目次へ戻る

ステーションワゴンの人気・おすすめ車種10選!価格・広さ等一覧で比較

ステーションワゴンの人気・おすすめ車種10選!価格・広さ等一覧で比較

アウトドアや車中泊にも適している「ステーションワゴン」。こちらの記事では、現在生産・販売されている国産車、外車のステーションワゴンの人気・おすすめ車種を10台選び紹介しています。それぞれの車種の特徴から燃費、新車・中古車の価格と国産車の売上人気ランキングも合わせて掲載しています。


ステーションワゴンとは、どんなボディタイプ?

ステーションワゴンは、もとはセダンをベースに、トランクを上にぐっと引き伸ばして人が乗るスペースとつなげることで大きな荷物も積みやすくしたものをいいます。

そのため、車高はセダンほどで、横に開くヒンジドアが一般的です。

重心が低く安定した走りができるので、自然溢れる場所へのお出かけや長距離の移動はお手の物です。

多くは2列シート5人乗りですが、3列シート7人乗りの車も存在しています。現在流通している車種の設計はセダンがベースのものだけでなく、コンパクトカーをベースにしたものや専用のものも存在し多岐にわたっています。

名前の由来は「駅(ステーション)」から人も荷物も運ぶために作られた「四輪車(ワゴン)」です。

ミニバンとの違いやメリットデメリットは?

では、人も荷物も積みたいと思ったときに候補に挙がるミニバンとはどう違うのでしょうか。

「屋根付きの車(キャラバン)」を短縮した言い方が「バン」です。そこから想像できるように、荷物を積むための車を人が乗れるようにした車が「ミニバン」です。

ミニバンはセダンに比べ高さがあります。そのため幅や高さがあっても開きやすいスライドドアを採用し、後部座席でも乗り降りしやすいように配慮されています。

乗車人数も6人乗り以上のため、大人数での移動や、乗降性も良いのでファミリー層にも人気です。

スライドドアのステーションワゴンがあれば、と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、スライドドアは重たいため、搭載するだけで重心が高くなり、安定性が損なわれてしまいます。

セダンの運転しやすさをメリットするステーションワゴンにそんな物を積んでは本末転倒です。
つまり、ミニバンは人が乗り降りしやすかわりに運転するときにぐらぐらしやすいともいえます。運転しやすさで選ぶならステーションワゴンがおすすめというわけです。

・車高がある、スライドドア、乗り降りしやすい→ミニバン
・車高はほどほど、ヒンジドア、運転がしやすい→ステーションワゴン

と覚えておきましょう。

【国産】人気・おすすめのステーションワゴンをメーカー毎に比較

ここからは国産車のメーカーの現在販売されている車種をご紹介していきます。

それぞれ、車種毎の特徴とボディサイズや燃費などの主要諸元、新車価格、中古車価格の相場についてをまとめています。

それぞれの車種情報についての詳細は各リンクよりご覧頂けます。

トヨタのおすすめステーションワゴン

カローラ フィールダー

【特徴】
・走りを選べる2つのモードスイッチで「エコドライブモード」燃費優先&省エネモードを選択可能。
・エンジン音を抑えて駆動できる「EVドライブモード」を搭載。
・長距離ドライブでも疲れにくいアクセル無しでの定速走行も可能。
・「スポーツモードスイッチ」でレスポンスのいい運転も実現。

 
カローラ フィールダー 基本情報・スペック表・価格
駆動方式2WD
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4400×1695×1475
最大乗車定員5名
燃費JC08モード 23.0km/L
総排気量1,496cc
最高出力80kW[109PS]/6,000r.p.m.
最大トルク136N・m[13.9kgf・m]/4,400r.p.m.
新車価格1,774,440円~
参照グレード:1.5X(CVT)

【中古車価格】
中古車価格に関しては170万円~200万円前後が相場ですが、走行距離が長く古い年式だと20万円程度から購入可能なので、とにかく安く入手したい方は調べてみる価値があります。

トヨタ カローラフィールダー 中古車車検索 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/assistance/usedcar/search/TO/S046/0/0/0/0/0/0/0/0/0/0/JPN/0/0/0/0/0/0/0/0/0/7/20/1/

トヨタ カローラフィールダーの中古車を買うならレスポンス中古車。レスポンス中古車は、最大20万台以上の豊富な在庫から中古車を検索できます

プリウスα

【特徴】
・人数やモノの形に合わせてシートアレンジが可能。
・5人乗車時でも500L以上、セカンドシートを倒せば最大1,070Lのラゲージスペースを確保。
・フロントシートの片側とセカンドシートを倒せばサーフボードや楽器といった長い尺のものを収納することも可能。
・運転席と助手席を倒すことでゆったりと横になる場所も確保可能。
・ステーションワゴンでありながら7人乗りのパターンも存在。

 
プリウスα 基本情報・スペック表・価格
駆動方式2WD
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4630×1775×1575
最大乗車定員7名
燃費JC08モード 26.2km/L
総排気量1,797cc
最高出力73kW[99PS]/5,200r.p.m.
最大トルク142N・m[14.5kgf・m]/4,000r.p.m.
新車価格2,914,920円~
参照グレード:S(7人乗り)

【中古車価格】
中古車価格に関しては、5年前の2013年式~であれば100万円以下でも購入可能な車が多数あります。状態の良いものも多いため、ミニバンの様な広さを求める方には非常におすすめです。

トヨタ プリウスα 中古車車検索 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/assistance/usedcar/search/TO/S220/0/0/0/0/0/0/0/0/0/0/JPN/0/0/0/0/0/0/0/0/0/7/20/1/

トヨタ プリウスαの中古車を買うならレスポンス中古車。レスポンス中古車は、最大20万台以上の豊富な在庫から中古車を検索できます

ホンダのおすすめステーションワゴン

ジェイド

【特徴】
・低く流れるような街に溶け込むおしゃれな低全高のスタイリング。
・座って感じる頭上の広さ、二列目空間の足元にも余裕がありシートも厚手。
・後部座席にはエアコンの吹出口、大型のセンターアームレストやドリンクホルダーもついていて過ごしやすさを実感。
・走行中の雑音を厚みのある遮音ガラスで低減。
・荒い路面でもとにかく過ごしやすい。
・6人乗りモデルも有。

 
ジェイド 基本情報・スペック表・価格
駆動方式2WD
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4660×1775×1530
最大乗車定員5名
燃費JC08モード 18.0km/L
総排気量1,496cc
最高出力110kW[150PS]/5,500r.p.m.
最大トルク203N・m[20.7kgf・m]/1,600-5000r.p.m.
新車価格2,398,680円~
参照グレード:G・Honda SENSING

【中古価格】
中古価格に関しては上述のモデルだと190万円ほど、上位モデルは250万円~300万円前後が相場です。

ホンダ ジェイド 中古車車検索 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/assistance/usedcar/search/HO/S105/0/0/0/0/0/0/0/0/0/0/JPN/0/0/0/0/0/0/0/0/0/7/20/1/

ホンダ ジェイドの中古車を買うならレスポンス中古車。レスポンス中古車は、最大20万台以上の豊富な在庫から中古車を検索できます

マツダのおすすめステーションワゴン

アテンザワゴン

【特徴】
・大人の感性に響く上質なおもてなし感。
・味わい深い本杢(セン)のパネル、艶となめらかな風合いを併せ持つウルトラスエード、ヌーをインパネに採用。
・日本の伝統的なエレガントなエクステリアとインテリアを表現。
・不快な振動を遮断する素材を座面に用いることで長時間の移動も快適な座り心地。
・体にフィットする背もたれや座面構造で理想的な姿勢をキープ。

 
アテンザ 基本情報・スペック表・価格
駆動方式2WD
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4805×1840×1480
最大乗車定員5名
燃費JC08モード 16.6km/L
総排気量1,997cc
最高出力115kW[156PS]/6,000r.p.m.
最大トルク199N・m[20.3kgf・m]/4,000r.p.m.
新車価格2,829,600円~
参照グレード:20S

【中古価格】
中古価格の相場は上位モデルが300万円~400万円の間。H29の年式だと2.2XDプロアクティブディーゼルターボが250万円~300万円前後で購入可能となっています。

マツダ アテンザスポーツワゴン 中古車車検索 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/assistance/usedcar/search/MA/S009/0/0/0/0/0/0/0/0/0/0/JPN/0/0/0/0/0/0/0/0/0/7/20/1/

マツダ アテンザスポーツワゴンの中古車を買うならレスポンス中古車。レスポンス中古車は、最大20万台以上の豊富な在庫から中古車を検索できます

スバルのおすすめステーションワゴン

レヴォーグ

【特徴】
・スポーツマインドを昂らせる最上のエクステリア、洗練さを放つフロントマスクに、存在感を際立たせるアルミホイール。
・排気量から想像できないパワーと低燃費を両立し、高い経済性や優れたロングツーリング性能を併せ持つ。
・1.6Lインテリジェント“DIT”が、「過給ダウンサイジングエンジンの開発」で平成26年度日本燃焼学会「技術賞」を受賞。

 
レヴォーグ 基本情報・スペック表・価格
駆動方式AWD
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4690×1780×1495
最大乗車定員5名
燃費JC08モード 16.0km/L
総排気量1,599cc
最高出力125kW(170PS)/4800-5600r.p.m.
最大トルク250N・m(25.5kgf・m)/1800-4800r.p.m.
新車価格2,862,000円~
参照グレード:1.6GTEyeSight

【中古車価格】
中古価格は上述のモデルでも本体価格280万円と新車同等の価格です。あまり値下がりしないところから人気がうかがえます。1.6GT-Sは本体価格300万円~入手可能となっております。

スバル レヴォーグ 中古車車検索 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/assistance/usedcar/search/SB/S052/0/0/0/0/0/0/0/0/0/0/JPN/0/0/0/0/0/0/0/0/0/7/20/1/

スバル レヴォーグの中古車を買うならレスポンス中古車。レスポンス中古車は、最大20万台以上の豊富な在庫から中古車を検索できます

ダイハツのおすすめステーションワゴン

メビウス

【特徴】
・トヨタのプリウスαのOEM車。
・TFTマルチインフォメーションディスプレイ搭載で車内の様々な情報がわかりやすく表示。
・センターメーターは照度コントロール付きで見やすさに配慮。

 
メビウス 基本情報・スペック表・価格
駆動方式2WD
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4630×1775×1575
最大乗車定員7名
燃費JC08モード 26.2km/L
総排気量1,797cc
最高出力73kW[99PS]/5,200r.p.m.
最大トルク142N・m[14.5kgf・m]/4,000r.p.m.
新車価格2,708,640円~
参照グレード:S(5人乗り)

【中古車価格】
中古車の出品はかなり台数が少ない状況です。価格的には100万~150万円程で見ていれば検討範囲内にはなりますが、メビウスを中古で検討したいという方は、常に情報をチェックすることをおすすめします。

プリウスαのOEM車なので同タイプの車種を探している場合はそちらを参照するといいでしょう。

ダイハツ メビウス 中古車車検索 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/assistance/usedcar/search/DA/S068/0/0/0/0/0/0/0/0/0/0/JPN/0/0/0/0/0/0/0/0/0/7/20/1/

ダイハツ メビウスの中古車を買うならレスポンス中古車。レスポンス中古車は、最大20万台以上の豊富な在庫から中古車を検索できます

【外車】人気・おすすめのステーションワゴン

海外メーカーでもステーションワゴンは人気です。メルセデス・ベンツとBMWの2メーカーで紹介していきます。

メルセデス・ベンツのおすすめステーションワゴン

Cクラス ワゴン

【特徴】
・最先端のレーダーセーフティパッケージを装備することで世界最高峰の安全性を実現。
・メルセデス初のベルトドライブ式スタータージェネレーター搭載。

 
Cクラス ワゴン 基本情報・スペック表・価格
駆動方式2WD(FR)
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4702×1810×1457
最大乗車定員5名
総排気量1,595cc
最高出力115kW[156PS]/5,300r.p.m.
最大トルク250N・m[25.5kgf・m]/1,200-4,000r.p.m.
新車価格5,130,000円~

【中古車価格】
中古車の相場は460万円~500万円となっています。

メルセデス・ベンツ Cクラスワゴン 中古車車検索 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/assistance/usedcar/search/ME/S005/0/0/0/0/0/0/0/0/0/0/GER/0/0/0/0/0/0/0/0/0/7/20/1/

メルセデス・ベンツ Cクラスワゴンの中古車を買うならレスポンス中古車。レスポンス中古車は、最大20万台以上の豊富な在庫から中古車を検索できます

Eクラス ワゴン

関連する投稿


【国産車】日本の現行国産ステーションワゴンまとめ

【国産車】日本の現行国産ステーションワゴンまとめ

国産の現行ステーションワゴンについてメーカー別にまとめました。ステーションワゴンが気になるという方はぜひ本記事を読んでくださいね。


【2018年版】セダンの売上人気ランキングTOP10&おすすめ車種を一挙掲載

【2018年版】セダンの売上人気ランキングTOP10&おすすめ車種を一挙掲載

車のボディタイプ「セダン」。セダンと単に言っても、スポーツセダンからコンパクトセダンまで、様々なタイプのモデルが存在しています。今回は、2018年上半期、最も売れたセダンは何なのか、人気ランキング形式で車種の燃費やスペック、価格等を比較できるよう紹介していきます。クルマ選びの参考にしてください。


スバルレヴォーグ次期型最新情報 初のフルモデルチェンジで2019年登場か

スバルレヴォーグ次期型最新情報 初のフルモデルチェンジで2019年登場か

スバルのステーションワゴン、『レヴォーグ』。発売から4年が経過し、いよいよ初となるフルモデルチェンジが迫ってきています。本記事ではそんなレヴォーグ次期型に関する最新情報をまとめています。


2018年上半期 軽自動車販売台数ランキングを分析!N-BOXに死角はあるのか?

2018年上半期 軽自動車販売台数ランキングを分析!N-BOXに死角はあるのか?

全国軽自動車協会連合会が7月5日、2018年上半期(1月~6月)の軽四輪車通称名別新車販売速報を発表しました。N-BOXが圧倒的に売れている印象の2018年の軽自動車市場ですが、上半期を振り返って分析してみました。下半期に期待の新型車もピックアップしてみました。


4月の軽自動車販売ランキング分析!新車販売総合は軽自動車が上位独占!!

4月の軽自動車販売ランキング分析!新車販売総合は軽自動車が上位独占!!

2018年4月の通称名別新車販売台数が発表されました。3月の決算月の後の4月は販売台数は一段落して下がる傾向がありますが、各社の販売台数はどうだったのでしょうか?軽自動車のベスト15のランキング中心に、新車総合販売台数も含めご紹介します。


最新の投稿


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【12月11日更新】


【まさか復活!?それとも】マツダがMX-6を商標登録 MX-6とは

【まさか復活!?それとも】マツダがMX-6を商標登録 MX-6とは

マツダが『MX-6』の名前を商標登録していたことが判明しました。これは、日本の特許庁の公式サイトから明らかになったものです。このMX-6とは、過去にマツダが発売していたクーぺ。これはいったい…?


大雪時のタイヤチェーン装着義務 13区間(高速7・国道6)で実施|場所はどこ?

大雪時のタイヤチェーン装着義務 13区間(高速7・国道6)で実施|場所はどこ?

2018年11月15日に国土交通省より発表された 「タイヤチェーンを取り付けていない車両通行止め」規制。11月15日~11月28日までの間、パブリックコメントの募集を行い、12月10日に同交通規制が実施される道路を発表しました。実施される道路情報と、規制についての概要、違反時の罰則や実施時期について掲載しています。


トヨタのカローラスポーツ新型 価格・試乗記・スペックほか

トヨタのカローラスポーツ新型 価格・試乗記・スペックほか

6月26日より発売されている、12年ぶりにハッチバックスタイルを復活させた、トヨタの新型車『カローラスポーツ』。本記事ではカローラスポーツの詳細情報をまとめています。価格・試乗記・スペックほか


【ロサンゼルスモーターショー2018】最後のビートルが登場!

【ロサンゼルスモーターショー2018】最後のビートルが登場!

ロサンゼルスモーターショー2018にて、最後のビートルとなる、ザ・ビートル ファイナルエディションが公開されました。長年にわたり、多くの人に愛されてきたビートル。最新情報をまとめています。