる魅力をまとめてみた

軽快でスポーティ!つい自慢したくなるエクステリアデザイン

《画像提供:Response 》トヨタ ヤリス

ハッチバック車の軽快で快活な印象はそのままに、スポーティな表情を手に入れたヤリスは、コンパクトなサイズながらかなり存在感のある印象ですよね。フロント部は切れ長のヘッドランプと大型のグリルとの組み合わせで、まるでスポーツカーのような精悍な印象があります。

また、サイドやリヤではふくよかな曲線とダイナミックなキャラクターラインが目を惹きます。コンパクトカーながらデザインに妥協していない、つい自慢したくなるエクステリアがヤリスの大きな魅力です。

回転シートやディスプレイオーディオで、インテリアも革新的

トヨタ ヤリス ターンチルトシート

車内スペースに限りのあるコンパクトカーですが、工夫満載のヤリスの室内はうれしいサプライズが満載です。トヨタ初となるターンチルトシートは、フロントシートが車両外側に回転させながら、乗り降りしやすい角度に傾けることができる機能。運転席だけでなく助手席にも装備可能なので、ドライバーが乗り降りしやすいだけでなく、助手席に足腰の悪い方を迎える際の気遣いも可能です。

また、こちらもトヨタ初となる運転席イージーリターン機能は、運転席のスライド位置を簡単なレバー操作で記憶させておくことができる画期的な仕組み。運転を代わってもらった後や、乗り降りの際にシートをスライドさせた後でも最適なスライド位置にすぐ戻せるので、ストレスがありません。

コンパクトでも安心!トヨタ最先端の安全装備が満載

《画像提供:Response 》トヨタ ヤリス インテリア

コンパクトカーでも安全性能に妥協したくないですよね。ヤリスは全車にSRSサイド/カーテンエアバッグを含む6エアバッグを標準装備するほか、最廉価グレードを除く全車で予防安全機能パッケージ「トヨタセーフティセンス」を標準装備し、最新の安全性能を確保しています。

中でもトヨタセーフティセンスは、プリクラッシュセーフティが交差点シーンにも対応したトヨタ初の最新仕様。交差点右折時の対向直進車や、右左折時の対向方向から来る横断歩行者の検知にも対応し、ますます安心感のある自動ブレーキ機能となっています。

新プラットフォームの採用で、操縦性も快適性もグンと向上

《画像提供:Response 》トヨタ ヤリス

コンパクトカー向けの「GA-Bプラットフォーム」採用第一号車となったヤリスは、燃費向上に役立つ軽量化と、乗り心地や静粛性向上に役立つ高剛性化を両立。骨格から力強いボディを手に入れたことで、楽しめる走りを実現している点にも注目です。

荒れた道でもガタつくことなくスムーズに通過できるので、ドライバーが安心感を感じられるだけでなく、同乗者の快適性も大幅に向上。ひとクラス、ふたクラス上の車のような、上質な乗り味を楽しむことができそうですね。

ハイブリッドは世界トップレベル!燃費性能もスゴすぎる

《画像提供:Response 》トヨタ ヤリス メーターパネル

新プラットフォームによる軽量化の推進と合わせ、パワートレインの高効率化も進められたことで、ヤリスのハイブリッド仕様はガソリン車で世界トップレベルの低燃費を実現。WLTCモード燃費で36.0km/Lという数値は、同社のプリウスやアクアといったハイブリッド専用車をも上回る好記録となっています。

ガソリン車も1.5リッターは新開発のダイナミックフォースエンジンで、力強さとレスポンス、さらには燃費性能まで追求。リーズナブルな価格設定の1.0リッター車と合わせ、どちらも優れた燃費性能を実現しています。

トヨタ ヤリスのスペックはこちら

【トヨタ ヤリス ハイブリッドG 2WD】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,940mm×1,695mm×1,500mm
ホイールベース2,550mm
最大乗車定員5名
車両重量1,060kg
燃費WLTCモード:35.8km/L
エンジン種類直列3気筒ガソリンハイブリッド 1,490cc
エンジン最高出力67kW(91PS)/5,500rpm
エンジン最大トルク120N・m(12.2kgf・m)/3,800-4,800rpm
モーター種類交流同期電動機
モーター最高出力59kW(80PS)
モーター最大トルク141N・m(14.4kgf・m)
駆動方式前輪駆動(FF)
トランスミッション電気式無段変速機
新車価格1,936,364円(消費税抜)
(2021年11月現在 トヨタ公式サイトより)

トヨタ ヤリスの中古車情報を総まとめ!おすすめグレードは?

《画像提供:Response 》トヨタ ヤリス

ここまでヤリスの魅力をかいつまんでご紹介してきましたが、もとから廉価な価格設定とはいえ、もっとお安く中古車で魅力的なヤリスを探したい方も少なくないことでしょう。

ここからは、ヤリスの中古車情報と、その選び方について、詳しく解説していきます。

ヤリスの中古車価格帯、パワートレイン別に調査してみた

トヨタ ヤリス

ヤリスの中古車情報を調査してみると、2021年11月現在では合計で600台以上の在庫が確認できます。

価格設定がもっとも廉価な1.0リッターエンジンを搭載する在庫車は279台で、税込車両本体価格帯は99.8万円から208.0万円となっています。

パワフルなエンジンが魅力の1.5リッターエンジンを搭載する在庫車は188台で、CVT車の税込車両本体価格帯は124.0万円から238.9万円となっています。1.5リッターエンジンにのみ存在する6MT仕様はそのうち18台で、税込車両本体価格帯は148.0万円から205.0万円となっています。

低燃費ながら価格の高さがネックなハイブリッドの在庫車は146台で、税込車両本体価格帯は124.0万円から278.0万円となっています。

全体にそれぞれのパワートレインがまんべんなく在庫されてはいますが、やはり人気は格安な1.0リッター車。価格帯としても、1.0リッター車はお手頃感が強く感じられますね。

ヤリスの中古車選びで注意したいポイントまとめ

【1.0、1.5、ハイブリッド】どのエンジンを選ぶ?

《画像提供:Response 》トヨタ ヤリス ハイブリッド車 エンジンルーム

ガソリン車が排気量違いで2種類、ハイブリッドも合わせて3種類と豊富な選択肢が用意されているヤリス。利用シーンによっても最適なパワートレインは異なりますが、ガソリン車の2つは選び分けが意外と簡単です。

1.0リッターと1.5リッターでは、排気量の違いからパフォーマンスの差が大きくあるイメージですが、低中速域での動力性能的には大きな差はない模様。どちらも当然レギュラーガソリン仕様ですし、カタログ燃費の差も小さめなので、街中での利用がメインなら割安な1.0リッターがおすすめです。

高速道路など、流れのいい道を日常的に通るという方なら、速度域が上がっても余裕のある1.5リッターがおすすめ。1.0リッターでは選択すらできないレーダークルーズコントロールも備わるので、余裕のある加速性能と合わせて遠出の際の負担をグッと減らすことができます。

また、1.0リッターには4WDの設定がないので、積雪地帯にお住まいの方など4WDが必須なら、1.5リッターを選択することになりますね。

もちろん、価格がやや高くなってもよいなら、スムーズで静かな走りと驚異的な低燃費が楽しめるハイブリッドがおすすめです。ただし、中古車市場でもハイブリッドは強気の値付けが多く、新車とあまり変わらない価格帯のものもあるので注意が必要ですね。

【X、G、Z】どのグレードを選ぶ?

《画像提供:Response 》トヨタ ヤリス X”Bパッケージ”

ヤリスは、ハイブリッド車が廉価な順から「ハイブリッドX」「ハイブリッドG」「ハイブリッドZ」、ガソリン車が1.0リッター車のみ設定される最廉価グレード「X“Bパッケージ”」、1.0リッター車と1.5リッター車が選べる「X」「G」、1.5リッター車のみ設定される「Z」というグレード展開となっており、基本的にはX・G・Zの3グレードから選ぶことになります。

装備が充実しているのは最上級の「Z」系ではありますが、「X」でも基本の快適装備や安全装備はしっかり備わっているので、割安感のある「X」が狙い目かもしれません。

ただし、もっとも廉価な「X“Bパッケージ”」はあまりおすすめできません。トヨタセーフティセンスがオプションでも装着不可など、かなり割り切った仕様となっており、ヤリスの先進性を楽しむことができなくなってしまいます。ひとつ上位の「X」との価格差も少ないので、避けておくのがベターでしょう。

格安車は修復歴ありの場合も、サポートをチェック

《画像提供:Response 》トヨタ ヤリス Z インテリア

ヤリスは2020年デビューとまだまだ登場から時間が経っていません。そんな現在、新車価格から大幅に低めの価格設定がされている車は、喫煙車や修復歴ありなど、条件が悪い車両の場合もあるので注意が必要です。

無論、それらの条件に納得してお買い得車両を購入するのも手ではありますが、販売店がきちんと説明をしてくれるか、もしもの際の保証やサポートはどうなっているのかなど、購入後も安心して乗り続けられるような体制が確保できるかどうかは、しっかりチェックしておきたいところですね。

ズバリ、ヤリスの中古ならこのグレードがおすすめ!

《画像提供:Response 》トヨタ ヤリス X

ヤリスの中古車を狙うなら、おすすめは1.5リッターエンジンの「X」グレード。実質上のエントリーグレードとなる「X」ではありますが、快適装備は一通り揃いますし、余裕のある1.5リッターエンジンで楽しくドライブできるグレードながら、かなり廉価な価格設定の車両も多くなっています。

機能面の「X」とひとつ上位の「G」の差は、オートエアコンの有無やディスプレイオーディオの画面サイズの違い程度。「X」ではスマートキーやバックガイドモニターが標準装備されていませんが、格安なオプション価格で装備ができるので、備わっている車両も少なくありません。

まだまだ割安な在庫車両は少ないものの、ハイブリッド車でも時折お買い得な価格の中古車が登場しているので、そちらにも注目しておきたいところ。ハイブリッド車でも「ハイブリッドX」がお買い得価格でおすすめです。

まとめ

《画像提供:Response 》トヨタ ヤリス

ヤリスの中古車情報を詳しくご紹介してきました。

まだまだデビューから時間が経っていない上、人気ゆえの需要の高さもあって、ヤリス中古車相場はまだまだ高止まりしている印象。これから数ヶ月を経てだんだんと落ち着いてくるものと思われますので、今後の相場の動きから目が離せませんね。

よくある質問

ヤリスっていつから売ってるの?人気なの?

トヨタ ヤリスは、トヨタ ヴィッツの後継として2020年に登場しました。そもそもヴィッツという車名は国内専用のもので、海外では初代からヤリスという車名で販売されており、世界的に車名を統一した格好です。ヤリスは、2020年7月以降登録車として通称名別販売台数ランキング首位を独占しているなど、高い人気を得ています。

ヤリスの中古車、在庫は充実しているの?

トヨタ ヤリスは2020年に登場したばかりということもあり、中古車在庫はまだまだ拡大途中といった印象も受けます。中古車サイトをチェックしてみても、登録済未使用車の掲載も多くなっており、中古車価格帯は高止まりしている印象です。

最新の投稿


ハスラーとタフトはどちらがおすすめ?価格や燃費や使い勝手で徹底比較

ハスラーとタフトはどちらがおすすめ?価格や燃費や使い勝手で徹底比較

軽クロスオーバーSUVの人気が高まっています。SUVらしい機能や性能でワクワクのカーライフを送りつつ、価格や維持費でグンと節約ができる軽の魅力も兼ね備えていることを思えば、その人気も納得です。中でも人気なのは「スズキ ハスラー」と「ダイハツ タフト」で、どちらを選ぶか悩んでいるという方も少なくないはず。項目別にこの2台を徹底比較していきますので、車選びの参考にしてみてくださいね。


トヨタ カローラツーリングの内装を徹底チェック!注目の荷室はどう?

トヨタ カローラツーリングの内装を徹底チェック!注目の荷室はどう?

3ナンバーサイズとはいえ、国内市場専用のボディを持つ「トヨタ カローラツーリング」は、国内で選択肢がどんどん減少している貴重なステーションワゴンの中でも人気のモデルです。シャープな外観に注目が集まりがちですが、ステーションワゴンなら室内や荷室の使い勝手が気になるところですよね。この記事では、カローラツーリングの内装における魅力や注目ポイントを詳しくご紹介していきます。


トヨタ シエンタの内装を徹底チェック!魅力やグレード間の違いを解説

トヨタ シエンタの内装を徹底チェック!魅力やグレード間の違いを解説

コンパクトなサイズながら3列シートを備えて人気のミニバンが「トヨタ シエンタ」。都市部や駐車場でも扱いやすいボディサイズやポップなデザインに注目が集まりがちなシエンタですが、豊富な収納やスマートに格納できる3列目シートなど、ミニバンだからこそ重視したい内装の使い勝手の良さにも注目しておきたいところです。グレード間の違いなども含めて、シエンタの内装の魅力をご紹介していきます。


トヨタ ハリアーの内装を徹底チェック!注目のインテリア装備はコレ

トヨタ ハリアーの内装を徹底チェック!注目のインテリア装備はコレ

流麗なデザインで他のSUVとは一線を画す高級感のあるSUVといえば、「トヨタ ハリアー」ですよね。高級セダンのような押し出しと乗り心地の良さがありつつ、SUVのような使い勝手の良さも兼ね備えたハリアーは、人気のSUVの中でも定番モデルのひとつです。そんなハリアーの内装は、こちらも上質かつ妖艶な世界が広がっています。ハリアーの内装の注目ポイントを詳しくご紹介していきます。


マツダ ロードスターの内装を徹底チェック!ワクワクする非日常空間

マツダ ロードスターの内装を徹底チェック!ワクワクする非日常空間

世界で最も売れている2シーターオープンスポーツカーが「マツダ ロードスター」です。歴代併せて生産累計台数が100万台を超えるなど、世界中で愛されるロードスターは、ドライブの楽しみやオープン時の開放感もさることながら、乗り込んだ瞬間から非日常を感じさせるような上質なインテリアも見どころです。この記事では、ロードスターの内装デザインや使い勝手などを詳しくご紹介していきます。