トップへ戻る

ハイブリッド界の重鎮、プリウスの車内空間に注目!納得の使い勝手

ハイブリッド界の重鎮、プリウスの車内空間に注目!納得の使い勝手

1997年に量産ハイブリッドカーとして世界で初めて登場したトヨタ プリウス。まだハイブリッドという仕組みが広く知られていなかった頃から、世代を重ねるたびにより幅広い層のニーズを満たす万能な車として進化して、現在ではエコカーとしてだけでなくこれ1台でなんでもこなせる車になっています。そんなプリウスの室内の使い勝手を検証していきます。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


背が低い高効率スタイルのトヨタ プリウス、インテリアは狭いの?

《画像提供:Response 》トヨタ プリウス

今一番人気のあるジャンルといえばコンパクトカー、それも特に背が高めのトールワゴンタイプではないかと思われるほど、国内自動車市場はユーティリティ性重視の傾向が続いています。

以前はユーティリティ性をとるか、ハイブリッドカーの燃費性能をとるかどちらかを選ばなければならなかったことも多かったのですが、最近ではたくさんの車種にハイブリッドシステムが搭載され、どのようなタイプの車でも高い燃費性能を得やすくなっています。

そんなこともあって、ハイブリッド専用車であるトヨタ プリウスの存在感はやや薄れているような印象もありますよね。見るからに風をうまく受け流せそうな空力重視の滑らかなボディは、室内もあまり広そうには見えませんし、流行とはやや逆行しているのかも。

しかし、ハイブリッド専用車ならではの効率性の良さはやはり注目に値しますし、実はプリウスは室内使い勝手もファミリーカーとして必要充分以上の実力があることは、あまり知られていないかもしれません。

燃費性能に優れた実用車をお探しの方なら、プリウスをしっかりチェックしておきたいところ。この記事で、プリウスの室内空間について詳しくなりましょう。

プリウスの立ち位置をちょっと復習!セダン?ハッチバック?

プリウスは、ボディを見るとハッチゲートをもつ5ドアハッチバック車なのですが、トヨタ公式ホームページではセダンとして分類されているなど、やや分類がわかりにくくなっている車です。

これは、初代モデルは4ドアセダンとしてデビューしたのに、2代目でボディスタイルを大胆に5ドアハッチバックに変更したことも影響していそうです。

また、キャラクターとしても、同じハッチバック車ながらより若々しくて実用的な同社のヤリスのような印象ではなく、プリウスには落ち着いた高級感も感じられますよね。

これらの点からも、形状としてはハッチバックであるものの、セダン的な使い方にもぴったりな車とプリウスを考えれば、しっくりきそうですね。

まずは、トヨタ プリウスの魅力を軽くおさらい

意識せずにエコ運転できる低燃費

《画像提供:Response 》トヨタ プリウス

現行モデルではWLTCモードで最高32.1km/Lという低燃費が実現されているプリウス。これは5人乗りの乗用車として非常に優秀なもので、一時期は国内で最も低燃費な乗用車として認定されていたほどです。

実ユーザーが経験している実燃費でも、発進停止が多い、寒い気候でヒーターをよく使うなどコンディションが悪くなってきてもリッター20キロは優に狙えるという、意識せずにエコ運転が可能な効率性の高さこそ、プリウスの特徴でしょう。

高級感も感じられる上質なデザイン

《画像提供:Response 》トヨタ プリウス インテリア

トヨタラインナップの中でも中級に位置付けられるだけあって、同じくハイブリッド専用車のアクアなどよりも上質な仕立てとなっている点もプリウスの特徴。エクステリアは現行型のデビュー時には違和感を感じる方もいた模様ですが、改良によってより洗練されたデザインに進化しており、より多くの人に受け入れられやすい造形にまとめられています。

さらに注目は室内で、特に上級仕様である「ツーリングセレクション」を選択すれば、もはや高級感を感じられるような上質な仕立てが特徴的。タブレットライクな使い勝手を実現する縦型11.6インチ大画面ナビもオプション設定されているなど、未来的な使い勝手の追求もプリウスらしいところです。

安全装備も忘れてません!

《画像提供:Response 》トヨタ プリウス リヤクロストラフィックアラート 作動イメージ

現行型プリウスのデビューは2015年と、モデルライフ終盤であることは否めませんが、それでも細やかな改良で現在でも第一線級の安全機能や運転支援技術を持ち続けているのがプリウスです。

特に注目な2020年7月の改良では、「トヨタセーフティセンス」のプリクラッシュセーフティが夜間の歩行者や昼間の自転車検知にも対応したほか、従来はオプション設定にとどまっていたパーキングサポートブレーキ付きのインテリジェントクリアランスソナーが全車標準装備となるなど、これまで以上に安全装備が充実しました。

燃費性能だけでなく、安全装備面でもプリウスを安心して選べるよう、最新のサポート体制が整えられています。

トヨタ プリウスのスペック

【トヨタ プリウス A プレミアム 2WD】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,575mm×1,760mm×1,470mm
ホイールベース2,700mm
最大乗車定員5名
車両重量1,370kg
燃費WLTCモード:30.8km/L
エンジン種類直列4気筒ガソリンハイブリッド 1,797cc
エンジン最高出力72kW(98PS)/5,200rpm
エンジン最大トルク142N・m(14.5kgf・m)/3,600rpm
モーター種類交流同期電動機
モーター最高出力53kW(72PS)
モーター最大トルク163N・m(16.6kgf・m)
駆動方式前輪駆動(FF)
トランスミッション電気式無段変速機
新車価格2,952,727円(消費税抜)
(2021年4月現在 トヨタ公式サイトより)

トヨタ プリウスの室内や荷室、何人乗れて何が載るの?

《画像提供:Response 》トヨタ プリウス インテリア

車両後方に向かうにつれてググッと低められ、かつ絞られていくルーフラインを持つプリウスだけに、その居住性や積載能力が心配になってしまうこともありそう。そこで、プリウスのインテリアの実態をしっかりチェックしていきましょう。

まずはフロントシートから見ていくと、しっかりした高さのバックレストを持つシートは上質な仕立てで、グレードによっては本革仕様も選択可能で高級感があります。

また、高級車さながらの装備なのが幅広いグレードに備わる快適温熱シートや、上位グレードの「Aプレミアム」グレード以上に備わるシートベンチレーション機能。前席限定ではありますが、冬の寒い時期、夏の暑い時期、それぞれで極上の快適空間を車内で過ごせることでしょう。

さらにリヤシートでは、乗り降りこそルーフ高が低めなのでやや気を遣うものの、乗り込んでしまえば余裕たっぷりの空間が広がります。

長めのホイールベースによる足元の余裕もさることながら、注目は頭上空間の余裕。工夫されたルーフ形状やシート位置の細やかな設計によって、絞り込まれていくルーフ形状ながらフロント同等のヘッドクリアランスが実現されています。

特に気にしておきたい部分が頭上空間の左右の広がりで、ルーフ幅いっぱいに近い部分まで左右方向に広くえぐられた天井形状となっているので、3人乗りのリヤシートに並んで座っても、両端の乗員は頭をぶつけずに済みそう。

しっかりとした形状のアームレストもあって、まさにセダン的な快適性が実現されているのがプリウスの後席です。

《画像提供:Response 》トヨタ プリウス 荷室

また、扱いやすさが際立つ荷室にも要注目。フラットでワイドな荷室床面は使いやすいですし、荷室容量としても2WD車のVDA法測定値で502Lと充分なサイズなので、ゴルフバッグは4個きちんと収納が可能。5人乗りのハッチバック車であっても4個収納可能な車は意外と少なく、この点でもセダン的な優れた使い勝手を実現してくれていますね。

さらにリヤシートは6:4分割可倒式となっており、倒せば荷室容量は1,500リッター以上にまで拡張可能。この場合荷室の長さはおよそ1,700mm近くにも達するので、かさばる大きめの荷物でもしっかり飲み込めるゆとりがあります。フロントシート位置を調整すれば、車中泊だって可能なことでしょう。

荷室にはラゲージフックが備わるほか、デッキアンダートレイによって細かな荷物を外から見えない位置に収納しておくことも可能。さらに室内でも、全車に備わるオーバーヘッドコンソールや、Eグレード以外全車に備わるシートバックポケットなど、欲しい位置に収納が揃っているので、車内を整頓した状態に保ちやすいです。

また注目なのは、助手席側シートバックポケットにファスナー付きポケットが用意されている点。細かな荷物がどこに行ったかわからなくなってしまわないよう、しっかりしまっておきたい場合などに重宝しそうです。

このようにプリウスの室内は、ハッチバックを超えた上質さと、セダンを超えた実用性が高度に融合している印象で、非常に使い勝手に優れています。

燃費だけを追求するのではなく、普段の使い勝手の良さまで備わっているからこそ、日本のハイブリッドカーとして最も有名な車名のひとつへ上り詰めることができたのかもしれませんね。

【2021年最新】トヨタ プリウス 新車・中古車価格まとめ

《画像提供:Response 》トヨタ プリウス

2021年3月現在、プリウスは主に「E」「S」「A」「A プレミアム」の4グレードが展開されており、E以外には上級装備の揃う「ツーリングセレクション」が設定されていることや、4WD仕様の設定もあって、特別仕様車を含めて15グレードと幅広い設定となっています。

税抜価格帯としては、2WDが約237.1万円から約307.1万円、4WDが約259.4万円から約325.1万円となっており、高級感のあるスタイルと装備ながら300万円台までで収まっている点がうれしいですね。

意外なポイントかもしれませんが、プリウスはグレード間での外観差が少なく、特にツーリングセレクション仕様なら17インチアルミホイールが備わることもあって上級感もたっぷり。

もともと滑らかで低く構えたフォルムでスポーティな印象もありますし、見方によって多面的な魅力が感じられる奥深さもありますね。

トヨタ プリウス モデリスタパーツ装着車

トヨタ プリウス モデリスタパーツ装着車

また、国民車的な人気のあるプリウスだけに、中古車市場でも在庫数は非常に豊富。4世代あわせた中古車在庫台数は1万台を超えており、活発な取引がされているため、お好みの仕様も探しやすさが抜群です。

意外とカラーバリエーションも凝っているプリウスだけに、あの世代のあの色が欲しい!なんて要望でも、すぐに見つかるかもしれませんね。

現行モデルに限れば、プリウスの税込中古車本体価格平均は182.6万円となっており、あまり大きく値落ちはしていないものの順当な価格帯で推移しているといえそう。先代モデル以前になると平均価格は2ケタ万円台まで下がりますので、コスパ重視なら旧型もおすすめしたいところです。

まとめ

《画像提供:Response 》トヨタ プリウス(左:現行型改良前モデル、右:先代モデル)

トヨタ プリウスの室内の使い勝手をご紹介してきました。

ハイブリッド専用車ならではの効率性に磨きをかけてきた歴代プリウスですが、そろそろ現行の4代目もモデルチェンジが噂され始めています。

現行モデルでも非常にハイレベルな燃費性能と使い勝手の両立に成功していますので、次期型モデルがどのように進化するのかにも注目していきたいところですね。

関連する投稿


トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

シャープなデザインと優れた走行性能をひっさげて、ヴィッツに代わる新たな名前で登場した「トヨタ ヤリス」は、2020年のデビューから国内市場だけでなく世界的な人気を獲得しています。そんなヤリス、ハイブリッド車では世界トップレベルの低燃費を実現しているなど、その高効率性がハンパないことはご存知でしたか? 話題のハイブリッド車だけでなく、力強さのガソリン車まで含めて、ヤリスの燃費を分析していきます。


【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

今、トヨタのアルファードが人気沸騰中です。何と、発売から6年を経過したにもかかわらず、過去最高の販売実績を記録しているのです。そんなアルファードの人気の理由はどこにあるのでしょうか?そこで、今回はアルファードの魅力を徹底的に検証し、その人気の理由をご紹介します。


【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

ご家族が乗り込むことも多いファミリーカーに備わっているとうれしい装備といえば、後席用のスライドドアではないでしょうか。乗り降りがしやすく、荷物を載せるのにもうれしいスライドドアは、軽自動車から大型のミニバンまで選択肢も広くなっていますよ。この記事では、2021年8月現在のトヨタ車ラインナップのうち、スライドドアを持つ車をまとめてみましたので、次の愛車選びに役立ててみてください。


トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

2020年2月に発売されて以降、国産コンパクトカーの人気を牽引する立場を維持し続けているトヨタ ヤリス。お求めやすい価格帯ながら充実の機能と優れたデザインが印象的ですが、車の魅力は写真やカタログの数値では測り切れない部分もあるものですよね。そこで、実ユーザーや自動車評論家がヤリスに乗ってどのように感じたのかを、実燃費とともにチェックすることで、ヤリスの具体的な評価を確認していきましょう。


販売絶好調!ヤリスファミリーのどこが魅力?ライバルは?

販売絶好調!ヤリスファミリーのどこが魅力?ライバルは?

2020年2月発売のヤリスを皮切りに、GRヤリス、ヤリスクロスと、「ヤリスファミリー」が広がっています。3台それぞれが各セグメントで確固たる人気を獲得していることもあって、2021年に入ってからも登録者国内販売台数の首位を堅持し続けている「ヤリスファミリー」の魅力は一体どこなのか、ライバルと比べてどうなのか、詳しく探っていきましょう。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。