目次へ戻る

キャンプ・アウトドア用品の収納に!ルーフボックスの選び方は?

キャンプ・アウトドア用品の収納に!ルーフボックスの選び方は?

キャンプや釣り、アウトドアアクティビティを楽しむ場合、どうしても荷物が多くなってしまいがちです。車でアウトドアに出かけるのであれば、ルーフボックスは備えておくべきアイテムです。本記事ではルーフボックスを選ぶ際のポイントについて説明しています。


キャンプや釣り、アウトドアアクティビティを楽しむ場合、どうしても荷物が多くなってしまいがちですよね。

アクティビティの道具に凝れば凝るほど、荷物は多くなってしまうため荷物置き場がどんどんと減ってしまい、座席まで占領してしまう。
子供が大きくなったり、人数が多いと荷物で車がパンパンになってしまうことも珍しくありません。

そんな問題を簡単に解決してくれるのが『ルーフボックス』です。
車のラゲッジスペース容量以上の荷物を積むことができるので、アウトドアレジャーが趣味な方なら持っていて損がないルーフボックス。

車の上にキャリアを設置して、固定するだけで簡単に使えるルーフボックスは、驚くほど荷物が入るためアクティブな家族には大活躍してくれるアイテムです。

高速道路でも、舗装されていないようなガタガタ道でも心配無用の耐久性を備えています。

ルーフボックスとは

ルーフボックスとは、車のルーフ上に設置する収納スペースで、キャンプ用品からスキー・スノーボードなどのアウトドア用品の他、かさ張り邪魔になりやすい、ベビーカーや傘などを収納することができます。

車での遠出、ルーフボックスに荷物を入れば社内が荷物で圧迫されることがなく、快適なドライブを過ごすことができます。

子供が増えて、荷物が多くなってしまうと車の買い替えを考える方もいるかと思いますが、
車を買い替える場合は、まとまった金額が必要になりますし、まだ乗れる車を手放すのももったいないですよね。

そこで、ルーフボックスを設置することによって、大きな車へ買い替えなくても
積載量が増えること
安価で手軽に設置することができる
メリットがあります。


ルーフボックスを設置するための土台になるのが「ルーフキャリア」です。
ルーフキャリアは、トヨタでは「ベースラック」ホンダでは「ベースキャリア」と表記されていて、他にもキャリアベース/カーキャリア/システムキャリアなどいろいろな名称で呼ばれていて完全に統一されていない現状ですが、今回はルーフキャリアで統一していきます。

ルーフキャリアは、主に土台となる「フット」とアタッチメントを付けるために必要な「バー」、フットと車体を固定するための「フック」の3つで構成されています。

用途によってアタッチメントを変えればシーズンに合わせて簡単に取り換えることもできます。

ルーフボックスの選び方は?

ルーフボックスは、何を入れるのか?何に利用するか?など目的によって大きさや長さを決める必要があります。

例えば、スキー板やスノーボードを入れるためなら横幅が広めのルーフボックスを選ぶのがベスト。
幅によっては、4枚~8枚までは入れることができるので数人でウィンタースポーツを楽しむ場合でもルーフボックスは大活躍してくれます。

また、板だけでなく濡れたブーツやウェアなどもルーフボックスであれば気にせずに収納できるのも魅力的です。

そして、ボックス型になっているので大事な板にホコリやチリなどの汚れが付着しづらいのも人気の秘密です。

キャンプやアウトドアアクティビティでの荷物を載せるのにルーフボックスを使用したい場合は、どうしても積む荷物の容量が多くなりがちですが、あまり積みすぎてしまうと
その分、車の重量も重くなるので燃費が悪化してしまいます。

また、メーカーや種類によってルーフボックスの最大積載量が定められています。
この最大積載量を守らないと大きな事故を引き起こしてしまう可能性もあります。

フックの大きさやルーフの重さによっても違いがありますが、大体が乗せられる荷物の容量は40kg~60kgほどです。
キャンプ用品は、テントやテーブル、BBQセットなど重さがあるものが多いので、ルーフボックスに入るだけいれてしまい、容量オーバーしないように気を付けましょう。


ルーフボックスには、左右どちらからも開けられるタイプと片開きタイプがあります。
両開きのタイプは、駐車時にどちら側が開くかを気にして車を駐車しなくても良いので、利便性が良いのが特徴です。


また、片開きタイプだと奥の方に荷物をしまうのが大変ですが両開きの場合は反対側から入れればよいので、ルーフボックスへの荷積みや取り出しがとても楽になります。
両開きの方が安全かつ手軽にルーフボックスの開閉ができるので、出来るだけ両開きタイプを選ぶことをオススメします。

まとめ

ルーフボックスを1つ選ぶにしても、ルーフキャリアからルーフボックスのサイズやデザイン、メーカーなど選び方のポイントはたくさんあります。

自分は何のためにルーフボックスを利用したいのか?重要なポイントをしっかりと押さえてから選ぶようにしましょう。

また、車のサイズに合わせたルーフボックスを選ぶのもとても重要で、車に比べて大きすぎるものを付けてしまうと不格好になってしまったり、立体駐車場などが利用できなくなってしまう可能性があります。

最近はデザイン性が追及されたルーフボックスなども登場しているので色々なメーカーのルーフボックスをじっくりと探すのも良いでしょう。

そして、ルーフボックスを選ぶ上で一番重要なのは“丈夫で長持ちする”ということです。
安価といっても数万円~数十万円はする買い物なので、しっかりと見極めて口コミなどを参考にすることもオススメします。

関連する投稿


これでバッチリ!?梅雨対策グッズおすすめ10選

これでバッチリ!?梅雨対策グッズおすすめ10選

雨がずっと降っていると、気分も滅入りがちですが、そんな状態を変えてくれる、梅雨対策のおすすめグッズを今回は紹介していきます。


【2019年/令和元年のお盆休み】渋滞予測、混雑日、混雑する道路は?

【2019年/令和元年のお盆休み】渋滞予測、混雑日、混雑する道路は?

あともう少しすればお盆休み。2019年のお盆休みは、なんと大型9連休がスタンダードになるとか?!お盆休みは可能な限り混雑は避けたいですよね。本記事では高速道路関連各社が発表したお盆期間中の渋滞予測から、上り線・下り線の最も渋滞が予測される日をまとめています。随時更新予定です。【7月15日更新】


【急発進を防止】『ペダルの見張り番Ⅱ』 でペダルの踏み間違えを防止!!

【急発進を防止】『ペダルの見張り番Ⅱ』 でペダルの踏み間違えを防止!!

オートバックス専売の、データシステムが手掛けるペダル踏み間違え防止装置『ペダルの見張り番』は自動車のアフターパーツとしては異例の大ヒットでした。そしてついに『ペダルの見張り番Ⅱ』も登場! 高齢者の重大事故が社会問題となっている昨今。本記事では『ペダルの見張り番Ⅱ』とは一体どんなものなのかご紹介していきます。


大ヒット!ペダル踏み間違い防止・対策に「ペダルの見張り番」

大ヒット!ペダル踏み間違い防止・対策に「ペダルの見張り番」

オートバックスセブンから発売されている、ペダル踏み間違え防止装置『ペダルの見張り番』は自動車のアフターパーツとしては異例の大ヒットとなっています。 高齢者の重大事故が社会問題となっている背景もあり、注目されるこの商品ですが、一体どんなものなのか動画も含めてご紹介していきます。


【タイプ別2019年最新情報】おすすめ!人気の高圧洗浄機

【タイプ別2019年最新情報】おすすめ!人気の高圧洗浄機

高圧洗浄機は洗車に使ったり外壁を洗浄したり、あらゆる場所の洗浄に便利なので、購入を考えている人もいるでしょう。そこで今回は、ケルヒャーなどの有名なメーカーを含め、家庭用と業務用のおすすめの高圧洗浄機を紹介します。気になる動作音を抑える静音タイプも紹介しています。


最新の投稿


アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティンは、開発中の新型ハイパーカー『ヴァルキリー』(Aston Martin Valkyrie)の最新プロトタイプ車を、英国で発表しました。


解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

メルセデス・ベンツSLKは、1996年の初代より2016年の三代目まで生産がなされました。メルセデス・ベンツの2シーターのライトウェイトスポーツカーの位置づけで生産され、発売初年度は生産が追い付かないという人気を誇りました。R170・R171・R172の変遷も見てみましょう。


スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドは静かなモーター走行とダイナミックに走るV6エンジンが特徴のハイブリッドカーです。その優れた走行性能は走り出した時から感じることができるでしょう。それではスカイライン ハイブリッドについて見ていきます。


クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートのハイブリッドモデル「クラウンアスリートハイブリッド」 の燃費をガソリン車とハイブリッド車の比較でお伝えします。高級車の代表格である同車のステータス性や乗り心地、採用されている装備を考えると比較的お手頃とも言える価格や、スペック、魅力も併せて紹介していきます。


三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

恐竜の骨格を思わせるリブボーンフレームの採用による最高の衝突安全性能を誇り、高い居住性とSUV的走破性も併せ持つ、三菱が誇るオールラウンダーミニバンがデリカD:5です。発売から10年以上を経てなお三菱をけん引し続ける人気車種の実像に迫ります。