目次へ戻る

とにかく車内空間が広すぎる!!ホンダフリード フリード+

とにかく車内空間が広すぎる!!ホンダフリード フリード+

フリード・フリード+は、本田技研工業が開発し、販売しているミニバン型の小型乗用車だ。買い物をするのにも、家族でドライブに行くのにもちょうど良いサイズの車で人気になっている。そんなフリード・フリード+の素晴らしさについて紹介するために今回も詳しく調査した。


ホンダフリード フリード+の主な特徴

ホンダフリード フリード+とは?


新型のフリード・フリード+にはホンダが新開発した、IPU(インテリジェントパワーユニット)を搭載しているのが特徴だ。このユニットを、一列目シートの下にレイアウトすることで、車内のフロアーを低くすることに成功し、広い車内空間を実現している。

フリードとフリード+は、エクステリアデザインを統一されているが、フリード+ではラッゲージルームの使い勝手向上のために専用のテールゲートとバンパーが搭載され全長が30mmほど長くなっている。ラゲッジの開口部は地上高が335mmで、犬の乗り降りもさせやすくドッグフレンドリーカーとも言える。

ホンダのこだわりによって生まれたデザイン

フリードとフリード+は、コンパクトなボディの中に色々な機能が凝縮されている。この車には3列仕様や2列仕様、車椅子仕様など様々なバリエーションがあるが、全タイプをほぼ同じワンスタイリングにて設計されている。

躍動感と機能性が融合したデザインとなっていて、精悍なフロントマスクと躍動感と安定感を表現したリアビュー、走りの良さを感じさせるサイドビューが特徴となっている。9色のボディーカラーがあり、男性でも女性でもどんなオーナーも満足させてくれそうだ。

軽自動車じゃないのに狭い場所の運転が可能

フリード・フリード+には、ハイブリッドにもミニバンにも4WDのラインナップが存在する。センサーにて走行状態や路面状況をセンシングしながら、状況に応じて瞬時に4WD走行に切り替える電子制御式が採用されていて、滑りやすい雪道などでの操縦安定性も抜群だ。


この車は、大きすぎないサイズになっていてミニバンに不慣れな人でも運転しやすい。最小回転半径5.2mと小回りの効く設計となっているため、Uターンや縦列駐車などを行えば、この車の扱いやすさが分かるだろう。

ホンダフリード フリード+はなんとハイブリッド!?

フリード・フリード+は、「フィット」や「ヴェゼル」にて培われた技術が投入されていて、FF 最高27.2km/リットル、4WD 最高25.2km/リットルの高燃費を誇る。

搭載されているリチウムイオンバッテリー

トランスミッションとして、専用のギア比を有する高出力モーター内蔵の7速DCTデュアルクラッチトランスミッションを採用しているため、スムーズな加速を体験できる。


足回りもバランスよく設計されていて、ロールを低減し直線安定性も高くなっている。コーナーリングでも高速レーンチェンジでも安定した走りを実感できそうだ。

ホンダ フリード フリード+ の快適さはどうなのか?

とにかく車内空間がすごい!

ホンダ フリード フリード+には、快適な室内空間を約束するいろいろな性能や機能を備えている。

便利なフルオート・エアコンディショナーにはプラズマクラスターを搭載。室内に浮かぶチリやホコリを除去してくれるため、小さいお子さんがいても安心だ。

またロールサンシェイドにより直射日光を遮断。特に、室内の温度が急上昇する暑い夏場にはとても助かる。

さらに、防曇機能のあるヒーテッドドアミラーや、熱線入りフロントウインドウ、フロントドア撥水ガラスなどウインドウまわりが一体となった、コンフォートビューパッケージが標準装備されている。

シートアレンジも充実

ホンダ フリード フリード+の大きな特徴の1つに、その多彩で自由度の高いシートアレンジが挙げられる。

キャンプや車中泊の際に便利な「おやすみモード」は、1列目・2列目シートをコンパクトにたたみ、ボードを広げるだけで簡単に完成。いつでもどこでも快適なレジャーや旅行が楽しそうだ。

「ビッグラゲッジモード」は2列目シートを倒し、さらにボードを広げることでワイドな収納スペースが誕生。これならツーリングの際に使用する自転車でもすっぽりと入る。

そして普段は快適なシートスペースのある「ノーマルモード」。大人5人が余裕で乗車できる上、最後部は収納性抜群のラゲッジ。ショッピングで多めにお買い物しても安心だ。

なんでも入りそうなキャパのあるラゲッジスペース!

ホンダ フリード フリード+の優れた収納性を支えるのが、そのラゲッジスペースの快適性だ。
まず開口部の最大幅1080mm、高さ1255mmのワイドなテールゲートにより、大型の荷物でも余裕をもって積み込むことが可能だ。

また開口部から地上までの高さが335mmという超低床フロアを実現。ちょっと重い荷物でもスムーズに積み下ろしができる。

この他にはラゲッジスペースの左右に10個のユーティリティナットを設置。フックなどに使えて何かと重宝できそうだ。さらにテールゲートランプがあるので、夜間の荷物の積み下ろしにも楽に行える。日常で利用する方の快適性を考え抜いた、嬉しい気配りがここに存在するように思える。

妥協のないシート

6人乗りのホンダ フリード フリード+では、好みに合わせてデザイン性の高いファブリックシートを選ぶことができる。

コンビシートには質感の良いファブリックをメイン部分に使用して、プライムスムースをサイド部分に採用。室内には高級感とエレガントさが漂います。また汚れやシワにも強い素材なので、シートの機能としてもたいへん優れている。

この他にも、ブラックのファブリックシートやコンビシートを選択することで、インパネミドルエリアをウォームガンメタやメタル調にアレンジすることも可能だ。

ホンダ フリード フリード+ の安全性能は?

カメラを搭載する ”Honda SENSING”搭載!!

ダウンサイジングをしたくて、またはアップグレードしようとしてホンダ フリードが気になっているのなら、予防安全性能の高さにも注目する価値があるだろう。

まず、平成28年度自動車アセスメント予防安全性能評価において最高ランクとされているASV++を獲得している。予防安全性能評価とは、どこまで未然に事故を防ぎ、いざとなった時に被害を軽減するクルマの先進安全性能だ。

またHonda SENSINGは単眼のカメラとレーダーを組み合わせることで障害物を発見し、危険を回避するなどいくつかの安全システムで構成されている。さらに濡れた路面などで危険を回避するVSA(ABS + TCS + 横すべり抑制)も装備しているのだ。

万が一の衝突のためにも

クルマの安全性能は、搭乗者だけでなく衝突時の歩行者なども守らなければいけない。ホンダ フリードは、新・安全性能総合評価で最高評価の5つ星を獲得している。

衝突安全設計ボディを採用するために、強度を高めることで搭乗者の安全を高め、軽量に配慮することで歩行者への衝撃を軽減した。さらに運転席と助手席に搭載されたHonda独自のエアバックは、「早く」「優しく」「長く」を特徴とし、体格の違いや衝突時の状況の違いを問わずにしっかりと対応できている。また側面からの衝突に対しても高い安全性能を発揮可能だ。

ホンダフリード フリード+のバリエーションと価格

ホンダ フリードには装備の違いからグレード3つが用意されていて、さらにパワーユニットの違いから3つのバリエーション(ハイブリッド・ガソリン・福祉)が組み合わされる。

人気のハイブリッドでHonda SENSINGを搭載したモデルなら、車両税込み価格は2,496,000円からとなっている。またパワーユニットにエンジンを搭載したベーシックなモデルなら1,880,000円からとリーズナブルな設定だ。安全性能と環境性能に加えてプレミアムな設定のEXモデルなら2,656,000円からでシートの質感などが向上する。

実際に運転してみた感想

ホンダ フリードは従来車に比べて安定感と重厚感を増していると言います。軽くアクセルペダルを踏み込めば、レスポンス良く出力が上がり、それに同調して車速も小気味よく乗って行くのだそうです。

ボディーサイズが手ごろとはいえ、それなりに全高もあるだけに、コーナーリング時の挙動も気になるところですが、キビキビとした走りで運転するのが楽しくなると評判です。

何と言っても室内空間が十分にあるので、ロングドライブ中や屋外で遊んだりした時に、後部席を活用すれば休憩の仕方をアレンジできると人気があります。

関連する投稿


【2019年】人気!おすすめしたい現行SUV12選

【2019年】人気!おすすめしたい現行SUV12選

日本でも世界でも人気のSUV!今回は今人気・オススメしたいSUVを12種類紹介します。新車の購入を検討している方や、現行車のSUVを中古で購入したいと考えている方にオススメの内容です。燃費、価格、特徴をまとめたほか、合わせてSUVを選ぶ時のポイントもいくつか紹介します。


ホンダ・トゥデイの概要や歴史・歴代モデル|燃費や中古価格から評価ほか

ホンダ・トゥデイの概要や歴史・歴代モデル|燃費や中古価格から評価ほか

セカンドカーとして知名度が高い「ホンダ・トゥデイ」の歴史や燃費・中古価格などをまとめてみました。便利な軽四があるといいなとお考えの方はぜひ参考にしてください。


ホンダ アコードワゴンの中古価格|燃費情報、口コミ・評価も紹介

ホンダ アコードワゴンの中古価格|燃費情報、口コミ・評価も紹介

ホンダのアコードシリーズの一つ「アコードワゴン」。ワゴンタイプの車としても人気があります。その「アコードワゴン」の歴史や中古価格・そして気になる燃費なども含めてご紹介します。「アコードワゴン」に関心があり乗り換えを検討されている方は是非参考にしてください。


ホンダの軽バン!N-VAN(エヌバン)実際に乗ってみたらどう?口コミ・評価・中古価格ほか

ホンダの軽バン!N-VAN(エヌバン)実際に乗ってみたらどう?口コミ・評価・中古価格ほか

ホンダのNシリーズに属する軽バン。それがN-VAN(エヌバン)です。ホンダの軽商用車で、2018年の夏より発売されました。機能性重視のN-VANに加え、レジャーユースを考慮したN-VAN +STYLEの2種のモデルがあります。N-VANって実際乗ってみてどうなの?価格は?中古だと…?購入を迷っている方向けに、本記事では改めてN-VANについてまとめています。


ホンダのN-WGN7月に全面改良!改良でどう進化する?

ホンダのN-WGN7月に全面改良!改良でどう進化する?

ホンダのNシリーズ、N-WGNが7月に全面改良されることとなりました。本記事ではN-WGNがどう進化するのか、気になる最新情報をまとめています。そして改めてN-WGNについてもまとめています。


最新の投稿


アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティンは、開発中の新型ハイパーカー『ヴァルキリー』(Aston Martin Valkyrie)の最新プロトタイプ車を、英国で発表しました。


解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

メルセデス・ベンツSLKは、1996年の初代より2016年の三代目まで生産がなされました。メルセデス・ベンツの2シーターのライトウェイトスポーツカーの位置づけで生産され、発売初年度は生産が追い付かないという人気を誇りました。R170・R171・R172の変遷も見てみましょう。


スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドは静かなモーター走行とダイナミックに走るV6エンジンが特徴のハイブリッドカーです。その優れた走行性能は走り出した時から感じることができるでしょう。それではスカイライン ハイブリッドについて見ていきます。


クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートのハイブリッドモデル「クラウンアスリートハイブリッド」 の燃費をガソリン車とハイブリッド車の比較でお伝えします。高級車の代表格である同車のステータス性や乗り心地、採用されている装備を考えると比較的お手頃とも言える価格や、スペック、魅力も併せて紹介していきます。


三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

恐竜の骨格を思わせるリブボーンフレームの採用による最高の衝突安全性能を誇り、高い居住性とSUV的走破性も併せ持つ、三菱が誇るオールラウンダーミニバンがデリカD:5です。発売から10年以上を経てなお三菱をけん引し続ける人気車種の実像に迫ります。