トップへ戻る

【2020年度版】マツダのスポーツカー、クーペ一覧

【2020年度版】マツダのスポーツカー、クーペ一覧

マツダのスポーツカー・クーペはデザインのセンスや性能に優れます。また、マツダがその高い技術力で世に送り出したRX-7やRX-8などのロータリーエンジン搭載スポーツカーでは、世界の人々を虜にして来ました。今回はそんなマツダの現行スポーツ・クーペの魅力と特徴、スペックをご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


マツダのスポーツ・クーペとは?

マツダ マツダ・ビジョン・クーペ

マツダ マツダ・ビジョン・クーペ

マツダのスポーツ・クーペの歴史はマツダの社名改称よりも長く、半世紀以上も前から販売されています。

スポーツ・クーペはクーペの中でもスポーティー性や動力性能を秘め、運動性が優れていることを指すことから、スポーツカー的存在ともなっています。

また、2人乗りということを軸に、シャープなデザインを強調しているとも言われています。

クーペタイプのブームを流れとしては、1960年ほどから世に知られはじめ、1990年代にかけ欧州、北米、日本でも各メーカーがバラエティ豊かなモデル販売されてきました。

マツダは他社メーカーがこだわりを持つ走行性能重視する中、流麗なスタイルでデザイン機能に観点を向け、ユーザーからの注目度を高めてきました。

マツダのスポーツ・クーペの特徴は?

マツダ かぶら 2006年

マツダ 鏑(かぶら) 2006年

マツダが走行性能へのこだわりから手掛けていたのは、なといっても「ロータリーエンジン」です。

ロータリーエンジンは、シリンダー内で回転子(ローター)を回転させ、動力を得る内燃機関です。ロータリーエンジンはとてもコンパクトであり、車重軽減に役立ちレシプロに比べ70%の容積しかありません。

また、極めて対振動性が優れているため、ハイパワーエンジンとして優位点があり搭載されていました。

その後も、マツダの次世代エンジン「SKYACTIV TECHNOLOGY」の搭載により、さらに効率的なエンジン技術革新を実現してきました。

デザイン性としては「エレガントな上質なデザイン」を作り上げることを目指し、「魂動デザイン」の深化を表現したマツダ VISION COUPEモデルとして昇華しています。

そのため世界で最も美しいクルマとしても認められるほどで、スポーツカーの中でも美意識に誇りを持ち、熱狂的なファンだけではなく、他の自動車メーカーをも魅了しています。

【特徴1】軽くて大きすぎない!

マツダ シナリ

マツダ シナリ

マツダ スポーツ・クーペはライトウエイトスポーツカーのロードスターが有名です。

ユーザーがスポーツカーに求める要素としては、エクステリア・インテリア・車の持つ雰囲気・ハンドリング性能・エンジンの出力性能や感応性とさまざまな要素が存在します。

スポーツカーらしい2ドアスタイル、動力性能が水準以上であること、車両重量が1.000kg(1t)程度といった要素を満たせば、ライトウェイトカーというカテゴリーになります。

小排気量エンジンでも十分な走行性能を実現するために、車両軽減させなければなりません。

そこでライトウェイトカーは車両の軽量化が最大の武器となり、これに起因するハンドリング性能の高さ、小排出量で得られるアクセルワーク、コーナリングの楽しさを日常的に誰でも感じることができる軽量スポーツカーとなっています。

【特徴2】パワフルなエンジン!

マツダ ロータリーエンジン

マツダ ロータリーエンジン

マツダのエンジン技術としては、小型・低振動・低騒音・高出力に優れているロータリーエンジンを採用し、90年代を代表するスポーツカーともいえるRX-7、その跡を継いだRX-8に搭載をしてきました。

近年では、SKYACTIV TECHNOLOGYの搭載車を多数展開し、好評を博しています。その性能はロータリーエンジンよりもさらに優れているとされ、将来的に利便性が増してくる可能性を秘めています。

そのエンジンの高性能を活かすために、ムービングパーツの軽量化や大径スロットルの採用により最大出力、最大トルクも大幅アップとなっており、高性能がエンジンパワーに対し荒れた道でも安全に乗りこなせる心地良いサポートがされています。

スポーツカーとしてはハンドリングもしやすく、クラッチ蹴りなどにより比較的楽にパワースライドが行えるということで、ドライバーとしてはエンジンのパワフル性は素晴らしい作りとなっているはずです。

【特徴3】流麗なデザイン!

マツダ SKYACTIV-X搭載車 FRクーペ

マツダ SKYACTIV-X搭載車 FRクーペ

マツダのデザイン性はクルマに命を与えるという究極な思考まで突き詰められており、単なる鉄の塊ではありません。ドライバーとクルマはまるで愛馬と心が一心となったエモーショナルなものに値します。

生物として生きている様をクルマに与え、生命力を強く美しくカタチに表現し、鼓動を揺さぶるほどの感動を感じさせてくれます。

その技術は、長年培ってきた造形力の積み重ねから生み出されたもので、デザインをより最高なものへと生まれ変えています。

しかし、マツダはその先を見据え、魂を宿していくことが次の課題と定義し、進み始めているのです。

【現行車種】マツダのスポーツ・クーペを紹介!

現在、マツダのラインアップの中では、ロードスター(4代目)と、ロードスターRFがスポーツ・クーペモデルとなっています。

ロードスターは、3代目に続き2世代続けて「カーオブザイヤー」を受賞、さらに2016年「ワールドカーオブザイヤー」、「ワールドカーデザインオブザイヤー」のダブル受賞するなど、世界各国で多くの受賞を果たし高く評価されています。

ロードスターRFのクーペには、ロードスターお決まりのオープンカースタイルを設計されており、ルーフを閉めた時のシルエットは、息をのむほどの美しさを感じさせてくれます。

また、ルーフを開けることで、開放感はロードスターならではの心地良さが味わえるオープンカーへと変化させることができます。

【ロードスター】ギネスにも登録!世界一売れているオープンスポーツ

マツダ ロードスター

マツダ ロードスター

販売当初は希少となるオープン2シーターのロードスターも、アメリカ・日本・欧州と世界的ヒットを巻き起こし現在に至ります。

そのロードスターに刺激を受け各国の自動車メーカーも参入をし始めています。オープンカーの開発、販売が行なわれ、爆発的にオープンカーのブームの火付け役としてロードスターは黄金時代を走り続けてきました。

ロードスターの構造は、スポーツカーの伝統通りのフロントミドルシップ後輪駆動レイアウト、ライトウェイトカーとディメッション、それに50:50の重量バランス、低いヨー慣性モーメントを開発目標として作られ、AT車・MT車が存在します。

マツダ ロードスター

マツダ ロードスター

注目すべきサイズとして、全長は初代より短い作りになっています。さらに、パワートレインは軽量化や軽量材料実用化に伴い、先代から100kg以上の軽減化を実現しています。グレード「S」では重量を990kgを達成しています。

その最大の要因として、ボンネット、フロントフェンダー、トランクリットなどをアルミ製にしたことが挙げられます。

エクステリアの魅力も増しており、フロントビューは、オーバーハングをより低く短くするため、LEDヘッドライトとアクティブボンネットを採用。ソフトトップの収納スペースをコンパクトにすることで引き締まり、リアデッキのコンパクト化も実現しています。

ソフトトップの開閉は手動となりますが、操作力を軽減させたことで楽に行えます。

マツダ ロードスター

マツダ ロードスター

リアビューはU字と丸型を組み合わせられた形状の個性的なデザインとなり、サイドビューとは異なるモダンなクォータービューを作り上げています。

搭載されるエンジンは1.5L直列4気筒の「SKYACTIV G 1.5」で最高出力131ps/7.000rpm、最大トルク15.3kgm/4800rpmの性能となり、車両軽量からみて考えられないパワーエンジンとなっています。

マツダ ロードスターのスペック

【マツダ ロードスター S】スペック表

ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,915mm×1,735mm×1,235mm
ホイールベース2,310mm
最大乗車定員2名
車両重量990kg
燃費WLTCモード:16.8km/L
エンジン種類水冷直列4気筒DOHC16バルブ
最高出力97kW(132PS)/7,000rpm
最大トルク152N・m(15.5kgf・m)/4,500rpm
駆動方式2WD(FR)
トランスミッションSKYACTIV-MT 6MT

情報は2020年3月現在の公式サイトより

マツダ ロードスターの新車価格

メーカー希望小売価格(税込)

RS3,334,100円
S Leather Package
3,284,600円
S Special Package
2,933,700円
S2,601,500円

情報は2020年3月現在の公式サイトより

マツダ ロードスターの中古車価格

マツダ ロードスターの中古車価格は、20万円〜414万円となっています。

グレードや状態、物によりますが、新車で購入するよりも比較的お安く購入できます。

※情報は車情報サイトresponse中古車価格より(2020年3月現在)

【ロードスター RF】ハードトップの安心感!

マツダ ロードスターRF 2017年

マツダ ロードスターRF 2017年

ロードスターRFに搭載されている「SKYACTIV-G 2.0」は、環境・燃費性能が高められており、更にハイスペックとなっています。

先進安全装備としてアップデートや内装色の追加もありますが、ロードスター初となるテレスコピック構造の採用は、装備面で一つのうれしいポイントではないでしょうか。

これにより、スポーツドライビングを楽しむための正しいドライビングポジションをとることができます。

マツダ ロードスターRF

マツダ ロードスターRF

車室内には荷物スペースがなく、一定の不便さを感じられる方もいらっしゃるかも知れません。2人乗りとなると荷物のカバンなどはトランクルームにしまう事を強いられます。

しかし、トランク容量がソフトトップモデルとほぼ変わらぬ、127L確保されていますので、それほどの不自由さは、感じないのではないでしょうか。

マツダ ロードスターRFのスペック

【マツダ ロードスターRF】スペック表

ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,915mm×1,735mm×1,245mm
ホイールベース2,310mm
最大乗車定員2名
車両重量1,100kg
燃費WLTCモード:15.8km/L
エンジン種類水冷直列4気筒DOHC16バルブ
最高出力135kW(184PS)/7,000rpm
最大トルク205N・m(20.9kgf・m)/4,000rpm
駆動方式2WD(FR)
トランスミッションSKYACTIV-MT 6MT

情報は2020年3月現在の公式サイトより

マツダ ロードスターRFの新車価格

メーカー希望小売価格(税込)

RS3,900,600円
VS Burgundy Selection
2WD(6MT):3,776,300円
2WD(6EC-AT):3,803,800円
VS2WD(6MT):3,735,600円
2WD(6EC-AT):3,763,100円
S2WD(6MT):3,439,700円
2WD(6EC-AT):3,467,200円

情報は2020年3月現在の公式サイトより

マツダ ロードスターRFの中古車価格

マツダ ロードスターRFの中古車価格は、166.6万円〜650万円となっています。

グレードや状態、物によりますが、新車で購入するよりも比較的お安く購入できます。

※情報は車情報サイトresponse中古車価格より(2020年3月現在)

まとめ

マツダ  ロードスター  2020年

マツダ  ロードスター  2020年

マツダのスポーツ・クーペにはギネス世界記録の称号がありスポーツカーとしてデザイン性が持ち味で、他社メーカーには劣らぬところがあります。

また、実用性に凝った作りでハイスペックモデルであるため、高級スポーツカーというイメージがあり、所持をしているだけでもステータスとなり、気分が高揚するのではないでしょうか。

このようなスポーツカーを一度は乗りこなし、性能を実感したい方のため提供され続けているのがロードスター、ロードスターRFとなっています。

関連する投稿


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


マツダ6は内装かっこいい?日本のかっこいいセダンを詳しく解説!

マツダ6は内装かっこいい?日本のかっこいいセダンを詳しく解説!

日本のかっこいいセダン、それがマツダ6です!そして、マツダ6はインテリアも超素敵!本記事では、そんな内も外もかっこいいマツダ6をご紹介します。


【実はコスパが良い?!】マツダ3 セダンの魅力やライバル車との比較!

【実はコスパが良い?!】マツダ3 セダンの魅力やライバル車との比較!

コンパクトなセダンが欲しい、そうお思いのあなた!マツダ3がおすすめです!ライバルのカローラとも比較して見ていきましょう。


【超お買得】マツダの中古車ガイド、おすすめ車種3選!

【超お買得】マツダの中古車ガイド、おすすめ車種3選!

クルマは欲しいけど、新車は高いし・・・と思っているアナタ!大丈夫です!我々にはマツダの中古車があります!マツダのクルマはデザインがカッコいいので、古いクルマには見えない!という素晴らしいメリットがあります!一緒にお買い得なマツダの中古車を探していきましょう!


マツダ2へと生まれ変わったデミオの魅力!コンパクトカーの大本命!

マツダ2へと生まれ変わったデミオの魅力!コンパクトカーの大本命!

長年にわたってマツダのコンパクトカーとして親しまれ続けてきた、デミオ(現マツダ2)の特徴や魅力を解説します。歴史の長いモデルでもあるので、中古車を購入する方向けに過去のモデルについても触れます。軽自動車との違いやメリットなどについてもご紹介するので、購入を検討している方は参考にしてみてください。


最新の投稿


蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

フランスのアルピーヌ・A110が蘇り再生産されていますが、やはりA110と言えば1963年から製造のアルピーヌA110を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?今回は新旧アルピーヌA110について見ていきます。


人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

街中で見かけない日はなさそうなほど売れに売れているコンパクトカー、トヨタ ルーミー。見るからに実用性の高そうなスクエアなボディスタイルとコンパクトなサイズは、どんな場面でもバッチリ活躍してくれそうな予感がしますよね。そんなルーミー、いざ買うぞ!と思うと、意外とバリエーションが多くて目移りしてしまうかも。コスパを評価軸に、グレード間の装備内容や見た目の違いを徹底分析していきます。


トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

誰しも憧れるスポーツクーペのある生活。しかし、先行き不安定な現代だからこそ、趣味性の塊のようなスポーツクーペであっても、実用性やコスパの良さはしっかり追求していきたいところですよね。そんな新しい評価軸に対して、トヨタ 86はどのような結果を残せるのでしょうか? 本格FRスポーツながら4人乗れる86ですが、普段はあまり紹介されない、燃費性能など使い勝手に迫っていきます。


何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

一般的なコンパクトカーよりもグイッと上げられたルーフ高で、トヨタ ルーミーには見るからに広々室内のイメージがありますよね。実際、インテリアは余裕綽々の大空間ですが、写真だけ見ても意外とスケール感が掴みにくいもの。そこで今回は、ルーミーの室内にどんなものが載せられるのか、詳しくまとめてみました。日々の生活でルーミーが役立つこと間違いなしなことが、きっと実感できるはずです。


トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

狭い道もまだまだ多い日本の道で、日々その存在感がどんどん増しているのが全高を高めに取ったコンパクトトールワゴン、トヨタ ルーミーです。発売から5年が経とうとしているのに、2021年に入っても1月から3月までコンスタントに1万台以上を販売し続ける息の長い人気が印象的です。そこまで売れるからには理由があるはずですよね。ルーミーに対する、さまざまな視点からの評価をまとめてみました。