目次へ戻る

助手席にチャイルドシートを乗せるのは違反ではない?注意点と取付け方

助手席にチャイルドシートを乗せるのは違反ではない?注意点と取付け方

法律でも決まっているチャイルドシートの着用ですが、自分の目の届く場所にいて欲しいという思いから助手席にチャイルドシートの設置を検討している親御さんも少なくないと思います。本記事では、助手席にチャイルドシートを乗せる危険性と助手席にチャイルドシートを載せる場合の取り付け方や注意点をまとめてご紹介していきます。


助手席にチャイルドシートを乗せるのは法律違反ではない

トヨタをはじめとした国産車に乗っている方は助手席のサンバイザーに「お子様の安全のためチャイルドシートは後部座席に取り付けてください」との記載がされています。

これらが書かれていることから“助手席にチャイルドシートを乗せるのは法律違反になる”という噂が広まったと考えられます。

しかし、道路交通法では6歳未満の子供にはチャイルドシートの使用が義務付けられていますが、設置場所については、細かく指定されているわけではありません。
そのため『助手席にチャイルドシートを設置するのは違反ではない』のです。

助手席に子どもを乗せない方がいい理由は「エアバッグ」

法律では、助手席にチャイルドシートを乗せることは違法ではないのに、なぜトヨタなどの国産車にはリアシートへの取り付けを推薦しているのかには、ちゃんとした理由があります。

それは、エアバッグとの関係です。

ほとんどの車では事故の衝突を軽減するため、エアバッグが装備されています。

事故によってエアバッグが開きチャイルドシートに当たるとチャイルドシートが弾き飛ばされて、乗っている子供が怪我をしてしまう可能性があります。

生後間もない赤ちゃんの場合は、チャイルドシートを後ろ向きに設置しなくてはいけませんが、この場合にエアバッグが開いてしまうと赤ちゃんとエアバッグの距離が近すぎてしまいその衝撃によって赤ちゃんが怪我をしてしまう可能性が非常に高くなってしまいます。

エアバッグはあくまでも大人の事故に対応した安全装置になるので、小さい子供は衝撃に耐えられない可能性があります。

では、前向きタイプなら大丈夫なのでは?と思いますが、助手席にチャイルドシートを前向きに付けた場合、大人が座る位置よりも前に座る形になるため、エアバッグが開いたときに、子供の頭に当たり、その勢いで頭が椅子に押し付けられて窒息の危険性も危惧されています。

助手席のエアバッグを解除できる車も

海外では、助手席にチャイルドシートを乗せることが多いため、チャイルドシートを後ろ向きに設置できる車も存在します。

その理由は、助手席のエアバッグの作動を停止する機能「エアバッグキャンセラー」が付いているからです。

輸入車のみ、この機能が付いている車があり「スマート フォーツー」や「フォード フィエスタ」などがあげられます。

フォード フィエスタ

助手席にチャイルドシートを乗せる危険性は“エアバッグ”にあるので、エアバッグの機能を停止すれば、助手席にチャイルドシートを乗せても問題はありませんね。

ただし、この機能は日本車ではエアバッグを停止する機能を採用していないので注意して下さい。

どうしても助手席にチャイルドシートを乗せたい場合は、その点を考慮して車選ぶをするのも良いかもしれません。

助手席にチャイルドシートを乗せる場合の注意点

安全面を考慮するなら、後部座席にチャイルドシートを乗せるのが一番ですが、車の大きさや乗車人数、子供の数などによっては、どうしても助手席にチャイルドシートを設置しないといけない場合もあるかと思います。

助手席にチャイルドシートを設置する場合の注意点は2つです。
 シートを極力後ろまで下げる
 チャイルドシートは前向きのみ
この2点はお子様の安全を守るためにも、必ず注意して下さい。

どうしても、助手席にチャイルドシートを設置する場合は、出来るだけ座席を後ろに下げて設置し、前向きタイプのチャイルドシートのみを取り付けるようにしましょう。

チャイルドシートの正しい取付け方法はこちら

「チャイルドシートの取り付け調査」ではが正しくチャイルドシートが取り付けられていたのは乳児用で67.8%、幼児用75.3%で、チャイルドシートを固定するための「腰ベルト(シートベルト)の締付け不足」が主な結果となりました。

乳児用、幼児用ともに全体で40.7%と半数以上の方がチャイルドシートを正しく装着できていないことになります。

チャイルドシートが正しく取り付けられていないと大切なお子様が怪我をしてしまう可能性があるのでしっかりと取り付けるようにしましょう。

チャイルドシートの固定はしっかりと

シートベルトをチャイルドシートに通す前に、背もたれ部分と座席の間に隙間がないこと確認しましょう。
隙間が空いている、万が一事故が起きた際に衝撃を吸収することができないので、しっかりと確認しましょう。

チャイルドシートにベルトを通す

ベルトの付ける場所はチャイルドシートによって違うので、説明書を確認して正しい位置にシートベルトを通しましょう。

1度、シートベルトを全開まで引っ張ってから通すとつけやすくなります。

チャイルドシートのロック部分にシートベルトを通します。
ここで、しっかりと固定されている場合は、グラグラしないのでしっかりとチェックしてください。

後ろ向きチャイルドシート装着の注意点

後部座席に後ろ向きにチャイルドシートを付ける場合は、前の座席との距離が重要なポイントになります。

前の座席の背もたれが微妙な距離だと、万が一事故が起きたときに前の座席に当たり二次衝突を招いてしまいます。
そのため、前の座席は「ピッタリくっつける」か「絶対に当たらい距離まで離す」ようにして下さい。

車によってはシートベルトにチャイルドロックが付いている場合もあるので、確認して取付けを行うようにしましょう。

新生児・乳幼児におすすめのベビーシートはこちら

ネット通販を良く利用する方は、チャイルドシートをインターネットで購入することを検討している方も多いのではないでしょうか?
その中で注意しなくてはいけないのが“国の安全基準に適合しているか”ということです。

国の安全基準に適合していない未承認チャイルドシートは、衝突した際に衝撃を吸収できなかったり、ベルトが外れて子供がチャイルドシートから放り出されてしまう危険性があります。

子供の安全を守るためにも国の安全基準を満たしているチャイルドシートを選ぶようにしましょう。

こちらでは、衝突試験結果で優れた結果を残したチャイルドシートをご紹介します。

ブリタックス・レーマーのベビーセーフプラス

ブリタックス・レーマーは、1983年にイギリスに創業した“ブリタックス”とドイツのチャイルドシートメーカーの“レーマー”が1979年に合併して誕生したブランドです。
イギリス王国のジョージ王子のチャイルドシートとして採用されたことで日本でも有名になりました。

レーマーのチャイルドシートは腰・肩・股の5点式のハーネスを装備しています。
また、7段階のスライディングヘッドで、子供の頴娃町に合わせて常にフィットします。

BRITAX ROMER ブリタックス レーマー ベビーセーフプラス

楽天で見る
Yahoo!ショッピングで探す

LEAMAN(リーマン)のカイナ

LEAMAN(リーマン)は、愛知県を中心に自社工場で生産から検品まで行う国内メーカーです。
余分な機能やデザインを無くすことで、質が良いのに低価格な商品を提供することができました。
実際に、国内の安全基準を満たし衝突試験をダブル優達成しているチャイルドシートの中では圧倒的に低価格になっています。

こちらは、1台でベビーシート・チャイルドシート・ジュニアシートと新生児から7歳くらいまで使用できるため、成長によって買い替える必要がないためコスパが高いチャイルドシートです。

リーマン チャイルドシート 0~7歳対象 カイナ

楽天で見る
Yahoo!ショッピングで見る

Aprica (アップリカ) 回転式チャイルドシート クルリラ

Aprica (アップリカ)のクルリラの特徴は2つの固定方法が使える初の回転式チャイルドシートで、色々なタイプの車への乗せ換えができるのでとても便利です。
頑丈で安定感があります。

月齢が小さい場合、回転するシートは乗せ降ろしがとても便利なので多くのママから愛用されています。

Aprica (アップリカ) 回転式チャイルドシート クルリラ

楽天で見る
Yahoo!ショッピングで見る

Combi(コンビ)  クルムーヴスマート ISOFIX

360度回転や3段階のリクライニングが特徴になります。全面衝突試験はダブル優です。

0歳~4歳頃まで使用でき成長に合わせて、8段階のイージームーヴレストと前後3段階リクライニングで子供が大きくなっても安全に快適に利用することができます。

Combi チャイルドシート クルムーヴスマート

楽天で見る
Yahoo!ショッピングで見る

最後に

今回はチャイルドシートを助手席につけるのが違反か否か、助手席に置かざるを得ない場合の注意点、そのほか取付け方やおすすめのチャイルドシートなどをまとめてご紹介させて頂きました。

お子様の命を守るチャイルドシートなので、商品選びは然り正しく安全に取り付け、ご家族でのドライブをお楽しみ下さい。

チャイルドシートに関連する記事はこちらもチェック

関連する投稿


内張りはがしの使い方・コツは?おすすめ商品10選も紹介

内張りはがしの使い方・コツは?おすすめ商品10選も紹介

愛車のドレスアップやカスタマイズには必須となる定番アイテム、「内張りはがし」。今回は正しい使い方やコツ、選び方、また代用となるものもご紹介していきます。


車中泊におすすめのマット 厳選10商品!人気アイテムの価格を比較

車中泊におすすめのマット 厳選10商品!人気アイテムの価格を比較

車中泊をする際に不可欠なアイテムであるマット。価格もピンキリでニトリ等のホームセンターで買えるものも多いです。今回はそんなおすすめのマットを軽自動車サイズのもの等と分けてご紹介します。


フィルムアンテナの取付・貼り方、注意点を解説|おすすめ5選も!

フィルムアンテナの取付・貼り方、注意点を解説|おすすめ5選も!

フロントガラスなどに貼って使う車載テレビやカーナビ用のフィルムアンテナ。本記事ではおすすめのフィルムアンテナの商品紹介だけでなく、取付・貼り方、剥がし方についても掲載しています。


【車のデイライト】取り付け方から車検時の注意点|おすすめ3選も紹介

【車のデイライト】取り付け方から車検時の注意点|おすすめ3選も紹介

昼間点灯とも言われているデイライト。昼間に点灯させるものですが、そもそもの意味や目的の説明から取り付け方や保安基準も解説。さらにおすすめ商品も紹介していきます。


パドルシフトってなに…?使い方から後付け方法、汎用品など徹底解説!

パドルシフトってなに…?使い方から後付け方法、汎用品など徹底解説!

車に搭載されているパドルシフトをご存知でしょうか?意外と知られていない方も多いのではないでしょうか。本記事ではパドルシフトの使い方から、後付け方法、パドルシフトを利用することのメリット、デメリットについてを紹介しています。


最新の投稿


【ガソリンスタンドでの洗車】洗車機・手洗いどちらがおすすめ?時間・料金は

【ガソリンスタンドでの洗車】洗車機・手洗いどちらがおすすめ?時間・料金は

ガソリンスタンドと言えば、給油で使う人が圧倒的に多いと思います。洗車できるのは知ってるけど、利用したことがない人は意外といるそうです。 今回はガソリンスタンドでの洗車について時間や料金などをまとめてみました。


内張りはがしの使い方・コツは?おすすめ商品10選も紹介

内張りはがしの使い方・コツは?おすすめ商品10選も紹介

愛車のドレスアップやカスタマイズには必須となる定番アイテム、「内張りはがし」。今回は正しい使い方やコツ、選び方、また代用となるものもご紹介していきます。


マッスルカーとは?アメリカンな最強車5選を中古車価格と合わせて紹介

マッスルカーとは?アメリカンな最強車5選を中古車価格と合わせて紹介

アメリカのクラシックカー(旧車)の一部車種を「マッスルカー」と呼びますが、単語は聞いたことがあっても定義や歴史について知っていると言う方はあまり多くないと思います。こちらの記事では、マッスルカーとはどういった車種を指すのか、その特徴と、おすすめのマッスルカー5台の紹介を合わせて掲載しています。


AWDと4WDの違いって何?意味やメリット、各社の技術や代表車種を紹介

AWDと4WDの違いって何?意味やメリット、各社の技術や代表車種を紹介

車の駆動システム「AWD」。そもそもどんなものなのか、4WDとの違いはどこにあるのか?といった疑問をもたれてる方も多いのではないでしょうか。今回はAWDの意味からメリットについて、各社のAWDシステムの紹介や代表車種についての紹介を掲載しています。


【ETCの領収書】発行方法・出し方を解説|レンタカー利用時の説明も

【ETCの領収書】発行方法・出し方を解説|レンタカー利用時の説明も

ETCを利用した際に領収書を出したい時は、どのように発行すればいいのか、今回は領収書の代わりとして使用できるETC利用証明書の発行の仕方を解説していきます。