トップへ戻る

【2020年度版】スズキのハッチバック車の実力とその魅力

【2020年度版】スズキのハッチバック車の実力とその魅力

今や軽自動車では、日本有数のトップメーカーとして君臨し続けているのがスズキの「強み」であり「セールスポイント」です。スズキは、軽自動車に限らず、誰もが気軽に乗れる自動車づくりを心がけながら様々な用途に合わせた仕様を企画・開発し、世に送り出し続けています。今回はスズキのハッチバック車について紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


スズキのハッチバックとは

スズキ スイフト 2017年

スズキ スイフト 2017年

トランクのドアが跳ね上げ式に開く車のことを、リフトバックやスポーツバックと言います。ハッチバック車は、この跳ね上げ式ドアを持った車の総称です。

実用性を追求した車として、広い世代に支持されている人気車種となっており、セダンタイプの車に比較して、車両後部に荷物スペースを多く取れるのがその理由の一つです。

さらに、後部座席シートを倒すことによってより多く荷物を載せることもでき、引っ越しやアウトドアの際に便利です。車に乗ったまま荷物を取り出せる点も、セダンに比べて利便性に優れています。

スズキが展開しているハッチバック車には、「イグニス」と「スイフト」と「バレーノ」があるのでそれぞれの車種の特徴やスペックを比較していきましょう。

【現行車種】スズキのハッチバック

スズキハッチバックのボディには、プラットフォームにヨーロッパでの自動車の分類の一つであるBセグメントを使用したものもあり、スズキ独自の設計が行われました。

セグメントとは、日本における軽自動車やコンパクトカー、あるいはセダンなどといった大まかな分類です。

【イグニス】ハスラーとエスクードの間に・・・

スズキ イグニス

スズキ イグニス

イグニスはすでに発売されていた軽クロスオーバーSUV車のハスラーと、のちに開発される小型クロスオーバーSUV車の新型エスクードの中間を埋める存在です。

コンパクトSUVの新型として、2016年に国内で公式発表されました。イグニスという名称は、ラテン語で炎を意味し、その名の通りの豪快さと軽快さを併せ持つ走りが最大のアピールポイントになりました。

デザインを考える際の特徴として、「分かりやすさ」を追求しています。シンプルで、かつスタンダードであることを目指してデザインされました。

そこで、かつてのスズキらしいフォルムが見直されることになり、既存の車種からディテールを継承して今に至っています。

スズキ イグニス

スズキ イグニス

2017年からは新型モデルも海外展開を始めて、世界各国でも人気です。このモデルは、初代の風格を残しながらも初代が実現できなかった完全なるSUVの完成に成功しました。

プラットフォームには、2015年にフルモデルチェンジした新型ソリオと同じものを使っています。これは、デュアルインジェクションシステムを採用したパワーと燃費性能を持ちます。

K12C型のデュアルジェットエンジンは、リチウムイオンバッテリー搭載のマイルドハイブリッド仕様なので、燃費性能も格段に向上しました。

エンジンの疲労を軽減し、ガソリン燃焼効率も良くなっています。4WD車では、急な下り坂の際にブレーキをアシストしてくれるヒルディセントコントロールが付いており安全に減速できることもうれしいシステムです。

スズキ イグニス

スズキ イグニス

雪道で滑らないように運転を支えるグリップコントロールが付いているので安心です。

セーフティシステムとして衝突時の衝撃を軽減するデュアルカメラブレーキサポートが搭載され、誤発進抑制機能や車線逸脱アラートが装備されていて高齢者の運転にも配慮がなされています。

フルオートエアコンとキーレスプッシュアップスタートシステムも採用されました。メッキが施されたインサイドドアバーとシフトレバーのデザインも秀逸です。

イグニスのスペック

【スズキ イグニス HYBRID MG】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,700×1,660×1,605mm
ホイールベース2,435mm
最大乗車定員5名
車両重量850kg
燃費WLTCモード:19.8km/L
交流電力量消費率JC08モード:-Wh/km
エンジン種類水冷4サイクル直列4気筒
最高出力67kW(91PS)/6,000rpm
最大トルク118N・m(12.0kg・m)/4,400rpm
電動機種類直流同期電動機
最高出力2.3kW(3.1PS)/1,000rpm
最大トルク50N・m(5.1kg・m)/100rpm
駆動方式2WD(前2輪駆動)
トランスミッションCVT

情報は2020年4月現在の公式サイトより

イグニスの新車価格

メーカー希望小売価格(消費税込)

HYBRID MG1,423,400円〜1,727,000円
HYBRID MX
1,650,000円〜1,841,400円
HYBRID MZ
1,788,600円〜1,980,000円
HYBRID MF
1,839,200円〜2,030,600円

情報は2020年4月現在の公式サイトより

イグニスの中古車価格

イグニスの中古車価格は、62.8万円〜206.2万円となっています。

グレードや状態、物によりますが、新車で購入するよりも比較的お安く購入できます。

※情報は車情報サイトresponse中古車価格より(2020年4月現在)

イグニスについてもっと詳しく知りたい方はこちら

【スイフト】その意味は軽快!

スズキ スイフトハイブリッド

スズキ スイフトハイブリッド

名前のごとく軽快な走りで人気車となったのがスズキスイフトです。

2006年に初代が発売されて以降、何度もモデルチェンジを重ねて愛されてきました。走る・曲がる・止まると自動車に求められる性能をすべて内包した名車であり、絶賛されています。

初代はからクロスオーバーSUVを目指していたと思われますが、二代目、三代目とモデルチェンジを繰り返すことで現在はスポーティなハッチバック車となっています。

スズキ スイフトハイブリッド

スズキ スイフトハイブリッド

新型モデルではハイブリッドモデルが採用されていて、燃費もかなり良くなりました。価格帯も低いことから、乗りやすい車のなかでもより定着した定番小型自動車と言えます。

コンセプトは二代目以降のものを引き継いでいますが、設計自体は大幅に改良されています。

新型プラットフォームのハーテクトを利用することで、さらなる軽量化と高い剛性の獲得を実現したことも特徴です。外装はフロントグリルを拡張することでどっしりとした見た目になり、低重心化によって地面をつかむような走りができる様になりました。

窓ガラスをブラックにし、リアドアのノブをピラー部分へ移動したことにより2ドアクーペのようになったサイドデザインもスマートで好評です。

スズキ スイフトハイブリッド

スズキ スイフトハイブリッド

一部の車種に使用されていたデュアルジェットエンジンの圧縮率を改善し、トルクを低回転にしたことが燃費改善に一役買っています。

軽量ボディとも相まって、リッター27キロをという高い燃費性能でお財布にも優しい車です。

メーターには水温計や燃焼計を配置し、中央にはマルチディスプレイを置いて運転時の操作性も簡単かつ安全になっています。

座面は高反発ウレタンを使用し、スプリングを改良することで座り心地よく、運転していても疲れない仕様となっています。

スイフトのスペック

【スズキ スイフト XG Limited】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,840×1,695×1,500mm
ホイールベース2,450mm
最大乗車定員5名
車両重量860kg
燃費JC08モード:22.6km/L
エンジン種類水冷4サイクル直列4気筒
最高出力67kW(91PS)/6,000 rpm
最大トルク118N・m(12.0kg・m)/4,400 rpm
駆動方式2WD(前2輪駆動)
トランスミッション5MT

情報は2020年4月現在の公式サイトより

スイフトの新車価格

メーカー希望小売価格(消費税込)

XG Limited1,375,000円〜1,645,600円
HYBRID SL1,985,500円〜2,053,700円
RS1,717,100円〜1,947,000円
RSt1,833,700円〜1,901,900円
HYBRID RS
1,820,500円〜2,046,000円

情報は2020年4月現在の公式サイトより

スイフトの中古車価格

スイフトの中古車価格は、40万円〜335万円となっています。

グレードや状態、物によりますが、新車で購入するよりも比較的お安く購入できます。

※情報は車情報サイトresponse中古車価格より(2020年4月現在)

【バレーノ】小型乗用車のノウハウを活かしたクルマ

スズキ バレーノ 1.0Lターボ「XT」

スズキ バレーノ 1.0Lターボ「XT」

スズキバレーノは、ジュネーブモーターショーに出展されたik-2のコンセプトモデルを基に開発・発売されました。同年10月には東京でも発表されています。

製造はインドのマルチ・スズキ・インディアで行われています。

インドの工場で製造されたスズキ車が日本で販売されるのは、このバレーノがはじめてでした。閃光を意味する名前のようにスポーティーな車となっています。

ただし、2018年に行われたトヨタ社との完全合意によってスズキからOEM供給がなされ、2019年にはトヨタグランザとしても発売されています。

スズキ バレーノ「XT」

スズキ バレーノ「XT」

Bセグメントとして新規に開発されたプラットフォームを使用しています。これはアメリカでいうサブコンパクトカーという概念に近いものです。

バレーノでのデータを基に、この新型プラットフォームは後続の車にも採用される予定のようです。スイフトに近いボディですが、一回り大きな車格とやや高い車高という違いがあります。

また、国内の自動車メーカーがこぞって住居性の向上をめざすなか、バレーノはかっこよさの追求を忘れることなくデザイン設計が行われました。

「XT」に搭載する1.Lターボ3気筒“ブースタージェットエンジン”

「XT」に搭載する1.Lターボ3気筒“ブースタージェットエンジン”

デュアルジェットエンジンとブースタージェットエンジンの2種を装備し、熱効率を高めて平成32年度の燃費基準をクリアしました。

さらに排気ガスの一部を冷やしてもう一度燃焼室内に戻すクールドEGRシステムを採用していることから、各段の燃費性能となったのです。

エンジンごとに違うトランスミッションも搭載され、快適な走りを実現することができました。

バレーノのスペック

【スズキ バレーノ XT】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,995mm×1,745mm×1,470mm
ホイールベース2,520mm
最大乗車定員5名
車両重量950kg
燃費JC08モード:19.6km/L
エンジン種類水冷4サイクル直列3気筒直噴ターボ
最高出力75kW(102PS)/5,500rpm
最大トルク150N・m(15.3kg・m)/1,700-4,500rpm
駆動方式2WD(前2輪駆動)
トランスミッション6AT

情報は2020年4月現在の公式サイトより

バレーノの新車価格

メーカー希望小売価格(消費税込)

XS1,573,000円
XT1,760,000円

情報は2020年4月現在の公式サイトより

バレーノの中古車価格

バレーノの中古車価格は、95.7万円〜175.1万円となっています。

グレードや状態、物によりますが、新車で購入するよりも比較的お安く購入できます。

※情報は車情報サイトresponse中古車価格より(2020年4月現在)

バレーノについてもっと詳しく知りたい方はこちら

まとめ

スズキ バレーノ 2016年

スズキ バレーノ 2016年

今回は、小型車の性能を持ったスポーツタイプとして、広く人気を獲得しているスズキのハッチバックカーを紹介してきました。

スイフトは軽快な走りとコンパクトボディを実現し、運転しやすいスペックが最大の特徴です。バレーノはさらなる燃費性能の実現と、デザイン性で信念を曲げない姿勢が評価されました。

この2台をけん引してきたイグニスも、データを蓄積した功績があります。いずれも軽量なボディと安全性能、よく走りよく止まるという自動車の本分を実現した理想的な車です。

関連する投稿


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


スズキのエスクードはなぜ売れない?メリットや新型車情報を解説

スズキのエスクードはなぜ売れない?メリットや新型車情報を解説

スズキのエスクードは売り上げがそれほど振るわないモデルではありますが、数多くの魅力を備えています。秋口には新型車が出るという情報もあり、今後に期待が持てるでしょう。そこで今回は、スズキのエスクードの魅力をご紹介します。


ちょうどいいサイズのSUV!スズキ クロスビーの魅力を解説!

ちょうどいいサイズのSUV!スズキ クロスビーの魅力を解説!

欧州でのSUVブームから、日本でも大型のSUVが人気となり街中でも見かけるようになりました。少し大きすぎるという方にはコンパクトSUVがおすすめです。今回紹介するスズキ クロスビーはちょうどいいサイズのコンパクトSUVで、その魅力を他のメーカーと比較しながらご紹介します。


スズキ ラパンが乗りづらいって本当?グレードや人気色について解説!

スズキ ラパンが乗りづらいって本当?グレードや人気色について解説!

スズキ ラパンは非常にかわいい軽自動車です。しかし、一部ではラパンは乗りづらいという声もあります。そこで今回は、スズキ ラパンのグレードや人気色、乗りづらいと言われている理由についてご紹介します。


スズキ エブリイ|商用車のベストセラーカーを徹底解剖!中古車相場も!

スズキ エブリイ|商用車のベストセラーカーを徹底解剖!中古車相場も!

毎日必ず見かける車といえば軽バンです。そしてその中でも最も多く見るのがスズキのエブリイではないでしょうか。そこで、安くて小回りがきく働く人の強い味方「エブリイ」を徹底解剖します。


最新の投稿


蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

フランスのアルピーヌ・A110が蘇り再生産されていますが、やはりA110と言えば1963年から製造のアルピーヌA110を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?今回は新旧アルピーヌA110について見ていきます。


人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

街中で見かけない日はなさそうなほど売れに売れているコンパクトカー、トヨタ ルーミー。見るからに実用性の高そうなスクエアなボディスタイルとコンパクトなサイズは、どんな場面でもバッチリ活躍してくれそうな予感がしますよね。そんなルーミー、いざ買うぞ!と思うと、意外とバリエーションが多くて目移りしてしまうかも。コスパを評価軸に、グレード間の装備内容や見た目の違いを徹底分析していきます。


トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

誰しも憧れるスポーツクーペのある生活。しかし、先行き不安定な現代だからこそ、趣味性の塊のようなスポーツクーペであっても、実用性やコスパの良さはしっかり追求していきたいところですよね。そんな新しい評価軸に対して、トヨタ 86はどのような結果を残せるのでしょうか? 本格FRスポーツながら4人乗れる86ですが、普段はあまり紹介されない、燃費性能など使い勝手に迫っていきます。


何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

一般的なコンパクトカーよりもグイッと上げられたルーフ高で、トヨタ ルーミーには見るからに広々室内のイメージがありますよね。実際、インテリアは余裕綽々の大空間ですが、写真だけ見ても意外とスケール感が掴みにくいもの。そこで今回は、ルーミーの室内にどんなものが載せられるのか、詳しくまとめてみました。日々の生活でルーミーが役立つこと間違いなしなことが、きっと実感できるはずです。


トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

狭い道もまだまだ多い日本の道で、日々その存在感がどんどん増しているのが全高を高めに取ったコンパクトトールワゴン、トヨタ ルーミーです。発売から5年が経とうとしているのに、2021年に入っても1月から3月までコンスタントに1万台以上を販売し続ける息の長い人気が印象的です。そこまで売れるからには理由があるはずですよね。ルーミーに対する、さまざまな視点からの評価をまとめてみました。