トップへ戻る

【ステーションワゴン】人気・おすすめ車種の価格は?広さは?一挙公開!

【ステーションワゴン】人気・おすすめ車種の価格は?広さは?一挙公開!

アウトドアや車中泊にも適している「ステーションワゴン」。こちらの記事では、現在生産・販売されている国産車、輸入車のステーションワゴンの人気・おすすめなモデルを一挙公開します!

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ステーションワゴンってどんな車?セダンとの違いは何?

セダン3BOXと呼ばれるように、独立したトランクルームがあって、人が乗るスペースと荷物を乗せるスペースが完全に別れています。

一方、ステーションワゴンは、人が乗るスペースと荷物が乗るスペースが繋がっていて、独立したトランクルームを持ちません。なので、ステーションワゴンはハッチバックやミニバンと同じく、2BOXと呼ばれます。

多くのステーションワゴンは、セダンのルーフを延長した派生車として作られています。そのため、ほとんどの車種ではセダンとステーションワゴンのどちらにするのかを選ぶ事が出来ます。

一方で、スバル・レヴォーグやホンダ・シャトルように、ステーションワゴンしか選べないワゴン専用車もあります。

多くのステーションワゴンは、セダンベースのため5人乗りのモデルが殆どですが、荷室のスペースにシートを追加した、3列シート7人乗りのモデルもあり、ラインナップは多彩です。

ミニバンやSUVのとの違いは何?

ステーションワゴンは、車高が低い事が特徴

Mercedes-AMG CLA 35 4MATIC Shooting Brake

ステーションワゴンとミニバン、共に2BOXのボディ形状の車種となりますが、違いは何でしょうか?

ミニバンも様々な車種がありますが、一般的にはステーションワゴンは車高が低く、ミニバンは車高が高い、と言う違いがあります。

ステーションワゴンは、セダンベースのモデルが多いため、車高が1,500mm以下である車種が主流です。車高が低い分、室内スペースとしてはミニバンに対して不利になりますが、都市部では機械式の立体駐車場に駐車できる、というメリットがあります。

ミニバンは、ほとんどのモデルで3列シートが採用されているのに対し、ステーションワゴンは2列シートがほとんどです。

また、車高が低い事を活かした、流れるようなルーフラインを持つ、流麗にデザインされたステーションワゴンもあり、スタイリング面でミニバンよりもデザイナーのこだわりが発揮できるモデルでもあります。

さらに、ステーションワゴンは車高が低い事で、セダンとほとんど変わらない操縦安定性を持ちます。車高が高いミニバンは、どうしても重心高が上がってしまうため、操縦安定性の面では不利になります。

荷物は積みたいけど、走りにも妥協したくないと言う人には、ステーションワゴンがピッタリです。


ミニバンとの違いは、車高と高さとスライドドアの有無

メルセデスベンツ Vクラス

一般的に、ステーションワゴンとミニバンの違いは、

①ミニバンはステーションワゴンにくらべて車高が高い

②ミニバンは、リアドアにスライドドアを採用している事が多い

と言う2点になるのではないでしょうか。

ミニバンは多くのモデルで車高が1,700mm以上あり、アルファードのような大きなミニバンの場合は、車高が1,900mmを超える場合もあります。

車高を高くする事で室内スペースを稼ぎ、3列シートを無理なく配置できるのがミニバンの構成の大きな特徴です。

また、ミニバンは3列シートへのアクセスを容易にするため、ほとんどのモデルで開口部の大きなスライドドアを採用しています。

このように、ミニバンは室内スペースが広く、3列シートで6〜7人がゆったりと座れ、快適に移動できる事が最大の特徴であり、メリットとなります。

一方で、車高が高い=重心が高いと言う事、スライドドアは車重が重くなり、ボディ剛性面でも不利な事、等の理由によりミニバンの操縦安定性は、セダンやステーションワゴンに比べて不利になります。

そのため、走りにこだわる!と言う人にとっては、ミニバンはベストチョイスとはなり得ません。

SUVとの違いは、車高の高さとタイヤの大きさ

Mercedes-Benz GLC

では、最近大流行のSVUとステーションワゴンの違いは何でしょうか?

端的には「車高の違い」と言う事になります。

ステーションワゴンは車高が1,550mm以下のモデルがほとんどですが、SVUは多くのモデルが1,600〜1,800mmの車高を持ちます。

車高を上げる事で、直径の大きなタイヤを履かせる事が出来るようになり、機能的には悪路走破性能が向上し、スタイリング的には迫力が増します。

SUVはほとんどの車種が2BOXボディで、SUVはステーションワゴンから派生した車種とも言えます。

車高の高さはミニバンと共通しますが、SUVの場合はスライドドアのモデルはほどんど無く、ヒンジ式ドアが主流な点も、ステーションワゴンとの共通性の高さを物語っています。

人気・オススメのステーションワゴンを一気に紹介!

トヨタ カローラ フィールダー

 カローラ フィールダー


カローラ フィールダー

【特徴】
・走りを選べる2つのモードスイッチで「エコドライブモード」燃費優先&省エネモードを選択可能。
・エンジン音を抑えて駆動できる「EVドライブモード」を搭載。
・長距離ドライブでも疲れにくいアクセル無しでの定速走行も可能。
・「スポーツモードスイッチ」でレスポンスのいい運転も実現。

 
カローラ フィールダー EX(2WD)基本情報・スペック表・価格
駆動方式

2WD

ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,400mm x 1,695mm x 1,500mm
ホイールベース 2,600mm
最大乗車定員5名
燃費WLTCモード:19.8km/L
総排気量1,496cc
最高出力80kW(109ps)/6,000rpm
最大トルク

136N・m/4,400rpm

変速機CVT
新車価格1,698,400~2,281,400円

※新車情報は公式サイト調べ(2021年6月現在)

ホンダ シャトル

ホンダ シャトル

【特徴】
・ステーションワゴンであるがこちらはコンパクト・ステーションワゴン。
・1種類のガソリンエンジン搭載グレードと3種類のハイブリッド車グレード。
・ベースグレード車は最安で180万円代。
・スタイリッシュで都会的なところがグッド。

 
シャトル 基本情報・スペック表・価格
駆動方式2WD・4WD
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,440mm x 1,695mm x 1,545〜1,570mm
ホイールベース2,530mm
最大乗車定員5名
燃費【ガソリン車】18.8〜22.0km/L(JC08モード)
17.2〜19.4km/L(WLTCモード)
【ハイブリッド車】26.0〜33.2km/L(JC08モード)
20.4〜25.2km/L
総排気量1,496cc(LEB型・L15B型)
最高出力(kW(PS)/rpm)L15B型:95(129)/6,600
LEB型:81(110)/6,000
最大トルクL15B型:153(15.6)/4,600
LEB型:134(13.7)/5,000
変速機CVT・7速AT+パドルシフト
新車価格1,808,400〜2,772,000円

※新車情報は公式サイト調べ(2021年6月現在)

マツダ MAZDA6 ワゴン

【特徴】
・大人の感性に響く上質なおもてなし感。
・味わい深い本杢(セン)のパネル、艶となめらかな風合いを併せ持つウルトラスエード、ヌーをインパネに採用。
・日本の伝統的なエレガントなエクステリアとインテリアを表現。
・不快な振動を遮断する素材を座面に用いることで長時間の移動も快適な座り心地。
・体にフィットする背もたれや座面構造で理想的な姿勢をキープ。
・MAZDA6に車名変更され、ガソリン車に直噴ターボエンジン搭載モデルが登場。

 
MAZDA6 基本情報・スペック表・価格
駆動方式2WD
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,805mm × 1,840mm × 1,480mm
ホイールベース2,750mm
最大乗車定員5名
燃費【ガソリン車】
14.8〜16.6km/L(JC08モード)
14.2〜15.0km/L(WLTCモード)
【ディーゼル車】
17.8km/L(WLTCモード)
総排気量1,997cc(SKYACTIV-G 2.5)
2,488cc(SKYACTIV-G 2.0)
2,188cc(SKYACTIV-D 2.2)
最高出力(kW(PS)/rpm)【SKYACTIV-G 2.5】140(190)/6,000
【SKYACTIV-G 2.0】115(156)/6,000
【SKYACTIV-G 2.5T】169(230)/4,250
【SKYACTIV-D 2.2】140(190)/4,500
最大トルク(N・m(kgf・m)/rpm) 【SKYACTIV-G 2.5】252(25.7)/4,000
【SKYACTIV-G 2.0】199(20.3)/4,000
【SKYACTIV-G 2.5T】420(42.8)/2,000
【SKYACTIV-D 2.2】450(45.9)/2,000
変速機6速AT
新車価格2,893,000〜4,317,500円

※新車情報は公式サイト調べ(2021年6月現在)

スバル レヴォーグ

【特徴】
・スポーツマインドを昂らせる最上のエクステリア、洗練さを放つフロントマスクに、存在感を際立たせるアルミホイール。
・スバルの象徴でもある水平対向エンジンを搭載。
・排気量から想像できないパワーと低燃費を両立し、高い経済性や優れたロングツーリング性能を併せ持つ。
・1.6Lインテリジェント“DIT”が、「過給ダウンサイジングエンジンの開発」で平成26年度日本燃焼学会「技術賞」を受賞。
・全グレードに先進運転支援システムの「アイサイト」を標準装備。

 
レヴォーグ 基本情報・スペック表・価格
駆動方式AWD
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,690mm ×1780mm × 1,490〜1,500mm
ホイールベース 2,650mm
最大乗車定員5名
燃費13.2〜16.0km/L(JC08モード)
総排気量1,599cc(FB16型)
1,998cc(FA20型)
最高出力(kW(PS)/rpm)FB16型:125(170)/4,800-5,600
FA20型:221(300)/5,600
最大トルク(N・m(kgf・m)/rpm) FB16型:250(25.5)/1,800-4,800
FA20型:400(40.8)/2,000-4,800
変速機CVT(リニアトロニック/スポーツリニアトロニック)
新車価格2,915,000〜3,685,000円

※新車情報は公式サイト調べ(2021年6月現在)

メルセデスベンツ Cクラス ワゴン

【特徴】
・最先端のレーダーセーフティパッケージを装備することで世界最高峰の安全性を実現。
・メルセデス初のベルトドライブ式スタータージェネレーター搭載。

 
Cクラス ワゴン 基本情報・スペック表・価格
駆動方式2WD(FR)
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,702mm × 1,810mm × 1,457mm
ホイールベース 2,840mm
最大乗車定員5名
燃費 【ガソリン車】
8.8km/L(JC08モード)
12.4km/L(WLTCモード)
【ディーゼル車】
9.7〜18.9km/L(JC08モード)
(WLTCモード)
【ハイブリッド車】
12.3〜12.9km/L(WLTCモード)
総排気量 1,496cc(264型)
1,949cc(654型)
2,996cc(276M30型)
3,982cc(177型)
最高出力(kW(PS)/rpm) 264型:135(184)/5,800〜6,100
654型:143(194)/3,800
276M30型:
270(367)/5,500~6,000 177型:
450(612)/5,750~6,500
最大トルク(N・m(kgf・m)/rpm) 264型:
370(37.8)/1,800~4,000
654型:400(40.8)/1,600〜2,800
276M30型:500(51.0)/1,800~4,500
177型:750(76.5)/2,250~5,000
新車価格5,140,000〜14,670,000円

※新車情報は公式サイト調べ(2021年5月現在)。上記価格は2021年6月から。

メルセデスベンツ Eクラス ワゴン

【特徴】
・快適を極めた先進さにあふれる機能とデザイン。
・メルセデスらしい高級感を出しながらも、ワゴンゆえどこか実用性を感じさせるところも好印象。
・充実したエンジンバリエーション。
・1,820ℓ(VDA方式)と広くて使いやすいラゲッジルームで便利。
・メルセデス・ミー・コネクトで車とインターネットを繋ぐ安心さと便利を体感。

 
Eクラス ワゴン 基本情報・スペック表・価格
駆動方式2WD(FR)
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4940×1850×1465
ホイールベース 2,940mm
最大乗車定員5名
燃費【ガソリン車】
8.7〜10.km/L(JC08モード)
11.6km/L(WLTCモード)
【ディーゼル車】
16.8〜21.0km/L(JC08モード)
【ハイブリッド車】
10km/L(JC08モード)
11.6〜12.5km/L(WLTCモード)
総排気量 1,991cc(264M20型)
1,496cc(264型)
1,949cc(654型)
2,996cc(276M30型)
3,982cc(177型)
最高出力(kW(PS)/rpm) 264M20型:190(258)/5,800〜6,100
264型:135(184)/5,800〜6,100
654型:143(194)/3,800
276M30型:270(367)/5,500〜6,000
177型:450(612)/5,750〜6,500
最大トルク(N・m(kgf・m)/rpm) 264M20型:370(37.8)/1,800〜4,000
264型:280(28.6)/3,000〜4,000
654型:400(40.8)/1,600〜2,800
276M30型:500(51.0)/1,800〜4,500
177型:750(76.5)/2,250〜5,000
新車価格7,730,000〜17,710,000円

※新車情報は公式サイト調べ(2021年6月現在)

BMWのおすすめステーションワゴン

3シリーズ ツーリング

【特徴】
・40年の血統を受け継ぐモデル。0-100km/hまでの加速に要する時間はわずか5.1秒。
・アクセルを踏んだ瞬間から圧倒的なパワーを体感。
・ガソリンエンジンとディーゼルエンジンあわせて4種類のエンジンバリエーション
・BMW定番のM Sportグレードも用意。

 
3シリーズ ツーリング 基本情報・スペック表・価格
駆動方式2WD(FR)
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,715mm x 1,825mm x 1,460〜1,475mm
ホイールベース 2,850
最大乗車定員5名
総排気量 1,998cc(B48B20A型)
1,995cc(B47D20B型)
1,998cc(B48B20B型)
2,997cc(B58B30B型)
最高出力(kW(PS)/rpm) B48B20A型:135(184)/5,000
B47D20B型:140(190)/4,000
B48B20B型:190(258)/5,000
B58B30B型:285(387)/5,800
最大トルク(N・m(kgf・m)/rpm) B48B20A型:300(30.6)/1,350-4,000
B47D20B型:400(40.8)/1,750-2,500
B48B20B型:400(40.8)/1,550-4,400
B58B30B型:500(51.0)/1,800-5,000
変速機8速AT・8速スポーツAT
新車価格4,940,000〜10,050,000円

※新車情報は公式サイト調べ(2021年6月現在)

5シリーズ ツーリング

【特徴】
・ツインパワー・ターボ・エンジンで驚きのパフォーマンスを体感。
・徹底的な軽量化が鮮烈なドライビング・ダイナミクスを実現。
・7種類の充実したグレードバリエーション。

 
5シリーズ ツーリング 基本情報・スペック表・価格
駆動方式2WD(FR)
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,950×1,870×1,500
ホイールベース 2,975mm
最大乗車定員5名
燃費【ガソリン車】
11.6〜14.1km/L(JC08モード)
10.6〜12.8km/L(WLTCモード)
【ディーゼル車】
15.8km/L(JC08モード)
15.6km/L(WLTCモード)
総排気量 1,998cc(B48B20A型)
1,995cc(B47D20B型)
1,998cc(B48B20B型)
2,997cc(B58B30C型)
最高出力 B48B20A型:135(184)/5,000
B47D20B型:140(190)/4,000
B48B20B型:190(258)/5,000
B58B30C型:250(340)/5,500
最大トルク B48B20A型:300(30.6)/1,350-4,000
B47D20B型:400(40.8)/1,750-2,500
B48B20B型:400(40.8)/1,550-4,400
B58B30C型:450(45.9)/1,500-5,200
変速機8速AT・8速スポーツAT
新車価格6,960,000〜11,330,000円

※新車情報は公式サイト調べ(2021年6月現在)

【最後に】ステーションワゴンは車中泊にも適してる!

ミニバンに比べると高さはないものの、リアシートを倒すことで、荷物を多く積むことや、フラットにして車中泊を楽しむことも可能です。

ホンダ シャトル 後席格納時のフロア

現在、SUVの人気が非常に高いですが、運転の快適さもあり、積載量も多いく車中泊も出来る、アウトドアに適しているステーションワゴン。

車の購入時、ボディタイプでお悩みの方は是非、ステーションワゴンも候補に入れてみては如何でしょうか。

ステーションワゴンに関するFAQ

ステーションワゴンってどんなクルマ?

ステーションワゴンは、人が乗るスペースと荷物が乗るスペースが繋がっていて、独立したトランクルームを持ちません。そのため、セダンに比べ多くの荷物を乗せる事が出来、使い勝手のいいクルマとなっています。

ステーションワゴンは、ミニバンやSUVとどう違うの?

ミニバンやSUVに比べ、ステーションワゴンは車高が低いと言う特徴があります。ステーションワゴンはセダンをベースに作られる事が多いため、全高が1,550mm以下に押さえられている車種がほとんどです。そのため、室内はミニバンやSUVにくらべ狭い場合がありますが、一方で、機械式の駐車場にクルマを停められるというメリットがあります。

あえてステーションワゴンを選ぶメリットって、何?

人も荷物もたくさん載せたいけど、走りには妥協できない!と言う人にステーションワゴンはオススメです。ステーションワゴンは車高が低いため重心高も低く、セダンと同様なスポーティな走りが楽しめるモデルが数多く用意されています。また、都市部に住んでいる人には、機械式の駐車場にクルマを停められると言う大きなメリットがあります。

他ボディタイプのおすすめをチェックしたい方はこちら

関連する投稿


セダンとはどんな車のこと?他の車種と徹底比較

セダンとはどんな車のこと?他の車種と徹底比較

車と言って真っ先に想像する形はいわゆる「セダン」の形ではないでしょうか。ですが、セダンとはどんな車か説明することは難しいと思います。そこで、今回はそんなセダンの特徴と魅力について解説します。


ホンダ シャトル|5ナンバーサイズのステーションワゴンの魅力は?!

ホンダ シャトル|5ナンバーサイズのステーションワゴンの魅力は?!

5ナンバーサイズの使いやすさと、ステーションワゴンとしてのユーティリティの高さを合わせ持つ、ホンダ シャトル。エクステリアやインテリア、ラゲッジスペースやグレードなどの情報を詳しく解説します。


コンパクトSUVの魅力とは?選ばれる理由とおすすめ車種をご紹介

コンパクトSUVの魅力とは?選ばれる理由とおすすめ車種をご紹介

コンパクトSUVは、クルマの性能と価格のバランスがよく、汎用性が高いことから、人気を得ています。今回は、コンパクトSUVの定義、メリット、おすすめ5車種についてまとめました。


トヨタ カローラフィールダーとは?ステーションワゴンの定番モデル!

トヨタ カローラフィールダーとは?ステーションワゴンの定番モデル!

トヨタの定番モデルの名前を冠する人気ステーションワゴンのカローラフィールダーについて紹介します。スタイルングや走行性能、車内空間の広さなどを解説すると同時に、ライバルとなるステーションワゴンをピックアップして比較します。


スバル 新型レヴォーグ!おすすめグレードは?燃費は悪い?

スバル 新型レヴォーグ!おすすめグレードは?燃費は悪い?

自動車ニッポンイチを決めるカー・オブ・ザ・イヤーをゲットしたスバルの新型レヴォーグ。日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞出来た理由は何なのか、レヴォーグの何がスゴイのか、一緒に見ていきましょう!


最新の投稿


【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

世界的に需要の高い状態が続いているSUVジャンル。国産車の中でもズバ抜けた高級感と走行性能で高いステータス性を誇る高級車ブランド「レクサス」でも、バリエーション豊富にSUVをラインナップしています。2021年には人気のミドルクラスSUV「NX」の新型モデルも登場予定で、これからさらに盛り上がること間違いなしの、レクサスの最新SUV情報をまとめてみました。


原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

新車販売台数の陰りが囁かれる二輪車の世界でも、ここ最近密かにブームなのが「原付二種」ジャンル。通勤通学からお買い物まで普段使いにぴったりな原付二種は、性能と価格のバランスが取れており、ラインナップ拡大中の今こそ選びたい旬のバイクです。これから原付二種デビューしたい方のために、原付二種を運転するには必要な免許、その取得費用や期間はどれくらいかまで、詳しくまとめてみました。


【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

原付とは段違いの安定感と余裕のパワー、大型二輪よりも格段に扱いやすい車格とリーズナブルな価格で、人気の中型バイク。ひと昔前と比べるとバイク需要の縮小も囁かれますが、最新の中型バイクなら、乗用車さながらの高級装備も多数揃っているモデルも多く、満足度も満点です。毎日の生活にちょうどよい刺激をもたらしてくれるバイクデビューを、この記事でご紹介する中型バイクでしてみてはいかがでしょう。


【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

近年さらに人気が高まり続けている激戦の軽自動車業界で、軽自動車メーカーとして二大巨頭のスズキとダイハツに負けることなく、普通車思考の上質感を備えた魅力的な軽自動車の数々で大いにヒットを飛ばしているのがホンダです。初代N~BOXの登場から風向きの変わったホンダの軽自動車、人気の秘訣はどんなところにあるのでしょうか?ラインナップ全体をまとめましたので、ぜひ確認してみてください。


【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

日々のカーライフで便利に使えるスライドドア。ファミリーだけでなくビジネス向けの車でも人気の装備となっており、その便利さはお墨付きです。ホンダのスライドドア車は、乗り降りのしやすさや荷物の積み下ろしのしやすさはもちろんながら、ホンダらしい細やかな工夫もたくさん詰まっています。魅力的なホンダの現行スライドドア車を一堂にまとめてみましたので、ぜひ車選びの参考にしてみてください。