トップへ戻る

【復活希望】マツダの名車!マツダのスポーツカーRX-7を振り返り&最新情報

【復活希望】マツダの名車!マツダのスポーツカーRX-7を振り返り&最新情報

数多くあるマツダの名車。その中の一台はやはり、このRX-7なのではないでしょうか。1978年に発売され、惜しまれつつも2002年に販売終了となったスポーツカーであるRX-7。改めてその魅力に迫ります。そして気になる最新情報も!?本当のところ、復活はある??

⏳この記事は約3~4分で読めます。


【改めて知りたい】マツダのRX-7って?

RX-7は、今なお根強い人気とファンを持つマツダのスポーツカーです。

あまり車に興味がない人でも、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。それくらい有名なスポーツカーです。

RX-7は、1978年に販売開始されました。そもそもRX-7は、マツダの「サバンナクーペ」の後継車で、初代RX-7の名前も「サバンナRX-7」とつけられています。

ちなみに、RX-7が生産終了した後、2003年から2012年の間まで発売されていたマツダのRX-8ですが、RX-7の後継車ではありません。

マツダ直々にRX-8のことを新規車種と紹介していますのでご注意ください。

【参考】サバンナクーペGT/RX-8

マツダ サバンナGT(1972年)

RX-8

初代 サバンナRX-7(SA22C)

マツダ サバンナRX-7(1978年)

初代RX-7がこちら。
サバンナRX-7は1978年に発表された、ロータリーエンジン搭載のスポーツカーです。

この、ロータリーエンジンですが、マツダが世界で初めて自動車用エンジンとして実用化したことでも有名です。

ロータリーエンジンのメリットは、高出力で力がある割にコンパクトなサイズ感、そして何よりも運転時の気持ちよさが挙げられます。一方でデメリットももちろんあり、最大級のデメリットは燃費がかなり悪いことです。

スポーティなフィールにもかかわらず、比較的手軽なコストで手に入れられることから、日産の初代フェアレディZ(S30)などとともに、アメリカでは「プアマンズポルシェ」(ポルシェ似の手軽なスポーツカーへの愛称)と呼ばれるようになりました。

採用していたエンジンは、水列直列2ローターの12Aエンジンでした。エンジン出力はNA仕様が130ps、ターボ仕様165psでした。

日産 フェアレディZ 初代

2代目 サバンナRX-7(FC3S)

サバンナRX-7(1985年)

1978年から7年たった1985年。初のフルモデルチェンジを行い2代目のRX-7が登場しました。未だにサバンナという冠がついています。

初代RX-7からの主な変更点としては、マツダのFCプラットフォームが採用されたこと、エンジンに単室容積654cc×2の13B-T型ロータリーエンジンを用い、ツインスクロールターボが採用されたこと、また、カブリオレタイプが1987年からラインナップされたことも挙げられます。

先ほど、初代サバンナRX-7は「プアマンズポルシェ」と呼ばれていたと言いましたが、2代目、3代目からは、ポルシェと渡り合えるものとして対等の扱いを受けるようになったことも特筆すべき点でしょう。

性能面では、何と7秒ほどで0-100km/hに到達、最高速度はメーカーテストで238.5km/hを記録したそうです。

エンジン出力は、185psから最終的な改良時には215psに進化しました。

性能面でのかなりの向上が見られますね。

3代目 RX-7(FD3S型)

第3世代RX-7(FD3S型)


そして2代目の発売から6年を経て、1991年にフルモデルチェンジを行い3代目のFD3S型が登場しました。

名称もサバンナRX-7からアンフィニRX-7へと変更し、のちにマツダRX-7になります。(このアンフィニですが、マツダの当時の販売店系列の名称です)

マツダが発売していたユーノス・コスモが1996年に生産を終了したことで、RX-7は世界唯一のロータリーエンジン搭載車となります。

エンジンには、シーケンシャルツインターボが搭載された13B型ロータリーエンジンを採用。

後にエンジンの出力向上が行われ、1996年1月のマイナーチェンジで265ps(MT車)、1999年1月のマイナーチェンジでは280psに達しました。

マツダ/ユーノス・コスモ

RX-7は、車体の軽量化やエンジンの高出力化をはかるなど、「ピュア・スポーツ」をコンセプトに掲げる車両として、長らく開発が続けられました。

しかし、日本国内市場・北米市場におけるスポーツカー需要が低下したことや、ターボ過給機付ロータリーエンジンの環境対策の行き詰まりなどの理由から、2002年8月に惜しまれつつも生産終了となりました。

【一番気になる】RX-7は復活するの?

最後に。一番気になるのがRX-7は果たして復活するのか?

といった疑問ですよね。

販売終了の2002年から16年がたとうとしている今、RX-7の今後の展開はないのでしょうか。

東京モーターショー2015ではロータリースポーツコンセプトのRX-VISIONが登場

ロータリースポーツコンセプトのRX-VISION

マツダは2015年に「RX-Vision」を公開し、「RX-7」の後継モデルと噂されたが、その後マツダ社長・小飼 雅道氏が「ロードスター(MX-5)より上のスポーツカーを投入することは考えていない」と海外メディアに発言していた。

この言葉を見る限り、復活はかなり厳しいと予測できますね…。

東京モーターショー2017、RX-7の続報はなし

その2年後の東京モーターショー2017では、RX-7に関する発表は特にありませんでした。

やはり、マツダには今現在、ロードスターRF、ロードスターといった素晴らしいスポーツカーがあるため、RX-7の復活は難しいのでしょうか…。

(また、国内の人気傾向として、今はSUV人気が高まっているため、人気低迷中のクーペに手が回せない…という事情もありそうです)

とても残念です。

マツダのロードスターRF スペック・性能・価格・評価

https://matome.response.jp/articles/988

まあ、結局のところ、マツダのロードスターもめちゃくちゃカッコイイんですけどもね

最後に 復活を全力で待つRX-7。一縷の望みにかける…!

かわいい…全部欲しい…

いかがでしたか。本記事では改めて名車と名高いマツダのスポーツカー、RX-7について振り返りました。

未だ、RX-7の復活は実現していませんが、復活の日がくればその日はもう祭りですね。

待つことしかできずかなり無力ではありますが、復活の日を全力で待ちましょう!

関連する投稿


【これで納得】デミオとマツダ2の全てをご紹介!

【これで納得】デミオとマツダ2の全てをご紹介!

マツダのBセグメントコンパクトカーマツダ2は、ついこの間までデミオと呼ばれていました。そこで、なぜ名前が変わったのか?名前以外に違いはあるのか?そして新車のマツダ2と、中古車で購入できるデミオはどんな車なのかを詳しくご紹介していきます。


マツダのSUVシリーズを徹底比較!自分に合った車はどれ?!

マツダのSUVシリーズを徹底比較!自分に合った車はどれ?!

マツダが力を入れるSUVシリーズは、12月17日のCX-30の商品改良によって、全シリーズの新型が出揃いました。そこで、マツダのどのSUVが自分にピッタリなのか分かるように、様々な角度から比較してみました。


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


おすすめのマニュアル車5選!運転を知的ゲームに変える?!

おすすめのマニュアル車5選!運転を知的ゲームに変える?!

今や、世の中のクルマのほとんどがオートマ車になってしまいました。でも、まだまだマニュアル車も様々なモデルが発売されています。 運転を奥深く、知的なゲームにしてしまう、おすすめのマニュアル車をご紹介いたします!


惜しまれつつ消えたマツダ プレマシー|中古車情報、後継車は?

惜しまれつつ消えたマツダ プレマシー|中古車情報、後継車は?

1999年に5ナンバー車としてマツダファミリアをベースに開発され、ミニバンとして登場した車がマツダ プレマシーでした。その後、幾たびか変更を加えながら3代目まで進化しながら販売されましたが、2018年に製造販売が終了になりました。今回はこのプレマシーを見てみましょう。


最新の投稿


おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

車の収納にご不便をお感じになられたことがある方は、意外に多くいらっしゃるのではないでしょうか。そういった場面で重宝するグッズに、収納グッズと呼ばれるものが御座います。収納グッズと呼ばれるものは種類も豊富で、用途により使い分けることで、より快適に車内を使用することが出来るものばかりです。本記事では収納グッズの選び方のほか、おすすめ商品もご紹介していきます。


おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

車の洗車に必要なカースポンジですが、その種類はとても多く、どのスポンジを使えば良いか迷うものです。今回は洗車やワックスに適したスポンジの選び方や用途について説明していきます。スポンジの素材や形状についても触れてみたいと思います。


転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

免許を取得した際には確実に勉強したはずの「転回」。では一体なんのこと?と聞かれると、よどみなく答えられる方は意外と少なかったりするのでは。まだまだ意味を覚えてるよ!という初心者の方から、ちょっと怪しいかも?というベテランの方まで、この記事を読めば転回について詳しくなれること間違いなしです。してはいけない場所、上手なやり方など、役立つ情報をご紹介していきます。


中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

先行き不安な現代ですから、車にかけるお金はできるだけ節約したいところですよね。新車に比べてお買い得な中古車、さらにお安く手に入れる方法としてよく聞かれるのが「中古車オークション」。オークションの仕組み自体はご存知でも、実際にご自分で参加できるのかなど、詳しくは知らない方も多いのでは。この記事では、中古車オークションに関して詳しく解説していきます。


車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

ちょっと前まではあまり聞かれなかった「サブスクリプション」という言葉、最近よく耳にしませんか。スマホのサービスなどだけでなく、車の所有方法にまで広まってきているサブスクリプション(サブスク)。これまでの所有形態と比べてどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。CMや広告でよく見る車のサブスクが気になっていた方は必見です。