目次へ戻る

メルセデス・マイバッハ(Sクラス)は最高の高級車! 価格・中古車価格・試乗記

メルセデス・マイバッハ(Sクラス)は最高の高級車! 価格・中古車価格・試乗記

高級車、と名高いメルセデスベンツですが、その中にメルセデスマイバッハという車があることをご存知でしょうか。マイバッハは、メルセデスベンツを少しストレッチさせた高級セダン(サルーン)です。知れば知るほど後席に乗りたいマイバッハ。本記事ではそんなマイバッハについて詳細をまとめています。また最新情報も合わせてご紹介しています!

⏳この記事は約3~4分で読めます。


メルセデスマイバッハとは?

メルセデスマイバッハ

メルセデスマイバッハ

メルセデスベンツ、というと誰もが、あの有名なスリーポインテッドスター(ベンツのエンブレムのデザインのこと)を思い浮かべますよね。

このメルセデスベンツとは別に、マイバッハ、というクラスがあることをご存知ですか。

メルセデスマイバッハはダイムラー最高峰、日本でも購入可能!

1909年に、エンジン製造会社として誕生したのがマイバッハ。このマイバッハ、の名前の由来は優秀な技術者であった「ヴィルヘルム・マイバッハ」からとっています。

1966年に、「ダイムラー・ベンツ」の傘下に入りました。マイバッハブランドは2012年に廃止されましたが、2014年に、メルセデスのサブブランド「メルセデス・マイバッハ」として復活を果たしました。

価格や購入方法などを見ても実質今のダイムラー社の最上級クラスと言えます。

日本では、「メルセデスマイバッハSクラス」として販売されています。

メルセデスマイバッハSクラス 新型

メルセデス・マイバッハ

メルセデス・マイバッハ

メルセデス・ベンツ日本は2017年の9月8日より、新型メルセデスマイバッハ『Sクラス』の予約受付を開始したと発表しています。

メルセデス・ベンツ日本の上野金太郎社長は同日都内で開いた発表会で「量産車として世界最高の後席の静粛性を実現できた」と述べました。

メルセデス・マイバッハ

メルセデス・マイバッハ

上野社長は「メルセデス・マイバッハは、メルセデスベンツブランドの傘のもとで究極のハイパフォーマンスを追求するメルセデスAMGと並び、究極のエクスクルーシブ性を追求する威厳と風格を備えたブランド」と、改めてマイバッハブランドの位置づけを強調。

その上で新型メルセデス・マイバッハ Sクラスについて「メルセデスベンツ『Sクラス』のロングモデルよりもさらに20cm長いホールベースを備え、しかもその延長分をすべて後席乗員の快適性向上のために充てることで、ゆったりとそして余裕のある後席の空間を実現した」と紹介。

メルセデスマイバッハSクラス 内装

メルセデス マイバッハ S560

メルセデス マイバッハ S560

メルセデス マイバッハ S560

メルセデス マイバッハ S560

メルセデス マイバッハ S560

メルセデス マイバッハ S560

メルセデスマイバッハSクラス 室内空間

メルセデス・マイバッハ

メルセデス・マイバッハ


メルセデスベンツ日本の上野金太郎社長が「メルセデスベンツ『Sクラス』のロングモデルよりもさらに20cm長いホールベースを備え、しかもその延長分をすべて後席乗員の快適性向上のために充てることで、ゆったりとそして余裕のある後席の空間を実現した」と紹介されるだけあって、室内空間は広々としています。また特筆したいのが後席空間。

後席空間に関しては「シートは左右ともにオットマンを備え、43.5度までのリクライニングが可能なエグゼクティブシートを採用。またホットストーン式リラクゼーション機能を含む6種類のマッサージプログラム、左右のフロントシート背面には10インチ大画面モニターとワイヤレスヘッドホンによる移動中でも映画やテレビ番組などを楽しめるリアエンターテインメントシステム、アームレストなど手に触れる部分を快適な温度に温める各種ヒーター、高級素材をクラフトマンシップで丹念に仕上げたインテリアが、その快適性をさらに高める」とあって、まさにラグジュアリーな空間を楽しめます。

優れたエアロダイナミクスにより風切り音の低減と、後席を大きく囲む遮音材、特殊なシーリング技術などにより量産車として、静粛性についても安心です。

メルセデス・マイバッハ

メルセデス・マイバッハ

メルセデスマイバッハSクラス 基本スペック

メルセデス・マイバッハ

メルセデス・マイバッハ

【メルセデスマイバッハ 4WD S560 4MATIC 】
■全長×全幅×全高:5645×1915×1495mm
■ホイールベース:3365mm
■車両重量:2330kg


重量が2トン越えとあって、かなりの重厚感です。

このサイズ感ですと、やっぱりオーナーが運転する…のではなく、お抱え運転手に「〇〇君、どこどこまでお願いね」なんて行先を告げて、ゆったりとしたリヤシートに座って優雅なひと時を過ごしてみたいですよね。

いつか乗ってみたいものです。

メルセデスマイバッハSクラス、価格・値段はいくらくらい?

メルセデス・マイバッハ

メルセデス・マイバッハ

気になる、メルセデスマイバッハの値段ですが、日本市場に投入される新型マイバッハSクラスは、S560の2モデルがいずれも2253万円、S650が2761万円。

このうちS560 4MATICの納車が9月から、それ以外のモデルは12月を予定しているそうです。

メルセデスマイバッハSクラス 中古車価格は

なかなか新車でマイバッハSクラスは買えない、という方。中古車購入を検討してみてはいかがでしょうか。
気になるメルセデスマイバッハの中古車価格は以下の通りです。
平均価格:1410万円
価格帯:850万円~1990万円
※2020年1月現在

中古車とはいえ、さすがはマイバッハ。1000万円超がほとんどのようです。

メルセデスマイバッハSクラス 試乗記

メルセデスベンツ・マイバッハSクラス 試乗記

メルセデスベンツ・マイバッハSクラス 試乗記

メルセデスのトップグレード、マイバッハに乗った。このクルマの場合、本来乗ったというならば後席である。しかし、今回は運転をした。

全長5465mm。『S560』と付くから、メルセデスのそれと同じと思ったらいけない。メルセデスのS560は5255mmだから、マイバッハの方が240mm長い。そのうちの200mmがホイールベースで、実は前後オーバーハングはメルセデスの方が長い。フロントシートの寸法はメルセデスとマイバッハ共に完全に一致するのだが、後席はシート前後長で25mmマイバッハが大きく、逆に後席の座面から天井までの距離は30mmほどメルセデスの方が大きい。

メルセデスベンツ・マイバッハの乗り心地は

メルセデス マイバッハ S560

メルセデス マイバッハ S560

マイバッハをドライブすると、まさに運転手さんになった気分しかなかったのである。

【最新】メルセデスマイバッハに防弾仕様車?

メルセデスマイバッハに防弾仕様モデル?

メルセデスマイバッハに防弾仕様モデル?

2019年10月、メルセデスベンツは、メルセデスマイバッハ『Sクラス』(Mercedes-Maybach S Class)の防弾仕様車、「S650ガード」の最新モデルを欧州で発表しました。メルセデスベンツは90年以上に渡って、防弾対策などを施したリムジンを製作し、各国元首やVIPに納車してきた実績を持っています。

1980年以降、歴代『Sクラス』には、防弾仕様車が用意されてきましたが、このメルセデスベンツマイバッハSクラスの防弾仕様車が、S650ガードになります。

メルセデスベンツマイバッハSクラスの最上級グレード、「S650」がベースとなります。

防弾仕様車の頂点「メルセデスマイバッハS 650プルマンガード」

メルセデスマイバッハ Sクラス の防弾仕様車「S650プルマンガード」

メルセデスマイバッハ Sクラス の防弾仕様車「S650プルマンガード」

防弾仕様車の頂点に位置するのが、リムジンのメルセデスマイバッハ「S 650プルマンガード」。

2つのエグゼクティブシートを標準装備し、このセグメントで最も広い後席足元の空間を実現します。室内は、典型的なプルマンスタイルとなっており、最大4名の乗員が電動格納式パーティションの後ろに、向かい合って座ることができます。

メルセデスマイバッハ最新情報

メルセデスマイバッハ ウルトララグジュアリーな初のSUV登場?

《photo by Mercedes-Benz》メルセデスマイバッハ GLS 600 4MATIC

《photo by Mercedes-Benz》メルセデスマイバッハ GLS 600 4MATIC

メルセデスベンツは11月21日、中国で開催した広州モーターショー2019のプレビューイベントにおいて、メルセデスマイバッハ(Mercedes-Maybach)ブランド初のSUV、メルセデスマイバッハ『GLS 600 4MATIC』を初公開しました。

広州モーターショー2019で初公開されたメルセデスマイバッハGLS 600 4MATICは、ブランド初のSUV。

車名の「GLS」とは、メルセデスベンツのフルサイズSUV、GLSの新型がベースと示しています。

メルセデスマイバッハGLS 600 4MATICと競合するのは、ロールスロイス『カリナン』やベントレー『ベンテイガ』など、ウルトララグジュアリーSUVになりそうです。

《photo by Mercedes-Benz》メルセデスマイバッハ GLS 600 4MATIC

《photo by Mercedes-Benz》メルセデスマイバッハ GLS 600 4MATIC

《photo by Mercedes-Benz》メルセデスマイバッハ GLS 600 4MATIC

《photo by Mercedes-Benz》メルセデスマイバッハ GLS 600 4MATIC

《photo by Mercedes-Benz》メルセデスマイバッハ GLS 600 4MATIC

《photo by Mercedes-Benz》メルセデスマイバッハ GLS 600 4MATIC

最後に

いかがでしたか。

本記事では、メルセデスマイバッハについてご紹介いたしました。

泣く子も黙る、超高級車、メルセデスマイバッハ。
一度乗ってみたい、マイガレージに納品したいという方は一度販売店へどうぞ!!

関連する投稿


【2020年最新版】セダンの人気ランキングTOP6&おすすめ車種を一挙掲載

【2020年最新版】セダンの人気ランキングTOP6&おすすめ車種を一挙掲載

「セダン」。セダンと単に言っても、スポーツセダンからコンパクトセダンまで、様々なタイプのモデルが存在しています。最も売れているセダンは何なのか、人気ランキング形式で車種の燃費やスペック、価格等を比較できるよう紹介していきます。クルマ選びの参考にしてください。(※自販連より/2020年上半期を元に作成)


超大型セダン マイバッハ!新車・中古車情報をご紹介

超大型セダン マイバッハ!新車・中古車情報をご紹介

20世紀初頭にドイツで誕生した伝統あるブランド「マイバッハ」。マイバッハは乗る者に最高のステータスを約束する超大型セダンです。今回は長い沈黙を破り21世紀に復活を遂げた最高級セダン、マイバッハの魅力を伝えます。


【決定版】3列シート/7人乗りSUV 国産車&外車 全18車種を一覧で比較!

【決定版】3列シート/7人乗りSUV 国産車&外車 全18車種を一覧で比較!

ファミリーカーとして人気を博しているミニバンに待ったをかけるのが、多人数も乗れるSUV。最近では3列シート・7人乗りSUVが続々市場に導入されています。本記事では、現在日本で購入可能な、現役の国産車から外車まで、ありとあらゆるメーカーの「3列シート/7人乗り SUV」についてまとめてご紹介します。


外車・国産の高級車9選!

外車・国産の高級車9選!

一昔前までは、高級車と言えばロールスロイスがまず思い浮かびましたが、今では金額だけなら楽にロールスロイスを超える車が多く販売されています。そもそも金額の高い車だけを指して高級車と呼ぶのでしょうか?金額だけでは計り知れない魅力の高級車を今回はご紹介します。


メルセデスベンツ新型GLBが登場!新型GLAとの違いは?

メルセデスベンツ新型GLBが登場!新型GLAとの違いは?

メルセデス・ベンツは、7人乗りの新型SUV「GLB」とフルモデルチェンジを受けた都市型SUVの新型「GLA」の予約注文を開始しました。新型SUVの「GLB」とはどんな車種なのか?「GLA」との違いを比較しながら解説していきます。


最新の投稿


スマートキーの注意点やリレーアタック対策方法をご紹介!

スマートキーの注意点やリレーアタック対策方法をご紹介!

最近、多くの車種に採用されているスマートキー。その特徴と注意点をおさらいしましょう。メーカーによって異なるスマートキーシステムの呼称についても解説します。


ブレーキの鳴き、対策しないとどうなる?

ブレーキの鳴き、対策しないとどうなる?

ブレーキを踏む度に何やら嫌な音がしている。気にはなるけど放置している人はいませんか?重大なトラブルのシグナルかも知れませんよ。今回の記事では、ブレーキの鳴きの原因とその対処法について詳しく解説します。


【縦列駐車のコツ・やり方は?】出来ない人必見の動画や手順を紹介

【縦列駐車のコツ・やり方は?】出来ない人必見の動画や手順を紹介

教習所で苦戦する人が多い縦列駐車。免許取得後も、やり方を忘れてしまう人も多いのではないでしょうか。今回は縦列駐車のコツや手順、おすすめの動画などを合わせて掲載しています。


【軽自動車比較】おすすめ軽自動車10選!人気・燃費・広さで選ぶなら?

【軽自動車比較】おすすめ軽自動車10選!人気・燃費・広さで選ぶなら?

国内の自動車販売台数の内、3割以上の販売台数を占める軽自動車。こちらの記事では「燃費(JC08モード&実燃費)」、ファミリーに勧めたい「広さ・使い勝手」、「人気車種」と、各それぞれの項目でおすすめの軽自動車の概要や、特徴、新車・中古車平均価格、ユーザー評価等の情報をまとめています。


【2020年(令和2年)お盆休み】渋滞予測、混雑日、ピーク、混雑する道路は?

【2020年(令和2年)お盆休み】渋滞予測、混雑日、ピーク、混雑する道路は?

2020年のお盆休み期間中の高速道路の渋滞予測から、最も渋滞が予測されるピーク日をまとめています。今年は新型コロナウィルスの影響で、例年にも増してどうなるかわからない状況です。そんなお盆休みの渋滞予測に関する情報を随時更新していきます。※いまだ新型コロナウィルスが蔓延している状況からも、どうしても帰省しなければならない、緊急な用事等以外はお盆もご自宅でゆっくりすることをおすすめいたします。