トップへ戻る

【2020年度版】日産のNISMO一覧

【2020年度版】日産のNISMO一覧

数多くのモータースポーツに積極的に参加し、結果を残している日産NISMO。レースで技術を培いながら、一般ユーザー向けの市販車にもその技術が生かされています。今回は、そんな日産のNISMOについてご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


日産のNISMOとは?

日産 GT-R NISMO 2020年モデル

日産 GT-R NISMO 2020年モデル

日産自動車はこれまで国内外で開催される多くのモータースポーツに参加しており、チームを編成してレース向けに市販車のチューンナップが施してきました。

1984年に設立されたNISMO(ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル株式会社)はモータースポーツのために日産が編成したチームで、レース向けに競技車両に改造してきたノウハウを蓄積しています。

日産が生産する乗用車に対してモータースポーツで培った技術を基に改造された車両は一般向けに市販されており、スポーティーで力強い走りを楽しむことができます。

ちなみにチェーンナップの方法ですが、エンジン出力の向上・車体の軽量化・メーター類の視認性の向上・駆動機構の改良・エアーパーツの変更や追加、などさまざまです。

【現行車種】日産NISMOの車の特徴は?

いくつかの市販車に対してチューンナップを施して走行性能を高めた車両が存在しており、運転を楽しみたいユーザーにおすすめです。

NISMOはスピードに加えて走行安定性・操作性の点でも優れていて、公道でも快適にドライブができるという特徴があります。

チューンナップが施される種車にはGT-RやフェアレディZといったスポーツカーだけでなくノートやリーフ、そしてジュークやマーチといったのコンパクトカーやエコカーも存在します。

コンパクトカーであれば販売価格が低く抑えられているので、手軽に購入してドライブを楽しむことができるでしょう。

【日産ノートNISMO】パワフルなコンパクトカー

日産 ノートe-POWER ニスモS

日産 ノートe-POWER ニスモS

日産ノートNISMOは、人気のコンパクトカーである「ノート」の走行性能を高めたバージョンで、タイヤ・サスペンション・空力性能の点で改造が加えられています。

エンジンをコントロールするプログラムも変更されており、クルーズコントロールが追加されています。

ちなみに、ガソリンエンジン車だけでなく、ハイブリッドエンジンを搭載した「ノートe-POWER NISMO」も存在します。

こちらは発電量が向上しているので、加速力がアップしています。

日産ノートNISMOのスペック

【日産 ノート NISMO】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,165mm×1,695mm×1,540mm
ホイールベース2,600mm
最大乗車定員5名
車両重量1,110kg
燃費JC08モード:24.0km/L
エンジン種類DOHC水冷直列3気筒
最高出力72kW(98PS)/5,600rpm
最大トルク142N・m(14.5kgf・m)/4,400rpm
駆動方式前輪駆動
トランスミッションエクストロニックCVT(無段変速機)

情報は2020年3月現在の公式サイトより

日産ノートe-POWER NISMOのスペック

【日産 ノートe-POWER NISMO】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,165mm×1,695mm×1,535mm
ホイールベース2,600mm
最大乗車定員5名
車両重量1,250kg
エンジン種類DOHC水冷直列3気筒
最高出力58kW(79PS)/5,400rpm
最大トルク103N・m(10.5kgf・m)/3,600-5,200rpm
電動機種類交流同期電動機
最高出力80kW(109PS)/3,008-1,0000rpm
最大トルク254N・m(25.9kgf・m)/0-3,008rpm
駆動方式前輪駆動

情報は2020年3月現在の公式サイトより

日産ノートNISMOの新車価格

メーカー希望小売価格(消費税込)

e-POWER NISMO S Black Limited *2
2,812,700円
e-POWER NISMO S
2,721,400円
e-POWER NISMO Black Limited *2
2,702,700円
NISMO S Black Limited *2
2,682,900円
e-POWER NISMO
2,534,400円
NISMO S
2,371,600円
NISMO
2,161,500円

情報は2020年3月現在の公式サイトより

【日産リーフNISMO】電気自動車にもスポーティーな風を

日産 リーフ NISMO

日産 リーフ NISMO

日産リーフNISMOは、100%電気で走行する電気自動車です。

リーフは省エネ性能を重視して設計されていますが、リーフNISMOは高速走行のためにエアロパーツが追加されたり足回りが強化されています。

制御プログラムにも変更が加えられており、スイッチを切り替えるだけでスポーティーな走行が楽しめます。

内燃機関と比較すると電気モーターは低速回転時のトルクが強いという特性を持つので、ガソリンエンジン・ディーゼル車では得られないようなスムーズかつ力強い加速が体験できます。

ちなみに、日産リーフのエコモードも残されていてスイッチを切り替えるだけで簡単に変更することが可能なので、普段の生活は航続距離の長い省エネモードで走行ができます。

日産リーフNISMOのスペック

【日産 リーフ NISMO】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,510mm×1,790mm×1,550mm
ホイールベース2,700mm
最大乗車定員5名
車両重量1,520kg
交流電力量消費率JC08モード:137Wh/km
原動機EM57
最高出力110kW(150PS)/3,283-9,795rpm
最大トルク320N・m(32.6kgf・m)/0-3,283rpm
駆動方式前輪駆動

情報は2020年3月現在の公式サイトより

日産リーフNISMOの新車価格

メーカー希望小売価格(消費税込):4,107,400円

【日産ジュークNISMO】スポーティーコンパクトSUV

日産 ジューク ニスモRS

日産 ジューク ニスモRS

日産ジュークはコンパクトサイズのSUVですが、“スポーティーなコンパクトSUV”を目指して走行性能を大幅に向上させたジュークNISMOが存在します。

エンジン出力は114馬力から200馬力にアップしているほか、サスペンション・タイヤ・ブレーキも変更が加えられています。

車体の一部が補強されており、ボディ剛性が大幅に高められています。ボディにはエアロパーツが追加されているため、見た目もスポーティーでアグレッシブな印象を受けるでしょう。

日産ジュークNISMOのスペック

【日産 ジューク NISMO】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,165mm×1,770mm×1,570mm
ホイールベース2,530mm
最大乗車定員5名
車両重量1,400kg
燃費JC08モード:13.4km/L
エンジン種類DOHC直列4気筒
最高出力140kW(190PS)/5,600rpm
最大トルク240N・m(24.5kgf・m)/1,600-5,200rpm
駆動方式4輪駆動 インテリジェント 4×4(トルクベクトル付)
トランスミッション7速マニュアルモード付無段変速機

情報は2020年3月現在の公式サイトより

日産ジュークNISMOの新車価格

メーカー希望小売価格(消費税込)

15RX V Selection Style NISMO アラウンドビューモニターパッケージ
2,355,100円
15RX V Selection Style NISMO
2,289,100円

情報は2020年3月現在の公式サイトより

【日産マーチNISMO】NISMOから新しいメッセージ

日産 マーチ  NISMO 2013年

日産 マーチ  NISMO 2013年

日産マーチは燃費性能に優れたコンパクトタイプの小型乗用車で、手軽に街乗りができるクルマです。

“今までなかったワクワクを世界に”という新しいメッセージが託されたマーチNISMOは、エンジンや変速メカニズムに大幅な変更が加えられました。

専用開発の1.5L直列4気筒エンジンを搭載しており、トランスミッションが5速マニュアル化しています。クラッチ操作が必要なので運転ができるのはMT車の免許取得者に限られますが、手軽に運転を楽しむことができるクルマです。

ちなみに、日本国内で販売されている普通のマーチにはAT仕様(CVT)のみでマニュアル車が存在しないため、MTファンの方にもおすすめです。

日産マーチNISMOのスペック

【日産 マーチ NISMO】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,870mm×1,690mm×1,500mm
ホイールベース2,450mm
最大乗車定員5名
車両重量980kg
エンジン種類DOHC水冷直列3気筒
最高出力58kW(79PS)/6,000rpm
最大トルク106N・m(10.8kgf・m)/4,400rpm
駆動方式前輪駆動
トランスミッションエクストロニックCVT(無段変速機)

情報は2020年3月現在の公式サイトより

日産マーチNISMOの新車価格

メーカー希望小売価格(消費税込)

NISMO S
1,876,600円
NISMO
1,633,500円

情報は2020年3月現在の公式サイトより

【日産GT-R NISMO】最先端のレーシングテクノロジー

日産GT-R NISMO 2019年

日産GT-R NISMO 2019年

GT-Rは日産自動車が世界に誇るスポーツカーで、会社が持つ最高の技術が結集されたスーパーカーです。

GT-Rはこれまで多くのレースに参戦して優秀な結果を残してきましたが、モータースポーツを通して培われてきた最先端のレーシングテクノロジーが盛り込まれたGT-RのNISMO版が存在します。

GT-RNISMOが搭載している3.8LV6DOHCエンジンには専用にチューニングが施されているため、最高出力が600馬力(チューニング前は570馬力)にアップしています。

走行性能の向上に加えて、サーキット走行を楽しみたいドライバーのために専用のスマホアプリが用意されています。

スマホアプリと車両データトランスミッタと連携させることで、走行後に速度やエンジン回転数などのデータをスマートフォンに送信して解析をすることが可能です。

GT-RNISMOの販売価格はベーシックモデルと比べて約2倍の2420万円とかなり高額ですが、国産車で最高の走行性能を誇るスーパーカーといえるでしょう。

日産GT-RNISMOのスペック

【日産 GT-R NISMO】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,690mm×1,895mm×1,370mm
ホイールベース2,780mm
最大乗車定員4名
車両重量1,720kg
エンジン種類DOHCV型6気筒
最高出力441kW(600PS)/6,800rpm
最大トルク652N・m(66.5kgf・m)/3,600-5,600rpm
駆動方式4輪駆動
トランスミッションGR6型デュアルクラッチトランスミッション

情報は2020年3月現在の公式サイトより

日産GT-RNISMOの新車価格

メーカー希望小売価格(消費税込)

GT-R NISMO
24,200,000円
GT-R Track edition engineered by NISMO
14,636,600円

情報は2020年3月現在の公式サイトより

【日産フェアレディZ NISMO】NISMOのDNAを感じる車

日産 370Z NISMO(フェアレディZ NISMO)2015年

日産 370Z NISMO(フェアレディZ NISMO)2015年

日産フェアレディZは1969年に発売された日本を代表する後輪駆動のスポーツカーで、海外でも人気を集めています。

フェアレディZ NISMOには、NISMOがサーキットで得たSUPER GTマシンの技術が取り入れられており、進化を止めないDNAを宿したスポーツカーです。

ベース車両は2008年に登場した6代目フェアレディZで、エンジン出力は20馬力アップの355馬力に向上しています。

フロント部分にはワイドな専用バンパーが取り付けられており、リヤスポイラーとリヤバンパーの形状についても変更が加えられています。

エアロパーツの変更によって加速時のノーズアップを防ぎ、高速走行時の安定性が高められることで操作性が向上しました。

内装についても改良が加えられており、専用にチューニングされたシートによって横G発生時でも状態を保持します。

フェアレディZの標準車は7速ATまたは6速MTの2種類から選べますが、NISMOについてもATとMTが用意されています。

日産フェアレディZ NISMOのスペック

【日産 フェアレディ ZNISMO】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,330mm×1,870mm×1,315mm
ホイールベース 2,550mm
最大乗車定員2名
車両重量1,540kg
燃費JC08モード:9.1km/L
エンジン種類DOHCV型6気筒
最高出力261kW(355PS)/7,400rpm
最大トルク374N・m(38.1kg・m)/5,200rpm
駆動方式後輪駆動
トランスミッション6速マニュアル

情報は2020年3月現在の公式サイトより

日産フェアレディZ NISMOの新車価格

メーカー希望小売価格(消費税込)

フェアレディZ NISMO [7M-ATx]
6,519,700円
フェアレディZ NISMO [6MT]
6,409,700円

情報は2020年3月現在の公式サイトより

まとめ

日産 リーフ NISMO

日産 リーフ NISMO

高い走行性能を求めて高級車や輸入車を購入するのもひとつの方法ですが、日産の市販車にチューンナップが施されたNISMOを購入するという方法もあります。

NISMOはGT-RやフェアレディZといった高級スポーツカーだけでなく、マーチやノートなどのコンパクトカーも用意されています。

コンパクトカーであれば手頃な値段で購入ができる上に維持コストが安いので、少ない追加費用で自動車の運転そのものを楽しみたい方におすすめです。

関連する投稿


セダンはもう時代遅れ?今こそ注目すべきセダンの魅力

セダンはもう時代遅れ?今こそ注目すべきセダンの魅力

時代と共に車も進化や変化を続けています。一昔前まで自動車といえば、多くの方がセダンタイプのものをイメージしていたのではないでしょうか。しかし、今日ではセダン以外にも多くの車の選択肢があります。中でも、SUVなどのハッチバック系のモデルの人気が高まっていることもあって、セダンの存在感がやや小さくなったという印象を抱いている方も多いかもしれません。しかし、セダンならではの魅力もあり、現在でも根強い人気があります。そこで、今回はセダンとはどういった車なのかや、メリット・デメリットなどについてご紹介します。


【価格帯別】安くても運転が最高に楽しいおすすめ現行車!100万から

【価格帯別】安くても運転が最高に楽しいおすすめ現行車!100万から

車はただの移動手段と考える人もいれば、その移動手段を楽しくしてくれる相棒と考える人もいるはず。この記事では、100万円から300万円の価格帯で運転を楽しめる車をご紹介していきます。当然高いお金を払って高級車を選べば性能も高いですが、狙っていきたいのはコスパの良さ。日本車豊作の年と後年に振り返られそうな2020年の最新ドライバーズカーを、一緒にチェックしていきましょう。


ハイブリッドカーとは?メリット・デメリット、おすすめモデルは?

ハイブリッドカーとは?メリット・デメリット、おすすめモデルは?

これまでも環境問題は自動車業界に大きな影響を与えてきました。排ガス規制などは時代とともに厳しくなり、それぞれのメーカーが環境に配慮した新たな車を開発し続けています。そんな中、革命的な進化となったのがハイブリッドカーの登場でしょう。 究極のエコカーとしてEV車もすでに登場していますが、充電スタンドの不足といった問題から大きく普及するに至ってはいません。ハイブリッドカーはそういった問題を解消してくれるエコカーとして急速に普及が進んでいます。今回はそんなハイブリッドカーについて詳しくご紹介します。


クーペとセダンの違いは?特徴やいま人気のクーペ4選を紹介!

クーペとセダンの違いは?特徴やいま人気のクーペ4選を紹介!

車の形状を語源とする「クーペ」は、セダンと似ているようで異なる車です。とはいえ、実際には両者がどのように異なっているのかよく分からないという方も多いのではないでしょうか。クーペとセダンの違いは、ドアの数や運転性能、デザインの方向性などによって見分けられます。そこで今回は、クーペとセダンの違いや特徴、国内で販売されているおすすめのクーペ4選について解説します。


【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

MT車に乗りたい、今現在どのようなMT(マニュアル)車が販売されているのかを知りたい!という方。今回は国産MT(Hパターン)車をまとめました。MT車が欲しいあなたに必見の記事ですよ!


最新の投稿


ペーパードライバーが運転しても大丈夫?久々の運転はココをチェック!

ペーパードライバーが運転しても大丈夫?久々の運転はココをチェック!

ペーパードライバーならば、免許を持っているけれど日ごろは運転しないことが多いでしょう。しかし仕事の都合上、もしくは転勤などによって急に運転しなければいけないこともあります。今の状況からすぐに運転しても問題ないでしょうか?今回はペーパードライバーが気を付けたいポイントや講習を受けるべきか判断の参考になる情報をご紹介します。


ペーパードライバー講習は行く価値があるの?講習の内容や料金は?

ペーパードライバー講習は行く価値があるの?講習の内容や料金は?

ペーパードライバー講習は、運転免許証を所持していてもあまり運転しない人のためのもの。日ごろから運転しない人や久しぶりに運転する人が活用できるサービスです。今回はペーパードライバー講習について、また講習を受けるべきか確認するのに必要な情報をご紹介します。


縦列駐車のコツと上手なやり方|誰でもスムーズにするためのポイント

縦列駐車のコツと上手なやり方|誰でもスムーズにするためのポイント

運転初心者だけでなく、慣れている人でも縦列駐車は気を付けて運転する必要があります。前の車との距離や後ろのスペース、さらに縁石との距離も確認しなければいけません。切り返しをすると時間もかかるので、焦ってしまいがちです。しかし縦列駐車もコツをつかんでしまえばスムーズにできます。今回は縦列駐車のコツをご紹介します。


【知ってる?】車のバッテリーの正しい充電方法!対処法も紹介!

【知ってる?】車のバッテリーの正しい充電方法!対処法も紹介!

何気なく乗っている車ですが、車はバッテリーなしでは動きません。そんなバッテリー、みなさんは正しい充電方法をご存知ですか?今回はこのバッテリーの仕組みについて説明していきます。


シトロエン新型C4最新情報!国内での販売は?

シトロエン新型C4最新情報!国内での販売は?

シトロエン新型「C4」はCセグメントのSUVクーペとして登場しました。Cセグメントハッチバックの中でも、大胆かつユニークなデザインが採用されたシトロエンの最新デザインの車となります。今回はシトロエン新型C4の紹介をします。