目次へ戻る

【最新版】SUVおすすめ・人気車種13選を一覧比較!選ぶならどれ?

【最新版】SUVおすすめ・人気車種13選を一覧比較!選ぶならどれ?

大人気のSUV。しかしSUVと一言で言っても、クロスオーバーSUVを始めとしたコンパクトSUVから、サイズの大きい3列シート・7人乗りのSUVまで様々です。当記事では2018年最新の人気ランキングや、国産・外車の7人乗りSUV・コンパクトSUV、また燃費の観点でオススメのSUV等人気車種13台を紹介、比較しています。


【7人乗りの外車SUV】ハイパフォーマンスSUV!ランドローバー ディスカバリースポーツ

続いては外車の7人乗りSUVの紹介です。

紹介するのはランドローバー「ディスカバリースポーツ」です。

ファミリーカーとして考えると価格も510万円~となるため、ちょっと考えにくくなるかもしれませんが、純粋にクロカンSUV、外車が欲しい!という方には非常にオススメ、人気です。

ちなみに2017年6月に登場した特別仕様車「7ジャーニー スペシャルエディション」のみ7人乗りとなっていて、他のグレードについては、「5+2」と呼ばれる3列シートはオプション設定となっています。ディスカバリースポーツの基本情報は下記になります。

ランドローバー ディスカバリースポーツのボディサイズ・スペック・燃費・新車価格

 
ランドローバー ディスカバリースポーツ 基本情報・スペック表・新車価格
駆動方式4WD
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4610×1895×1725
室内寸法(長さ×幅×高さ)2720×1510×1275
車両重量1920kg
最大乗車定員7名
燃費(JC08モード燃費)10.3km/L
最小回転半径5.6m
総排気量1,998cc
最高出力177 kW<240 PS>/5,500 rpm
最大トルク340 N・m<34.7 kgf・m>/1,750 rpm
燃料タンク容量70L
新車価格5,100,000円~7,230,000円

ディスカバリースポーツ 7ジャーニー スペシャルエディション

ちなみに上記の特別仕様車「7ジャーニー スペシャルエディション」は限定96台で2017年6月15日より受注開始、価格は6,490,000円。先述の通り特別仕様車は5+2シートが標準装備されていて、7人乗りが通常仕様となっています。

【7人乗りの外車SUV】シボレーブランドのミドルサイズSUV!シボレー キャプティバ

続いての外車、7人乗りSUVはシボレーの「キャプティバ」のご紹介です。

アメリカンなテイスト、カジュアルさが好きな方に人気のSUVで、30代から40代の子供がいるファミリー層も多く購入しているようです。デザイン優先のSUVが多い中、SUV本来の多様性に注力した正統派SUVとなっています。キャプティバの基本情報を下記にまとめます。

シボレー キャプティバのボディサイズ・スペック・燃費・新車価格

 
シボレー キャプティバ 基本情報・スペック表・新車価格
駆動方式AWD
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4690×1850×1790
車両重量1830~1850kg
最大乗車定員7名
総排気量2,382cc
最高出力123 kW<167 PS>/5,600 rpm
最大トルク230 N・m<23.4 kgf・m>/4,600 rpm
燃料タンク容量65L
新車価格3,790,000円~4,140,000円

キャプティバ パーフェクト ブラック エディション II

また、特別仕様車の「キャプティバ パーフェクト ブラック エディション II」が2017年6月3日から限定15台、4,090,000円で販売されています。

7人乗りの外車SUVをもっと!おすすめ車種10選はこちら

下記の記事にて、3列シート7人乗りのSUVを外車に絞り先に挙げたシボレー キャプティバ、ディスカバリースポーツを合わせ、計10台紹介しています。

GLSなど人気の7人乗りSUVをチェックしたい方は是非ご覧下さい。

人気の高いコンパクトSUV!国産&外車、合計4台をピックアップ!

続いては、日本の道路事情にも適している、燃費が優秀、デザイン性などの理由から人気の高いコンパクトSUVを国産車から2台、外車(輸入車)から2台ピックアップし紹介していきます。

国産のコンパクトSUVは、先に挙げたトヨタ C-HRホンダ ヴェゼルは除き、紹介していきます。

【国産コンパクトSUV】デザインが魅力の日産 ジューク

1台目の国産、人気コンパクトSUVは日産のジュークの紹介です。

内装、外装共に個性的なデザインで、アメリカやヨーロッパでも人気のある車種で、2010年から販売されているクロスオーバーSUVです。

また、未確定情報ではありますが新型ジュークの開発が進められ、「e-POWER」が採用される可能性があるようです。詳細については、下記記事にてまとめています。

日産 ジュークのボディサイズ・スペック・燃費・新車価格

日産 ジュークの燃費、スペック、価格など基本情報は下記となります。

 
日産 ジューク 基本情報・スペック表・新車価格
駆動方式2WD/4WD
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4135×1765×1550
室内寸法(長さ×幅×高さ)1835×1470×1215
車両重量1475~1665kg
最大乗車定員5名
燃費(JC08モード燃費)18.0km/L
最小回転半径5.3m
総排気量1498~1618cc
最高出力84~140kW<114~190PS>/5,600~6000rpm
最大トルク150~240N・m<15.3~24.5kgf・m>/4000rpm/1600-5200rpm
燃料タンク容量50~52L
新車価格1,975,320円~2,971,080円(ジューク NISMO)

個性的、且つ魅力のあるデザインが人気のポイントとして挙げられますが、新車価格が197万円~で検討できるという点も多く選ばれるポイントといえます。

グレード毎の価格や、中古車価格の相場、ユーザーの評価や口コミなどを下記の記事にて一挙に掲載しています。

ジュークが気になる方は是非チェックしてみてください。

【国産コンパクトSUV】マツダの人気コンパクトSUV!CX-3

続いてはマツダのコンパクトSUV「CX-3」の紹介です。

近年発表されているマツダ車は「魂動デザイン」という、生命感のある動きを一つのデザインテーマとしていますが、CX-3はその中でも「シャープで凛とした」デザインが特徴となるマツダの人気SUVです。

2017年7月にマイナーチェンジが行われ、クリーンディーゼルエンジンのみの設定でしたがガソリン車も追加されました。CX-3の燃費、スペック、価格など基本情報は下記となります。

マツダ CX-3のボディサイズ・スペック・燃費・新車価格

   
マツダ CX-3 基本情報・スペック表・新車価格
CX-3(ガソリン車)CX-3(ディーゼル)
駆動方式FF/4WD
総排気量1997cc1496cc
最高出力109(148)/6,00077(105)/4,000
最大トルク192(19.6)/2,800270(27.5)/1,600-2,500
燃費(JC08モード)16.4~17.0km/L21.0~25.0km/L
燃料タンク容量44~48L
車両重量1240kg~1300kg1250kg~1340kg
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4275×1765×1550
室内サイズ(全長×全幅×全高)1810×1435×1210
新車価格2,106,000円~2,764,000円2,408,400円~3,034,000円

また、7月に追加されたCX-3のガソリン車は、CX-8同様にWLTCモードでの燃費掲載がされています。

 
マツダ CX-3 WLTCモード燃費 単位:km/L
WLTCモード燃費FF:16.0 4WD:15.2
市街地モードFF:12.2 4WD:11.6
郊外モードFF:16.8 4WD:15.8
高速道路モードFF:18.0 4WD:17.4

マイナーチェンジ前のCX-3はクリーンディーゼルのみの設定で新車価格も240万円~となっていましたが、ガソリン車の価格設定は210万円~となり手が出しやすくなりました。

今後の売行きに期待です。下記の記事にてCX-3の情報を中古車価格の平均やユーザー評価に渡り、詳細を掲載しています。CX-3が気になる方は是非ご覧下さい。

【外車のコンパクトSUV】人気の外車!MINI クロスオーバー

国産車に続いて、外車(輸入車)で人気のあるおすすめコンパクトSUVを紹介します。

まず1台目の紹介はMINIのクロスーバーです。

ユーザー自身の「こだわり」で、カラーバリエーションやルーフカラー、装備などを自由に組み合わせできるという点も人気のクロスオーバーSUVです。

MINIブランドのイメージとしては、その名のとおりミニなイメージを持ってしまいますが、MINI クロスーバーは先代モデルと比較して、全長20mm、全幅30mm、全高45mmと拡大し、ボディサイズから考えてもCセグメントからDセグメントへと進化しました。そんなMINI クロスオーバーの基本情報は下記になります。

MINI クロスオーバーのボディサイズ・スペック・燃費・新車価格

 
MINI クロスオーバー 基本情報・スペック表・新車価格
駆動方式2WD/4WD
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4315×1820×1595
車両重量1390~1770kg
最大乗車定員5名
燃費(JC08モード燃費)36.0~61.0km/L(PHV)
総排気量1498~1998cc
最高出力100~170kW<136~231PS>/4,000~5,200rpm
最大トルク220~400N・m / 1250-4800rpm
燃料タンク容量36~61L
新車価格4,210,000円~5,560,000円

MINIシリーズ初となるプラグインハイブリッド(PHV、PHEV)モデルの「MINIクーパー SE クロスオーバー ALL4」が2017年7月に発表された点も注目したい点です。

PHEVの「MINIクーパー SE クロスオーバー ALL4」のみの基本情報、スペックは下記となります。

 
MINI クロスオーバー(PHEV) 基本情報・スペック表・新車価格
エンジン種類3気筒DOHCエンジン
総排気量1498cc
駆動方式FWD/AWD/RWD
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4315×1820×1595
車両重量1770kg
最大乗車定員5名
燃費(JC08モード燃費)36.0km/L(PHV)
総排気量1498cc
最高出力100kW<136PS>/4,400rpm
最大トルク220N・m / 1400-4300rpm
新車価格4,790,000円~

同車は特徴的な駆動方式で、フロントの駆動はガソリンエンジン、リアの駆動を電気モーターが担当する仕組み。

EVのみでの走行時はリア駆動(RWD)、EVオフの際は前輪駆動(FWD)、EV+ガソリンでの駆動が4WDとなります。

また、リアモーターだけでのEV走行は42.4kmまで可能で、最高速度は125km/h。7.6kWhのリチウムイオンバッテリーは、200V電源で空の状態から約3時間で満充電となります。

PHEVなため燃費も良く、ボディサイズも全長4315mm、全幅1820mm、全高1595mmと5人乗りで良い場合は、同クラスのC-HRやCX-3と同程度のサイズのため、ファミリーカーとしての選択肢も、価格がネックであるもののおすすめしたい1台となっています。

【外車のコンパクトSUV】メルセデスの切り札!ベンツ GLA

続いての外車(輸入車)で人気のあるおすすめコンパクトSUVはメルセデスベンツの「GLA」の紹介です。

メルセデスベンツ GLAは、メルセデスベンツ最小のクロスオーバーSUVで、2013年に発売、2014年に日本に導入されました。

現行モデルはマイナーチェンジを行い2017年4月に日本でも発表しています。

発売当時のSUV市場は、メルセデスベンツ以外のメーカーが主流でしたが、マーケティング手法を一新し、YouTubeに動画配信をするなどファミリー層の多い30~40代をターゲットとしたプロモーションを展開。

その結果、SUV市場においても輸入車トップとなるシェアを取ることに成功したようです。

また、購入者の年齢層はメルセデスベンツの他車種と比較すると30代の割合が多く、7割近くは初めてメルセデスを購入する客層となったようです。

メルセデスベンツ GLAのボディサイズ・スペック・燃費・新車価格

メルセデスベンツGLAの基本情報、スペック、燃費、価格は下記の通りとなります。

 
メルセデスベンツ GLA 基本情報・スペック表・新車価格
駆動方式2WD/4WD
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4430×1805×1500~1510
車両重量1480~1650kg
最大乗車定員5名
燃費(JC08モード燃費)12.3~16.4km/L
最小回転半径5.7m
エンジン種類DOHC 直列4気筒ターボチャージャー付
総排気量1595~1991cc
最高出力90~280kW<122~381PS>/5000~6000rpm
最大トルク200~475N・m<20.4~48.4kgf・m>/1250~4000rpm~2250~5000rpm
燃料タンク容量50~56L
新車価格3,980,000円~7,920,000円

エントリーモデルである「GLA180(398万円)」でも、充実の装備が自慢というGLA。メルセデスベンツは輸入車市場のトップを快走し、2017年の販売台数も2016年同期を上回るペースで好調なようです。

GLAに関してはベンツのSUVが398万円から手に入る、というのも大きな人気の要素と言えるのではないでしょうか。

また次期型のGLAは、完全EVモデルが投入される可能性もあるようです。詳細情報は下記ニュースよりご確認下さい。

メルセデスベンツ GLA、次期型にはEVも? 航続400km超めざし開発中 | レスポンス(Response.jp)

https://response.jp/article/2017/08/01/298155.html

メルセデスベンツの最小クロスオーバーSUV、『GLA』次期型プロトタイプを、カメラが捉えた。カモフラージュは薄く、ある程度のディティールが見えてきた。

ニュースサイト レスポンスの記事です。

コンパクトSUVをもっと!国産&外車のオススメ、人気車種10選!

下記の記事では、コンパクトSUVのみに焦点をあて、国産&外車それぞれ5台ずつの計10台の概要からスペック、ユーザーの口コミや評価を一覧にて紹介しています。コンパクトSUVを探しているという方は是非こちらの記事もご覧下さい。

関連する投稿


BMWのSUV「X7」のプロトタイプイメージが公開

BMWのSUV「X7」のプロトタイプイメージが公開

BMWは8月10日に開発中の新型SUV「X7」のプロトタイプのイメージ画像5枚を公開しました。本記事では2018年年内に発売が予想されている最上級SUV、「X7」の最新情報をご紹介します。


ホンダ HR-V(日本名:ヴェゼルに相当)欧州仕様に1.5ターボ搭載!

ホンダ HR-V(日本名:ヴェゼルに相当)欧州仕様に1.5ターボ搭載!

ホンダの欧州部門、ホンダモーターヨーロッパは8月13日、『HR-V』(日本名:『ヴェゼル』に相当)の2019年モデルを発表しました。


【インドネシアモーターショー2018】日産 新型SUVテラを展示!

【インドネシアモーターショー2018】日産 新型SUVテラを展示!

8月2日から開幕しているインドネシアモーターショー2018。そこで日産は新型SUVのテラを公開しました。テラは、中国、フィリピンでも展示されており、今回の発表は3回目のこととなります。プレミアムかつ堅牢性を極めたオフローダー、テラについてご紹介いたします。


新型CR-V!ホンダのミッドサイズSUVが2018年8月に日本復活!ハイブリッド導入

新型CR-V!ホンダのミッドサイズSUVが2018年8月に日本復活!ハイブリッド導入

2018年に、ホンダのミッドサイズSUV・CR-Vが復活すると噂されています。2016年に日本では販売終了となったCR-Vですが、昨今のSUV人気・市場拡大を受けてホンダのCR-Vも再始動スタートです!!また、今回のCR-Vには、日産のe-powerに似た性能を持つハイブリッドモデルも搭載されるとか!?【8月13日更新


【インドネシアモーターショー2018】レクサス新型SUV UXアジア初公開ほか

【インドネシアモーターショー2018】レクサス新型SUV UXアジア初公開ほか

レクサスは、8月2日より開催中のインドネシアモーターショー2018にて、新たなSUVのラインナップとして誕生した『UX』をアジアプレミアしました。 また、同時に、7世代目となる最新の『ES』を東南アジアで初めて公開しています。本記事では、そんなインドネシアモーターショー2018でのレクサスブースの情報をまとめました


最新の投稿


「クルマといっしょに旅しよう」!カートラジャパン2018開催!詳細情報

「クルマといっしょに旅しよう」!カートラジャパン2018開催!詳細情報

アイデアとツール次第でカートラベルはもっと自由になる。クルマといっしょなら、旅の楽しみ方は無限大。をコンセプトにした、クルマ×トラベルのイベント、「カートラジャパン2018」が9月28日~30日まで幕張メッセにて開催されます。日常でもっとクルマを楽しみたい方、クルマでの旅が好きな方必見です。開催日程・アクセス・チケット


【圧倒的スペック】トヨタ「GRスーパースポーツ」市販型 気になる値段は億超え!?

【圧倒的スペック】トヨタ「GRスーパースポーツ」市販型 気になる値段は億超え!?

トヨタが2018年1月の東京オートサロンで発表した、『GRスーパースポーツ コンセプト』市販型に関する新たな情報を入手しました。それによると量産モデルでは、何もかもがトヨタ史上最高レベルとなることが予想されるとのこと。そして気になるのがその価格。なんとなんと1億超えとの噂!?


【一部改良】ダイハツ ムーヴキャンバス スマアシⅢ搭載で9月3日発売

【一部改良】ダイハツ ムーヴキャンバス スマアシⅢ搭載で9月3日発売

ダイハツは軽自動車『ムーヴキャンバス』のグレード体系を変更し、全グレードで衝突回避支援システム「スマートアシストIII」を標準装備します。発売は9月3日予定です。いったいどこが変更になったのか?最新情報をまとめました。


BMW「3シリーズ ツーリング」がスクープ!発売時期は?

BMW「3シリーズ ツーリング」がスクープ!発売時期は?

BMWの主力商品で、欧州市場においてはメルセデス・ベンツCクラスと人気を2分する存在であるBMW 3シリーズ。そんなBMW「3シリーズ」の「3シリーズ ツーリング」のプロトタイプのインテリア・エクステリアスクープされました。本記事ではBMW「3シリーズ ツーリング」の最新情報をご紹介します。


ホンダ新型軽バン「N-VAN(エヌバン)」の販売台数情報!売れてる?売れてない?

ホンダ新型軽バン「N-VAN(エヌバン)」の販売台数情報!売れてる?売れてない?

7月13日に発売されたホンダ新型軽バン「N-VAN(エヌバン)」ですが、はたらくクルマに革命を起こせるか注目の一台ですが、実際に受注状況はどうなのでしょうか?全国軽自動車協会連合会が発表した2018年7月 軽四輪車 通称名別 新車販売確報からN-VANと他のライバル車の受注状況を分析します。