トップへ戻る

【2020年度版】メルセデス・ベンツ ステーションワゴン一覧まとめ

【2020年度版】メルセデス・ベンツ ステーションワゴン一覧まとめ

贅沢なラゲッジスペースを確保しながら、高級感を維持した外観が魅力的なメルセデス・ベンツのステーションワゴン。今回は、メルセデス・ベンツのステーションワゴンの特徴・スペックをご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


メルセデス・ベンツとは?

メルセデス・ベンツ

メルセデス・ベンツ

メルセデス・ベンツとは、ドイツのダイムラー社が所有する商用車・自家用車のブランドであります。

ダイムラー社の歴史は古く、1800年後半に設立され本社をドイツ・シュトゥットガルトに置く、乗用車・商用車における世界的なメーカです。その傘下には、日本の三菱ふそうトラック・バスがあります。

一時期は米国のクライスラーと合併し、ダイムラー・クライスラー社として活動していた時期もあった、大変歴史のある自動車製造・販売会社です。

【現行車種】メルセデス・ベンツのステーションワゴン

メルセデスベンツ C180ワゴン 2018年

メルセデスベンツ C180ワゴン 2018年

そもそも、ステーションワゴンとはどのような車種なのでしょうか。

ステーションワゴンと呼ばれる車に、特定の規定があるわけではありませんが、多くのステーションワゴンは、セダンのトランクルームまでルーフを伸ばし、ラゲッジスペースを大きく確保しつつ、後席のスペースも犠牲にすることなく広々としたものが殆どです。

メルセデス・ベンツのステーションワゴンも、このスタイルを踏襲していますが、やはりそこはメルセデス・ベンツらしさを隠しきれない、一味違った、一目でメルセデス・ベンツとわかる、スポーティーでありながらもずっしりした重厚さも持ち合わせた、スタイルを誇っています。

メルセデス・ベンツのステーションワゴンには、クラス別で現行車種、2つのモデルが存在しています。現在販売されている、メルセデス・ベンツのステーションワゴンはCクラスとEクラスにその設定があります。

【CLAシューティングブレーク】スタイリッシュな新世代ステーションワゴン

メルセデスベンツ CLAシューティングブレーク 2019年

メルセデスベンツ CLAシューティングブレーク 2019年

サポカー補助金制度が受けられる「CLAシューティングブレーク」。

美しいラインを描きながら、野外スポーツである活発的な週末を過ごせるためのラゲッジスペースを確保しており、話しかけるだけでオーディオやエアコンの操作も可能になっております。

デザインは「美」を意識して、新世代メルセデスデザインのダイナミックなフロントにスポーティーさを加え、ボンネットのパワードーム、フレームのないドアや流れるようなルーフラインなど全てがCLA独特のスタイリッシュなプロポーションを描いています。

メルセデスベンツ CLA シューティングブレーク

メルセデスベンツ CLA シューティングブレーク

Cセグメントの4ドアシューティングブレークとして人気が出た2代目となっており、力強さのあるエクステリアに、高品質で若さを手に入れたインテリアデザインとなっています。

また、安全運転支援システムが搭載された最新クラスを提供しております。

メルセデス・ベンツ CLAシューティングブレークのスペック

【メルセデス・ベンツ CLAシューティングブレーク CLA180】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,690mm×1,830mm×1,430mm
ホイールベース2,730mm
最大乗車定員5名
車両重量1,420kg
燃費WLTCモード:15.5km/L
エンジン種類DOHC 直列4気筒 ターボチャージャー付
最高出力100kW(136PS) /5,500rpm
最大トルク200N・m(20.4kgf・m)/1,460-4,000rpm
駆動方式前輪駆動(FF)
トランスミッション電子制御7速A/T

(2020年4月現在 メルセデス・ベンツ公式サイトより)

メルセデス・ベンツ CLAシューティングブレークの新車価格

メーカー希望小売価格(消費税込)

CLA 180 Shooting Brake
4,570,000円
CLA 200 d Shooting Brake
4,870,000円
CLA 250 4MATIC Shooting Brake
5,490,000円


AMG

Mercedes-AMG CLA 35 4MATIC Shooting Brake
6,950,000円
Mercedes-AMG CLA 45 S 4MATIC+ Shooting Brake
8,750,000円

(2020年4月現在 メルセデス・ベンツ公式サイトより)

メルセデス・ベンツ CLAシューティングブレークの中古車価格

中古車価格:152.6万円~578.3万円

まだ販売が開始されてから間もない車種ですが、人気も高いため中古車市場でも多くの在庫が見られます。カスタム済みのものも中古車として販売されていたりするので、気になる方はチェックして見て下さい。

※情報は車情報サイトresponse中古車価格より(2020年4月現在)

【C-Class ステーションワゴン】高級感もスポーティー感も求める方に

メルセデスベンツ Cクラス エステート(ステーションワゴン)

メルセデスベンツ Cクラス エステート(ステーションワゴン)

メルセデス・ベンツC-Classは、コンパクトサイズで車の運転が不得手な方でも運転しやすいサイズとなっています。狭い車幅の道路もなんなく走りぬけることができるので、ドライブに爽快感も与えてくれます。

コンパクトなCクラスですが、安定感は抜群で走行性能は確かなものがあります。世界中で販売実績をあげており、モデルチェンジの度に話題を集める人気の車種です。

メルセデス・ベンツC-Classは新しい提案をする車と言われていて、メルセデス・ベンツのこれからの進む道を示す役割を担っています。

世界の標準を決める大事な立ち位置に存在している車種といっても過言ではないのかもしれません。

メルセデスベンツ Cクラス エステート(ステーションワゴン)

メルセデスベンツ Cクラス エステート(ステーションワゴン)

ベンツでは、ボディサイズの大きさや、車両販売価格に関わらず、安全性は確保されねばならないとの考えのもと、新型Cクラスにも、Sクラス同等の先進運転支援システム(インテリジェントドライブ)を採用しています。

ステアリングアシストの機能を備えた「アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック」は、高速道路をはじめ、ほぼすべての走行路で、ステアリングに軽く手をそえているだけで、走行中の同一車線内を、ある一定の車間距離を維持しながら前走車に追従するシステムです。

また、ウインカーを点滅させるだけで、変更先の車線に車両等がいないことを確認して、完全に自動で車線変更する「アクティブレーンチェンジングアシスト」・駐車の際には超音波センサーが最適な駐車スペースを探し出します。

メルセデスベンツ Cクラス エステート(ステーションワゴン)

メルセデスベンツ Cクラス エステート(ステーションワゴン)

ハンドリングやブレーキ・シフト操作を自動で行い縦列ならび並列駐車する「アクティブパーキングアシスト」など、ある一定の機能は自動運転に向けて大きく進化させました。

「インテリジェントドライブ」は、ドライバーの疲労を軽減し、安全かつ快適なドライブの助けとなる世界最高峰の知能を備えたシステムです。最新のCクラスには、最新のシステムが採用され、より安全に確かな技術支援を行ってくれるのです。

メルセデス・ベンツ C-Class ステーションワゴンのスペック

【メルセデス・ベンツ C 180 ステーションワゴン】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,705mm×1,810mm×1,455mm(ホイールベース:2,840mm)
最大乗車定員5名
車両重量1,550kg
燃費WLTCモード:12.4km/L
エンジン種類DOHC 直列4気筒ターボチャージャー付
最高出力115kW(156PS)/5,300~6,100rpm
最大トルク250N・m(25.5kgf・m)/1,500~4,000rpm
駆動方式後輪駆動(FR)
トランスミッション電子制御9速A/T

情報は2020年4月現在の公式サイトより

メルセデス・ベンツ C-Class ステーションワゴンの新車価格

メーカー希望小売価格(消費税込)

C 180 STATIONWAGON5,140,000円
C 180 STATIONWAGON AVANTGARDE
5,570,000円
C 200 STATIONWAGON Laureus Edition(BSG搭載モデル)
6,380,000円
C 200 4MATIC STATIONWAGON Laureus Edition(BSG搭載モデル)
6,680,000円
C 220 d STATIONWAGON Laureus Edition
6,660,000円


AMG

Mercedes-AMG C 43 4MATIC STATIONWAGON10,060,000円
Mercedes-AMG C 63 STATIONWAGON12,960,000円
Mercedes-AMG C 63 S STATIONWAGON
14,670,000円

(2020年4月現在 メルセデス・ベンツ公式サイトより)

メルセデス・ベンツ C-Class ワゴンの中古車価格

中古車価格:28万円~586.1万円

中古車の中には、すでにオプション品でエアロパーツや装備品などをカスタマイズされていたり、社外品のアルミホイールやエアロパーツなどが組み込まれたものも見かけます。

気になる方は下記からチェックしてみてください。

※情報は車情報サイトresponse中古車価格より(2020年4月現在)

【E-Class ステーションワゴン】 加速感が圧巻

メルセデスベンツ Eクラス ステーションワゴン

メルセデスベンツ Eクラス ステーションワゴン

メルセデス・ベンツのE-Classステーションワゴンは、グレードによっては強力な馬力を有しているので、アクセルを踏み込むと気持ちよく加速していきます。

国産だとトヨタのクラウンくらいのサイズ感なので、日本国内でも運転しやすいサイズですし、安定感も抜群です。また、走りの性能は確かで、高速時でも正確なコーナリング、ブレーキングが可能です。

荷物を積むスペースも広いので、ゴルフバッグは三つくらい積むことができますし、長い荷物も収納することができ、テールゲートの開閉は電動かつフットトランクオープナーが装備されているので、両手がふさがっていても問題ないでしょう。

メルセデスベンツ Eクラス ステーションワゴン

メルセデスベンツ Eクラス ステーションワゴン

ベンツ E-クラスステーションワゴンの魅力は、全てにおいて流れるようなデザインの空気力学とベンツらしさの体現にほかならないでしょう。

ドライブサポートである「インテリジェントドライブ」は、勿論このE-Class ステーションワゴンにも搭載されています。その他にも伝統のフルタイム四輪駆動4MATICなど最新のテクノロジー満載のモデルであります。

また、E-Class ステーションワゴンの最上位機種にはAMGも用意されております。

メルセデス・ベンツ E-Class ステーションワゴンのスペック

【メルセデス・ベンツ E-Class  E200アバンギャルド(BSG搭載モデル) 】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,930×1,850×1,455mm(ホイールベース: 2,940mm)
最大乗車定員5名
車両重量1,690kg
燃費WLTCモード:12.9km/L
エンジン種類DOHC直列4気筒ターボチャージャー付
最高出力135kW(184PS)/5,800-6,100rpm
最大トルク280N・m(28.6kgf・m)/3,000-4,000rpm
電動機種類交流同期電動機
最高出力8/10kW
最大トルク38N・m(3.9kgf・m)
駆動方式後輪駆動(FR)
トランスミッション電子制御9速A/T

情報は2020年4月現在の公式サイトより

メルセデス・ベンツ E-Class ステーションワゴンの新車価格

メーカー希望小売価格(消費税込)

E 200 STATIONWAGON AVANTGARDE(BSG搭載モデル)7,730,000円
E 200 4MATIC STATIONWAGON AVANTGARDE (BSG搭載モデル)7,960,000円
E 220 d STATIONWAGON AVANTGARDE7,940,000円
E 300 STATIONWAGON AVANTGARDE Sports9,160,000円
E 450 4MATIC STATIONWAGON EXCLUSIVE11,590,000円


AMG

Mercedes-AMG E 53 4MATIC+ STATIONWAGON(ISG搭載モデル)12,900,000円
Mercedes-AMG E 63 4MATIC+ STATIONWAGON17,710,000円
Mercedes-AMG E 63 S 4MATIC+ STATIONWAGON19,300,000円

(2020年4月現在 メルセデス・ベンツ公式サイトより)

メルセデス・ベンツ E-Class ワゴンの中古車価格

中古車価格:19.8万円~891.9万円

メルセデス・ベンツのE-Classステーションワゴンの中古車の数は、人気車種ということもありかなり多いです。

中古車価格は下記のURLからもチェックできます。

※情報は車情報サイトresponse中古車価格より(2020年4月現在)

メルセデス・ベンツのステーションワゴンで車中泊?!

メルセデスベンツ Cクラス エステート(ステーションワゴン)

メルセデスベンツ Cクラス エステート(ステーションワゴン)

メルセデス・ベンツのステーションワゴンは広くて使い勝手が良いところも大きな魅力で、車中泊も可能となっています。

メルセデス・ベンツのステーションワゴンはシートアレンジが容易なため、シートを調節すれば大人2人が横になるためのスペースも確保できます。

シートはふっくらとしていて安定感もありますし、本皮の上質なシートは最高のリラックスタイムを提供してくれる事は間違いありません。

内装は高級感があり、居心地が良い空間が広がっているので車中泊でも快適です。

まとめ

メルセデスベンツ Eクラス ステーションワゴン

メルセデスベンツ Eクラス ステーションワゴン

メルセデス・ベンツ ステーションワゴンは、どのモデルもメルセデス・ベンツを代表するモデルです。

全体の仕上がり・安全対策・ドライブ支援など装備も充実しているので、ご自身の目的と用途に合った車種を選択することができます。

いずれはメルセデス・ベンツに・・・そうお思いの方は、ぜひ今回ご紹介した車種もご検討ください!

関連する投稿


ホンダ シャトル|5ナンバーサイズのステーションワゴンの魅力は?!

ホンダ シャトル|5ナンバーサイズのステーションワゴンの魅力は?!

5ナンバーサイズの使いやすさと、ステーションワゴンとしてのユーティリティの高さを合わせ持つ、ホンダ シャトル。エクステリアやインテリア、ラゲッジスペースやグレードなどの情報を詳しく解説します。


トヨタ カローラフィールダーとは?ステーションワゴンの定番モデル!

トヨタ カローラフィールダーとは?ステーションワゴンの定番モデル!

トヨタの定番モデルの名前を冠する人気ステーションワゴンのカローラフィールダーについて紹介します。スタイルングや走行性能、車内空間の広さなどを解説すると同時に、ライバルとなるステーションワゴンをピックアップして比較します。


いつかは手に入れたい、憧れのSUV 6選!

いつかは手に入れたい、憧れのSUV 6選!

最近発売されるクルマはSUVばかり!もう、どんなSUVがあるのかなんて、わからないですよね。今回は、数あるSUVのなかから、ああ、いいなぁ。そのうち欲しいなぁと思えるようなモデルをご紹介します!


2021年に注目すべき新型車をドドンと大胆予想8選!話題のあの車も

2021年に注目すべき新型車をドドンと大胆予想8選!話題のあの車も

2021年もまだまだコロナの影響は色濃く、ニューノーマルを模索する1年となりそうな予感がしますが、気晴らしに発表が予想される新型車に思いを馳せてみるのはいかがでしょう。大混乱だった2020年の間も着々と開発を進めることに成功した新型車たちは、自動車の未来がどんな風に変わっていくのかを教えてくれる重要な一台となること間違いなし。詳しく見ていきましょう。


走りのスゴいクルマ 5選!異次元のドライビンクフィールを感じよう!

走りのスゴいクルマ 5選!異次元のドライビンクフィールを感じよう!

今どきのクルマはどれも良く出来ていて、もはや大きな欠点のあるクルマなんてありません。一方で、クルマの平均的なレベルが上がるにしたがって、クルマに乗って感動したり、感心したりする事も少なくなって来たような気がします。でも、世界には一度ハンドルを握ると、「おおっ!スゴいっ!」と感じるドライビングフィールのクルマが、まだまだ沢山あります。 クルマはやっぱりドキドキ・ワクワクするもの。そんなクルマたちをご紹介いたしましょう!


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。