トップへ戻る

トヨタ 新型RAV4口コミ・評判&評価はどうなの?

トヨタ 新型RAV4口コミ・評判&評価はどうなの?

トヨタから発売されている新型RAV4ですが、発売されて約1年半が経ち市場の動向も気になるところですよね。2020年には新型RAV4のPHVも投入され、益々ラインナップも充実しています。そんな新型RAV4ですが、現在の口コミや評価はどのようになっているのでしょうか。徹底調査してお伝えしていきます。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


トヨタ RAV4とはどんな車?

トヨタ RAV4 アドベンチャー(アッシュグレーメタリック×シアンメタリック)

RAV4はトヨタ自動車が生産・販売しているクロスオーバーSUVになります。4代目は海外で専売車として発売されていましたが、5代目から再び日本市場に投入され、2019年4月10日より販売開始されました。

2020年6月8日より販売開始されたPHV(プラグ・イン・ハイブリッド)は、好調な売れ行きとなっています。

では、好調な売れ行きを維持している新型RAV4の口コミはどのようになっているのでしょうか。詳しく見て行きましょう。

トヨタ 新型RAV4の欠点はない?

トヨタ RAV4 PHV ブラックトーン

トヨタ 新型RAV4。発売されてから約1年半が経過しようとしていますが、SNSやサイトを中心に口コミなどを調べていると、高評価ばかりが目立ちます。

実際に新型RAV4は欠点がないのかと、購入するにあたり心配になる方も多いかもしれませんね。実際にユーザーである私が、高評価ばかりが目立つ新型RAV4について、大きく欠点と言える、2点程改善してほしい点についてお伝えしていきます。

・室内の電動パワーシートが全席に標準装備だと良かった(運転席のみ電動シート)
・後部座席の収納スペースが少ないので、収納スペースが増えると便利

上記の2点が実際に乗っているユーザー目線からすると、特に気になるところです。実際に購入し、ユーザーとして乗り続けて1年半経過しましたが、上記の2点以外はとても乗りやすい車であることに違いありません。

けれど、乗り続けていると、ここが改善されればもっと便利だったのにという個所がありましたので、2点ほどピックアップしてみましたので、そのあたりを詳しく解説をしていきます。

RAV4のアドベンチャーユーザーの私ですが、運転席のみ電動パワーシートが付いていますが。他のシート部分は設置ができないので、助手席も座席を動かす場合など、手動になってしまいますので、使い勝手が悪くなってしまいます。

そして、後部座席に乗ると、収納スペースが少ないことがわかります。助手席の後ろにはポケットが付いていますが、その他の部分は収納スペースがありません。

私自身は収納スペースを改善するために、外部で購入した収納グッズを付けています。

トランク 収納 - SURDOCA 車用収納ポケット シートバックポケット スリム 大容量 省スペース 落ない安定設計 マジックテープ付 耐摩耗 取り付け簡単 トラック/SUV/軽自動車などの大中小型車に適用 カー用品 後部座席用 収納バッグ ブラック (深い黒)

車用ゴミ箱 車載 ゴミ袋 KOOLSEN 2020年最新型 車用収納ケース 後部座席収納 磁気付き LEDライト付き 防水 PUレザー製 大容量 高級感 簡単取付 折りたたみ式

トランク 収納 Siivton 車用収納ボックス 大容量 折り畳み式 滑り止め トランク収納ボックス 取っ手付 使用便利 トラック/SUV/軽自動車などの大中小型車に適用

上記のような収納グッズを取り付けることにより、収納の問題は改善できています。気になった方は、ぜひ、RAV4の専用グッズなどをチェックしてみてくださいね。

では、次に新型RAV4の口コミや評判を詳しく見て行きましょう。

トヨタ 新型RAV4の口コミ・評判&評価

トヨタ RAV4 PHV ブラックトーン

新型RAV4の口コミを良い点・悪い点などSNSなどを中心に調査していきます。

トヨタ 新型RAV4良かった口コミ

RAV4 X ハイブリットFFを新古車で購入。
感覚的にはデッカイ プリウスです。
納車時にメーター読みで満タンと思っていましたが、若干少なかったかもしれません。
エアコン設定温度は25度
11/27給油で、550km、43.7L、12.59km/lでした。
車両の燃費表示は約15km/l。

当日、スノータイヤ(ブリザック)に履き替えました。
神奈川県西部、丹沢近くの扇状地はup downがあります。自宅から3km圏内は、暖機運転と車重が響くのか、あまり伸びませんが、それでもまずまずの燃費です。
近隣に足を伸ばすと燃費は伸びます。排気量を考えると優秀だと思います。
感覚としては、ガソリン2/3に、EV1/3に感じます。

前車オーリス初代1.5lエンジンは、低燃費タイヤとエンジンオイル添加剤(カインズに売っていたモリブデン含有タイプ)の組み合わせで、9~11km/lだったので、優秀でした。

隣県まで片道約200キロ、往復で400キロほど高速道路8割、一般道路2割 渋滞なしの条件で走りました。
運転席のパネルで燃費表示は、19.4キロ/リットル。
前の車は、ハイオク仕様で9キロ/リットル程度でしたので、あまりにも燃費が良すぎてビックリです。

新型RAV4の口コミや評判をSNSを中心に調べてみたところ

・外観は四角く、SUVらしいデザイン
・フロントから見たデザインがかっこいい
・加速もよく、燃費がいい

上記のような口コミが多く見られ、どれも良い評判のものが多かった印象を受けました。PHVについても、試乗してみたいなど、期待している口コミが多く見受けられました。

私自身もRAV4のユーザーになり約1年半になりますが、評判通りの満足いく車です。車幅が大きい割に小回りも効くので、とても運転しやすいです。高速道路などでは、クルーズコントロール機能もとても重宝しています。

では次に、良くなかった口コミを見て行きましょう。

トヨタ 新型RAV4良くない口コミ

新型RAV4の良くない口コミをSNSを中心に探してみましたが、ほとんどありませんでした。ディスプレイオーディオに関する口コミをやっと発見しました。

私自身がRAV4のアドベンチャーに乗っていて感じたことですが、購入する際、RAV4のアドベンチャーはガソリン車しかなく、ハイブリッドを選択できないのがとても残念でした。

新型RAV4はアドベンチャーの外観はとても魅力的で、ワイルドやゴツゴツした感じがとても好みだったため、外観を選択するにあたって、アドベンチャーのみの選択肢しかありませんでした。アドベンチャーの外観でハイブリッドが購入できないのがとても残念でした。

デザインやグレードのラインナップについて不満を感じてしまうユーザーの声もちらほらと聞こえました。

総合的な評価をしても、新型RAV4はとても魅力的な車です。PHVも追加され、ますます充実のラインナップで、次はどんな改良をトヨタさんはしてくれるのでしょうか。

期待しながら待ちたいところですよね。

まとめ

本記事は発売から約1年半経過する「新型RAV4」についての口コミや評判についてまとめてきました。色々と調査していく中で、とても評判がいい車であることに違いはなく、細かい部分の要望点については、ユーザー目線で加えさせて頂きました。

これから新型RAV4を購入する方のお役に少しでも本記事がなれたならばとてもうれしいです。

関連するキーワード


SUV トヨタ 最新情報 RAV4

関連する投稿


トヨタ RAV4|世界で最も売れるSUVの歴史とおすすめグレード!

トヨタ RAV4|世界で最も売れるSUVの歴史とおすすめグレード!

発売から四半世紀以上の歴史を持つトヨタ RAV4は、世界で最も販売されているSUVのひとつです。どんな魅力があるでしょうか。今回は、これまでの歴史と、おすすめのグレード、口コミなどをまとめました。


トヨタ ヤリスクロスはライバル多数でもまだ「買い」か?徹底比較!

トヨタ ヤリスクロスはライバル多数でもまだ「買い」か?徹底比較!

とどまるところを知らないSUVブームの中でも、特に人気が高く各メーカーがしのぎを削っているのはコンパクトSUVクラス。コンパクトSUVだけで3車種も用意するトヨタのラインナップの中でも、登場が最も新しく人気を牽引しているのが「ヤリスクロス」です。国産車だけでなく輸入車とも比較されるような完成度の高さが話題のヤリスクロス、登場から1年が経つ今も「買い」なのか調査しました。


トヨタのハイブリッドカーのおすすめは?使用シーン別のおすすめモデルをご紹介!

トヨタのハイブリッドカーのおすすめは?使用シーン別のおすすめモデルをご紹介!

トヨタのハイブリッド車といえば、有名なプリウスがありますが、多くの車種でハイブリッドモデルが設定されています。ハイブリッドがたくさんの車に設定されているトヨタなら、ハイブリッド車に乗りたい方の選択肢が豊富です。この記事では、トヨタのハイブリッド車を考えている方におすすめモデルをご紹介します。


マツダ CX-5のグレードを解説、ベストチョイスはこれだ!

マツダ CX-5のグレードを解説、ベストチョイスはこれだ!

欲しい車種が決まったら次はグレード選びです。そこで、まず車種のグレードの内容と特長を把握して自分に必要なグレードを判断することが重要になります。今回はマツダの人気SUVであるCX-5のグレードについて解説し、CX-5を検討する人のお役に立ちたいと思います。


ホンダ CR-V|7人乗りが登場した、世界で認められるSUVの実力とは?

ホンダ CR-V|7人乗りが登場した、世界で認められるSUVの実力とは?

ホンダ CR-Vは、とくに北米・欧州でその実力を評価され、2019年の世界販売台数では、第4位になりました。5代目となった現行モデルでは、7人乗りが新たに登場しています。今回は、CR-Vの歴史と、現行モデルの実力をまとめています。


最新の投稿


日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

売れ筋のコンパクトSUVジャンルで、パワートレインはハイブリッド「e-POWER」のみと割り切ったラインナップが特徴的なのが「日産 キックス」。軽快なルックスと爽快な走りで人気を得ています。そんなキックス、普段使いで気になるのはやっぱり燃費性能ですよね。この記事では、カタログ燃費や実燃費をチェックしつつ、ライバルとの比較なども通して、キックスの燃費情報を詳しくご紹介していきます。


自動車ローンってなに?|メリットとデメリットを徹底解説!

自動車ローンってなに?|メリットとデメリットを徹底解説!

自動車ローン(マイカーローン、オートローン)は、自動車を購入するのに、とても便利な方法ですが、いくつかの種類とメリットとデメリットが存在しています。今回は、自動車ローンの基本と、そのメリットとデメリットをまとめました。


トヨタ ライズの燃費情報が丸わかり!ハイブリッドも早速燃費チェック

トヨタ ライズの燃費情報が丸わかり!ハイブリッドも早速燃費チェック

人気のSUVジャンルの中でも扱いやすい5ナンバーサイズで人気なのがトヨタ ライズ。2019年の登場から常に好調な販売台数を誇ってきたライズですが、2021年11月の改良によって待望のハイブリッド車が追加されるなど、これまで以上にライズの燃費性能に注目が集まっています。リーズナブルな価格が嬉しいライズだけに、この記事では気になる燃費性能を詳しくご紹介していきます。


2021~2022年 年末年始渋滞予想|過去傾向から読み解く渋滞予測と回避方法

2021~2022年 年末年始渋滞予想|過去傾向から読み解く渋滞予測と回避方法

2021年も12月に差し掛かりそろそろ年末が見えてきました。長く続いたコロナ禍もワクチン接種率の拡大とともに収束方向に動いており、今年の年末年始こそは帰省したいと考える方もいらっしゃると思います。そこで今回は緊急事態宣言解除後の帰省に関するアンケートと過去の渋滞実績を元に渋滞予想をまとめました。


ワイパー交換ってどうやるの?自分でできる効果テキメンのカーメンテ

ワイパー交換ってどうやるの?自分でできる効果テキメンのカーメンテ

車を運転するのは晴れの日だけではなく、むしろ雨や雪といった天候の悪い時こそ車は大活躍しますよね。視界が悪くなりがちな悪天候時にきちんと前や後ろを見て運転するためにも、ワイパーの状態を適切に管理しておくのは、安全運転の要で非常に大事なことです。この記事ではワイパーの交換目安や交換方法をご紹介していきます。簡単なのに効果が絶大なワイパー交換にぜひチャレンジしてみてください。