目次へ戻る

【2019年最新版】今人気のおすすめSUV!選ぶならどれ?

【2019年最新版】今人気のおすすめSUV!選ぶならどれ?

大人気のSUV。しかしSUVと一言で言っても、クロスオーバーSUVを始めとしたコンパクトSUVから、サイズの大きい3列シート・7人乗りのSUVまで様々です。当記事では国産・外車の7人乗りSUV・コンパクトSUV、また燃費の観点でオススメのSUV等人気車種を紹介、比較しています。SUVが気になる方はぜひ本記事をご覧ください。【8月更新】


ちなみに上記の特別仕様車「7ジャーニー スペシャルエディション」は限定96台で2017年6月15日より受注開始、価格は6,490,000円。先述の通り特別仕様車は5+2シートが標準装備されていて、7人乗りが通常仕様となっています。

【7人乗りの外車SUV】シボレーブランドのミドルサイズSUV!シボレー キャプティバ

続いての外車、7人乗りSUVはシボレーの「キャプティバ」のご紹介です。

アメリカンなテイスト、カジュアルさが好きな方に人気のSUVで、30代から40代の子供がいるファミリー層も多く購入しているようです。デザイン優先のSUVが多い中、SUV本来の多様性に注力した正統派SUVとなっています。キャプティバの基本情報を下記にまとめます。

シボレー キャプティバのボディサイズ・スペック・燃費・新車価格

 
シボレー キャプティバ 基本情報・スペック表・新車価格
駆動方式AWD
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4690×1850×1790
車両重量1830~1850kg
最大乗車定員7名
総排気量2,382cc
最高出力123 kW<167 PS>/5,600 rpm
最大トルク230 N・m<23.4 kgf・m>/4,600 rpm
燃料タンク容量65L
新車価格3,790,000円~4,140,000円

キャプティバ パーフェクト ブラック エディション II

また、特別仕様車の「キャプティバ パーフェクト ブラック エディション II」が2017年6月3日から限定15台、4,090,000円で販売されています。

7人乗りの外車SUVをもっと!おすすめ車種10選はこちら

下記の記事にて、3列シート7人乗りのSUVを外車に絞り先に挙げたシボレー キャプティバ、ディスカバリースポーツを合わせ、計10台紹介しています。

GLSなど人気の7人乗りSUVをチェックしたい方は是非ご覧下さい。

人気の高いコンパクトSUV!国産&外車、合計4台をピックアップ!

続いては、日本の道路事情にも適している、燃費が優秀、デザイン性などの理由から人気の高いコンパクトSUVを国産車から2台、外車(輸入車)から2台ピックアップし紹介していきます。

【国産コンパクトSUV】デザインが魅力の日産 ジューク

1台目の国産、人気コンパクトSUVは日産のジュークの紹介です。

内装、外装共に個性的なデザインで、アメリカやヨーロッパでも人気のある車種で、2010年から販売されているクロスオーバーSUVです。

また、未確定情報ではありますが新型ジュークの開発が進められ、「e-POWER」が採用される可能性があるようです。詳細については、下記記事にてまとめています。

日産 ジュークのボディサイズ・スペック・燃費・新車価格

日産 ジュークの燃費、スペック、価格など基本情報は下記となります。

 
日産 ジューク 基本情報・スペック表・新車価格
駆動方式2WD/4WD
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4135×1765×1550
室内寸法(長さ×幅×高さ)1835×1470×1215
車両重量1475~1665kg
最大乗車定員5名
燃費(JC08モード燃費)18.0km/L
最小回転半径5.3m
総排気量1498~1618cc
最高出力84~140kW<114~190PS>/5,600~6000rpm
最大トルク150~240N・m<15.3~24.5kgf・m>/4000rpm/1600-5200rpm
燃料タンク容量50~52L
新車価格1,975,320円~2,971,080円(ジューク NISMO)

個性的、且つ魅力のあるデザインが人気のポイントとして挙げられますが、新車価格が197万円~で検討できるという点も多く選ばれるポイントといえます。

グレード毎の価格や、中古車価格の相場、ユーザーの評価や口コミなどを下記の記事にて一挙に掲載しています。

ジュークが気になる方は是非チェックしてみてください。

【国産コンパクトSUV】マツダの人気コンパクトSUV!CX-3

続いてはマツダのコンパクトSUV「CX-3」の紹介です。

近年発表されているマツダ車は「魂動デザイン」という、生命感のある動きを一つのデザインテーマとしていますが、CX-3はその中でも「シャープで凛とした」デザインが特徴となるマツダの人気SUVです。

2017年7月にマイナーチェンジが行われ、クリーンディーゼルエンジンのみの設定でしたがガソリン車も追加されました。CX-3の燃費、スペック、価格など基本情報は下記となります。

マツダ CX-3のボディサイズ・スペック・燃費・新車価格

   
マツダ CX-3 基本情報・スペック表・新車価格
CX-3(ガソリン車)CX-3(ディーゼル)
駆動方式FF/4WD
総排気量1997cc1496cc
最高出力109(148)/6,00077(105)/4,000
最大トルク192(19.6)/2,800270(27.5)/1,600-2,500
燃費(JC08モード)16.4~17.0km/L21.0~25.0km/L
燃料タンク容量44~48L
車両重量1240kg~1300kg1250kg~1340kg
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4275×1765×1550
室内サイズ(全長×全幅×全高)1810×1435×1210
新車価格2,106,000円~2,764,000円2,408,400円~3,034,000円

また、7月に追加されたCX-3のガソリン車は、CX-8同様にWLTCモードでの燃費掲載がされています。

 
マツダ CX-3 WLTCモード燃費 単位:km/L
WLTCモード燃費FF:16.0 4WD:15.2
市街地モードFF:12.2 4WD:11.6
郊外モードFF:16.8 4WD:15.8
高速道路モードFF:18.0 4WD:17.4

マイナーチェンジ前のCX-3はクリーンディーゼルのみの設定で新車価格も240万円~となっていましたが、ガソリン車の価格設定は210万円~となり手が出しやすくなりました。

今後の売行きに期待です。下記の記事にてCX-3の情報を中古車価格の平均やユーザー評価に渡り、詳細を掲載しています。CX-3が気になる方は是非ご覧下さい。

【外車のコンパクトSUV】人気の外車!MINI クロスオーバー

国産車に続いて、外車(輸入車)で人気のあるおすすめコンパクトSUVを紹介します。

まず1台目の紹介はMINIのクロスーバーです。

ユーザー自身の「こだわり」で、カラーバリエーションやルーフカラー、装備などを自由に組み合わせできるという点も人気のクロスオーバーSUVです。

MINIブランドのイメージとしては、その名のとおりミニなイメージを持ってしまいますが、MINI クロスーバーは先代モデルと比較して、全長20mm、全幅30mm、全高45mmと拡大し、ボディサイズから考えてもCセグメントからDセグメントへと進化しました。そんなMINI クロスオーバーの基本情報は下記になります。

MINI クロスオーバーのボディサイズ・スペック・燃費・新車価格

 
MINI クロスオーバー 基本情報・スペック表・新車価格
駆動方式2WD/4WD
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4315×1820×1595
車両重量1390~1770kg
最大乗車定員5名
燃費(JC08モード燃費)36.0~61.0km/L(PHV)
総排気量1498~1998cc
最高出力100~170kW<136~231PS>/4,000~5,200rpm
最大トルク220~400N・m / 1250-4800rpm
燃料タンク容量36~61L
新車価格4,210,000円~5,560,000円

MINIシリーズ初となるプラグインハイブリッド(PHV、PHEV)モデルの「MINIクーパー SE クロスオーバー ALL4」が2017年7月に発表された点も注目したい点です。

PHEVの「MINIクーパー SE クロスオーバー ALL4」のみの基本情報、スペックは下記となります。

 
MINI クロスオーバー(PHEV) 基本情報・スペック表・新車価格
エンジン種類3気筒DOHCエンジン
総排気量1498cc
駆動方式FWD/AWD/RWD
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4315×1820×1595
車両重量1770kg
最大乗車定員5名
燃費(JC08モード燃費)36.0km/L(PHV)
総排気量1498cc
最高出力100kW<136PS>/4,400rpm
最大トルク220N・m / 1400-4300rpm
新車価格4,790,000円~

同車は特徴的な駆動方式で、フロントの駆動はガソリンエンジン、リアの駆動を電気モーターが担当する仕組み。

EVのみでの走行時はリア駆動(RWD)、EVオフの際は前輪駆動(FWD)、EV+ガソリンでの駆動が4WDとなります。

また、リアモーターだけでのEV走行は42.4kmまで可能で、最高速度は125km/h。7.6kWhのリチウムイオンバッテリーは、200V電源で空の状態から約3時間で満充電となります。

PHEVなため燃費も良く、ボディサイズも全長4315mm、全幅1820mm、全高1595mmと5人乗りで良い場合は、同クラスのC-HRやCX-3と同程度のサイズのため、ファミリーカーとしての選択肢も、価格がネックであるもののおすすめしたい1台となっています。

【外車のコンパクトSUV】メルセデスの切り札!ベンツ GLA

続いての外車(輸入車)で人気のあるおすすめコンパクトSUVはメルセデスベンツの「GLA」の紹介です。

メルセデスベンツ GLAは、メルセデスベンツ最小のクロスオーバーSUVで、2013年に発売、2014年に日本に導入されました。

現行モデルはマイナーチェンジを行い2017年4月に日本でも発表しています。

発売当時のSUV市場は、メルセデスベンツ以外のメーカーが主流でしたが、マーケティング手法を一新し、YouTubeに動画配信をするなどファミリー層の多い30~40代をターゲットとしたプロモーションを展開。

その結果、SUV市場においても輸入車トップとなるシェアを取ることに成功したようです。

また、購入者の年齢層はメルセデスベンツの他車種と比較すると30代の割合が多く、7割近くは初めてメルセデスを購入する客層となったようです。

メルセデスベンツ GLAのボディサイズ・スペック・燃費・新車価格

メルセデスベンツGLAの基本情報、スペック、燃費、価格は下記の通りとなります。

 
メルセデスベンツ GLA 基本情報・スペック表・新車価格
駆動方式2WD/4WD
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4430×1805×1500~1510
車両重量1480~1650kg
最大乗車定員5名
燃費(JC08モード燃費)12.3~16.4km/L
最小回転半径5.7m
エンジン種類DOHC 直列4気筒ターボチャージャー付
総排気量1595~1991cc
最高出力90~280kW<122~381PS>/5000~6000rpm
最大トルク200~475N・m<20.4~48.4kgf・m>/1250~4000rpm~2250~5000rpm
燃料タンク容量50~56L
新車価格3,980,000円~7,920,000円

エントリーモデルである「GLA180(398万円)」でも、充実の装備が自慢というGLA。メルセデスベンツは輸入車市場のトップを快走し、2017年の販売台数も2016年同期を上回るペースで好調なようです。

GLAに関してはベンツのSUVが398万円から手に入る、というのも大きな人気の要素と言えるのではないでしょうか。

また次期型のGLAは、完全EVモデルが投入される可能性もあるようです。詳細情報は下記ニュースよりご確認下さい。

ニュースサイト レスポンスの記事です。

コンパクトSUVをもっと!国産&外車のオススメ、人気車種10選!

下記の記事では、コンパクトSUVのみに焦点をあて、国産&外車それぞれ5台ずつの計10台の概要からスペック、ユーザーの口コミや評価を一覧にて紹介しています。コンパクトSUVを探しているという方は是非こちらの記事もご覧下さい。

燃費の良いSUVは?経済的なSUV TOP 5!

SUVを選ぶ=燃費は気にしない(若しくは目をつぶる)というのが少し前までのイメージでしたが、クロスオーバーSUVを始めとしたコンパクトサイズのSUVが多く出てからは、低燃費なSUVも増えファミリー層がSUVを選び安い時代となってきました。

最後に、燃費の観点でオススメ、人気の車種をランキングに沿って3台紹介していきます。

燃費ランキングTOP 3 はこの3台!

SUVの燃費をランキングにすると上位3位までは下記の車種となります。

1位・トヨタ C-HR(ハイブリッド)
カタログ燃費(JC08モード燃費):30.2km/L  実燃費平均:21.06km/L
2位・マツダ CX-3(クリーンディーゼル)
カタログ燃費(JC08モード燃費):25.0km/L  実燃費平均:18.09km/L 
3位・ホンダ ヴェゼル(ハイブリッド)
カタログ燃費(JC08モード燃費):27.0km/L  実燃費平均:17.83km/L 
※車種名をクリック(タップ)すると各車種の情報に戻ります。
※2017年現在

上位3位までは上記車種となっています。先に紹介している人気車種が燃費ランキングに関しても上位という結果となっています。やはり、多くの人に選ばれている人気車種は「燃費がいいから」という理由で選んだ方も多いのではないでしょうか。

【燃費の良いSUV】ランキング第4位はBMW X1

関連する投稿


日本でも発売してほしい!マツダの海外専用車

日本でも発売してほしい!マツダの海外専用車

日本では発売されていない海外専用車があることをご存知ですか?今回は、海外でのみ発売されているマツダ車をご紹介します。


100万円以下で購入できる!国産SUVの中古車5選

100万円以下で購入できる!国産SUVの中古車5選

SUV(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)は、1990年代にブームとなって以来、すっかり定着した感があります。当初は路外走行性能に重きが置かれていましたが、現在のSUVは、より居住性重視、ファッション性重視となっています。本記事では100万円以下で購入できる国産SUVを5車種選び、ご紹介します。


200万円以下で購入できる!外国車の中古車SUV5選

200万円以下で購入できる!外国車の中古車SUV5選

荷物もいっぱい詰めて、力強く走れるSUV。オフロードでの走行性能よりも、居住性を重視したモデルが増えています。日本の自動車メーカーも沢山のSUVを出していますが、外車(輸入車)のSUVにも魅力的なモデルがいくつもあります。今回は5つの車種をご紹介します。


【マイチェン】レクサスのSUV RX改良新型が登場!価格は約503万円から

【マイチェン】レクサスのSUV RX改良新型が登場!価格は約503万円から

レクサスのミドルサイズSUV『RX』はマイナーチェンジされ、8月29日より販売されました。人気のRXについてまとめています。


【2019年版】軽自動車の人気ランキング!売上TOP10 人気の軽自動車は?

【2019年版】軽自動車の人気ランキング!売上TOP10 人気の軽自動車は?

2019年上半期の、軽自動車人気ランキングトップ10(全軽自協調べ)をご紹介します。幅広い世代から高い人気を誇る軽自動車。新車価格・中古車価格・燃費性能・特徴、画像も多数!購入検討をしている方から、どんな軽自動車が売れているのかな?という方まで。軽自動車が気になる方はぜひ、本記事を!


最新の投稿


道の駅日光ってどんな場所?その魅力を徹底追及

道の駅日光ってどんな場所?その魅力を徹底追及

この記事を読んでいるということは近々栃木県に旅行するときの休憩所を探しているのではないでしょうか?それなら道の駅日光がおすすめです。この記事では道の駅日光のアクセス方法だけでなく、魅力やスポットをお伝えします。これを読めば栃木に行く際に必ず行きたくなること間違いなしです。


【おすすめ10選】居眠り運転対策!眠気覚ましグッズ

【おすすめ10選】居眠り運転対策!眠気覚ましグッズ

電車事故でも話題になった居眠り運転。電車だけでなく、自動車走行中の事故の原因でも居眠りは問題となっています。事故を起こさないためにも、何か起こすことがないように、突然の睡魔に襲われないよう眠気を覚ますグッズをご紹介します。


【おすすめ10選】超便利!車の収納グッズ

【おすすめ10選】超便利!車の収納グッズ

車を綺麗に使いたいと思う方は多いと思います。しかし、寛げばくつろぐほどに、ゴミが出たり車内便利グッズが増えてしまったりしていませんか?今回は、トランク、シートの隙間、シートの背中部分などに設置できる様々な用途の収納グッズをご紹介します。


【道の駅 みつ】食べてよし!遊んでよし!瀬戸内を一望できる道の駅

【道の駅 みつ】食べてよし!遊んでよし!瀬戸内を一望できる道の駅

兵庫県たつの市にある道の駅 みつ。京都や大阪からは少し遠い場所にありますが、瀬戸内を一望できる場所にある道の駅です。今回は、道の駅 みつの見どころをたっぷり紹介していきます。


淡路島で渦潮もお土産も「道の駅うずしお」の見どころ紹介

淡路島で渦潮もお土産も「道の駅うずしお」の見どころ紹介

淡路島と四国を結ぶ大鳴門橋に一番近く、渦潮を一望できる絶景スポットが有るのはご存知ですか?道の駅うずしおので渦潮に出会うためのタイミングやお土産、グルメ情報をご紹介します。