トップへ戻る

ホンダのSUV ヴェゼルHV!!追加されたRSの評判は?

ホンダのSUV ヴェゼルHV!!追加されたRSの評判は?

今人気のSUV、その中でもとりわけ人気な一台がヴェゼルです。 ホンダのコンパクトSUV『ヴェゼルハイブリッド』についてまとめてみました。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ホンダのコンパクトSUV、ヴェゼルとは?

ホンダの人気SUV ヴェゼル!ハイブリッド CM スペック 口コミ完全網羅!!

http://matome.response.jp/articles/596

3年連続でのSUV新車販売台数第1位のヴェゼル。その魅力は一体なんなのでしょうか。魅力について迫ります。

ヴェゼルは同社のコンパクトカー『フィット』をベースに作られたSUVで、1.5リットルガソリン+CVTと1.5リットルガソリン+DCT(デュアルクラッチ式自動変速機)ハイブリッドの2種類のパワートレインがあります。

ハイブリッドの場合、バッテリー出力とエンジン出力を合算した最大値は152馬力に達します。

こちらはホンダのフィット

ホンダの米国法人、アメリカンホンダは10月上旬、9月の米国新車販売の結果を公表した。総販売台数は、13万3655台。前年同月比は0.1%減と、2か月連続で前年実績を下回った。

9月の全販売台数13万3655台の内訳は、乗用車が前年同月比7.9%減の6万4586台。一方、SUVなどのライトトラックは、8.5%増の6万9086台と好調が持続する。

ホンダブランドの乗用車系では、『アコード』が2万7204台を販売。前年同月比は19.1%減と、3か月連続で減少した。『フィット』は5068台を販売。

ホンダは、『ヴェゼル』および『ヴェゼル ハイブリッド』が、2015年度(2015年4月~2016年3月)における販売台数が6万9018台となり、2015年度SUV新車登録販売台数で1位を獲得したと発表した。

2013年12月に発売したヴェゼルは、SUVの力強さ、クーペのあでやかさ、ミニバンの使いやすさ、さらには高い燃費性能など、ジャンルの枠を超えた価値を高い次元で融合。まったく新しいクルマとして幅広い層の支持を得ている。2016年2月には、新タイプ「RS」の追加や「ホンダセンシング」標準装備グレードの設定により、商品の魅力を向上させている。

ヴェゼルは、2014年暦年(1月~12月)、2014年度(2014年4月~2015年3月)、2015年暦年(1月~12月)でもSUV新車登録販売台数で1位となり、発売以来の累計販売台数は19万台を超えている。

ホンダのSUV、ヴェゼルの魅力

ヴェゼルの乗り心地は

ヴェゼルは最低地上高に余裕のあるクロスオーバーSUV。

路面が荒れ気味の山岳路など、ちょっとした冒険心を味わえるドライブにもってこいのクルマです。

FWDモデルは、泥濘路や雪道など、グリップがことさら失われやすい路面には強くないと思われますが、実際のテストドライブで走った荒れた舗装路、砂利道などでは常に十分な駆動力を発揮するしっかり者なんです。

2016年に追加された、ヴェゼルRSはどう?

走る楽しさに特化した、ヴェゼルRS

ホンダ、ヴェゼルに走る楽しさを追求した「RS」が2016年新たに設定されました。

RSは、パフォーマンスダンパーや可変ステアリングギアレシオに加え、ホンダ独自のCVT制御「G・デザイン シフト」を専用設定します。

インテリアには、専用スウェード調表皮「ウルトラスエード」を採用し、走りのイメージを高めています。

また、エクステリアには、専用フロントグリル、クリスタルブラック塗装を施したボディーロアガーニッシュ・ドアミラー、専用18インチアルミホイールを採用しました。




RSは、パフォーマンスダンパーや可変ステアリングギアレシオに加え、ホンダ独自のCVT制御「G・デザイン シフト」を専用設定されています。

エクステリアには、専用フロントグリル、クリスタルブラック塗装を施したボディーロアガーニッシュ・ドアミラー、専用18インチアルミホイールを採用。

インテリアには、専用スウェード調表皮「ウルトラスエード」を採用し、走りのイメージを高めています。


そのほか、RSはドアの施錠・解錠に連動してドアミラーが自動開閉する、「オートリトラミラー」を全タイプに標準装備。

また、ハイブリッド全グレードに左右独立温度コントロール式エアコンを適用するなど、快適装備を充実させた一台になっています。

ホンダ、ヴェゼルRS、中古の価格はいくらくらい?

それでは、気になる中古車の相場はいくらくらいなのでしょうか。

調べたところホンダ、ヴェゼル 1.5 ハイブリッド RSだと250万~230万円くらいからである模様です。
新車だと、270万ほどのお値段ですので、少しお買い得ですね!

関連する投稿


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


ファミリーカーにも最適!ホンダ N-BOXの車内の広さは?荷物はのる?

ファミリーカーにも最適!ホンダ N-BOXの車内の広さは?荷物はのる?

家族が増えて、車の買い替えをお考えの方に、おすすめの一台としてホンダのN-BOXがあります。軽自動車でも安心して乗れる車で、ホンダの提案するN-BOXの安全設計であるタフネスボディは、軽自動車に普通乗用車並みの全方位衝突安全性能を搭載しました。このN-BOXで安心してご家族と自動車ライフを楽しむという提案をします。


【マセラティ特集】歴史から初のSUVレヴァンテまで!

【マセラティ特集】歴史から初のSUVレヴァンテまで!

マセラティという自動車ブランドをご存じでしょうか?イタリアの高級スポーツカーメーカーです。このマセラティが、SUVを発売し、大きな人気を得ています。今回は、マセラティの歴史と、そこから生まれたSUVレヴァンテについて解説します。


【SUV人気に迫る】その理由から、歴史、おすすめのSUV紹介まで!

【SUV人気に迫る】その理由から、歴史、おすすめのSUV紹介まで!

SUVの人気は、とどまることを知らない状況。その需要を反映してか、発表される多くの新型車が、SUVタイプのクルマになっています。では、どうしてそれほどSUVは人気を博しているのでしょうか?今回は、SUVの歴史と、おすすめのSUVを紹介しています。


ちょうどいいサイズのSUV!スズキ クロスビーの魅力を解説!

ちょうどいいサイズのSUV!スズキ クロスビーの魅力を解説!

欧州でのSUVブームから、日本でも大型のSUVが人気となり街中でも見かけるようになりました。少し大きすぎるという方にはコンパクトSUVがおすすめです。今回紹介するスズキ クロスビーはちょうどいいサイズのコンパクトSUVで、その魅力を他のメーカーと比較しながらご紹介します。


最新の投稿


蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

フランスのアルピーヌ・A110が蘇り再生産されていますが、やはりA110と言えば1963年から製造のアルピーヌA110を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?今回は新旧アルピーヌA110について見ていきます。


人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

街中で見かけない日はなさそうなほど売れに売れているコンパクトカー、トヨタ ルーミー。見るからに実用性の高そうなスクエアなボディスタイルとコンパクトなサイズは、どんな場面でもバッチリ活躍してくれそうな予感がしますよね。そんなルーミー、いざ買うぞ!と思うと、意外とバリエーションが多くて目移りしてしまうかも。コスパを評価軸に、グレード間の装備内容や見た目の違いを徹底分析していきます。


トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

誰しも憧れるスポーツクーペのある生活。しかし、先行き不安定な現代だからこそ、趣味性の塊のようなスポーツクーペであっても、実用性やコスパの良さはしっかり追求していきたいところですよね。そんな新しい評価軸に対して、トヨタ 86はどのような結果を残せるのでしょうか? 本格FRスポーツながら4人乗れる86ですが、普段はあまり紹介されない、燃費性能など使い勝手に迫っていきます。


何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

一般的なコンパクトカーよりもグイッと上げられたルーフ高で、トヨタ ルーミーには見るからに広々室内のイメージがありますよね。実際、インテリアは余裕綽々の大空間ですが、写真だけ見ても意外とスケール感が掴みにくいもの。そこで今回は、ルーミーの室内にどんなものが載せられるのか、詳しくまとめてみました。日々の生活でルーミーが役立つこと間違いなしなことが、きっと実感できるはずです。


トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

狭い道もまだまだ多い日本の道で、日々その存在感がどんどん増しているのが全高を高めに取ったコンパクトトールワゴン、トヨタ ルーミーです。発売から5年が経とうとしているのに、2021年に入っても1月から3月までコンスタントに1万台以上を販売し続ける息の長い人気が印象的です。そこまで売れるからには理由があるはずですよね。ルーミーに対する、さまざまな視点からの評価をまとめてみました。