トップへ戻る

使い勝手の良いステーションワゴン!カローラフィールダー  シャトル レヴォーグ まとめ

使い勝手の良いステーションワゴン!カローラフィールダー シャトル レヴォーグ まとめ

一時期ステーションワゴンは日本でも大人気のカテゴリーでした。小型車から3ナンバー、専用車種まであり、よりどりみどりでしたが、現在は数車種しか発売されていません。しかしその使い勝手は非常に高く、ファミリーユースに最適な1台です。そんなステーションワゴンをご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


トヨタ カローラフィールダー

トヨタ カローラフィールダー W×B

カローラフィールダーは、カローラの派生車種であるステーションワゴンです。1982年にカローラワゴンの名称で初登場しました。現行の名称であるフィールダーは2000年から採用され、カローラワゴンから数えて4世代目のことでした。

ワゴンシリースは3代目から人気が出始めカローラシリーズの主力を担うまでになりました。個人の需要だけだはなく、営業用車として法人需要も多く、シリーズ内での販売比率も高くなっています。

特に人気アイドルをCMキャラクターに起用したフィールダーとしての2世代目は爆発的にヒットしました。

広々とした室内空間

ステーションワゴンの特徴は、広大な室内空間です。シートアレンジにより長尺物や自転車2台を積み込むことができます。また、完全なフラットにはなりませんが奥行き1750mmの空間があり、車中泊も十分可能です。前席側に頭を置きマットレスなどを敷けば十分可能です。このような使い方ができるのもステーションワゴンならではです。

また、ペットと一緒にドライブしたい方にとってもカローラフィールダーはいい選択です。合成皮革シートは防汚機能付きですからそのまま乗せても心配はいりません。ドアの開閉音も静かというか穏やかなので聴覚の鋭い犬でもOKです。

先進の安全装備を満載

「Toyota Safety Sense C」を搭載したカローラ

カローラフィールダーは2015年のマイナーチェンジでは、Toyota Safety Sense Cを1.5XとHYBRIDに標準装備、その他のグレードにオプション装備としました。

Toyota Safety Sense Cは衝突回避支援システム・車線維持システム・オートハイビームをパッケージ化したものです。また急発進抑制システムや急ブレーキを後続車にシグナルで知らせるシステムを全車標準装備して安全面を強化しました。

乗員の安全性だけだなく、後続車や歩行者など車外に対する安全性も大きく進化しました。

日本を代表するステーションワゴンと言えば、カローラ!

カローラフィールダーは2013年のマイナーチェンジでフロントデザインをスポーティなものに改めました。またハイブリッドモデルも追加されました。

ハイブリッドモデルは33.0km/Lの低燃費(JC08モード)を達成し、セダンやコンパクトカーより不利な条件でありながら、とても優秀なエコカーとなりました。ステーションワゴンとしての機能はそのままに時代の要求に答えたのです。

フィールダーを含むカローラシリーズは日本を代表する車で、常に多くのユーザーを満足させてきました。これからもカローラシリーズは多くに人に無くてはならない車として進化し続けるでしょう。

ホンダ シャトル

ホンダシャトルは、フィットの派生車種として2代目のライナップに加わったステーションワゴンです。

3代目に移行するにあたりフィットの名前が外れ、独立車種となりました。5ナンバーサイズに収まるコンパクトカーベースのステーションワゴンですが、使いやすさを徹底的に追求したラゲッジスペースをもちます。

ベース車のフィットとは差別化を図るため、フロントデザインやインパネも異なるものとしていますが、質の高い走りはフィット同様です。

ハイブリッド車や4WDもラインナップされますます充実したステーションワゴンです。

シャトルは、なんと6日間の車中泊が可能!?

かなり広々とした空間が登場

シャトルの注目すべき点の一つとして、室内空間の多彩なアレンジがあります。2列目のシートを前方に倒すことによって奥行きなんと184センチの大空間が出現します。これだけの奥行きがあればゆっくりと横になることができますので、車中泊も可能です。

長いものを載せる場合は、助手席を後方に倒すことで可能となります。その他収納に関しては後席シートバスケットや荷室下収納など細かく工夫されており、荷室開口部までの高さもカタログ値で54センチと低く抑えられていることから、積み下ろしも楽にできます。

助手席が回転するってホント?

こっちを向く助手席

もう一つ、シャトルの特徴として、助手席回転シートがあります。福祉車両車に設定されている装備で、乗り降りのし易さを追求した車両で、67°回転する助手席と、標準車より大きく開くドアが最大の特徴です。

また、乗り降りのし易さのためこの車だけのためシート形状やクッションの柔らかさを見直したり、足元のスペースを確保するため、シートの設置位置や回転軸も最適化されています。

足腰の弱い方や腰に持病を抱えている方にとっては、車の乗り降りは時に大変な作業になりますので、とても便利な装備と言えるでしょう。

ミニバンでなくても十分!

ステーションワゴンは今現在あまり選択肢がない状態ですが、あえてホンダがこのカテゴリーに新型を投入した意義は、やはり低重心であることによる質の高い走行性を求めるからではないでしょうか。

ミニバンでもホンダは一時期「低床低重心」をテーマに開発していましたが、スペースユーティリティーを重視するミニバンでは決して大成功とはいえませんでした。

しかしステーションワゴンはそうではありません。ホンダが目指すバランスの取れた上質な走りと快適性に、広大な室内空間を組み合わせる上で最適なカテゴリーなのです。

スバル レヴォーグ

レヴォーグは、レガシィとインプレッサの間に位置するステーションワゴンです。北米市場向けに大きくなったレガシィツーリングワゴンの代わりに日本市場向けに開発されました。

ベースは4代目インプレッサで、5代目レガシィツーリングワゴンよりサイズを落とし、よりスポーツ志向の高いステーションワゴンとしています。それはグレードにも表れており、全てGTかSTIとなっています。

エンジンは1.6LDOHC直噴ターボとと2.0L直噴ターボが用意されています。

レヴォーグが目指したのは上質感。STIスポーツ

レヴォーグ STIスポーツ

STIがレヴォーグの最上級モデルです。iが小文字であったかつてのSTiといえば、高性能モデルですが、レヴォークのSTIは、トップレンジとして、スポーティさと上質感を併せ持ったモデルです。

2.0Lと1.6LそれぞれにSTIは用意されていますがその違いは、トランスミッションと走行モードの選択肢の数が異なるだけで、インテリアはもちろん、サスペンションも同一となっています。

つまりSTIはレヴォーグをベースとして、チューニングしたのではなく、STI開発のパーツを組み込んだレヴォーグの最上級モデルなのです。

高橋克典氏も絶賛

俳優の高橋克典さんはもともとレガシィがお気に入りとのことで、その縁でレヴォーグSTI Sportのデビュー記者発表会に招待されました。

発表会の際のトークセッションでは、日常で使用する際のパッケージの優秀さと、いざとなればスポーツカーを追い回せる走行性能を持ちながらとても快適である点について評価していました。

またレヴォーグ STI Sportの走行性能はスポーツカー顔負けであるのに、フォーマルな場にも乗っていけるデザインが素晴らしいと絶賛しています。

レヴォーグはその性能の高さと上質感で高橋氏の琴線に触れたようです。

WRCの栄光を継ぐもの…。レヴォーグ。

貴方もスバリストを目指さないか

レヴォーグは、日本国内向けのステーションワゴンとして企画されましたが、一方でセダンタイプのWRXも同時に開発されています。

レヴォーグとWRX、この2つの新しいアッパーミドルクラスにスバルは新しい価値を与え、日本だけでなく全世界でスバリストを増やしています。

日本ではステーションワゴンのマーケットはさほど大きくありませんが、そこにGTという価値を与えたレガシィツーリングワゴンから連綿と続くスポーツステーションワゴンは、スバルが誇るWRCの栄光を体現したものです。

関連する投稿


トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

シャープなデザインと優れた走行性能をひっさげて、ヴィッツに代わる新たな名前で登場した「トヨタ ヤリス」は、2020年のデビューから国内市場だけでなく世界的な人気を獲得しています。そんなヤリス、ハイブリッド車では世界トップレベルの低燃費を実現しているなど、その高効率性がハンパないことはご存知でしたか? 話題のハイブリッド車だけでなく、力強さのガソリン車まで含めて、ヤリスの燃費を分析していきます。


【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

今、トヨタのアルファードが人気沸騰中です。何と、発売から6年を経過したにもかかわらず、過去最高の販売実績を記録しているのです。そんなアルファードの人気の理由はどこにあるのでしょうか?そこで、今回はアルファードの魅力を徹底的に検証し、その人気の理由をご紹介します。


【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

ご家族が乗り込むことも多いファミリーカーに備わっているとうれしい装備といえば、後席用のスライドドアではないでしょうか。乗り降りがしやすく、荷物を載せるのにもうれしいスライドドアは、軽自動車から大型のミニバンまで選択肢も広くなっていますよ。この記事では、2021年8月現在のトヨタ車ラインナップのうち、スライドドアを持つ車をまとめてみましたので、次の愛車選びに役立ててみてください。


トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

2020年2月に発売されて以降、国産コンパクトカーの人気を牽引する立場を維持し続けているトヨタ ヤリス。お求めやすい価格帯ながら充実の機能と優れたデザインが印象的ですが、車の魅力は写真やカタログの数値では測り切れない部分もあるものですよね。そこで、実ユーザーや自動車評論家がヤリスに乗ってどのように感じたのかを、実燃費とともにチェックすることで、ヤリスの具体的な評価を確認していきましょう。


販売絶好調!ヤリスファミリーのどこが魅力?ライバルは?

販売絶好調!ヤリスファミリーのどこが魅力?ライバルは?

2020年2月発売のヤリスを皮切りに、GRヤリス、ヤリスクロスと、「ヤリスファミリー」が広がっています。3台それぞれが各セグメントで確固たる人気を獲得していることもあって、2021年に入ってからも登録者国内販売台数の首位を堅持し続けている「ヤリスファミリー」の魅力は一体どこなのか、ライバルと比べてどうなのか、詳しく探っていきましょう。


最新の投稿


2019年の「ながら運転」厳罰化|その効果と取り締まり基準を解説!

2019年の「ながら運転」厳罰化|その効果と取り締まり基準を解説!

2019年に罰則が強化された「ながら運転」。この改正で、罰則はどのように変わったのでしょうか?また、その効果はありましたか?今回は、どんな行為が「ながら運転」に該当するのか、具体例を取り上げながら、まとめました。


トヨタ ルーミーの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

トヨタ ルーミーの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

近年大人気の「トールワゴン」タイプであるトヨタ ルーミーは、2021年上半期の販売台数ランキングで単独車種として普通車トップクラスの販売台数を記録するなど、国民車的な人気を誇るモデル。毎日使える実用性が特徴的なルーミーだけに、燃費情報は気にしておきたいところですよね。この記事では、カタログ燃費や実燃費、ライバルとの比較など、ルーミーに関する燃費情報をくまなくご紹介していきます。


トヨタ ハイエースの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

トヨタ ハイエースの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

商用バンながら、ビジネス用途だけでなくアウトドア系マルチギアとしても活用されるなど、長年様々なユーザーに愛され続けてきたトヨタ ハイエース。近年ではキャンプブームなどもあって人気が高まっています。そんなハイエース、存在は知っていても、燃費性能がどの程度なのか気になっている方も少なくないはず。この記事で、カタログ燃費や実燃費、ライバル車種との比較を通して、ハイエースの燃費情報に詳しくなりましょう。


スズキ アルトラパンの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

スズキ アルトラパンの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

まんまるなヘッドライトがキュートなアルトラパンといえば、かわいい軽自動車の筆頭格として長期間にわたって人気を維持しているモデルです。デザインばかりが取り上げられがちなラパンですが、日々使う車だからこそ気にしておきたいのは燃費性能。この記事では、カタログ燃費や実燃費、ライバル車種との比較まで、ラパンに関する燃費情報をくまなく網羅していますので、ぜひチェックしてみてください。


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。