目次へ戻る

マツダのロードスターRF スペック・性能・価格・評価

マツダのロードスターRF スペック・性能・価格・評価

ロードスターRFは、マツダが製造・販売を手掛けるオープンカーです。2016年12月より販売開始したロードスターRFは電動格納式ルーフの開閉操作を、スイッチ操作だけでできるように改良されたモデルとなります。今回はマツダのロードスターRFの、スペック・燃費・パワートレイン・評価や評判・価格・中古価格について見ていきます。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


マツダのロードスターRFとは

マツダのロードスターは、1989年にアメリカで発売されました。

4代目のロードスターは2015年に発売され、2016年にはスイッチ操作のみで電動格納式ルーフの開閉操作を行うことができる派生モデル・ロードスターRFが登場しました。

ちなみにこのRFですが、Rはリトラクタブル式ハードトップ、Fはファストバック(つまりルーフから車両の最後端までルーフラインがなだらかに傾斜していく形状のことを指しています)の意味を表します。

エンジンには各国の市場に合わせており、「SKYACTIV-G 1.5」または「SKYACTIV-G 2.0」を使い分けています。

日本カー・オブ・ザ・イヤーにもノミネートされている!

日本カー・オブ・ザ・イヤーとは、日本国内で市販された乗用車の中から、年間を通して最も優秀だった車に贈る自動車賞のことです。

今回、選考対象としてマツダのロードスターRFも候補に挙がっています。

10ベストカー発表は11月8日、最終選考会は12月予定です。

日本カー・オブ・ザ・イヤー ノミネート車発表!今年は何が…?

https://matome.response.jp/articles/975

もうすぐ日本カーオブザイヤーです。2017-2018のカーオブザイヤーに輝くのは一体どんな車なのか?追っていきたいと思います。

マツダ ロードスターRF 基本情報・スペック

 
【マツダ ロードスターRF】 スペック表
駆動方式2WD
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,915×1,735×1,245(ホイールベース:2,310mm)
最大乗車定員2名
燃費JC08モード:15.6km/L
エンジンタイプSKYACTIV-G 2.0
エンジン種類水冷直列4気筒DOHC16バルブ
総排気量1,977L
最高出力(kW<PS>/rpm)116〈158〉/6000
最大トルク(N・m<kgf・m>/rpm)200〈20.4〉/4600
タンク容量 45L
※ロードスターRF S 参照

マツダ ロードスターRF エクステリア 優美なデザイン・ディティール

ロードスターRFのデザイン。

全長4m未満の2座オープンをベースに、優美なプロポーションとディテールを持っています。

それは単に綺麗なだけでなく、奥底に研ぎ澄まされた緊張感を帯びています。

スタイリングと並んでもう1点、それはバリオルーフの作動のスマートさのすばらしさです。

大型のルーフの格納は「ガタン、ゴトン、ガチャガチャ」という音と振動を伴いがちですが、ロードスターRFのそれは「カチャッ、ウィーン」というとてもスムーズで精密感が漂うものになっています。

所作の美しさにここまでこだわったクルマはなかなかありません。

マツダ ロードスターRF インテリア

セカンドカーではなく、ファーストカーとして利用する方の実用性を忘れてはいないのがこのロードスターRFです。

インテリアアクセサリーには、上質さだけでなく、快適さと便利さも追及しています。

メーターやコントローラーの位置は、とっさの判断をする際、思わず目や手がいく位置に、細心の注意が払われて配置されています。

シートデザインはオーナーの好みに応じて、本革他、3種類から選ぶことができます。

マツダ ロードスターRF 走行性能

スカイアクティブテクノロジーは上質な走りを可能にしたマツダの革新技術。

この技術をロードスターRFに搭載しています。

このスカイアクティブテクノロジーは、マツダの、世界でも通用する走行性能を持った車を作りたいという思いから生まれたこの技術は確実にマツダ車の走りに磨きをかけてきました。

アクセルを踏み込めば高速走行までハンドルと車体の動きを統一、なめらかな一体感でドライバーに走る楽しさを体感させます。

またロードスターRFには力強い加速やスポーティな走りを可能にしたSPORTモードを搭載。

ドライバーのアクセル操作に応じて変速のタイミングやスピードが変わるのでよりアクティブな走りを楽しめます。

MTモデルはグレードが選べるため、マツダが推奨している人馬一体を存分に体感するにはMTモデルがおすすめです。

高速道を降り、ワインディングロードを走った際のコーナリングの正確性は言うに及ばず、である。車両感覚が掴みやすいフロントから見える風景とクルマの動きの気持ち良さは1.5リットルと変わらないし、ルーフを開けた際の空気の流れもファストバックスタイルとは思えないほどよく考えられている。

マツダ ロードスターRF 評価・評判・口コミ

ロードスターRFの評判はどうなのでしょうか。調べてみました。

ロードスターRFはクーペとしてとても魅力的なフォルムとハイレベルなフィニッシュを持ちながら、それがオープンにもなるという時点で、その他のことは大概どうでも良くなるようなキャラクターのクルマだった。また、バリオルーフの精密感あふれる動きなど、良いモノ感も抜群で、時計で言えばIWCのような所有満足度がありそうに思えた。

静粛性に関しても十分である。往路の途中までは雨に見舞われたが、ソフトトップにありがちな雨粒の叩く音などはほぼ無く、エンジン音とホイールハウスから聞こえてくる雨を含めた透過音が少し気になる程度。助手席との会話明瞭度も高い。音楽だって気持ち良く楽しめる点から見ても快適性も含め十分以上の合格点が与えられる。

また運転の楽しさはもちろんだが「疲れが少ないこと」はぜひ伝えておきたい。カミングアウトすると筆者は自分のクルマで移動するときも100km未満ですぐ休憩モード(仮眠他)に入ってしまう。しかし今回は往復ともRFはほぼノンストップ(トイレ休憩除く)で移動が可能だった。

「疲れない」と言えば欧州車や国産高級車の代名詞的な部分はあるが、少なくともこのRFは“走る楽しさ”と“疲れない”を両立した他とは比較できないタイプのクルマなのかもしれない。

静粛性も向上し、デザインも良い、また疲れにくいという利点があるという声がありました。

マツダ ロードスターRF グレード別価格

■ロードスター RF S
2WD (6MT) ¥3,240,000 (税込)
2WD (6EC-AT) ¥3,261,600 (税込)

■ロードスターRF VS
2WD (6MT) ¥3,574,800 (税込)
2WD (6EC-AT) ¥3,596,400 (税込)

■ロードスターRF RS
2WD (6MT) ¥3,736,800 (税込)

マツダ ロードスターRF 中古価格

17年式のロードスターRFの中古価格の相場を調べたところ、300万円~340万円ほどが相場のようです。

新車価格に比べてものによっては安くなりますので、中古でも構わないという方はぜひ、中古車を検討してみてはいかがでしょうか。

最後に

見た目の優美さ、そして走りの心地よさなど様々な魅力があるマツダのロードスターRFについて今回はご紹介しましたがいかがでしたか。

マツダのロードスターRFは、日本カー・オブ・ザ・イヤーにもノミネートされています。

続報に期待ですね。

関連する投稿


マツコネってなに?マツダコネクトはスマホの地図アプリも利用可能?!

マツコネってなに?マツダコネクトはスマホの地図アプリも利用可能?!

マツコネとは2013年発売のアクセラから搭載が開始された、マツダの新世代カーコネクティビティシステムのことで略してマツコネと呼ばれています。今回はこのマツコネについてご説明していきたいと思います。


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車 最新情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車 最新情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


【3列オトナSUV】マツダ CX-8の魅力、最新情報! 3列目はどうなの?

【3列オトナSUV】マツダ CX-8の魅力、最新情報! 3列目はどうなの?

デザインも商品性も年々進化していくマツダにおいて、ラインナップのフラッグシップとなるのがCX-8です。CX-9(北米中心に発売)と2列シートのCX-5をプラットフォームを組み合わせたことで、3列シートと堂々とした体躯を手に入れたCX-8は、ただのSUVには飽きた慧眼なユーザーに人気を博しています。果たしてその高級感はフラッグシップの名に足るものなのか。3列目の快適性はどうなのか。詳しく見ていきましょう。


コンパクトでもかっこいいSUV4選!かっこいい4車を徹底比較

コンパクトでもかっこいいSUV4選!かっこいい4車を徹底比較

大型のSUVは街中での使い勝手や駐車の手間が面倒だから、コンパクトサイズのSUVが気になる方も多いのでは。しかし、どうせならコンパクトでもかっこいいSUVを選びたいですよね。そこで今回は、コンパクトSUVの中でもルックスが特徴的でかっこいいSUVをまとめてみました。街中でどんどん増えているSUVの中でも目立ってしまいそうな4台をご覧ください。


【最後のロータリー?】マツダ RX-8の魅力とロータリーの未来!

【最後のロータリー?】マツダ RX-8の魅力とロータリーの未来!

もはやマツダの独自技術となった感もある、ロータリーエンジン。その独特な回転フィールで熱烈なファンも多いのですが、搭載された市販車としては、残念ながらRX-8が現在まで最後の車となっています。自然吸気としてより回転フィールを研ぎ澄ましつつ、大人が4人乗れるファミリーカーとしての側面も持つ、魅力いっぱいのRX-8。ロータリーの未来も確認しつつ、振り返っていきましょう。


最新の投稿


ひき逃げを起こした場合の罰金・罰則の全て|被害にあった場合も掲載

ひき逃げを起こした場合の罰金・罰則の全て|被害にあった場合も掲載

もしもひき逃げ事故を起こしてしまった際に、どのように対処すべきでしょうか。さらには、被害に遭ってしまった方、事故を目撃した方もその場で適切な処置をする事が求められます。今回は、ひき逃げを起こしてしまった方、巻き込まれてしまった側、それぞれがどのように対処し、処置をしていくべきかを解説しています。


【現行イタリア高級SUV】最新4選! 価格、燃費

【現行イタリア高級SUV】最新4選! 価格、燃費

イタリアの車といえば走行性能の高さや情熱的なデザインが特徴的ですが、実は高級車の世界でも有名なブランドを多く持っています。また、今やセレブや要人が移動する時に使う車は、ハイエンドセダンではなく、ハイエンドSUVの方が多くなっているように思いませんか。高められた車高による室内の余裕と、路上でも抜群の存在感を持つSUVは、次世代の高級車として既に定着している印象もありますよね。この記事では人気のSUVラインナップのなかでも、イタリア車の高級モデルにフォーカスして、ご紹介していきます。


【現行イギリス高級SUV】最新5選! 価格、燃費

【現行イギリス高級SUV】最新5選! 価格、燃費

近年ではドイツ製高級車が市場を席巻していますが、イギリスの高級車もその独特の雰囲気や仕立て、長い歴史で高級車として定評を持っていますよね。この記事では人気のSUVラインナップのなかでも、イギリス車の高級モデルにフォーカスして、ご紹介していきます。


【大人数で乗れるSUV】最新5車種! 価格、燃費

【大人数で乗れるSUV】最新5車種! 価格、燃費

どこへでも乗っていけそうな自由さが魅力的なSUV。世界的に大人気が継続していますが、その広い室内空間を活用して3列シートを有するものもあります。いざというときは大人数で冒険にも出かけられるし、普段は3列目を格納して広々とした荷室を実現できるなど、ユーティリティ性の高さに磨きをかけた3列シートSUVをまとめてご紹介します。


アーシングとは?効果とメリット・デメリット

アーシングとは?効果とメリット・デメリット

アーシングとは聞きなれない言葉ですが、元々はレーシングカーに使われていた技術です。では、このアーシングとは、一体どの様な効果があるのでしょうか?今回はこのアーシングチューニングについてご説明します。