目次へ戻る

トヨタの大ヒット車種プリウスの次期モデル┃スペックや燃費、中古車価格等

トヨタの大ヒット車種プリウスの次期モデル┃スペックや燃費、中古車価格等

トヨタの大ヒット車種「プリウス」の時期モデルについて様々な予測がされています。初代モデルから現行のモデルどれも注目されていますが、以前から問題視されていたギアの何が問題なのかも時期モデルと一緒に考えてみます。燃費は世界トップレベルの「プリウス」は今後フルモデルチェンジして登場するのか、販売終了してしまうのかなど推測しまとめてご紹介します。


プリウスは、2019年で発売22年を誇る世界各国で人気のモデル

トヨタ「プリウス」は、1997年から発売が開始されました。
初代モデルの取扱い店舗は、トヨタ店のみになっており2代目モデルからはトヨタ店・トヨペット店の2チャンネルでの取扱いに変更されました。 3代目モデル以降から、レクサス専売店を除く4チャンネル全てで取扱われ、どこの店舗でも購入することが可能になりました。
トヨタ「プリウス」は今までに、北米・ヨーロッパなど日本国外でも受賞にノミネートし世界中から注目される車です。

2018年12月に発売された現行のプリウスでは、どの車と比較しても「燃費」「加速」「静寂性」などトヨタ「プリウス」が断トツに良いと言われて います。 初代から4代目までの過去の歴代モデルでも、指摘されていた機能や収納スペースに室内の居住空間など改善されています。 3代目モデルでドライバーを悩ませた「カックンブレーキ」や「エンジンの振動」など、新しいモデルが誕生すれば今まで気になる点は 改善されユーザーが満足できる車になっていることなどが人気の理由なのかもしれません。

年々販売減少になり、国内では任期離れが進んでいる

2003年に発売された2代目モデルから好調に売れ、3代目モデルは今までに無い爆発的なヒットモデルになりました。新車購入時の納車までかかる 期間も異例の「1年」など当時とても注目されていたのは記憶にある方もいるのではないでしょうか。
2015年の12月にフルモデルチェンジして 、エクステリアのデザインが大幅に変更され旧モデルの3代目モデルと同様に大ヒットするのではないかとトヨタ関係者は 推測していましたが、売れるどころか低迷し続けていました。

・エクステリアのデザインに問題
・車体価格が高い
・ユーザーの車の保有期間が長くなっている
・プリウス以外でも燃費の良い車種が増えてきている

今までは、ハイブリッドと言えばトヨタ「プリウス」の一択になっていましたが、日産「ノート」やホンダ「インサイト」「フィット」など に注目が集まってきています。特に日産「ノート」は、高い燃費性能に満足できる室内空間にトヨタ「プリウス」より圧倒的に安い車体価格などまた違った魅力が沢山あります。

フルモデルチェンジされずに消滅する可能性は

新車が発売されても、乗り換えるユーザーは少ないです。
プリウスは「手頃な価格で手に入れられる車でなくてはならない」とトヨタ上層部の金子氏が以前発言していました。
マイナーチェンジやフルモデルチェンジなどが行われれば、従来の車体価格から「5万~10万」くらい価格が高くなり手頃な価格でプリウスを購入するのは厳しくなります。
2021年には、プリウスのフルモデルチェンジが一部のメディアから予想され、ボディのタイプもSUVに変更されるのではないかと様々な憶測がされる中で、2019年にトヨタ自動車の「マークX」に三菱自動車の「パジェロ」などヒット車の発売が終了してしまいました。

2021年にフルモデルチェンジされずに、「車名」「ボディ形状」などが変わりプリウス自体消滅してしまう可能性も高いです。
燃費性能に走行性能や加速力など、普段仕様するには十分な性能があるプリウスですが近年一部のプリウスオーナーの事故の件数が多く なってきています。運転が慣れているドライバーでも、プリウスの「シフト」の操作には確認の注意が必要になっています。
「シフト」以外にも一度運転すれば分かる「死角の多さ」や、充実した「安全装備」の頼りすぎなどが事故に繋がることがあります。
世界的に売れている「プリウス」は、台数が多ければ事故も目立ちます。
プリウス自体が消滅してしまう可能性は低いですが、今のデザインから大きく変更されより扱いやすい車になりそうです。

4代目プリウス スペック一覧

2018年12月04日 発売
型式      2ZR-FXE
乗車定員    5人乗り
排気量     1.797
エンジン    直列4気筒/ガソリン
動力用主電池  リチウムイオン電池(ニッケル水素電池)
寸法     全長4,575mm×全幅1,760mm×全高1,470-1,475mm
室内     全長2,110mm×全幅1,490mm×全高1,195mm
新車価格       2,518,560円~3,478,680円
JC08モード測定燃費   34.0km/L~39.0km/L

2018年12月04日 発売 現行モデル

型式2ZR-FXE
乗車定員5人
総排気量1.797L
エンジン直列4気筒/ガソリン
動力用主電池リチウムイオン電池
ボディサイズ全長4,575mm×全幅1,760mm×全高1,470-1,475mm
室内サイズ全長2,110mm×全幅1,490mm×全高1,195mm
JC08モード測定燃費
34.0km/L~39.0km/L
新車価格2,518,560円~3,478,680円

2018年の12月にマイナーチェンジして旧モデルで評判が悪かった「エクステリア デザイン」の変更に「安全装備」追加やドライバーを助けてくれる「アシストシステム」などが充実しています。
燃費は、WLTCモードではなくJC08モードでの測定になっているので実際の燃費との数字には差が出る状態ですが、それでも満足できる燃費性能を兼ねそろえています。

燃費ランキング 3連覇達成するプリウス

走行性能は、従来型に比べて安心感が増し乗り心地も向上しています。価格上昇を抑えながらも、装備や安全性などを高めるトヨタセーフティセンスが全グレードに標準装備に変更され高い燃費性能も維持し続けています。

ハイブリッドの主力車種は、トヨタの「プリウス」が独占している状況です。2018年に発売されたモデルはビックマイナーチェンジが行われ 異例のエクステリアの変更されアシストも充実していますが現行型は2015年に発売されています。
次々に新しい車が出てくる中で、小型/普通車販売ランキングトップ5部に入る実力があるのがプリウスです。

現行モデルの販売台数が低迷しても、中古車などでの需要はある

プリウスの現行のモデルの車体価格は、250万~328万円の設定になっています。そこにオプションの安全装備やカーナビに室内の快適装備 などを追加していくと50万円以上価格が上乗せされるので新車を購入するので300万円以上はかかってしまいます。

2018年の販売台数のランキングに、プリウスが第3位にランクインしていますが年々販売台数は低迷していっています。

初代モデルから現行のモデルまで全て含めた中古車台数は、「10.045台」となり新車時よりも年式によっては、かなり安く購入する事ができるので人気が高く「プリウス中古車専門店」などのプリウスしか取扱わない販売店も多いので需要があるのが分かります。

新車で車を購入する人は年々少なくなってきています。
フルモデルチェンジしても、驚く程大きく性能に変化が無い中で新車を購入するよりかは、中古車を安く購入し長く乗る方がお金もかからず どの車より「燃費」が良いプリウスはこれからも中古車の需要が減ることがないと言えます。

まとめ

世界で人気のあるトヨタ「プリウス」は、2年後ぐらいにフルモデルチェンジが行われるか、発売が終了し「PHV」のみの発売になるか現段階では予想するのが難しくなっています。

「燃費」「室内空間」「加速力」など同じトヨタの車種で、今はプリウスの代わりになる車がいない状態です。若い世代からシニア世代まで幅広い年代からの、需要があるプリウスはこれから更に進化するのか終わってしまうのかとても気になります。

関連するキーワード


トヨタ 車種情報 プリウス

関連する投稿


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【8月更新】


【2019年最新版】ミニバンの人気・おすすめランキング!売上TOP9

【2019年最新版】ミニバンの人気・おすすめランキング!売上TOP9

自動車業界の中で1、2を争う人気のミニバンですが、今では使い勝手の良いファミリーに人気のタイプから高級志向のミニバンまで幅広いタイプのミニバンが存在します。この記事ではどんなミニバンが人気なのか、一般社団法人日本自動車販売協会連合会(自販連)が発表している月別統計データをもとに、2019年上半期(1月から6月)のミニバン販売台数トップ9を紹介します。どのミニバンが人気で売れたのか、ランキング形式でお送りします。【8月15日更新】


トヨタ マークX モデル別 中古車価格まとめ

トヨタ マークX モデル別 中古車価格まとめ

トヨタのマークXといえば、高級セダンの人気が落ちた時代であっても、多くの人に愛されてきた人気のある車といってもいいでしょう。新車でマークXを購入することが難しい方でも、マークXの所有を検討できるように初代~2代目までのモデルをまとめたので、一緒に見ていきましょう。


【2019年復活】トヨタ 新型RAV4 デザインや価格、仕様はどうなる!?

【2019年復活】トヨタ 新型RAV4 デザインや価格、仕様はどうなる!?

トヨタの世界戦略車の一つ、クロスオーバーSUVのRAV4が2019年4月に日本復活すると公式サイトより発表がありました。新型RAV4の予想されるデザインや、スペック、価格などについて掲載しています。【8月14日更新】


トヨタ RAV4(ラヴフォー)新型 評価・価格・中古車価格・燃費ほか最新情報

トヨタ RAV4(ラヴフォー)新型 評価・価格・中古車価格・燃費ほか最新情報

2019年4月10日より発売されたトヨタのSUV、RAV4(ラヴフォー)。本記事ではトヨタのRAV4新型に関する最新情報をまとめてご紹介します。日本での発売日はいつ?デザインはどうなる?価格はいくらくらい?エンジンは?RAV4新型の情報を渇望している貴方にこの記事を贈ります!【8月14日更新】


最新の投稿


100万円以下で購入できる!スバルの中古車 5選

100万円以下で購入できる!スバルの中古車 5選

スバルは国内だけではなく、海外でも人気があります。今回はスバルの歴史とともに100万円以下で購入できるスバルの中古車情報についてみていきましょう。


30万円以下で購入できる!ダイハツ軽自動車の中古車 5選

30万円以下で購入できる!ダイハツ軽自動車の中古車 5選

ダイハツといえば軽自動車、という想像がつくと思います。そして実はダイハツはトヨタの傘下という状況があります。今回はそのことについてと、中古車情報についてを紹介します。


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【8月更新】


【2019年度版】女性に人気!おすすめのカワイイ軽自動車10選!

【2019年度版】女性に人気!おすすめのカワイイ軽自動車10選!

今や女性に大人気の軽自動車。見た目がかわいい車種から、燃費性能が高く使い勝手も良い子育てに頑張るママさんに人気の車種など様々あります。やはりどうせ乗るならウキウキするような車がいいですよね??そんな女性に人気の軽自動車を10台Pick UPしましたので、軽自動車の購入をお考えの方は是非参考にしてみてください!


【2019年最新版】ミニバンの人気・おすすめランキング!売上TOP9

【2019年最新版】ミニバンの人気・おすすめランキング!売上TOP9

自動車業界の中で1、2を争う人気のミニバンですが、今では使い勝手の良いファミリーに人気のタイプから高級志向のミニバンまで幅広いタイプのミニバンが存在します。この記事ではどんなミニバンが人気なのか、一般社団法人日本自動車販売協会連合会(自販連)が発表している月別統計データをもとに、2019年上半期(1月から6月)のミニバン販売台数トップ9を紹介します。どのミニバンが人気で売れたのか、ランキング形式でお送りします。【8月15日更新】