トップへ戻る

燃費が良くて使いやすい車5選!注目のハイブリッドモデルならコレ!

燃費が良くて使いやすい車5選!注目のハイブリッドモデルならコレ!

車選びをするときに1つのポイントとなるのは、燃費が良いかどうかです。普段使いで燃費が悪いとガソリン代が高くなるので、出来るなら燃費の良い車にしたいという方も多いでしょう。またハイブリッドモデルであれば、モーターによるアシストがあるので、力強く走ることができます。今回は燃費が良く使いやすい車を5車種ピックアップしてみました。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


燃費が良くて使いやすい5車種!

出来る限り燃費の良い車にしようとすると、主な候補になるのはハイブリッドカーです。各社様々なタイプのハイブリッドシステムを搭載しているので、好みに合わせて選択できます。今回は燃費と使いやすさにスポットを当てて、5車種ご紹介していきます。

日産 セレナe-POWER

日産 セレナ e-POWER ハイウェイスターV

日産 セレナ e-POWER ハイウェイスターV

セレナe-POWERrは、5代目セレナに追加されたハイブリッド仕様のモデルで2018年3月から発売されています。ガソリンエンジンで発電しモーターによって駆動するe-POWERをパワーユニットとして、高い燃費性能を実現したモデルです。

搭載されているのは発電用の1.2Lガソリンエンジンで、走行用の電気モーターを組み合わせています。走行用のバッテリー残量が減ると、ガソリンエンジンを始動して充電が開始されます。発電用のエンジンの排気量が小さいこともあり、高い燃費性能を実現しているのです。

クラストップレベルの低燃費

日産 セレナ

日産 セレナ

セレナe-POWERに搭載されているのは、コンパクトカーサイズの1.2Lのエンジンです。発電用のエンジンで効率的に発電することや優れた空力性能によって、WLTCモード燃費で18.0km/Lを達成しています。

ガソリンエンジン仕様のセレナの場合はWLTCモード燃費が13.2km/Lですので、e-POWERを搭載していることで低燃費になっていることが分かります。重量感のあるミニバンですが、力強い走りと低燃費を両立させているモデルです。

モータードライブの加速感

日産 セレナ AUTECH スポーツスペック

日産 セレナ AUTECH スポーツスペック

e-POWERはタイヤを駆動させるのにモーターを使用しています。ノートe-POWERよりもパワーとトルクがアップしたモーターを搭載しているので、ミニバンでも力強く走ることが可能となりました。

e-POWERの特徴としてアクセルペダルだけで車速をコントロールできる「e-POWER Drive」があります。アクセルペダルを戻すと強い減速力が発生し、アクセルペダルとブレーキペダルの踏み替え回数が減少します。ドライバーの負担軽減につながる特徴です。

【日産 セレナe-POWER X】スペック表
ボディサイズ全長×全幅×全高4,685mm×1,695mm×1,865mm
ホイールベース2,860mm
最大乗車定員7名
車両重量1,740kg
燃費WLTCモード:18.0km/L
エンジン種類DOHC水冷直列3気筒
最高出力62kW(84PS)/6,000rpm
最大トルク(N・m(kgf・m)/rpm)103N・m(10.5kgf・m)/3,200〜5,200rpm
電動機種類交流同期電動機
最高出力(kW(PS))100kW(136PS)
最大トルク(N・m(kgf・m))320N・m(32.6kgf・m)
駆動方式前輪駆動
(2020年10月現在 日産公式サイトより)

トヨタ プリウス

トヨタ プリウス

トヨタ プリウス

燃費が良い車として最もポピュラーといえるのが、トヨタのプリウスです。ハイブリッドカーとして1番有名なモデルといっても過言ではありません。世界初の量産ハイブリッドカーとして1997年に登場してから、現在に至るまで販売が続けられています。

大きすぎないサイズで、使い勝手の良さ、また低燃費であるなどバランスが取れた1台です。ハイブリッドシステムを搭載している車は多数ありますが、最も基本的なモデルとして今なお人気がある車です。

セダンでもゆとりのある室内空間

トヨタ プリウスPHV 新型

トヨタ プリウスPHV 新型

現行型は2015年から発売されており、空力のためにルーフラインが絞り込まれています。しかしルーフ内装の形状を工夫することで、後席の頭上空間も確保されています。低燃費を実現するために空力を改善することは必要不可欠ですが、現行モデルのプリウスは車内空間も十分に確保されているのが特徴です。

足元の空間も十分確保されており、大人が乗っても膝とフロントシートの間にスペースが確保されています。

プラグインハイブリッドも選択可能

プリウス PHV

プリウス PHV

プリウスをベースとして充電可能なバッテリーを搭載したプラグインハイブリッドを選択できます。近場の街乗りであれば充電したバッテリーのみで走行することもでき、低速域から力強く走ることが可能です。

プラグインハイブリッドのプリウスでは、ジェネレーターをEV走行時にモーターとして動かすことができます。これによってモーター2個分の力で加速することができ、さらに高いトルクで走ることが可能となりました。バッテリーを使い切った後は通常のハイブリッドモデルと同じ使い方ができるので、おすすめのモデルです。

【トヨタ プリウス S】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,575mm×1,760mm×1,470mm
ホイールベース2,700mm
最大乗車定員5名
車両重量1,350kg
燃費WLTCモード:30.8km/L
エンジン種類直列4気筒 1,797cc
エンジン最高出力72kW(98PS)/5,200rpm
エンジン最大トルク142N・m(14.5kgf・m)/3,600rpm
モーター種類交流同期電動機
モーター最高出力53kW(72PS)
モーター最大トルク163N・m(16.6kgf・m)
駆動方式前輪駆動(FF)
トランスミッション電気式無段変速機
(2020年10月現在 トヨタ公式サイトより)

トヨタ RAV4 PHV

トヨタ RAV4 PHV

トヨタ RAV4 PHV

トヨタのRAV4は、2019年4月に現行の5代目が発売されました。人気があるSUVのジャンルにガソリン車とハイブリッド車が登場しましたが、プラグインハイブリッド車が追加で設定されています。

ハイブリッドでも十分低燃費ではありますが、大容量のリチウムイオンバッテリーとモーターを組み合わせた力強い走りが魅力的なのがRAV4 PHVです。

E-Fourによって力強く走れる

トヨタ RAV4 PHV

トヨタ RAV4 PHV

プラグインハイブリッドシステムによって生み出される力強いパワーは、E-Fourによって効率よくタイヤに伝えられています。システム最高出力はRAV4よりも力強い225kWです。

ハイブリッドシステムが搭載されていますが、主にデフォルト走行としてEV走行で、ガソリンエンジンでサポートすることもあるというイメージです。力強いモーターを組み合わせることでスポーティーな走りも実現しています。

経済的で実用性にも優れている

トヨタ RAV4 PHV

トヨタ RAV4 PHV

プラグインハイブリッドを搭載しているモデルであれば、低燃費なので燃料費の削減を実現できます。もちろんそれだけでなく、購入時にはエコカー減税を始め税制優遇を受けることができます。またEVモードで走行するのであれば、自宅で充電しておいて買い物などに使うことができ、ガソリンを使わないことも可能です。

プラグインハイブリッドは、実用性に優れていることも特徴です。例えば、アウトドアや災害時などに外部給電機能を使って家電機器を使うことができます。室内に設置されているアクセサリーコンセントと付属のコネクターを車両後方の普通充電インレットに差し込むことで、外部給電を利用できます。

【トヨタ RAV4 PHV G】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,600mm×1,855mm×1,690mm
ホイールベース2,690mm
最大乗車定員5名
車両重量1,900kg
燃費WLTCモード:22.2km/L
エンジン種類2.5L直列4気筒
最高出力130kW(177PS) /6,000rpm
最大トルク219N・m (22.3kgf・m) /3,600rpm
駆動方式4WD
トランスミッション電気式無段変速
2020年10月現在 トヨタ公式サイトより

ホンダ フィットe:HEV

フィットe:HEV

フィットe:HEV

フィットe:HEVは、現行のモデルからハイブリッドシステムをe:HEV(2モーターハイブリッド)に変更されています。発電用のモーターと最高出力が109PSの走行用モーターを搭載しています。通常はモーターで走り高速走行の時はエンジンで走行するのが特徴です。

日産のe-POWERとは異なり、高速走行時にはエンジン直結モードを持っており、クラッチをつないで走行することも可能です。

デザインが豊富

フィット (e:HEV LUXE)

フィット (e:HEV LUXE)

現行のフィットはユーザーの好みに合わせて、5つのタイプが用意されています。タイプによって与えるイメージが異なるので、好みに合わせて選択できます。どのタイプでも開放的な視界が確保されており、運転がしやすいです。

5つのタイプは、シンプルな「BASIC」、上質さが加えられた「HOME」、ビビッドな2トーンカラーが選択できる「NESS」、アウトドア風な「CROSSTAR」、スタイリッシュな「LUXE」です。

ハイブリッドモデルでも広い車内を実現

フィット (e:HEV LUXE)

フィット (e:HEV LUXE)

フィットは燃料タンクを前席の下に収めるセンタータンクレイアウトを採用することにより、広い車内空間を実現していました。ハイブリッドを搭載している現行モデルでも広い車内を確保しています。

ガソリンモデルと比較するとフロアが数cmだけ高くなっている程度で、普段の使い方でも不便さを感じないでしょう。後席の座江面をチップアップさせることで高さのある荷物を積載したり、フラットな荷室にしたりとシートレイアウトが豊富です。

【ホンダ フィット e:HEV BASIC】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,995mm×1,695mm×1,515mm
ホイールベース2,530mm
最大乗車定員5名
車両重量1,180kg
燃費WLTCモード:29.4km/L
エンジン種類1.5L直列4気筒
最高出力72kW(98PS) /5,600~6,400 rpm
最大トルク127N・m (13.0kgf・m) /4,500~5,000 rpm
モーター種類交流同期電動機
モーター最高出力80kW(109PS)3,500-8,000rpm
モーター最大トルク253N・m(25.8kgf・m)0-3,000rpm
駆動方式FF
トランスミッション電気式無段変速
2020年10月現在 ホンダ公式サイトより

日産 ノートe-POWER

日産 ノートe-POWER

日産 ノートe-POWER

日産のノートは、2016年にe-POWERが追加されて発売されました。ノートは街乗りでも取り回しがしやすいコンパクトカーとして人気がありました。ノートに電気自動車のパワーユニットを搭載したのがe-POWERです。

電気自動車のリーフと同じ駆動用のモーターが搭載されており、発電用の1.2Lガソリンエンジンからなるハイブリッドシステムです。通常のハイブリッドシステムと異なるのは、ガソリンエンジンは発電専用になっていること。 コンパクトで燃費の良いモデルが欲しい方におすすめです。

スポーティに走行することもできる

ノートe-POWERニスモ

ノートe-POWERニスモ

ノートe-POWERはモーターの高いトルクの走りだけでなく、スポーツモードを選択することでスポーティに走ることができます。加速で不満を感じることがないほど、低回転から高いトルクを発生し、ドライブを楽しむことができるでしょう。

さらにノートe-POWERにはNISMOがラインナップされており、ニスモが培ったノウハウを注ぎ込んでスポーツモデルに仕上がっています。ドライビングモードの特性を変更させることで、車を操る楽しみを体験できるでしょう。

街乗りで燃費の良さを体感できる

日産ノート・モード・プレミア

日産ノート・モード・プレミア

e-POWERはモーターで駆動することから、主に低速域で力を発揮します。モーターは低回転の時から高いトルクを発揮するので、ストップ&ゴーが多い街乗りでモーターの良さが活きます。

もちろん運転の仕方で燃費も変化していきますが、高速走行の時よりも郊外で走行するときのような場面で燃費が良いです。街乗りが多い方で燃費が良い車を探している方におすすめです。

 
【日産 ノートe-POWER X 】スペック表
ボディサイズ全長×全幅×全高

4,100mm×1,695mm×1,520mm

ホイールベース2,600mm
最大乗車定員5名
車両重量1,220kg
燃費JC08モード:34.0km/L
エンジン種類DOHC水冷直列3気筒
最高出力58kW(79PS)/5,400rpm
最大トルク103N・m(10.5kgf・m)/3,600〜5,200rpm
電動機種類交流同期電動機
最高出力80kW(109PS)/3,008〜10,000rpm
最大トルク254N・m(25.9kgf・m)/0〜3,008rpm
駆動方式前輪駆動
2020年10月現在 日産公式サイトより

まとめ

燃費が良くて使いやすい車をピックアップしてみました。車内の広いミニバンでも、ハイブリッドであれば燃費が良いですし、コンパクトカーなら車重が軽いこともあって、さらに高燃費を期待できます。燃費が良い車を探しているなら、普段の使い方を考えて、ハイブリッドカーを選択してみるのはおすすめです。

関連する投稿


【最新情報】ホンダの新型N-ONEを知りたい!中古車情報も!

【最新情報】ホンダの新型N-ONEを知りたい!中古車情報も!

ホンダは2020年11月にフルモデルチェンジによって2代目ととなった新型「N-ONE(エヌ・ワン)」を発売しました。見たところあまり変わっていないように見える新型ですが、実は中身はプラットフォームを含めて一新されているのです。なぜ、このようなフルモデルチェンジをしたのでしょうか?その理由と中古車情報もご紹介します。


四駆ってなに?!四駆の基本とその種類、おすすめ車種までご紹介

四駆ってなに?!四駆の基本とその種類、おすすめ車種までご紹介

流行のSUVだけでなく、乗用車でも様々な車種に設定が増えてきている四輪駆動。四駆(ヨンク)などと呼ばれ、その呼び名にはなんとなく勇ましいイメージがありますが、現在ではいろんな種類の四駆が存在することはあまり知られていないかもしれません。この記事では、様々な四駆の種類と、おすすめの車種を一緒に紹介していきます。


クルマ好きのための、ワガママセカンドカー選び3選!

クルマ好きのための、ワガママセカンドカー選び3選!

はーい!クルマ好きで、クルマ選びにはついついワガママになってしまう人、集合!セカンドカーが必要になったら、「軽自動車買えばいいんじゃね!?」って言われてしまいますよね。でも、軽自動車だと我慢できない自分がいたり・・・。クルマ好きでも納得できるセカンドカーって、どんなクルマがあるのか、一緒に見ていきましょう!


ミニバンとは?魅力やおすすめ5車種をご紹介!

ミニバンとは?魅力やおすすめ5車種をご紹介!

乗用車として人気のミニバンは、使いやすいことからも多くのドライバーに愛されています。そこで今回は、そんなミニバンについて解説します。ミニバンの魅力や、おすすめのミニバン5種をご紹介。購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。


PHVってなんだ?という人必見!ハイブリッドとの違いも解説します!

PHVってなんだ?という人必見!ハイブリッドとの違いも解説します!

自動車が電動化に向かう今、注目されているのがPHV(プラグインハイブリッド)です。日本でも次々にニューモデルが登場してその存在感を増しています。そこでPHV、PHEVとは何なのか、ハイブリッドとどう違うのかを分かりやすく解説します。


最新の投稿


おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

車の収納にご不便をお感じになられたことがある方は、意外に多くいらっしゃるのではないでしょうか。そういった場面で重宝するグッズに、収納グッズと呼ばれるものが御座います。収納グッズと呼ばれるものは種類も豊富で、用途により使い分けることで、より快適に車内を使用することが出来るものばかりです。本記事では収納グッズの選び方のほか、おすすめ商品もご紹介していきます。


おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

車の洗車に必要なカースポンジですが、その種類はとても多く、どのスポンジを使えば良いか迷うものです。今回は洗車やワックスに適したスポンジの選び方や用途について説明していきます。スポンジの素材や形状についても触れてみたいと思います。


転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

免許を取得した際には確実に勉強したはずの「転回」。では一体なんのこと?と聞かれると、よどみなく答えられる方は意外と少なかったりするのでは。まだまだ意味を覚えてるよ!という初心者の方から、ちょっと怪しいかも?というベテランの方まで、この記事を読めば転回について詳しくなれること間違いなしです。してはいけない場所、上手なやり方など、役立つ情報をご紹介していきます。


中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

先行き不安な現代ですから、車にかけるお金はできるだけ節約したいところですよね。新車に比べてお買い得な中古車、さらにお安く手に入れる方法としてよく聞かれるのが「中古車オークション」。オークションの仕組み自体はご存知でも、実際にご自分で参加できるのかなど、詳しくは知らない方も多いのでは。この記事では、中古車オークションに関して詳しく解説していきます。


車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

ちょっと前まではあまり聞かれなかった「サブスクリプション」という言葉、最近よく耳にしませんか。スマホのサービスなどだけでなく、車の所有方法にまで広まってきているサブスクリプション(サブスク)。これまでの所有形態と比べてどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。CMや広告でよく見る車のサブスクが気になっていた方は必見です。