目次へ戻る

マツダのピュアスポーツ! RX-7(アールエックスセブン)中古車価格まとめ

マツダのピュアスポーツ! RX-7(アールエックスセブン)中古車価格まとめ

マツダ RX-7は、今なお日本を代表するスポーツカーの一つとして根強い人気があります。ここではマツダ RX-7の中古車について紹介しています。(※情報は2019年11月現在のもの)


マツダ RX-7って、どんなクルマ?

初代マツダ サバンナRX-7

初代マツダ サバンナRX-7

マツダ RX-7はマツダを代表するスポーツカーの1つです。もともとは、マツダの「サバンナRX3」の後継車として、初代と2代目までは「サバンナRX-7」として発売されました。

マツダ RX-7最大の特徴であるロータリーエンジンは、マツダが世界で唯一量産化されたもので、通常のレシプロエンジンのようなピストンの往復運動ではなく、三角形のローターによる回転運動により動力を生み出しています。軽量小型であるため、車体の中心近くに配置する「フロント・ミッドシップ」と呼ぶパッケージングがカノになり、理想的な前後の重量配分バランスを手に入れていました。

また、マツダ RX-7は全てのモデルにおいて格納式のリトラクタブル・ヘッドライトを採用しており、最終モデルである3代目は日本車で最後にリトラクタブル・ヘッドライトを装備した車種となりました。

初代から2代目までは「サバンナRX-7」の名で販売されていましたが、3代目であるFD型からは当時の販売店系列「アンフィニ」の名を冠して「アンフィニRX-7」として発売され、後に販売店のアンフィニ店がユーノス店と統合されたことにより、車名が「マツダRX-7」となりました。

マツダ RX-7の中古車 モデル別中古車相場・中古車価格

2代目マツダ サバンナRX-7(1985年10月~1992年)

2代目マツダ サバンナRX-7

2代目マツダ サバンナRX-7

初代がライトウェイトスポーツからイメージを一新し、重厚さも加った高次元のスポーツカーへ進化した2代目では、フロント・ミッドシップを継承し、全幅を20mm拡大する一方で全長を短くなり、また、電動ソフトトップを備えたカブリオレも設定されています。

新開発の13Bツインスクロールターボエンジンは、排気量が573cc×2から654cc×2へとアップしています。最高出力は前期モデルが185ps、が後期モデルが205ps、そして限定車のアンフィニでは215psまで高められています。

 
2代目マツダ サバンナRX-7(1985年10月~1991年11月)
平均価格約181万円
中古価格帯約100万円~約400万円
※車情報サイトResponse 中古車情報調べ(2019年11月現在)

3代目マツダ アンフィニRX-7(1991年12月~1997年10月)

3代目マツダ アンフィニRX-7

3代目マツダ アンフィニRX-7

2代目から全長、ホイールベース、全高が小さくなり、全幅が広がったことで初めて3ナンバー専用ボディとなり、より安定感のあるスタイルとなりました。

低速で1基、高速では2基のターボを利用するシーケンシャルツインターボを採用し、最高出力は255psまで引き上げられています。

このエンジンをフロントミッドシップに搭載し、徹底した軽量化を行うことで、低重心化と50:50の理想的な重量配分を実現しています。

燃費は10・15モード燃費:7.2~8.1km/lです。

 
3代目マツダ アンフィニRX-7(1991年12月~1997年10月)の中古車情報
平均価格約184万円
中古価格帯約110万円~約440万円
※車情報サイトResponse 中古車情報調べ(2019年11月現在)
3代目マツダ アンフィニRX-7

3代目マツダ アンフィニRX-7

3代目マツダ RX-7(1997年10月~2002年8月)

3代目マツダ RX-7

3代目マツダ RX-7

マツダRX7に名称が変更になって、エンジン出力は初期型は255psでしたが、後にエンジンの出力向上が行われ、1996年1月のマイナーチェンジで265ps(MT車)、1999年1月のマイナーチェンジでは280psに達しました。

マツダ ユーノス・コスモが1996年に生産を終了して以降、3代目マツダ RX-7は当時、世界唯一のロータリーエンジン搭載量産車となっていました。

しかし、日本国内市場および北米市場におけるスポーツカー需要の低下や、ターボ過給機付ロータリーエンジンの環境対策の行き詰まりなどの理由により、2002年8月に生産終了となり、RX-7は24年の歴史に幕を閉じました。

費性能は10・15モード燃費:7.2~8.1km/l です。

 
3代目マツダ RX-7(1997年10月~2002年8月)
平均価格約276.1万円
中古価格帯約138万円~約698万円
※車情報サイトResponse 中古車情報調べ(2019年9月現在)
3代目マツダ RX-7

3代目マツダ RX-7

まとめ

手前から初代マツダ サバンナRX-7、2代目マツダ サバンナRX-7、3代目マツダ RX-7

手前から初代マツダ サバンナRX-7、2代目マツダ サバンナRX-7、3代目マツダ RX-7

今なお人気のあるスポーツカーのため、中古車価格はかなり高くなっています。

中には安い個体も見つけられるかもしれませんが、それ相応の程度であることが考えられます。スポーツカーという車の特性上、何らかのトラブルを抱えた個体も多いため、検討する際は注意が必要です。

2020年新型車まとめ 外車・輸入車版ができました

おすすめ記事リンクはこちら

関連する投稿


マツダのミニバン プレマシー 中古価格まとめ

マツダのミニバン プレマシー 中古価格まとめ

マツダプレマシーは1999年に登場しました。プレマシーはマツダのミニバン(初代モデルはトールワゴンタイプも)です。5人乗りモデルと7人乗りモデルとがあり、どちらも1800ccのガソリンエンジンを搭載するコンパクトサイズです。2018年に発売終了するまで、マツダのミニバンとして活躍していたプレマシーの歴史と中古車情報をお届けします。


マツダのコンパクトカー・デミオ中古車価格まとめ

マツダのコンパクトカー・デミオ中古車価格まとめ

マツダ デミオは国産コンパクトカーでありながら、スポーティーで高級感漂うスタイリッシュなデザインが特徴的な車です。2019年には世界統一車名のマツダ2となって、デミオとしての生産が終了したことも話題になりましたね。 今回はそのデミオについて中古車情報と合わせてみていきます。


マツダの人気SUV CX-5 中古価格まとめ

マツダの人気SUV CX-5 中古価格まとめ

マツダの人気SUV、CX-5は、今のマツダ車に共通するデザインコンセプト「魂動-SOUL of MOTION」を採用した最初の車種です。登場からまだ8年目ですが、すでに一度フルモデルチェンジを行っていて現行モデルは2代目に当たります。今回はマツダCX-5の中古車情報をお伝えします。


マツダ アクセラ(セダン) 中古車価格まとめ

マツダ アクセラ(セダン) 中古車価格まとめ

マツダ アクセラは、マツダ車として過去最短記録を売り上げた人気のセダンおよびハッチバックです。ファミリアに代わる世界戦略車として現在のマツダを代表するクルマです。2019年5月より日本でも、世界統一車名の「マツダ3」が用いられています。本記事ではそんなアクセラ(セダン)の中古車情報をまとめています。


日産の人気スポーツ フェアレディZ 中古車価格まとめ

日産の人気スポーツ フェアレディZ 中古車価格まとめ

1969年の発売当時から根強い人気の「フェアレディZ」の中古車について、価格や燃費・気を付けたい部分などをまとめてみました。購入を検討されている方は是非参考にしてください。


最新の投稿


マツダのミニバン プレマシー 中古価格まとめ

マツダのミニバン プレマシー 中古価格まとめ

マツダプレマシーは1999年に登場しました。プレマシーはマツダのミニバン(初代モデルはトールワゴンタイプも)です。5人乗りモデルと7人乗りモデルとがあり、どちらも1800ccのガソリンエンジンを搭載するコンパクトサイズです。2018年に発売終了するまで、マツダのミニバンとして活躍していたプレマシーの歴史と中古車情報をお届けします。


マツダのコンパクトカー・デミオ中古車価格まとめ

マツダのコンパクトカー・デミオ中古車価格まとめ

マツダ デミオは国産コンパクトカーでありながら、スポーティーで高級感漂うスタイリッシュなデザインが特徴的な車です。2019年には世界統一車名のマツダ2となって、デミオとしての生産が終了したことも話題になりましたね。 今回はそのデミオについて中古車情報と合わせてみていきます。


マツダの人気SUV CX-5 中古価格まとめ

マツダの人気SUV CX-5 中古価格まとめ

マツダの人気SUV、CX-5は、今のマツダ車に共通するデザインコンセプト「魂動-SOUL of MOTION」を採用した最初の車種です。登場からまだ8年目ですが、すでに一度フルモデルチェンジを行っていて現行モデルは2代目に当たります。今回はマツダCX-5の中古車情報をお伝えします。


【東京オートサロン2020】開催日程 出展社情報ほか随時更新!

【東京オートサロン2020】開催日程 出展社情報ほか随時更新!

カスタム車のビックイベントと言えば?そう東京オートサロンですね。東京オートサロン2020が1月10日~12日に、幕張メッセにて開催されます。本記事では期待が高まる東京オートサロン2020の最新情報をまとめています。情報が入り次第、随時更新いたします。【12月12日更新】


【タニタ調べ】飲み過ぎドライバー多発!その理由は〇〇だった?

【タニタ調べ】飲み過ぎドライバー多発!その理由は〇〇だった?

12月になり、忘年会シーズン。何かとお酒が進むこの時期です。そんな中、タニタは「飲酒運転に関する意識調査2019」を実施しました。「飲み会で飲み過ぎた理由」第一位はいったい?気になる結果をまとめています!