トップへ戻る

【2020年最新版】ボルボが発売しているセダン「S60」

【2020年最新版】ボルボが発売しているセダン「S60」

ボルボの現行セダン車はS60のみとなります。力強くスポーティな走りが体感でき、安全性能も高いので安心して乗ることができる1台です。基本モデル、上級モデル、ハイブリッドモデルの3種類が販売されており、どちらも特徴あるモデルとなっています。本記事では、そんなボルボのセダン車についてご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。[PR]


そもそもセダンとは?

3台のクルマ

セダンについて知ろう

セダンは、車の形状の中でも最も古くから親しまれているボディタイプで、トランクルーム・エンジンルーム・人が乗る居住スペースの3つが明確に分かれており、一般的に4ドアの車を指します。

自動車メーカーの多くで製造されていますが、現在では高級車・タクシーなどでよく利用されています。

また、SUVやワンボックスカーと比較して重心が低いので、安定性が高いのも特徴です。排気量も大きいモデルが多いので、高速道路の運転も楽に感じられることでしょう。

振動を感じにくいので乗り心地も抜群ですし、居住空間の前後にトランクルーム・荷室があるため、前後の衝撃に強いのも安心です。

ボルボのセダンの特徴は?

ボルボ のミッドサイズセダン「S60 」

ボルボ のミッドサイズセダン「S60 」

ボルボが現在販売しているセダンは「S60」のみです。2019年11月に新型のS60が日本でも販売されました。

S60には全グレードに共通して以下のような特徴があります。

【特徴1】スポーティな走りが楽しめる

S60にはパドルシフトが採用されているため、自分のフィーリング通りの運転を楽しむことができます。

また、広い回転域で最大トルクを感じることができるので、合流・坂道などで力不足を感じることもありません。

まさに、ダイナミックでスポーティな走りを楽しめるクルマです。

【特徴2】シャープで上質なデザイン

S60のエクステリア・インテリアともに上質なデザインとなっています。

エクステリアのヘッドライトは、真横に流れるようなシャープなT字型が特徴的。全体的に後方に流れるようにスッキリとまとまっています。インテリアはシンプルであり、上品にまとまっている印象です。

サイズは日本市場に配慮されたコンパクトサイズに設計されています。

【特徴3】快適装備・安全装備が充実

S60には同社の上級モデルと同じ高級シートを採用しているため、マッサージ機能やベンチレーション機能などが充実しています。

また、最新の安全装備「IntelliSafe」が全グレードで標準搭載されていますので、安全性がより高いのも特徴です。

車内の人のみならず、車外の人の安全も守ってくれます。

【現行車種一覧】メーカーのボディタイプ(2020年1月現在)

ボルボ S60

ボルボ S60

ボルボのセダン「S60」には3つのグレードが用意されています。それぞれ以下のような特徴があります。

「S60 T4 Momentum」基本グレードでお手頃価格

S60のベースモデルです。

価格も一番安く、新車で500万円以下となっています。

190psと馬力があるので、力強い運転が楽しめます。同時に静寂性もあるため、同乗者も快適に乗車可能です。

S60 S60 T4 Momentum スペック


ボディサイズ(全長×全幅×全高)
4,760×1,850×1,435mm(ホイールベース:2,870mm)
最大乗車定員
5名
車両重量
1,660kg
燃費
JC08モード:12.8km/L
エンジン種類
水冷直列4気筒DOHC 16バルブ
最高出力(kW(PS)/rpm)
140kW(190PS) /5,000 rpm
最大トルク(N・m/rpm)
300N·m (30.6kgf·m) /1,400-4,000rpm
駆動方式
前2輪駆動方式
トランスミッション
電子制御前身8速A/T(ロックアップ機構付)ギアトロニック

 

「S60 T5 Inscription」優れたレスポンスが気持ちいいクルマ

T4の上級グレードです。

出力が高いエンジンが採用されており、T4よりも高い回転域でも優れたレスポンスを体感することができます。

S60 T5 Inscription スペック

ボディサイズ(全長×全幅×全高)
4,760×1,850×1,435mm(ホイールベース:2,870mm)
最大乗車定員
5名
車両重量
1,660kg
燃費
JC08モード:12.9km/L
エンジン種類
水冷直列4気筒DOHC 16バルブ
最高出力(kW(PS)/rpm)
187kW(254PS) /5,500 rpm
最大トルク(N・m/rpm)
350N·m (35.7kgf·m) /1,500-4,800rpm
駆動方式
前2輪駆動方式
トランスミッション
電子制御前身8速A/T(ロックアップ機構付)ギアトロニック

 

「S60 T6 Twin Engine AWD Inscription」S60のハイブリッド版

直列4気筒ターボとモーターが搭載されたモデルです。

馬力も253PSと非常に高いです。走行モードは「ハイブリッド」「ピュア(EVモード)」「AWD」の3種類が選べます。

ハイブリッド車となるため、エコカー減税対象車です。

S60 T5 Inscription スペック

ボディサイズ(全長×全幅×全高)
4,760×1,850×1,435mm(ホイールベース:2,870mm)
最大乗車定員
5名
車両重量
1,660kg
燃費
JC08モード:ー
エンジン種類
水冷直列4気筒DOHC 16バルブ
最高出力(kW(PS)/rpm)
187kW(254PS) /5,500 rpm
最大トルク(N・m/rpm)
350N·m (35.7kgf·m) /1,500-4,800rpm
駆動方式
前2輪駆動方式
トランスミッション
電子制御前身8速A/T(ロックアップ機構付)ギアトロニック


まとめ

ボルボ S60

自分のスタイルに合った車を選ぼう

ボルボが現行で販売しているセダン車「S60」はパワフルかつスポーティな運転が楽しめ、馬力も高いので力不足を感じさせません。

また安全装備が充実しているので安全性も高く、居住性が高いので同乗者にも優しいセダン車であると言えます。

3つのグレードごとに特徴があるので、自分にピッタリな1台を見つけてくださいね。

セダンに関する記事はこちら

関連する投稿


3列シート/7人乗りSUV 国産車&外車 25車種を一覧で比較!

3列シート/7人乗りSUV 国産車&外車 25車種を一覧で比較!

ファミリーカーとして人気を博しているミニバンに待ったをかけるのが、多人数も乗れるSUV。最近では3列シート・7人乗りSUVが続々市場に導入されています。本記事では、現在日本で購入可能な、現役の国産車から外車まで、ありとあらゆるメーカーの「3列シート/7人乗り SUV」についてまとめてご紹介します。


【2023年】セダンの人気車種10選!国産車・輸入車の販売台数ランキングから紹介

【2023年】セダンの人気車種10選!国産車・輸入車の販売台数ランキングから紹介

車には様々なボディタイプがありますが、多くの人が車と聞いて最初に思い浮かべる、最もオーソドックスな形状の車がセダンです。最近のセダンは流れるルーフラインでクーペのような美しいデザインも多く、セダンの定義やイメージも時代とともに少しずつ変わってきています。この記事では、現在販売されている新車のセダンで販売台数ランキングトップ5の国産車と輸入車をそれぞれ5台ずつ、計10台紹介します。


リセールバリューが高い中古セダン10選!値落ちしにくく高くなるかも!?

リセールバリューが高い中古セダン10選!値落ちしにくく高くなるかも!?

中古車を購入した事がある方の中には、中古車を選ぶ際に購入価格は気にしているけれど、売却価格は気にしていないという方も多いのではないでしょうか。 中古車は一般的に新車に比べて売却時の値下がり幅が小さいメリットがありますが、中古車の中でも一部のセダンは、ほとんど値下がりせず、むしろ値上がりするという事もあります。この記事では、そんなリセールバリューの高いセダンの条件と、代表的な車種を10台ピックアップして紹介します。


コスパ最強なセダンのおすすめ中古車5選!セダンの狙い目はこの車

コスパ最強なセダンのおすすめ中古車5選!セダンの狙い目はこの車

SUVや軽自動車の人気が高まっている一方で、販売台数の伸び悩んでいる「セダン」ですが、その流れを受けて中古車市場ではお買い得なモデルがどんどん増加しています。セダンは元々自動車市場の中核をなすカテゴリだったので、魅力的なモデルがたくさん潜んでいます。今回はその中から厳選したお買い得で狙い目となる5車種を紹介します。


2022年のおすすめ最新セダン厳選5台!高級感あふれる最新モデルたち

2022年のおすすめ最新セダン厳選5台!高級感あふれる最新モデルたち

最近でこそSUVや軽自動車の人気に押されているとはいえ、「セダン」は令和の現代でも一定の需要があり、各自動車メーカーからも魅力的な最新モデルのラインアップが続いています。見た目の高級感や乗り心地の良さでは右に出るもののないセダンの最新モデルは、燃費や使い勝手の面でも大きく進化している大満足なモデルばかり。この記事では、2022年におすすめしたい最新セダンを5台紹介します。


最新の投稿


ステーションワゴンおすすめ車種20選!選び方や各車種の特徴まで徹底解説!

ステーションワゴンおすすめ車種20選!選び方や各車種の特徴まで徹底解説!

走行性能と積載性を兼ね備え、スタイリッシュなデザインが多いステーションワゴンですが、SUVブームに押され最盛期に比べるとラインアップ数は減りつつあります。しかしながら視野を広げて輸入車も含めると、ステーションワゴンはまだまだ主力ジャンルのひとつです。この記事では、今だからこそおすすめしたいステーションワゴンをランキング形式で国産、輸入車に分けて紹介していきます。各車種のスペックや価格情報を比較しながら、あなたにぴったりの一台を見つけてください。


【2023年】軽ハイトワゴンのおすすめ10車種!今乗りたい便利な軽自動車はどれ?

【2023年】軽ハイトワゴンのおすすめ10車種!今乗りたい便利な軽自動車はどれ?

軽自動車は人気の車ですが、特にハイトワゴンの人気が高まっています。軽自動車という限られた規格の中で、最大限に室内空間を広げており、質感も高まったモデルが多くなっているので、販売台数を伸ばしています。今回は、ハイトワゴンの中でも近年人気の全高の高いモデルをご紹介します。


「エアサス」って何?メリットは?構造や価格、乗り心地や車高調との違い

「エアサス」って何?メリットは?構造や価格、乗り心地や車高調との違い

エアサスとは、何かご存知でしょうか? エアサスのメリットやデメリットを知りたいと考えている人にも、エアサスの構造や値段、乗り心地を知りたいと思っている人にもわかりやすく簡単に「エアサスとは何か?」を理解できるように掲載します。


7人乗りが8人乗りと比べて人気な理由は?7人乗りのおすすめ10車種もご紹介!

7人乗りが8人乗りと比べて人気な理由は?7人乗りのおすすめ10車種もご紹介!

大人数が乗車できるクルマは、なにかと重宝します。しかし、購入しようと思う場合に悩むのは「7人乗りにするか」、「8人乗りにするか」ということかもしれません。今回は、そんなときの参考になる記事です。


【2023年版】どこまでもエレガント!メルセデス・ベンツのクーペ一覧

【2023年版】どこまでもエレガント!メルセデス・ベンツのクーペ一覧

高級車の代名詞的存在ともいえるメルセデス・ベンツは、多くの人たちの憧れの存在となっています。メルセデス・ベンツは、セダンやSUVなどの売れ筋のモデルを販売する一方、「クーペ」もしっかりと作り続けています。今回は、エレガントなメルセデス・ベンツのスポーツ・クーペについて紹介します。