トップへ戻る

ハッチバックのおすすめ国産現行5車種!

ハッチバックのおすすめ国産現行5車種!

ハッチバックと言えば某マンガに出てきたハチロクを思い出す方は多いのではないでしょうか。本記事では国産現行車種のおすすめをご紹介したいと思います。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ハッチバックとはどんな車?

メルセデスベンツAクラス新型

メルセデスベンツAクラス新型

車にはセダン・ステーションワゴン・SUVなどのボディタイプがあります。

ハッチバックには次のような特徴があります。

・車の後方に室内に繋がる扉が設けてある。
・専用のトランクルームがなくて室内に繋がる荷物置き場が設けてある。
・バッグドアは跳ね上げ式になっているなどです。

ハッチバックは、小さな車でも大きな荷室を確保できるという利点があります。

メリット・デメリット

マツダ3 SKYACTIV-X

マツダ3 SKYACTIV-X

車の構造を見ることで、メリットおよびデメリットには何があるのかがわかります。例えば、乗車人数に応じて荷室の広さが変わるのはも構造上の特徴です。

メリット

荷室と居住空間を柔軟に活用できるため、大きな荷物や長いものでも乗せやすいという特徴があります。

トランクとは異なり、車を停車させることなく後方の荷物を取ることもできるのもメリットの一つと言えます。

デメリット

次にハッチバックのデメリットです。デメリットには次の様な物があります。

・セダンと比較した際に静音性に劣る点や乗車人数が増えたときには荷室が狭くなる。
・バックドアを開ける際に、車体後方にある程度のスペースが必要になる。などが挙げられます。

おすすめ国産現行5車種

ホンダ シビックハッチバック

ホンダ シビックハッチバック

狭い道や小さな駐車場が多い日本の中では小さい車の方が便利、このように考える人も多いのではないでしょうか。

荷物をたくさん積み込んでアウトドアに出かけたいときなども、車体は小さくでもハッチバックのように荷物をたくさん積める車が良いと考える人も多いかと思われますが、ここではおすすめの国産現行5車種をご紹介します。

おすすめ1. トヨタプリウス

トヨタ プリウス

トヨタ プリウス

プリウスは、ハッチバックタイプの中でも人気を集めている車種で、現行プリウスには7つのグレードが用意してあります。

最高位のグレードは、「Aプレミアムツーリングセレクション」、価格が最も安いエントリーモデルの「E」などがあり、いずれも1.8リッターガソリンエンジンとモーターの組み合わせ、いわゆるハイブリッド車です。

ハッチバックをプリウスで選びたいとき、価格で選ぶのであればエントリーモデルのEがおすすめです。

(Eグレード)、エンジンは直列4気筒、電動機種類は交流同期電動機です。駆動方式は二輪駆動またはE-Fourと呼ばれる四輪駆動でトランスミッションは電気式無段変速機、最大乗車定員数は5名です。

トヨタプリウスのスペック

【トヨタ プリウス E】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高) 4,575mm×1,760mm×1,470mm
ホイールベース2,700mm
最大乗車定員5名
車両重量1,320kg
燃費WLTCモード:32.1km/L
エンジン種類直列4気筒
最高出力72kW(98PS)/5,200rpm
最大トルク142N・m(14.5kgf・m)/3,600rpm
電動機種類交流同期電動機
最高出力53kW(72PS)/-rpm
最大トルク163N・m(16.6kgf・m)/-rpm
駆動方式2WD
トランスミッション電気式無段変速機
(2020年7月現在 トヨタ公式サイトより)

おすすめ2. 日産ノート

日産 ノート Vセレクション

日産 ノート Vセレクション

日産ノートもハッチバックの中で人気を集めている車種です。

ノートのパワートレインは、1.2Lの自然吸気ガソリンエンジンとスーパーチャージャー付きガソリンエンジン、モーターのみで駆動するe-POWERの3タイプの設定です。

二輪駆動タイプと四輪駆動タイプの2種類から選べるなど、グレードが豊富にあるのも日産ノートの特徴といえるのではないでしょうか。

日産ノートにはいろいろなグレードが用意されていますが、数あるグレードの中でも価格が安いノート「S」の仕様を簡単にご紹介します。

燃費はJC08モード時リッター当たり23.4km、エンジンはDOHC水冷直列3気筒です。駆動方式は前輪駆動でトランスミッションはエクストロニックCVT無段変速機、最大乗車定員5名です。

日産ノートのスペック

【日産 ノート S】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,100mm×1,695mm×1,525mm
ホイールベース2,600mm
最大乗車定員5名
車両重量1,030kg
燃費JC08モード:23.4km/L
エンジン種類DOHC水冷直列3気筒
最高出力58kW(79PS)/6,000rpm
最大トルク106N・m(10.8kgf・m)/4,400rpm
駆動方式前輪駆動
トランスミッションエクストロニックCVT(無段変速機)
(2020年7月現在 日産公式サイトより)

おすすめ3. ホンダシビック ハッチバック

ホンダ シビックハッチバック

ホンダ シビックハッチバック

ホンダのハッチバックといえば「シビック」、グレードはベースグレードのひとつですが、CVT仕様のほかに6速マニュアル仕様が選択できることもポイントです。

シビックハッチバックの仕様は、燃費はWLTCモード時リッターあたり16.4km、エンジンは水冷直列4気筒横置です。

駆動方式は前輪駆動でトランスミッションはパドルシフト付きのCVTか6MTの2種類、最大乗車定員は5名です。

ホンダシビックハッチバックのスペック

【ホンダ シビック ハッチバック】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,520mm×1,800mm×1,435mm
ホイールベース2,700mm
最大乗車定員5名
車両重量1,350kg
燃費WLTCモード:16.4km/L
エンジン種類L15C/水冷直列4気筒横置
最高出力134kW(182PS)/6,000rpm
最大トルク220N・m(22.4kgf・m)/1,700-5,500rpm
駆動方式FF
トランスミッション無段変速機オートマチック(トルクコンバーター付)[7スピードモード付]+パドルシフト
(2020年7月現在 ホンダ公式サイトより)

おすすめ4. スバルインプレッサスポーツ

スバル・インプレッサスポーツ

スバル・インプレッサスポーツ

インプレッサスポーツには、1.6リッターと2.0リッターの、それぞれにLタイプとSタイプがあり、駆動方式は二輪駆動とAWDが用意されています。

インプレッサスポーツのラインアップの中から1.6i-L EyeSightの仕様を簡単に説明します。
燃費はJC08モード時リッター当たり17.2km、エンジンの種類は水平対向4気筒です。

駆動方式は二輪駆動および常時全輪駆動、トランスミッションはリニアトロニック(マニュアルモード付き)前進無段後退1速、最大乗車定員は5名です。

スバルインプレッサスポーツのスペック

【スバル インプレッサスポーツ 1.6i-L EyeSight】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,475mm×1,775mm×1,480mm
ホイールベース2,670mm
最大乗車定員5名
車両重量1,300kg
燃費JC08モード:17.2km/L
エンジン種類水平対向4気筒
最高出力85kW(115PS)/6,200rpm
最大トルク148N・m(15.1kgf・m)/3,600rpm
駆動方式2WD
トランスミッションリニアトロニック(マニュアルモード付) 前進無段 後退1段
(2020年7月現在 スバル公式サイトより)

おすすめ5. スズキスイフト

スズキ スイフトハイブリッド

スズキ スイフトハイブリッド

スズキのスイフトには、ストロングハイブリッド仕様のハイブリッドSZ、マイルドハイブリッド仕様のハイブリッドMGとハイブリッドRS、ガソリンエンジンタイプのRSおよびMGの5グレードが用意されています。

さらに、グレードの中には二輪駆動と四輪駆動の2タイプから選択ができたり全方位モニター用カメラパッケージ装備車の設定が行われているなどの特徴があります。

スズキのスイフトの仕様をXGグレードを例に簡単にご紹介します。

燃費はJC08モード時リッター当たり21.6km、エンジンの種類は水冷4サイクル直列4気筒です。駆動方式は前二輪駆動または四輪駆動、トランスミッションは無段変速機または5速マニュアル、最大乗車定員は5名です。

スズキのスイフトのスペック

【スズキ スイフト XG】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,845mm×1,695mm×1,500mm
ホイールベース2,450mm
最大乗車定員5名
車両重量890kg
燃費WLTCモード:20.0km/L
エンジン種類水冷4サイクル直列4気筒
最高出力67kW(91PS)/6,000rpm
最大トルク118N・m(12.0kg・m)/4,400rpm
駆動方式2WD(前二輪駆動)
トランスミッションCVT
(2020年7月現在 スズキ公式サイトより)

まとめ

ホンダ シビック ハッチバック

ホンダ シビック ハッチバック

国産現行モデルのハッチバックでおすすめ5メーカーの代表モデルは、いずれも最大乗定員が5名です。どれを選んでもきっと便利に使えることでしょう。

関連する投稿


スズキ スイフトスポーツの燃費情報が丸わかり!実燃費、ライバル比較

スズキ スイフトスポーツの燃費情報が丸わかり!実燃費、ライバル比較

今や貴重すぎる国産ホットハッチの一台であるスズキ スイフトスポーツは、ターボエンジンの豪快な加速力と優れた操縦性、ハッチバックならではの使い勝手の良さに、性能を考えればバーゲン価格な低廉さと、全方位的な魅力が人気です。日常のアシとしても使いやすいスイフトスポーツですが、いざ愛車として選ぶなら、燃費性能についても気にしておきたいところ。スイフトスポーツの燃費情報を詳しくご紹介していきます。


スズキ スイフトにはどんなグレードがあるの?おすすめのグレードについて紹介

スズキ スイフトにはどんなグレードがあるの?おすすめのグレードについて紹介

スズキ スイフトは種類が多く、人気の高い車種です。現在販売しているグレードの種類は豊富にあるのでどれを選べばいいかわからない方も多いでしょう。この記事では、スズキ スイフトのグレードの種類とおすすめグレードを比較しながらご紹介していきます。


スズキ スイフトRS、RStってどんな車?走行性能やコスパについて紹介!

スズキ スイフトRS、RStってどんな車?走行性能やコスパについて紹介!

スズキ スイフトRS、RStは人気の高い車です。コスパがよく、走行性能を重視している人であっても満足できる性能を有しています。この記事では、スズキ スイフトRS、RStの基本情報や走行性能、コスパについて詳しくご紹介します。


トヨタのハイブリッドカーのおすすめは?使用シーン別のおすすめモデルをご紹介!

トヨタのハイブリッドカーのおすすめは?使用シーン別のおすすめモデルをご紹介!

トヨタのハイブリッド車といえば、有名なプリウスがありますが、多くの車種でハイブリッドモデルが設定されています。ハイブリッドがたくさんの車に設定されているトヨタなら、ハイブリッド車に乗りたい方の選択肢が豊富です。この記事では、トヨタのハイブリッド車を考えている方におすすめモデルをご紹介します。


セダンとはどんな車のこと?他の車種と徹底比較

セダンとはどんな車のこと?他の車種と徹底比較

車と言って真っ先に想像する形はいわゆる「セダン」の形ではないでしょうか。ですが、セダンとはどんな車か説明することは難しいと思います。そこで、今回はそんなセダンの特徴と魅力について解説します。


最新の投稿


トヨタ シエンタの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

トヨタ シエンタの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

ミニバンの使い勝手とコンパクトカーの乗りやすさが高度にバランスされていて人気の「トヨタ シエンタ」。混み合う駅へのお出迎えや、狭めな駐車場のお店でのお買い物だって楽々こなせます。そんなシエンタ、普段使いで気になるのはやっぱり燃費性能ですよね。この記事では、カタログ燃費や実燃費をチェックしつつ、ライバルとの比較なども通して、シエンタの燃費情報を詳しくご紹介していきます。


自動車保険の比較・検討|見積もりには比較サイトが便利でお得!

自動車保険の比較・検討|見積もりには比較サイトが便利でお得!

自動車保険は、比較・検討することで、自分に合った補償内容に調整しつつ、保険料を安くできます。今回は、見積もりを取るのに比較サイトが便利な理由と、各種キャンペーンについてまとめました。


自動車保険はどこがおすすめ?|自動車保険の基本とおすすめ保険会社

自動車保険はどこがおすすめ?|自動車保険の基本とおすすめ保険会社

自動車保険の更新時期になると、保険料をもっと安くできないか、もっといい保険はないか、と検討される方は多いかもしれません。そこで今回は、自動車保険の基本的な部分と、おすすめ保険会社をまとめました。


自動車ローンはどこがお得?|金利の仕組みとシミュレーション!

自動車ローンはどこがお得?|金利の仕組みとシミュレーション!

自動車ローンは、どこで、どのように借りるとお得なのでしょうか?今回は、金利やローン審査、シミュレーションなどについてまとめました。また、低金利を選ぶ際の注意点についても取り上げます。


日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

売れ筋のコンパクトSUVジャンルで、パワートレインはハイブリッド「e-POWER」のみと割り切ったラインナップが特徴的なのが「日産 キックス」。軽快なルックスと爽快な走りで人気を得ています。そんなキックス、普段使いで気になるのはやっぱり燃費性能ですよね。この記事では、カタログ燃費や実燃費をチェックしつつ、ライバルとの比較なども通して、キックスの燃費情報を詳しくご紹介していきます。