トップへ戻る

【2020年度版】日産のNISMO一覧

【2020年度版】日産のNISMO一覧

数多くのモータースポーツに積極的に参加し、結果を残している日産NISMO。レースで技術を培いながら、一般ユーザー向けの市販車にもその技術が生かされています。今回は、そんな日産のNISMOについてご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


日産のNISMOとは?

日産 GT-R NISMO 2020年モデル

日産自動車はこれまで国内外で開催される多くのモータースポーツに参加しており、チームを編成してレース向けに市販車のチューンナップが施してきました。

1984年に設立されたNISMO(ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル株式会社)はモータースポーツのために日産が編成したチームで、レース向けに競技車両に改造してきたノウハウを蓄積しています。

日産が生産する乗用車に対してモータースポーツで培った技術を基に改造された車両は一般向けに市販されており、スポーティーで力強い走りを楽しむことができます。

ちなみにチェーンナップの方法ですが、エンジン出力の向上・車体の軽量化・メーター類の視認性の向上・駆動機構の改良・エアーパーツの変更や追加、などさまざまです。

【現行車種】日産NISMOの車の特徴は?

いくつかの市販車に対してチューンナップを施して走行性能を高めた車両が存在しており、運転を楽しみたいユーザーにおすすめです。

NISMOはスピードに加えて走行安定性・操作性の点でも優れていて、公道でも快適にドライブができるという特徴があります。

チューンナップが施される種車にはGT-RやフェアレディZといったスポーツカーだけでなくノートやリーフ、そしてジュークやマーチといったのコンパクトカーやエコカーも存在します。

コンパクトカーであれば販売価格が低く抑えられているので、手軽に購入してドライブを楽しむことができるでしょう。

【日産ノートNISMO】パワフルなコンパクトカー

日産 ノートe-POWER ニスモS

日産 ノートe-POWER ニスモS

日産ノートNISMOは、人気のコンパクトカーである「ノート」の走行性能を高めたバージョンで、タイヤ・サスペンション・空力性能の点で改造が加えられています。

エンジンをコントロールするプログラムも変更されており、クルーズコントロールが追加されています。

ちなみに、ガソリンエンジン車だけでなく、ハイブリッドエンジンを搭載した「ノートe-POWER NISMO」も存在します。

こちらは発電量が向上しているので、加速力がアップしています。

日産ノートNISMOのスペック

【日産 ノート NISMO】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,165mm×1,695mm×1,540mm
ホイールベース2,600mm
最大乗車定員5名
車両重量1,110kg
燃費JC08モード:24.0km/L
エンジン種類DOHC水冷直列3気筒
最高出力72kW(98PS)/5,600rpm
最大トルク142N・m(14.5kgf・m)/4,400rpm
駆動方式前輪駆動
トランスミッションエクストロニックCVT(無段変速機)

情報は2020年3月現在の公式サイトより

日産ノートe-POWER NISMOのスペック

【日産 ノートe-POWER NISMO】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,165mm×1,695mm×1,535mm
ホイールベース2,600mm
最大乗車定員5名
車両重量1,250kg
エンジン種類DOHC水冷直列3気筒
最高出力58kW(79PS)/5,400rpm
最大トルク103N・m(10.5kgf・m)/3,600-5,200rpm
電動機種類交流同期電動機
最高出力80kW(109PS)/3,008-1,0000rpm
最大トルク254N・m(25.9kgf・m)/0-3,008rpm
駆動方式前輪駆動

情報は2020年3月現在の公式サイトより

日産ノートNISMOの新車価格

メーカー希望小売価格(消費税込)

e-POWER NISMO S Black Limited *2
2,812,700円
e-POWER NISMO S
2,721,400円
e-POWER NISMO Black Limited *2
2,702,700円
NISMO S Black Limited *2
2,682,900円
e-POWER NISMO
2,534,400円
NISMO S
2,371,600円
NISMO
2,161,500円

情報は2020年3月現在の公式サイトより

【日産リーフNISMO】電気自動車にもスポーティーな風を

日産 リーフ NISMO

日産 リーフ NISMO

日産リーフNISMOは、100%電気で走行する電気自動車です。

リーフは省エネ性能を重視して設計されていますが、リーフNISMOは高速走行のためにエアロパーツが追加されたり足回りが強化されています。

制御プログラムにも変更が加えられており、スイッチを切り替えるだけでスポーティーな走行が楽しめます。

内燃機関と比較すると電気モーターは低速回転時のトルクが強いという特性を持つので、ガソリンエンジン・ディーゼル車では得られないようなスムーズかつ力強い加速が体験できます。

ちなみに、日産リーフのエコモードも残されていてスイッチを切り替えるだけで簡単に変更することが可能なので、普段の生活は航続距離の長い省エネモードで走行ができます。

日産リーフNISMOのスペック

【日産 リーフ NISMO】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,510mm×1,790mm×1,550mm
ホイールベース2,700mm
最大乗車定員5名
車両重量1,520kg
交流電力量消費率JC08モード:137Wh/km
原動機EM57
最高出力110kW(150PS)/3,283-9,795rpm
最大トルク320N・m(32.6kgf・m)/0-3,283rpm
駆動方式前輪駆動

情報は2020年3月現在の公式サイトより

日産リーフNISMOの新車価格

メーカー希望小売価格(消費税込):4,107,400円

【日産ジュークNISMO】スポーティーコンパクトSUV

日産 ジューク ニスモRS

日産 ジューク ニスモRS

日産ジュークはコンパクトサイズのSUVですが、“スポーティーなコンパクトSUV”を目指して走行性能を大幅に向上させたジュークNISMOが存在します。

エンジン出力は114馬力から200馬力にアップしているほか、サスペンション・タイヤ・ブレーキも変更が加えられています。

車体の一部が補強されており、ボディ剛性が大幅に高められています。ボディにはエアロパーツが追加されているため、見た目もスポーティーでアグレッシブな印象を受けるでしょう。

日産ジュークNISMOのスペック

【日産 ジューク NISMO】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,165mm×1,770mm×1,570mm
ホイールベース2,530mm
最大乗車定員5名
車両重量1,400kg
燃費JC08モード:13.4km/L
エンジン種類DOHC直列4気筒
最高出力140kW(190PS)/5,600rpm
最大トルク240N・m(24.5kgf・m)/1,600-5,200rpm
駆動方式4輪駆動 インテリジェント 4×4(トルクベクトル付)
トランスミッション7速マニュアルモード付無段変速機

情報は2020年3月現在の公式サイトより

日産ジュークNISMOの新車価格

メーカー希望小売価格(消費税込)

15RX V Selection Style NISMO アラウンドビューモニターパッケージ
2,355,100円
15RX V Selection Style NISMO
2,289,100円

情報は2020年3月現在の公式サイトより

【日産マーチNISMO】NISMOから新しいメッセージ

日産 マーチ  NISMO 2013年

日産マーチは燃費性能に優れたコンパクトタイプの小型乗用車で、手軽に街乗りができるクルマです。

“今までなかったワクワクを世界に”という新しいメッセージが託されたマーチNISMOは、エンジンや変速メカニズムに大幅な変更が加えられました。

専用開発の1.5L直列4気筒エンジンを搭載しており、トランスミッションが5速マニュアル化しています。クラッチ操作が必要なので運転ができるのはMT車の免許取得者に限られますが、手軽に運転を楽しむことができるクルマです。

ちなみに、日本国内で販売されている普通のマーチにはAT仕様(CVT)のみでマニュアル車が存在しないため、MTファンの方にもおすすめです。

日産マーチNISMOのスペック

【日産 マーチ NISMO】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,870mm×1,690mm×1,500mm
ホイールベース2,450mm
最大乗車定員5名
車両重量980kg
エンジン種類DOHC水冷直列3気筒
最高出力58kW(79PS)/6,000rpm
最大トルク106N・m(10.8kgf・m)/4,400rpm
駆動方式前輪駆動
トランスミッションエクストロニックCVT(無段変速機)

情報は2020年3月現在の公式サイトより

日産マーチNISMOの新車価格

メーカー希望小売価格(消費税込)

NISMO S
1,876,600円
NISMO
1,633,500円

情報は2020年3月現在の公式サイトより

【日産GT-R NISMO】最先端のレーシングテクノロジー

日産GT-R NISMO 2019年

GT-Rは日産自動車が世界に誇るスポーツカーで、会社が持つ最高の技術が結集されたスーパーカーです。

GT-Rはこれまで多くのレースに参戦して優秀な結果を残してきましたが、モータースポーツを通して培われてきた最先端のレーシングテクノロジーが盛り込まれたGT-RのNISMO版が存在します。

GT-RNISMOが搭載している3.8LV6DOHCエンジンには専用にチューニングが施されているため、最高出力が600馬力(チューニング前は570馬力)にアップしています。

走行性能の向上に加えて、サーキット走行を楽しみたいドライバーのために専用のスマホアプリが用意されています。

スマホアプリと車両データトランスミッタと連携させることで、走行後に速度やエンジン回転数などのデータをスマートフォンに送信して解析をすることが可能です。

GT-RNISMOの販売価格はベーシックモデルと比べて約2倍の2420万円とかなり高額ですが、国産車で最高の走行性能を誇るスーパーカーといえるでしょう。

日産GT-RNISMOのスペック

【日産 GT-R NISMO】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,690mm×1,895mm×1,370mm
ホイールベース2,780mm
最大乗車定員4名
車両重量1,720kg
エンジン種類DOHCV型6気筒
最高出力441kW(600PS)/6,800rpm
最大トルク652N・m(66.5kgf・m)/3,600-5,600rpm
駆動方式4輪駆動
トランスミッションGR6型デュアルクラッチトランスミッション

情報は2020年3月現在の公式サイトより

日産GT-RNISMOの新車価格

メーカー希望小売価格(消費税込)

GT-R NISMO
24,200,000円
GT-R Track edition engineered by NISMO
14,636,600円

情報は2020年3月現在の公式サイトより

【日産フェアレディZ NISMO】NISMOのDNAを感じる車

日産 370Z NISMO(フェアレディZ NISMO)2015年

日産 370Z NISMO(フェアレディZ NISMO)2015年

日産フェアレディZは1969年に発売された日本を代表する後輪駆動のスポーツカーで、海外でも人気を集めています。

フェアレディZ NISMOには、NISMOがサーキットで得たSUPER GTマシンの技術が取り入れられており、進化を止めないDNAを宿したスポーツカーです。

ベース車両は2008年に登場した6代目フェアレディZで、エンジン出力は20馬力アップの355馬力に向上しています。

フロント部分にはワイドな専用バンパーが取り付けられており、リヤスポイラーとリヤバンパーの形状についても変更が加えられています。

エアロパーツの変更によって加速時のノーズアップを防ぎ、高速走行時の安定性が高められることで操作性が向上しました。

内装についても改良が加えられており、専用にチューニングされたシートによって横G発生時でも状態を保持します。

フェアレディZの標準車は7速ATまたは6速MTの2種類から選べますが、NISMOについてもATとMTが用意されています。

日産フェアレディZ NISMOのスペック

【日産 フェアレディ ZNISMO】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,330mm×1,870mm×1,315mm
ホイールベース 2,550mm
最大乗車定員2名
車両重量1,540kg
燃費JC08モード:9.1km/L
エンジン種類DOHCV型6気筒
最高出力261kW(355PS)/7,400rpm
最大トルク374N・m(38.1kg・m)/5,200rpm
駆動方式後輪駆動
トランスミッション6速マニュアル

情報は2020年3月現在の公式サイトより

日産フェアレディZ NISMOの新車価格

メーカー希望小売価格(消費税込)

フェアレディZ NISMO [7M-ATx]
6,519,700円
フェアレディZ NISMO [6MT]
6,409,700円

情報は2020年3月現在の公式サイトより

まとめ

日産 リーフ NISMO

日産 リーフ NISMO

高い走行性能を求めて高級車や輸入車を購入するのもひとつの方法ですが、日産の市販車にチューンナップが施されたNISMOを購入するという方法もあります。

NISMOはGT-RやフェアレディZといった高級スポーツカーだけでなく、マーチやノートなどのコンパクトカーも用意されています。

コンパクトカーであれば手頃な値段で購入ができる上に維持コストが安いので、少ない追加費用で自動車の運転そのものを楽しみたい方におすすめです。

関連する投稿


日産 ノートの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

日産 ノートの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

ここのところ新型車ラッシュが続く日産のラインナップにおいて、売れ筋のコンパクトカーとして注目を受けたのが「日産 ノート」。新たにe-POWER専用車となるなど新機軸満載のノートですが、愛車候補として検討中の方なら、その燃費性能が気になっているのではないでしょうか。この記事では、カタログ燃費や実燃費をチェックしつつ、ライバル車との比較なども通して、ノートの燃費情報を詳しくご紹介していきます。


日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

売れ筋のコンパクトSUVジャンルで、パワートレインはハイブリッド「e-POWER」のみと割り切ったラインナップが特徴的なのが「日産 キックス」。軽快なルックスと爽快な走りで人気を得ています。そんなキックス、普段使いで気になるのはやっぱり燃費性能ですよね。この記事では、カタログ燃費や実燃費をチェックしつつ、ライバルとの比較なども通して、キックスの燃費情報を詳しくご紹介していきます。


日産 セレナの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

日産 セレナの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

日産 セレナは、使い勝手の良さと高性能で、日産を代表するミニバンの一台です。初代登場から30年、多くのファミリーの思い出作りに貢献してきたセレナですが、現行型となる5代目モデルにはe-POWERやプロパイロットなど先進的な要素も満載。全車でハイブリッド仕様となるセレナの気になる燃費情報を、カタログ燃費や実燃費などをチェックしつつ、ライバルのミニバンとも比較することで、詳しくご紹介していきます。


【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

ご家族で利用される車についていて欲しい機能といえばスライドドア。お出かけやお買い物、とっさの雨でのお出迎えまで、スライドドアが付いていれば日々のカーライフがより充実すること間違いなしですよね。先進の運転支援技術で人気の日産のラインナップでも、スライドドアを装備した車が多数用意されています。一覧でご紹介していきますので、一体どの車種があなたにぴったりなのか、検討してみては。


日産GT-R|日産の名車を紐解く!

日産GT-R|日産の名車を紐解く!

日産のGT-Rは名車と名高い一台です。最新のGT-Rはスカイラインの名前が外れ日産GT-Rとなり、よりサーキットを意識した車へと進化し続けています。今回はこの日産 GT-Rについて見ていきましょう。


最新の投稿


ハスラーとタフトはどちらがおすすめ?価格や燃費や使い勝手で徹底比較

ハスラーとタフトはどちらがおすすめ?価格や燃費や使い勝手で徹底比較

軽クロスオーバーSUVの人気が高まっています。SUVらしい機能や性能でワクワクのカーライフを送りつつ、価格や維持費でグンと節約ができる軽の魅力も兼ね備えていることを思えば、その人気も納得です。中でも人気なのは「スズキ ハスラー」と「ダイハツ タフト」で、どちらを選ぶか悩んでいるという方も少なくないはず。項目別にこの2台を徹底比較していきますので、車選びの参考にしてみてくださいね。


トヨタ カローラツーリングの内装を徹底チェック!注目の荷室はどう?

トヨタ カローラツーリングの内装を徹底チェック!注目の荷室はどう?

3ナンバーサイズとはいえ、国内市場専用のボディを持つ「トヨタ カローラツーリング」は、国内で選択肢がどんどん減少している貴重なステーションワゴンの中でも人気のモデルです。シャープな外観に注目が集まりがちですが、ステーションワゴンなら室内や荷室の使い勝手が気になるところですよね。この記事では、カローラツーリングの内装における魅力や注目ポイントを詳しくご紹介していきます。


トヨタ シエンタの内装を徹底チェック!魅力やグレード間の違いを解説

トヨタ シエンタの内装を徹底チェック!魅力やグレード間の違いを解説

コンパクトなサイズながら3列シートを備えて人気のミニバンが「トヨタ シエンタ」。都市部や駐車場でも扱いやすいボディサイズやポップなデザインに注目が集まりがちなシエンタですが、豊富な収納やスマートに格納できる3列目シートなど、ミニバンだからこそ重視したい内装の使い勝手の良さにも注目しておきたいところです。グレード間の違いなども含めて、シエンタの内装の魅力をご紹介していきます。


トヨタ ハリアーの内装を徹底チェック!注目のインテリア装備はコレ

トヨタ ハリアーの内装を徹底チェック!注目のインテリア装備はコレ

流麗なデザインで他のSUVとは一線を画す高級感のあるSUVといえば、「トヨタ ハリアー」ですよね。高級セダンのような押し出しと乗り心地の良さがありつつ、SUVのような使い勝手の良さも兼ね備えたハリアーは、人気のSUVの中でも定番モデルのひとつです。そんなハリアーの内装は、こちらも上質かつ妖艶な世界が広がっています。ハリアーの内装の注目ポイントを詳しくご紹介していきます。


マツダ ロードスターの内装を徹底チェック!ワクワクする非日常空間

マツダ ロードスターの内装を徹底チェック!ワクワクする非日常空間

世界で最も売れている2シーターオープンスポーツカーが「マツダ ロードスター」です。歴代併せて生産累計台数が100万台を超えるなど、世界中で愛されるロードスターは、ドライブの楽しみやオープン時の開放感もさることながら、乗り込んだ瞬間から非日常を感じさせるような上質なインテリアも見どころです。この記事では、ロードスターの内装デザインや使い勝手などを詳しくご紹介していきます。