トップへ戻る

【オススメ】車中泊におすすめの軽自動車5選

【オススメ】車中泊におすすめの軽自動車5選

維持費が安いことで知られる軽自動車、軽自動車の購入を検討していて、なおかつ車中泊もしたい、そのように考えているユーザーのために今回は車中泊にオススメの軽自動車を5車種紹介します。軽トールワゴンから軽トラックまで、目的に合わせたクルマ選びが大切です。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


車中泊におすすめしたい!軽自動車の条件とは

十分なリクライニングができる

十分なリクライニングができる、これは車中泊に適した軽自動車に必ず求められる条件です。十分なリクライニングというのは、運転席と助手席をフラットまたはフラットに近い状態にすることができる、になります。

と言うのも、2シータータイプの軽自動車では運転席と助手席のリクライニング機能が少ない(またはほとんどない)からです。具体的にはホンダ S660やダイハツ コペン、そして各自動車メーカーから販売されている軽トラックのことを指します。

軽自動車の規格の関係上、小型乗用車や普通乗用車と比べて軽自動車のボディサイズは小さく、それが影響して室内も比較的狭いです。そのため、車中泊に使用するのであれば、運転席・助手席に十分なリクライニングが可能となる車種を選びましょう。

フルフラット空間を作ることができるかどうか

フルフラット空間を作ることができるかどうかも重要なポイントです。

フルフラット空間とは平ら(フラット)な空間のことで、車両によっては運転席・助手席・後部座席をリクライニングまたは前に畳むことによって(後部座席の場合)生み出すことができます。

フルフラット空間があると自宅の寝室で寝ているかのように横になることができるので、より快適に車中泊をすることができるのです。

フルフラット可能な軽自動車であれば、大人2人が十分くつろぐことができるでしょう。

その他

その他のポイントとしては、ユーザー各々がこだわっている要素をできるだけ満たしている車種を選ぶことです。

外装や内装のデザインや質感、パワートレインのパフォーマンス、積載能力や開口部の面積etc、これらの点はユーザーによって重点を置くものが異なります。

新車で購入するとなると100万円以上の買い物となりますので、これらを総合的に踏まえた車選びをすることが大切です。

車中泊におすすめの軽自動車

ダイハツ ウェイク

ダイハツの軽トールワゴンであるウェイクは、角ばったボディデザインとアウトドアに出かけたくなるアクティブでスタイリッシュな外装デザインを持つ軽自動車です。

一部グレードには大容量ラゲージアンダートランクが標準装備されています。容量にして90L、ここに入る分の荷物であれば荷物も運べてフルフラットにもできるので、車中泊には便利な機能です。

カラーバリエーションは落ち着きがありながらも遊び心のある色を合計9種類用意しています。

カップホルダーやインパネアッパーボックスといった定番の収納スペースに加えて助手席アンダーボックスや運転シートクッションポケットといった個性的な装備がある点にも注目です。

シートアレンジバリエーションが豊富で、助手席や後部座席を倒せば自転車を積み込むこともできます。フルフラットスペースを設けることもできるので、車中泊にもオススメです。

駆動方式には2WDと4WDを用意、NAエンジンモデルとターボエンジンモデルがあります。価格帯は税抜1,250,000円~1,841,400円です。

スズキ ハスラー

中性的なデザインと個性的な外装デザインやボディデザインを持つ軽SUVのスズキ ハスラー、ツートンカラーモデルも用意されているなど、独自性・個性豊かなスズキのカーラインアップを支える軽自動車として活躍しています。

運転席を助手席を後ろに思いっきりリクライニングすると、車内にフルフラットな空間を生み出すことができます(後部座席の背もたれは立った状態)。運転席・助手席の座面と背もたれの段差が少し気になりますが、快適に過ごすことができそうです。

NAエンジン搭載モデルとターボエンジン搭載モデルが用意されています。カタログ燃費(JC08モード)では最も性能の良いモデルで32.0km/Lとなっているなど、燃費性能も期待できそうです。

また、5MTの変速機を搭載するグレードもあるので、街中で運転を楽しみたい方におすすめの1台でもあります。

駆動方式は2WDまたは4WD、価格帯は税抜1,019,000円~1,619,000円です。

ホンダ N-BOX

軽トールワゴンタイプの軽自動車の中でも特に人気の高い車種であるのがホンダ N-BOXです。

N-BOXの特長として、室内にフルフラット空間を作ることができるようになっていること、独自設計で床の高さが低く設定されている(47cm、2WD)ことに加えて高く設定された天井のクリアランス、そして一部グレードにスーパーフレックススロープと呼ばれるスロープが装備されていること、などが挙げられます。ユニバーサルデザインで誰にとっても実用性が高く、おすすめです。

エンジンはNAエンジンとターボエンジンの2種類、駆動方式も2WDモデルと4WDモデルの2種類になっています。

価格帯は税込1,385,640~2,274,480円(2019年9月時点)となっています。

スズキ アルトワークス

スポーティーな軽自動車で軽快かつランニングコストを抑えて運転を楽しみたい、さらには出先で車中泊もできるような車が良い、その軽自動車を探している方にはスズキの軽自動車スポーツカーの代名詞であるアルトワークスがおすすめです。

車中泊に便利なように設計されているわけではありません。しかし、ホンダ S660やダイハツ コペンと比較して、後部座席が設けられています。つまり、運転席と助手席でリクライニング機能を使用することができるということです。

さらに、運転席と助手席にはレカロ製のセミバケットシートが採用されています。ホールド性・快適性に優れてリクライニングもできるなど、まさに快適性とスポーツ性を兼ね備えた車です。

価格帯は1,398,000円~1,533,000円と通常のアルトよりも高いですが、スポーティーでほどほどに快適な車中泊を送ることができる軽自動車を探している方であれば、これは買いです。

スズキ スーパーキャリィ

軽トラックはリクライニングがほとんどできないと記事冒頭で述べましたが、スズキから販売されているスーパーキャリィであればギリギリ車中泊でも活躍する軽トラックとなっています。

写真を見るとわかるように、スーパーキャリィではキャビンの寸法が通常のキャリイよりも大きく取られているのです。これによって、運転席のシートスライド量が180mmになって、リクライニング角度が最大40°となりました。足元や開口部も広く確保され、軽トラックの中ではトップクラスの快適性を得ているのです。

また、運転席・助手席後方のスペースに荷物を置くこともできます。車中泊の時以外はこのスペースに必要な荷物を置いておくのも良いでしょう。

軽トラックで荷物を運びたい、なおかつほどほどに快適に過ごしたい、そのような方におすすめです。

車両の価格帯は947,000円~1,285,000円となっています。

まとめ

車中泊を前提として軽自動車を購入する場合、通常の軽トラックや2シーターオープンスポーツカーを購入するよりも、軽トールワゴンタイプの車両を購入するのが無難です。

軽トールワゴンなら大人2人がフルフラットで横になることができるので、フルフラット可能な車種を見つけたら、あとは自身が重要視するスペックやデザインを基準にして車を選ぶと良いでしょう。

スポーティーな運転もそれなりに快適な車中泊も楽しみたいのであれば、アルトワークスがおすすめです。

関連するキーワード


軽自動車 車中泊

関連する投稿


【2022年最新】スライドドア軽自動車の現行モデルまとめ!人気車続々

【2022年最新】スライドドア軽自動車の現行モデルまとめ!人気車続々

軽自動車人気が止まりません。ボディのサイズや排気量に制限がある軽自動車は日本にしか存在しない規格ですが、近年では普通車並みにゆとりのある室内を持つスライドドアモデルが特に人気で、軽自動車の販売において主力となっています。この記事では、そんな最新のスライドドア軽自動車を現行全車種まとめてご紹介します。その使い勝手の良さや経済性の良さに、あなたも驚いてしまうこと間違いなしです。


室内が広い軽自動車のおすすめ厳選5台!荷物満載でも問題なしの軽とは

室内が広い軽自動車のおすすめ厳選5台!荷物満載でも問題なしの軽とは

ボディサイズに制限があり、全長と全幅が横並びとなっている軽自動車。しかし、軽なら室内が狭くても仕方ない、と諦めるのは早い! 数多ラインナップされている軽自動車の中には驚きの室内空間のゆとりを持つものも存在しており、かしこく選べば普通車顔負けの実用性をリーズナブルな価格で手に入れることも可能です。この記事では、室内が広くておすすめの軽自動車を5台ご紹介していきます。


乗り心地抜群の軽自動車はどれ?おすすめ厳選4台をタイプ別にご紹介

乗り心地抜群の軽自動車はどれ?おすすめ厳選4台をタイプ別にご紹介

サイズが小さく車重も軽い軽自動車には、経済性が第一で乗り心地は二の次というイメージをお持ちの方も多いかもしれません。しかし最新の軽なら優れた乗り心地を実現しているモデルも多数揃っており、毎日使うことも多い軽自動車だけに、快適な乗り心地をしっかり重視した車選びをしたいところです。この記事では、乗り心地のいいおすすめ軽自動車を、タイプ別に4台ご紹介していきます。


【2021年最新】最も低燃費な軽はコレ!軽自動車燃費ランキングTOP10

【2021年最新】最も低燃費な軽はコレ!軽自動車燃費ランキングTOP10

価格の安さや維持費の安さでお財布に優しい軽自動車ですが、近年の軽自動車は燃費性能も大幅に向上しており、上手に選べばガソリン代もしっかり節約することができます。いったいどの軽自動車が低燃費なのか、気になってきますよね。この記事では、最新のカタログ燃費をもとに、最も低燃費な軽自動車10車種をご紹介していきます。最新軽自動車の驚きの燃費性能を、ぜひチェックしてみてくださいね。


ダイハツ タントの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

ダイハツ タントの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

ダイハツ タントは、さまざまな利用シーンで大活躍できるフレキシブルな魅力を備えた「軽スーパーハイトワゴン」ブームを生み出した車です。現行型となる4代目モデルでは先進装備も充実しており、ますます魅力が高まっていますが、毎日使う軽自動車だからこそ気になるのは燃費性能ではないでしょうか。この記事では、タントのカタログ燃費や実燃費、ライバルとの燃費性能比較まで、詳細に分析していきます。


最新の投稿


ハスラーとタフトはどちらがおすすめ?価格や燃費や使い勝手で徹底比較

ハスラーとタフトはどちらがおすすめ?価格や燃費や使い勝手で徹底比較

軽クロスオーバーSUVの人気が高まっています。SUVらしい機能や性能でワクワクのカーライフを送りつつ、価格や維持費でグンと節約ができる軽の魅力も兼ね備えていることを思えば、その人気も納得です。中でも人気なのは「スズキ ハスラー」と「ダイハツ タフト」で、どちらを選ぶか悩んでいるという方も少なくないはず。項目別にこの2台を徹底比較していきますので、車選びの参考にしてみてくださいね。


トヨタ カローラツーリングの内装を徹底チェック!注目の荷室はどう?

トヨタ カローラツーリングの内装を徹底チェック!注目の荷室はどう?

3ナンバーサイズとはいえ、国内市場専用のボディを持つ「トヨタ カローラツーリング」は、国内で選択肢がどんどん減少している貴重なステーションワゴンの中でも人気のモデルです。シャープな外観に注目が集まりがちですが、ステーションワゴンなら室内や荷室の使い勝手が気になるところですよね。この記事では、カローラツーリングの内装における魅力や注目ポイントを詳しくご紹介していきます。


トヨタ シエンタの内装を徹底チェック!魅力やグレード間の違いを解説

トヨタ シエンタの内装を徹底チェック!魅力やグレード間の違いを解説

コンパクトなサイズながら3列シートを備えて人気のミニバンが「トヨタ シエンタ」。都市部や駐車場でも扱いやすいボディサイズやポップなデザインに注目が集まりがちなシエンタですが、豊富な収納やスマートに格納できる3列目シートなど、ミニバンだからこそ重視したい内装の使い勝手の良さにも注目しておきたいところです。グレード間の違いなども含めて、シエンタの内装の魅力をご紹介していきます。


トヨタ ハリアーの内装を徹底チェック!注目のインテリア装備はコレ

トヨタ ハリアーの内装を徹底チェック!注目のインテリア装備はコレ

流麗なデザインで他のSUVとは一線を画す高級感のあるSUVといえば、「トヨタ ハリアー」ですよね。高級セダンのような押し出しと乗り心地の良さがありつつ、SUVのような使い勝手の良さも兼ね備えたハリアーは、人気のSUVの中でも定番モデルのひとつです。そんなハリアーの内装は、こちらも上質かつ妖艶な世界が広がっています。ハリアーの内装の注目ポイントを詳しくご紹介していきます。


マツダ ロードスターの内装を徹底チェック!ワクワクする非日常空間

マツダ ロードスターの内装を徹底チェック!ワクワクする非日常空間

世界で最も売れている2シーターオープンスポーツカーが「マツダ ロードスター」です。歴代併せて生産累計台数が100万台を超えるなど、世界中で愛されるロードスターは、ドライブの楽しみやオープン時の開放感もさることながら、乗り込んだ瞬間から非日常を感じさせるような上質なインテリアも見どころです。この記事では、ロードスターの内装デザインや使い勝手などを詳しくご紹介していきます。