目次へ戻る

チャイルドシート着用義務は何歳まで?法律や罰則、免除されるケースは?

チャイルドシート着用義務は何歳まで?法律や罰則、免除されるケースは?

2000年4月1日からチャイルドシートの着用が義務化されました。本記事では、チャイルドシートの着用義務年齢は何歳から何歳までなのか、チャイルドシートを着用しない場合の罰則、チャイルドシート着用が免除されるケースを分かりやすくご紹介します。(※2020年5月更新しました)

⏳この記事は約3~4分で読めます。


チャイルドシートの着用義務、法律や罰則、免除されるケースまで

チャイルドシートを購入する前にに知っておきたいのがチャイルドシートの着用義務年齢です。本記事では、「チャイルドシートは何歳から何歳まで、着用義務があるのか?」「チャイルドシートが免除されるケースは?」といった疑問にお答えします。

チャイルドシートの着用義務は何歳まで?

チャイルドシートの着用は2000年4月1日から道路交通法の改正によって義務化されました。

道路交通法には、6歳未満の幼児を乗車させる場合にはチャイルドシート(もしくはジュニアシート)を使用することが義務づけられています。

※ただし、車のシートベルトは身長140cm以上を対象に設計されているため、140cmに満たないお子さまの場合(11歳くらいまで)、安全のためチャイルドシート(またはジュニアシート)が必要になります。

現在のお父さん、お母さん世代の方はチャイルドシート義務に馴染みがない方も多いと思いますが、お子さんにチャイルドシートの着用をさせるのは義務であることをご理解ください。

第七十一条の3項 自動車の運転者は、幼児用補助装置(幼児を乗車させる際座席ベルトに代わる機能を果たさせるため座席に固定して用いる補助装置であつて、道路運送車両法第三章及びこれに基づく命令の規定に適合し、かつ、幼児の発育の程度に応じた形状を有するものをいう。以下この項において同じ。)を使用しない幼児を乗車させて自動車を運転してはならない。ただし、疾病のため幼児用補助装置を使用させることが療養上適当でない幼児を乗車させるとき、その他政令で定めるやむを得ない理由があるときは、この限りでない。

警視庁公式ページ

チャイルドシート着用義務違反の罰則・交通違反点数

チャイルドシートの着用義務を怠ったドライバーには交通違反の点数加点があります。罰則や罰金、反則金はありません。

交通違反点数…1点

チャイルドシートの着用義務を怠ると、ドライバーは「幼児用補助装置使用義務違反」に該当することとなり、違反点数1点が加算されます。

交通違反点数が1点だけ加算されるだけでも違反点数もないわけですから別に気にしないというように考える方もいらっしゃるかもしれませんが、チャイルドシートを着用していないだけでも子ども(幼児)の命を危険にさらしているも同然です。

少なくとも幼児には必ずチャイルドシートを着用させたうえで運転してください。

チャイルドシート使用義務が免除される8ケース

幼児(6歳未満)であれば着用義務が法律で定められていチャイルドシートですが、状況によっては着用が免除されるケースもあります。

免除されるケースについては道路交通法施行令第26条3の2の2にて述べられていて、内容は以下のとおりです。

2 法第七十一条の三第三項ただし書の政令で定めるやむを得ない理由があるときは、次に掲げるとおりとする。

一 その構造上幼児用補助装置を固定して用いることができない座席において幼児を乗車させるとき(当該座席以外の座席において当該幼児に幼児用補助装置を使用させることができる場合を除く。)。

二 運転者席以外の座席の数以上の数の者を乗車させるため乗車させる幼児の数に等しい数の幼児用補助装置のすべてを固定して用いることができない場合において、当該固定して用いることができない幼児用補助装置の数の幼児を乗車させるとき(法第五十七条第一項本文の規定による乗車人員の制限を超えない場合に限る。)。

三 負傷又は障害のため幼児用補助装置を使用させることが療養上又は健康保持上適当でない幼児を乗車させるとき。

四 著しく肥満していることその他の身体の状態により適切に幼児用補助装置を使用させることができない幼児を乗車させるとき。

五 運転者以外の者が授乳その他の日常生活上の世話(幼児用補助装置を使用させたままでは行うことができないものに限る。)を行つている幼児を乗車させるとき。

六 道路運送法第三条第一号に掲げる一般旅客自動車運送事業の用に供される自動車の運転者が当該事業に係る旅客である幼児を乗車させるとき。

七 道路運送法第七十八条第二号又は第三号に掲げる場合に該当して人の運送の用に供される自動車(特定の者の需要に応じて運送の用に供されるものを除く。)の運転者が当該運送のため幼児を乗車させるとき。

八 応急の救護のため医療機関、官公署その他の場所へ緊急に搬送する必要がある幼児を当該搬送のため乗車させるとき。

e-Gov 道路交通法施行令

1. 座席の構造上、チャイルドシートを固定することができないとき。

車の座席の構造上、チャイルドシートが設置できない場合はチャイルドシートの使用義務が免除されます。

しかしながらドライバー席以外でチャイルドシートを設置できる場所がある場合は、チャイルドシートの着用義務があります。

2. 定員内の乗車で、乗車する幼児全員にチャイルドシートを使用すると全員が乗車できなくなるとき

定員内の乗車人員でもチャイルドシートを設置すると全員が乗れない場合は、チャイルドシートの使用義務が免除されます。

チャイルドシート使用は免除されますが、子どもを膝の上に乗せた状態で交通事故にあうと非常に危険です。やむを得ない場合以外は必ずチャイルドシートを着用しましょう。

3. 幼児が病気や怪我で、チャイルドシートを使用することが療養上又は健康保持上適当でないとき

子どもが怪我や病気でチャイルドシートをすることが怪我や病気に影響を与える場合は、チャイルドシートの着用義務が免除されます。

4. 著しい肥満や、その他幼児の身体の状態により適切にチャイルドシートを使用できないとき。

チャイルドシートが肥満などで使用が出来ない場合はチャイルドシートの使用義務は免除されます。

身長が高くてチャイルドシートが合わない場合であっても、ジュニアシートといった年齢が高い子どもに向けて豊富なサイズ展開がされていますので是非お試しください。

5. チャイルドシートを使用したままでは、授乳等の日常生活上の世話ができないとき

運転手以外の同乗者が、授乳時やおむつ替えなどチャイルドシートを使用したままでは出来ない作業をする場合はチャイルドシートの使用義務は免除されます。

走行中は急ブレーキなどの危険があるため、授乳やおむつ替えはなるべく停車した車で行うようにしましょう。

6. バス・タクシーなどに乗るとき

バスやタクシーに乗る際はチャイルドシートの使用義務が免除されます。

7. 許可された自家用運送車で幼児を乗せるとき

道路運送法第78条の2項と3項に該当する自家用運送車に乗せる場合は幼児を乗せることが許可されています。道路運送法はあまり親しみのない法律と思いますが、その内容は以下のとおりです。

第七十八条 自家用自動車(事業用自動車以外の自動車をいう。以下同じ。)は、次に掲げる場合を除き、有償で運送の用に供してはならない。

一 災害のため緊急を要するとき。

二 市町村(特別区を含む。以下この号において同じ。)、特定非営利活動促進法(平成十年法律第七号)第二条第二項に規定する特定非営利活動法人その他国土交通省令で定める者が、次条の規定により一の市町村の区域内の住民の運送その他の国土交通省令で定める旅客の運送(以下「自家用有償旅客運送」という。)を行うとき。

三 公共の福祉を確保するためやむを得ない場合において、国土交通大臣の許可を受けて地域又は期間を限定して運送の用に供するとき。

上記のケースに該当する運転手となることは、週末のドライブなどで自動車を運転する場合にはほぼありえませんので、大多数の方は該当しないことでしょう。

e-Gov 道路運送法

8. 怪我をした子どもを病院へ連れて行くときや、迷子の子どもを保護し警察へ連れて行くとき

緊急時に病院に向かっている場合や、迷子の保護で警察に向かっている場合はチャイルドシートの使用義務が免除されます。

これら8つのケースに該当するのかどうか判断に悩んだ際には、地元の警察署などに相談して解決しましょう。

まとめ

いかがでしたか?

・新生児から6歳未満までチャイルドシートの着用義務がある
・着用義務が免除されるケースはあるが、極力チャイルドシートを着用させるべき。
・身体が大人のように成長しきっていない幼児にとってチャイルドシートはいざというときの安全装備となる。

チャイルドシートの装着義務があるのは幼児のため大人の思うようにいかないこともありますが、できるだけ運転中にはチャイルドシートを装着しているように乗車前から準備をしておきましょう。

関連する投稿


【2020年最新版】スマホで気軽に!タクシー配車アプリおすすめ5選

【2020年最新版】スマホで気軽に!タクシー配車アプリおすすめ5選

移動の際のタクシー配車をもっと便利にしたいという方、最近増えてきているのではないでしょうか?移動時間をより快適に、効率的にしたいと考えた時に便利なのがスマホのタクシー配車アプリです。今回は、2020年現在で数多くある配車アプリの中でも今おすすめのアプリをご紹介していきます!


夏!ドライブ!・・・暑い!! 車内の温度を一番早く下げる方法は?

夏!ドライブ!・・・暑い!! 車内の温度を一番早く下げる方法は?

炎天下の中に駐車していた車。扉を開けたらめちゃめちゃ暑い!なんてこと、「夏の車あるある」ですね…。そんな時どんな方法が、すばやく車内の温度を下げられるのかJAFで行われた調査結果を元にご紹介。また、予防対策についてもまとめています。


【カーエアコン】効かない・冷えない場合の対処と修理にかかる費用は?

【カーエアコン】効かない・冷えない場合の対処と修理にかかる費用は?

車に乗るにあたって欠かせない存在のカーエアコン。しかし、冷えない・効かないと感じることはないでしょうか。臭いや異音が気になっている方もいるかと思います。この記事では、車のエアコンを上手に使うための方法や故障の原因についてご説明!この記事を読んで、エアコンを上手に使いこなせるようにしましょう。


【Nシステムとは?】設置されてる場所や目的、オービスとの違いも解説

【Nシステムとは?】設置されてる場所や目的、オービスとの違いも解説

ナンバー自動読み取り装置、通称「Nシステム」をご存知でしょうか。こちらの記事では、全国の道路に1500箇所以上設置されているNシステムの役割や設置場所、オービスとの違いについてを説明しています。


【必見】走行税とは?いつから導入される?

【必見】走行税とは?いつから導入される?

クルマにはいろいろな税金がかかってきますが、今後新たに加わるかもしれない「走行税」というものがあります。本記事では走行税についてご紹介しています。


最新の投稿


トヨタのTjクルーザーとは?発売日・価格・特徴・最新情報

トヨタのTjクルーザーとは?発売日・価格・特徴・最新情報

トヨタの新たなSUVと言われているTj(ティージェイ)クルーザー。Tjクルーザー、特に注目したい点がスライドドア付きSUVという点。今回はこのTjクルーザーというトヨタの新たなコンセプトカーがどういう車なのか?そもそも発売はあるのか?価格・発売日・スペック他気になる最新情報をまとめて紹介します。


【2020年お盆休み】渋滞予測、混雑日、ピーク、混雑する道路は?

【2020年お盆休み】渋滞予測、混雑日、ピーク、混雑する道路は?

2020年のお盆休み期間中の高速道路の渋滞予測から、最も渋滞が予測されるピーク日をまとめています。今年は新型コロナウィルスの影響で、例年にも増してどうなるかわからない状況です。そんなお盆休みの渋滞予測に関する情報を随時更新していきます。


【被害多発】リレーアタックとは?対策法を紹介!

【被害多発】リレーアタックとは?対策法を紹介!

最近、被害の増えている自動車盗難の新たな手口、「リレーアタック」。従来の自動車盗難とは違い、現場に痕跡が残りにくいのも特徴の1つです。今回は、リレーアタックの手口と、対策についても詳しくお伝えします。


オービスの仕組みを知ろう!速度や罰金なども詳しく解説

オービスの仕組みを知ろう!速度や罰金なども詳しく解説

高速道路などにある「オービス」というものをご存知でしょうか?ついつい気が緩んでしまい速度が上がってしまって、ピカッと光られてしまった。そんなことがないように、今回はこのオービスのシステムについて詳しく解説します。


【2020年最新】日産のSUV一覧!新型情報もご紹介

【2020年最新】日産のSUV一覧!新型情報もご紹介

日産にはコンパクトSUVから本格的SUV までラインナップされています。人気があるSUVですが、「日産のSUVにはどんな特徴があるのか」と迷う方もいるかもしれません。e-POWERやプロパイロットなど魅力的な機能を備えた日産のSUVをまとめてご紹介します!