目次へ戻る

今人気のおすすめSUV!選ぶならどのSUV?

今人気のおすすめSUV!選ぶならどのSUV?

大人気のSUV。しかしSUVと一言で言っても、クロスオーバーSUVを始めとしたコンパクトSUVから、サイズの大きい3列シート・7人乗りのSUVまで様々です。当記事では国産・外車の7人乗りSUV・コンパクトSUV、また燃費の観点でオススメのSUV等人気車種を紹介、比較しています。SUVが気になる方はぜひ本記事をご覧ください!

⏳この記事は約3~4分で読めます。


スバルの安全装備、アイサイトを搭載していながらも、価格は300万円以下となっているのも魅力の1つと言えるでしょう。

クロスオーバー7についての詳細は下記記事よりご覧頂けます。居住性の高さなどについて詳しく知りたい方は是非ご覧下さい。

【7人乗りの外車SUV】ハイパフォーマンスSUV!ランドローバー ディスカバリースポーツ

続いては外車の7人乗りSUVの紹介です。

紹介するのはランドローバー「ディスカバリースポーツ」です。

ファミリーカーとして考えると価格も510万円~となるため、ちょっと考えにくくなるかもしれませんが、純粋にクロカンSUV、外車が欲しい!という方には非常にオススメ、人気です。

ちなみに2017年6月に登場した特別仕様車「7ジャーニー スペシャルエディション」のみ7人乗りとなっていて、他のグレードについては、「5+2」と呼ばれる3列シートはオプション設定となっています。ディスカバリースポーツの基本情報は下記になります。

ランドローバー ディスカバリースポーツのボディサイズ・スペック・燃費・新車価格

 
ランドローバー ディスカバリースポーツ 基本情報・スペック表・新車価格
駆動方式4WD
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4610×1895×1725
室内寸法(長さ×幅×高さ)2720×1510×1275
車両重量1920kg
最大乗車定員7名
燃費(JC08モード燃費)10.3km/L
最小回転半径5.6m
総排気量1,998cc
最高出力177 kW<240 PS>/5,500 rpm
最大トルク340 N・m<34.7 kgf・m>/1,750 rpm
燃料タンク容量70L
新車価格5,100,000円~7,230,000円

ディスカバリースポーツ 7ジャーニー スペシャルエディション

ちなみに上記の特別仕様車「7ジャーニー スペシャルエディション」は限定96台で2017年6月15日より受注開始、価格は6,490,000円。先述の通り特別仕様車は5+2シートが標準装備されていて、7人乗りが通常仕様となっています。

【7人乗りの外車SUV】シボレーブランドのミドルサイズSUV!シボレー キャプティバ

続いての外車、7人乗りSUVはシボレーの「キャプティバ」のご紹介です。

アメリカンなテイスト、カジュアルさが好きな方に人気のSUVで、30代から40代の子供がいるファミリー層も多く購入しているようです。

デザイン優先のSUVが多い中、SUV本来の多様性に注力した正統派SUVとなっています。キャプティバの基本情報を下記にまとめます。

シボレー キャプティバのボディサイズ・スペック・燃費・新車価格

 
シボレー キャプティバ 基本情報・スペック表・新車価格
駆動方式AWD
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4690×1850×1790
車両重量1830~1850kg
最大乗車定員7名
総排気量2,382cc
最高出力123 kW<167 PS>/5,600 rpm
最大トルク230 N・m<23.4 kgf・m>/4,600 rpm
燃料タンク容量65L
新車価格3,790,000円~4,140,000円

キャプティバ パーフェクト ブラック エディション II

また、特別仕様車の「キャプティバ パーフェクト ブラック エディション II」が2017年6月3日から限定15台、4,090,000円で販売されています。

7人乗りの外車SUVをもっと!おすすめ車種10選はこちら

下記の記事にて、3列シート7人乗りのSUVを外車に絞り先に挙げたシボレー キャプティバ、ディスカバリースポーツを合わせ、計10台紹介しています。

GLSなど人気の7人乗りSUVをチェックしたい方は是非ご覧下さい。

人気の高いコンパクトSUV!国産&外車、合計4台をピックアップ!

続いては、日本の道路事情にも適している、燃費が優秀、デザイン性などの理由から人気の高いコンパクトSUVを国産車から2台、外車(輸入車)から2台ピックアップし紹介していきます。

【国産コンパクトSUV】デザインが魅力の日産 ジューク

1台目の国産、人気コンパクトSUVは日産のジュークの紹介です。

内装、外装共に個性的なデザインで、アメリカやヨーロッパでも人気のある車種で、2010年から販売されているクロスオーバーSUVです。

また、未確定情報ではありますが新型ジュークの開発が進められ、「e-POWER」が採用される可能性があるようです。詳細については、下記記事にてまとめています。

日産 ジュークのボディサイズ・スペック・燃費・新車価格

日産 ジュークの燃費、スペック、価格など基本情報は下記となります。

 
日産 ジューク 基本情報・スペック表・新車価格
駆動方式2WD/4WD
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4135×1765×1550
室内寸法(長さ×幅×高さ)1835×1470×1215
車両重量1475~1665kg
最大乗車定員5名
燃費(JC08モード燃費)18.0km/L
最小回転半径5.3m
総排気量1498~1618cc
最高出力84~140kW<114~190PS>/5,600~6000rpm
最大トルク150~240N・m<15.3~24.5kgf・m>/4000rpm/1600-5200rpm
燃料タンク容量50~52L
新車価格1,975,320円~2,971,080円(ジューク NISMO)

個性的、且つ魅力のあるデザインが人気のポイントとして挙げられますが、新車価格が197万円~で検討できるという点も多く選ばれるポイントといえます。

グレード毎の価格や、中古車価格の相場、ユーザーの評価や口コミなどを下記の記事にて一挙に掲載しています。

ジュークが気になる方は是非チェックしてみてください。

【国産コンパクトSUV】マツダの人気コンパクトSUV!CX-3

続いてはマツダのコンパクトSUV「CX-3」の紹介です。

近年発表されているマツダ車は「魂動デザイン」という、生命感のある動きを一つのデザインテーマとしていますが、CX-3はその中でも「シャープで凛とした」デザインが特徴となるマツダの人気SUVです。

2017年7月にマイナーチェンジが行われ、クリーンディーゼルエンジンのみの設定でしたがガソリン車も追加されました。CX-3の燃費、スペック、価格など基本情報は下記となります。

マツダ CX-3のボディサイズ・スペック・燃費・新車価格

   
マツダ CX-3 基本情報・スペック表・新車価格
CX-3(ガソリン車)CX-3(ディーゼル)
駆動方式FF/4WD
総排気量1997cc1496cc
最高出力109(148)/6,00077(105)/4,000
最大トルク192(19.6)/2,800270(27.5)/1,600-2,500
燃費(JC08モード)16.4~17.0km/L21.0~25.0km/L
燃料タンク容量44~48L
車両重量1240kg~1300kg1250kg~1340kg
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4275×1765×1550
室内サイズ(全長×全幅×全高)1810×1435×1210
新車価格2,106,000円~2,764,000円2,408,400円~3,034,000円

また、7月に追加されたCX-3のガソリン車は、CX-8同様にWLTCモードでの燃費掲載がされています。

 
マツダ CX-3 WLTCモード燃費 単位:km/L
WLTCモード燃費FF:16.0 4WD:15.2
市街地モードFF:12.2 4WD:11.6
郊外モードFF:16.8 4WD:15.8
高速道路モードFF:18.0 4WD:17.4

マイナーチェンジ前のCX-3はクリーンディーゼルのみの設定で新車価格も240万円~となっていましたが、ガソリン車の価格設定は210万円~となり手が出しやすくなりました。

今後の売行きに期待です。下記の記事にてCX-3の情報を中古車価格の平均やユーザー評価に渡り、詳細を掲載しています。CX-3が気になる方は是非ご覧下さい。

【外車のコンパクトSUV】人気の外車!MINI クロスオーバー

国産車に続いて、外車(輸入車)で人気のあるおすすめコンパクトSUVを紹介します。

まず1台目の紹介はMINIのクロスーバーです。

ユーザー自身の「こだわり」で、カラーバリエーションやルーフカラー、装備などを自由に組み合わせできるという点も人気のクロスオーバーSUVです。

MINIブランドのイメージとしては、その名のとおりミニなイメージを持ってしまいますが、MINI クロスーバーは先代モデルと比較して、全長20mm、全幅30mm、全高45mmと拡大し、ボディサイズから考えてもCセグメントからDセグメントへと進化しました。そんなMINI クロスオーバーの基本情報は下記になります。

MINI クロスオーバーのボディサイズ・スペック・燃費・新車価格

 
MINI クロスオーバー 基本情報・スペック表・新車価格
駆動方式2WD/4WD
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4315×1820×1595
車両重量1390~1770kg
最大乗車定員5名
燃費(JC08モード燃費)36.0~61.0km/L(PHV)
総排気量1498~1998cc
最高出力100~170kW<136~231PS>/4,000~5,200rpm
最大トルク220~400N・m / 1250-4800rpm
燃料タンク容量36~61L
新車価格4,210,000円~5,560,000円

MINIシリーズ初となるプラグインハイブリッド(PHV、PHEV)モデルの「MINIクーパー SE クロスオーバー ALL4」が2017年7月に発表された点も注目したい点です。

PHEVの「MINIクーパー SE クロスオーバー ALL4」のみの基本情報、スペックは下記となります。

 
MINI クロスオーバー(PHEV) 基本情報・スペック表・新車価格
エンジン種類3気筒DOHCエンジン
総排気量1498cc
駆動方式FWD/AWD/RWD
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4315×1820×1595
車両重量1770kg
最大乗車定員5名
燃費(JC08モード燃費)36.0km/L(PHV)
総排気量1498cc
最高出力100kW<136PS>/4,400rpm
最大トルク220N・m / 1400-4300rpm
新車価格4,790,000円~

同車は特徴的な駆動方式で、フロントの駆動はガソリンエンジン、リアの駆動を電気モーターが担当する仕組み。

EVのみでの走行時はリア駆動(RWD)、EVオフの際は前輪駆動(FWD)、EV+ガソリンでの駆動が4WDとなります。

また、リアモーターだけでのEV走行は42.4kmまで可能で、最高速度は125km/h。7.6kWhのリチウムイオンバッテリーは、200V電源で空の状態から約3時間で満充電となります。

PHEVなため燃費も良く、ボディサイズも全長4315mm、全幅1820mm、全高1595mmと5人乗りで良い場合は、同クラスのC-HRやCX-3と同程度のサイズのため、ファミリーカーとしての選択肢も、価格がネックであるもののおすすめしたい1台となっています。

【外車のコンパクトSUV】メルセデスの切り札!ベンツ GLA

続いての外車(輸入車)で人気のあるおすすめコンパクトSUVはメルセデスベンツの「GLA」の紹介です。

メルセデスベンツ GLAは、メルセデスベンツ最小のクロスオーバーSUVで、2013年に発売、2014年に日本に導入されました。

現行モデルはマイナーチェンジを行い2017年4月に日本でも発表しています。

発売当時のSUV市場は、メルセデスベンツ以外のメーカーが主流でしたが、マーケティング手法を一新し、YouTubeに動画配信をするなどファミリー層の多い30~40代をターゲットとしたプロモーションを展開。

その結果、SUV市場においても輸入車トップとなるシェアを取ることに成功したようです。

また、購入者の年齢層はメルセデスベンツの他車種と比較すると30代の割合が多く、7割近くは初めてメルセデスを購入する客層となったようです。

メルセデスベンツ GLAのボディサイズ・スペック・燃費・新車価格

メルセデスベンツGLAの基本情報、スペック、燃費、価格は下記の通りとなります。

 
メルセデスベンツ GLA 基本情報・スペック表・新車価格
駆動方式2WD/4WD
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4430×1805×1500~1510
車両重量1480~1650kg
最大乗車定員5名
燃費(JC08モード燃費)12.3~16.4km/L
最小回転半径5.7m
エンジン種類DOHC 直列4気筒ターボチャージャー付
総排気量1595~1991cc
最高出力90~280kW<122~381PS>/5000~6000rpm
最大トルク200~475N・m<20.4~48.4kgf・m>/1250~4000rpm~2250~5000rpm
燃料タンク容量50~56L
新車価格3,980,000円~7,920,000円

関連する投稿


【最新情報】ダイハツ新型タフト|価格・スペック・口コミなど

【最新情報】ダイハツ新型タフト|価格・スペック・口コミなど

新型タフトは、ダイハツから2020年6月10日に発売された軽クロスオーバーSUVです。新型タフトの投入で軽自動車SUVがさらに激戦区になりそうです。今回は、新型タフトの詳細情報やおすすめグレードなどもお伝えしていきます。


【2020年コンパクトSUV対決】日産キックスVSライズVSヴェゼルそしてヤリスクロス

【2020年コンパクトSUV対決】日産キックスVSライズVSヴェゼルそしてヤリスクロス

「このままで終われるか!」という覚悟の元に日産が約2年9カ月ぶりにデビューさせた新型コンパクトSUV『キックス』。いったい『キックス』はどんな車に仕上がっているのか?ライバルとの比較で明らかにします!


その名はヘラクレス。レズバニから6輪駆動のヘラクレス今夏初公開

その名はヘラクレス。レズバニから6輪駆動のヘラクレス今夏初公開

レズバニから、ギリシャ神話最大の英雄の名を名付けられた最強カーが登場するとの情報が入ってきました。その名はヘラクレス。いったいどんな車に仕上がっているのか?注目が集まります。


日産の次世代電動SUV アリア 市販版は7月発表 最新情報

日産の次世代電動SUV アリア 市販版は7月発表 最新情報

日産の新たな電動SUV、アリアが登場します。市販版は7月に発表されるとのこと。本記事では今わかっている最新情報をまとめてお届けいたします。


【6月30日発売】日産新型キックス 日本市場へ投入!最新情報

【6月30日発売】日産新型キックス 日本市場へ投入!最新情報

日産の「新型キックス」が6月30日に発売されます。本記事では「新型キックス」の最新情報をまとめています。


最新の投稿


AR・VRとは?車に搭載されている機能についても解説

AR・VRとは?車に搭載されている機能についても解説

ARとは「拡張現実」VRとは「仮想現実」と呼ばれているもので、いずれもパソコンやスマホなどを使い仮想の世界をあたかも現実の世界にいるような体験ができる技術です。最近では車にもこの技術が使われ始めています。


ドライブレコーダーは前後がいい?タイプ別の特徴や取り付け方も紹介

ドライブレコーダーは前後がいい?タイプ別の特徴や取り付け方も紹介

万が一のことを考えてドライブレコーダーを装着する車が増えてきましたが、前方だけのタイプの方もまだまだ多いようです。しかし、ドライブレコーダーを装着するなら是非前後に装着する事をおすすめします、今回はドライブレコーダーについて詳しくご説明していきます。


スマホホルダーを購入検討中の方必見!使い方や注意点をご紹介

スマホホルダーを購入検討中の方必見!使い方や注意点をご紹介

日本国内での携帯電話の普及率はなんと100%を超えていると報告されています(総務省調べ)。もはや携帯なしでは生活に支障をきたすレベルです。そんな今、車の運転時に必要となってくるのがスマホホルダーです。今回は、スマホホルダーの使い方や注意点についてご紹介していきます。


カーエアコンが効かないのは故障?確認から対処方法までご紹介

カーエアコンが効かないのは故障?確認から対処方法までご紹介

「カーエアコンが効かない!」とお悩みの方必見。夏が本格化する前に、カーエアコンの効きが悪い原因を確認から対処する方法をまとめました。ここ数年、地球温暖化による異常気象によって、日本各地で記録的な猛暑が記録されています。暑い中ではカークーラーが効かないのは、命取りになってしまいます。


知らないと危険?!オーバーヒートとは

知らないと危険?!オーバーヒートとは

気持ち良くドライブをしていたらボンネットから煙が。異臭もするし、見たことのない警告灯も点灯。こんな時どうしたらいいのか?今回は、オーバーヒートの原因と対処法、修理についてを解説します。