トップへ戻る

【2020年最新版】人気・おすすめセダン12選

【2020年最新版】人気・おすすめセダン12選

やはり車は4ドアセダンと思っている人は実は非常に多いのではないでしょうか?家族のためにミニバンや軽トールワゴンを選んだり、流行だからとSUVに乗ったりしていても、セダン以上に車らしさは感じられないとも思いませんか? セダン不況とは言われても、けっしてセダン不要にはならないのは、需要があるからに他なりません。今回はそんなセダンを一気にご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


人気・おすすめセダン12選

セダン不況だの不人気だのと言われていますが、国産セダンは非常に数多く揃っているのにはあらためて驚きます。実は10台ほどを選ぼうと思っていたのですが、とても紹介しきれなかったのです。そこで、その中から厳選してファミリー、ちょっとプレムアム、プレミアム、そしてスポーツという4つのタイプをそれぞれ3台ずつ選んでみました。

あの車がないの?と思われるかも知れませんが、そのような理由で残念ながらご紹介できなかったことをお詫びします。それと、3ボックスというセダンの要件を重視したので、基準によってはセダンとされる「プリウス」は除外しましたので、ご了承ください。

おすすめステーションワゴンはこちら!

優しさタップリ!ファミリーにおすすめセダンTOP③

今では軽トールワゴンとミニバンとされていますが、かつてはファミリーカーと言えば、カローラやサニーといったコンパクトで格安な4ドアセダンが主流でした。

そして、現代の4ドアセダンはファミリーカーというにはちょっと大きすぎて価格も高い車種が多くなっていますが、2019年に登場した新型カローラによって、再びファミリーカーとしての4ドアセダンが脚光を浴びています。

今回選んだ3台は、コンパクトなサイズ、販売価格、そして燃費というファミリーカーとしての基本に加え、4ドアセダン本来の機能性、そして安全性能なども考えて厳選しました。

1位トヨタ カローラ

トヨタカローラはこんな車

トヨタカローラ

2019年9月にフルモデルチェンジされたカローラセダンは、12代目となって初めて3ナンバー化されました。といっても幅が45㎜(片側はその半分)増えただけで、最小回転半径もドアミラーを格納した時の幅も先代モデルと変わらないことから、言われなければわからない程度の差です。

当然取り回しはよく、ガソリンエンジン車もハイブリッドも1.8Lに刷新されて、走りと燃費も向上しています。また、新しいプラットフォームにより、室内の広さや静寂性も向上しており、快適な乗り心地となっています。

また、後席を倒せるトランクスルーも可能なトランクの容量も大きく、429Lを確保しています。

そして、自転車や夜間の歩行者検知が可能な、最新の予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」や、スマホと連携するコネクティッドなどを標準装備することで、安全性能も使い勝手もクラスレスの最新技術が導入されました。

これまでのカローラセダンから思い切ったスポーティーなスタイリングに変わったカローラは、4ドアセダンながらも若い人にも受け入れられる、便利でスタイリッシュなファミリーカーになっています。

おすすめミニバンはこちら!

カローラの価格とスペック

トヨタカローラのトランク

全長×全幅×全高:4,495×1,745×1,435(mm)
室内長×室内幅×室内高:1,830×1.510×1,160(mm)
トランク容量:429L

WLTC燃費
1.2Lガソリンターボ車:15.8km/L
1.8Lガソリン車:14.6km/L
1.8ハイブリッド車:24.4~29.0㎞/L

新車価格(消費税10%込)
1.2Lガソリンターボ車:2,458,500円
1.8Lガソリン車:1,936,000~2,315,500円
1.8ハイブリッド車:2,403,500~2,948,000円

※2019年12月現在公式サイト調べ

トヨタカローラはこんなファミリーにおすすめ

トヨタカローラ リアシート

どんなファミリーにもおすすめできるのがカローラです。お子さんがまだ小さい場合、お二人で住まわれている場合、お年寄りが同居している場合でも、カローラの4ドアセダンならきっと生活の中心で大活躍するはずです。

2位ホンダ グレイス

ホンダ グレイスはこんな車

ホンダ グレイス

ホンダのセダンラインアップのなかでの最小モデルであるグレイスは、1.5Lガソリンエンジンと、1.5Lハイブリッドを搭載し、ハイブリッド車は34.8km/Lという低燃費性能となっています。

2014年の発売当時にライバルとなっていたトヨタのカローラアクシオより、燃費や室内の広さなど全てのスペックで上回っていたのに、セダン全体の販売が低調だったことで販売成績は低迷していました。

しかし、カローラがフルモデルチェンジされたことで、5ナンバークラスのセダンとして再び注目を集めることになりました。室内の広さは大きくなったカローラに引けを取らず、フィットをベースにしたことで特に後席の足元やトランクスペースは上回っています。

また、安全性能も衝突軽減ブレーキや車線逸脱防止、オートマチックハイビーム、先行車発進通知機能などがセットされたホンダセンシングが採用され、価格設定も安いことからファミリーカーとして魅力ある車種となっています。

ホンダ グレイスのトランク

全長×全幅×全高:4,450×1,695×1,475~1,500(mm)
室内長×室内幅×室内高:2,040×1.230×1,230(mm)
トランク容量:430Lプラスサブトランク(ガソリン車)

JC08モード燃費

1.5Lガソリン車:19.6~22.0km/L
1.5ハイブリッド車:26.6~34.8㎞/L

新車価格(消費税10%込)

1.5Lガソリン車:1,801,800~2,021,800円
1.8Lハイブリッド車:2,016,300~2,649,900円

※2019年12月現在公式サイト調べ

ホンダ グレイスはこんなファミリーにおすすめ

ホンダ グレイスのリアシート

新しいカローラはスポーティーだけど好みに合わないし、やっぱり長年慣れた5ナンバーサイズにこだわりたい。それでも低燃費で広い室内は必要という、ふぇんざい5ナンバーセダンに乗っているベテランドライバーにおすすめしたい車種です。

おすすめコンパクトSUVはこちら!

3位 マツダ MAZDA 3

マツダ MAZDA 3はこんな車

マツダMAZDA 3セダン

2019年5月のフルモデルチェンジに合わせて、それまでの「アクセラ」から改名したMAZDA 3セダンは、「凛とした伸びやかさ」というデザインテーマテーマに沿った美しいシルエットで、水平基調を強めたデザインとなっています。

そして、エンジンには1.5Lと2.0Lのガソリンエンジン、そして1.8Lのディーゼルターボエンジンをラインナップ。また、世界で初めて火花点火制御圧縮着火 (SPCCI) を実用化したガソリンエンジンである「SKYACTIV-X 2.0」もラインナップされるなど、エンジンの多様さが特徴です。

人馬一体をかかげるマツダは、セダンタイプのマツダ3にも優れた走行性能を持たせ、ドライバーとステアリング、そしてペダルの位置を最適化するなど、運転する楽しさを感じられるモデルとなっています。

さらに、エクステリアデザインの美しさだけでなく、インテリアも上級車種のMAZDA 6同様の上質感を与え、シンプルな造形ながらも他の車種にはない高級感が感じられます。

ファミリーカーとしては少し割高ですが、けっして妥協しない車造りのMAZDA 3セダンなら、どんな高級車にも負けない魅力があります。

5人乗りおすすめSUVはこちら

MAZDA 3セダンの価格とスペック

マツダMAZDA 3セダン

全長×全幅×全高:4,660×1,795×1,445(mm)
室内長×室内幅×室内高:1,820×1.490×1,160(mm)
トランク容量:450L

WLTCモード燃費

2.0Lガソリン車:15.8㎞/L
1.8Lディーゼル車:19.0~20.0㎞/L
2.0LスカイアクティブX車:16.2~18.2㎞/L

新車価格(消費税10%込)

2.0Lガソリン車:2,515,741~2,698,055 円
1.8Lディーゼル車:2,790,741~3,209,555円
2.0LスカイアクティブX車:3,198,148~3,616,963円

※2019年12月現在公式サイト調べ

マツダMAZDA 3セダンはこんなファミリーにおすすめ

マツダMAZDA 3セダン

クリーンディーゼルやスカイアクティブXを始め、新しい技術がてんこ盛りのMAZDA 3セダンは、メカ好きの人には一番のおすすめセダンです。それでいてしっかりファミリーカーの要素を押さえていて家族にも優しい車なのです。

ちょっと上のプレミアムセダンTOP3

カローラも良いけど、何か物足りない。けど、同じトヨタであってもクラウンまでは行きすぎ。そんな微妙なクラスが「ちょっと上のプレミアムセダン」です。セダンはこのくらいの大きさが一番良いと人気も急上昇中です。

1位トヨタ カムリ

トヨタ カムリはこんな車

トヨタカムリ

ハイブリッド専用セダンとしてクラウンとカローラの間のポジションに位置するカムリは、2017年7月にフルモデルチェンジされて、低重心のシルエットで躍動感にあふれ、スポーティな印象を与えるデザインとなりました。

パワートレインは、次世代エンジン「ダイナミックフォースエンジン2.5」と、改良を加えたハイブリッドシステムを組み合わせています。このエンジンは、世界トップクラスの熱効率を達成しており、動力性能・燃費は大きく向上しています。

大きくなったボディサイズによってクラウン並みの居住性能と、525Lものトランク容量を確保しています。また、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense」を全車に標準装備して安全性能も車格同様にプレミアムになっています。

カローラで満足している人も、一度このカムリに乗ったら、同じセダンでもこんなに違いがあるのかと、その高級感あふれるインテリアと走行性能に驚くはずです。

カムリの価格とスペック

トヨタカムリのインパネ

全長×全幅×全高:4,910×1,840×1,445(mm)
室内長×室内幅×室内高:2,030×1.535×1,185(mm)
トランク容量:525L

燃費
WLTCモード:21.6㎞/L
JC08モード:24.6㎞/L

新車価格(消費税10%込):3,456,000~4,648,000円

※2019年12月現在公式サイト調べ

トヨタ カムリはこんな人におすすめ

トヨタカムリのフロントシート

現在5ナンバーサイズの4ドアセダンに乗ってる人はもちろん、クラウンクラスに乗っている人も、次に乗り換えるなるカムリをお勧めします。車に乗り慣れたどんな人でも満足できる乗り心地と走行性能、そして経済性もかね備えたカムリは、現時点でベストなセダンといえます。

2位ホンダ インサイト

ホンダ インサイトはこんな車

ホンダインサイト

ら4ドアセダンになりました。アコードとシビックセダンの中間に位置するミドルセダンですが、そのスタイリッシュなデザインと高品質なインテリア、そして価格帯から、ちょっとプレミアムなセダンとして注目されています。

インテリアでは、全体をシンプルな面と線で構成され、「手貼り」のソフトパッドや高めたダブルステッチを随所に使用、シフト操作をスイッチ式とした「エレクトリックギアセレクター」を採用しています。


パワートレインには、モーターによる駆動を基本とし、必要に応じてエンジンを始動する「SPORT HYBRID i-MMD」を、1.5Lエンジンと組み合わせ、3種のドライブモードによって優れた走行性能と、WLTCモードで28.4km/Lという燃費性能の両立を図っています。

かつてプリウスキラーと呼ばれたインサイトですが、この代では低燃費性能だけではなく、プレミアム感を与えるセダンとなっています。

インサイトの価格とスペック

ホンダインサイト

全長×全幅×全高:4,675×1,820×1,410(mm)
室内長×室内幅×室内高:1,925×1.535×1,160(mm)
トランク容量:519L

パワーユニット:1.5Lハイブリッド

燃費
WLTCモード:25.6~28.4㎞/L
JC08モード:31.4~34.2㎞/L

新車価格(消費税10%込):3,322,000~3,564,000円

※2019年12月現在公式サイト調べ

ホンダ インサイトはこんな人におすすめ

ホンダインサイト インテリア

インサイトは低いクーペスタイルで、一見セダンには見えないデザインであることで、セダンを食わず嫌いしている人におすすめです。こんなにスタイリッシュで、それでいて広い室内を持つ快適な4ドアセダンなのですから、乗らない手はありません。

3位マツダ MAZDA 6セダン

MAZDA 6セダンはこんな車

関連する投稿


トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

シャープなデザインと優れた走行性能をひっさげて、ヴィッツに代わる新たな名前で登場した「トヨタ ヤリス」は、2020年のデビューから国内市場だけでなく世界的な人気を獲得しています。そんなヤリス、ハイブリッド車では世界トップレベルの低燃費を実現しているなど、その高効率性がハンパないことはご存知でしたか? 話題のハイブリッド車だけでなく、力強さのガソリン車まで含めて、ヤリスの燃費を分析していきます。


【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

今、トヨタのアルファードが人気沸騰中です。何と、発売から6年を経過したにもかかわらず、過去最高の販売実績を記録しているのです。そんなアルファードの人気の理由はどこにあるのでしょうか?そこで、今回はアルファードの魅力を徹底的に検証し、その人気の理由をご紹介します。


【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

ご家族が乗り込むことも多いファミリーカーに備わっているとうれしい装備といえば、後席用のスライドドアではないでしょうか。乗り降りがしやすく、荷物を載せるのにもうれしいスライドドアは、軽自動車から大型のミニバンまで選択肢も広くなっていますよ。この記事では、2021年8月現在のトヨタ車ラインナップのうち、スライドドアを持つ車をまとめてみましたので、次の愛車選びに役立ててみてください。


【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

ご家族で利用される車についていて欲しい機能といえばスライドドア。お出かけやお買い物、とっさの雨でのお出迎えまで、スライドドアが付いていれば日々のカーライフがより充実すること間違いなしですよね。先進の運転支援技術で人気の日産のラインナップでも、スライドドアを装備した車が多数用意されています。一覧でご紹介していきますので、一体どの車種があなたにぴったりなのか、検討してみては。


トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

2020年2月に発売されて以降、国産コンパクトカーの人気を牽引する立場を維持し続けているトヨタ ヤリス。お求めやすい価格帯ながら充実の機能と優れたデザインが印象的ですが、車の魅力は写真やカタログの数値では測り切れない部分もあるものですよね。そこで、実ユーザーや自動車評論家がヤリスに乗ってどのように感じたのかを、実燃費とともにチェックすることで、ヤリスの具体的な評価を確認していきましょう。


最新の投稿


自動車ローンはどこがお得?|金利の仕組みとシミュレーション!

自動車ローンはどこがお得?|金利の仕組みとシミュレーション!

自動車ローンは、どこで、どのように借りるとお得なのでしょうか?今回は、金利やローン審査、シミュレーションなどについてまとめました。また、低金利を選ぶ際の注意点についても取り上げます。


日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

売れ筋のコンパクトSUVジャンルで、パワートレインはハイブリッド「e-POWER」のみと割り切ったラインナップが特徴的なのが「日産 キックス」。軽快なルックスと爽快な走りで人気を得ています。そんなキックス、普段使いで気になるのはやっぱり燃費性能ですよね。この記事では、カタログ燃費や実燃費をチェックしつつ、ライバルとの比較なども通して、キックスの燃費情報を詳しくご紹介していきます。


自動車ローンってなに?|メリットとデメリットを徹底解説!

自動車ローンってなに?|メリットとデメリットを徹底解説!

自動車ローン(マイカーローン、オートローン)は、自動車を購入するのに、とても便利な方法ですが、いくつかの種類とメリットとデメリットが存在しています。今回は、自動車ローンの基本と、そのメリットとデメリットをまとめました。


トヨタ ライズの燃費情報が丸わかり!ハイブリッドも早速燃費チェック

トヨタ ライズの燃費情報が丸わかり!ハイブリッドも早速燃費チェック

人気のSUVジャンルの中でも扱いやすい5ナンバーサイズで人気なのがトヨタ ライズ。2019年の登場から常に好調な販売台数を誇ってきたライズですが、2021年11月の改良によって待望のハイブリッド車が追加されるなど、これまで以上にライズの燃費性能に注目が集まっています。リーズナブルな価格が嬉しいライズだけに、この記事では気になる燃費性能を詳しくご紹介していきます。


2021~2022年 年末年始渋滞予想|年末年始の休みと過去傾向から読み解く渋滞予測

2021~2022年 年末年始渋滞予想|年末年始の休みと過去傾向から読み解く渋滞予測

2021年も12月に差し掛かりそろそろ年末が見えてきました。長く続いたコロナ禍もワクチン接種率の拡大とともに収束方向に動いており、今年の年末年始こそは帰省したいと考える方もいらっしゃると思います。そこで今回は緊急事態宣言解除後の帰省に関するアンケートと過去の渋滞実績を元に渋滞予想をまとめました。