トップへ戻る

ダイハツ トール!価格・中古価格 試乗評価 内装 燃費 カスタムグレード情報ほか

ダイハツ トール!価格・中古価格 試乗評価 内装 燃費 カスタムグレード情報ほか

ダイハツのトールは、トールワゴンタイプのコンパクトカーです。小型乗用車ではありながら、軽自動車と同等の取り回し、そして広い空間が売りの車です。また、トヨタのルーミーやタンク、スバルのジャスティは兄弟車にあたります。そんなトールの価格・中古価格 試乗評価 内装 燃費 カスタムグレード情報等についてまとめています。コンパクトカー購入を迷っている方はぜひ。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ダイハツ トール!価格・中古価格 試乗評価 内装 燃費 カスタムグレード情報ほか

ダイハツのコンパクトカー!トールってどんな車?

ダイハツのトールは、トールワゴンタイプのコンパクトカーです。小型乗用車ではありながら、軽自動車と同等の取り回し、そして広い空間が売りの車です。

トールは、驚きの広さはもちろん、カラーが多数あり、好きな色を選べます。

また、シックで落ち着ける車内には、広い収納スペースがあります。

両側パワースライドドアを採用しており、ワンタッチで楽に乗り降りでき便利です。また、低床フロアや後席ステッチランプなど子供やお年寄りに優しい機能がたくさんあります。

ダイハツのコンパクトカー!トールはルーミーとタンクとジャスティは兄弟

ダイハツのトールですが、実はトヨタやスバルにもOEM供給されており、トヨタのルーミーやタンク、スバルのジャスティは兄弟車にあたります。

好みのデザインでどの車にするか選んでもいいですね。

ダイハツのコンパクトカー!トールの燃費は?

気になるのがやはり燃費事情ですよね。トールの燃費はどうなんでしょうか。
トールのJC08モード燃費は24.6km/L(2WD)、22.0km/L(4WD)とハイブリッド車に近い燃費です。

特に、トールのエンジンは街中での走りやすさに着目したエンジンになっているので、お子さんの送り迎えや習い事の送り迎えなど、日常生活にぴったりと言えますね。

一方で高速道路などではパワー不足を感じることもあるので、遠出する、高速道路をよく利用するという方はターボモデルを選ぶのをオススメします。

ダイハツのコンパクトカー!トールのグレードは?カスタムって?

トールには標準グレードの他にカスタムグレードというグレードがあります。

このカスタムグレードはエクステリアのデザイン、とりわけフロント部分が大きく異なるので同じトールと言えど雰囲気が変わります。

ダイハツ・トール

ダイハツ・トール

ダイハツ・トールカスタム

ダイハツ・トールカスタム

カスタムグレードでは、カスタム専用LEDヘッドランプのほか、メーターやシートなどがカスタム専用のものになっています。

ダイハツのコンパクトカー!トールは20代~30代のパパママ世代向け?

20~30代のパパ・ママ世代をターゲットとしたトールには、「ママの走り方」を意識した乗り味が仕込まれている。

「動的なところでは、お母さん目線で扱いにくさを解消していった。どうしても使いにくいクルマ、うるさいクルマ、走りにくいクルマだと、乗る機会が減っていってしまう。このクルマは、自転車で行けるような距離の目的地でも、ちょっとでも自分で運転して行きたいと思ってもらいたい」

「操安性もそう。クイックにクルマを操りたいというわけでもなく、ドライバーがハンドルを切れば、そのとおりにスーッと曲がってくれる乗り味に仕立てた。今の一般的なトールボックスは、右にハンドルを切っても、気持ちは右に行っているのにクルマがまだついてこない、という感じがある。ロールが入ってから曲がる感じ。その遅れがないように、ドライバーの思うようにスーッて曲がるようになると、安心で疲れない、いつも一緒にいられるクルマになる」

ダイハツのコンパクトカー!トールのエクステリア(外装)&インテリア(内装)

ダイハツ トールカスタムグレードのエクステリア&インテリア画像

ダイハツ トール カスタムGターボ“SA II”

ダイハツ トール カスタムGターボ“SA II”

ダイハツ トール カスタムGターボ“SA II”

ダイハツ トール カスタムGターボ“SA II”

ダイハツ トール標準グレードのエクステリア&インテリア画像

ダイハツ トール

ダイハツ トール

ダイハツ トール

ダイハツ トール

ダイハツのコンパクトカー!トールの試乗評価・感想・口コミは?

使い勝手のよい車

使い勝手はすこぶる良い。およそこんなものがあれば便利だなぁとか、ここにモノをおけるスペースがあればいいなぁといった欲求に対してはほぼ文句なく答えてくれていた。唯一、せっかくならこんなもの欲しいと思ったのは、社内全体を見渡せる広角のルームミラーだ。家族のクルマを標榜するなら、ドライバーになるであろうお父さんだって、顔を見ながら会話したいだろうし、車内の様子は逐次チェックしたいと思うのだが、残念ながら後方視界に合わせたルームミラーはその役をなさない。ヨーロッパのMPVではワイドなミラーが通常のルームミラーの上についていたりするが、そうしたものが欲しいと思った次第である。

安いだけあって……

それにしても試乗したNA車の価格は168万4800円。ほぼ軽並みといってよい価格帯で、トールワゴン系の『ムーヴ』とほぼ一緒だという。勿論利幅はトールの方が良いそうで、ダイハツとしてはトールをいっぱい売りたいだろうが、そうなると今度はムーヴを食ってしまう危険性もあって、悩ましいところなのだそうだ。安いだけにダッシュボードからドアトリムに至るまですべてハードプラスチックで覆われている。叩けば、カッカッだったり、ポコポコだったりという音を立てる。もっと上質感を求めるのは無理があるだろうが、少しがったりしたことも確かだ。

車中泊もOK

両側パワースライドドアに始まり、フロントウォークスルー、シートのフルフラットモードなど、基本的な機能の便利さは説明不要だろう。後席は70度までリクライニングが可能で「車中泊も可能」(ダイハツ)だ。さらに低床であること(スライドドア分の床の高さは366mm、ラゲッジスペース分は527mm)、スライドドアからの乗降時に安心な大型のアシストグリップ、フルフラットになる後席のダイブイン機構など、使い勝手が前提の設計もいい。床下、デッキサイドなど使える容量の収納も全15箇所と豊富で、5リットルの容量のインパネ中央のボックスは脱着式で、中の掃除がやりやすそうだ。

ダイハツのコンパクトカー!トールの価格は?

トールは約146万円~191万円。
トールカスタムは約183万円~200万円です。

ダイハツ トール
■Gターボ “SA Ⅲ”(2WD)1,803,600円
■特別仕様車 G “リミテッドSA Ⅲ”(2WD)1,738,800円
■特別仕様車 G “リミテッドSA Ⅲ”(4WD)1,911,600円
■G “SA Ⅲ”(2WD)1,684,800円
■G “SA Ⅲ”(4WD)1,857,600円
■X “SA Ⅲ”(2WD)1,528,200円
■X “SA Ⅲ”(4WD)1,701,000円
■X(2WD)1,463,400円
■X(4WD)1,636,200円

ダイハツ トールカスタムグレード
■カスタムGターボ “SA Ⅲ”(2WD)1,965,600円
■特別仕様車 カスタムG “リミテッドSA Ⅲ”(2WD)1,884,600円
■特別仕様車 カスタムG “リミテッドSA Ⅲ”(4WD)2,008,800円
■カスタムG “SA Ⅲ”(2WD)1,836,000円
■カスタムG “SA Ⅲ”(4WD)1,857,600円





※北海道地区では価格が異なります

ダイハツのコンパクトカー!トールの中古価格は?

トールの中古価格の相場ですが、グレード・状態にもよるものの、約100万円~240万円ほどが相場のようです。
新車で購入する以上に安く購入できる可能性もありますので、気になる方はぜひ調べてみてくださいね。

最後に

本記事では、ダイハツのトールワゴン、トールについてご紹介しました。

トールは軽自動車とミニバンのいいところを併せ持った車と言えます。気になった方はぜひ一度販売店で試乗してみては?

関連する投稿


国内で人気のコンパクトカーの魅力は?室内は広い?徹底解説

国内で人気のコンパクトカーの魅力は?室内は広い?徹底解説

日本の入り組んだ道でも運転しやすく、人気の高いコンパクトカー。最近では、燃費性能の高い車種もたくさん販売されていて、メーカーがこぞって力を入れる車種となっています。今回はそんなコンパクトカーについて魅力を解説していきます。


トヨタのコンパクトカーのおすすめは?車種別の特徴や比較ポイントを徹底解説

トヨタのコンパクトカーのおすすめは?車種別の特徴や比較ポイントを徹底解説

国内で販売される自動車の約3割がトヨタの自動車です。国内だけでなく国外にも多数の自動車を輸出しており、世界的に有名な自動車メーカーです。2020年には世界販売台数でトップになるなど、販売台数を伸ばしています。販売台数も好調なトヨタには、多彩なコンパクトカーのラインナップがあります。この記事では、トヨタのコンパクトカーをご紹介します。


コンパクトSUVの魅力とは?選ばれる理由とおすすめ車種をご紹介

コンパクトSUVの魅力とは?選ばれる理由とおすすめ車種をご紹介

コンパクトSUVは、クルマの性能と価格のバランスがよく、汎用性が高いことから、人気を得ています。今回は、コンパクトSUVの定義、メリット、おすすめ5車種についてまとめました。


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


トヨタ ヴィッツとは?ヤリスに生まれ変わった定番コンパクトハッチバック

トヨタ ヴィッツとは?ヤリスに生まれ変わった定番コンパクトハッチバック

ヤリスとして生まれ変わったトヨタの定番コンパクトハッチバックの「ヴィッツ」について紹介します。乗りやすいサイズ感やデザイン、走行性能などについて詳しく解説。また、他メーカーのコンパクトカーとの比較なども行います。


最新の投稿


2019年の「ながら運転」厳罰化|その効果と取り締まり基準を解説!

2019年の「ながら運転」厳罰化|その効果と取り締まり基準を解説!

2019年に罰則が強化された「ながら運転」。この改正で、罰則はどのように変わったのでしょうか?また、その効果はありましたか?今回は、どんな行為が「ながら運転」に該当するのか、具体例を取り上げながら、まとめました。


トヨタ ルーミーの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

トヨタ ルーミーの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

近年大人気の「トールワゴン」タイプであるトヨタ ルーミーは、2021年上半期の販売台数ランキングで単独車種として普通車トップクラスの販売台数を記録するなど、国民車的な人気を誇るモデル。毎日使える実用性が特徴的なルーミーだけに、燃費情報は気にしておきたいところですよね。この記事では、カタログ燃費や実燃費、ライバルとの比較など、ルーミーに関する燃費情報をくまなくご紹介していきます。


トヨタ ハイエースの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

トヨタ ハイエースの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

商用バンながら、ビジネス用途だけでなくアウトドア系マルチギアとしても活用されるなど、長年様々なユーザーに愛され続けてきたトヨタ ハイエース。近年ではキャンプブームなどもあって人気が高まっています。そんなハイエース、存在は知っていても、燃費性能がどの程度なのか気になっている方も少なくないはず。この記事で、カタログ燃費や実燃費、ライバル車種との比較を通して、ハイエースの燃費情報に詳しくなりましょう。


スズキ アルトラパンの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

スズキ アルトラパンの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

まんまるなヘッドライトがキュートなアルトラパンといえば、かわいい軽自動車の筆頭格として長期間にわたって人気を維持しているモデルです。デザインばかりが取り上げられがちなラパンですが、日々使う車だからこそ気にしておきたいのは燃費性能。この記事では、カタログ燃費や実燃費、ライバル車種との比較まで、ラパンに関する燃費情報をくまなく網羅していますので、ぜひチェックしてみてください。


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。