トップへ戻る

【2020年最新版】人気・おすすめセダン12選

【2020年最新版】人気・おすすめセダン12選

やはり車は4ドアセダンと思っている人は実は非常に多いのではないでしょうか?家族のためにミニバンや軽トールワゴンを選んだり、流行だからとSUVに乗ったりしていても、セダン以上に車らしさは感じられないとも思いませんか? セダン不況とは言われても、けっしてセダン不要にはならないのは、需要があるからに他なりません。今回はそんなセダンを一気にご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


マツダMAZDA 6セダン

3代目アテンザのマイナーチェンジにおいて、国外向けと同じMAZDA6に変更し、2019年8月から発売されました。マツダのフラッグシップセダンとして堂々たるボディに、はマツダのデザインテーマ「魂動」を取り入れ、その美しいデザインは世界中で多くの賞を受賞しています。

エンジンには、2.0L、2.5Lのガソリンエンジンと2.2Lのディーゼルターボエンジンに加え、2.5L直ガソリンターボエンジンも導入されています。また、マツダの最新鋭車両統合制御技術の「GVCプラス」が標準装備となるなど、人馬一体の走行性能がMAZDA 6セダンにも実現されています。

また、ナッパレザーシートや栓の木を用いた本杢パネル、量産車では世界初となる東レの「ウルトラスエード ヌー」が採用されるなど、インテリアにはマツダのフラッグシップセダンに恥じない最高品質の素材が採用されています。

ゴージャスでスタイリッシュ、そして快適な室内なだけではなく、マツダのフラッグシップセダンは走りもプレミアムです。

マツダMAZDA 6セダンの価格とスペック

マツダMAZDA 6セダン インテリア

全長×全幅×全高:4,675×1,820×1,410(mm)
室内長×室内幅×室内高:1,925×1.535×1,160(mm)
トランク容量:474L

WLTCモード燃費

2.0Lガソリン車:15.0㎞/L
2.5Lガソリン車:12.4~14.2㎞/L
2.2Lクリーンディーゼル車:17.30~19.6㎞/L

新車価格(消費税10%込)

2.0Lガソリン車:2,893,000~3,091,000 円
2.5Lガソリン車:3,635,500~4,317,500円
2.2Lクリーンディーゼル車:3,311,000~4,295,500円

※2019年12月現在公式サイト調べ

マツダMAZDA 6セダンはこんな人におすすめ

マツダMAZDA 6セダン

セダンが欲しかったけど、代り映えのしないスタイルばかりで買うのをためらっていた人、そしてどれも同じなら買い替えなくれもいいやと、長く同じセダンいなっている人。そんな人たちにおすすめしたい車がMAZDA 6セダンです。

国産セダンもここまできたかと、目からうろこが落ちるはずです。

4ドアでもスポーツしたい!スポーツセダンTOP3

スポーツセダンにはハッキリした定義はありませんが、一般的には4ドアセダンタイプのボディに高性能なエンジンを搭載し、足回りなどもチューニングを施して、エアロパーツなどでスポーツカーの雰囲気を持つ車種となります。

そして、ファミリータイプのセダンの一つのグレードというより、その車種自体がスポーツムードにあふれているというのが正解だと思います。代表的な車種としてはBMWの3シリーズ
があげられます。

そこで、今回は国産車の中から3車種のスポーツセダンを選んでみました。

1位スバル WRX

スバル WRXはこんな車

WRX STI

WRXはボディは4代目インプレッサをベースとし、2.0L 直噴ターボのFA20型エンジンが搭載され、STIとS4の2つのグレードがあります。STIは標準車となるS4よりもパワーアップされ、デフやパワステの機構が異なるなど見た目以上の違いがあります。

裾野の広いモデルとして開発されたS4であっても、300馬力を誇る2.0L 直噴ターボエンジンを搭載し、電子制御AWD(4WD)が標準なので、他のスポーツモデルと次元の違う走行性能を発揮します。

また、トランスミッションは、S4がスポーツリニアトロニックと言われるCVTですが、STIでは6MTのみとなり、さらにS4には運転支援システム「アイサイト・ツーリングアシスト」、「後退時自動ブレーキシステム」、「アイサイトアシストモニター」が設定されています。

熱狂的なファンの多いWRXですが、10月にWRX STI特別仕様車「EJ20 ファイナルエディション」が発売されました。これは EJ20型エンジンが2019年で生産終了にともない、STIもこれで最後となるためであり、現在(12月28日)時点ですでに受付終了となり、以降はS4のみとなっています。

WRXの価格とスペック

EJ20型エンジン

全長×全幅×全高:4,595×1,795×1,475(mm)
室内長×室内幅×室内高:2,005×1.490×1,205(mm)

WRX S4:
エンジン種類:水平対向4気筒ターボ
排気量:1998㏄
最高出力 :221kW(300PS)
最大トルク:400N・m(40.8kgf・m)
JC08モード燃費:12.4~13.2㎞/L

WRX STI:
エンジン種類:水平対向4気筒ターボ
排気量:1994㏄
最高出力 :227kW(308PS)
最大トルク:422N・m(43.0kgf・m)
JC08モード燃費:9.4㎞/L

新車価格(消費税10%込)

WRX S4:3,806,000~4,169,000円
WRX STI:3,938,000~4,136,000円

※2019年12月現在公式サイト調べ

スバル WRXはこんな人におすすめ

WRX STI特別仕様車「EJ20 ファイナルエディション」

家族がいると2ドアのスポーツモデルは現実的ではありません。しかし、走っていても普通の4ドアセダンでは面白くありません。そんなファミリーカーとしての機能性を持ちながらも、時には運転を楽しみたいという人にはWRXがおすすめです。

生産終了しても大丈夫 新型の発売も近い!

「VIZIV パフォーマンス・STIコンセプト」

「WRX STI」の新型が、2020年にも発売とされています。新型は2018年の東京オートサロンで公開された「VIZIV パフォーマンス・STIコンセプト」がベースとなり新型へと進化するようです。

新エンジンの「FA20型」が採用され、最高出力は325psまで高められ、プラットフォームも新世代「SGP」に刷新されるとされています。2020年の東京オートサロンも注目です。!

2位日産 スカイライン400R

日産 スカイライン400Rはこんな車

日産 スカイライン400R

かつて国産車を土井表するスポーツセダンであった名車スカイラインも、代を重ねるごとに大型化され、特にインフィニティと同じボディとなってからはプレミアムセダンとしての色彩が濃くなっていました。

しかし、2019年7月に現行モデルがビッグマイナーチェンジされ、プロパイロッ2.0を搭載した新型では、ダブルアーチ型のフロントグリルやフロントフェンダーの盛り上がりなどといった現行モデルの良さを強調しながらも、スポーツ色をより鮮明にだすデザインとなりました。

そして、エンジンには3.5LのV6ハイブリッドエンジン)と3.0LのV6ツインターボエンジンを搭載。さらに歴代最強となる400馬力(400R)が設定されるなど、そのスポーツマインドがよみがえっています。

この400馬力モデルは、北米では最新テクノロジーと動力性能に定評があり、GT-Rにも匹敵するポテンシャルを発揮させるともいわれるもの。日産ではこのエンジンを、新しいスポーツモデルとしてのスカイラインを復活させる狙うがあるようです。

そして、発売以来ラインナップの中でも400Rの比率は非常に高く、ユーザーが待ち望んでいたモデルということがわかり、日産の狙い通りの展開となっています。

スカイライン400Rの価格とスペック

400馬力のVR30DDTツインターボエンジン

全長×全幅×全高:4,810×1,820×1,440~1,450(mm)
室内長×室内幅×室内高:2,000×1.480×1,160~1180(mm)


エンジン種類:V型6気筒ターボ
排気量:2,997㏄
最高出力 :298kW(405PS)
最大トルク:475N・m(48.4kgf・m)
WLTCモード燃費:10.0㎞/L

新車価格(消費税10%込):5,625,400円

※2019年12月現在公式サイト調べ

日産 スカイライン400Rはこんな人におすすめ

日産 スカイライン400R

スカイラインといえば、当時、家族全員が乗る実用的な車種だった4ドアセダンをスポーツカーししたてたスポーツセダンの先駆者でした。

往年のファンにとっては今もスカイラインという名前の持つ魔力に魅了されている人も多く、スポーツマインドを取り戻した新しいスカイライン400Rは是非このような人におすすめしたい車です。

3位レクサス GS F

レクサス GS Fはこんな車

レクサス GS F

レクサス GS Fの価格とスペック

レクサス GS F

全長×全幅×全高:4,915×1,855×1,440~1,440(mm)
室内長×室内幅×室内高:2,025×1.535×1,180(mm)

エンジン種類:V型8気筒
排気量:4,968㏄
最高出力 :351kW(477PS)
最大トルク:530N・m(54.0kgf・m)
JC08モード燃費:8.0㎞/L

新車価格(消費税10%込):11,440,000円

※2019年12月現在公式サイト調べ

レクサス GS Fはこんな人におすすめ

レクサス GS F

ただのセダンではあきたらない、普段は街中をゆったりと走りたいけどサーキットだって走りたい。それでも小型のスポーツモデルじゃ普段がつらいから大きなセダンが良い。そんな考えを持つ方にはこのレクサス GS Fがお勧めです。

いつかは乗りたい!プレミアムセダンTOP3

高級車を見かけると、いつか自分も乗れてら良いなと思う事ってありますよね。でも、そう思う事で頑張れるのではないでしょうか?

そこで、代表的なプレミアムセダンを3台ご紹介しますので、
いつかご自分の愛車にしてください。すでに所有されている人は、最新のプレミアムセダンを知れば買い替えたくなるかもしれません。

1位レクサス LS

レクサス LSはこんな車

レクサス LS

レクサスのフラッグシップセダンであり、レクサスはこのLSから始まり、その成功によって現在のLSがあると言っても過言ではありません。

現行モデルは、低く構えたスタイリングと大径タイヤにより力強い存在感を創出し、6ライトキャビンを採用することで、斬新なクーペシルエットを創りだし、ベンツを意識していたデザインから解放されて若々しいスタイリングとなりました。

前席では広がり感があり、ドライバーを中心とした運転に集中できるコクピットを実現し、後席では、クラストップレベルのレッグスペースによる開放感と、ソフトなコンソール・アームレストでくつろぎの空間となっています。

パワーユニットは、V型6気筒3.5LツインターボとV型6気筒3.5Lマルチステージハイブリッドシステムというフラッグシップセダンにふさわしいものが搭載されます。

装備については紹介しきれないほどで、予防安全パッケージの「Lexus Safety System+」や、高度運転支援技術「レクサス CoDrive」をパッケージ化しているなど、外車(輸入車)に負けない内容となっています。

我々にとって、一度は乗ってみたいレクサスの中でもLSはやはり格別な思いのある車種となっています。

レクサス LSの価格とスペック

レクサス LS

全長×全幅×全高:5,235×1,900×1,450~1,460(mm)
室内長×室内幅×室内高:2,080~2,145×1.645×1,160(mm)

WLTCモード燃費
3.5Lハイブリッド車:12.6~13.6㎞/L
3.5L車:9.5~10.213.6㎞/L

新車価格(消費税10%込)
3.5Lハイブリッド車:11,830,000~16,709,000円
3.5L車:9,996,000~15,283,000円

※2019年12月現在公式サイト調べ

レクサス LSをおすすめしたい人

レクサス LS

プレミアムセダンであっても外車(輸入車)のような嫌味がなく、目立ちすぎるのも遠慮したい、でも装備や高級感は妥協したくない。そんな控えめな成功者におすすめします。けっこう目立ちますけどね。

2位トヨタ クラウン

トヨタ クラウンはこんな車

トヨタ クラウン

レクサスがあることで、高級プレミアムでなければいけないという重しが取れたクラウンは、現行モデルで、クラウン初となるシックスライトウインドウの採用により、伸びやかで流麗なファストバック風のサイドシルエットとなり、若々しいイメージとなりました。

パワートレインは、2.0Lターボ、2.5Lハイブリッド、3.5Lハイブリッドの3種類となっており、特に3.5Lハイブリッドは、3.5Lエンジンにモーターパワーが加わるハイパワーと、トヨタ車初採用の「マルチステージハイブリッドシステム」によって、EV走行領域を拡大することで、走りと燃費性能を両立しています。

また、伝統のおもてなし感あふれるわかりやすい高級感と、最新のコネクティッドや第2世代型の「トヨタ・セーフティー・センス」による安全性能の強化によって、新時代もプレミアムセダンの代表として君臨し続けています。

クラウンの価格とスペック

トヨタ クラウン

全長×全幅×全高:4,910×1,800×1,455(mm)
室内長×室内幅×室内高:1,980×1.500×1,185(mm)

WLTCモード燃費
3.5Lハイブリッド車:16.0㎞/L
2.5Lハイブリッド車:18.2~20.0㎞/L
2.0Lガソリンターボ車:12.4㎞/L

新車価格(消費税10%込)
3.5Lハイブリッド車:6,352,500~7,320,500円
2.5Lハイブリッド車:5,071,000~6,127,000円
2.0Lガソリンターボ車:4,691,500~5,698,000円

※2019年12月現在公式サイト調べ

トヨタ クラウンはこんな人におすすめ

関連する投稿


人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

街中で見かけない日はなさそうなほど売れに売れているコンパクトカー、トヨタ ルーミー。見るからに実用性の高そうなスクエアなボディスタイルとコンパクトなサイズは、どんな場面でもバッチリ活躍してくれそうな予感がしますよね。そんなルーミー、いざ買うぞ!と思うと、意外とバリエーションが多くて目移りしてしまうかも。コスパを評価軸に、グレード間の装備内容や見た目の違いを徹底分析していきます。


トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

誰しも憧れるスポーツクーペのある生活。しかし、先行き不安定な現代だからこそ、趣味性の塊のようなスポーツクーペであっても、実用性やコスパの良さはしっかり追求していきたいところですよね。そんな新しい評価軸に対して、トヨタ 86はどのような結果を残せるのでしょうか? 本格FRスポーツながら4人乗れる86ですが、普段はあまり紹介されない、燃費性能など使い勝手に迫っていきます。


何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

一般的なコンパクトカーよりもグイッと上げられたルーフ高で、トヨタ ルーミーには見るからに広々室内のイメージがありますよね。実際、インテリアは余裕綽々の大空間ですが、写真だけ見ても意外とスケール感が掴みにくいもの。そこで今回は、ルーミーの室内にどんなものが載せられるのか、詳しくまとめてみました。日々の生活でルーミーが役立つこと間違いなしなことが、きっと実感できるはずです。


トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

狭い道もまだまだ多い日本の道で、日々その存在感がどんどん増しているのが全高を高めに取ったコンパクトトールワゴン、トヨタ ルーミーです。発売から5年が経とうとしているのに、2021年に入っても1月から3月までコンスタントに1万台以上を販売し続ける息の長い人気が印象的です。そこまで売れるからには理由があるはずですよね。ルーミーに対する、さまざまな視点からの評価をまとめてみました。


アルヴェルの人気の理由は?!トヨタ アルファード・ヴェルファイア徹底解説

アルヴェルの人気の理由は?!トヨタ アルファード・ヴェルファイア徹底解説

今や人気の面でも販売台数でも高級ミニバンの王者として君臨しているトヨタの「アルファード・ヴェルファイア」。なぜこれ程の人気があるのか?その人気について解説していきます。


最新の投稿


蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

フランスのアルピーヌ・A110が蘇り再生産されていますが、やはりA110と言えば1963年から製造のアルピーヌA110を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?今回は新旧アルピーヌA110について見ていきます。


人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

街中で見かけない日はなさそうなほど売れに売れているコンパクトカー、トヨタ ルーミー。見るからに実用性の高そうなスクエアなボディスタイルとコンパクトなサイズは、どんな場面でもバッチリ活躍してくれそうな予感がしますよね。そんなルーミー、いざ買うぞ!と思うと、意外とバリエーションが多くて目移りしてしまうかも。コスパを評価軸に、グレード間の装備内容や見た目の違いを徹底分析していきます。


トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

誰しも憧れるスポーツクーペのある生活。しかし、先行き不安定な現代だからこそ、趣味性の塊のようなスポーツクーペであっても、実用性やコスパの良さはしっかり追求していきたいところですよね。そんな新しい評価軸に対して、トヨタ 86はどのような結果を残せるのでしょうか? 本格FRスポーツながら4人乗れる86ですが、普段はあまり紹介されない、燃費性能など使い勝手に迫っていきます。


何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

一般的なコンパクトカーよりもグイッと上げられたルーフ高で、トヨタ ルーミーには見るからに広々室内のイメージがありますよね。実際、インテリアは余裕綽々の大空間ですが、写真だけ見ても意外とスケール感が掴みにくいもの。そこで今回は、ルーミーの室内にどんなものが載せられるのか、詳しくまとめてみました。日々の生活でルーミーが役立つこと間違いなしなことが、きっと実感できるはずです。


トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

狭い道もまだまだ多い日本の道で、日々その存在感がどんどん増しているのが全高を高めに取ったコンパクトトールワゴン、トヨタ ルーミーです。発売から5年が経とうとしているのに、2021年に入っても1月から3月までコンスタントに1万台以上を販売し続ける息の長い人気が印象的です。そこまで売れるからには理由があるはずですよね。ルーミーに対する、さまざまな視点からの評価をまとめてみました。