トップへ戻る

メルセデスベンツGLAがフルモデルチェンジで新型に!GLBとの違いは?

メルセデスベンツGLAがフルモデルチェンジで新型に!GLBとの違いは?

メルセデス・ベンツは、フルモデルチェンジを受けた都市型クロスオーバーSUVの新型「GLA」の予約注文を開始しました。そこで、2代目となった新型「GLA」とはどんな車種なのか?また、同時にデビューした7人乗りの新型SUV「GLB」との違いを比較しながら解説していきます。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


メルセデスベンツのGLAとは?

新型「GLA」

新型GLAは2014年に発売された初代から、初めてフルモデルチェンジを受けた2代目となります。

コンパクトなボディにより都市での日常生活にも適したスタイリッシュで、しかもにメルセデス・ベンツのSUV技術を凝縮させたオールラウンドなコンパクトSUVとなっています。

新型GLAの特長を紹介

新型GLA

さっそく新型GLAについて詳しく見ていきましょう!

新型GLAの発売日は?

新型GLA

新型GLAは、同時デビューしたGLBとともに、6月25日より、全国のメルセデス・ベンツ正規販売店ネットワークを通じて予約注文の受付を開始しており、納車は7月頃の予定となっています。

購入を検討している方は、ぜひこの記事でチェックしてみてくださいね。

新型GLAのボディサイズ

新型GLA

GLAのボディサイズは、全長4,415mm×全幅1,835mm×全高1,620mmで、全長は同時デビューしたGLBより20cm以上短く、トヨタのC-HR(4,395mm)と同程度。また、全幅は同じくトヨタのRAV4(1,855mm)より少し狭い程度なので、日本の道路と駐車場事情にも適したコンパクトサイズといえます。

そのスタイリングは、スクエアで車高が高いGLBとは異なり、オーバーハングが短く、SUVらしいデザインのアンダーガードとパワードームを備えたボンネットなどで力強さを表現しながらも、クーペのようなスタイリッシュなデザインが特徴となっています。

また、前席の着座位置は従来型より高くなって視認性が向上したことで運転しやすく、乗降性も大幅に向上しています。また、後席のレッグスペースも広くなり、コンパクトサイズながらも快適な乗り心地を実現しています。

新型GLAの燃費

ラゲッジスペース

新型GLAのエンジンは、新型GLB200dに搭載されるものと同じDOHC 直列4気筒 ターボチャージャー付の「OM654q」型ですが、GLB200dがFFなのに対して、4WDの4MATICが搭載されています。

燃費は、WLTCモードで16.5kmとなります。輸入車それもベンツのSUVで4WDと聞くと、燃費が気になりますが、さすが定評のあるディーゼルエンジンだけあって実用十分な燃費と言えます。

新型GLAの燃費とスペック

GLA200d 4MATIC

エンジン種類直列4気筒1949㏄ディーゼルターボ
最高出力(kW(PS)/rpm)110(150)/3,400-4,400
最大トルク(N・m(kgf・m)/rpm)320(32.6)/1,400-3,200
トランスミッション電子制御8速A/T
駆動方式4MATIC(4WD)
WLTCモード燃費(km/L)16.5

※各スペックは2020年6月現在のメーカー公式サイトによるものです。

新型GLAのターゲット層

新型GLAのダッシュボード

新型GLAは、4MATICと202mmの最低地上高によって悪路走行も難なくこなしますが、オシャレなスタイリングで都市型クロスオーバーSUVを標榜するだけあって、都市に暮らす人たちがファッションのように着こなすのがぴったりです。

外観だけではなく新型GLAは、インテリアもモダンでアバンギャルドにまとめられています。

ダッシュボードは、Aクラス同様にワイドスクリーンディスプレイをダッシュボードの上部に置くことで、より解放感があり、横方向のワイドさを強調するデザインとなっています。

新型GLAの価格

日本仕様の新型GLAは、基本的に2.0Lのクリーンディーゼルと4WDに新開発の8速DCTを組み合わせた、「GLA200 d 4MATIC」のワングレードですが、パッケージオプションで自分好みの仕様にバージョンアップが可能になります。

ドライブの快適さと愉しさを高めるナビゲーションパッケージ、さらなる安心と心地よさを実現するアドバンスドパッケージ、よりアグレシップで先進的な個性を主張するAMGライン、上質なスポーティネスが心地よいAMGレザーエクスクルーシブ・パッケージなどさらにAMGラインにレザーシートが装備されるAMGレザーエクスクルーシブ・パッケージが用意されています。

よりスタイリッシュにしたいならAMGライン、加えてAMGライン専用のツートーンレザーシートが装備されるAMGレザーエクスクルーシブ・パッケージの同時選択がおすすめです。

新型GLAと新型GLBのメーカー希望小売価格

新型GLA

新型GLAの価格は4WDでありながらも、同じエンジンを搭載するGLB200dより10万円安く、7人乗りにこだわらないのであれば、かなりお得と言えます。

メーカー希望小売価格

消費税込み価格
消費税抜き価格
GLA200d 4MATIC
5,020,000円4,563,637円
GLB200d
5,120,000円
4,654,546円
GLB250 4MATIC スポーツ
6,960,000円
6,327,273円

※上記価格は2020年6月現在のメーカー公式サイトによるものです。

旧型「GLA」との比較

2017年 旧型GLA

日本では2014年から発売開始された初代GLAは、Aクラスとプラットフォームを共有するコンパクトクラスのSUVとして誕生しました。

新型GLAは、エンジンは旧型の1.6Lと2.0Lのガソリンエンジンから2.0Lのクリーンディーゼルに変更され、現行型のAクラスと同じプラットフォームとなり、ボディサイズは、旧型のGLAより15mm短く、30mm幅広く、115mm高い。ホイールベースも30mmと、全てが大きくなっています。

インテリアに目に向けると、新型GLAの前席の着座位置は従来型より97mmも高いだけでなく、現行型Aクラスより140mm高くなっています。このため視認性が向上し、乗り降りもしやすくなりました。

また、新型GLAではホイールベースが延長されたため、後席の足元も標準状態で従来型より116mm広く、新たに60:40分割で140mmスライドも可能になっています。そして、バックレストは7段階の角度調節が可能で、40:20:40の3分割可倒式が採用されています。

新しい機能として、新型GLAは「ハイ!メルセデス!」でおなじみの自然対話式音声認識機能を備えた対話型インフォテインメントシステム「MBUX」を搭載。また、運転支援システムは、「Sクラス」と同等の最新世代を標準装備しています。

旧型GLAの中古車

2014年式 GLA

GLAの中古車相場 (消費税込み)

2014年~2017年(3月)
2017年(4月)~2020年(6月)
115~370万円150〜450万円

※上記価格は2020年7月現在のレスポンス中古車検索によります。

2014年の発売以来コンパクトで取り回しが良く、価格も手ごろなことから、人気車種となったため、中古車相場も高値が続いています。

しかし、新型が登場したことで、多くの下取り車が流通する可能性が高く、供給が需要を上回れば値崩れする可能性があります。

新型「GLB」との違いは?

GLB200d

GLAとGLBの違いは、全長、全高に大きな差があります。また、今のところ新型GLAはGLA200d 4MATICのモノグレード展開ですが、同じクリーンディーゼルエンジンを搭載するGLB200dでは、四輪駆動の4MATICを選択することができません。

GLBがSUV本来の姿である、どんな場所でも家族や仲間を運ぶモデルであるとするならば、GLAはあくまで街乗り中心のこれまで通りオシャレなシティ派クロスオーバーSUVとなります。

しかし、そのファッショナブルなクーペボディには、SUVとしての実力は本物で、けっしてカッコイイだけのSUVではないのがGLAといえます。

【参考】新型GLAと旧型GLA、GLBのボディサイズ比較

GLBとGLAサイズ比較

GLA200d 4MATICGLB200d(欧州仕様参考値)GLA180(旧型)
全長4,415mm4,634mm4,430mm
全幅1,835mm1,834mm1,805mm
全高1,620mm1,706mm1,505mm
ホイールベース2,730mm2,829mm2,700mm
最低地上高202mm-150mm
ラゲッジスペース425~1,420L130~1,680L421〜1,235L

上記スペックは2020年6月現在のメーカー公式サイトによります。

サイズ表を見ると、GLAに比べて、GLBは全長・全高ともに大きくなっていることがわかります。しかし、新型GLAも旧型と比べれば大きくなりました。

GLBについて詳しく知りたい方はこちら

まとめ

6月25日に同時デビューにとなった2台の新型SUV。

GLAもGLBどちらも魅力的ですが、実際に買うとすればよりコンパクトなGLAかな。いや、GLBも便利に使い倒せるかも・・・あなたはどちらにするか決めましたか?

関連するキーワード


メルセデスベンツ:車種情報

最新の投稿


おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

車の収納にご不便をお感じになられたことがある方は、意外に多くいらっしゃるのではないでしょうか。そういった場面で重宝するグッズに、収納グッズと呼ばれるものが御座います。収納グッズと呼ばれるものは種類も豊富で、用途により使い分けることで、より快適に車内を使用することが出来るものばかりです。本記事では収納グッズの選び方のほか、おすすめ商品もご紹介していきます。


おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

車の洗車に必要なカースポンジですが、その種類はとても多く、どのスポンジを使えば良いか迷うものです。今回は洗車やワックスに適したスポンジの選び方や用途について説明していきます。スポンジの素材や形状についても触れてみたいと思います。


転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

免許を取得した際には確実に勉強したはずの「転回」。では一体なんのこと?と聞かれると、よどみなく答えられる方は意外と少なかったりするのでは。まだまだ意味を覚えてるよ!という初心者の方から、ちょっと怪しいかも?というベテランの方まで、この記事を読めば転回について詳しくなれること間違いなしです。してはいけない場所、上手なやり方など、役立つ情報をご紹介していきます。


中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

先行き不安な現代ですから、車にかけるお金はできるだけ節約したいところですよね。新車に比べてお買い得な中古車、さらにお安く手に入れる方法としてよく聞かれるのが「中古車オークション」。オークションの仕組み自体はご存知でも、実際にご自分で参加できるのかなど、詳しくは知らない方も多いのでは。この記事では、中古車オークションに関して詳しく解説していきます。


車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

ちょっと前まではあまり聞かれなかった「サブスクリプション」という言葉、最近よく耳にしませんか。スマホのサービスなどだけでなく、車の所有方法にまで広まってきているサブスクリプション(サブスク)。これまでの所有形態と比べてどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。CMや広告でよく見る車のサブスクが気になっていた方は必見です。