目次へ戻る

スズキ・ハスラーは大人気SUV ハスラーの魅力とライバル軽SUVを紹介!

スズキ・ハスラーは大人気SUV ハスラーの魅力とライバル軽SUVを紹介!

かわいい車のスタイルが特徴的なスズキのハスラー。年々、人気が伸びてきていて発売から6年経った今でも人気が衰えていません。スズキのハスラーは見た目だけではありません。人気の理由とライバル車を紹介していきます。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


現行ハスラーの歴史

スズキ・ハスラー新型

2013年に開催された第43回東京モーターショーによって世界初公開され、翌年の2014年の1月8日に発売されました。

発表から現在で早6年は経過しています。ハスラーは、5代目ワゴンRのコンポーネンツを流用し、ワゴンRゆずりの広い室内環境を備えています。

車名のハスラーは英語の「HUSTLER(活動家・敏腕家)」であり、あらゆる事に行動的に取り組み、俊敏に行動する人というイメージからきています。

「楽しく」「明るく」「オシャレ」をコンセプトに女性にも好かれるデザインとしてハスラーは仕上がっています。

新ジャンルになった軽クロスオーバーの魅力

ハスラーコンセプト

2017年に発売されたスズキ・クロスビーはハイトワゴン×SUVという新ジャンルのクロスオーバーモデルを発売しています。

このように違うジャンルを取り入れてつくられたのがクロスオーバーモデルといい、軽ハイトワゴン×SUVで出されたものが「ハスラー」です。

クロスオーバーモデルはスズキの最も得意なところで、SUVとクロスオーバーは悪路走行性にも大変優れています。ハスラーは165/60R15という大径タイヤを採用しており、最低地上高180mmを確保しています。そのため、起伏のある悪路で前後のバンパーが地面をこすってしまうことを回避できます。

ハスラーは遊べる軽SUV

ハスラー

ハスラーは悪路走行性の車で、キャンプやアウトドアを楽しむことだけではありません。広い室内空間も同じように遊び心のあるカラーパネルを採用したインテリアも特徴的です。インストルメントパネルはホワイト・イエロー・オレンジの3色からボディカラーと合わせて選ぶことができ、より自身の趣味に合わせることができるのがポイントです。

シートについては、ボディカラーに合わせて5色のシートパイピングが施され、インストルメントパネルとの組み合わせによって個性的な楽しい空間を作り出せます。助手席と後席の背もたれを倒せば、荷室までほぼフラットになりくつろぐこともでき、長い荷物も収納することが可能です。車中泊をするようなドライブが好きな人でも、横になって眠れることができれば安心して運転を楽しむことができます。

安全性はグレードによって変化あり

最上級グレードのXターボ/Xにはステレオカメラを採用している衝突被害軽減システム「デュアルカメラブレーキサポート」を採用しています。左右2つのカメラには、前方のクルマだけではなく人も認識してくれます。

また、特別使用車のFリミテッドⅡやFリミテッドⅢは、安全装備を充実させて販売しています。

価格はFリミテッドⅡが約143万1000~155万7360円、FリミテッドⅢは約158万4360~180万7360円といったリーズナブルな価格で、車内が上質な質感にこだわっていて落ち着きある印象に仕上がっています。

次世代ハスラーの登場

新型ハスラー

現行車は遊べる軽SUVとして「絶対的なる人気」を得ていますが、そのハスラーがフルモデルチェンジした登場しました。新型は「タフさと力強さ」が加わっています。ハスラーはアウトドアが似合うだけでなく、都会の街中にも似合うクルマで人気を呼んでいます。

車体は全長3395mm×全幅1475mm×全高1680mmで、ホイールベースは2460mmと現行車より35mm延長されています。安全性もデュアルカメラブレーキサポートを搭載、さらに標識認識機能が追加されています。

デザインもより際立ったバンパーデザインや車内には3連のプロテクションフレームやカラフルな色が揃えられています。

ハスラーのライバル車になる!軽SUVは?

ダイハツ キャスト

ダイハツ キャストアクティバ Gターボ プライムコレクション SAII

ダイハツ キャストアクティバ Gターボ プライムコレクション SAII

まず、ハスラーのライバル車として挙げられるのが、ダイハツのキャストアクティバです。
キャストアクティバは、キャストシリーズの中でもSUV風をモチーフにした軽ワゴン。

駆動方式はFFで、4人乗り。ボディサイズもほぼ同じ(キャストは3,395×1,475×1,630mm)となっています。

キャストアクティバの価格は1,512,500円(税込)から

三菱 eKクロス

三菱 eKクロス

三菱 eKクロス

2019年3月に発売された三菱の軽トールワゴン、それがeKクロスです。
SUV風テイストで、押し出し感があるフロントフェイスが特徴です。

eKクロスの価格は144万1000円から。

日産のデイズと同様にプラットフォームを刷新し、パワートレインなども新設計とした。エンジンは659ccのBR06型直列3気筒DOHCだ。自然吸気エンジンとインタークーラー付きターボを設定するが、eKクロスは両方ともモーターとリチウムイオンバッテリーを組み合わせたスマートハイブリッドとした。トランスミッションはステップ変速を追加した無段変速機のCVTだ。

一般的にはマイルドハイブリッドと呼ばれるものだが、ドライバビリティは優秀だった。注目のDOHCターボは47kW(64ps)/ 5600rpm、100Nm(10.2kg-m)/ 2400~4000rpmを発生する。ターボは2000回転を超えたあたりからパンチを増し、加速すると気持ちよくスピードを上げていく。再加速したときの応答レスポンスも鋭いから追い越しはラクだ。だが、流れに乗って走ると、CVTは回転数の変動を抑えながらトルクの出やすい回転域を選ぶ。後追い感が薄く、意思通りにスピードを乗せていくのがいい。

まとめ

本記事では、人気の高い軽SUV、ハスラーに関する情報と、ハスラーのライバル車について見てきましたがいかがでしたか?

軽SUVは2020年もホットな車と言えます。もっと2020年のSUV、軽SUVが気になるという方は下記記事も合わせてご覧ください。

関連する投稿


今人気のおすすめSUV!選ぶならどのSUV?

今人気のおすすめSUV!選ぶならどのSUV?

大人気のSUV。しかしSUVと一言で言っても、クロスオーバーSUVを始めとしたコンパクトSUVから、サイズの大きい3列シート・7人乗りのSUVまで様々です。当記事では国産・外車の7人乗りSUV・コンパクトSUV、また燃費の観点でオススメのSUV等人気車種を紹介、比較しています。SUVが気になる方はぜひ本記事をご覧ください!


スズキ ジムニーシエラなら軽より幸せ?! 維持費含めて徹底検証

スズキ ジムニーシエラなら軽より幸せ?! 維持費含めて徹底検証

発売直後から継続的に大人気となっているジムニー。しかし、現行型を含む歴代ジムニーには、ボディはそのままにオーバーフェンダーで拡幅され、より大型のエンジンを搭載した普通車仕様が存在してきました。軽自動車で安いのがジムニーの売りじゃないの?!とお思いかもしれませんが、ジムニーが普通車サイズになると、いいこともたくさんあるのです。


スズキ ジムニー、カブりたくないならこのカスタムだ!最新カスタム例

スズキ ジムニー、カブりたくないならこのカスタムだ!最新カスタム例

大人気のジムニー、「つるし」の状態でも四駆らしいアクティブなデザインで十分に個性的なのですが、できれば他人のジムニーとは違う、自分だけのジムニーに仕上げてみたくはありませんか。また、現在でも1年以上かかるとされる納車待ち期間に、どんなカスタムをしようかなと想像を膨らませるのも楽しそうです。ジムニーの最新カスタムトレンドをまとめてみました。


ラダーフレームとは?ラダーフレームの強さの秘密から採用車種紹介

ラダーフレームとは?ラダーフレームの強さの秘密から採用車種紹介

「ラダーフレーム」とは、その名の通りはしご型のフレームのことです。国内外のSUV車に、広く採用されています。軽度の衝撃にはびくともせず安心して運転できます。ラダーフレームが変形してしまった場合の修理料金や修理方法など詳しく紹介していきます。


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車 最新情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車 最新情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


最新の投稿


【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

ホンダをホンダたらしめるものとは、一体何でしょう? 人によって答えは異なると思いますが、誰もが認める80〜90年代の素晴らしいホンダらしさを最も色濃く備えていた車の1台こそ、歴代のCR-Xではないでしょうか。軽量FFボディと高回転までガンガン回るスポーツエンジンの組み合わせに、ホンダらしい独自発想の問題解決法の数々。詳しく見ていきましょう。


日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

現在ではあまり見られない鼻先がしっかり長いトールコンパクトが日産 キューブです。惜しまれつつも2019年末で生産中止となり、3代続いた歴史は途絶えてしまっていますが、人気車だっただけに中古車も選びやすいです。読んだ後は中古車市場でキューブを探したくなること間違いなし、歴代キューブの魅力をご紹介していきます。


トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

若い方には馴染みがないかもしれませんが、一定以上の年齢の方は「ソアラ」という車名にはえも言われぬ上級感を感じられる方も多いのでは。トヨタ随一のラグジュアリークーペであるソアラは、先進装備を満載し、すでに兆しの見えていた国産自動車の飛躍を先回りして実現した名車でした。詳しく振り返っていきましょう。


【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

トヨタ セルシオ/レクサス LSは、レクサスブランドを世界レベルまで押し上げた張本人であり、欧米で確立されたブランド力を持つ高級車メーカーを震撼させたと言います。今回は、世界が驚いた日本の高級車、セルシオについて見ていきましょう。


日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

トヨタのヤリスクロス投入などで現在も人気が爆発しているコンパクトSUVクラスに、日産からはジュークが参戦していました。その独特なスタイリングとSUVながら重視された操縦安定性をはじめとする運動性能は高い人気を得ていたのに、なぜ初代だけでブランド終了となってしまったのでしょうか? ジュークの魅力をご紹介しつつ、真相に迫りたいと思います。