目次へ戻る

ステーションワゴンの人気・おすすめ車種10選!価格・広さ等一覧で比較

ステーションワゴンの人気・おすすめ車種10選!価格・広さ等一覧で比較

アウトドアや車中泊にも適している「ステーションワゴン」。こちらの記事では、現在生産・販売されている国産車、外車のステーションワゴンの人気・おすすめ車種を10台選び紹介しています。それぞれの車種の特徴から燃費・新車・中古車の価格と国産車の売上人気ランキングも合わせて掲載しています。(※2020年3月29日更新しました)

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ステーションワゴンとは、どんなボディタイプ?

ステーションワゴンは、もとはセダンをベースに、トランクを上にぐっと引き伸ばして人が乗るスペースとつなげることで大きな荷物も積みやすくしたものをいいます。

そのため、車高はセダンほどで、横に開くヒンジドアが一般的です。

ステーションワゴンのメリットとして、見れば誰でも分かるくらいに重心が低いことによる低重心で安定した走りが可能なことが挙げられます。

人・モノを多数乗せる・積むことができるので、自然溢れる場所へのお出かけ(つまりアウトドアなど)や長距離の移動(ロングドライブ)をより充実したものへと導いてくれるところも魅力的です。

多くは2列シート5人乗りですが、3列シート7人乗りの車も存在しています。現在流通している車種の設計はセダンがベースのものだけでなく、コンパクトカーをベースにしたものや専用のものも存在し多岐に渡っていますので、選択肢の幅の広さが期待できます。

ちなみに、ステーションワゴンという名前の由来は、「駅(ステーション)」から人も荷物も運ぶために作られた「四輪車(ワゴン)」、にあるようです。

ミニバンとの違いやメリットデメリットは?

では、人も荷物も積みたいと思ったときに候補に挙がるミニバンとはどう違うのでしょうか。ステーションワゴンとミニバンの違い、これは誰しも必ず疑問を持つ現代人の永遠のテーマです。

「屋根付きの車(キャラバン)」を短縮した言い方が「バン」です。そこから想像できるように、荷物を積むための車を人が乗れるようにした車が「ミニバン」です。

ミニバンではスライドドアが採用されている

ステーションワゴンとミニバンの決定的な違いはスライドドアの有無です。

大方のミニバンには後部座席にスライドドアが採用されています。スライドドアが採用されている、つまりヒンジ型のドア(一般的な運転席・助手席に採用されている扇のように開閉されるドアのこと)のように開閉にスペースがほとんど必要なく、快適・安全に車内へ乗り込む・車内から降りることができるのです。

ボディサイズに注目すると、総じてミニバンはセダンよりも高さがある、つまり全高や室内高が高くなっています。座席に座った際のヘッドクリアランスを確保することで室内における快適性を確保するということが、ミニバンの全高が高い理由と考えて良いでしょう。

特にミニバンに関しては、長期連休や週末などで家族・親族団欒となる際に、小さい子供から年配の方まで乗る可能性が非常に高いです。乗り降りのしやすさやドア開閉時のリスク軽減を考えれば、ミニバンでスライドドアを採用することは合理的と言えます(ちなみに、ミニバンの乗車人数は総じて7名以上です。トヨタ シエンタやホンダ グリードのようにコンパクトタイプのミニバンでも5/6/7名モデルが用意されています)。

スライドドアは便利だが剛性低下・重量増加がネック

上記で説明したようにスライドドアには便利な要素もありますが、ドア自体の開口部(開く大きさ)が広いことでボディ剛性が低下すること、ヒンジ型ドアよりも重たく車両重量が増加すること、といったデメリットも理解しておきましょう。

その点、ステーションワゴンタイプの自動車はヒンジタイプのドアのためボディ剛性や重量面でもスライドドア(ミニバン)より有利です。ミニバンより全高が低く重心も低いので、スポーティーな側面を感じることもできます。

ミニバンとステーションワゴン、それぞれメリット・デメリットを持っていますし、そもそも考えられている用途が異なります。よりスポーティーで人も乗せられる自動車を希望するのであれば、ステーションワゴンがおすすめです。

【国産】人気・おすすめのステーションワゴンをメーカー毎に比較

ここからは国産車のメーカーの現在販売されている車種をご紹介していきます。

それぞれ、車種毎の特徴とボディサイズや燃費などの主要諸元、新車価格、中古車価格の相場についてをまとめています。

それぞれの車種情報についての詳細は各リンクよりご覧頂けます。

トヨタのおすすめステーションワゴン

カローラ フィールダー

【特徴】
・走りを選べる2つのモードスイッチで「エコドライブモード」燃費優先&省エネモードを選択可能。
・エンジン音を抑えて駆動できる「EVドライブモード」を搭載。
・長距離ドライブでも疲れにくいアクセル無しでの定速走行も可能。
・「スポーツモードスイッチ」でレスポンスのいい運転も実現。

 
カローラ フィールダー 基本情報・スペック表・価格
駆動方式2WD
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,400mm x 1,695mm x 1,475〜1,500mm
ホイールベース 2,600rpm
最大乗車定員5名
燃費ガソリン車:16.4〜23.0km/L
ハイブリッド車:34.4km/L
総排気量1,496cc
最高出力1NZ-FXE型:54(74)/4,800
2NR-FKE型:80(109)/6,000
1NZ-FE型:80(109)/6,000(MT)または76(103)/6,000(CVT)
最大トルク(N・m(kgf・m))/rpm1NZ-FXE型:111(11.3)/3,600〜4,400
2NR-FKE型:136(13.9)/4,400
1NZ-FE型:138(14.1)/4,400(MT)または132(13.5)/4,400(CVT)
変速機5速MT・CVT・電気式無段変速機(ハイブリッド)
新車価格1,698,400~2,281,400円

※新車情報は公式サイト調べ(2020年3月現在)

【中古車価格】
年式2019年のモデルの中古車価格相場は113.8万円〜270.0万円となっています。

1年経つか経っていないかということもあり中古車相場は新車価格にまだまだ近い価格帯です。

現在のグレードで着になるモデルがありましたら、新車で購入するのも良いのではないでしょうか。

※中古車相場はレスポンス中古車検索より(2020年3月現在)

トヨタ カローラフィールダー 中古車車検索 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/assistance/usedcar/search/TO/S046/0/0/0/0/0/0/0/0/0/0/JPN/0/0/0/0/0/0/0/0/0/7/20/1/

トヨタ カローラフィールダーの中古車を買うならレスポンス中古車。レスポンス中古車は、最大20万台以上の豊富な在庫から中古車を検索できます

プリウスα

【特徴】
・人数やモノの形に合わせてシートアレンジが可能。
・5人乗車時でも500L以上、セカンドシートを倒せば最大1,070Lのラゲージスペースを確保。
・フロントシートの片側とセカンドシートを倒せばサーフボードや楽器といった長い尺のものを収納することも可能。
・運転席と助手席を倒すことでゆったりと横になる場所も確保可能。
・ステーションワゴンでありながら7人乗りのパターンも存在。

 
プリウスα 基本情報・スペック表・価格
駆動方式2WD
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,630〜4,645mm x 1,775mm x 1,575mm
ホイールベース 2,780mm
最大乗車定員5/7名
燃費JC08モード 26.2km/L
総排気量1,797cc
最高出力73kW(99PS)/5,200r.p.m.
最大トルク142N・m(14.5kgf・m)/4,000r.p.m.
変速機電気式無段変速機
新車価格2,612,500〜3,622,300円

※新車情報は公式サイト調べ(2020年3月現在)

【中古車価格】
中古車価格は2011年モデルから現行モデルまで合わせて34.8万円〜359.0万円という価格帯となっています。状態の良いものも多いため、ミニバンの様な広さを求める方には非常におすすめです。

※中古車相場はレスポンス中古車検索より(2020年3月現在)

トヨタ プリウスα 中古車車検索 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/assistance/usedcar/search/TO/S220/0/0/0/0/0/0/0/0/0/0/JPN/0/0/0/0/0/0/0/0/0/7/20/1/

トヨタ プリウスαの中古車を買うならレスポンス中古車。レスポンス中古車は、最大20万台以上の豊富な在庫から中古車を検索できます

ホンダのおすすめステーションワゴン

ジェイド

【特徴】
・低く流れるような街に溶け込むおしゃれな低全高のスタイリング。
・座って感じる頭上の広さ、二列目空間の足元にも余裕がありシートも厚手。
・後部座席にはエアコンの吹出口、大型のセンターアームレストやドリンクホルダーもついていて過ごしやすさを実感。
・走行中の雑音を厚みのある遮音ガラスで低減。
・荒い路面でもとにかく過ごしやすい。
・6人乗りモデルも有。

 
ジェイド 基本情報・スペック表・価格
駆動方式2WD
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,660mm ×1,775mm × 1,530〜1,540mm
ホイールベース2,760mm
最大乗車定員5/6名
燃費ガソリン車:17.6〜18.0km/L(JC08モード)
ハイブリッド車:24.2km/L(JC08モード)
総排気量1,496cc
最高出力ガソリン車:110kW(150PS)/5,500rpm
ハイブリッド車:96kW(131PS)/6,600rpm
最大トルクガソリン車:203N・m(20.7kgf・m)/1,600-5000rpm
ハイブリッド車:155N・m(15.8kgf・m)/4,600rpm
変速機CVT・7速AT+パドルシフト
新車価格2,443,100〜3,146,000円

※新車情報は公式サイト調べ(2020年3月現在)

【中古価格】
中古車価格相場は2015年以降のモデルで75.9万円〜269.8万円となっています。すでに4年以上経過しているわけですから、新車価格と比較して中古車価格も安くなっている印象です。100万円以下の中古車が流れている点も、注目です。

※中古車相場はレスポンス中古車検索より(2020年3月現在)

ホンダ ジェイド 中古車車検索 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/assistance/usedcar/search/HO/S105/0/0/0/0/0/0/0/0/0/0/JPN/0/0/0/0/0/0/0/0/0/7/20/1/

ホンダ ジェイドの中古車を買うならレスポンス中古車。レスポンス中古車は、最大20万台以上の豊富な在庫から中古車を検索できます

シャトル

ホンダ シャトル

・ステーションワゴンであるがこちらはコンパクト・ステーションワゴン。
・1種類のガソリンエンジン搭載グレードと3種類のハイブリッド車グレード。
・ベースグレード車は最安で180万円代。
・スタイリッシュで都会的なところがグッド。

 
シャトル 基本情報・スペック表・価格
駆動方式2WD・4WD
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,440mm x 1,695mm x 1,545〜1,570mm
ホイールベース2,530mm
最大乗車定員5名
燃費【ガソリン車】18.8〜22.0km/L(JC08モード)
17.2〜19.4km/L(WLTCモード)
【ハイブリッド車】26.0〜33.2km/L(JC08モード)
20.4〜25.2km/L
総排気量1,496cc(LEB型・L15B型)
最高出力(kW(PS)/rpm)L15B型:95(129)/6,600
LEB型:81(110)/6,000
最大トルクL15B型:153(15.6)/4,600
LEB型:134(13.7)/5,000
変速機CVT・7速AT+パドルシフト
新車価格1,808,400〜2,772,000円

※新車情報は公式サイト調べ(2020年3月現在)

【中古車価格】
中古車価格は年式2015年以降で79.9万円〜265.0万円となっています。80万円を切る中古車があり、ベースグレードの半値以上を下回る価格です。中古車で程度の良いものがあれば、そちらでもおすすめします。

マツダのおすすめステーションワゴン

マツダ MAZDA6(旧名アテンザワゴン)

【特徴】
・大人の感性に響く上質なおもてなし感。
・味わい深い本杢(セン)のパネル、艶となめらかな風合いを併せ持つウルトラスエード、ヌーをインパネに採用。
・日本の伝統的なエレガントなエクステリアとインテリアを表現。
・不快な振動を遮断する素材を座面に用いることで長時間の移動も快適な座り心地。
・体にフィットする背もたれや座面構造で理想的な姿勢をキープ。
(new)・MAZDA6に車名変更され、ガソリン車に直噴ターボエンジン搭載モデルが登場。

 
MAZDA6 基本情報・スペック表・価格
駆動方式2WD
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,805mm × 1,840mm × 1,480mm
ホイールベース2,750mm
最大乗車定員5名
燃費【ガソリン車】
14.8〜16.6km/L(JC08モード)
14.2〜15.0km/L(WLTCモード)
【ディーゼル車】
17.8km/L(WLTCモード)
総排気量1,997cc(SKYACTIV-G 2.5)
2,488cc(SKYACTIV-G 2.0)
2,188cc(SKYACTIV-D 2.2)
最高出力(kW(PS)/rpm)【SKYACTIV-G 2.5】140(190)/6,000
【SKYACTIV-G 2.0】115(156)/6,000
【SKYACTIV-G 2.5T】169(230)/4,250
【SKYACTIV-D 2.2】140(190)/4,500
最大トルク(N・m(kgf・m)/rpm) 【SKYACTIV-G 2.5】252(25.7)/4,000
【SKYACTIV-G 2.0】199(20.3)/4,000
【SKYACTIV-G 2.5T】420(42.8)/2,000
【SKYACTIV-D 2.2】450(45.9)/2,000
変速機6速AT
新車価格2,893,000〜4,317,500円

※新車情報は公式サイト調べ(2020年3月現在)

【中古価格】
中古価格の相場は299.0万円〜394.0万円となっています。この中古車相場ははMAZDA6の中古車相場です。

2012年以降の年式にすると43.8万円〜379.8万円となっています。

搭載エンジンの中古車価格に占める要素が高いと思われますので、中古車でMAZDA6を探している方はまず希望するエンジンを選択肢、それが予算内であるか否かを判断して、程度の良い中古車を探すようにしましょう。

※中古車相場はレスポンス中古車検索より(2020年3月現在)

マツダ アテンザスポーツワゴン 中古車車検索 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/assistance/usedcar/search/MA/S009/0/0/0/0/0/0/0/0/0/0/JPN/0/0/0/0/0/0/0/0/0/7/20/1/

マツダ アテンザスポーツワゴンの中古車を買うならレスポンス中古車。レスポンス中古車は、最大20万台以上の豊富な在庫から中古車を検索できます

スバルのおすすめステーションワゴン

レヴォーグ

【特徴】
・スポーツマインドを昂らせる最上のエクステリア、洗練さを放つフロントマスクに、存在感を際立たせるアルミホイール。
・スバルの象徴でもある水平対向エンジンを搭載。
・排気量から想像できないパワーと低燃費を両立し、高い経済性や優れたロングツーリング性能を併せ持つ。
・1.6Lインテリジェント“DIT”が、「過給ダウンサイジングエンジンの開発」で平成26年度日本燃焼学会「技術賞」を受賞。
・全グレードに先進運転支援システムの「アイサイト」を標準装備。

 
レヴォーグ 基本情報・スペック表・価格
駆動方式AWD
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,690mm ×1780mm × 1,490〜1,500mm
ホイールベース 2,650mm
最大乗車定員5名
燃費13.2〜16.0km/L(JC08モード)
総排気量1,599cc(FB16型)
1,998cc(FA20型)
最高出力(kW(PS)/rpm)FB16型:125(170)/4,800-5,600
FA20型:221(300)/5,600
最大トルク(N・m(kgf・m)/rpm) FB16型:250(25.5)/1,800-4,800
FA20型:400(40.8)/2,000-4,800
変速機CVT(リニアトロニック/スポーツリニアトロニック)
新車価格2,915,000〜3,685,000円

※新車情報は公式サイト調べ(2020年3月現在)

【中古車価格】
2014年から発売されているレヴォーグの中古車相場は66.0万円〜440.0万円です。100万円を下回る中古車もあることがわかります。

グレードが5種類と豊富ですから、中古車を検討する際にはどの程度価格が下がっていて程度はどれほどかを理解した上で購入しましょう。

※中古車相場はレスポンス中古車検索より(2020年3月現在)

スバル レヴォーグ 中古車車検索 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/assistance/usedcar/search/SB/S052/0/0/0/0/0/0/0/0/0/0/JPN/0/0/0/0/0/0/0/0/0/7/20/1/

スバル レヴォーグの中古車を買うならレスポンス中古車。レスポンス中古車は、最大20万台以上の豊富な在庫から中古車を検索できます

ダイハツのおすすめステーションワゴン

メビウス

【特徴】
・トヨタのプリウスαのOEM車。
・TFTマルチインフォメーションディスプレイ搭載で車内の様々な情報がわかりやすく表示。
・センターメーターは照度コントロール付きで見やすさに配慮。
・トヨタのエンブレムよりもダイハツにこだわりのある方やダイハツ好きな方におすすめ。

 
メビウス 基本情報・スペック表・価格
駆動方式2WD
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4630×1775×1575
ホイールベース 2,780mm
最大乗車定員5名
燃費26.2km/L(JC08モード)
総排気量1,797cc(2ZR-FXE型)
最高出力73kW(99PS)/5,200rpm
最大トルク142N・m(14.5kgf・m)/4,000rpm
変速機電気式無段変速機
新車価格2,612,500〜3,073,400円

※新車情報は公式サイト調べ(2020年3月現在)

【中古車価格】
中古車の出品はかなり台数が少ない状況で、3月時点で9台のみとなっています。

中古車の価格帯は66.0万円〜146.0万円となっていて、新車価格のわりには安い印象です。中古車のコンディションに納得することができれば、お買い得な車種と言えるでしょう。

価格的には100万~150万円程で見ていれば検討範囲内にはなりますが、メビウスを中古で検討したいという方は、常に情報をチェックすることをおすすめします。

※中古車相場はレスポンス中古車検索より(2020年3月現在)

ダイハツ メビウス 中古車車検索 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/assistance/usedcar/search/DA/S068/0/0/0/0/0/0/0/0/0/0/JPN/0/0/0/0/0/0/0/0/0/7/20/1/

ダイハツ メビウスの中古車を買うならレスポンス中古車。レスポンス中古車は、最大20万台以上の豊富な在庫から中古車を検索できます

【外車】人気・おすすめのステーションワゴン

海外メーカーでもステーションワゴンは人気です。むしろステーションワゴンと聞いたら外国の自動車メーカーを思い浮かべる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回はメルセデス・ベンツとBMWの2メーカーにフォーカス、各メーカーの展開するステーションワゴンを紹介していきます。

メルセデス・ベンツのおすすめステーションワゴン

Cクラス ワゴン

関連するキーワード


ステーションワゴン

関連する投稿


スバルの新型レヴォーグ発売は2020年秋?最新情報

スバルの新型レヴォーグ発売は2020年秋?最新情報

スバルが誇るスポーツワゴンレヴォーグがついに新型となって登場です。スバルはいよいよ新型「レヴォーグ」生産の準備開始しました。現行モデルでも素晴らしい走行性能を持つレヴォーグですが、2020年秋に発売されるという新型は、どんな進化を遂げたのでしょうか?現在発表されている情報をもとに全力でご紹介します。(※2020年5月更新しました)


【2020年度版】メルセデス・ベンツ ステーションワゴン一覧まとめ

【2020年度版】メルセデス・ベンツ ステーションワゴン一覧まとめ

贅沢なラゲッジスペースを確保しながら、高級感を維持した外観が魅力的なメルセデス・ベンツのステーションワゴン。今回は、メルセデス・ベンツのステーションワゴンの特徴・スペックをご紹介します。


【2020年度】アウディのステーションワゴン一覧

【2020年度】アウディのステーションワゴン一覧

最近話題になっているソロキャンプ。自然の中で焚火を眺め癒されるのはいいですよね。でも本格的にテントで寝るのはちょっと抵抗がある方には車中泊に適しているステーションワゴンがオススメです。その中でも今回は、アウディのステーションワゴンをいくつかご紹介したいと思います。


【2020年度】ボルボのステーションワゴン一覧

【2020年度】ボルボのステーションワゴン一覧

ボルボは、北欧スウェーデンを本拠地とする老舗自動車メーカーです。日本で人気が高まってきたのは比較的最近の話ですが、ボルボの自動車生産の歴史は古く、100年近い歴史を持っています。そのボルボのラインアップの中でも、今回はステーションワゴンを取り上げてご紹介します。


【2020年度版】スバル ステーションワゴン一覧まとめ

【2020年度版】スバル ステーションワゴン一覧まとめ

アウトドアでの活動などに便利なラゲッジスペースをたっぷりと確保しながら、都会的なデザインが魅力的なステーションワゴン。スバルでもステーションワゴンが発売されているのですが、3車種あることから、どれを選べばいいのか迷うところでしょう。今回は、3車種のステーションワゴンの特徴とスペックをまとめています。


最新の投稿


ミラー型ドライブレコーダーの取り付け方やおすすめをご紹介!

ミラー型ドライブレコーダーの取り付け方やおすすめをご紹介!

最近よく聞く「ドライブレコーダー」という言葉。「取り付けたいとは思っているけど、種類が豊富で何を選んだらよいのかわからない」という方も多いかと思います。今回は、そんな方向けに数あるドライブレコーダーの中でも、最もお手軽に取り付けられるミラー型ドライブレコーダーのおすすめをご紹介します。


家でキャンプ?車中泊キャンプにおすすめのグッズをご紹介!

家でキャンプ?車中泊キャンプにおすすめのグッズをご紹介!

キャンプをしたいけど外出できない。それならいっその事、家で車を使ってキャンプというのはどうでしょう?今回は、車中泊におすすめのグッズや便利なキャンプグッズをいくつかご紹介したいと思います。


メルセデスベンツGLAがフルモデルチェンジで新型に!GLBとの違いは?

メルセデスベンツGLAがフルモデルチェンジで新型に!GLBとの違いは?

メルセデス・ベンツは、フルモデルチェンジを受けた都市型クロスオーバーSUVの新型「GLA」の予約注文を開始しました。そこで、2代目となった新型「GLA」とはどんな車種なのか?また、同時にデビューした7人乗りの新型SUV「GLB」との違いを比較しながら解説していきます。


カーコンカーリース(もろコミ)で車に乗ろう!

カーコンカーリース(もろコミ)で車に乗ろう!

皆さんカーリースという物をご存知でしょうか?車を所有する方法の一つにカーリースがあります。その中でも今回はカーコンカーリース(もろコミ)についてご紹介したいと思います。


【最新情報】ダイハツ新型タフト|価格・スペック・口コミなど

【最新情報】ダイハツ新型タフト|価格・スペック・口コミなど

新型タフトは、ダイハツから2020年6月10日に発売された軽クロスオーバーSUVです。新型タフトの投入で軽自動車SUVがさらに激戦区になりそうです。今回は、新型タフトの詳細情報やおすすめグレードなどもお伝えしていきます。