トップへ戻る

【トヨタ ヤリスクロス】グレードから価格まで徹底調査!

【トヨタ ヤリスクロス】グレードから価格まで徹底調査!

2020年8月31日、ヤリスクロスがトヨタから発売されました。2020年2月のヤリスの発売に続き、第2弾の展開になります。 気になるグレードや価格までヤリスクロスの情報を徹底調査していきます。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


トヨタ ヤリスクロスとは?

トヨタ自動車は、新型コンパクトSUV『ヤリス クロス』を8月31日より発売する。同時に、グレード体系および価格が発表された。1.5リットルガソリン車は「X“Bパッケージ”(2WD)」の179万8000円から、ハイブリッド車は「HYBRID X(2WD)」の228万4000円から。

トヨタ ヤリスクロス HYBRID G(2WD)

2020年8月31日、ヤリスクロスが発売されました。2020年2月にヤリスが発売されてから約半年が経過し、コンパクトSUVの「ヤリスクロス」の発売となりました。

ハイブリッド車とガソリン車が用意されており、ガソリン車とハイブリッド車の両方に4WDが用意されています。グレードやカラーも充実し、コンパクトSUV市場が益々混戦の予感さえします。

では、気になるヤリスクロスの価格やグレードはどのようになっているのでしょうか。詳しく見て行きましょう。

トヨタ ヤリスクロスグレードや価格は?

トヨタ ヤリスクロスグレード一覧表

グレード(2WD)価格(消費税抜き)
HYBRID Z 1.5L・2WD
2,349,091円
HYBRID G 1.5L・2WD
2,176,364円
HYBRID X 1.5L・2WD
2,076,364
ガソリン車価格(消費税抜き)
Z 1.5L・CVT・2WD
2,009,091円
G 1.5L・CVT・2WD
1,836,364円
X 1.5L・CVT・2WD
1,723,637円
X“Bパッケージ” 1.5L・CVT・2WD
1,634,546円

2020年8月末現在トヨタ公式サイト調べ

トヨタ ヤリスクロスグレード一覧表

グレード(4WD)価格(消費税抜き)
HYBRID Z 1.5L・E-Four
2,559,091円
HYBRID G 1.5L・E-Four
2,386,364円
HYBRID X 1.5L・E-Four
2,286,364
ガソリン車価格(消費税抜き)
Z 1.5L・CVT・4WD
2,219,091円
G 1.5L・CVT・4WD
2,046,364円
X 1.5L・CVT・4WD
1,933,637円
X“Bパッケージ” 1.5L・CVT・4WD
1,844,546円

2020年8月末現在トヨタ公式サイト調べ

ヤリスクロスのボディカラー展開

トヨタ ヤリスクロスのボディカラー。左が2トーン、右がモノトーン

ボディカラーは、表情豊かで存在感が際立つ「ブラスゴールドメタリック」、従来色より立体感が強調された「シルバーメタリック」の新色をはじめ、全8色を設定。ツートーンカラーも7タイプから選択可能。

ボディカラーも新色をはじめ、全8色用意されており、ツートンカラーも全7色。カラー展開は豊富なラインナップで、ヤリスクロスの魅力の一つに感じさせられます。

これだけカラーが充実していると、正直迷ってしまいますよね。

では、次にヤリスクロスのエクステリア(外装)について詳しく見て行きましょう。

トヨタ ヤリスクロスエクステリア(外装)

トヨタ ヤリスクロス HYBRID X(2WD)

トヨタ ヤリスクロス HYBRID X(2WD)

エクステリアデザインのキーワードは「ENERGETIC SMART」。アクティブで洗練されたバランスの良いプロポーションを追求した。立体構成で精悍な印象を与えるフロントビュー、水平基調の軸によるSUVらしい力強いサイドビュー。リヤビューはスクエア形状の中央部と大きな開口のバッグドアが機能性の高さを訴求し、大きく張り出したフェンダーが力強さを表現する。

ヤリスクロスのエクステリアデザインは、アクティブで洗練されたデザインが追求されています。フロント・リア・サイド、何処から見てもかっこよさと洗練されたデザインが魅力的です。

大きく張り出したフェンダー部分はとても印象的で、力強さが表現されており、よりSUVらしいデザイン性が表現されています。

では、次にヤリスクロスのインテリア(内装)について詳しく見て行きましょう。

トヨタ ヤリスクロスインテリア(内装)

トヨタ ヤリスクロス HYBRID Z(内装色:ダークブラウン)

インテリアでは、センターコンソールからディスプレイオーディオ(DA)にかけて、縦方向の流れを強調することで力強さを表現。視認性に優れたTFTカラー液晶マルチインフォメーションディスプレイおよびメーター、DAの上方配置とヘッドアップディスプレイ(HUD)の採用により視線移動を最小限にし、運転に集中できるインテリアを実現している。

ヤリスクロスのインテリアは力強さを表現したデザイン性の高さに、優れた視認性の高さ、運転に集中できるインテリアをより表現されており、細部に渡り運転手にとってはうれしいつくりが実現された室内空間が演出されています。

トヨタ ヤリスクロス HYBRID Z(内装色:ダークブラウン)

トヨタ ヤリスクロス HYBRID Z(内装色:ダークブラウン)

荷室空間には高さとゆとりを充実

トヨタ自動車》4:2:4分割可倒式リヤシート

デッキボード下段時には、コンパクトSUVトップクラスの荷室容量390リットルを実現。スーツケースまたはゴルフバッグ2個を収納可能とするなど、高さと広さをいかして様々な荷物に対応する。

また、4:2:4分割リヤシート、6:4分割アジャスタブルデッキボードをトヨタコンパクトSUVとして初採用。荷物の固定には、ユーティリティフックとフレックスベルトを組み合わせ、多彩なデッキアレンジを可能とし、アクティブライフをサポートする。

さらに荷物運搬時に便利なハンズフリーパワーバックドアをトヨタコンパクトSUVとして初設定。スマートキーを携帯し、リヤバンパーの下に足を出し入れするだけでバックドアを自動開閉できる。

ヤリスクロスはコンパクトSUVトップクラスの荷室容量を実現し、分割リヤシートにはたくさんの道具も乗せることが可能です。

また、ハンズフリーパワーバックドアの設置により、バックドアを自動開閉できるシステムの搭載はユーザー思いの車です。コンパクトSUVとしては初搭載と充実の機能ばかりです。

では、次にヤリスクロスの走行性能について見て行きましょう。

トヨタ ヤリスクロスは優れた走行性能を実現

ヤリス同様、コンパクトカー向けTNGAプラットフォーム(GA-B)を採用し、軽量かつ高剛性、低重心なボディを追求。サスペンションの一新とあわせ、軽快なハンドリングと上質な乗り心地を両立した。

走行性能では、街乗りからレジャーまで幅広く活躍する4WDシステムも設定する。ガソリン車には路面状況に応じた走行支援を3つのモードから選択できるマルチテレインセレクトなど、SUVの走りを堪能できる機能を搭載。ハイブリッド車には、E-Four(電気式4WDシステム)を設定している。

また直列3気筒1.5リットルダイナミックフォースエンジンを採用した新世代ハイブリッドシステムは、力強くシームレスな走りとともに、クラス世界トップレベルとなる30.8km/リットル(WLTCモード)の低燃費を実現する。

走行性能については、街乗りからレジャーシーンまで幅広く活躍できるシステムの搭載はうれしいところです。アウトドアレジャーなどでも4WDシステムが惜しみなく発揮できますよね。

また、エンジンについてもハイブリッドシステムとして、クラストップレベルの燃費となる30.8km/Lの記録は、低燃費でユーザーにとってもうれしいですね。

では、次にヤリスクロスの安全性能についてもチェックしておきましょう。

トヨタ ヤリスクロスは進化した安全装備を搭載

トヨタ ヤリスクロス

安全・安心技術についても、最新の予防安全パッケージ「トヨタセーフティセンス」を標準装備。全車速追従機能付のレーダークルーズコントロール、アダプティブハイビームシステムをはじめ、高度運転支援「トヨタチームメイト(アドバンストパーク)」をヤリスに続き採用するなど、多くの人が乗るコンパクトクラスだからこそ、トヨタの最新技術を数多く搭載している。

トヨタの最新技術を数多く搭載しているヤリスクロスは、安全性能の面でも優れていることがよくわかります。トヨタセーフティセンスが標準装備なところは本当にうれしいですよね。

では、次にヤリスクロスの口コミなどを見て行きましょう。

トヨタ ヤリスクロス口コミや評判は?

ヤリスクロスについての口コミをSNSを中心に調査してみると、ちょうどいいサイズ、買い替えたい、納車は9月中旬?などの口コミが見られました。

このサイズは小回りも効いて燃費もいいとユーザーにとってはうれしいことばかりですよね。

では、気になる試乗記についてもチェックしておきましょう。

トヨタ ヤリスクロス試乗記

走りについても、ヤリスよりも大きく、重心が高く、バネ下が重く、開口部が広いなど、走りにおいては不利な要素だらけなのだが、それを感じさせないようチューニングしたという。今回、袖ヶ浦フォレストレースウェイでドライブしたプロトタイプは、ハイブリッドのFFとE-Four、ガソリンのFFの3タイプだ。

あらかじめお伝えすると、ヤリスに対しても、派生モデルというより、もはや感覚としては別車種と呼べるほど違ったように思うが、試乗したヤリスクロスの3タイプも、それぞれの走りのキャラクターの違いが予想よりも大きかったことも興味深い。

ハイブリッドFFは、ガソリンFFほどではないにせよ走りが軽やかで、ハイブリッドの強みで動力性能も高いというニュアンスだ。ハイブリッド同士で比べると、FFのほうがずっと軽快でステアリング操作に対する応答遅れも小さく、走りに心地よい一体感がある。リアが軽いFFは荷重が抜けて接地性が損なわれやすいが、ヨー慣性が小さいのでリアが振り出される感覚も小さい。

ヤリスクロスの走りについて試乗記をチェックしていくと、ヤリスと比較しても上手くチューニングされており、期待できる走りを実現できているようです。

また、より走行性能がすぐれているのがガソリン車のFFタイプのようですね。ご自身の求める走行性能を探して、ぜひまずは試乗してみてくださいね。

まとめ

本記事では、2020年8月31日に発売された「ヤリスクロス」の最新情報を中心にまとめてきました。ヤリスクロスは、グレードやボディカラーも種類がたくさん用意されており、とても魅力的なクルマです。

また価格の面についても、ライズよりやや高めになってしまいますが、その分燃費性能の充実があげられます。

ご自身の求める価格や外観に合ったものをコンパクトSUVの中から吟味して探してみてくださいね。

関連する投稿


【マセラティ特集】歴史から初のSUVレヴァンテまで!

【マセラティ特集】歴史から初のSUVレヴァンテまで!

マセラティという自動車ブランドをご存じでしょうか?イタリアの高級スポーツカーメーカーです。このマセラティが、SUVを発売し、大きな人気を得ています。今回は、マセラティの歴史と、そこから生まれたSUVレヴァンテについて解説します。


【SUV人気に迫る】その理由から、歴史、おすすめのSUV紹介まで!

【SUV人気に迫る】その理由から、歴史、おすすめのSUV紹介まで!

SUVの人気は、とどまることを知らない状況。その需要を反映してか、発表される多くの新型車が、SUVタイプのクルマになっています。では、どうしてそれほどSUVは人気を博しているのでしょうか?今回は、SUVの歴史と、おすすめのSUVを紹介しています。


ちょうどいいサイズのSUV!スズキ クロスビーの魅力を解説!

ちょうどいいサイズのSUV!スズキ クロスビーの魅力を解説!

欧州でのSUVブームから、日本でも大型のSUVが人気となり街中でも見かけるようになりました。少し大きすぎるという方にはコンパクトSUVがおすすめです。今回紹介するスズキ クロスビーはちょうどいいサイズのコンパクトSUVで、その魅力を他のメーカーと比較しながらご紹介します。


普段使いからレジャーまで幅広く楽しめるマツダ CX-30を徹底解剖!

普段使いからレジャーまで幅広く楽しめるマツダ CX-30を徹底解剖!

ミドルサイズのSUVとして高い人気を誇る、マツダのCX-30の特徴や魅力などを紹介します。特に、このモデルの目玉であるスタイルの良さやスカイアクティブエンジンなどを中心に解説します。さらに、価格や同じくマツダの人気SUVのCX-8との比較なども行います。


【新型車情報】新型エクリプスクロスが大人気! 走りとカッコ良さを解説!

【新型車情報】新型エクリプスクロスが大人気! 走りとカッコ良さを解説!

2020年12月に大幅改良を発表し、同日より発売された三菱のコンパクトSUV「新型エクリプスクロス」が大人気で、評価も非常に高くなっています。今回はそんな新型エクリプスクロスの人気の理由とスペック、そして中古車相場をご紹介します。


最新の投稿


蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

フランスのアルピーヌ・A110が蘇り再生産されていますが、やはりA110と言えば1963年から製造のアルピーヌA110を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?今回は新旧アルピーヌA110について見ていきます。


人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

街中で見かけない日はなさそうなほど売れに売れているコンパクトカー、トヨタ ルーミー。見るからに実用性の高そうなスクエアなボディスタイルとコンパクトなサイズは、どんな場面でもバッチリ活躍してくれそうな予感がしますよね。そんなルーミー、いざ買うぞ!と思うと、意外とバリエーションが多くて目移りしてしまうかも。コスパを評価軸に、グレード間の装備内容や見た目の違いを徹底分析していきます。


トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

誰しも憧れるスポーツクーペのある生活。しかし、先行き不安定な現代だからこそ、趣味性の塊のようなスポーツクーペであっても、実用性やコスパの良さはしっかり追求していきたいところですよね。そんな新しい評価軸に対して、トヨタ 86はどのような結果を残せるのでしょうか? 本格FRスポーツながら4人乗れる86ですが、普段はあまり紹介されない、燃費性能など使い勝手に迫っていきます。


何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

一般的なコンパクトカーよりもグイッと上げられたルーフ高で、トヨタ ルーミーには見るからに広々室内のイメージがありますよね。実際、インテリアは余裕綽々の大空間ですが、写真だけ見ても意外とスケール感が掴みにくいもの。そこで今回は、ルーミーの室内にどんなものが載せられるのか、詳しくまとめてみました。日々の生活でルーミーが役立つこと間違いなしなことが、きっと実感できるはずです。


トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

狭い道もまだまだ多い日本の道で、日々その存在感がどんどん増しているのが全高を高めに取ったコンパクトトールワゴン、トヨタ ルーミーです。発売から5年が経とうとしているのに、2021年に入っても1月から3月までコンスタントに1万台以上を販売し続ける息の長い人気が印象的です。そこまで売れるからには理由があるはずですよね。ルーミーに対する、さまざまな視点からの評価をまとめてみました。