トップへ戻る

日産の人気スポーツ フェアレディZ 中古車価格まとめ

日産の人気スポーツ フェアレディZ 中古車価格まとめ

1969年の発売当時から根強い人気の「フェアレディZ」の中古車について、価格や燃費・気を付けたい部分などをまとめてみました。購入を検討されている方は是非参考にしてください。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


日産 フェアレディZとは

日産 フェアレディZ

日産 フェアレディZ

一度は生産終了したものの、2002年になり復活、依然と高い人気を誇るのが日産のスポーツカー「フェアレディZ」です。

2002年7月に2年ぶりの復活を遂げた「フェアレディZ」は、2シータークーペで2008年まで発売されていました。

現行モデルは2008年発売の6代目で、CV36型スカイラインクーペと共通のV6 3.7L VQ37VHR型エンジンが搭載されています。

また、マニュアルモード付の7速ATと6速MTが設定されています。2013年には高性能スポーツバージョン・NISMO仕様の「フェアレディZ NISMO」が発売されました。

日産・フェアレディZ NISMO

日産・フェアレディZ NISMO

日産 フェアレディZ (2000年以降)中古車 モデル別中古車相場・中古価格

日産 フェアレディZ Z33型(5代目) 2002月7月〜2008年8月

日産 フェアレディZ

日産 フェアレディZ

2002年7月~2008年11月に生産されたモデルが「Z33型」で、2000年の9月に生産が終了となった4代目モデルに続くクルマとなっています。

3ドアファストバック、および2ドアオープンカーがあります。

パワートレインには当初V型6気筒 3.5LのVQ35DE型エンジンを搭載しており、最大出力は280PSでしたが、2005年9月のマイナーチェンジにより、MT車のみではありますが最高出力が294PSまで引き上げられました。

中古車を購入の際はこの点にも注意してくださいね。

                   
日産 フェアレディZ Z33型 2002月7月〜2008年8月の中古車情報
平均価格約70万円
中古価格帯約18万円~490万円
※車情報サイトレスポンス 中古車情報調べ(2019年9月現在)

日産 フェアレディZ Z34型(6代目) 2008年12月〜

日産フェアレディZ

日産フェアレディZ

フェアレディZ「Z34系型」は2008年から発売されているファストバック型のスポーツタイプ乗用車です。

先代よりエンジン排気量が200cc増加されたほか、フェアレディZのアイデンティティである「ロングノーズ」を表現するために、ホイールベースを100mm短縮されています。

パワートレインとしては、CV36型スカイラインクーペと共通のV6 3.7L VQ37VHR型エンジンが搭載され、マニュアルモード付き7速ATと6速MTが組み合わせられています。

日産 フェアレディZ NISMO仕様は高い?

現在の中古車の中で高値が付いているのはやはり「NISMO」仕様。

年式が2018年で走行距離が0.3万キロとほとんど走っていないものが約538万円となっています。(2019年9月現在)

                   
日産 フェアレディZ Z34型 2008年12月〜の中古車情報
平均価格約204万円
中古価格帯約70万円~537万円
※車情報サイトレスポンス 中古車情報調べ(2019年9月現在)

日産 フェアレディZ 試乗記

日産・フェアレディZ Version ST

日産・フェアレディZ Version ST

試乗車は最新の「バージョンST」の6速MT車。ボディ色は特別塗装色の“プレミアムサンフレアオレンジ”で、ヘリテージ色だからという訳でもないけれど、昔ながらのZらしい味わいがホンノリと感じられた…とご報告しておこう。こういう心情に訴求する商品企画はアリだと思う。

そして走らせてみて、驚いた。乗り心地が劇的に“優しく”なっていたからだ。試乗車を借り受け、街中へ。すると駐車場の出口の段差や、高架橋の繋ぎ目など、ほとんどショックが来ない。さらに走行中の微震動、入力もダンパーが完全に封じ込め、クールな乗り味を保つ。下手なスポーツセダン以上の快適ですらある乗り味になっているのである! もちろん高速走行時の安定感は保たれている。歴代Z中最高の乗り心地のよさ…そう断言できる。

日産・フェアレディZ Version ST

日産・フェアレディZ Version ST

日産・フェアレディZ Version ST

日産・フェアレディZ Version ST

シフトダウンでフォン! とエンジン回転を自動で合わせる“シンクロレブコントロール”も効くパワーユニットは、これぞスポーツカーといったパフォーマンス。3.7リットル、355ps/38.1kgf・mの余裕のあるスペックは大排気量ならではだ。意思を込めてアクセルを踏み込めば、粒立ちのいいエンジン音を立てて、クルマを前へと走らせる。クーペの室内では、その音量、振動の伝わりかたが以前より抑えられている。

まとめ

フェアレディZは、歴史も長く、世界中で人気となった名車です。

スピード感を楽しみたい人、国産クーペが欲しいという人。

そんな方にオススメしたいクルマの一つです。

関連する投稿


日産GT-R|日産の名車を紐解く!

日産GT-R|日産の名車を紐解く!

日産のGT-Rは名車と名高い一台です。最新のGT-Rはスカイラインの名前が外れ日産GT-Rとなり、よりサーキットを意識した車へと進化し続けています。今回はこの日産 GT-Rについて見ていきましょう。


ワゴン車のGT-Rステージア!気になる中古車価格も!

ワゴン車のGT-Rステージア!気になる中古車価格も!

1996年デビューのステージアには発売当初には、パワートレインにスカイラインGT-Rのエンジンを搭載したモデルも存在した高性能モデルもありました。まさにスポーツワゴンの最高峰として位置付けられたモデルであったことを振りかえって見てみましう。


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


日産 レパードの時代に翻弄された一生! なぜソアラに勝てなかった?

日産 レパードの時代に翻弄された一生! なぜソアラに勝てなかった?

日産の高級パーソナルカー、レパードをご存知でしょうか。それまで高級車といえば後席に乗り込むものが定番だったのが、日本の経済成長と好景気の流れに乗って、幅広いオーナーが自ら運転できる時代が到来し、その流れを牽引する上級志向のハードトップとして登場するも、市場ではなぜか苦戦してしまいます。日産珠玉の上級車、レパードの歴代モデルと、その苦戦の理由をご紹介します。


日産 フィガロ|生産終了の理由は?中古車に乗ることは可能?

日産 フィガロ|生産終了の理由は?中古車に乗ることは可能?

1991年から一年間限定で発売された「フィガロ」ですが、人気は高く反響も大きかった車で惜しまれつつ1年限りの販売となった車「フィガロ」について見てみましょう。


最新の投稿


【タイヤの空気圧】適切な空気圧でないともったいなさすぎ?!点検方法や基準などまとめ

【タイヤの空気圧】適切な空気圧でないともったいなさすぎ?!点検方法や基準などまとめ

車という重量物をたった4本で支えているのがタイヤ。車のあらゆる動きはタイヤを介して行われることもあり、快適な走行のためにも安全運転のためにも非常に重要なタイヤですが、意外とタイヤの空気圧は放置しがちな方も多いのではないでしょうか。メーカー指定の空気圧に調整していないと、効率が下がってもったいないだけでなく、最悪は事故の危険性も?!詳しく見ていきましょう。


【カーリースと中古車、どっちがおトク?】支払い額近し!メリット・デメリットで見極めよう

【カーリースと中古車、どっちがおトク?】支払い額近し!メリット・デメリットで見極めよう

近年人気上昇中のカーリースですが、メリットばかり宣伝で見るけど何か裏があるんじゃないの?と気になっている方も多いのでは。新車は手が届かないけど、カーリースならなんとかなるかも!とお思いの方でも、中古車もきっと一度は検討してみたはず。カーリースと中古車、どちらがどんなカーライフにぴったりなのか、メリットとデメリットを分析することでしっかり見極めていきましょう。


【カーリース会社を比較】おトクなのはどのカーリース?人気会社を調査

【カーリース会社を比較】おトクなのはどのカーリース?人気会社を調査

近年急速に広がりを見せている車の持ち方が「カーリース」です。あらゆる分野で所有しない使用というスタイルが人気を得る中、車に対する出費を月々定額の支払いでまとめることのできるカーリースもお手軽感が人気の様子。そこで、人気のカーリース会社の特徴をまとめて比較してみました。ご自分に合ったカーリース会社はどれなのか、きっとぴったりのサービスが見つかるはずです。


世界で愛されるマツダの「顔」!マツダ3へと生まれ変わったアクセラの魅力を徹底解剖

世界で愛されるマツダの「顔」!マツダ3へと生まれ変わったアクセラの魅力を徹底解剖

マツダの世界戦略車として開発され、国内のみでなく欧米諸国でも高い人気を誇るマツダのアクセラ(現マツダ3)の特徴や魅力をご紹介します。セダンやハッチバックなどモデルラインナップも多いので、それぞれの特徴、そして新車価格・中古車価格などについても解説していきます。


広い室内が魅力の「スズキ エブリイワゴン」を徹底解剖!

広い室内が魅力の「スズキ エブリイワゴン」を徹底解剖!

スズキのエブリイワゴンは広々としたインテリアが特徴で、車中泊もできるアウトドアにぴったりの一台です。価格も比較的安価に購入できるので、高いコストパフォーマンスも魅力のひとつです。そこで今回は、エブリイワゴンの魅力を詳しく紹介します。