トップへ戻る

【2020年度】ボルボのステーションワゴン一覧

【2020年度】ボルボのステーションワゴン一覧

ボルボは、北欧スウェーデンを本拠地とする老舗自動車メーカーです。日本で人気が高まってきたのは比較的最近の話ですが、ボルボの自動車生産の歴史は古く、100年近い歴史を持っています。そのボルボのラインアップの中でも、今回はステーションワゴンを取り上げてご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ステーションワゴンとは?

ボルボV60新型のPHV 2019年

ボルボV60新型のPHV 2019年

ステーションワゴンはセダンとワゴンの良さを足したような車だと思えば分かりやすいです。セダンの快適性と静粛性に加えて、後部座席やトランク部分はゆとりがあります。

ファミリーでもカップルでも使うことができる便利な車で、通勤はもちろん旅行にも最適です。また、荷物をたくさん積むことができるので、アウトドアにピッタリです。

トランク部分には大型の荷物を積み込むことができるので、バーベキューセットや食材などを積み込むことも可能です。

ボルボのステーションワゴンの特徴は?

ボルボ V90

ボルボ V90

ボルボのステーションワゴンは売れ筋商品であり、ステーションワゴンというカテゴリの中でもトップクラスで売れています。

特徴としては、まず頑丈で耐久性が高いところです。ボルボのステーションワゴンは衝突安全性が高く、ドライバーの命を守るための性能が非常に高いです。

気温が低い北欧で誕生した自動車メーカーなので寒い地域でもトラブルは少なく、エンジンが動かなくなるような致命的な故障は少ないと言われています。

自動車はたくさんの部品が使われていて、中には消耗品もあります。消耗品は定期的に交換する必要がありますが、ボルボのステーションワゴンは消耗品の寿命も長いので、国産車と同じくらいの品質を誇ります。

日本の狭い道路でも楽に走ることができるボディサイズなので、誰でも扱うことができるのも人気の理由の一つでしょう。

【特徴1】派手すぎないデザイン

ボルボのステーションワゴンは非常に落ち着いた雰囲気があります。

昔から大きくデザインが変わることもなく、根強いファンがたくさんいるので玄人好みという言葉がピッタリです。

旧式のボルボのステーションワゴンは四角いフォルムで、四角いヘッドライトを採用しています。このデザインに惚れ込んで購入した人も多く、未だにこの旧式のステーションワゴンは人気があります。

現行型に近づくにつれてフォルムは流線型になり、ヘッドライトやテールランプも少し形が変わっていきます。

現行型はスタイリッシュでエレガントなデザインに仕上がっていて、幅広い人から人気を集めそうな今風のスタイルに仕上がっています。

【特徴2】洗練された大人のイメージ

ボルボのステーションワゴンといえば、洗練された大人をイメージする人が多いでしょう。

これはボルボが持つ魅力であり、コンセプトが関係しています。頑丈で耐久性が高いので信頼を置くことができますし、自動車メーカーとして長年積み上げてきた実績があります。

ボルボは機能的で美しい車を製造していて、そのコンセプトがユーザーの考えと一致しています。

【現行車種一覧】ボルボのステーションワゴン(2020年4月現在)

では、さっそくボルボのステーションワゴンの現行車種について見ていきましょう!

【ボルボ V60】日本の街並みにちょうどいい!

ボルボ V60

ボルボ V60 T5 Inscription

ボルボのステーションワゴンの中でも売れ筋商品であり、主力であることは間違いないです。広さと快適さを兼ね備えていて、これ1台で通勤から旅行までカバーすることができます。

ボルボ伝統の頑丈な作りと耐久性をしっかりと受け継いでいて、軽快な走りとスタイリッシュなスタイルを高いレベルで実現しています。

前から見ると無骨な力強さを感じますが、横から見ると伸びやかなシルエットで繊細も感じます。後ろはボルボが得意の縦長のテールランプを採用していますが、現行型は角度が付いていて従来とは違ったデザインになっています。

ボルボ V60 T5 Inscription

ボルボ V60 T5 Inscription

内装は高級感があり、一つ一つを丁寧に作り込んでいるのが分かります。

まとまりのあるデザインですし、スイッチやボタン類は1箇所にまとめてあるので操作性も高いです。

シートも上質な素材を使用していますし、丈夫な作りになっているので耐久性も抜群です。座り心地も最高なので、長時間の運転も楽に行えます。

輸入車のステーションワゴンは大柄な物が多いですが、V60は国産のステーションワゴンと大きさが変わらないので、日本の道でも違和感を覚えることが無いでしょう。

どっしりとした安定感があり、高速道路でも抜群の安定性を誇ります。

ボルボ V60 T5 Inscription

ボルボ V60 T5 Inscription

風の抵抗を受けにくいシルエットになっているので、効率よく走ることができます。

日本は小さい島国ですし、道が細くて入り組んでいます。大きい車だと駐車場を選んだり、道を考えたりする必要がありますが、V60の場合は日本の街並みにちょうどいいサイズなので、不便な点が見当たらないです。

ボルボ V60のスペック

【ボルボ V60 T5 モメンタム】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,760mm×1,850mm×1,435mm(ホイールベース:2,870mm)
最大乗車定員5名
車両重量1,700kg
燃費JC08モード:12.9km/L
エンジン種類水冷直列4気筒DOHC16バルブ(インタークーラー付ターボチャージャー)
最高出力187kW(254PS)/5,500rpm
最大トルク350N・m(35.7kg・m)/1,500-4,800rpm
駆動方式前2輪駆動
トランスミッション電子制御前進8速A/T

情報は2020年4月現在の公式サイトより

ボルボ V60の新車価格

車両本体価格(消費税込)

V60 T5 Momentum
5,140,000円
V60 T5 Inscription
6,140,000円
V60 T6 Twin Engine AWD Momentum
6,740,000円
V60 T6 Twin Engine AWD Inscription
7,790,000円
V60 T8 Twin Engine AWD Inscription
8,490,000円

情報は2020年4月現在の公式サイトより

ボルボ V60の中古車価格

2020年4月現在で「response中古車価格」で取り扱っているボルボ V60の中古車は、「ボルボ V60 T4 SE」一台のみとなっています。

中古車価格は、163.2万円です。

※情報は車情報サイトresponse中古車価格より(2020年4月現在)

【ボルボ V90】ワンランク上のゆとり

V90 D4 Inscription

V90 D4 Inscription

フルサイズのステーションワゴンで、ボルボのラインナップの中でも大きいサイズになります。全長と全幅が広く、迫力のあるボディが最大の魅力です。

基本的なデザインは他の車種と大きく違うことは無く、ボルボが築き上げてきたステーションワゴンの歴史と伝統をしっかりと継承しています。

内装はラグジュアリー感があり、上質な空間が広がっています。本皮のシートは質感が非常に良く、使い込むことで違った良さを感じることができます。

長期間使用しても劣化することが無い丈夫な素材を使用していて、定期的に手入れをすれば10年以上美しい状態を保つことができます。

V90 D4 Inscription

V90 D4 Inscription

【ボルボ V90 T5 モメンタム】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)mm4,935mm×1,880mm×1,475mm(ホイールベース:2,940mm)
最大乗車定員5名
車両重量1,740kg
燃費JC08モード:14,4km/L
エンジン種類水冷直列4気筒DOHC16バルブインタークーラー付ターボチャージャー)
最高出力187kW(254PS)/5,500rpm
最大トルク350N・m(35.7kg・m)/1,500-4,800rpm
駆動方式前2輪駆動
トランスミッション電子制御前進8速A/T

情報は2020年4月現在の公式サイトより

内装はシンプルながら素材にこだわっていて、細部までさりげなく高級感を演出しているのが印象的です。

ボルボのフルサイズのステーションワゴンなので、車内はとても広くて開放的、なおかつ装備は充実で快適な空間が広がっています。

後部座席は飛行機のビジネスクラスのような広さで、ラゲッジルームには荷物もたくさん積むことができるので、サーフボードのような長い荷物も楽々と収納してしまいます。

V90 D4 Inscription

V90 D4 Inscription

海、山問わず色々なアウトドアで活躍してくれる車なので、活動的な人たちのライフスタイルを支える存在になります。

乗り心地は非常に良く、路面の凹凸や振動などは車内にほとんど伝わらないです。遠出する時は家族の絆を深めるために一役買ってくれます。

ボルボ V90のスペック

ボルボ V90の新車価格

車両本体価格(消費税込)

V90 T5 Momentum
6,940,000円
V90 D4 Momentum
7,240,000円
V90 D4 Inscription
8,140,000円
V90 T6 AWD Inscription
8,640,000円
V90 T8 Twin Engine AWD Inscription
9,940,000円

情報は2020年4月現在の公式サイトより

まとめ

V90 D4 Inscription

V90 D4 Inscription

ボルボのステーションワゴンは、乗る人の気持ちでだけでなく、家族に対する思いやりも感じられる車です。

ボルボの「安全性の高い車」というイメージは、数々のテストによって裏付けされています。乗り心地と安全性でボルボのステーションワゴンが不動の人気を誇るのがわかります。

大切な家族のためにも、購入を考えて見る価値があるといえるでしょう。

関連する投稿


小さめステーションワゴンならSUVを蹴散らす使い勝手!おすすめ3選

小さめステーションワゴンならSUVを蹴散らす使い勝手!おすすめ3選

猫も杓子もSUV!という現代では、ユーティリティを求める車選びならSUVしか選択肢がないように思われがちかも。しかし、背が低めでも車両後部に広大な荷室を有するステーションワゴンなら、安定した走行性能や乗り心地といったSUVに欠けがちな部分を堪能できつつ、お値段はリーズナブルなものも多数。この記事では、おすすめワゴンの中でもちょっと小さめなモデルを3台ご紹介していきます。


【今こそ買いたい】輸入セダン おすすめ3選!高級感が「パない」

【今こそ買いたい】輸入セダン おすすめ3選!高級感が「パない」

高級感では他の追随を許さないセダンは、ブランド力のある輸入車の中でも特別なステータス性を有していますね。日本国内の新車市場では、オーソドックスな車型であるセダンのシェアはかなり小さくなっていますし、海外においてもセダン離れの流れは同様に加速しているようですが、その結果、今選べる輸入セダンは「味が濃い」ものが多数。輸入セダンの最新のおすすめを、3台ご紹介していきます。


外車のSUV10選!SUVを販売している外車メーカーと代表車種

外車のSUV10選!SUVを販売している外車メーカーと代表車種

アウトドアに使いやすいSUVを探している方にとって、国産車とは違った個性的なエクステリアでラグジュアリーな外車のSUVは魅力的です。しかし価格が高いと感じるモデルもありますし、どんなメーカーがどんな車種を販売しているのか分かりにくいこともあるでしょう。そこで今回の記事では、外車のSUVにはどんな種類があるのか、主なメーカーと代表的なモデルをご紹介します。


コンパクトでおしゃれな車7選 都内でもおすすめ!

コンパクトでおしゃれな車7選 都内でもおすすめ!

都内で運転するときには、コンパクトな車だと取り回しもしやすくて、運転がしやすいです。それだけでなくおしゃれな車や、かっこよい車だと見た目も良くて満足できるでしょう。そこで今回は都内で乗るのにおすすめの車をピックアップしてみました。大きすぎず使いやすいサイズの車をご紹介していきます。


【主戦場は街中】都会派SUVの最新おすすめ5選!価格、燃費まとめ

【主戦場は街中】都会派SUVの最新おすすめ5選!価格、燃費まとめ

SUVといえば泥臭くて戦隊モノっぽいゴツゴツのデザイン、そんな時代は遠い昔となり、現代ではSUVでも都市部に映える洗練されたデザインのものが多数登場しています。話題の最新SUVからあの高級モデルまで、一流ホテルの車寄せでも百貨店の駐車場でも浮かないで済むスマートなSUVをまとめてみましたので、ご紹介します。


最新の投稿


ヘッドライト磨きで黄ばみもすっきりクリア!おすすめ商品もご紹介!

ヘッドライト磨きで黄ばみもすっきりクリア!おすすめ商品もご紹介!

ヘッドライトの曇りや黄ばみは、車の印象を左右する大きな要因となります。いくら車を磨き上げても、ヘッドライトが曇っていたりすると気になる方も多いのではないでしょうか?今回は、ヘッドライトをすっきりクリアにするためのヘッドライトの磨き方について、説明していきます。


ドライブを楽しめるゲームソフト厳選6本!休み中にバーチャル旅行へGO!

ドライブを楽しめるゲームソフト厳選6本!休み中にバーチャル旅行へGO!

まだまだお出かけのしにくい状況が続く昨今。国内はおろか、海外旅行なんて夢のまた夢ですよね。いつになったらまた気軽に海外へ出かけられるのか見当もつかない今だからこそ、注目したいのがゲーム内の世界でバーチャル旅行を楽しむこと。ストーリーを進めなくても、ゲーム世界をドライブするだけで楽しめる、そんな珠玉のゲームソフトをまとめてみましたので、お休み中のご予定にぜひバーチャル旅行を加えてみてください。


マツダ CX-30の燃費はいい?オーナーさんに聞いてみた結果!

マツダ CX-30の燃費はいい?オーナーさんに聞いてみた結果!

マツダのCX-30、超カッコいいSUVですよね!ですが、CX-30の燃費ってどんな感じなんでしょうか。特に、CX-30にはスカイアクティブXとディーゼルとガソリンと言う3種類のエンジンがあって、その比較も気になります。今回は、実際の燃費はどうなのかユーザーさんの声を拾ってみます!


スズキ ワゴンRとワゴンR スティングレーそれぞれの特徴を徹底解説!

スズキ ワゴンRとワゴンR スティングレーそれぞれの特徴を徹底解説!

スズキのワゴンRは多くの人に親しまれている軽トールワゴンです。その歴史は1993年まで遡ります。長い歴史を持つワゴンRにスティングレーがラインナップされ、ますます好調な売れ行きを記録しています。本記事ではスズキのワゴンRとスティングレーを比較、それぞれの魅力を解説していきます。


トヨタ シエナってどんな車?ライバル車比較や中古車情報も!

トヨタ シエナってどんな車?ライバル車比較や中古車情報も!

国内では2019年生産終了となったエスティマ。まだ海外では継続販売されていますが、そのエスティマの後継モデルとして製造販売されているのが「シエナ」です。あまり日本では馴染みのないシエナ。本記事ではシエナがどういう車か紹介します。