目次へ戻る

キャンプ・アウトドア用品の収納に!ルーフボックスの選び方は?

キャンプ・アウトドア用品の収納に!ルーフボックスの選び方は?

キャンプや釣り、アウトドアアクティビティを楽しむ場合、どうしても荷物が多くなってしまいがちです。車でアウトドアに出かけるのであれば、ルーフボックスは備えておくべきアイテムです。本記事ではルーフボックスを選ぶ際のポイントについて説明しています。


キャンプや釣り、アウトドアアクティビティを楽しむ場合、どうしても荷物が多くなってしまいがちですよね。

アクティビティの道具に凝れば凝るほど、荷物は多くなってしまうため荷物置き場がどんどんと減ってしまい、座席まで占領してしまう。
子供が大きくなったり、人数が多いと荷物で車がパンパンになってしまうことも珍しくありません。

そんな問題を簡単に解決してくれるのが『ルーフボックス』です。
車のラゲッジスペース容量以上の荷物を積むことができるので、アウトドアレジャーが趣味な方なら持っていて損がないルーフボックス。

車の上にキャリアを設置して、固定するだけで簡単に使えるルーフボックスは、驚くほど荷物が入るためアクティブな家族には大活躍してくれるアイテムです。

高速道路でも、舗装されていないようなガタガタ道でも心配無用の耐久性を備えています。

ルーフボックスとは

ルーフボックスとは、車のルーフ上に設置する収納スペースで、キャンプ用品からスキー・スノーボードなどのアウトドア用品の他、かさ張り邪魔になりやすい、ベビーカーや傘などを収納することができます。

車での遠出、ルーフボックスに荷物を入れば社内が荷物で圧迫されることがなく、快適なドライブを過ごすことができます。

子供が増えて、荷物が多くなってしまうと車の買い替えを考える方もいるかと思いますが、
車を買い替える場合は、まとまった金額が必要になりますし、まだ乗れる車を手放すのももったいないですよね。

そこで、ルーフボックスを設置することによって、大きな車へ買い替えなくても
積載量が増えること
安価で手軽に設置することができる
メリットがあります。


ルーフボックスを設置するための土台になるのが「ルーフキャリア」です。
ルーフキャリアは、トヨタでは「ベースラック」ホンダでは「ベースキャリア」と表記されていて、他にもキャリアベース/カーキャリア/システムキャリアなどいろいろな名称で呼ばれていて完全に統一されていない現状ですが、今回はルーフキャリアで統一していきます。

ルーフキャリアは、主に土台となる「フット」とアタッチメントを付けるために必要な「バー」、フットと車体を固定するための「フック」の3つで構成されています。

用途によってアタッチメントを変えればシーズンに合わせて簡単に取り換えることもできます。

ルーフボックスの選び方は?

ルーフボックスは、何を入れるのか?何に利用するか?など目的によって大きさや長さを決める必要があります。

例えば、スキー板やスノーボードを入れるためなら横幅が広めのルーフボックスを選ぶのがベスト。
幅によっては、4枚~8枚までは入れることができるので数人でウィンタースポーツを楽しむ場合でもルーフボックスは大活躍してくれます。

また、板だけでなく濡れたブーツやウェアなどもルーフボックスであれば気にせずに収納できるのも魅力的です。

そして、ボックス型になっているので大事な板にホコリやチリなどの汚れが付着しづらいのも人気の秘密です。

キャンプやアウトドアアクティビティでの荷物を載せるのにルーフボックスを使用したい場合は、どうしても積む荷物の容量が多くなりがちですが、あまり積みすぎてしまうと
その分、車の重量も重くなるので燃費が悪化してしまいます。

また、メーカーや種類によってルーフボックスの最大積載量が定められています。
この最大積載量を守らないと大きな事故を引き起こしてしまう可能性もあります。

フックの大きさやルーフの重さによっても違いがありますが、大体が乗せられる荷物の容量は40kg~60kgほどです。
キャンプ用品は、テントやテーブル、BBQセットなど重さがあるものが多いので、ルーフボックスに入るだけいれてしまい、容量オーバーしないように気を付けましょう。


ルーフボックスには、左右どちらからも開けられるタイプと片開きタイプがあります。
両開きのタイプは、駐車時にどちら側が開くかを気にして車を駐車しなくても良いので、利便性が良いのが特徴です。


また、片開きタイプだと奥の方に荷物をしまうのが大変ですが両開きの場合は反対側から入れればよいので、ルーフボックスへの荷積みや取り出しがとても楽になります。
両開きの方が安全かつ手軽にルーフボックスの開閉ができるので、出来るだけ両開きタイプを選ぶことをオススメします。

まとめ

ルーフボックスを1つ選ぶにしても、ルーフキャリアからルーフボックスのサイズやデザイン、メーカーなど選び方のポイントはたくさんあります。

自分は何のためにルーフボックスを利用したいのか?重要なポイントをしっかりと押さえてから選ぶようにしましょう。

また、車のサイズに合わせたルーフボックスを選ぶのもとても重要で、車に比べて大きすぎるものを付けてしまうと不格好になってしまったり、立体駐車場などが利用できなくなってしまう可能性があります。

最近はデザイン性が追及されたルーフボックスなども登場しているので色々なメーカーのルーフボックスをじっくりと探すのも良いでしょう。

そして、ルーフボックスを選ぶ上で一番重要なのは“丈夫で長持ちする”ということです。
安価といっても数万円~数十万円はする買い物なので、しっかりと見極めて口コミなどを参考にすることもオススメします。

関連する投稿


内張りはがしの使い方・コツは?おすすめ商品10選も紹介

内張りはがしの使い方・コツは?おすすめ商品10選も紹介

愛車のドレスアップやカスタマイズには必須となる定番アイテム、「内張りはがし」。今回は正しい使い方やコツ、選び方、また代用となるものもご紹介していきます。


車中泊におすすめのマット 厳選10商品!人気アイテムの価格を比較

車中泊におすすめのマット 厳選10商品!人気アイテムの価格を比較

車中泊をする際に不可欠なアイテムであるマット。価格もピンキリでニトリ等のホームセンターで買えるものも多いです。今回はそんなおすすめのマットを軽自動車サイズのもの等と分けてご紹介します。


フィルムアンテナの取付・貼り方、注意点を解説|おすすめ5選も!

フィルムアンテナの取付・貼り方、注意点を解説|おすすめ5選も!

フロントガラスなどに貼って使う車載テレビやカーナビ用のフィルムアンテナ。本記事ではおすすめのフィルムアンテナの商品紹介だけでなく、取付・貼り方、剥がし方についても掲載しています。


【車のデイライト】取り付け方から車検時の注意点|おすすめ3選も紹介

【車のデイライト】取り付け方から車検時の注意点|おすすめ3選も紹介

昼間点灯とも言われているデイライト。昼間に点灯させるものですが、そもそもの意味や目的の説明から取り付け方や保安基準も解説。さらにおすすめ商品も紹介していきます。


パドルシフトってなに…?使い方から後付け方法、汎用品など徹底解説!

パドルシフトってなに…?使い方から後付け方法、汎用品など徹底解説!

車に搭載されているパドルシフトをご存知でしょうか?意外と知られていない方も多いのではないでしょうか。本記事ではパドルシフトの使い方から、後付け方法、パドルシフトを利用することのメリット、デメリットについてを紹介しています。


最新の投稿


【ガソリンスタンドでの洗車】洗車機・手洗いどちらがおすすめ?時間・料金は

【ガソリンスタンドでの洗車】洗車機・手洗いどちらがおすすめ?時間・料金は

ガソリンスタンドと言えば、給油で使う人が圧倒的に多いと思います。洗車できるのは知ってるけど、利用したことがない人は意外といるそうです。 今回はガソリンスタンドでの洗車について時間や料金などをまとめてみました。


内張りはがしの使い方・コツは?おすすめ商品10選も紹介

内張りはがしの使い方・コツは?おすすめ商品10選も紹介

愛車のドレスアップやカスタマイズには必須となる定番アイテム、「内張りはがし」。今回は正しい使い方やコツ、選び方、また代用となるものもご紹介していきます。


マッスルカーとは?アメリカンな最強車5選を中古車価格と合わせて紹介

マッスルカーとは?アメリカンな最強車5選を中古車価格と合わせて紹介

アメリカのクラシックカー(旧車)の一部車種を「マッスルカー」と呼びますが、単語は聞いたことがあっても定義や歴史について知っていると言う方はあまり多くないと思います。こちらの記事では、マッスルカーとはどういった車種を指すのか、その特徴と、おすすめのマッスルカー5台の紹介を合わせて掲載しています。


AWDと4WDの違いって何?意味やメリット、各社の技術や代表車種を紹介

AWDと4WDの違いって何?意味やメリット、各社の技術や代表車種を紹介

車の駆動システム「AWD」。そもそもどんなものなのか、4WDとの違いはどこにあるのか?といった疑問をもたれてる方も多いのではないでしょうか。今回はAWDの意味からメリットについて、各社のAWDシステムの紹介や代表車種についての紹介を掲載しています。


【ETCの領収書】発行方法・出し方を解説|レンタカー利用時の説明も

【ETCの領収書】発行方法・出し方を解説|レンタカー利用時の説明も

ETCを利用した際に領収書を出したい時は、どのように発行すればいいのか、今回は領収書の代わりとして使用できるETC利用証明書の発行の仕方を解説していきます。