【お知らせ】プッシュ通知機能の解除方法につきまして

プリウスに関する記事


トヨタ プリウスが欲しい?多すぎるグレードからどれを選ぶか徹底解説

トヨタ プリウスが欲しい?多すぎるグレードからどれを選ぶか徹底解説

やっぱり低燃費なハイブリッドカーを選びたいあなたなら、ハイブリッドを世に広めた張本人であるトヨタ プリウスが愛車候補に入っているはず。しかしそのプリウス、需要の多さもあってかグレード展開が豊富なので、1つのグレードを選ぶことが難しいと感じられる場合も。この記事を読めば、現行プリウスのグレード間の違いが分かって、きっとあなたにぴったりのグレード選びができるはずです。


トヨタ プリウスがファミリーに最適な理由!安心も低燃費も1台で揃う

トヨタ プリウスがファミリーに最適な理由!安心も低燃費も1台で揃う

現在ではハイブリッド仕様を用意する車がたくさん登場していますが、それでもハイブリッドカーの未来を切り拓いた張本人、プリウスの魅力はまだまだ薄れていません。ハイブリッド専用車ならではの優れた効率と賢いパッケージングで、おひとりで乗っても、ご家族と乗っても、あらゆるドライブを快適に演出してくれるプリウス。あなたにもきっとおすすめなその魅力をご紹介していきます。


プリウスは事故率が高い?プリウスミサイルの本当の意味とは

プリウスは事故率が高い?プリウスミサイルの本当の意味とは

ネットなどで使われる「プリウスミサイル」と言う言葉。これはプリウスが事故を起こしやすい車と言う意味で使われている言葉ですが、果たして本当にプリウスは事故を起こしやすい車なのでしょうか。今回はプリウスについて見ていきましょう。


ハイブリッドカーとは?メリット・デメリット、おすすめモデルは?

ハイブリッドカーとは?メリット・デメリット、おすすめモデルは?

これまでも環境問題は自動車業界に大きな影響を与えてきました。排ガス規制などは時代とともに厳しくなり、それぞれのメーカーが環境に配慮した新たな車を開発し続けています。そんな中、革命的な進化となったのがハイブリッドカーの登場でしょう。 究極のエコカーとしてEV車もすでに登場していますが、充電スタンドの不足といった問題から大きく普及するに至ってはいません。ハイブリッドカーはそういった問題を解消してくれるエコカーとして急速に普及が進んでいます。今回はそんなハイブリッドカーについて詳しくご紹介します。


燃費が良くて使いやすい車5選!注目のハイブリッドモデルならコレ!

燃費が良くて使いやすい車5選!注目のハイブリッドモデルならコレ!

車選びをするときに1つのポイントとなるのは、燃費が良いかどうかです。普段使いで燃費が悪いとガソリン代が高くなるので、出来るなら燃費の良い車にしたいという方も多いでしょう。またハイブリッドモデルであれば、モーターによるアシストがあるので、力強く走ることができます。今回は燃費が良く使いやすい車を5車種ピックアップしてみました。


【最新情報】2021年以降発売予定のトヨタ車が知りたい!

【最新情報】2021年以降発売予定のトヨタ車が知りたい!

ヤリス、ヤリスクロス、ハリアーと、2020年も次々に新型を登場させたトヨタですが、まだまだ新型車攻勢は続きそうです。そこで、2020年には間に合いそうもないですが、2021年にも発売されそうなトヨタの新型車をまとめてみました。


【買うならどれ?】トヨタ プリウス、PHV、α 選び方を徹底指南!

【買うならどれ?】トヨタ プリウス、PHV、α 選び方を徹底指南!

もはやエコカーの代表格となったトヨタ プリウス。近年はハイブリッド搭載車が増えていますが、燃費特化車として究極の低燃費を実現しつつ、余裕のある室内で使い勝手もいいプリウスの魅力は大きいですね。しかしそんなプリウス、バリエーションが豊富すぎて、どれを選べばいいのか悩んでしまいませんか? この記事では、それぞれの魅力と、どれを選べば失敗しないかをご紹介していきます。


ハッチバックのおすすめ国産現行5車種!

ハッチバックのおすすめ国産現行5車種!

ハッチバックと言えば某マンガに出てきたハチロクを思い出す方は多いのではないでしょうか。本記事では国産現行車種のおすすめをご紹介したいと思います。


トヨタの新型プリウス最新情報 評価・内装・価格・燃費ほか完全網羅

トヨタの新型プリウス最新情報 評価・内装・価格・燃費ほか完全網羅

2018年12月にマイナーチェンジされたトヨタの新型プリウスは、現在、国内最高燃費を誇るハイブリッドカーです。そして プリウスαやプリウスPHVといった個性的な派生車種をラインナップしているのも、人気となっている理由です。当記事ではそんな新型プリウスの最新情報を、ユーザーの評価や内装、価格、そして燃費等をご紹介します。燃費の良い車ならプリウスがおすすめです。


トヨタのステーションワゴン プリウスα  中古価格まとめ

トヨタのステーションワゴン プリウスα 中古価格まとめ

トヨタのプリウスαは皆さんご存じトヨタ プリウスのステーションワゴン版ともいえる車です。ここではそんなトヨタ プリウスαの特徴やモデルごとの中古車情報についてまとめています。


トヨタの大ヒット車種プリウスのスペックや燃費、中古車価格等

トヨタの大ヒット車種プリウスのスペックや燃費、中古車価格等

トヨタの大ヒット車種「プリウス」の 初代モデルから現行のモデルが注目されています.燃費は世界トップレベルの「プリウス」をまとめてご紹介します。


プリウスのバッテリーは2つある?電気自動車もバッテリーは上がる?

プリウスのバッテリーは2つある?電気自動車もバッテリーは上がる?

プリウスに搭載されているバッテリー、実は2つあることをご存知でしたでしょうか?この記事では他の車とは一味違うプリウスのバッテリーについて、バッテリーが2つ搭載されているその理由や寿命、従来のガソリンバッテリーとの違いについてもご紹介します。


トヨタ プリウス4WDの実力、そして気になる評価は?

トヨタ プリウス4WDの実力、そして気になる評価は?

大幅マイナーチェンジでどう変わった?2015年12月9日に発売されたトヨタ プリウス4WDをトヨタ自動車は2018年12月17日に大規模マイナーチェンジしました。発売から丸三年を経過したプリウス4WDはどう変わったのか、一緒に見て行きましょう!


トヨタのプリウス2019年モデルを欧州で発表!気になる燃費は

トヨタのプリウス2019年モデルを欧州で発表!気になる燃費は

トヨタ自動車の欧州部門は1月18日、『プリウス』(Toyota Prius)の2019年モデルを欧州で発表しました。現行プリウス初となる大幅改良を受けたのが、2019年モデル。いったいどのように改良されているのでしょうか。


プリウスとインサイト、新型になったかつてのライバルの今と昔

プリウスとインサイト、新型になったかつてのライバルの今と昔

12月13日にフルモデルチェンジされた新型インサイト、17日にマイナーチェンジされたプリウスが発売されました。インサイトとプリウスといえば、燃費と販売台数の壮絶な争いを想起される方も多いと思いますが、今回はどうやら異なる状況のようです。では、今回はどこが違ったのでしょうか?両車の特徴とともにご紹介しましょう。


トヨタ プリウスの次期モデルは開発されず消滅!?

トヨタ プリウスの次期モデルは開発されず消滅!?

Spyder7によるとトヨタ「プリウス」が次期型は開発されず、今回のフェイスリフトが最終モデルとなる可能性があるそうです。販売が低迷している理由についての記事を書きましたが、ハイブリット車のあり方自体についてトヨタ内部でも検討されているようですね。


プリウスの販売台数が低迷しているデザイン以外の2つの理由。

プリウスの販売台数が低迷しているデザイン以外の2つの理由。

トヨタ自動車は、プリウスをマイナーチェンジし、12月17日に発売開始しました。販売台数が落ち込んでいたプリウスでしたが、今回のデザイン変更のテコ入れは販売の起爆剤となるのでしょうか。プリウスの販売台数が落ち込んでいる理由はデザイン以外に2つの理由があるのでは と感じます。


【トヨタ 新型プリウス】最新情報一覧|マイナーチェンジでどう変わった?

【トヨタ 新型プリウス】最新情報一覧|マイナーチェンジでどう変わった?

トヨタは、人気のハイブリッドカー『プリウス』をマイナーチェンジし、スタイルを一新するとともに、コネクテッド機能・安全性能を強化し、12月17日より販売を開始しています。いったいどのように変わったのか?改めて見ていきたいと思います。


プリウス・タントのコンビニ突入防止!後付け踏み間違い抑制システム発売!

プリウス・タントのコンビニ突入防止!後付け踏み間違い抑制システム発売!

トヨタ自動車とダイハツ工業がペダル踏み間違いによる急発進を抑制する後付可能なシステムを12月5日から発売しました。近年のペダル踏み間違いによる事故を防ぐために後付け機能として用意したのは素晴らしいですね。当記事にて詳しく紹介しています。


車両火災の恐れあり、トヨタ「プリウス」「プリウスPHV」「C-HR」3モデル55万台をリコール!

車両火災の恐れあり、トヨタ「プリウス」「プリウスPHV」「C-HR」3モデル55万台をリコール!

トヨタは車両火災の恐れがあるとして人気車種「プリウス」「プリウスPHV」「C-HR」の3モデル計55万3870台のリコールを国土交通省に届け出ました。 。対象車両は2015年6月から18年5月に生産したもので、世界で約102万台をリコール(回収・無償修理)することを発表しました。不具合内容と回収対策を見ていきます。