目次へ戻る

【新型ハスラー最新情報】スズキの人気軽SUV 新型ハスラー発表!発売は2020年1月20日か

【新型ハスラー最新情報】スズキの人気軽SUV 新型ハスラー発表!発売は2020年1月20日か

ついに新型ハスラーが発表されました。初代が発売直後の大ヒットで納期が1年近くかかった人気モデルだけに、待ちに待った人も多いでしょう。軽トールワゴンとSUVの融合というコンセプトはそのままに、さらに進化した新型ハスラーはどんな車になったのか、さっそくご紹介しましょう!スズキの新年初売りセールは「ハスラー祭り」になりそうですよ!

⏳この記事は約3~4分で読めます。


6年ぶりのモデルチェンジでどうなった?

新型スズキハスラー

24日に発表され、6年ぶりのモデルチェンジとなった新型「ハスラー」は、遊び方や使い方の楽しさ、ワクワク感が広がるスタイルを具現化されるというこれまでのコンセプト受け継ぎ、さらに進化させるモデルになっています。

新型ハスラーはこんな人におすすめ

新型スズキハスラー

先代が2014年に発売されて大ヒットしたことから、多くのハスラーユーザーが新型を待ち望んでいます。それらに人達をけっして裏切らない内容となった新型への乗り換えがメインとなるでしょう。

また、ホンダのN-BOXは、さすがに見飽きて、もうちょっと個性的な軽トールワゴンを探してた人も新型ハスラーは気になるはずです。

あるいは、ジムニーが好きだけど2ドアじゃ家族の賛成が得られないと、嘆いている人も新型ハスラーならと、今ごろ家族を必死に説得しているはずです。

新型ハスラーをおすすめしない人?

旧型ハスラー

ただし、女性ユーザーはどうでしょうか。特に先代モデルに対して小動物の顔のような愛くるしいルックスを気に入っていた女性には、新型のごついスタイルは「かわいくない」というイメージを持つかもしれません。

新型を見た後でもそんな意見を持つとすれば、「前のハスラーの方がいい」と思う方は新型が出た後でも残っている旧型の在庫車を安くしてもらったり、新古車を狙う方が良いかもしれません。また、これをチャンスに従来型ハスラーがお買い得になる!と狙いを定めている人もいるはずです。

これらの方には無理に新型ではなく、従来型のハスラーをおすすめします。

新旧ハスラー エクステリアの違い

新型ハスラー/旧型ハスラー

エクステリアは、タフで力強いスタイルと、個性的なキャラクターを融合させ、アウトドア用品を日常生活で使うライフスタイルを具現化。

というとわかりにくいかも知れませんが、先代モデルと丸目形状のヘッドライトやグリル部分は似ていますが、ボディ全体はスクエアでカクカクしたイメージがあります。先代のハスラーというよりは現行ジムニーに近い形状と言った方が良いかもしれません。

いや、これはスペーシアギアに違いない!

新旧ハスラー インテリアの違い

新型ハスラー/旧型ハスラー

旧型ハスラー
新型ハスラー

インテリアは先代モデルよりかなり変化しています。先代モデルでは色合いや素材で、ウトドアを楽しむ雰囲気の道具感を出していましたが、新型では3連インパネカラーガーニッシュというプロテクトの機能感を表現したデザインとなっていて、9インチHDディスプレイなど高い機能性も兼ね備えているのも特徴のひとつとなっています。

新型スズキハスラー

また、新プラットフォームの「HEARTECT(ハーテクト)」の採用によりホイールベースが35mm延ばされて室内空間が広がり、特に前後間シート間隔のゆとりが生まれ、リアシートの居住性が先代モデルと比べられないほど向上しているのは、後部座席に乗る人にとっては朗報です。

SUVとしての走行性能とパワーユニット

新型スズキハスラー

全車にマイルドハイブリッドが搭載され、モーターの出力向上や、新開発CVTによってモーターアシストの領域が拡大され、WLTCモードで25.0㎞/Lという燃費となっています。

また、4WD車には新機能の「スノーモード」を採用しているので、積雪路やアイスバーンでもスムーズな走りが可能になります。そして、ぬかるみや滑りやすい路面で発進をサポートする「グリップコントロール」や急な下り坂でも車速を維持する「ヒルディセントコントロール」とあわせて標準装備されます。

さらに、大径タイヤを採用し、最低地上高を180mm確保するなど、まさにSUVとしての走行性能も持っています。

スズキ・セーフティサポートも進化して搭載

https://response.jp/article/img/2019/12/24/330107/1486366.html?from=thumb-next

夜間の歩行者も検知する衝突被害軽減ブレーキ「デュアルカメラブレーキサポート」をはじめ、誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能、ハイビームアシストを搭載。また、標識認識機能を採用、後退時ブレーキサポート、後方誤発進抑制機能、リヤパーキングセンサーも搭載して安全性能も大幅に進化しています。

新型ハスラーのライバル・・・え!ダイハツから?

スズキスペーシアギア

エクステリアの項で記したように、同じスズキのスペーシアギアがもっともコンセプトが高く、エンジンや装備もほぼ同じでスライドドアを装備するスペーシアギアは、 購入する人が悩むことになりそうです。

ライバルはスペーシアギアと締める予定でしたが・・!?ダイハツが1月10日に開催する「東京オートサロン2020」に、「TAFT コンセプト」を世界初出展するというニュースが飛び込んできました。

東京オートサロン スペシャルサイト
URL https://www.daihatsu.co.jp/learning/event/tokyo_as2020/

新型ハスラー 発売日は?

新型ハスラーの発売日ですが、2020年1月20日ごろに発売予定とのことです。

【気になる】ダイハツ「タフト」ってなんだ?

ダイハツ「TAFT コンセプト」

コンセプトカーですが、2020年中の発売予定される、軽クロスオーバーとなっており、ハスラーとはまた異なるデザインですがハスラーと同じコンセプトであり、大きなガラスルーフや、フラットで使い勝手の良い荷室空間といった、毎日を楽しくしてくれるアイテムを多く採用しており、新型ハスラーの契約書にサインする手を止めるインパクトがあります。

「TAFT」、面白いことになってきました。2020年は軽クロスオーバー対決が勃発です。


「TAFTコンセプト」主要諸元

全長×全幅×全高:3395mm×1475mm×1630mm
タイヤサイズ:165/65R15
エンジン :660ccターボ
トランスミッション: CVT
駆動方式: 2WD

新型スズキ ハスラーメーカー希望小売価格(消費税10%込み)

ハイブリッドG:13,651,000~1,458,600円
ハイブリッドGターボ:1,459,700~1,637,900円
ハイブリッドX:1,518,000~1,696,200円
ハイブリッドXターボ:1,612,600~1,790,800円

新型スズキ ハスラーのスペック

全長×全幅×全高:3,395×1,475×1,680(mm)
室内長×室内幅×室内高:2,215×1,330×1,270(mm)
ホイールベース:2,460(mm)
最低地上高:180(mm)

WLTC モード燃料消費率(km/L)

660ハイブリッド車:25.0 23.4(4WD)
660ハイブリッドターボ車:22.6 20.8(4WD)

まとめ

2019年の最後を飾る新型ハスラーの発表は、軽自動車市場に大きなインパクトを与え、ホンダとダイハツに後れを取っていたスズキにとって、起死回生の一手になりそうです。発売は1月20日ですが、2020年のスズキの初売りは「ハスラー祭り!」となるでしょう!

関連する投稿


今人気のおすすめSUV!選ぶならどのSUV?

今人気のおすすめSUV!選ぶならどのSUV?

大人気のSUV。しかしSUVと一言で言っても、クロスオーバーSUVを始めとしたコンパクトSUVから、サイズの大きい3列シート・7人乗りのSUVまで様々です。当記事では国産・外車の7人乗りSUV・コンパクトSUV、また燃費の観点でオススメのSUV等人気車種を紹介、比較しています。SUVが気になる方はぜひ本記事をご覧ください!


スズキ ジムニーシエラなら軽より幸せ?! 維持費含めて徹底検証

スズキ ジムニーシエラなら軽より幸せ?! 維持費含めて徹底検証

発売直後から継続的に大人気となっているジムニー。しかし、現行型を含む歴代ジムニーには、ボディはそのままにオーバーフェンダーで拡幅され、より大型のエンジンを搭載した普通車仕様が存在してきました。軽自動車で安いのがジムニーの売りじゃないの?!とお思いかもしれませんが、ジムニーが普通車サイズになると、いいこともたくさんあるのです。


スズキ ジムニー、カブりたくないならこのカスタムだ!最新カスタム例

スズキ ジムニー、カブりたくないならこのカスタムだ!最新カスタム例

大人気のジムニー、「つるし」の状態でも四駆らしいアクティブなデザインで十分に個性的なのですが、できれば他人のジムニーとは違う、自分だけのジムニーに仕上げてみたくはありませんか。また、現在でも1年以上かかるとされる納車待ち期間に、どんなカスタムをしようかなと想像を膨らませるのも楽しそうです。ジムニーの最新カスタムトレンドをまとめてみました。


【日産の軽自動車】歴代モデルから最新情報まで!

【日産の軽自動車】歴代モデルから最新情報まで!

スズキやダイハツといった有名どころほどの長い歴史ではないものの、日産の軽は独自の魅力を備えて人気です。他メーカーが開発した車を提供してもらうだけだった時代から自社で開発に着手するようになった現在までの歴史を、現行車種のおさらいも合わせてまとめてみました。


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車 最新情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車 最新情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


最新の投稿


【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

ホンダをホンダたらしめるものとは、一体何でしょう? 人によって答えは異なると思いますが、誰もが認める80〜90年代の素晴らしいホンダらしさを最も色濃く備えていた車の1台こそ、歴代のCR-Xではないでしょうか。軽量FFボディと高回転までガンガン回るスポーツエンジンの組み合わせに、ホンダらしい独自発想の問題解決法の数々。詳しく見ていきましょう。


日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

現在ではあまり見られない鼻先がしっかり長いトールコンパクトが日産 キューブです。惜しまれつつも2019年末で生産中止となり、3代続いた歴史は途絶えてしまっていますが、人気車だっただけに中古車も選びやすいです。読んだ後は中古車市場でキューブを探したくなること間違いなし、歴代キューブの魅力をご紹介していきます。


トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

若い方には馴染みがないかもしれませんが、一定以上の年齢の方は「ソアラ」という車名にはえも言われぬ上級感を感じられる方も多いのでは。トヨタ随一のラグジュアリークーペであるソアラは、先進装備を満載し、すでに兆しの見えていた国産自動車の飛躍を先回りして実現した名車でした。詳しく振り返っていきましょう。


【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

トヨタ セルシオ/レクサス LSは、レクサスブランドを世界レベルまで押し上げた張本人であり、欧米で確立されたブランド力を持つ高級車メーカーを震撼させたと言います。今回は、世界が驚いた日本の高級車、セルシオについて見ていきましょう。


日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

トヨタのヤリスクロス投入などで現在も人気が爆発しているコンパクトSUVクラスに、日産からはジュークが参戦していました。その独特なスタイリングとSUVながら重視された操縦安定性をはじめとする運動性能は高い人気を得ていたのに、なぜ初代だけでブランド終了となってしまったのでしょうか? ジュークの魅力をご紹介しつつ、真相に迫りたいと思います。