トップへ戻る

今人気のおすすめSUV!選ぶならどのSUV?

今人気のおすすめSUV!選ぶならどのSUV?

大人気のSUV。しかしSUVと一言で言っても、クロスオーバーSUVを始めとしたコンパクトSUVから、サイズの大きい3列シート・7人乗りのSUVまで様々です。当記事では国産・外車の7人乗りSUV・コンパクトSUV、また燃費の観点でオススメのSUV等人気車種を紹介、比較しています。SUVが気になる方はぜひ本記事をご覧ください!

⏳この記事は約3~4分で読めます。


目次

SUV人気、とどまることを知らず!

国産、外車(輸入車)問わず、売行きを伸ばし注目を浴び続けるボディタイプ「SUV」。

アメリカで市場リサーチを行うJ.D.パワーアジア・パシフィックが調査した「2019年日本新車購入意向者調査」の結果によると、2016年と比較し新車購入を検討するボディタイプはSUVを選択する割合が4%増加し、31%となり新車購入検討者の3割以上がSUVを検討しているようです。

そして現在、SUVの人気は健在。各メーカーそれぞれ自信作となるSUVを発売しています。

※参照J.D. パワー 2019年 日本新車購入意向者調査
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000019.000042677.html

2020年の新型車記事 おすすめ記事はこちら

そもそもSUV(エスユーブイ)ってどんな車なの?

そもそもSUVとは「スポーツユーティリティビークル」の頭文字をとった造語です。

SUVには様々な種類と出自が存在するため明確な定義は存在していませんが、名前の通り、スポーツ用多目的車。アウトドアやアクティビティにおすすめの車です。

近年ではSUVがさらに多様化しており、
クロスオーバーSUV、軽SUV、コンパクトSUVといった種類が存在しています。

国産SUV おすすめ!売上・人気ランキングTOP3

まずは2020年現在、どのSUVが人気・売れているのか?

という観点で「日本自動車販売協会連合会」が発表している車名別新車販売台数等を元に「SUV」の販売台数上位3位までの人気車種を紹介していきます。
※2020年9月現在

【人気のSUV】1位 トヨタ ライズ

トヨタ ライズ

大人気のSUVカテゴリーの中で、最も登録台数の多い登録車がトヨタの「ライズ」です。2019年11月に発売された以降、登録車SUVの月別販売1位を守っているばかりか、1月2月6月には全登録乗用車で首位になっています。

人気の理由は、全長が4m以下の運転のしやすいコンパクトサイズでありながらも、室内空間も相応に確保されていること。そして、SUVでありながらも、コンパクトカーより15~20万円高い程度の手頃な価格であるということです。

トヨタ ライズのボディサイズ・スペック・燃費・新車価格中古車価格

トヨタ ライズ

 
トヨタライズ 基本情報・スペック表・新車価格
駆動方式2WD/4WD
全長×全幅×全高3,995mm×1,675mm×1,620mm
室内寸法(長さ×幅×高さ)1,955mm×1,420mm×1,250mm
車両重量980~1,050kg
最大乗車定員5名
WLTCモード燃費17.4km/L~18.6km/L
最小回転半径4.9~5.0m
総排気量996ccターボ

最高出力

72KW(98PS)/6,000rpm

最大トルク

140N・m(14.3kg・m)/2,400~3,000rpm

燃料タンク容量36L
新車価格1,679,000円~2,282,200円
2020年9月現在のメーカー公式サイトより

ライズはダイハツロッキーの兄弟車であり、ダイハツからOEM供給されている車種です。したがって、「顔つき」だけが異なるだけで基本的には同型車です。

その兄弟車のダイハツロッキーも、ダイハツ製登録乗用車としては異例の大ヒットとなっています。

下記の記事にて、ライズの燃費や、口コミ・評価、中古車価格の相場などについての詳細情報まとめています。

トヨタライズが気になる方は是非チェックしてみてください。

【人気のSUV】2位 スズキ ハスラー

スズキ ハスラー

2位はスズキの軽自動車SUV「ハスラー」となっています。2019年12月に2代目となってからもその勢いは衰えず、扱いやすく経済的な軽SUVとなっています。

スズキ ハスラーのボディサイズ・スペック・燃費・新車価格・中古車価格

スズキ ハスラー

そんなハスラーの燃費やスペック、価格などの基本情報は下記となります。

 
スズキ ハスラー 基本情報・スペック表・新車価格
駆動方式2WD/4WD
全長×全幅×全高3,395mm×1,475mm×1,680mm
室内寸法(長さ×幅×高さ)2,215mm×1,330mm×1,270mm
車両重量810~880kg
最大乗車定員4名
WLTCモード燃費20.8km/L~25.0km/L
最小回転半径4.6m
総排気量657cc ターボ658㏄

最高出力

エンジン+モーター

NA車

36kW(49PS)/6,500rpm+1.9kW(2.6PS)/1,500rpm

ターボ車

47kW(64PS)/6,000rpm+2.3kW(3.1PS)/1,000rpm 

最大トルク

エンジン+モーター

NA車

63N・m(6.4kg・m)/5,000rpm+40N・m(4.1kg・m)/100rpm

ターボ車

98N・m(10.0kg・m)/3,000rpm+50N・m(5.1kg・m)/100rpm 

燃料タンク容量27L
新車価格1,280,400円~1,790,800円
2020年9月現在のメーカー公式サイトより

軽自動車なので小回りも効き、燃費も良く車両価格も維持費も抑えれる。女性にもおすすめしやすい人気SUVと言えるでしょう。

スズキ ハスラーについての口コミ・評価、中古車価格を始め、安全性能についてなど、詳細情報については下記の記事にて詳しくまとめています。ハスラーが気になる方は是非チェックしてみてください。

【人気のSUV】3位 トヨタ ハリアー

トヨタ ハリアー ハイブリッドZ

6月17日の発売後1か月で、およそ4万5000台の注文が入るという大ヒットとなった新型ハリアーは、登録車ではライズにつぐ販売台数を記録するSUVとなっています。ライズや軽SUVのハスラーとは比べ物にならない 車両価格でありながらも従来型を上回る人気を得ています。

その理由としては、同じ基本構造を持つRAV4譲りの悪路走破性を誇るSUVでありながらも、あくまで都市に似合うファッショナブルで高級感溢れるそのスタイリングが最大のポイントとなっています。

トヨタ ハリアー

トヨタ ハリアー 基本情報・スペック表・新車価格
駆動方式4WD 2WD
全長×全幅×全高4,740mm×1,855mm×1,660mm
室内長×室内幅×室内高さ
1,880mm×1,520mm×1,215mm
車両重量1,530~1,750kg
最大乗車定員5名
WLTCモード燃費

2.0L 14.7~15.4km/L 

2.5Lハイブリッド 21.6~22.3km/L 

最高出力

エンジン+モーター

2.0L 126KW(171PS)/6,600rpm 

ハイブリッド 131KW(178PS)/5,700rpm

+フロント88KW(120PS) /リア40KW(54PS)

最大トルク

エンジン+モーター

2.0L 207N・m(21.1kg・m)/4,800rpm 

ハイブリッド 221N・m(22.5kg・m)/3,600~5,200rpm

+フロント202N・m(20.6kg・m) /リア121N・m(12.3kg・m)

燃料タンク容量無鉛レギュラーガソリン・55L
新車価格

2,990,000円~5,040,000円

上記情報は2020年9月現在のメーカー公式サイトより

ファミリーカーの新しい選択肢?7人乗りSUV 国産&外車 計3台!

続いては冒頭でも触れた、3列シートでゆとりがあり7人乗りが可能となる大型のSUVの注目車種を2台、国産SUVの中から2台、外車SUVから2台紹介していきます。

ファミリーカーとしての選択肢に入れれるよう外車SUVは新車価格が比較的安い、おすすめの車種をピックアップしています。

【7人乗り国産SUV】マツダ CX-8(シーエックス エイト)

まず、なんといっても注目すべき、注目してもらいたい国産7人乗りのSUVはマツダの新型SUV、「CX-8」です。

3列シート・7人乗り(グレード、シート選択により6人乗り)の国産SUVは、外車(輸入車)に比べると、まだまだ数が少ないですが、マツダはミニバンの代替えの選択肢として7人乗りSUVであるCX-8を国内に投入し、ミニバンの生産を終了しています。

マツダ新型SUV CX-8

身長が180cmを超える男性でもゆとりを持って座れる3列目シートで、居住性の高さも魅力的なSUVとなっています。

CX-8についての燃費、スペック、価格など基本情報は下記となります。発売時にはクリーンディーゼルのみの設定でしたが、その後にリーズナブルなガソリンエンジンとパワフルなガソリンターボエンジン車が追加設定されています。

マツダ CX-8のボディサイズ・スペック・燃費・新車価格

 
マツダ CX-8 基本情報・スペック表・新車価格
駆動方式2WD/4WD
全長×全幅×全高4,900mm×1,840mm×1,730mm
室内長×室内幅×室内高
2,690mm×1,540mm×1,250mm
車両重量1,720~1,930kg
最大乗車定員6~7名
WLTCモード燃費11.6~15.8km/L
最小回転半径5.8m
エンジン種類・排気量

①直列4気筒クリーンディーゼル・2,188cc

②直列4気筒ガソリン・2,488㏄

③直列4気筒ガソリン・2,488㏄ターボ

最高出力

①140kW(190PS)/4,500rpm

②140kW(190PS)/6,000rpm

③169kW(230PS)/4,250rpm

最大トルク

①450N・m(45.9kg・m)/2,000rpm

②252N・m(25.7kg・m)/4,000rpm

③420N・m(42.8kg・m)/2,000rpm

燃料タンク容量72~74L
消費税込み新車価格2,948,000円~5,000,600円
※上記情報は2020年9月現在のメーカー公式サイトによります

SUV「CX-8」詳細情報については下記の記事にてまとめていますので、CX-8が特に気になるという方は是非参考にして下さい。

【7人乗り国産SUV】日産 エクストレイル

日産 エクストレイル

ファッショナブルな都会派SUVが多い中、エクストレイルは、“タフ・ギヤ”を自称しているだけあって悪路走破性やアウトドア感を前面に押し出しています。

そして、特徴的なのが2.0LクラスのSUVでありながらも3列シート7人乗りモデルをラインナップしていることで、マツダCX-8登場前にはクラス唯一の3列シートSUVでした。

2列シート5人乗りモデルと同じボディサイズでありながらも、セカンドシートを前よりにスライドすればサードシートの足元も十分スペースが確保できます。また、頭上にも余裕があり、エマージェンシーシートではなく、実用性のあるサードシートといえるでしょう。

3列シートモデルの設定はの2.0Lガソリン車のみで、後部にバッテリーを搭載するハイブリッド車には設定されていませんが、4WDやオーテックバージョンの設定はあります。

日産 エクストレイルのボディサイズ・スペック・燃費・新車価格

 日産 エクストレイル3列シート車の基本情報・スペック表・新車価格

駆動方式2WD 4WD
全長×全幅×全高4,690mm×1,820mm×1,740mm
室内長×室内幅×室内高
2,005mm×1,535mm×1,220~1,270mm
車両重量1,550~1,610kg
最大乗車定員7名
JC08モード燃費15.6~16.4km/L
最小回転半径5.6m
総排気量1,997cc
最高出力108kW(147PS)/6,000rpm
最大トルク207N・m(21.1kg・m)/4,400rpm
燃料タンク容量60L
新車価格3,119,600~3,775,200万円
※上記スペックは2020年9月現在のメーカー公式サイトによります。

日産 エクストレイル サードシート

荷物をたくさん積むときにはサードシートを収納すればよいので、時には3列シートを利用する必要がある人にはおすすめです。

クロスオーバー7についての詳細は下記記事よりご覧頂けます。居住性の高さなどについて詳しく知りたい方は是非ご覧下さい。

【7人乗り外車SUV】ランドローバー ディスカバリースポーツ

続いては外車の7人乗りSUVの紹介です。

紹介するのはランドローバー「ディスカバリースポーツ」です。

ランドローバー・ディスカバリー・スポーツ

ファミリーカーとして考えると価格も高くなるため、ちょっと考えにくくなるかもしれませんが、純粋にクロカンSUV、外車が欲しい!という方には非常にオススメです。

ディスカバリーシリーズのスポーティモデルが、ディスカバリー スポーツです。

ディスカバリースポーツには、コンパクトSUVでありながら、3列シート仕様が用意されています。ランドローバーが「5+2」と呼ぶ3列シートは、クラスをリードする多彩なアレンジを可能にしています。

ランドローバー ディスカバリースポーツのボディサイズ・スペック・燃費・新車価格

 

ランドローバー ディスカバリースポーツ 基本情報・スペック表・新車価格
駆動方式AWD(4WD)
全長×全幅×全高4,610mm×1,905mm×1,725mm
最大乗車定員5/7名
WLTCモード燃費9.6~12.0km/L
最小回転半径5.7m
エンジン種類・排気量

①直列4気筒ディーゼル・1,999cc

②直列4気筒ガソリンP200・1,995㏄

③直列4気筒ガソリンP250・1,995㏄

最高出力

①132kW(180PS)/4,000rpm

②147kW(200PS)/5,500rpm

③183kW(249PS)/5,500rpm

最大トルク

①430 N・m/ 1,750 - 2,500rpm

②320 N・m/1,500rpm

③ 365N・m/1,500~4,500rpm

消費税10%込み新車価格4,500,000円~7,010,000円
※上記情報は2020年9月現在のメーカー公式サイトによります。

ランドローバー・ディスカバリー・スポーツ

関連する投稿


【2021年版】今買いのファミリーカーはコレ!クラス別おすすめ8選

【2021年版】今買いのファミリーカーはコレ!クラス別おすすめ8選

まだまだ昨年からの混乱の続く2021年、自家用車の存在価値について考え直したという方も多くいらっしゃるのでは。ご家族揃って安心して移動できるファミリーカーは、混乱の現代における強い味方ですよね。そんなファミリーカーの中でも、2021年にこそ選びたい最新おすすめ車を5台ピックアップしてご紹介していきます。普段のお出かけからお子様の送迎まで大活躍間違いなしの車が勢揃いです。


オフロードって何?オフロード車の特徴やおすすめのオフロード車5選!

オフロードって何?オフロード車の特徴やおすすめのオフロード車5選!

車の種類や走行シーンを分類するときに、「オフロード」という言葉を目にしたことがあるでしょう。オフロードとは、舗装されていない道。オフロード車であるなら、アウトドアなどで舗装されていない道でも、難なく走破できます。しかし、オフロード車とはどのような車でしょうか?特徴やおすすめのオフロード車をご紹介します。


クロスオーバーSUV、詳しく説明できる?SUVは全部同じじゃない!

クロスオーバーSUV、詳しく説明できる?SUVは全部同じじゃない!

世界中で大流行中のSUVに、「クロスオーバーSUV」と呼ばれるジャンル分けがあることはご存知ですか。SUV系のラインナップがとても幅広くなってくるにしたがって、クロスオーバーという呼び方も度々聞かれるようになってきました。自動車業界以外でも使われるクロスオーバーという言葉は、分かっているようで詳しく意味を知らないという方もいらっしゃるかも。詳しくご説明していきます。


コンパクトカーのおすすめランキング!人気車種を徹底解説

コンパクトカーのおすすめランキング!人気車種を徹底解説

多々ある車の中でも、コンパクトカーが大人気です。道を見れば必ず目にしますよね。そこで今回は、コンパクトカーの魅力や選び方、さらにオススメランキングトップ10をご紹介します。


レクサスのSUVはどれを選べば良いの?違いや価格、特徴まで徹底解説

レクサスのSUVはどれを選べば良いの?違いや価格、特徴まで徹底解説

レクサスのSUVは現行の車種だけでも複数種類あり、2021年には新型クーペSUVのLQが発売される見込みです。レクサスのSUVを検討しているものの、種類が多くどれを選べば良いのか分からないという方もいるのではないでしょうか。現行のレクサスは4種類ありますが、価格やボディサイズなど、それぞれコンセプトが大きく異なります。そこで今回は、レクサスのSUVの歴史や特徴、選び方や車種ごとの違い、基本スペックと新車価格などについて徹底解説します。


最新の投稿


おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

車の収納にご不便をお感じになられたことがある方は、意外に多くいらっしゃるのではないでしょうか。そういった場面で重宝するグッズに、収納グッズと呼ばれるものが御座います。収納グッズと呼ばれるものは種類も豊富で、用途により使い分けることで、より快適に車内を使用することが出来るものばかりです。本記事では収納グッズの選び方のほか、おすすめ商品もご紹介していきます。


おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

車の洗車に必要なカースポンジですが、その種類はとても多く、どのスポンジを使えば良いか迷うものです。今回は洗車やワックスに適したスポンジの選び方や用途について説明していきます。スポンジの素材や形状についても触れてみたいと思います。


転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

免許を取得した際には確実に勉強したはずの「転回」。では一体なんのこと?と聞かれると、よどみなく答えられる方は意外と少なかったりするのでは。まだまだ意味を覚えてるよ!という初心者の方から、ちょっと怪しいかも?というベテランの方まで、この記事を読めば転回について詳しくなれること間違いなしです。してはいけない場所、上手なやり方など、役立つ情報をご紹介していきます。


中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

先行き不安な現代ですから、車にかけるお金はできるだけ節約したいところですよね。新車に比べてお買い得な中古車、さらにお安く手に入れる方法としてよく聞かれるのが「中古車オークション」。オークションの仕組み自体はご存知でも、実際にご自分で参加できるのかなど、詳しくは知らない方も多いのでは。この記事では、中古車オークションに関して詳しく解説していきます。


車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

ちょっと前まではあまり聞かれなかった「サブスクリプション」という言葉、最近よく耳にしませんか。スマホのサービスなどだけでなく、車の所有方法にまで広まってきているサブスクリプション(サブスク)。これまでの所有形態と比べてどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。CMや広告でよく見る車のサブスクが気になっていた方は必見です。